doroguba*footballcolumn*

アクセスカウンタ

zoom RSS チェルシーはアーセナルになれるか? ドログバは中国で自分探しの旅? ボアスの返り討ち

<<   作成日時 : 2012/07/15 15:49   >>

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

■若手育成

トッテナムとの争奪戦に競り勝つ形で、チェルシーはブラジルの若手スター選手オスカルを2500万ユーロで獲得する可能性が高まっているようだ。オスカルはインテルナシオナウ所属の20歳のMF。スパーズは彼の獲得のため先週1900万ユーロのオファーを出していたが、これを金額で上回ったチェルシーが交渉を進展させている。オスカルは南米で最も将来有望な若手選手の一人と見られており、チェルシーも未来のスター候補と捉えている。ある関係者は交渉の現状について次のように語った。http://news.livedoor.com/article/detail/6750807/

若手への投資が重要なのは間違いないんですが、将来どうなるかはまったく未確定であることも忘れてはならないんですよね。特にチェルシーはこれまで「若手の育成」で成功した試しがないわけですし、彼だって同様になる可能性は高い。チェルシーではミケルくらいでしょ、まぁまぁ期待通りに育ってくれたのは? 逆に言うと彼以外は全滅なわけです。たとえばカクタとかディサントとか。若手を育成するのは結局、アーセナルみたいに「若手と心中」するくらいの気持ちで積極的に実践で起用していかないといけないと思うんだけど、昨シーズンボアス監督をシーズン途中で首にしたチェルシーに、その覚悟があるのかって話です。まぁ昨シーズンのボアスは酷すぎたんですけどね。

■プレ自分探しの旅

「僕にアプローチをしてくれた時、会長はクラブのプロジェクトを示してくれた。それは中国サッカーの発展を助ける、意欲的なアイディアだった。ヨーロッパに残り、他のビッグクラブへ行くことは簡単だった。ここに来たのは本当にお金のためじゃない。ヨーロッパで経験したものとは、まったく違うチャレンジが待っていたからだ」と、新天地での挑戦に意欲を示したドログバ。
http://news.livedoor.com/article/detail/6759541/

生きていくためにはお金が必要だし、私は「お金のため」という理由で全然OKです。ちゃんとした仕事をしてお金を稼ぐんだし、全然、問題ないですよ。まぁ誰しも理想的な生活は、中田英寿さんや小沢健二さんみたいに有名になって自分探しの旅みたいな感じのことしながらお金ももらえることなんでしょうし、将来的にドログバもそれを狙っているのかな?

■仕返し、返り討ち

先日トッテナムの監督に就任したビラス=ボアスは、新たなストライカーをチームに加えたいという意思を明らかにしており、アデバヨールがそのターゲットの一人であることも認めた。「ストライカーを探していないと言えば嘘になるだろう。アデバヨールはもちろん獲得リストの中の一人だ。ぜひ彼を我々のチームに加えたい」
http://news.livedoor.com/article/detail/6751468/

気がつけばボアスさんがスパーズ監督になっていてお笑いです。昨年のチェルシーでの経験を生かしてスパーズで成功されたら嫌なんだけど、まぁ、そうなったら仕方がないです。彼を首にしたチェルシーなんだし、彼がどのチームで監督しようが勝手だと思うんで。というか、チェルシーに仕返ししたくて、あえてスパーズを選んだ? というわけでスパーズとのロンドンダービー楽しみにしてます。返り討ちにしてあげたい。あなたにもチェルシーあげたい。

人気ブログランキングへ
↑おもしろかったらクリックしてください。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
面白い 面白い
ナイス
チェルシーはアーセナルになれるか? ドログバは中国で自分探しの旅? ボアスの返り討ち doroguba*footballcolumn*/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる