doroguba*footballcolumn*

アクセスカウンタ

zoom RSS 欧州CL準決勝 第2戦「バルセロナ対チェルシー」感想文 大丈夫、マイフレンド

<<   作成日時 : 2012/04/26 03:07   >>

ナイス ブログ気持玉 23 / トラックバック 0 / コメント 0

正直、2度負けを覚悟した。
1度目はテリーの退場時。2度目は2失点目をしたとき。

テレビを消そうとしたが、思いとどまった。
非常に辛かったが、最後まで見届けるべきだと思ったからだ。
俺たちのチェルシーの最後の勇姿を、見届けるべきであると。

その時点でチェルシーが勝つとは1%も思ってなかった。
攻撃の術もないと感じていた。

前半ロスタイム。ラミレスのゴール。
まさかであった。本当にまさかであった。
ただ試合が終わった今、冷静に考えれば、ゴールが生まれた理由が少しわかる気もする。
相手がバルセロナだから、このゴールが生まれたのだ。
アンチフットボールを憎み、フットボールを愛するバルセロナが相手だから、このゴールはうまれたのだ。

結果的に、ラミレスを右サイドバックにコンバートしたディマッティオ監督の采配は名采配だった。
CBを2枚も欠いた故の苦肉の策だったんだろうが、それが功をそうした形だ。
サイドバックからの攻撃参加。
縦のポジションチェンジ。
ランパードのフィジカルもすばらしかったが、やはりラミレスだ。
運動量、スピード、オフザボールのコース、シュートの落ち着き。
すべてがパーフェクトだった。

待望のアウェイゴール。
このゴールがすべてを変えた。
アンチフットボールのチェルシーが、フットボールをしたバルセロナに助けられた瞬間でもあった。
もちろんチェルシーがやっていたのもフットボールなんだけど、もしバルセロナがチェルシーの戦い方を
していたら、あのゴールはうまれなかったはずだ。

チェルシーの勝因はそんなところだが、バルセロナの敗因からこの試合を考えたほうが有意義なのかもしれない。

バルサの敗因はいろいろあるんでしょうが、私が思うに1番の敗因は、
正統派なセンターフォワードの不在だ。

たとえば、またまた古い話で恐縮ですが、モウリーニョ1年目のチェルシーがカンプノウでやられたのは、
ファンクな踊りをする正統派フォワードのフォワード的なプレイでした。

この試合同様に1人退場になったところで、そのファンキーなフォワードを投入されゴールされたのは今でも記憶に
残っている。そのフォワードの名前は忘れたけど。

同様にサミュエル・エトーくんにも、よくゴールを奪われていた。

メッシも怖いけど、この試合は彼を劣りに出来るような、生粋のセンターフォワードがいなかったことが
チェルシーに幸いしたのだ。

ロナウジーニョがいても、やられていたと思う。
エトーやロナウジーニョ。そうだ。
彼らのような決定的な仕事ができる選手が、今のバルセロナにはいないのだ。

もちろん、チェルシーに運があったのも事実だ。
ポストやバーに何度も助けられた。

チェルシーの勝因に戻る。「バルセロナがフットボールをしてくれたこと」そして「運」。
この2つに加え、メンタルで負けなかったことが大きな要因であった気がしている。

退場劇に、2失点。試合途中で気持ちがくじける要素はいくつもあった。
実際そのようになっている選手もいたのかもしれないが、気持ちで負けない選手がチェルシーに数人いて、
彼らがチームを支えたのが大きかったと思っている。

「大丈夫マイフレンド」。

そんな題名の映画があるが、そのタイトル名が今のチェルシーには、しっくりとくる気がする。

どんなに窮地に陥ろうとも、大丈夫なんだ。絶対に大丈夫。
なぜなら友達だから。信頼できるチームメイトがいるから。
スタッフがいるから。ファンもいるから。

そしてボールも友達なんだから。

たとえアンチフットボールと言われようとも。

人気ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 23
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)
欧州CL準決勝 第2戦「バルセロナ対チェルシー」感想文 大丈夫、マイフレンド doroguba*footballcolumn*/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる