doroguba*footballcolumn*

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本代表チャリティマッチについて

<<   作成日時 : 2011/03/31 02:31   >>

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

日本サッカー協会は30日、日本代表―Jリーグ選抜の慈善試合(29日、大阪・長居陸上競技場)当日の募金が732万8947円に上り、26日からの4日間で2231万7199円に達したと発表した。 
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/headlines/20110330-00000184-jij-spo.html

いや、大そうなお金が集まり何よりでした。チャリティマッチは大成功ですね。それを踏まえて以下。


■3.11

3・11を境に「戦後」は終わり、「災後」がはじまる.
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/column1/news/20110328-OYT1T01198.htm

確かに、今回の震災はそれくらいの大きな出来事なのかもしれませんけど、「3.11」という表現はなんか嫌だなぁ。いや、ちょうど例の「貧困大国アメリカ」を読んだ直後なんでそう感じるだけなのかもしれないけど、アメリカの「9.11テロ」以降のヤバイ方向へのシフトみたいになるのは恐いんですよね。もちろん「テロ」と「震災」では全然意味合いが違うのかもしれないけど、みんながみんな「右向け右」みたいな感じになると恐いところはあると思うんですよ。もちろん「3.11」がある意味1つの転機であるのは間違いないのでしょうし、「災後」がはじまるのも確かなんでしょうが。「右向け右」を合言葉に「左向いている奴はけしからん」みたいになるのは、ある意味恐いなと。まぁ「右向け右」できないほうがやばいという意見や、日本ならアメリカと違って「右向け右」が正しく出来るという意見もあるかもしれないし、実際にそうなのかもしれないけど。

■日本のスポーツ界の構図を変える?

日本でキングオブスポーツの称号を得ている野球の頂点に位置しているプロ野球が球界全体としてメッセージを発信できていない現状とサッカー界のフットワークの軽さと迅速さは、日本中の人々の心証に大きく影響するのではないでしょうか。
個人的には「3・11」は日本のスポーツ界の構図を変えることになるのではないかと、個人的には考えてしまいます。
http://blog.goo.ne.jp/outside_k1/e/395d3cf2a648c93fca37d1c388a754c0

で、その延長線上の話として、この「3・11は日本のスポーツ界の構図を変える」はないかなと感じてます。まぁ確かにプロ野球は今回もっといろいろやれたとは思うんですが、たかだかチャリティマッチの出来不出来をもって「スポーツ界の構図が変わる」なんてことはないと思うからです。確かに「チャリティマッチ」は大切だとは思うけど、一方で「たかだがチャリティマッチ」という思いがあるのは事実。私は都合で前半20分だけ見る時間があったので見ました。「サッカーファンなら見ないとけしからん」という意見もあるのかもしれないけど、正直、そこまで注目のカードではないと個人的に感じました。まぁ、こういうときは「右向け右」で「カズすばらしい」とか、「日本のサッカーはすばらしい」とか連呼しておけばいいのかもしれないし、そうでない意見のやつは黙っているべきなのかもしれないけど、先ほど書いたように、そういう「右向け右」な空気は個人的にはどうかと思うんですよね。「左向いてました」って意見があったっていいと思うんですよ。バルセロナのシャビに逆らって、アンチフットボールを支持するのと同様にね。

■所詮はチャリティ

フル代表も、もしコパ・アメリカ出場を辞退するのなら、そういう有効なアウェー戦を企画してほしい。
「チャリティー」という名目なら、ヨーロッパの強豪(クラブチームも含めて)との試合を組むことも不可能ではないのではなかろうか。
http://www.jsports.co.jp/press/column/article/N2011033023004902.html

「チャリティという名目」は確かに使えるのかもしれないけど、それが果たして「有効なアウェー戦」なのかな? まぁ望もうと望まなからろうと、どの道、今後そういう「チャリティーマッチ」の話はくると思う。で、それを有効活用するべきなんだろうけど、
何度も言うように私は「チャリティは所詮チャリティ」であると思っているんですけどね。良くも悪くも。で強化という面からすれば「コパ・アメリカ出場」と「チャリティマッチ」では雲泥の差であると思いますよ。まぁ、そんなことわかっていて、あえて「チャリティ」と言っているのかもしれないけど。

■3-4-3の恩恵?

この岡崎による2点目は、まさに3−4−3のシステムが効果的に機能して生まれたゴールであると言えよう。前線が3枚となり、しかも両サイドでのパス交換の選択肢が増えたことで、攻撃時における流動性と縦への推進力が格段に増して、次から次へとゴール前に選手が顔を出すようになる。Jリーグ選抜が連係不足だったことを差し引いても、前半での日本の新システムは、少なくともオフェンス面においてそれなりに機能していたと判断してよいと思う。
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/japan/2011/text/201103300003-spnavi_2.html

えーそうだったかな。言うほど「次から次へとゴール前に選手が顔を出していた」とは感じませんでしたけどね。2点目は単なる「ハーフカウンター」からのゴールだったように見えたし、それが「3-4-3」の恩恵だったのかどうかは、正直、微妙であると思っていたんだけど。確かに「3-4-3」のほうが自慢の両サイドバックが「高い位置にポジション取れる=
攻撃に専念できる」というメリットがあるのは確かかもしれないけど、それが「4-3-3の4バック」時と比べてどれくらい効力があるのかはまだわからないというのが個人的な感想なんですよね。サイドバックの位置から「長い距離走った」ほうが威力がある気もするし、やっぱ「3バック」よりも「4バック」のがゾーンディフェンスするうえでは「わかりやすいと思うから」。まぁ、何度も言うように「オプション」としては全然ありだと思うし、ザックの「3-4-3」は「4-3-3からのポジショニングを変えたもの」に近い感じだと思うので「4-3-3」とあまり違いはないと考えるのがいいのかもしれないけど…(ただ、やっぱ違いはあると思うけどね)。

■ダーツ

一方、英紙『ザ・ピープル』によると、バロテッリはダーツを投げた理由として、「退屈だったから」と周囲に漏らしているという。
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/eusoccer/1011/headlines/20110330-00000019-spnavi-socc.html

バロテッリは期待している選手なんだけど、もしかして単なる馬鹿なのかな? まぁ、あくまでニュースを読んだだけの話なんだけど。プレミアに移籍してすぐに結果出すのは難しいと思うし、もう数年様子をみたいところですが、果たしてこの選手あとどれくらいシティに在籍しているんだろう? 正直、移籍してからあまりいいニュースは聞かないし、あまり長くはない気はするな。

■生活指導

「アンディはプレーを向上させ、酒を控えなければならない。本人とは1対1で話をした。彼はまだ若いとはいえ、自分の言動にはくれぐれも気を配らなければならない。イングランド代表でプレーするということは、サポーター、メディア、カメラマンの注目を浴びることを意味するからだ」
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/euro/12/headlines/20110330-00000023-spnavi-socc.html

にしても生活指導が好きだよな、カペッロは。まぁそれももちろん大事だとは思うけどさ、なんというか、もっとサッカーの戦術のことも指導してほしいなと。ここで南アフリカワールドカップでの戦いを持ち出すのは違うのかもしれないけど、ドイツにチンチンにされたのは「選手の姿勢」の問題ではなく「監督の戦術」の問題であったと思うので、そこはきちんとやってほしいんだけど。広岡野球ごとく生活指導しているだけじゃ、勝てないと思うんですよ。もっとサッカーを科学しないと。人気ブログランキングへ
↑読んでおもしろかった人はクリック願います。

「チャリティマッチ論」の続き。理想はそういうのがない世の中のがいいんですよね。ここで言う「ない」というのはチャリティの必要がないということ。つまり災害や飢餓などがなくてチャリティする必要がない世の中がくるのが一番であるということ。目指すは、あくまでそこであり、チャリティをビジネス化することではないということ。もちろん現実的には災害や飢餓は存在するし、チャリティの需要はあるんでしょうけど。


ルポ 貧困大国アメリカ II (岩波新書)
岩波書店
堤 未果

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ルポ 貧困大国アメリカ II (岩波新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
日本代表チャリティマッチについて doroguba*footballcolumn*/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる