doroguba*footballcolumn*

アクセスカウンタ

zoom RSS 「サッカー批評」犬飼基昭氏のロングインタビュー雑感と、チェルシー戦について再

<<   作成日時 : 2010/12/14 23:48   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

■裏工作?

田嶋幸三副会長兼専務理事は今回の会長選でどのような裏工作をしたのか、それによって川淵名誉会長はどのような権力を持ち続けることになったのか。会長選の裏側から、現在の日本サッカー協会が抱える問題点まで踏み込んだ内容のインタビュー記事になっています。
http://supportista.jp/2010/12/news14111308.html

裏工作と書くと、なんとなく「不正した」というイメージがあるんだけど、このインタビュー記事を適当に鼻くそほじりながら読む限りは、たぶん田嶋氏がそういうことをしたわけではないんですよね。生き残るために頑張ったくらいの感じ? だって犬飼氏が「田嶋は使えん」と勝手に思い、改革という名目の元で彼を切ろうとしたら、逆に返り討ちにあったみたいな感じだと思うんですが、それを持って「田嶋氏が悪い」とするのはどうかと思うなぁ。まぁ犬飼氏の言いたいこともわかるけど、私からしたら「そもそも犬飼氏の改革自体が明後日の方向に向かっていた?」感じはしていたし、もっと言えば「犬飼氏のサッカーオンチ感」のほうに問題点があったと思っているんです。元ラグビーとかテニスプレイヤーを闇雲に招聘とか「?」だったし、個人的にはそれなら「腐っても鯛」じゃないけど、利権まみれだろうと川淵氏&田嶋氏のがいいのではという感じがしないでもないわけで。まぁ、どっちもどっちだと思うし、まだサッカーを知っている分だけ川淵&田嶋のがいいのかなって、軽い気持ちでこの問題を考えるのはダメですか?

■スパーズ対チェルシー PART2

スパーズ戦の続き。チェルシーの失点シーンは、いわゆる「最終ラインは低くとも、高い位置からプレスでも掛けたい」って感じで(笑)でした。オフサイドトラップが危険というのはわかるけど、やっぱあの場面のテリーとミケルのポジショニングが深すぎでしょ。ミケルはもっと「前でカット」の意識があってよかったんじゃないかな。まぁイバノビッチのポジションのカバーをしていたから、「後方のスペースを消す」というのが第一の目的だったのはわかるんですが、それでもやっぱペナルティエリア内でパスを通させちゃうほうがヤバイと思うわけで。あそこはもっとラインを押し上げるか、パブリチェンコに通る前にパスインターセプトを狙うというスタンスでよかったと思うんですよ。テリーもパブリチェンコに簡単に前向かれちゃうのはどうかと思うし。まぁテリーからすればミケルとポジションが被って動けなかったということなのかもしれないけど、やっぱ「縦パスに対し、後方からきちんとプレスを掛けて前を向かせない」というセオリーができないと厳しいよね。特にペナルティエリア内では。

あとチェルシーの攻撃だけど、あの前半の単純なパスミスの多さは「ヤバイ兆候」以外の何ものでもないように見ていて感じました。たぶん、まともな練習が出来てなかったんでしょう。「えっ? いつものポゼッションじゃなくて、カウンター狙い? 理屈ではわかるけど、どうすればいいのさ」みたいな感じ?

まぁ前半からドログバでもいれば「とりあえずボールポゼッション止めるなら、ヤツに放り込んどけ」というわかりやすさがあったと思うんですが、そんなターゲットマンがいなかったですかね。まぁアネルカの裏を狙うスピードを生かしたかったというのはわかるし、「ポゼッションからカウンターへ」と勝ちを意識した戦術にしたこと自体は評価したいんですが、それするなら攻撃も守備ももっと「徹底」すべきだった気もするんですよ。何度も例に出す例のヒディンク時代の「エシエン右サイド」みたいな、もっと守備重視の布陣にしてもよかったのではないかなと。例えばカルーのところにラミレス起用とか。まぁ、やらないだろうけど。ドログバのゴールは、単純に相手GKのミスでしたね。確かにシュートはすごかったけど、あれはやっぱGKのミス。ただ、そういうミスも含めてサッカーですし、そんなミスを呼んだドログバのシュートは、それなりに価値があるのは確かなんでしょうけど。

■アラダイス解任?

「サム・アラダイスにとって、私たちが悪い感情を持っているわけではありません。しかし、私たちはクラブとして成長する必要があると感じました。ブラックバーンには、4位か5位にいてもらいたいと思います」「(1−2で敗れた12日の)ボルトン戦の問題ではありません。私たちが以前から考えていたことです。サムに対する問題はありませんでしたが、私たちの将来のビジョンが違いました。ここ数週間、サムと話し合いをしていましたが、私たちのビジョンは一致していません」「私たちは良いサッカーをして、面白いゲームをして、もちろん勝利が欲しかったです。そして、良い選手を獲得したいと思っていました。それがクラブにとって、最大の関心事であり、ファンには私たちを信頼してもらいたいと思います」http://news.livedoor.com/article/detail/5208386/

サム・アラダイスが首になったと聞いてビックリしていたんですが、もしこの言葉が本当ならアホとしか考えられないなぁ。4位か5位にいてもらいたいって、どう考えてもそのビジョンが間違っていると思いますけど。
人気ブログランキングへ
↑読んで面白かった人はクリック願います。

采配力(さいはいりょく) (PHP新書)
PHP研究所
川淵 三郎

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 采配力(さいはいりょく) (PHP新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



川淵三郎 虹を掴む (FOOTBALL NIPPON BOOKS)
講談社
川淵 三郎

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 川淵三郎 虹を掴む (FOOTBALL NIPPON BOOKS) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
かわいい
「サッカー批評」犬飼基昭氏のロングインタビュー雑感と、チェルシー戦について再 doroguba*footballcolumn*/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる