doroguba*footballcolumn*

アクセスカウンタ

zoom RSS プレミアリーグ「ニューカッスル対チェルシー」感想文  いい勝利でした

<<   作成日時 : 2011/12/04 01:24   >>

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

いい勝利でした。

守備の意識が高かったように感じましたし、それが無失点の勝利に結びついたように感じました。具体的にはサイドの守備と、ゾーンだけでなくちゃんと人をケアする守備&最後の最後までねちっこく守備していた姿勢がよかった。まぁダビドルイスの守備はかなり危うかったと思うけど…、組織としてよく守れていたのは評価。この守備の意識があれば、このあとのビックマッチにも期待が持てます。大丈夫だ。大丈夫だぞボアス・チェルシー。

というかスカパー解説の粕谷は、おれのテリーのことを悪く言い過ぎだろ。金子爺アナがぼけているのは仕方がないとして、今日の粕谷の解説は酷すぎ。俺のテリーは悪くないんだ。いつだってテリーは最高なんだ。テリーは素敵なんだ。テリーのことを悪くいうやつには天罰が下るべきなんだ。

そういえば、粕谷は「ポゼッションでなくカウンターで勝ったことにボアスは満足してないはず」とも言っていたけど、その分析はいかがなものだろう。というか、そんなことはないはずだ。というか、今のチェルシーの状況を考えて、この試合内容を見て、そのまとめはないだろう。

私は、この試合内容はボアス監督の狙い通りだったと思ってます。狙いと違った勝利だったんでなく、ある程度想定した通りの戦いだったと思うんですよ。そうです、ボアス監督は変わったんですよ。勝利第一主義に。たぶんだけど。そう考えたいし、そうであってほしい。だってボアスはそこまでポゼッションに固執してないと思うし、この守備意識の高い試合内容を見れば「勝利第一主義に改心した」と素直に考えるべきだろう。素直に考えるならね。選手が勝手に守備しただけ? 何、ボアスの指示は攻撃的だったけど、選手がそれを無視して守備的に戦っただって? ない、ない。それはないですよ。そんなことは絶対にない。試合見ていればわかるだろ。そういう「選手が勝手に守備していた」と考える内容でないって。それは明らか。

まぁ本当のところはわからないですし、次のバレンシア戦、シティ戦を見てからの判断になるんだろうけど。

何にせよ、期待が持てる勝利だったのは間違いないです。この戦いができれば、行けますよ!チェルシーは死んでいません。チェルシーは不死身です。大丈夫です。この戦いができれば、いけるはずだ。

ニューカッスルについて。いいチームだと思うけど、ぶっちゃけ、そんなに強いチームではないかな。上位にいるのは、対戦相手に恵まれていたところが大きかったと思うし、これから厳しい戦いが強いられると思う次第です。

何にせよ、いい勝利でした。ボアスさん、この調子でがんばりましょう!

人気ブログランキングへ
↑クリック願います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い
ガッツ(がんばれ!)
プレミアリーグ「ニューカッスル対チェルシー」感想文  いい勝利でした doroguba*footballcolumn*/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる