doroguba*footballcolumn*

アクセスカウンタ

zoom RSS プレビュー:チェルシー対マンチェスターユナイテッド

<<   作成日時 : 2012/02/04 10:49   >>

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

明日はマンチェスター・ユナイテッド戦ですが、チェルシー的には4位死守のためにも負けられないところです。ポイントは中盤の攻防になるのかなと思ってますが、正直、ラミレスが怪我で不在なのは痛いなぁ。トーレスがあれなんで、中盤の運動量とオフザボールの動きがないと厳しいんですよね。現状のチェルシーの攻撃陣だと。まぁ、戦い方にもよるんだろうけど…。

今期のユナイテッドは一時期に比べるとそれほど強いとは思ってないのですが、強敵であるのは確か。前回のオールドトラフォードで1−3で負けたときはセットプレイとサイドの攻防(というかナニとヤングの個人技?)にしてやられたわけですが、今回の戦いでもそこがポイントとなるのは確かでしょう。ボアス監督がそのあたりどう考えているのか不明ですが、私ならボシングワは外して右サイドバックにイバノビッチを起用して「とりあえずはカウンター狙い」な感じで戦うかな。システム的には「4−3−3」を継続するんでしょうけど、思い切ってエシエンをサイドで起用して攻守のバランスをとるというのもありだと思うんですよね。ボアス監督は今期、ラミレスをウイング的に起用して戦っていた試合がいくつかありましたが、その流れでエシエンをうまく起用していただだきたいところ。もちろんスタリッジとマタの両ウイングの攻撃力に賭けて超攻撃的に戦うというのも手なんですけど、前回、オールドトラフォードでの戦いでは、そんなノープランな戦略でケチョンケチョンにやられてしまってますからね。今回はホームでの戦いとはいえ「慎重」に戦っていただきたいというのが本音。少なくとも前半は。

この試合、秘そかにトーレスの覚醒に期待していたりします。確かオールドトラフォードでもゴールしたし、QBKもあったわけで、相性は悪くないように感じているんです。今のユナイテッドは守備がそれほど強固でもないと思うし、うまくカウンターがはまれば可能性はあるかなと。まぁ、ダメな可能性のが高いけど(笑)。とりあえず、そんな感じです。


ちなみに、私、日常生活でサッカーのことを誰かと話すとかほとんどないんですよね。周りにあまりサッカーファンがいないというのがその理由だと思うんですが、たとえサッカーに詳しい知人がいたとしても、あなり変わらないかもなぁ。うん、ないわ。どんなにサッカーに詳しい知人がいたとしても、たぶんサッカーの戦術論とかについて語り合うとか絶対ない。たぶん。というか、逆に聞きたいけど、そういう「サッカーの戦術論」を普段の会話でしているハイソサエティな人って、どれくらいいるんですか? 

人気ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
面白い 面白い
ナイス ナイス
プレビュー:チェルシー対マンチェスターユナイテッド doroguba*footballcolumn*/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる