doroguba*footballcolumn*

アクセスカウンタ

zoom RSS ドログバ選手チェルシー退団に寄せて

<<   作成日時 : 2012/05/24 03:27   >>

ナイス ブログ気持玉 35 / トラックバック 0 / コメント 0

ドログバを始めてみたのは、確かマルセイユ在籍時の欧州チャンピオンズリーグの試合。その身体能力を生かしたプレイはもちろん、鋭い目つきが印象的だった。そう、飢えた狼というか、野獣みたいな鋭い眼光が気に入ったのだ。アフリカ人選手に未来を感じた。インパクトがあった。

ブログ名にしたのも、そんな理由からだ。ブゥードゥー的というかアフリカ的な響きも気に入っていた。新しいサッカーの未来を予想させる響きだ。ロシアの成金に、ポルトガルの若き名将に、アフリカの未来。なんという、すばらしいコンボ。その象徴がドログバという響きだと感じたのだ。音。サウンドだ。わけわかんない? そのとおり。今から8年前の話だ。

もちろんドログバのプレイも好きだ。ポストプレイは随一だと思うし、決定力もそれなりにあったところが好きだった。アフリカ人らしいパワフルなシュートには何度か度肝を抜かれた。エバートン戦だったか、信じられないような超ロングシュートもあったな。意外と正確なゴロでのシュートでのゴールが多かった気もする。何にせよ、インパクトがあった。ワクワクさせてくれたし、どきどきさせてくれた。失望もしたし、愛想をつかしたこともあった。でも、基本的には好きだった。そんな感じだ。

数年前から移籍するのでは騒がれていたので、なんとなく心の準備はできていたつもりだった。けど、いざ、辞めることが決まるとやはり寂しい。もう、あのへんてこなゴールパフォーマンスがチェルシーで見れないのかと思うと。涙が出てくる感じだ。心の汗? まぁ涙もろい性格なのだ。『名探偵コナン』見ても泣いたし(笑)。

本当はもっと、建設的なことを書くつもりだったけど、書けなかった。このタイミングで去るのが一番なのは確かなのはわかるけど、それを受け止めるには少し時間が必要みたい。


エンディングは重要だ。それは理解している。というか、いつか終わりは来る。アメリカンニューシネマ的でなくていい。わかりやすいエンディングが必要なとき。年をとったんだ、俺も。

先ほどチャンピオンズリーグハイライトで優勝後のドログバのインタビューを見た。昔ほど目に鋭さはないように感じた。非常にうれしそうだったが、まるで役目を終えた年寄りライオンのように見えた。

もしかして、昔からそんなに鋭い目はしてなかった?

優しい目だった?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 35
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい
面白い 面白い
ドログバ選手チェルシー退団に寄せて doroguba*footballcolumn*/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる