doroguba*footballcolumn*

アクセスカウンタ

zoom RSS ザッケローニ日本代表に対する妄想&チェルシープレビュー

<<   作成日時 : 2010/09/10 23:35   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

■ザッケローニ日本代表に対する妄想

ここ数回のエントリーで言いたかったことは、サッカーには「組織・戦術」も必要だけど、「自由・考える力・発想」も必要であるということ。そして、その2つのディバイスをうまく融合させることができれば「すばらしいチーム」になるということでした。ただ、それは言うほど簡単ではないんですよね。時に、それはお互いの足を引っ張ってしまったり、時に、それはどちらか一方に極端に偏ってしまったりする場合があるわけですが、まぁ、どっちかに偏るとしたら、たぶん「組織・戦術」に偏るほうがいい? その方がチームの体を成すんでしょうし、痛い目に遭う事もないんでしょう。それは皆さんのお嫌いなジーコ日本代表を考えてみれば明らか?

で、たぶん想像するに、今回のイタリア仕事の場合は、たぶんジーコ日本代表のようにはならず、「組織・戦術」のほうに偏る可能性のほうが高いと思われます。まぁ、そうなれば一安心という方が大多数かと思われますが、ただ果たして本当にその方向性に「日本サッカー界の目指すべきところ」があるのでしょうか? たぶん、それを考えるのが、これからの4年間(または2年間)の我々、文系サッカーファンの論点になるのかなと思っております。

まぁ、ザッケローニ監督には経験がありますし、もしかしたらうまく融合するかもしれません。その可能性はゼロではないんでしょう。ただ、ちょっと考えてみればわかるように、ザックは「日本(日本人相手)」での仕事は初めてなわけで、たぶんベンゲルやジーコやオシムが手をこまねいた「日本人特有の勤勉さ&まじめさ」に手こずることになると思うんですよ。ほら、例の「日本人は言われたことしかやらない」とか「欧州人は車が来ないなら自分で判断して赤信号でも渡るけど、日本人は赤信号だと車がまったくこなくても渡らない」ってヤツ。これ、複雑な問題なんですよね。だって名波が代表するように、日本人のサッカー選手は、けっして「自由・考える力・発想」がないわけではないんです。というか、むしろそれは得意分野であると思うんですが、なぜか組織やルールという規制がかけられると、必要以上に自粛してしまうところがあるんですよね。特に昭和生まれくらいの世代までは、顕著に。まぁ、これあくまでも私の想像する「イタリアンジョブの問題点」でありますので、ザック日本代表では、まったく関係なく進行するのかもしれませんけどね。それはそれでOKです。

■チェルシー戦

さて最後に、今週のチェルシーの話題に行ってみよう。ウエストハムとロンドンダービーですが、監督は現在斜陽な感じのグラント。もう因縁だらけです。因縁男のジョーコールはチェルシーからいなくなったけどね。ユナイテッド戦のウエストハムを見ると、5バック気味のコンフェデイラン代表ばりの「5−4引いたゾーン」を実践していた感じですが、ロンドンダービーということでウエストハムの選手が奮起しちゃったりするとやっかいかもしれません。狙いどころは「5バックのサイドバックの裏」だと思うんだけど、マルダ、アシュリー、アネルカあたりがうまくウラを取れれば、それなりに好機は作れるのかな? これまでの3戦と違って厳しい戦いが予想されますが、ぜひアンチェロッティには「勝ち点3」に拘る采配を見せてもらいたいです。その他の試合ではエバートン対ユナイテッドに注目。エバートンは調子が出てないみたいだけど、ぜひがんばってもらいたい。期待してます。

人気ブログランキングへ
↑読んで面白かった人はクリック願います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
文系サッカーファンの問題提起が楽しい。頭の固い私なりの答を書き込みたくなる。

自由にはモラルが必要だと思います。応用の利く法則のようなもの。
それを監督が提示できて、選手が応用できれば楽しいでしょうね。

日本では人に迷惑をかけない、会社に迷惑をかけない、見たいな規制的な原則が真面目な印象を、
もてなしや思いやりの精神が、礼儀正しく親切な印象を与えるんでしょうね。
「人にして欲しいことをしなさい」という聖書の教えがありますが、これを守っていれば積極的で前向きなエネルギーが生まれ世の中もっと良くなるでしょう。

規則という型によってでなく原則によって規律が生み出されるのが理想ですね。
人間には自由と理性と良心によって知識を応用する能力が神から与えられているのですから。
CSKA352
2010/09/20 13:39
ザッケローニ日本代表に対する妄想&チェルシープレビュー doroguba*footballcolumn*/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる