doroguba*footballcolumn*

アクセスカウンタ

zoom RSS プレミア「ブラックバーン対チェルシー」超雑感 勝ててよかった

<<   作成日時 : 2011/11/06 02:55   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

ブラックバーンの拙攻に助けられた感もありましたが、勝ててよかったです。

コンディションが悪かったせいで動けなかったのか、それとも攻守のバランスを考慮してあまりポジションを崩さなかったのかわかりませんが、いつもと比べるとあまり大胆なオフザボールの動きがなかったようにも感じた試合でしたよね。なので試合の内容的にはよくなかったと言えると思うんですが、私的にはその「つまらない?」戦い方が勝利に結びついたような気もします。

なんというか今シーズンのチェルシーはこれまで「結果よりも内容重視」な姿勢で戦ったきたわけですが、この試合はそれとは逆だったように感じたんですよね。そうです。ある意味、試合はつまらないけど最終的には試合に勝つという、「これまでのチェルシーらしい勝利」だったみたいな感じ?

まぁ、あくまで結果論なんですけどね。

もちろん、もっと攻撃が機能して大量点を取って楽に勝てれば、それに越したことはないんですが、ぶっちゃけ、すべての試合でそれやるのは無理なわけで。こういう「出来が悪く」ても、なんとか試合には勝って「結果を残す」という戦い方でできたのは評価したいなと。

選手個々の評価をしておくと以下の感じ?

GKチェフ:この試合のMVPとも言えるパフォーマンスだったと思いました。怪我しながらも頑張ったのは評価。まぁブラックバーンがダメだったこともありましたが、それでも無失点で抑えたのはすばらしい。ケガは大丈夫か?

SBイバノビッチ:アシストは見事。守備では前半に1度、裏をとられたやばいシーンがありましたが、全体的によかったかなと。ボシングワと比べると守備的な感じがしたけど、チーム全体のバランスを考えるとそれくらいでちょうどいい気もしました。まぁ、基本はボシングワが右SBのレギュラーなのは不動なんでしょうけど。

CBアレックス:1度、致命的なミスしましたが失点につながらなくてよかった。そのあたりの不安定さは気になるけど、ヘディングの強さは評価。ヤクブにあまり仕事させなかったしね。

CBテリー:よかった。

SBアシュリー・コール:よかった。

MFミケル:フィジカルの強さはさすが。

MFラミレス:おとなしかったけど、まぁ悪くはなかった。攻守のバランスをうまく取っていたのは評価。

MFランパード:ゴールはさすが。ヘディングがうまくなったのはすばらしい。

FWマルダ:イマイチ。アンチェロッティ時代の輝きは?

FWスタリッジ:イマイチ。メンタル面での成長を期待したい。

FWマタ:イマイチ。おつかれぎみ?

交代トーレス:楔パスの起点となれていたのは評価。

交代メイレレレス:特にない。

交代ロメウ:特にない。

監督ボアス:前半のスタメンは何がしたかったのはよくわかりませんでした。

ブラックバーンサポーター:飛行機を使った「キーンアウト」弾幕はすばらしい。

スカパー解説永井:その弾幕関連の解説はよかった。
人気ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
プレミア「ブラックバーン対チェルシー」超雑感 勝ててよかった doroguba*footballcolumn*/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる