doroguba*footballcolumn*

アクセスカウンタ

zoom RSS 松田選手死去、スコールズ、チェルシー補強など

<<   作成日時 : 2011/08/07 02:42   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

印象に残っている思い出として、2004年のアジアカップを挙げ、「彼は縁の下の力持ちとしてチームを支え、控えだったにもかかわらず懸命に練習に励んでいました。あれだけひたむきに打ち込んでいた姿は初めてでしたし、控えとして彼が先頭に立ってチームを盛り上げたことがチームの優勝につながったと思っています。特に、優勝を決めた後のロッカールームで、彼は一番先に立って万歳をし、全身で喜びを表現していました。
優勝を心から喜び、無邪気にはしゃいでいた彼の姿が今でも強烈に残っています」としている。
http://www.soccer-king.jp/daihyo/article/201108041825_matsuda_kawabuchi.html

松田選手が、まさか…。いや、ほんと信じられません。ショックです。本日「六月の勝利の歌を忘れない」を見返してみました。ここ数年Jリーグは見てないので、松田選手の思い出はトゥルシエ日本代表時代までさかのぼってしまうんですよね。「縁の下の力持ち」として語ってしまうのは失礼かもしれませんが、このDVDを見ても、確かにそういうイメージはあるし、そこが一番の魅力でした。心から謹んで、ご冥福をお祈り申し上げます。

■ユナイテッド

試合後に『MUTV』を通じてファンへメッセージを送ったスコールズ。「この16、7年間、ファンの皆さんの声援が私の支えとなりました。多くの人達に感謝を述べたい。自分がどれだけ恵まれているのか言葉には表せないほどに感動している。ありがとう」と締めくくった。
http://news.livedoor.com/article/detail/5766185/

なるほど! スコールズ引退だったんだ。ユナイテッドは、確かファン・デル・サールもいなくなるんでしたっけ? そうですか。今シーズンのユナイテッドも、チェルシー同様に「若返り」がポイントになるんでしょうが、果たしてスムースに行くんですかね。思い起こせば、ファンデルサールが来る前はGKがキャロル(笑)だった時代もあったんだよな。ここ数年のユナイテッドからは想像できないけど。あの頃に戻る可能性も、あるのかな?

■投資?

「理想は、チェルシーの(ロマン・)アブラモビッチ会長が明日にでも納得できる金額を提示してくれることだ」と付け加えたファン・ホルスベークGM。
移籍交渉は残すところ金額面のみであることを示唆した。
http://news.livedoor.com/article/detail/5766208/

将来を考えると間違いなく欲しい選手ではありますが、果たしてそれが今なのかということがポイントですかね。センターFWよりもウイングのが必要な気もしますが、どうなんでしょう。まぁとりあえず採って、使えるようなら1月にドログバ放出、まだ使えないようならレンタルというのも1つの手ではあるんでしょうけどね。どちらにせよ先行投資する価値があるのは確かでしょう。ほかのチームに取られたくないしね。

■補強

昨季はトップチームでのプレー時間が僅かだったため、出場機会を求め、チェルシーへの移籍が決定したようだ。移籍金は500万ユーロ(約5億5000万円)だが、バルセロナは移籍1年目に1000万ユーロ(約11億円)、2年目に1500万ユーロで(約16億円)で同選手を買い戻すことができる。ユースチームでロメウのプレーを見ていた関係者は「彼はチームメイトを常にサポートできる選手。空いているスペースを全て埋め、バランスを取り、スペースを生む動きもしてくれる。
果敢な攻めも魅力だよ」とコメント。また、U−21スペイン代表のルイス・ミラ監督も「ポジショニングが素晴らしい。基礎をしっかり持った、どのチームにも必要な選手」と絶賛している。
チェルシーのアンドレ・ビラス・ボアス監督も「ロメウは最高のポテンシャルを持っている。彼には輝かしい将来が待っている」と、強い期待をにじませた.
http://news.livedoor.com/article/detail/5763425/

こちらは正式決定のようで。期待の逸材ですが、ワールドサッカーダイジェストとか読むと、アンカーの控えという感じ? 中盤の右という可能性もある気がするな。つまり「ランパード、ミケル、メロウ」という中盤の構成。モドリッチ獲得が現実となれば、また変わってくると思うんですが、どちらにせよ期待の選手であるのは確か。もちろんプレミアの流儀に慣れるまで苦労する可能性もありますが、がんばってほしいですね。ボアス監督=グアルディオラ監督という説もあるわけで、そう考えるとこの選手がいろいろな意味で鍵を握る可能性もあるのかなと。

ちなみにワールドサッカーダイジェストのボアス監督のインタビューを読んだけど、正直、優等生的発言が多くあまりおもしろくない(笑)。インタビュー読む限りは、モウリーニョというよりもグアルディオラだよな。チェルシーでのサッカースタイルもそうなのかはわかりませんが。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
松田選手死去、スコールズ、チェルシー補強など doroguba*footballcolumn*/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる