doroguba*footballcolumn*

アクセスカウンタ

zoom RSS ザッケローニ日本代表がメンバー発表!  ザッケローニ監督会見を超妄想的に分析

<<   作成日時 : 2010/09/30 23:03   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

無難な選出と言えばそうでしょうし、インパクトに欠けると言えばそうなるのかな?

ついにザック日本代表のメンバーが発表になったようですが、さっそくザッケローニ監督のインタビューから気になったコメントをいくつか。

■原さん

ベースは原さんがされた2試合のメンバーをベースにしようと考えた。今月1カ月間、時間の許す限り試合を見に行こうと考えていた。
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/japan/text/kaiken/201009300004-spnavi.html

前の試合からの継続という手堅い選出方法が、「カルチョの国の監督らしい」と言える気もしますが、そんなこともないですか? 選んだメンツ的には別に悪くないよね。なんの問題はない。ただ、オシムの「分割・選出法」やジーコの「黄金の中盤マンセー」の時と比べると、なんとなくインパクトや個性に欠ける気がするのは確か。まぁ、いきなりアルゼンチン&韓国相手だし、下手な冒険はしたくなかったのかもしれないけど、ぶっちゃけ「原のなんちゃって日本代表」なんて無視していい代物だと思うんで、あのチームを変に継続するのはどうなんでしょう。まぁ、いろいろ気を使って「継続」ということにしたのかもしれないけど、そのあたりの「政治的な配慮ができるスタンス」が日本代表の監督という仕事にどう影響するのか? そのあたりは今後の注目点でしょう。

■世代交代

そのコンセプトからいくと、世代交代は避けられない。ただ、徐々に世代交代をやっていこうと思っている。若い選手の成長にはベテランと一緒にプレーする、ベテランと対峙(たいじ)することが必要になってくるので、徐々に育てていきたいと考えている。大切なのは一気に変えることではなく、徐々に変化をつけることだと思っている。
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/japan/text/kaiken/201009300004-spnavi.html

これまた優等生的な発言ですばらしいですが、私も「徐々に世代交代」するのは賛成です。ただ、代表チームはそれほど練習時間が取れないし、試合数も限られているので、そのタイミングを計るのは難しい気もします。「勝っているチームはいじらない」という格言がありますが、それを逆に考えて「敗戦した時に応じてチームの世代交代を進めていく」のがベストなのかもしれません。って、こう書くと何か負けることを前提としているみたいでイヤですね。普通に「試合に勝って&アジアのタイトル取って世代交代」というもありだと思うので、ぜひそのプランでお願いします。

■攻守のバランス

攻守のバランスをテーマにやってきたいと思っている。攻撃もできると同時に守りもできるチームを目指していきたい。
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/japan/text/kaiken/201009300004-spnavi.html

ほんと真面目な人なんだなぁ。まぁ、アンチェロッティも言うように、サッカーにおいて「攻守のバランス」は大切だと思いますよ。なので、それを掲げるのはいいと思いますが、どうにもやっぱ「インパクト」というか「キャチーさ」がないんですよね。これ、通訳の人のせいなのかもしれないけど、もっとインパクトある言葉が必要だと思うな。たとえば「ノン・カミカゼ・スタイル」(無謀ではないスタイル)サッカーとか、「ク−ルジャポン」(世界に通じる、または、いつも冷静で)サッカーとかどうですか?

■守備面でも貢献

攻撃陣、FW陣には攻撃能力を求めているが、守備面でも貢献してもらうことを考えている。なので、攻撃もできるし守備もできるという、守備の方でも監督の要望に応えてくれる選手を中心に選んだ。まあ8人FW全員を使うことはないと思うが。
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/japan/text/kaiken/201009300004-spnavi.html

これはもしや、トータルフットボール導入の予告発言? でもないか。ないね。それはない。失礼。普通に「前からプレスもしてちょ」くらいの意味での「守備の方でも監督の要望に応えてくれる選手」という意味なんでしょう。そこは早とちりしちゃいかんね。

■FW登録にした理由

特にこれといった理由はないが、ピッチでは彼らの持っている特徴を最大限に生かしてもらうようなシステムでやりたいと思っている。FW登録にした理由としては、そこに入っている選手は守るよりも攻める方が得意の選手ということでFWに登録をした。
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/japan/text/kaiken/201009300004-spnavi_2.html

これは気になるコメントです。「特徴を最大限に生かしてもらうようなシステム」というのは、要は「攻撃では自由にしていいよ」という意味なのか、それとも「彼らを生かすフォーメーションを模索するよ」という意味なのか? わかりませんが、そのあたりは気になるところですよね。というか、そういうこともインタビューで聞いてちょうだい。でもって、もっと気になるのが次の発言。「守るよりも攻める方が得意の選手ということでFWに登録」って、何ですかこの発言? これ、もしかして通訳の人の誤訳ですか? というか、質問がうまくザックに伝わっていない? 質問した人の意図はたぶん、「MF登録でなくてFW登録にした理由は?」ってことだと思うんだけど、それに対して「守るよりも攻める方が得意だからFW」という答えはヤバ過ぎでしょ。それって、もしや「MF=守る人」、「FW=攻める人」という、前後分業のマニファクチュア家内製糸工場サッカー宣言みたいな感じですか? すばらしい。それでこそ、カルチョだ! 正真正銘のカルチョだ!!!!!!!!!!!!

というわけで、すみません! 前言撤回します。ザックにはインパクトや個性がありました! オシム&ジーコ並にインパクトと個性がありました。以上です。

■PART2:CL「バレンシア対ユナイテッド」戦

「チコ(エルナンデス)はよくやったと思う。素晴らしい突破を見せたね。得点の前に彼は素晴らしい走りをしていたんだ。それこそ、我々が終盤で必要としていたことなんだよ」
http://news.livedoor.com/article/detail/5042003/

CLバレンシア対ユナイテッド戦見たけど、エルナンデスのあのゴールは確かに素晴らしかったですね。というか、いい選手だエルナンデスは。マジで買い物したなユナイテッドは。うらやましい。チェルシーに欲しかった。というか、ユナイテッドはいつも若手のお買い物が上手だ。そこはチェルシーも見習おう!
人気ブログランキングへ
↑読んで面白かった人はクリック願います。

故ロニー・ジェイズ・ディオ。彼のDio時代の曲には、『ウィ・ロック』『ロックン・ロール・チルドレン』『キング・オブ・ロックン・ロール』などロック(ロックン・ロール)という言葉付く曲がいくつかあったが、彼は何故そこまでロック(ロックン・ロール)と言う言葉に拘っていたのだろう? 森高千里が『ロックン・オムレツ』『ロックンロール県庁所在地』と同じくロックという言葉に拘った理由はなんとなくわかるんだけど、それと基本は同じ理由か? というか森高とは反対方向からのアプローチの「ロック宣言」? つまりDIO=森高ということだ!
DIO - King Of Rock and Roll (Vinyl)
森高千里 - ロックンロール県庁所在地
森高千里 [PV]ロックン・オムレツ

人気ブログランキングへ
↑読んで面白かった人はクリック願います。

CHISATO MORITAKA 1996 "DO THE BEST" AT YOKOHAMA ARENA ― Chisato Moritaka DVD Collection no.10
ZETIMA
2000-11-22
森高千里

ユーザレビュー:
今見ても、元気が貰え ...
元気もらえるLIVE ...
惚れてしまいました! ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by CHISATO MORITAKA 1996


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い
ナイス
ザッケローニ日本代表がメンバー発表!  ザッケローニ監督会見を超妄想的に分析 doroguba*footballcolumn*/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる