doroguba*footballcolumn*

アクセスカウンタ

zoom RSS 欧州CL「チェルシー対マンチェスター・ユナイテッド」超雑感 残念ですが

<<   作成日時 : 2011/04/08 02:37   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

ユナイテッドは、たぶんチェルシーのサイドバックを意図的に狙っていたんでしょう。

前半は特に、ルーニーとかがチェルシー右サイドのボシングワのところを執拗に狙っていたように、感じましたが、それに対してチェルシーがちゃんとした対応策を取れていたようには見えませんでした。

まぁ「4-4-2」のゾーンディフェンスを徹底してやるしかなかったのかもしれないけど、「裏のスペース」を見事に突かれてジ・エンド。与えてはいけない「アウエーゴール」を奪われてしまいました。あのゴールシーン。ルーニーがなぜにフリーになっていたのか? 簡単に言うとチェルシー十八番の「マケレレ・システム」だと埋められるスペースが、「4-4-2」だと埋められないから。つまり、ゾーンをちょっと崩されると、他の選手がカバーリングするのに手一杯で、後手を踏んで最終的に「バイタルエリアあたり」がすかすかになってしまうという欠点があり、そこをギグスとルーニーに突かれてしまったんですよね。残念ながら。もちろん「4-4-2」のゾーンのいい所だってあります。高い位置からプレスをかけることが出来るし、「最終ラインの裏を取られなければ」ゾーンが破られにくい。裏を取れれなければね。

ですが、残念ながら、この試合ではそれをやられてしまった。もっと「裏を取れれない守り方」と「裏を取られてしあった場合の対処法」を考えておくべきだったんですが、そこまで策は打ってなかったんでしょう。そう、あまりにも無策でした。

攻撃に関しても同様。無策すぎ。あのバルセロナだって「策」を持って戦っているのに、それより落ちるチェルシーが無策で選手の個性任せでは勝てないですよね。昨シーズンのインテル戦の敗戦から何も学んでないみたいですが、それじゃ、いつまでたってもCL優勝は難しいと思うんだけどね。

人気ブログランキングへ
↑おもしろかったらクリック願います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
欧州CL「チェルシー対マンチェスター・ユナイテッド」超雑感 残念ですが doroguba*footballcolumn*/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる