doroguba*footballcolumn*

アクセスカウンタ

zoom RSS プレミア「チェルシー対リバプール」  アブラモビッチ批判と反原発運動

<<   作成日時 : 2012/11/27 02:49   >>

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

「CLで敗れたことで、少し自信を失っているようだ。だがクリーンシートはしばらくなかったことで、それはポジティブなことだ」
http://news.livedoor.com/article/detail/7176643/

確かに、クリーンシート(無失点)はポジティブに考えるべきだと思いますよ。試合に出たメンバーはディマッティオのときと変わらなかったけど、守備意識はこれまでより高かったように見えたし、守備の組織的な連動もできていたように見えました。気のせいかもしれないし、シティがイマイチだったところもあったかもしれないし、ピッチコンディションが悪かったことがいいように作用しただけかもしれないけど。具体的には中盤2列目の守備の意識がUPしたことが有効だった気はしてます。まぁオスカルとかアザールは、まだ「軽率なプレイ」というか「状況判断できていないプレイ」がところどころ出ていたし、それはまだまだ改善の余地はあると思うんですがベニテスになって「守備」というテーマが少しはピッチ上に持ち込まれたとするなら、それは歓迎すべきことだと思うんですよね。

スカパー解説の永井がうざかった。いつも、うざいんだけど、この試合はこれまで以上にうざかった。何故か? それはきっと根本的には「サッカもーに対する考え方の違い」に起因することなんだろうけど、一言で言えば、話がつまらないからうざく感じた。アブラモビッチ批判はまぁ当然の流れと言えばそうなんだろうけど、プロの解説者であるなら、もっと別の視点から語るという方法論もあってしかるべきではないのか? まぁ私はアブラモビッチのやり方は別に嫌いじゃないし、むしろ好きなんで永井の話がつまらなかっただけなのかもしれないけど。何というか、今のご時勢でたとえると「安易な反原発論」を聞かされているような「うざさ」だったんですよね。「アブラモビッチ批判=反原発」。まさにそんな感じだな。

確かにアブラモビッチは気が短いかもしれない。もっと監督を信じて長期的に考えるやり方もあるんでしょう。たとえば、昨年のリバプールのダルグリッシュみたいに、最後までやらせて失敗に終わるというのも心情的にはありなのかもしれません。でも、そのやり方で本当に絶対に成功するのかな? リバプールはどうなった? 浦和レッズはどうなった? アーセナル? マンチェスターユナイテッド? その2チームは何度も言うように「監督」が違うんですよ。何度もいうように、ディマッティオはそのレベルでは毛頭無い。ベンゲル、ファーガソンレベルの監督を探し出せてないという点ではアブラモビッチに非があるのは確かでしょう。ただ、現実問題として「いない」わけですから、そこは現実的に戦っていくしかないわけであって。で、アブラモビッチの現実というのは「結果」なんですよね。まぁ「楽しいサッカー」とか「バルセロナ的なエンタメ要素」とか嗜好しているとか噂されているけど、「つまらないから首」となったケースは一度もないと思うんですよ。まぁモウリーニョが多少そんな感じのところもあったかもしれないけど、明確にそれが理由だったわけではないと思うし、やっぱ「勝てない&負けが込む」と首になるというのがセオリーであると思うんですよ。で、ある意味、そのアブラモビッチの方法論には「常にぶれがない」。今回も同様。なので、別に今回のディマッティオの解任の件は「笑い」はしたけど、別に変とはまったく思わなかったし、まぁ「CLグループリーグ敗退」という失態から考えると、ある意味、当然の処罰といえるのかなと。

処罰なんですよ。処罰。解任ではなくて処罰。でそんな「結果を出せないものに対する厳しい処遇」がチェルシーの強さにつながっているところもあると思っているんだけど、そういう視点から解説するというのも当然あって然るべきなんではないか。

あと現地のスタジアムでディマッティオのプラカード持ってきていたやつはアホ? というか身内? まぁ、別にいいんですけどね。きっとディマッティのことが好きだったんでしょうし、それを貶す理由は無いからね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)
かわいい
プレミア「チェルシー対リバプール」  アブラモビッチ批判と反原発運動 doroguba*footballcolumn*/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる