doroguba*footballcolumn*

アクセスカウンタ

zoom RSS ファンペルシのユナイテッド移籍について。&「ニューカッスル対スパーズ」感想

<<   作成日時 : 2012/08/19 11:18   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

■ファンペルシ

アーセナルがキープレーヤーを失うのは、ファン・ペルシが初めてのケースではない。それでもヴェンゲル監督は、ファイナンシャルフェアプレーが導入されれば、この問題は解決されると考えている。
「懸念している。しかし正直に言って、これは短期的な問題だと考えている。世界がこれを続けていくことは、できないだろう。(ファイナンシャルフェアプレーで)大きく改善される」
http://news.livedoor.com/article/detail/6866623/

「ファイナンシャルフェアプレー」は、確かにアーセナルには追い風になりそうです。まぁ実際にそれが導入されてみないとなんともいえないですが、きっと、いろいろと変わるのでしょう。わかりませんが。で、ファン・ペルシ的には、今回のユナイテッドへの移籍は、そのなんたらフェアプレーが導入される前にアーセナルを去りたかったということも理由の一つであったのでしょうか? 違う? というか、単に例の「アーセナルの30歳定年」を考慮してこのタイミングで去っただけ? わかりませんが、チェルシー的には、ファンペルシがアーセナルからユナイテッドへ移籍したことは悪いことではない気もします。ユナイテッドが戦力アップしたことよりも、アーセナルが戦力ダウンしたことのほうが、ポイントだと思うから。

「(V・ペルシーの加入で)変化することは、より多くのゴールを生み出すことができるかもしれないということだ。もっと得点を奪えるということは僕らにとって素晴らしいことだね。昨シーズン、僕らがリーグタイトルを逃してしまった原因の解消につながるからだ」http://news.livedoor.com/article/detail/6867480/

まぁ、その通りでしょう。マンチェスターシティに対抗するためには、ファンペルシの加入は、けっしてマイナスにはならないですよね。個人的には何度もいうように「ウェルベックは数年後ユナイテッドにいないのでは?」という考えなんで、ファンペルシの獲得は驚きでも何でもないです。何てったって、ユナイテッドはプレミアリーグを代表するビッククラブなんですから、それくらいの大型補強は当たり前です。それにファーガソン監督はツートップを重宝するお方であると思うので、ファンペルシとルーニーを軸とするフォメーションは理想だと思うんですよね。まぁペルシがすぐにフィットするかわからないですが、今期のユナイテッドの攻撃陣の軸となる可能性は大でしょう。で、気になるのは香川選手の使われ方だと思うんですが、現状ですと交代要員かサイドになる確率が高いのかなと思ってます。といってもユナイテッドのサイドにはナニやアシュリーヤングもいるので、彼らとの熾烈なレギュラー争いが待っているわけですが、まぁそういうポジション争いも含めて楽しんでもらいたいですね。

■ニューカッスル対スパーズ

ニューカッスルの勝因について考えてみると、やっぱ「昨年の延長線で戦えたこと」になるのかな? バとシセのツートップと、サイドにベンアルファという「ブラック系の個の力」が健在で、献身的な守備を軸に、その3人の個の力を生かすスタイルは、単純明快なんだけど強いなぁと。数年前のチェルシーみたいな「ブラックアフリカンを軸」とした野生的なサッカーは嫌いではないです。やるな「パーデュー親父」とこの試合を見て再度、感心してしまいました。チェルシーは彼らに勝てるのか? わからないけど、簡単な相手でないのは間違いない。バ、シセ、ベンアルファの3人が9月になっても健在ならば、ニューカッスルが今期のCL出場権争いに加わるのは確かでしょう。手強い相手ですよ。一方の、ビラスボアスのスパーズ。基本レドナップ時代の流れを汲んだサッカーという感じで、両サイドのベイルとレノンの個の力はさすがという感じでしたが、モドリッチが抜けるとなると、その中盤の穴は大きい気はします。あと、4−3−3だか、4−2−3−1だか知らんけど、ワントップ気味な布陣が、はたしてスパーズに合うんでしょうかという疑問もあります。まぁワントップが誰かにもよるんでしょうが、デフォーを軸として戦うのは厳しいように感じたんですが、どうなんでしょう。まぁ「高い位置でボールを奪ってカウンター」というスタイルならば適任なのかもしれないけど、それをするにはそれなりの守備力が問われると思うわけで。現状の最終ラインや中盤の守備力から考えると、その戦い方は、ちょっと危うい気がするんですよね。この試合はアウェーだったんで、そういう仕様だっただけなのかもしれないけど、レドナップ監督時代の「ツートップでサイドの2人もバリバリという攻撃的サッカー」からの変貌が果たして機能するのかどうか注目ですな。まぁ、何にせよモドリッチの抜けた穴は小さくないのは確か(まだ抜けてない?)。あとクラニツァルもいなくなったんでしたっけ? 8月中にどれくらい補強するのかわかりませんが、現状のままだとすると、チェルシーファン的にはちょっとうれしいかも。まぁ、まだ開幕戦ですし、何ともいえませんが。 
人気ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ファンペルシのユナイテッド移籍について。&「ニューカッスル対スパーズ」感想 doroguba*footballcolumn*/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる