doroguba*footballcolumn*

アクセスカウンタ

zoom RSS ヨーロッパリーグ準々決勝「ルビンカザン対チェルシー」第2戦 感想文 セイフティとリスキー

<<   作成日時 : 2013/04/15 00:26   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

遅くなりましたが、ベスト4入りが決まったヨーロッパリーグ・対ルビンサガン戦について、簡単に。

ファーストレグをそれなりの点差でリードして終えていたので、この試合はいかに省エネで戦って次のラウンドへ進めるかがポイントでした。ベニテスの選手の起用法に注目しておりましたが、サイドバックにほとんど試合に出てないベテランのパウロ・フェレイラ、ボランチに若手のアケを起用。多少リスキーだったかもしれないけど、この思い切った(?)采配は非常によかったと思いました。って、そんなに思い切ってもないか。「ローテーション」大好きのベニテスにとっては、ごく普通の起用法だったと言えるのかもしれません。

■セイフティとリスキーのバランス


◆パウロ・フェレイラとネイサン・アケについて
「ここ3シーズンのフェレイラの試合数や素早い選手を相手に人工芝のピッチでプレーしたことを考えると、彼は良い仕事をしたと思う。アケは優れた選手であり、素晴らしいパフォーマンスを見せた。両選手のことを称賛したいね」
http://japan.chelseafc.com/news/latest/682

確かに両選手ともがんばったと思いましたが、「素晴らしかったか?」と言われると、そんなでもない気もします。この試合自体は3失点して負けていますし、その敗戦に彼らが無関係だったとは思えないんですよね。まぁ、ベニテスが監督になってから、誰が試合に出ようとも守備は不安定ではあるんですけど。特にアケに関しては、ポジショニングや判断力がイマイチなプレイがあった印象が強く、「ボランチってポジションはやっぱ経験が必要だな」と改めて思ったりして。ボランチのプレイって「無理しちゃいけない時に無理してピンチになる」のはご法度だし、「無難なプレイばかりして、相手にとって脅威になってない」のも駄目なわけで。状況に応じた「セイフティとリスキー」のバランスが大事なんですよね。まぁ、これボランチのみならず、どのポジションでも同様なんですが、特に中盤の選手はその判断力が問われるポジションだと思うわけで。ランパード、ラミレスと比べると、申し訳ないけどアケのプレイはワンランク劣ってしまうかなと。まぁ、ランパードやラミレス比べること自体がナンセンスなのかもしれないけど。

ちなみに、この週末にサウサンプトン対ウエストハム戦とかボケッと見ていたんですが、このレベル同士の試合ってチェルシーやユナイテッドレベルのチームの試合と比べると、さっき書いたような「セイフティとリスキーの判断力に劣る」プレイの割合が多いように感じます。あくまで個人的な感覚の問題なのかもしれないけど、「そこでそのプレイしますか」とか「なんでそこでパス出さない?」みたいなプレイの割合が多いんです。もちろん、どのプレイが正解なんてないのかもしれませんが、「なるほど」と感じたり「すごい」と感嘆するようなプレイが少ないように感じるわけです。まぁ、心底、応援しているチームじゃないから、そう思うだけかもしれませんけど。

■今後のこと

というわけで、話をチェルシーに戻しますと、ルビン・サガンに2試合トータルのスコアで見事に勝ち、ヨーロッパリーグのベスト4入りとなりました。それ自体は非常にめでたいのですが、過密スケジュール問題は依然として残るわけでして。まぁ、ここまできたら、もうすべての試合に全力で戦っていくしかないわけですが、何度も言うように「あくまでプライオリティの第一はプレミアリーグ」という点だけは忘れないように戦ってもらいたいところです。タイトルがチラついてくると、どうしてもそちらを優先したくなるのはわかるんですが、変に欲張らないで「たとえ無冠に終わっても、来期CL出場権は確保」という姿勢で戦ってほしいです。まぁ、難しいとは思いますが。ちなみに、プレミアの残りの対戦カードは厳しいカードがけっこう残ってますが、これ考えようによっては、そのほうが都合がいいのかもしれません。難しいカードのほうが選手や監督の気持ちが引き締まっていいプレイができるというか、要は「格下相手のほうが選手やベニテスが手を抜いて不覚を取る」可能性のが高い気がするんですよ。逆転の発想? まぁ、強い相手の試合のほうが勝利するのが難しいのは確かなんですけどね。

人気ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ヨーロッパリーグ準々決勝「ルビンカザン対チェルシー」第2戦 感想文 セイフティとリスキー doroguba*footballcolumn*/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる