アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「サッカー」のブログ記事

みんなの「サッカー」ブログ

タイトル 日 時
サッカー親善試合「日本代表対グアテマラ代表」感想文  日本代表における香川の適正ポジションは?
前からのプレッシングがしっかりとできていたことは評価。香川選手を中心に守備意識が高かったように感じられたことは、ポジティブな要素だったかなと。守備では、ディフェンスラインと中盤のラインの距離感を縮めてほしいとリクエストしていたが、それができていたので相手がボックスに入ることはほとんどなかった。またパート間の距離だけでなく、選手個々の距離感も大切にしてほしいとお願いした。つまり縦だけでなく横の距離感も大切にしてほしい。他にチームとして特にリクエストしたのが、楽しみながらプレーしないといけないという... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/09/07 22:03
ザッケローニ日本代表の課題点は、課題がわかってないように見えるところ
ザッケローニの前日会見読んだけど、取り上げるような箇所がない。なので、こちらから拝借する。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/09/06 02:48
べイルの移籍金の意味と、デンバ・バ残留の理由について
■べイルベイルの移籍金8530万ポンド(約131億7000万円)だったそうで。この金額を聞くと、今年から導入されるとかいう「ファイナンシャルフェアプレイ」とかいう制度は何なのかと思ってしまいますね。まぁ、その制度は「クラブの収支」が問題なので、別に移籍金を抑えるためのものではないんだろうけど。レアルマドリーってお金持ちなんだなと改めて思いました。「史上最高の移籍金」という見出しが世界を駆け巡り、ベイルの商品価値は実力以上に増した。ピッチでの活躍を期待して、有料テレビの契約者が増えればペレス会長の... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/09/05 03:19
UEFAスーパーカップ「バイエルンミュンヘン対チェルシー」感想文  勝っていたとしても評価低い内容
ゴールシーンは見事だったと思うけど、評価的にはユナイテッド戦同様かなり物足りないですね。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 26 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/09/01 00:45
エトー獲得&チャンピオンズリーググループリーグ組み合わせ
■エトー獲得悪くない補強なのかもしれないけど、なんでエトーの補強なのかは説明はほしいね(もうしているのかもしれないけど)。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/08/31 03:36
プレミアリーグ第3節「マンチェスター・ユナイテッド対チェルシー」感想文 ゼロでなく2トップ?
チェルシーの公式ページをみると、シュールレとデ・ブライネはFW扱いになってます。なので、そう考えると昨日のマンチェスター・ユナイテッド戦は2トップだったともいえる(笑)。ゼロでなくて2です。■シュールレ起用の意味?ユナイテッドのサイドバックへの「けん制」としてのデ・ブライネ起用はわかるとして、シュールレ 起用の意味は?「デ・ブライネを右サイドで起用したのは、エブラのオーバーラップをケアするためだ。フアン(マタ)は右サイドというより、もっと中央よりでプレーするタイプになる。戦術的な統制がとれてい... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/08/28 02:43
ユナイテッド対チェルシー プレビュー&ウィリアン獲得の意味
■プレビューマンチェスター・ユナイテッド戦プレビュー。まず退場者が出なければ、そこそこの戦いはできるのではないかと思っている。開幕からの2試合を見る限り、チェルシーの守備はプレッシングを軸に安定していると思うのでそれがはまればいい試合になるんでしょう。ですが、逆にその軸となるプレッシングが変に作用して退場者を出す事態となったら、オールドトラフォードでの試合だし、厳しい戦いになるのかなと。ファン・ペルシは開幕でも好調だったようですし、やっぱチェルシーにとって一番の脅威は彼でしょう。ただ、ルーニーが... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/08/26 01:57
プレミア第2節「チェルシー対アストンビラ」感想文  フレッシュ、フレッシュ、フレッシュ〜!
ボクシングで例えるなら、ジャブでの戦い。それが昔からのモウリーニョの基本戦術というところかな。腰の回転を使わず腕の瞬発力をもって放つため、相手に与えるダメージは大きくはない。ジャブはダメージを与えることに主眼を置かず、相手を牽制し間合いを計ることで試合をより有利にコントロールすることを目的としている。特に近代格闘技においてその意味合いが強く、突進してくる相手の出鼻を挫く、正確に当て続けることでポイントを稼ぐなど、試合の中でジャブが有効とされる局面は多い。ジャブサッカーとは、要は「試合を有利にコン... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/08/23 02:46
プレミアリーグ第1節「チェルシー対ハルシティ」感想文 運動量とクリーンシート
「高い位置からのプレス」というのは、間違いなく今期チェルシーの1つのスタイルであり武器だ。 そして、それをベースとした組織的な守備と、組織的な攻撃やカウンターというのが1つの戦い方になるんだろう。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/08/20 03:07
練習試合「サッカー日本代表対ウルグアイ代表」感想文  反省よりも融合、そして薫陶と授業料
■守備まず守備についてだが、修正することはできなかった。理由は今日、来日したメンバーもいて準備期間がほとんどできなかったからだ。失点が多い理由については、メンバー発表の会見かインタビューでも答えたと思うが、より多くの得点を狙うチームにはそれだけ失点のリスクが伴う。それだけの話だと思う。私自身が攻撃的サッカーを信じている。現在のチームを見ても、前線の4枚にはアタッカーを配置しているし、ダブルボランチは攻守ともに優れた選手を置いている。両サイドバックも攻撃的だし、センターバックでさえも元MFの選手で... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/08/15 01:19
2013年-2014年シーズン開幕前  改めてモウリーニョ第2次政権に期待すること
27年間である。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/08/14 02:05
「レ・ブルー黒書 フランス代表はなぜ崩壊したか」を読んで。 
何もしないで勝てるのなら、それをするのがいいサッカー監督。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/08/04 02:22
「責任と自由」、そして「過去」は「未来」のように考えられるべきであるということ
吉本隆明さんが言っていた、 『「過去」は「未来」のように考えられるべきであり、 「未来」は「過去」のように考えられるべきである。』 は、その通りだと思う。 http://diary.originallove.lolipop.jp/?eid=1072 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/07/30 02:28
東アジア・サッカー「日本代表対韓国代表」感想文  ポストプレイヤーと守備的MF
勝ったけど、内容的にはイマイチだったかな。まぁアウェーでの戦いだから、こうなるのは想定の範囲内だったのかもしれないし、カウンター狙いという戦略だったのかもしれないけど、ボールポゼッションがほとんどできてない感じだったのは少し残念でした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/07/29 02:16
東アジアでの最後の椅子を賭けたデスマッチ(笑)「日本代表対オーストラリア代表」雑感(加筆修正あり)
オーストラリア代表の出来が悪かったからという理由もあるんだろうが、前の試合よりもプレイが積極的だったように感じられたのは悪くなかった。豊田のポストプレイ、斉藤のドリブルという「個人技」が冴えていたからというものあるんだろうが、攻撃では各人やることがはっきりしていたことが功を奏したんだろう。何より「縦パス」をきちんと入れることが出来たというのは大きかった。基本というかセオリーというか、そういう「攻撃の形」というのは大切なんですよ。守備はあれでしたが、まぁ、こういう試合ではよくあることなので、特に言... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/07/27 02:50
スペースに対する考え方  〜スペースオデッセイ〜
距離=速さ×時間 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/07/24 02:45
サッカー東アジア選手権「日本対中国」感想文 若手の育成には向いてないかも
ふだんJリーグを見てないので、彼らの出来に関してはわかりません。彼らのことを「若手」といっていいのかもわからないんですが、この試合の率直な感想は「もっと若者らしく、プレイしようよ。ミスしてもいいから」でした。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/07/23 02:18
サッカー日本代表論 ザッケローニ監督と原技術委員長はニッポン病か?
■ニッポン病よく辛抱強いといわれる日本の国民性も、実のところそうではなくて、ただ変化することをひたすらに恐れる……出る杭は打たれる……自らの意思で行動できない……という社会の圧力と、それによって育まれたある意味での柔弱な性質が、見る角度によってはそう映っているだけなのかも知れないな、と僕は思うのである。(中略)僕はそれをある意味“ニッポンの病”であると考えている。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/07/21 01:13
もしルーニーがチェルシーにきたら & 「ザックジャパン改造計画」という暴論
もし仮に、ルーニーがチェルシーに移籍してきたとしたら、どこで使う? 2列目? いやいや、チェルシーは現状、2列目にはすでにいい選手がたくさんいるんですよ。 アザール、マタ、オスカル、シュールレ、モーゼズってね。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/07/18 03:02
素人とプロ 当たり前とポゼッション
ここの本田のクリアを思いっきり蹴りだしておけば問題はなかったと思います。一回プレーを切っておく。とくに後半の立ち上がり5分間、クリティカルフェイズだから。ボーンと大きく蹴っておいてもいいんです。 http://www.footballchannel.jp/2013/07/14/post6358/ここで指摘されているような「プレイを切る」「立ち上がり5分」というのは私のような素人でもわかるプレイの判断基準なんですが、じゃ、なんでプロフェッショナルである本田選手がそういうプレイをできなかったのか?... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/07/16 01:20
「コンディション幻想主義」&「3バックはギャンブルだ」
■コンディション至上主義メキシコ戦では序盤はよかったが、後半は急に動きが落ちてしまった。常に日本を見てきたわけではないので、コンディションに問題を抱えていたのかどうかはわからないが、試合や時間帯によって出来に波があり過ぎるのではないか。現代サッカーでは90分フルパワーで動くことは難しい。ましてコンフェデ杯のような短期間に集中して試合を行なう大会の場合には、試合の中でのリズムやペース配分が大事になってくる。日本はそのあたりのことを学ぶ必要があるのではないだろうか。 http://news.liv... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/07/11 11:36
アブラモビッチ関連で、その2
アブラモビッチの続き。アブラモビッチは、ベレゾフスキーとともに所有していた石油会社「シブネチフ」を、2005年に売却。ロシアの天然ガスの最王手「ガスプロム」の傘下になる。で、今回は、その「ガスプロム」の話。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/07/08 02:22
チェルシーのオーナー・アブラモビッチについて 
■アブラモビッチの歴史少し時間ができたので、本日はオーナーのアブラモビッチについての備忘録。というかwikiに書いてあることを整理。実際、ウラジミール・プーチンが大統領だった頃、彼が掲げる改革に反対したオリガルヒは徹底的に潰された。その中にはベレゾフスキーも含まれていた。そんな中でアブラモビッチは、盟友の没落を横目にプーチン政権に取り入り、更に自らも政治家となって極東の最果てにあるチュクチ自治管区の知事に就任。そして2001年、ベレゾフスキーに代わり、ついに『フォーブス』誌の長者番付に、その名を... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/07/07 02:36
コンフェデ2013決勝戦 感想文
あれ? 先制ゴールのあと、ブラジル人選手が観客席へ入って喜びのパフォーマンスしてたけど、 ああいうのイエローカードではなかったっけ? そこが、非常に気になった。というか、そこだけが気になった。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/07/02 02:26
コンフェデ「スペイン対イタリア」感想文  魚は水がなくなると死ぬが、人は礼儀がなくなると死ぬ
「魚は水がなくなると死ぬが、人は礼儀がなくなると死ぬ」んだそうです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/06/29 03:10
「日本人らしさ」というステレオタイプについて
本日のお題は、この「日本人らしさというステレオタイプ」についてです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/06/28 02:59
コンフェデサッカー日本代表総括 ソリンを偉大な選手にしたのはペケルマンの手腕
まずは、サイドチェンジ禁止だった話から。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/06/26 03:17
コンフェデレーション2013 サッカー日本代表論  あなたは神を信じますか?
「あなたは神を信じますか?」とは、SF映画「コンタクト」のセリフ。「そんなもん信じてないよ。だって無神論者なんだもん」と答えてしまったジョディフォスター扮する宇宙科学者は、へんてこな”宇宙へのコンタクトマシン”のパイロット選挙で落とされてしまう。落選の理由は「世界の9割が宗教信じているというのに、神を信じてないやつが地球の代表になっちゃやばいっぺ」という、いわゆる空気というか世論に負けたから。 あくまで映画のワンシーンの話ではあるが、まぁ現実の世の中もそんなものである可能性は高い。「空気」とか... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/06/25 03:16
コンフェデ2013「サッカー日本代表対メキシコ代表」感想文  あくまで本田と香川か、それとも他の誰か
メキシコ代表の守備がよかったこともあるんだろうけど、日本代表が中盤でうまくボールが持てなかったり、 イタリア戦のようにサイドで起点を作れないときに、どう戦うのかってことが問われた試合だったようにも見えました。今日は(香川)真司と(本田)圭佑にマークがついていたから、だったら圭佑にワンタッチではたかせて、他の選手がもっとやらなきゃいけなかったと思います。途中からそう思って、やり出しました。 http://sportsnavi.yahoo.co.jp/sports/soccer/japan/2... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/06/24 03:48
コンフェデ2013年「日本代表対イタリア代表」感想文  香川の躍動とマリーシア
■立ち上がりブラジル戦と比べて、前半の守備の入り方がすばらしかったように見えた。前からのプレッシングはハードで連動していたし、ボールホルダーとの間合いの取り方や、ファウルも辞さない守備もできていた。確か、この試合の一番最世のファウルはバロテッリへの日本守備陣のファウルだったはず。ブラジル戦でやられてしまった開始早々「立ち上がりの10分」をこのように、すばらしい守備でスタートできたことがこの試合の収穫であり、肝だったのではないだろうか。もっとも、前半終了間際と、後半立ち上がりという「第2の危険時間... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/06/21 11:25
続コンフェデ2013「日本代表対ブラジル代表」感想  長旅の疲れというよりも気合と戦術の問題
■プライオリティW杯予選イラク戦とコンフェデブラジル戦のプライオリティで言うなら、間違いなくブラジル戦のが重要でしょう。だって、もうW杯予選突破しているわけだし、イラクはどう考えても消化試合。それにイラクとブラジルの実力差から考えても、ブラジル戦に主力をもっていき、イラク戦は「功労試合」か「若手のテスト」に当てるのが一般的ではないか。まぁW杯にべストメンバー規定的なものがあるのか知りませんし、選手を変更できない規則があったとしたなら、しかたがないですが。■引いた守備≠引いたゾーンプレス「前半は特... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/06/19 02:45
コンフェデ「対イタリア代表」プチプレビュー
イタリア代表のプランデッリ監督と聞いて思い出すのは、パルマ時代の中田英寿との確執? それとも、あの「ゾーンプレス」のアリゴサッキの弟子であるということ? ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/06/18 02:40
コンフェデ2013「ブラジル代表対日本代表」感想文  ノープラン? それとも岡田日本代表からの脱却?
■スーパーゴールではあったけどネイマールの先制ゴールは確かにスーパーゴールだったとは思うけど、問題は「スーパーゴールを決められちゃお手上げだし、仕方が無いよね」という考え方・スタンスでいいのかってことなんだと思う。確かにすばらしいゴールだったと思うけど、防ぐ手立てはまったくなかったのかと考えると、そうとは思えない。単純に考えれば、以下の3つのポイントで対処する方法はあったと思う。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/06/16 18:42
サッカー日本代表論 「対ブラジル代表」では、ゾーンの前後の守り方がカギ?
■ブラジル戦といえば日本が相手にボールを保持させた場合→どのような守備をするか。中盤を3センターで組むのか、4-4-2で正面衝突か。ある程度引いて守備を固める場合の要注意人物はパウリーニョ。パス&ムーブで守備網に穴を創りだすのが上手い。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/06/13 02:35
モウリーニョ論 20130612
「モウリーニョ論」の続きでも語ろうか。レアルマドリー時代は「レアルよりも自分(モウリーニョ)を大きい存在として扱っていた」ことが罪だったという意見があるみたいですが、個人的にはそれは別に罪ではないと思う。それで結果がでなかったことは非難されてしかるべきだと思うけど、「大きい存在として振舞うこと」自体は別に間違ってないと思うからだ。それが監督の特権というものだと思うしね。たとえばトルシエが日本代表で「フラット3」を採用したのは、別に悪いことではない。個人的には「4バック」が好きだが、戦術や起用する... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/06/12 02:42
モウリーニョとアメリカンニューシネマとフリッパーズギター
「狼たちの午後」という映画をご存知であろうか? アル・パチーノ主演のアメリカンニューシネマの代表作だ。 子供のころ(といっても中学くらい?)に初めて見て、確か大学生のころもう1回見て、つい先日、3回目(または4回目)の鑑賞をした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/06/11 03:06
ザッケローニ日本代表のこれからとW杯での戦い方について
■中村俊輔と本田△は違う!しかしながら、W杯1年前の移籍というのはリスクが伴う。4年前にセルティックからエスパニョルへ移籍した中村俊輔もクラブでの出場機会を大幅に減らし、最終的に南アフリカ大会での出番を失った。本田に同じことが起きないとも限らない。複数のケガを抱える彼だけに、再びアクシデントに直面する危険もはらんでいる。本人は最悪のシナリオを回避する努力を欠かさないだろうが、ザックジャパンとしては予選を通して浮き彫りにされた本田不在時の戦い方を確立させておく必要がある。http://sports... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/06/07 03:31
おめでとうサッカー日本代表W杯出場決定 で、日本代表が強くなった理由を「空気」から考えてみた
気がつけば、もう4度目の出場決定になるんですね、サッカーW杯本戦。出場決定おめでとうございます。パチパチ。まぁ、誰かが言っていたように、今回が一番楽チンでしたね。日本が強くなったのはもちろんなんでしょうが、その他の国が弱くなったというのも事実なのかな? オーストラリア代表も衰退していると思いますよ。プレミアリーグで活躍している選手はほとんどいないし、キューエル、ヴィドゥカに変わるスター選手も生まれてきてない。まぁ、あの2人が異常だっただけなのかもしれないけど、アジア枠に入って弱体化したように見え... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/06/05 03:14
モウリーニョ・チェルシー第2次政権に寄せて
モウリーニョが監督として戻ってくることが正式に決まった。めでたい。復帰である。復縁である。こうなることを願っていたので、本当にうれしい。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/06/04 03:11
「4バック」と「3バック」について、単純に考えてみましょう
サッカーのシステム論って非常に面白いし難しいと思うんですが、要は「4−4−2」(または4バック)であれ「3−4−3」(または3バック)であれ、どんなシステムが採用されても、それが機能しさえすればOKなんでしょう。ただ忘れてならないのは、現状、世界をサッカーチームを見渡すと、数あるシステムの中で「4−4−2」(または4バック)を採用するチームが多いということ。「3バック」を採用するチームもそれなりに多いのかもしれませんが、ほとんどのチームが「4バック」を採用しているのが現実であると思うんです。それ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/06/03 01:54
親善試合「サッカー日本代表対ブルガリア代表」ではなく、「3-4-3」がイマイチな理由について
■主導権わたしの狙いは、(試合の)主導権を握ること。そのために2つのシステムを試していて、ひとつは長く使っているもので、もうひとつは今トライしているところだ。とはいえ今晩の試合は別としても、ヨルダン戦でもそうだったが、基本的にうちは多くチャンスを作っていたし、そのわりには招いているピンチの数は少ないと思う。 http://sportsnavi.yahoo.co.jp/sports/soccer/japan/2013/columndtl/201305300004-spnavi?page=2「主導... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/05/31 10:50
Jリーグ「2ステージ制」とリピーター。そしてマクルーハン万歳
毎週のようにJリーグの試合をスタジアムで観戦している知人がいる。1人で観戦しに行くのではなく、複数の友人とスタジアムに出かけているようだ。つまり、そういうコミュニティに属しているということ。そういうコミュ二ティに属することで、彼は「週末はJリーグ観戦が当たり前」というライフスタイルを確立しているようだ。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/05/29 10:37
プレミア最終節「チェルシー対エバートン」感想文&なんとなくシーズン総括  パウロフェレイラという存在
ちょっと時間が経ってしまいましたが、最終節について簡単に振り返っておきます。前節の勝利で、ほぼCL出場権を手に押さえており、アーセナルやスパーズと比べたら「プレッシャーの少ない戦い」ではありましたが、CLストレートインとなる「プレミア3位」のためには、どうしても勝っておきたい試合でした。ただ、それと同時にシーズン最後の試合でもあるので、これまでチャンスが無かった選手や、今シーズンで最後となる選手を起用するという、ある意味「お祭り」的な戦い方にすることも選択肢としてはあります。果たして、ベニテスの... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/05/22 10:54
ヨーロッパリーグ決勝「チェルシー対ベンフィカ」感想文  ベニテスありがとう
■感謝、感激準決勝を勝ち抜けた時点で、なんとなく優勝を確信していたところもあったんですが、見事な勝利でした。「先手を取れた」ことと「経験の差」がものをいったという感じですかね。まぁ、ぶっちゃけていえば「チャンピオンズリーグ」と比べると相手のレベルが低かったということが優勝できた最大のポイントだった気もするんですが、たとえ相手のレベルが低くとも必ず勝てる保障なんてありません。ですので、選手と監督のがんばりを素直に評価したいのですが、特にベニテスには感謝したいですね。このタイトルは彼のおかげで取れた... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/05/19 02:11
マンチェスター・ユナイテッドの時期監督がモイーズということについて
■モイーズ就任についてファーガソン監督はモイーズに決定したことについて、「監督候補を検討するにあたり、モイーズが最もふさわしいと我々の意見が一致した。しっかりとした職業意識を持った高潔な人物だ。彼の仕事ぶりにはかねがね感心しており、古くは1998年にアシスタントマネジャーにと誘ったことがある。当時の彼はまだ監督業を始めたばかりの青年だったが、それからエヴァトンでいい仕事をしてきた。このクラブの監督に求められるあらゆる資質を備えていると信じている」と語った。http://news.livedoor... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/05/15 09:22
プレミアリーグ「アストンビラ対チェルシー」感想文  ランパードとベニテスに感謝
■ランパードランパードはなぜにチェルシーでこんなにゴールを量産できたのだろうか。PKキッカーであるというのも、もちろん大きなポイントであるんでしょうが、それだけじゃないというのはチェルシーファンの誰もが知っているところ。素人なりに分析してみると、たぶん次の2つの要素がポイントなのではないだろうか。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/05/13 02:24
サー・アレックス・ファーガソン監督の勇退について 
サー・アレックス・ファーガソン監督が勇退するとのことで、何か書いておこうと思う。皆さんご存知のように、私はマンチェスター・ユナイテッドというチームが大嫌いでございます。特にクリスチャーノロナウド選手がいなくなってからのチームはまったくおもしろくないと感じてました。別に弱いとは言ってないよ、嫌いだと言っているだけ。ギグスは認めるとして、好きな選手はほとんどいないし、好感の持てる選手は皆無。そして、ファーガソン監督の采配や戦術も、別にこれといって特筆すべきものはないと感じいて、一言で言えば「興味があ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/05/11 03:01
プレミアリーグ ロンドンダービー「チェルシー対スパーズ」感想文  山は越えたか?
思ったよりもスパーズがファイトしてこなかったなぁ、というのが率直な感想。まぁスタンフォードブリッジでの戦いであったので、その影響は大きかったと思うし、監督がビラスボアスという「汚いサッカーは嫌い」という指揮官だったことも影響したんでしょう。チェルシーファン的には、思った以上に安心して見ていられましたよね。先制ゴールは取れたし、追いつかれた後、すぐに引き離せたし。最終的には引き分けたけど、常に先手先手で戦えたことは大きかった。前節ユナイテッドに勝てていたので「引き分けでもよし」という展開で戦えたの... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/05/10 02:22
プレミア「ユナイテッド対チェルシー」感想文
大一番をなんとかものにできて、よかった。勝因は、すでにユナイテッドが優勝決めていて本気でなかったことなんでしょう。ただ、チェルシーの出来もイマイチだったんで、最後まで冷や冷やしてみておりました。この試合、ダビド・ルイスをCBに戻して、テリー&アザールがベンチだったのは「対ユナイテッド対策」だったのか、それとも「単なるローテーション」だったのか? きっと、後者のほうなんでしょうが、まぁ、勝てばなんでもいいですよ。たぶんベニテス的には、本当に重要なのは次のスパーズとの直接対決ということで、このユナイ... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/05/06 02:25
ヨーロッパリーグ「チェルシー対バーゼル」感想文
ドリブルでの仕掛けにミドルシュート。そして、そのシュートのこぼれ球のつめ。チェルシーの1点は目、2点目は両方とも同じような形からのゴールでしたが、「個のドリブル突破」というのは、やはり大きな武器だと再確認。もちろん、パスワークを駆使した「崩し」というのも大切だと思うけど、ドリブルという武器があるかないかは、けっこう大きなポイントだなと感じました。この試合もアンカーにダビド・ルイスというシステムでしたが、次のユナイテッド戦、その次のスパーズ戦という今期一番の「天王山」も、そのシステムで戦うことにな... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/05/04 01:05
プレミア「チェルシー対スウォンジー」感想文  3バックじゃなくて「4バック+CBボランチ」
泥:このタイミングでの、ダビド・ルイスのボランチ起用は評価したいですね。「試合に勝つためのフォーメーション」というか「負けないためのフォーメーション」という感じがするし、悪くないのではないか? ミケルよりもルイスという判断なのかどうかは、わからないけど、興味深くバーゼル戦とスウォンジー戦を拝見させていただきました。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/05/01 02:52
プレミアリーグ「リバプール対チェルシー」感想文  ロスタイムの戦い方とダブルボランチの弱点
確かにロスタイムは異様に長かったとは思うが、そんなのプレミアリーグのアウェイ戦では日常茶飯事だと思う。なので、そのことを勝てなかった理由にするのはやめてもらいですな。■駄目なのはあくまでチェルシーの戦い方つまり、駄目なのはあくまで「チェルシーのロスタイムの戦い方」と「チェルシーの守備」なのであって、ロスタイムの長さは副次的なものであるという認識を持ちましょうということ。まぁ、「攻撃」もよくなかったというか、守備よりも攻撃の方が最低だったんだけど。■ロスタイムの戦い方まず、ロスタイムの戦い方につい... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/04/23 02:43
サッカーにおける「ローテーション制」について考えてみる  ベニテスのローテーションは奇妙か?
「我々はローテーション制が奇妙なものであるかのように話している。数年前に、そういったことをあまり聞いたことがなかったということは理解できる。しかし、多くの人が私のローテーションについて話す時、サー・アレックス・ファーガソンは、私より多くの選手を変えている」 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/04/21 11:22
プレミアリーグ「フラム対チェルシー」感想文  トータル・バランシブ・フットボール
「絶対に負けることができない試合」で、きちんと結果を残せたのはすばらしい。勝因は、やはりダビドルイスのスーパーミドルシュートでの先制ゴールを取れたことでしょう。アウェーでの試合だし、負けられない試合だしということで、「あまり無理して攻撃できない」展開だったと思うんですが、そういう状況でポイントになるのは、やはり「ミドルシュート」と「セットプレイ」。で、そのうちの「ミドル」で先制できたのは、非常に大きかったなぁと。■攻守のバランススカパーの解説・遠藤氏がチェルシーの攻撃に難癖つけてましたが、サッカ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/04/18 10:46
FA杯「マンチェスター・シティ対チェルシー」感想文  
マンチェスター・シティを率いるロベルト・マンチーニは、後半にチェルシーが息を吹き返したことを認めている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/04/16 02:23
ヨーロッパリーグ準々決勝「ルビンカザン対チェルシー」第2戦 感想文 セイフティとリスキー
遅くなりましたが、ベスト4入りが決まったヨーロッパリーグ・対ルビンサガン戦について、簡単に。ファーストレグをそれなりの点差でリードして終えていたので、この試合はいかに省エネで戦って次のラウンドへ進めるかがポイントでした。ベニテスの選手の起用法に注目しておりましたが、サイドバックにほとんど試合に出てないベテランのパウロ・フェレイラ、ボランチに若手のアケを起用。多少リスキーだったかもしれないけど、この思い切った(?)采配は非常によかったと思いました。って、そんなに思い切ってもないか。「ローテーション... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/04/15 00:26
日本の音楽市場とシティの前3人のフィジカルなど
■音楽市場何だかピンと来ないが、そういうことらしい。 つまりCDなどの、ダウンロード以外のソフトのシェアが世界は57%なのだが、日本は80%と突出して高いので、結果ソフトの売上高が世界一になったようだ。 また世界の音楽市場が縮小するなか、日本だけが4%増で4年ぶりに拡大した事も影響している。 http://ro69.jp/blog/shibuya/80694音楽市場ねぇ。好調の理由がよくわかってないのですが、要はアイドルに金払っているやつが日本にはたくさんいるということなのかな? ここ数年... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/04/11 02:45
「アブラモビッチのジョブ」「チェルシーチャント」など、チェルシー関連のアンドロイドアプリを大紹介!
アンドロイドスマートフォンを買い換えたこともあり、チェルシーのアンドロイドアプリを探してみました。ざっと2000くらいあるみたいですが、本日はその中からいくつか紹介したいと思います。■「チェルシー公式」(Official ChelseaFC)アプリまず、最近よく使っている「チェルシー公式」(Official ChelseaFC)アプリから。パソコン版は日本語に対応したんですが、アプリは残念ながらまだのようで、そこは今後に期待という出来。ニュースや試合日程などパソコン版と同じ内容のものが一通り楽し... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/04/10 02:52
プレミアリーグ「チェルシー対サンダーランド」感想文  「4−2−3−1」前後分断万歳!
■ラッキー一言で言えば、ラッキーな勝利でした。2ゴールとも、不可抗力でボールがゴールに転がった感じでのゴールでしたし、ちゃんとしたシュートじゃないのに得点になっちゃったわけで。もう、ラッキー以外の何物でもないかなと。◆デンバ・バの足首のケガについて 「バは足首に問題を抱えている。ただ、明日に確認することになる」 http://japan.chelseafc.com/news/latest/670なるほど。だからトーレスが後半頭から出たのか。了解した。で、それが功を奏してオウンゴールが生まれて... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/04/10 01:50
ヨーロッパリーグ「ルビンサガン対チェルシー」ファーストレグ感想文  トーレスの躍動とランパードの価値
サンダーランド戦は、残念ながらスカパーでライブ放映なしでしたのでまだ試合は見れて無いのですが、なんとか勝てたようで何よりです。これで、プレミア3位浮上ですか? といってもスパーズやアーセナルとの差はほとんどないんですが。詳細については後日。■トーレスの躍動さてヨーロッパカップの対ルビンサガン戦ファーストレグを、ようやく拝見できたので簡単に。やはりというか、ヨーロッパの方ではトーレスが2ゴールの大活躍。ヨーロッパの他のチームとの戦いの方がプレミアリーグと比べて「フィジカル勝負」とならない分、やりや... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/04/08 01:31
ベニテスの選択肢 フリッパーズ再結成?
■選択「優先すべきものはトップ4だ。しかし、全ての大会に優勝するというつもりでアプローチしなければならない。48時間以内に2試合戦わなければならなかった。いくつかのポジションについては選手が多くいるわけではない。だから、我々はしっかりとマネージメントしなければならないんだ。それを本当に上手くできたと思う」 「我々はサウサンプトン戦でも勝利を望んでいたし、その試合で多くの選手を使うことを望んでいた。48時間以内にもう1試合あったからね。我々が何ヶ月もの間やってきたように、3日に1試合あるわけでも... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/04/04 01:50
プレミアリーグ「サウサンプトン対チェルシー」感想文 プライオリティは?
■負けちゃいけない試合だったはずだが…プレミアリーグも残り7試合なんだけど、チェルシーはマンU、スパーズ、リバプール、エバートン、スォンジーなど強豪との試合を結構残しているんです。なので、来期CL出場権を獲得するためには、このサウサンプトン戦は、絶対に負けちゃいけない試合の1つのはずでした。そのはずだったんです。しかしながら、そのはずとは思えない戦い方で残念ながら負けてしまった。負けるべくして負けた(泣)。というわけで、さっそく試合の反省会から。■敗因1失点目のシーンについてです。テリーとイバノ... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/04/01 00:25
予選「日本代表対ヨルダン代表」について、何か書いておかないとやばいかな。
カナダ戦で及第点以上の働きを見せた中村憲剛ではなく、香川をトップ下でスタメン起用するアルベルト・ザッケローニ監督の判断には、ちょっと驚かされた。この攻撃のユニットは相当に前掛かりな印象を受ける。引き分けでもよい日本だが、あえて攻撃的な布陣でスタートし、早い段階で試合の流れを決めたいとする指揮官の意図が、このリストからも強く感じられる。 http://sportsnavi.yahoo.co.jp/sports/soccer/japan/2013/columndtl/201303270005-sp... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/03/29 03:04
ランパードはジョーダンと同じ価値があるか? ポールウェラーとアンチロック
■ランパードはジョーダンと同じ価値があるのか?クラブの中長期的な戦略を考えるうえで参考になると同時に、契約更改で選手の年俸を決める際にも活用したそうだ。  ジョーダンが残留したときと他チームに移籍した場合のそれぞれについて、チームの収入を試算する。その差額分までは年俸として支払っても、収支が合うという考え方だ。選手にとっても、年俸を明確な基準で説明してくれることには納得感があると思う。 http://www.nikkei.com/article/DGXZZO52982280Z10C13A30... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/03/25 02:40
サッカー日本代表の考え方 プライマル・スクリームとムーブメント
■サッカー日本代表についての今時の考え方【ドーハ=奥村信哉】サッカー日本代表は23日、勝てば5大会連続5度目の本大会出場が決まるワールドカップ(W ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/03/24 02:11
「チェルシー対ウエストハム」「遠藤保仁に学ぶ、上司の指示を無視する方法」「中村俊輔の嫉妬」など
■ウエストハム戦レビュー「彼らのプレーは、ゾラがこのチームにやって来た時のことを思い出させた。彼は僕がそれまで見たことのないようなプレーをしていたね。だから、アザールやマタのプレーを見ていると、未来に大きな希望を抱くことができる。もちろん、彼らはまだ若く、これからも成長していくことが求めれるけれど、成熟すれば特別なことを成し遂げられると思うよ」http://news.livedoor.com/article/detail/7513095/ゾラに例えるところがランパードらしい気もしますが、ちょっと... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/03/21 01:48
日本人は、日本人さえよければハッピーであるという、島国根性の持ち主なんだろうか?
■デポラレル「前半の30分間、バルセロナは驚くほど見事な戦いを見せてきた。特に高い位置で我々を押し込み、ボールを自陣から出すことができなかった。4失点のうち3点は、我々のミスから決められた。サッカーでは時として数センチが明暗を分けることがあるが、我々のシュートがポストに当たっていなければ1−1に追いつくことができ、その数分後に決まったバルセロナの2点目もDFの股下を抜くものだった」 http://news.livedoor.com/article/detail/7494281/イタリア人という... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/03/14 03:16
FA杯「マンチェスターユナイテッド対チェルシー」感想文 短めに
0-2からよく追いつきました。ハイライトでしか試合は見れてないのですが、失点シーンは集中力の問題のように感じましたね。まぁ防ぎようが無い仕方が無い失点ともいえるのかも知れないけど、マークとかポジショニングとかプレスのタイミングとか、ちょっとした細かいところで”甘い”いところがあって、そこが失点に繋がっている気がするんですよね。UEFA杯スパルタク戦の失点もそうだけど、残念ながら今のチェルシーは「1-0」で勝てるチームではないんです。かといって攻撃的なスタイルで打ち勝つチームでもないわけで。なんと... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/03/12 02:23
プレミアリーグ「チェルシー対ウエストブロム」感想文  内容はイマイチでしたが
日本人がいるチームの試合が優先的に放映されるというのは、これまでもあったこと。なので驚きはないが、ライブ放映じゃないとやっぱ面白みは半減です。ライブが難しいとしても、せめて数時間遅れでの放映にしてほしかった。まぁ、放映してくれるだけでも感謝なんだけど。■つまらない内容でしたが試合はデンバ・バのゴールで辛くもチェルシーが勝利しますが、内容的には、それほどおもしろい試合ではなかったですかね。なぜならウエストブロムの出来はイマイチだったし、チェルシーの出来もイマイチだったから。まぁ、シーズン中に一度や... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/03/04 02:54
ベニテスは本当にプロフェッショナルか? 「キャプ翼」の地元は静岡じゃないの?
■先生さようなら、ベニテスさようなら「横断幕をつくったり、チャントをすることで時間を無駄にするのではなく、チームをサポートし、スタンフォード・ブリッジに良い雰囲気をつくるべきだ。選手をサポートしなければいけない。私は経験のある監督でプロフェッショナルだ。自分の仕事をする。私が望んでいるのは、チェルシーのためにすべての試合に勝つことだ」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/03/01 01:20
プレミアリーグ「マンチェスターシティ対チェルシー」感想文 ひどい試合でした
こういう負け方をしてしまうと、「監督はディマッティオのままでよかったんじゃないの?」という反体制側の言い分が正しく感じる。まぁ、その通りですよ。たぶん、ディマッティオが監督だったほうが、この試合に関してはうまく戦えた気がする。というか、ベニテスにしないでディマッティオを続投させたほうが、トータルの成績もよかったんでしょう。監督を変えたのはフロントの失策? いやいや、ディマッティオを更迭したのは「チャンピオンズリーグ・グループリーグで敗退したお仕置き」なんですから。ベニテスのがよくなるというよりも... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/02/25 01:19
UEFAヨーロッパリーグ「チェルシー対プラハ」  アザールいいね
テリーが最終ラインにいると「最終ラインを高く上げることができない」とか言っているスカパー解説者がいるみたいだけど、ぶっちゃけその考えが間違っていると思っている。状況によるでしょ、高いほうがいいのか、低いほうがいいのかは。両方の使い分けが必要。コンパクトがいい場合もあれば、コンパクトを崩して対応するのが必要な場合だってある。そんなことはトルシエ日本代表で何年間かサッカーを見ていれば、自ずとわかると思うんだけどな。自ずとね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/02/23 02:38
日本サッカーの問題点は、本当にビッククラブがないことなのか? 
強豪が根付かない理由の一つに、プロとしての厳しさの欠如が挙げられる。これまで何度も言ってきているが、企業スポーツの弊害、と言い換えることもできるね。たとえば広島が優勝しても年俸が上がらず選手が出ていってしまう。先細りの予算社会の中でやっているから、強いチームが育たないんだ。「絶対に勝たなければならない」というプライドや使命感も生まれない。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/02/20 02:54
欧州CL「マドリー対ユナイテッド」たわごと  ハングリーハート
■マドリー随所にモウリーニョのチームっぽさはあるのかもしれないけど、ぶっちゃけ今のレアルマドリーはイマイチですな。クリスチャーノ・ロナウド以外は小粒というか、育ってないというか。チェルシーも似たようなものかもしれないけど、エジルとかベンゼマとか、もっといい選手になるのかなと思っていたので残念です。エジルはいいとしてもFWは必要なんじゃないかしら? さらなる高みを目指すなら。モドリッチ? モウリーニョじゃ使いこなせないのかも。なんとなく、そんな気がする。ユナイテッドでは香川は悪くなかったんじゃない... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/02/19 02:27
プレミアリーグ「チェルシー対ウィガン」感想文  ゼロトップ的な理論
前節ニューカッスル戦は、あまりのふがいない負けにショックで寝込んでしまい、感想文を書けませんでしたが、気を取り直して。というか、体調がよくなったので…。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/02/10 23:52
モウリ−ニョのチェルシー復帰はあるか? AKBの流儀 体罰で世界一?
■モウリーニョのチェルシー復帰はあるか?また、イギリスの『タイムズ』も、モウリーニョ監督とアブラモビッチ・オーナーの間でメッセージが行きかっているようだと報じている。『サン』も、モウリーニョ監督がチェルシーを「救う」ために、スタンフォード・ブリッジに戻る準備ができたようだと伝えた。http://news.livedoor.com/article/detail/7390399/グラウディオラにフラれたことを考えると、モウリーニョ復帰は十分に考えられる選択肢であるのは確かですよね。ぶっちゃけ、今のベ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/02/08 04:03
プレミアリーグ「レディング対チェルシー」 感想文 勝てない理由?
なぜ勝てないか? ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/02/01 02:11
プレミアリーグ「チェルシー対アーセナル」感想文 高い位置でのプレス
前半2−0から後半1点取り返されるという、前節を彷彿させるような非常に危なっかしい展開でしたが、この試合はなんとか逃げ切りました。後半、厳しい時間帯にオスカルとアザールを下げてバートランド、マリンを投入して守備を強化したのがよかったように感じました。前節の教訓からというか、単に相手が強豪アーセナルだったから「守備を考慮した」のかもしれませんが、そのベニテス采配は悪くなかったと思います。MVPはラミレスでしょう。チェルシーの1点目も2点目も、「ラミレスの高い位置でのインターセプト」からのカウンター... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/01/21 01:50
アーセナル戦簡単プレビュー 体罰問題、バイエルン
■体罰で人は育たない「体罰で人は育たない」と断言する畑氏は、同じ教員、部活動の顧問という立場で大阪での体罰問題について、「今回は非常に残念であり、『チームを強くするために体罰が必要だった』と言って勝たせても、最終的に子供たちは社会に出て行くのですから、そこまでリンクさせていたのかどうかという面で見ると寂しい結果」とコメントする。一方、高校サッカー界でもいまだ根強く残る「理不尽な体験は必要」という意見についても、「重要なのは、子供たちがその理由を分かっているかどうか。例えば、20、30キロという長... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/01/19 02:32
プレミアリーグ「チェルシー対サウサンプトン」感想文  負けに等しいよね
間違いなく、勝たないといけない試合であった。下位チームが相手で、ホームで前半2-0だったのだ。そこから2点取られてのドローは、負けに等しい引き分けと言えるだろう。あえて「敗因」とするが、何が問題だったのだろうか?■ケイヒル1失点目の最大の問題は、センターバックのケイヒルのポジショニングの悪さだろう。相手のFWに手で押されてマークを外してしまったようだが、あまりにナイーブすぎた。まぁ、仕方が無かったのかもしれないが、もっとしつこくマークできなかったのだろうか? サイドバックのアスピリクエタの守備も... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/01/18 20:13
「主観性を欠くメディアとサポーター」を読んで、「空気」と「ジャーナリズム」で解く
このコラムの目的は佐藤氏を擁護することではなく、むしろ彼が図らずも明らかにした真実を指摘することにある。日本のサッカージャーナリズムは瀕死の危機にあるということだ。建前と本音が存在するこの国では、記者会見やインタビューで長々と話がされてもその内容は乏しい。実際に存在する真実について書くのか、できる限り気を悪くする者が少なくなるように書くのか、サッカーライターは二択を迫られることも多い。(中略)その「冷ややかな」ファンが鮮やかな反撃に転じ、佐藤氏を壁の外へと追いやった。だが、それからどうなるのだろ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/01/16 02:58
プレミアリーグ「ストークシティ対チェルシー」感想文 柔らかさとフィジカルスタイルへの回帰
■柔らかさひさびさのプレミアリーグから、昨日行われたストーク戦について。カップ戦はちゃんと見てないので、チェルシー移籍後のデンバ・バのプレーを見るのは、この試合が初となったんですが「思ったよりも柔らかいプレイヤーだな」というのがこの試合を見ての第一印象でした。まぁニューカッスル時代も何試合かは見ていたんで、思い起こせば、その柔らかさは驚きでもなんでもないんですが、例えば元チェルシーのドログバと比較すると「柔らかさ」というものが特徴的だなと感じたんですよね。ポストプレイ、パス、シュートなどを見ると... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/01/14 03:09
「サッカー監督の仕事」と「選手たちに任せること」 または「空気」と「言論弾圧」
■選手たちに試合を任せる「監督同士のカードの切り合いで勝負を決めるようなサッカーはしないでほしい」と。選手は、チェスの駒でもないし、ポーカーのカードでもないのだから。ピッチ上に選手たちを送り出した後は、選手たちに試合を任せて、それでも十分に戦えるようなチームを作ってほしい。もちろん、どうしてもうまくいかない場合に、外から指示を送るなり、交代のカードを使うのは当然だが、試合前からカードの切り合いのつもりで戦うのはやめてほしいのである。 http://www.jsports.co.jp/press... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/01/12 03:03
She's Gone (1976) - Hall & Oates
「ホール&オーツ」は昔から好きなグループなんだけど、年取ってくるにつれジョンオーツが歌うナンバーが好きになってきました。ちょっぴりラテンな感じの、このナンバーとか最高だよね。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/01/10 02:51
もしも私がグルーピーだったら?
もしも私がグルーピーだったら 今頃はどこで誰と暮らしている? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/01/09 02:10
「3−4−3 究極の攻撃サッカーを目指して」「佐藤峰樹氏の件に関する個人的見解への反応」を読んで
■「3−4−3 究極の攻撃サッカーを目指して」(著:杉山茂樹さん)を読んで イタリアで「3バック」がまた流行りだしているとも聞くが、ぶっちゃけそれにあまり興味は無い。 なぜなら、普通に「4バック」でOKであると思っているからだ。 FWの数や、ウイングをどこに置くかの前線の配置の違いは「ある」と思っているが、最終ラインは「4枚」が鉄板だと個人的には思っている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/01/08 02:42
チェルシーFWデンバ・バ(27)獲得決定 ほか
■デンバ・バ獲得決定チェルシーは4日、ニューカッスルからFWデンバ・バ(27)を獲得した。契約期間は3年半で、移籍金は公表されていない。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/01/05 01:26
プレミアリーグ「チェルシー対QPR」感想文  ローテーション制という名の天災
残念ながら「4‐2‐3‐1―サッカーを戦術から理解する」という本をまだ読めてないのだが、その本の中に果たしてラファエル・ベニテスのサッカーに関する考察などは書かれているのだろうか? と、唐突に考えて、適当にWebで検索してみたら次のような本のレビューが出てきた。一言で言えば、サイドも重要だけど、バイタルエリアも重要だよね? もう一つ、不満を言えば、モウリーニョのチェルシーを語っていない。 ぱっと見て思うのは、守備的なフォーメーションの有用性に関して、何ひとつ語っていないのである。最終ラインを高く... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/01/04 19:22
アーセナル デンバ・バ 
どの選手にも言えることだが、この先、より大きなクラブに移籍できるかどうかは、出た試合で結果を残せるかどうかにかかっている。自分が出場した試合に勝ったかどうかがものをいう。  選手を見る目の尺度はそこだけだと言ってもいい。下位クラブにいる選手がのし上がれるかどうかは、いまいるクラブで結果を残せるかどうかによる。 http://www.nikkei.com/article/DGXZZO49971300V21C12A2000000/?df=4私も、この考え方に賛成です。やっぱ勝たないと駄目ですよ。... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/01/03 00:50
プレミアリーグ「エバートン対チェルシー」感想文 ローテーションと軸
エバートンはいいチームですよね。チームとしてまとまっているし、いい選手もそこそこ揃っている。なので、思ったとおりの厳しい戦いとなりましたが、先制されながらも、しぶとく逆転勝利できたのは評価したいです。ランパードの得点力はさすがでしたが、勝因は「チェルシーの守備力の向上」にあったように感じました。■ローテーションとセンターの軸前の試合からランパード、ラミレス、アザールのあたりを変えてきたベニテス采配ですが、この試合もダビドルイスはボランチで起用。「最終ラインの4人+ルイス」の部分は固定して戦ったの... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/12/31 01:30
プレミア「ノリッジ対チェルシー」感想文 
ノリッジの守備組織は悪くなかった。「ゾーン」と「マンマーク」をちゃんと使い分けているというか、相手にスペースを使わせない守備ができているというか。簡単に言えば「トーレスに何もさせなかった」ということなんだけど、前節のアストンビラの守備とは雲泥の差があったように感じました。これまでクリス・ヒューストン監督のことはよく分からなかったんだけど、意外といい監督なのかもしれない。って、よく考えると、前節のアストンビラの監督である「ポール・ランバート」は昨年までこのノリッジを率いていたわけですが、そのランバ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/12/29 00:04
プレミアリーグ「チェルシー対アストンビラ」  ランパードの笑顔とピアゾン
久々の大勝。もう少し苦戦すると思っていたのですが、トーレスの先制ゴールが利きました。あのゴールでチームが乗れた感じですかね。前半のうちに追加点が取れたことも大きかった。以下、気がついたことをいくつか。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/12/24 22:42
コリンチャンスのサポーター
僕は月曜日から土曜日まで一応仕事をしている。 夜も遅く、時には終電になることもある。 そして月に何回かは土曜日や日曜日も仕事をしている。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/12/20 02:41
クラブワールドカップだかワールドクラブカップだかの総括  そしてオウンゴール論
■総括しかも、インテルでは優勝を飾ったが、リバプールでも、チェルシーでも南米勢に敗れて準優勝に終わってしまった。欧州勢にとって、他大陸のクラブのように、この大会の意味は大きくないのだろうが、ラファエル・ベニテス個人としては、ちょっと思い入れのある大会となったことだろう。次に、ベニテスがどこかのクラブの監督としてこの大会に顔を出すときには、かなりの執着心を持って乗り込んでくるのではないだろうか。FIFAがUEFAに対抗してクラブの大会に手を出し、無理やりのようは形でスタートした大会だったが、それで... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/12/18 03:32
クラブワールドカップ決勝 チェルシー敗戦について 
今日はサッカーよりも政治なんでしょうが、簡単に。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/12/16 23:57
クラブワールドカップ決勝プレビュー  チェルシーの準決勝の戦術を振り返って
今日、図書館で「サッカーの戦術本」を眺めていた。 オランダサッカー戦術? 林さんの書いた、すばらしい戦術本だ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/12/16 00:17
クラブW杯準決勝「モンテレイ対チェルシー」感想文 ミーハーなママと、無責任なパパ
空席が目立つ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/12/14 02:38
祝チェルシー来日 そして、僕は少しだけシャイなふりをした
ハイファイないたずらさ きっと意味なんてないさ ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/12/12 02:39
プレミアリーグ「サンダーランド対チェルシー」感想文 トーレスは覚醒したのか?
トーレスはベニテス監督の戦術と馬が合っているのでしょうか? わかりませんが、前線からプレスするという「FWが積極的に守備する」サッカーとの相性は 悪くないのかもしれません。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/12/10 00:13
CLグループリーグ「チェルシー対ノエシュラン」感想文 
CLグループリーグ敗退は残念でしたが、この試合のパフォーマンス自体は悪くはなかった。「前からプレスする」という攻撃的な守備は今のチェルシーに合っていると思うし、「美しさよりも泥臭さ」というようなひたむきさなプレイが目立っていた感じがしたのも好印象でした。特に印象に残った選手はアザール。サイドでドリブル勝負するプレイが彼の真骨頂であると改めて感じたんですが、トップ下というよりもウインガー的にプレイしたほうが良さが出るのかなとこの試合を見ていて感じた次第です。ロッベンみたいなキレで勝負するのではなく... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/08 23:57
生まれた瞬間から体制の一部になりたがっていたようなやつ
急にルドルフ・シェンカーのことが気になりだした。 彼は不当に評価されている。もっと、尊敬されるべきだ。 なぜならリズムは重要だからだ。あらゆる生活において、リズムが。 というわけで、スコーピオンズとキャプテンネモ! ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/12/05 02:53
プレミア「ウエストハム対チェルシー」感想文 残念な敗戦
残念は敗戦ですな。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/12/02 00:06
プレミア「チェルシー対リバプール」  アブラモビッチ批判と反原発運動
「CLで敗れたことで、少し自信を失っているようだ。だがクリーンシートはしばらくなかったことで、それはポジティブなことだ」 http://news.livedoor.com/article/detail/7176643/ 確かに、クリーンシート(無失点)はポジティブに考えるべきだと思いますよ。試合に出たメンバーはディマッティオのときと変わらなかったけど、守備意識はこれまでより高かったように見えたし、守備の組織的な連動もできていたように見えました。気のせいかもしれないし、シティがイマイチだったと... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/11/27 02:49
元「犬猿の仲」の ベニテスが監督に就任
モウリーニョと犬猿の仲とも言われていたベニテスちゃんが監督になるとは、時代は変わったものだ。 ただ、個人的には悪くはないチョイスと思っていたりする。なぜか? ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/11/23 03:08
欧州CL「ユベントス対チェルシー」感想文   みんな笑った
夜。なんとなく予感がして、チェルシーのHPを覗いたら、思った通りのことが書かれていて笑った。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/11/22 02:58
ポゼッションサッカーにおけるサイドバックの役割
なんで前回のエントリーでチェルシーは若造サイドバックが問題だと指摘したのか? 簡単に言うと、一番の問題はボールポゼッションのときにサイドの高い位置で起点になれてないということである。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/11/20 03:13
プレミア「ウエストブロム対チェルシー」感想文 ただ弱いだけ
スティーブクラークにしてやられたわけですが、まぁ全然、驚く結果ではないですよね。むしろ、必然の負け。ウエストブロムはがばっていたと思うけど、彼らがそれほど強いとは思っていない。単にチェルシーが弱いだけ。敗因はいろいろあるけど、一番の問題はサイドバックだろう。サイドバックは酷い。攻撃も守備も。ほんと酷すぎ。それだけです。何はともあれ、負けてしまったことは仕方が無い。切り替えてがんばってほしい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/11/18 02:00
プレミア「チェルシー対リバプール」感想文 ファイナンシャルフェアプレイー時代を勝ち抜くために
リバプール戦の前に、まずはこちらについて。 ■ファイナンシャルフェアプレイそこに、襲い掛かったのが世界的な経済不況の波であり、また、ヨーロッパのいくつかの国の財政悪化による信用不安問題だった。金の流れが滞り、ヨーロッパ各国の経済が縮小。その結果、サッカークラブの財政も危機的状況に陥っている。あの、レアルやバルサですら財政赤字に直面しているのである。イングランドのクラブも、かつてのように巨額の強化費を出してくれる出資者はみつからない。その結果、シーズンオフの移籍市場を見ても、この数年、大物の移籍... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/11/13 03:19
欧州CL「チェルシー対シャフタール」感想文  なんとか勝てたね。
シャフタールはいいチームだし強いね。それを踏まえたうえで、試合を振り返る。■楔パス問題まず前半。寝坊して10分過ぎから観戦したんだけど(笑)、まず攻撃について。ポゼッションはそれなりだったんだけど、残念ながら縦パスが通らない。つまりは楔パスが打てないということ。トーレスがマークされていたのでしょうがないと言えばそうなんだけど、もう少し楔パスが打てないと厳しい。中央が厳しいならサイドで起点作るでもいいんだけど、それもあまりできてなかった。逆にシャフタールの攻撃陣のほうが楔を打てていた感じがしたんだ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/11/08 07:02
プレミア「スォンジー対チェルシー」感想文 守備固め?
守備固めに入るのなら、もっと徹底してもよかったのではないか。 中盤の中央の守備力が弱点なのだから、そこの人数を増やす「4−1−4−1」とかにフォーメーション変えるなんて手もあったはず。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/11/06 02:26
プレミア「チェルシー対まんゆー」感想文 下手糞というより八百長
まずは、こちらの動画をご覧ください。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/10/30 03:16
アンチフットボール論
“天才”にしか見えない世界があるのだ、と。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/10/28 02:31
欧州CL「シャフタール対チェルシー」感想文 アンチフットボールへの復帰失敗
ミスからの2失点。昨年までならば、そのミスに対しての苦言を書いたんだけど、今期のチェルシーは、「つまらないミスが多いのは仕様」みたいなチーム。なので、それについては「仕方がなかった」でおしまいにしておこう。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/10/25 02:20
プレミア「スパーズ対チェルシー」感想文  守備と攻撃のトレードオフ
後半、スパーズに逆転されたされた理由はなんだろう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/10/23 02:48
サッカーにおける個人の成長と、それに対する監督のアプローチについて考えてみる
代表ウィークも終了し、今週末からプレミア再開。チェルシーはスパーズと敵地でロンドンダービーです。因縁のビラスボアスと対戦ですよ。負けられないね。って、勝つのも難しいけど。試合のポイントはサイドの攻防になるのかな。それとも中央の攻防? ほら、スパーズの中盤はモドリッチがいなくなった変わりにデンベレが入ったじゃないですか。彼はモドリッチとはタイプは違うけど、いい選手だし、脅威。彼を相手に、マタやオスカル、アザールがどれくらいできるのかに注目したいです。サイドではやっぱべイル対策。今のチェルシーは両サ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/10/19 03:15
親善試合「サッカーブラジル代表対サッカー日本代表」全年齢版 感想文  働いたら負け
今日のブラジル見て「おもしろい」と思った方は、ぜひ今年のチェルシーの試合も一度見てみてください。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/10/17 02:54
サッカーにおけるオフザボールの動きの考え方 
これに対してオープンスキルのイメージとは、“プレーの流れに対するイメージ”あるいは“プレーのパターンに対するイメージ”ということができます。  これは、たとえば映画のストーリーを頭の中に描くようなもので、自分のプレーの筋書きをイメージするということです。よい試合やよいプレーを見ることによって、できるだけ多くのプレーの流れ、プレーのパターンを覚え込むようにします。 http://www.ne.jp/asahi/date/osaka/tokiwa/technique/technique01-... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/10/16 02:56
ザッケローニ監督はイタリア式サッカーが嫌いなのか? または本田ワントップという選択肢
ザッケローニ監督は「イタリア式サッカー」をどう考えているのだろうか? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/10/15 02:21
親善試合「フランス代表対日本代表」感想文  そういえばマルダは何しているんだっけ?
■勝因勝因は、やっぱ守備でしょう。フランスがあれだったことを除いても、無失点で90分間戦えたことは評価したいです。「ミドルシュートの達人」とか「ペナルティエリア内での勝負師」とか「超決定力のあるスーパーフォワード」が存在しないチームなら、今の日本代表が普通に4バックのゾーンで戦えば、なんとか勝負できるのかもしれません。まぁ、このフランス代表相手じゃ、日本代表の本当の実力はわからないのかもしれませんが、欧州の地で勝てたことは素直に評価したいですね。しかもゴールしたのが香川選手というのはめでたいじゃ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/10/14 09:50
プレミア「ニューカッスル対マンチェスターユナイテッド」感想文  セルフィッシュでちょうどいい?
「パーデューのニューカッスルって、もともとカウンターなチームという認識があったんでこの試合の入り方も理解はできるんだけど、もう少しポゼッションを意識した戦いを挑んでもよかった気がするんだけどね」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/10/11 02:53
プレミアリーグ「チェルシー対ノリッチ」感想文  続・ポゼッションスタイルにおける「縦パス」
ポゼッションもできていたし、カウンターも鋭かったし、攻撃の内容は悪くなかった。前にも書いたが、攻撃では特にポゼッション時の「縦への楔パス」ができているかどうかが、このチームのポイントなんだと思う(まぁ、このチームに限らず、すべてのチームでも同様なんだろうけど)。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/10/09 02:45
欧州CL「ノエシュラン対チェルシー」感想文  守備する側から考える「高い位置からプレス」
高い位置からプレスして、ボールを奪ってカウンター。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/10/05 10:43
プレミア「マンチェスターユナイテッド対スパーズ」感想文 これが香川の生きる道?
近ごろ私達は いい感じ 悪いわね ありがとね これからも よろしくね ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/10/02 03:16
プレミア「アーセナル対チェルシー」感想文  ポゼッション率がなぁ…
敵地でアーセナルに勝ったんだから、文句はない。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/10/02 02:53
プレミアリーグ「リバプール対マンチェスターユナイテッド」感想文  人を走らせる
サッカーでは「ボールを走らせる」ことはもちろん必要だが、「人を走らせる」ことも必要であると思っている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/09/26 10:37
プレミアリーグ4試合目「チェルシー対ストーク」感想文  トータルフットボールへ向かって
■オフザボールの動きを駆使して、みんなでゴールを決めるサッカー ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/09/25 11:52
欧州CLグループリーグ「チェルシー対ユベントス」感想文 チェルシーの問題点
アザールとオスカルには、ぜひチェルシーの将来を担う選手となってほしいし、そうなる可能性も高いんでしょう。ただ、ここ数試合のチェルシーの出来を見る限り、彼ら(というかアザール)を軸としたチームにした場合の「中盤の守備力が低下」は気になるところである。彼らの問題というよりは、ミケルとランパードというボランチの守備力の問題なのかもしれないけど、私はボランチだけの問題であるとは思ってなく、アザールら2列目の守備を含めて「中盤の守備の低下」こそが問題であると思っているのだ。■問題点はどこ?というわけでユベ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/09/22 22:05
プレミア第4節「QPR対チェルシー」感想文 握手拒否というパフォーマンス
「チェルシー攻略法」ってほどのものじゃないんだろうけど、今期のチェルシーには「中盤&前線での厳しいプレス」がかなり有効であるとゆうのが証明された試合だったと思う。何度も言うように今期はワントップが”あれ”なんで、中盤を省略するサッカーってのが難しく、アザールやランパードや、この試合には出て無かったけどマタら中盤の選手がつぶされると何もできないのである。昨年までなら、中盤で厳しくこられたら、そこはあえて省略し(その裏をかいて)ロングボールを直接前線に放り込む「アンチフットボール」という芸当があった... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/09/17 03:14
アジア五輪予選「日本代表対イラク代表」 両監督の試合後のインタビューから
「いやー、日本勝ったね。やったね。」 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/09/12 02:34
アンチフットボール論。ザック日本代表はどちらを選択する? カート・コバーンと小沢健二
■アンチフットボール再考前回のエントリーで「チェルシーにはアンチフットボールがお似合い」と書いたが、今回はその「アンチフットボール」と呼ばれるサッカーについて再度考えてみようと思う。とりあえずネットで調べてみたら、wikiに以下のように書かれていたので引用してみる。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/09/09 02:40
UEFAスーパーカップ「チェルシー対アトレティコマドリー」感想
UEFAスーパーカップ「チェルシー対アトレティコ・マドリー」戦をようやく録画観戦。惨敗したという結果は知っていたんだけど、まさか、ここまで酷い内容だったとは思ってませんでした。特に守備が…。チェルシーはセンターバックの層が厚いと書いたばかりだったのですが、訂正しなくてはなりませんね。まぁセンターバックだけが悪かったわけでなく、中盤の守備も酷かったし、チーム全体的にプレスがゆるかったわけですが、そうなってしまったのはなぜか? コンディションの問題というよりも、そういう「ゆるく守備しろという戦術」だ... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/09/05 10:15
マンチェスター・ユナイテッドとファーガソン監督
ファーガソン監督はスコットランド・グラスゴー出身で、強烈なスコットランド訛りで知られる。英語圏のSNSでは「問題は香川の英語力ではなく、ファーガソンのスコットランド訛りなのではないか」と、香川に同情する声も寄せられている。 http://news.livedoor.com/article/detail/6893593/スコットランド訛りは、確かに試練かもしれないですね。まぁ、別にファーガソンの言うことなんて分からなくてもコーチの言葉が理解できればOKな気もします。ファーガソンがそんな細かい戦術... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/08/29 02:57
プレミア第2節「チェルシー対ニューカッスル」感想文  センターバックの人材
3試合目だけど、第2節。相手は強豪ニューカッスルでした。昨シーズン嫌な負け方していただけに苦戦が予想されましたが、3試合連続となるPKゲットで先制できたことが大きかった。これまでチェルシーはあまりPKを取ってもらえないチームという印象を持っていたんですが、今期は1試合で1個ゲット。ペナルティエリア内で勝負しているのが功を奏しているという感じかな? けっして八百長で獲得しているわけではないと思うのですが、善人顔のディマッティ監督が醸し出す「監督の素行の影響」もあるのかしら(笑)? まぁPK取っても... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/08/27 02:53
プレミア第三節「チェルシー対レディング」感想文 ディマッティオの交代策
開幕戦同様に、新加入の若手を使いながら勝ち点3をゲットできたのは言うこと無しですね。新加入のアザールもオスカルもすばらしかった。上出来です。内容的には2失点して終盤までリードを許す展開となり苦しみましたが、ディマッティオの交代策を含め見事に逆転勝利できたのは素直に評価。いきなりのミッドウィーク開催でコンディション的にはけして恵まれてなかったと思うけど、ハードワークができていたように感じたし、開幕戦よりも出来はよかったように感じました。まぁ先制点をとったあとプレイが少し雑になりレディングに主導権を... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/08/24 02:34
プレミアリーグ開幕戦「エバートン対マンチェスターユナイテッド」感想文 DF裏への動きとミドルシュート
エバートンが思ったよりも出来がよかったというか、ユナイテッドが悪過ぎたというか。フェライーニに好きにやらせ過ぎでしょう。センターバックが急造で中盤が若造だったことを加味してもポストプレーやられ過ぎ。まぁ、ファーガソン的には「エバートンってスロースターターだから新戦力テストでも勝てるっぺ」ってな感じで甘く考えていたのかもしれないけど、そのテストは失敗に終わったってところですかね。まぁ、テスト自体は失敗ではなかったのかもしれないけど。香川選手(以下:香川)について。初戦ということを加味して考えれば合... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/08/23 03:04
「ジーコの優遇」について考察 またはリバプールのフロントは、川渕チェアマン的クオリティか?
■ジーコの優遇、岡田の定食、ザックの鉄板 否定的に語られるジーコの「(メンバー)固定」や「(海外組)優遇」、岡田監督の「定食」と、肯定的に語られるザックの「鉄板」、その違いはどこにあるのか。 http://supportista.jp/2012/08/news16105736.html原理的にはジーコ/ザックと岡田監督は明らかに別種ですよね。そのはずというか。大きくはベストイレブンのベストパフォーマンスを引き出すことにのみ専心している前二者と、自らの(特殊)戦術に選手を当てはめようとしていた岡... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/08/21 03:13
プレミアリーグ第1節「ウィガン対チェルシー」感想文  クリエイティブは確かに必要だとは思うけど
あっさりと2点取れたんで楽な展開で戦えましたが、出来自体はイマイチのように感じました。アウェーでの戦いでしたし、無理しなかったのかもしれませんが、攻撃がなぁ。何というか要はトーレスのワントップは期待できないといういうか、心許ないというか。アザール、オスカルら新加入の選手はテクニックがあっていい選手だとは思うけど、プレミアリーグでそれなりに勝ち点稼ぐためには生粋のFWタイプが必要な気がするんですよね。まぁアーセナルみたいなクリエイティブなチームに生まれ変わろうという志はいいと思うし、それで成功でき... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/08/20 02:04
ファンペルシのユナイテッド移籍について。&「ニューカッスル対スパーズ」感想
■ファンペルシアーセナルがキープレーヤーを失うのは、ファン・ペルシが初めてのケースではない。それでもヴェンゲル監督は、ファイナンシャルフェアプレーが導入されれば、この問題は解決されると考えている。 「懸念している。しかし正直に言って、これは短期的な問題だと考えている。世界がこれを続けていくことは、できないだろう。(ファイナンシャルフェアプレーで)大きく改善される」 http://news.livedoor.com/article/detail/6866623/「ファイナンシャルフェアプレー... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/08/19 11:18
五輪の意義、若手獲得、海外からの招集
ロックの世界でシドと言えば、僕はヴィシャスかな。 でも実はシドヴィシャスのことはよく知らない。 ジョンライドンのほうが印象があるが、それはたぶん田島貴男が「PiL」の大ファンで あると知ったからそう感じているだけなんだろう。 ピストルズでは「プリティベイカント」という曲が好きだ。 「ガンズ」っぽいから。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/08/16 03:15
チェルシーの今シーズンの目標は? 五輪サッカー男子大反省会 過密日程と得点力が問題なのか?
■チェルシーの今期の目標アザールはまた、新シーズンのプレミアリーグではマンチェスター勢に気をつけなければいけないと続けた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/08/14 01:58
五輪サッカー日韓戦を前に 「五輪と造反」と「壁と卵」の相関性、または福西をダシにしてジーコ批判  
■自分たちのサッカー残念な結果ですけど、メキシコには決勝進出おめでとうございますと言いたいです。われわれは勝つために準備してやったわけですけど、先制して立ち上がりはよかったんですが、その後足が止まってきた。そこで今日、自分たちのペースにもってこれなかった。また、次あるのでしっかり準備していきたいです。 http://london.yahoo.co.jp/column/detail/201208080005-spnavi(試合を振り返って)流れはよかったですが、(今大会初の)失点のあとは少し動... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/08/10 03:01
五輪サッカー 「日本代表対メキシコ代表」雑感
残念ながらここで敗戦。前の試合まではカウンターをさせないサッカーができていたように感じてましたが、この試合ではミスからカウンター的に失点したのが痛かった。まぁ、サッカーにはミスは付き物ですので仕方が無いと思うのですが、ミスした選手の個人的なミスで終わらせてはいけない気はします。ミスした選手に過剰に負担がかかるシステムになってなかったのか? チームとしてミスをカバーできるシステムはできていたのか?など、建設的な敗戦の分析をしていただきたいものです。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/08/08 12:47
五輪サッカーでのベスト4が快挙だとして…
日本のサッカーが強くなったのか世界のサッカーが弱くなったのかわからないが、どんな大会にせよ負けないことはいいことである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/07 02:34
関塚監督が目指す「守備」?
「危険な位置でインターセプトされない」つまりは「カウンターをさせないサッカー」というのは、現代サッカーでは1つのキーワードであるのは確かだと思うんですが、そのあたりを意識したチームつくりが功を奏しているということなのかな?攻撃に移ったときに簡単にボールを失うといったことが減り、しっかりとパスが回るようになった。それこそ、関塚監督が目指す「守備」の残りの半分なのだ。 http://london.yahoo.co.jp/column/detail/201207300010-spnavi?page=... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/07/31 02:51
ロンドン五輪サッカー「日本代表対スペイン代表」雑感 23歳は大人なのか子供なのか? 
五輪スペイン代表のレベルがどれくらいのものかわからないんだけど、この試合見た限りだとそれほど強くないのは確か。まぁ、本来はもっと強いのかもしれないけど、シャビ世代と比べると確実にレベルが落ちている気はしました。なので、日本代表の勝利は、まったくまぐれだとは思わないんですが、勝因は正直よくわかりません。ただ、なんとなく「守備戦術」と「選手個々のフィジカル」と「スペインのぐだぐだ」の3つの要素がうまく噛み合ったのかなと素人ながらに思ったりしてます。■フィジカルサッカー万歳まずはフィジカル。ここでいう... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/07/29 11:56
1982年「イタリア対ブラジル」を振り返って
■最高の成功例が、82年に黄金の4人を打ち破った試合?70年代後半から80年代にかけては、ゾーンとマンマークの併用。最高の成功例が、82年に黄金の4人を打ち破った試合だが、カブリニが左サイドをゾーンで守り、他の選手はマンマーク。ジェンチーレが、今日の審判基準ならば1試合に5回くらいは退場になる手斧士ぶりを見せてジーコをつぶし、あいたスペースをシレアが埋めて守り切った。自分がマークをする選手を止める技術、自分が担当している地域を固める技術、全く異なる守備技術を持った選手の鮮やかな並立。 http... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/07/24 02:19
欧州選手権プレイバック 「オランダ対ポルトガル」  守備戦術があるのにできないのはなぜか?
前回のエントリーで「カウンターをさせないサッカーが潮流」って書いたけど、撤回します。スペインとか強いチームはそんな感じなんだけど、その他のオランダ代表とかポーランド代表とか凡庸なチームは思いっきりカウンターされていたようで。要はつまり、強いチームはカウンター対策ができていたけど、それなりのチームはそうでもなかったという、それだけのことだったみたいです。別に大会の潮流でもなんでもありませんでした。失礼。にしても今回のオランダ代表は駄目でしたね。特に守備が。まぁもともと、あまり守備の哲学はない国なの... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/07/23 01:52
欧州選手権「イングランド対イタリア」を少しだけ見て雑感  ホジソン・サッカー論
少し時間ができたので、録画しておいたユーロ「イングランド対イタリア」を見てみました。といっても前半だけですが、その短い時間で感じたのは、イングランド代表は見事に「ホジソン監督のチーム」になったなぁってこと。まぁ当たり前のことだし、どんなチームでも「自分色」に染めることができるのがホジソンのすごいところなんだけど…。ぶっちゃけ、良くも悪くも「ホジソン・クオリティ」なんで、「それなりのチーム」にしかならないのかなって改めて思ったりして。ご存知のとおり、この監督はいわゆる「ビッククラブ」で失敗すること... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/07/22 01:33
ちょい悪が好き
■「ちょい悪」が好き「ちょい悪オヤジ」という言葉を考えた人は天才であると思うが、考えてみれば別にオヤジと限定しなくてもいい。年とっていようが、若かろうが「ちょい悪」であることがかっこいいのだ。思えば私も昔から「ちょい悪」が好きだった。たとえば漫画「キャプテン翼」で考えると、翼君よりも日向君のほうが好みだったし、ガンダムで考えるとアムロよりもシャアなのだ。シャアが「ちょい悪」なのかどうかは意見の分かれるところだとは思うが。好きなミュージシャンを考えてもそうだ。ビートルズよりもストーンズ好きなのは、... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/07/19 02:25
チェルシーはアーセナルになれるか? ドログバは中国で自分探しの旅? ボアスの返り討ち
■若手育成トッテナムとの争奪戦に競り勝つ形で、チェルシーはブラジルの若手スター選手オスカルを2500万ユーロで獲得する可能性が高まっているようだ。オスカルはインテルナシオナウ所属の20歳のMF。スパーズは彼の獲得のため先週1900万ユーロのオファーを出していたが、これを金額で上回ったチェルシーが交渉を進展させている。オスカルは南米で最も将来有望な若手選手の一人と見られており、チェルシーも未来のスター候補と捉えている。ある関係者は交渉の現状について次のように語った。http://news.live... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/07/15 15:49
香川選手はマンチェスター・ユナイテッドで成功できるのか?
 香川選手のユナイテッド移籍が決まったようですね。おめでとう。がんばってほしい気はするけど、チェルシーファン的な立場から言わせてもらえば、チェルシー戦では、おとなしくしててねという感じです(笑)。というわけで、いろいろな人がすでに予想されてますが、私も香川選手がユナイテッドで活躍できるかどうか考えてみることにしました。って、ぶっちゃけわかりません。活躍できる技術は持っていると思うし、成功できる可能性があるのは間違いないと思うんですよ。パクチソン選手だって、ある程度は成功したんですしね。ただ、一方... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/06/08 12:04
サッカー日本代表対オマーン代表 うわべっつらのルグエンゾーン
勝因は、相手DFの裏のスペースをつけたことかな。ちゃんと見てないけど、そう感じました。今の日本代表は、それ(裏のスペースを攻略)ができる戦術眼を持った選手や、技術を持った選手がいるのが強いところなんですよね。まぁ「今の日本代表」と限定するよりか、日本サッカー全体のレベルがそこに達しているというほうが適切なのかな。普段Jリーグ見てないので、そのあたりははっきり言えないけど。オマーンの守備がイマイチだったところもあると思います。日本の選手のオフザボールの動きについていけてないところが多々あったし、ボ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/06/05 10:27
ドログバ選手チェルシー退団に寄せて
ドログバを始めてみたのは、確かマルセイユ在籍時の欧州チャンピオンズリーグの試合。その身体能力を生かしたプレイはもちろん、鋭い目つきが印象的だった。そう、飢えた狼というか、野獣みたいな鋭い眼光が気に入ったのだ。アフリカ人選手に未来を感じた。インパクトがあった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 35 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/05/24 03:27
欧州CL決勝戦「バイエルン対チェルシー」感想文  エンディングがありました
ーー勝っちゃいましたよ。 doroguba:ですね。勝っちゃいましたね。いや、信じられない。というか、なんなんでしょう、この胃がキリキリするような展開での勝利のオンパレードは(笑)。改めてチェルシーを応援するには神経が図太くないとだめだなと思いました。ドログバのPKで思わず泣いちゃいましたが、だめだな、そんな柔な神経じゃ(笑)。 ーー勝因はなんでしょう? 運? doroguba:ドログバが試合後にスピリットというかあきらめないメンタル面について語っていたみたいですが、それかな。データも戦術... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 59 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/05/21 03:43
プレミア最終節 シティ優勝おめでと
マンチェスターシティ優勝おめでとう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/05/14 02:08
FA杯決勝 感想 簡単に
前回のエントリーでニューカッスル戦のローテーション(メンバー落とし)について苦言を呈しましたが、そもそもこのタイミングでFA杯決勝が組まれたスケジューリングのほうが問題ありなんですよね。ユーロの影響なんでしょうが、もう少しどうにかならなかったのか?というわけFA杯決勝。結論から言うと、ラミレス、ドログバが決めてチェフが好手をみせるという「チェルシーらしさ」満載の内容で勝てたのはよかったなぁと。後半、リバプールがキャロルを投入してから劣勢となり苦しめられましたが、まぁ、それはCL決勝戦に向けての課... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/05/07 09:32
プレミア「チェルシー対ニューカッスル」感想文 
FA杯決勝が大切なのは非常にわかるんだけど、この試合だってかなり重要だと思うんだけどなぁ。なので、ドログバ、マタ、ランパードをスタメンから外したターンオーバー制の導入は、正直、個人的にはあまり支持できません。なんというか「この試合はそんなに重要でないんだよ」というメッセージに受け取れたし、選手のパフォーマンスも100パーセント出せていたように思えなかったのは非常に残念でした。まぁ、ディマッティオはシーズン途中から監督しているんで、多くを望むのは酷かもしれないけど、それでもこの戦い方はないわ〜。だ... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/05/05 02:18
プレミア天王山「マンチェスターシティ対マンチェスターユナイテッド」感想文
>シティが強くなったというよりも、ユナイテッドが弱くなったという印象が強いんですけどね。なので逆に言うと、ユ ナイテッドは弱くなったのに勝ち点80以上稼いで、この時点で優勝争いしていることは立派というか、驚きというか。パトリックビエラの例の発言を持ち出すのは止めにしておきますが、他のチームがユナイテッドに戦うときにだらしなさ過ぎるという印象はあるのかなと。ファーガソンは世代交代するのがうまい監督さんだと思うんだけど、今のチームに未来のビジョンを持っているのかは結構疑問だったりします。ウェ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/05/02 02:19
プレミア「チェルシー対QPR」感想文 借りは返せた?
■リベンジだ!審判のジャッジが最悪だったの最大の理由だと思うんだけど、あのアウェイ戦での敗戦以来、あまり印象がよろしくないQPRとの戦い。当時と比べると監督はマークヒューズになり、FWのメンツもがらりと変わっているんですが、だからといってそれほど印象が変わるわけでもないわけで。どんなことがあっても、借りを返さないといけない試合だよね、という感じで観戦しました。一応ロンドンダービーだしね。って、録画放送だったんで、結果はわかっていて観戦いたんですけどね。■勝因は?結果から言うと、ばっちりと借りを返... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/05/01 01:01
欧州CL準決勝「バルセロナ対チェルシー」改めて感想文 対「高い位置からのプレス」戦術
■欧州CL準決勝・対バルセロナ戦を再度、振り返るバルサが最近勝てるようになったのは、ボール奪還能力が向上したことと大きな関係がある。かつては相手ボールになると、そのプレイをつまらなそうに見送ったものだが、ここ数年は、その点がすっかり解消された。相手ボール時も、マイボール時と同じくらい強いチームに見えるようになった。だが、それでも2連覇は達成できなかった。 http://blog.livedoor.jp/sugicc402/archives/4178042.htmlバルセロナのことはよく知らない... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/04/29 02:25
欧州CL準決勝 第2戦「バルセロナ対チェルシー」感想文 大丈夫、マイフレンド
正直、2度負けを覚悟した。 1度目はテリーの退場時。2度目は2失点目をしたとき。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 23 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/04/26 03:07
アニメ『名探偵コナン 11人目のストライカー』レビュー
青山剛昌原作コミックの人気アニメーション劇場版第16作。ある日、毛利探偵事務所に謎の脅迫電話がかかり、所長の毛利小五郎が見ている目の前で路上の自動車が爆発。犯人が突きつけた暗号を解読しなければ、再び爆発事件が発生するという。一方、大好きなサッカー観戦を楽しんでいた江戸川コナンは、小五郎の娘・蘭から事件の知らせを受け、その場で暗号解読に乗り出すが、そこで恐るべき真実を知ることになる。Jリーグとのコラボレーションにより、現役Jリーガーの三浦和良(横浜FC)、遠藤保仁(ガンバ大阪)、今野泰幸(FC東京... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 25 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/04/23 02:25
プレミア「アーセナル対チェルシー」感想文  仕方が無いのかもしれないけど
過密日程だし、バルセロナ戦を挟んだ戦いだし、ローテーションしたのはわかる。で、ドローで御の字というのもわかるんだけど、プレミア4位以内でフィニッシュという目標から考えると、やっぱ合格点は上げられないだよな。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/04/23 01:11
欧州CL準決勝 第1試合「チェルシー対バルセロナ」感想文 
あの時も、確か雨だった。 いや、ピッチに水を撒いただけだったかもしれない。 シャビがピッチですべってゴールコントロールを誤り、ランパードがボール奪取。 右サイドのジョーコールを経てグジョンセンがゴール。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/04/20 03:49
FA杯準決勝 「チェルシー対スパーズ」感想文  というか町田なんですが…
たとえ2点目がノーゴールだったとしても、勝てていたと思います。それくらい、この日のチェルシーは悪くない出来でした。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/04/17 03:07
プレミア「アーセナル対シティ」感想と、香川の評価ポイント?
■イバノが…今回の出場停止処分により、イヴァノビッチは15日に行われるFAカップ準決勝のトッテナム戦、さらにプレミアリーグでは21日のアーセナル戦と29日のQPR(クイーンズ・パーク・レンジャーズ)戦を欠場することとなる。 http://news.livedoor.com/article/detail/6457265/まずチェルシーの話題からですが、イバノビッチがここで3試合出場停止とは痛い。痛すぎる。代役はボシングワなんでしょうけど、ダビド・ルイスをサイドで起用するなんてのもありですかね。ま... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/04/12 02:54
プレミア「フラム対チェルシー」感想文  コンディションが厳しいのはわかるけど
楽しい時を過ごしてきたね。 でも、これから苦しい時もあるかもしれない。 だけど、そのままの君でいてほしいな。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/04/11 01:45
プレミア「チェルシー対ウィガン」感想文
失礼、アーセナル戦見ながら書いていたら、タイトル間違えましたので修正。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/04/09 01:17
欧州CL「チェルシー対ベンフィカ」感想文   テリー次第になった理由?
スカパー解説の粕谷氏の締めの言葉通り、いまのチェルシーはテリー次第なチームとなっているわけですが、 思い起こせばこの1月にブラジル代表のCBアレックスを放出しているわけでして。結果としてそれが守備力の低下に繋がっている感じがするのは、自業自得というか、こっけいといか、前監督の負の遺産というか。要はそういうことなんですよ。まぁボアス前監督がアレックスを出した理由はなんとなくわかりますよ。パスサッカーには不向きな感じでしたし、イバノビッチをCBで起用という目論見もあり、不要だったんでしょう。攻撃サ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/04/06 02:38
プレミア「ニューカッスル対リバプール」感想文 黒人がいないのは、リバプールだけ!
残念ながらプライベートで黒人の友人はいないが、サッカーでは黒人の選手に好きな選手が多い。ドログバ、エシエンを筆頭にアフリカの選手は好みだし、マケレレ、アネルカ、マルダらヨーロッパ国籍を持つ黒人選手もファンだ。ラミレスらブラジル国籍の選手も嫌いでない。チェルシー以外の選手だって同様で、たとえばロナウジーニュらブラジル国籍の選手も好きだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/04/03 03:09
プレミア「アストンビラ対チェルシー」感想文 
・まぁ、確かに今のチェルシーにはマケレレ的な人材がいないんだけど、それは前任監督&前々任監督がそういう趣向だったンだから仕方が無い。たとえば前々任の方は「ピルロ菌」がお気に入りでしたし、別にそういうチーム作りも全然ありだと思うわけで、それについて今ごろ嘆くのはお門違いな気もします。って、改めて振り合えるとここ数年、ずっと中盤の人材不足だった気もするんですけどね。結局、アンチェロッティはピルロの代わりは見つからなく、ボアスもモドリッチ獲得に失敗したりして理想とする中盤の組み合わせが実現できていたよ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/04/02 03:08
プレミアリーグ、シティ戦、スパーズ戦を終えて
今期一番の天王山ともいえる、シティ戦に負け、スパーズ戦はドローという結果に終わりました。 残念ながら今シーズンは、プレミアリーグ4位以内でフィニッシュすることは難しいようです。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/03/26 02:21
チェルシーボアス監督の流儀。または、ボアス前監督は世代交代主義者だったのか?
■トーレス「僕は今、監督からの信頼を感じる。もちろん、チェルシーに感謝しているよ。シーズンは残り2試合だ。大事な試合がある。僕たちは勝ちたいと思っているよ」 http://news.livedoor.com/article/detail/6381264/トーレスがやっと決めてくれたみたいですが、これをきっかけにゴール量産してもらえれば嬉しい限り。特に今週予定されているプレミアのシティ戦、スパーズ戦あたりで決めてほしいなぁ。って、正直それほど期待してないんだけど、ともかく試合に出たらがんばってほ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/03/20 04:00
欧州CL「チェルシー対ナポリ」第2戦 改めて感想文
なんだ、シティ戦は今週末じゃなくFA杯だったんですね。すみません、勘違いしてました。■改めて「チェルシーらしさ」についてというわけで、改めてCLナポリ戦について振り返ろうかと思っているのですが、まず、まぁよく4点も取れたなというのが率直な感想。ぶっちゃけ別にいい攻撃をしていたわけでもないんですよね。ゴールシーンだけを見直しても、1点目は単純なクロスからヘディングシュートだし、2点目はセットプレイからのヘッド。3点目のPKはこれまたセットプレイからのヘディングシュートが相手のハンドを誘ったものだっ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/03/17 22:47
欧州CL「チェルシー対ナポリ」戦 感想文 点と点が何らかのかたちでつながると信じて
もう一度言います。未来に先回りして点と点をつなげることはできない。君たちにできるのは過去を振り返ってつなげることだけなんだ。だから点と点がいつか何らかのかたちでつながると信じなければならない。自分の根性、運命、人生、カルマ、何でもいいから、とにかく信じるのです。歩む道のどこかで点と点がつながると信じれば、自信を持って思うままに生きることができます。たとえ人と違う道を歩んでも、信じることが全てを変えてくれるのです。 http://sago.livedoor.biz/archives/502510... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/03/16 02:43
欧州CLナポリ戦レビューみたいな
■ナポリ戦レビューナポリは、ホームでのファーストレグをラベッシの2得点などで3−1と制している。有利な状況で迎える一戦に、ラベッシは自信をのぞかせた。「僕たちは、可能な限りベストな方法でこの一戦にたどり着いた。チームは5連勝の末、高いモラルを備えている」 http://news.livedoor.com/article/detail/6365800/チェルシー的にはナポリに2−0の勝利で逆転突破が可能なわけで、それはけっして不可能ではないと思っているのですが、問題はプライオリティなんですよね。... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/03/14 02:16
サッカー日本代表、ジーコ氏率いるイラクと同組に&町田ゼルビアのホーム陸上競技場改修工事
■サッカー日本代表、ジーコ氏率いるイラクと同組に!元日本代表監督のジーコ氏率いるイラクが、日本と同組に入った。昨年8月から監督を務める同氏は抽選に立ち会い、「日本とイラクが出場権を得ることが望ましい」とコメント。イラクが予選突破すれば1986年メキシコ大会以来となり、かつていた日本とそろっての出場に意欲を示した。  ジーコ氏はB組について「オーストラリアと日本が頭一つ抜けているのは事実」と冷静に分析。その上で「イラクは経験を積んできた。強いチームがひしめく中、ブラジルに導くため長い時間を費やし... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/03/12 02:42
プレミア「チェルシー対ストーク・シティ」感想文 新監督ディマッティオのサッカーとは?
また、MFフアン・マタの起用法についての質問にも答えた。ベンチスタートとなったマタは前半途中から起用されて、FWディディエ・ドログバのプレミアリーグ100ゴールをアシストしている。チャンピオンズリーグのナポリ戦に向けた温存との見方が強いが、暫定監督はこれを否定した。「ストークはフィジカルの強いチームだから、先発メンバーのフィジカルを重視しようと思った。ナポリ戦のことは考えていなかったよ」 http://news.livedoor.com/article/detail/6357715/なるほど、... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/03/12 01:33
チェルシーの流儀 アブラモビッチの流儀 または、大人だろ?
さて、チェルシー。試合見てないですが、FA杯に勝ったみたいで何よりです。このまま1つ1つ勝利を積み重ねていくしかないと思うんですが、まずは1勝おめでとう。■クビにした理由ボアスをクビにしたことで、堪え性がないとかいろいろ言われていますが、クビにした理由はそれなりにあるわけで。とりあえずそこを確認。 「ビラス・ボアスは、素晴らしい監督だと思うけれど、監督の在任期間は能力ではなく、結果によるんだ。しかし、私には彼の解任理由を判断できないよ」と続け、噂についての質問をかわした。 http://ne... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/03/08 03:13
アンドレ・ビラス=ボアス監督の解任 &プレミア「ウエストブロム対チェルシー」感想文
■ロンググッバイチェルシーは4日、アンドレ・ビラス=ボアス監督の解任を決断した。クラブの公式サイトで明かされている。チェルシーは、「アンドレ・ビラス=ボアスは本日、チェルシーFCと別れました」と発表。指揮官への感謝を述べた上で、チームのパフォーマンスを取り戻すための唯一のオプションが、監督の交代だったとしている。チームのコーチであるロベルト・ディ・マッテオ氏が、シーズン終了まで暫定的に指揮を執ることも発表された。 http://news.livedoor.com/article/detail/... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/03/05 02:27
プレミア「アーセナル対スパーズ」感想文 やるなアーセナル
スパーズが弱いのか、それともアーセナルが強いのか? わからんけど、両方ですかね。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/02/29 02:22
プレミア26節「チェルシー対ボルトン」感想文  やっぱモヒカンは嫌いだ
■ローテーション?普通のローテーションであり、何も新しいことはなかった。 http://news.livedoor.com/article/detail/6314120/確かにローテーションなのかもしれないけど、メイレレスがスタメンから外れたのは結構久しぶり? まぁ、この試合はメイレレスがいても結果的には変わらなかったかもしれないけど、個人的にはこの試合のエシエン、ラミレス、ランパードという中盤が好みだな。この3人のほうが守備が落ち着く感じがするんですよね。エシエンはもちろんランパードは守備の... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/02/27 02:11
欧州CL「ナポリ対チェルシー」第1試合 感想文  今のボアスに何人が共感している?
■理由試合後の会見でビラス=ボアス監督は、「ハードワークができるMFを2人、ディフェンスの前に置くことを望んだ。ランプスにそれはできないと言うわけではない。彼にもできる。しかしそれが我々の決定だった。テクニカルな決定だよ」と説明している。 「フランクとアシュリーとは話をした。彼らのような経験を持つ選手は、チームを助けられると感じていただろう。それは完全に理解できる。当然、彼らは失望していた。だが彼らは受け入れ、気持ちを切り替えることを決断してくれた」 http://news.livedoor... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/02/23 02:50
プレミア「エバートン対チェルシー」感想文&スアレスの握手なしについて
結果的に、1月中旬以降の成績は3分1敗。勝てない理由はいろいろあるのでしょうが、ドログバがアフリカ選手権で抜けていたのが響いたのは、間違いないんでしょう。というか、トーレスがダメだった。期待に応えることができなかった。というか期待したほうがアホだった。残念ながらそういうことですね。アネルカも中国に移籍し、ドログバ&アネルカと2人も欠いたのに1月にFWを補強しなかったのは、トーレスがいれば問題ないとフロントが判断したからなんでしょう。まぁ単に金がなかっただけなのかもしれないけど、かなり見通しが甘か... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/02/12 13:56
プレミア「チェルシー対マンチェスター・ユナイテッド」感想文 そんなことさえ わからんようになったんか
にじむ街の灯を ふたり 見ていた ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/02/07 01:51
プレビュー:チェルシー対マンチェスターユナイテッド
明日はマンチェスター・ユナイテッド戦ですが、チェルシー的には4位死守のためにも負けられないところです。ポイントは中盤の攻防になるのかなと思ってますが、正直、ラミレスが怪我で不在なのは痛いなぁ。トーレスがあれなんで、中盤の運動量とオフザボールの動きがないと厳しいんですよね。現状のチェルシーの攻撃陣だと。まぁ、戦い方にもよるんだろうけど…。今期のユナイテッドは一時期に比べるとそれほど強いとは思ってないのですが、強敵であるのは確か。前回のオールドトラフォードで1−3で負けたときはセットプレイとサイドの... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/02/04 10:49
FA杯とか
特に書く事はないんだけど、一応、書いておこう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/01/30 02:41
プレミア「ノリッジ対チェルシ−」感想文 足りないものと心意気
もうそろそろ連勝が途切れることかなと思っていたら、その通りの結果に(笑)。パスにシュートにセンタリングにと、何かすべてが微妙に少しずつ意思疎通がずれていたように感じました。トーレスは相変わらず無得点試合を更新中ですが、いい加減まずいような。確かに前節のウルブズもこの試合のノリッジも守備は悪くなかったですよ。ただ、基本は残留争いするレベルのチームであるわけで、このレベル相手にゴールできないとどの試合でゴールできるのって話にもなるわけで。もちろん、ゴールは運もあるし、相性もあるんでしょう。強豪相手の... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/01/24 02:43
英吉利で日本人が成功できない理由と、移籍金ゼロ
■イングランドサッカーに日本人は適合できるのか?パスを回せる強豪チームは別として、その他のプレミアチームの場合は、DFラインからボカーンと前に蹴ると、4〜5人の選手は前線へと殺到はしてますが、残りの選手はラインをすぐに上げるわけでもなく、だいたいタラタラと歩いているんですよね。で、その直後に前線でボールを奪われても、前線へと走った選手は前に残ったままでゆっくりと帰って行き、守備は後ろに残った選手でやっている。 http://gazfootball.com/blog/archives/2012/... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/01/18 03:41
プレミア「チェルシー対サンダーランド」感想文  ミスに助けられた感じですかね
■助かった感じ勝ったけど、サンダーランドのミスに助けられた感じでしたね。正直、2〜3点取られてもおかしくなかったし、最終ラインの守備が不安定だったのは気がかりです。ボシングワの守備は、あんなものなんでしょうが、ルイスがけっこう振り切られていたのはヤバいなぁ。いい選手なんだけど、このところモロさが目立つ。イバノビッチは怪我しているんでしたっけ? 現状はイバノビッチのほうが断然、安定している感じですし、テリー&イバノのコンビがやっぱファーストチョイスなのかな。ただイバノは右でも使いたいので、もし新加... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/01/16 01:26
上昇する気温のせいでロードショウは…。サッカーニュース読み
■放映権iPodで音楽業界とやりあい、iPad / iBooksで出版業界とやりあったアップルは現在「iTV」を準備中。大手テレビ局がコンテンツを提供しなかった Google TV は大いに苦戦していることもあり、そこで大手テレビ局の人気番組を見られるよう画策していると。プレミアの放映権もその一環なのでしょう。 http://supportista.jp/2012/01/news06052657.htmlスカパーが今後もプレミア放送し続けてくれることに期待しているし、そうなると思っているのです... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/01/14 03:18
チェルシーほかプレミアニュースを読んで
■FA杯ポンペー戦チェルシーは格下相手に前半を0−0で終える嫌な展開となるが、48分にMFフアン・マタのゴールで先制した。その後も試合を決めきれずにいたが、85分と87分にMFラミレスがゴールを奪って、勝負あり。終了間際には、MFフランク・ランパードも得点を記録し、終わってみれば4−0の大差となっている。 http://news.livedoor.com/article/detail/6175674/試合ちゃんと見れてないですが勝ったようで何よりです。動画で見ると、マルダがいいアシスト決めてい... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/01/11 03:31
データサッカー「3本以内にシュートおよびクロスにつながるパス」 &部活サッカー
■シティ対リバプール感想文個人的な好みで恐縮ですが、ダルグリッシュ・リバプールにはあまり魅力を感じてないです。まぁカウンタースタイル自体はわかるんですが、なんか魅力ないんですよね。起用されている選手(特に若手)のせいなのかな。フラムとかサンダーランドのほうがよっぽど魅力的とか言ったら「退屈なチェルシーファンのお前に言われたくない」って、突っ込まれそうですが(笑)。確かに、チェルシーだって似たようなものかもしれないけど、何か今のリバプールには違和感があるんですよね。コーチに元・モウリーニョチェルシ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/01/08 02:44
プレミア「ウルブス対チェルシー」感想文 勝ててよかったけど。
勝ててよかった。この一言に尽きるわけですが、それだけじゃ面白くないので、セルジオ越後ばりのイチャモンを1つ(笑)。■フランク・ランパードのゴールランパードの決勝ゴール。トーレスのスルーパス、アシュリー・コールのセンタリング、ランパードのシュートとすべて見事でした。やっぱ、それぞれの選手の持ち味が発揮できて噛み合うとゴールは生まれるものです。素晴らしいゴールでした。ただ、ここ数試合こういう形ができてないのも確か。この試合もそうでしたが、このところのチェルシーの攻撃陣は、どうも選手それぞれの持ち味が... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/01/04 20:09
プレミア「チェルシー対アストンヴィラ」感想文  あけまして、おめでたくない?
■新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。ということで、早速チェルシー。プレミアリーグには正月はありませんということで、日本時間12月31日の大晦日にチェルシーはアストンヴィラと試合がありました。結果はドログバのPKで先制するものの、その後、3点取られてしまい逆転負け。後半1−1の状態からトーレス、ランパード、ボシングワを起用し攻撃的布陣にするものの崩せず、逆に守備意識が手薄になったところを突かれ、2点取られてしまうという残念な敗戦でした。試合終了後のチェルシーファンのブ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/01/01 19:04
2011年総括
年の瀬なので、2011年を振り返ってみます。今年最大の出来事は、やはり「3.11」だったと思うんだけど、このブログ的にもその影響からか、5月くらいから更新頻度が減りました。まぁ震災の影響というより5月が欧州サッカーのオフシーズンだったこと(またはアンチェロッティ・チェルシーのダメさに嫌気が差した影響)のほうが影響が大きかった気もするし、Twitterの時代となった影響もあったと思うけど、なんにせよ更新頻度が減ったのは確かでした。コメント欄の閉鎖も影響しているのかな。なんか「もう、ブログは適当でい... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/12/28 02:32
プレミア「チェルシー対フラム」感想文  メリークリスマス!
スパーズ戦のドローは「よくやった!」だけど、フラム戦のドローは「けしからん」? いろいろ意見があるとは思いますが、まぁ、これが今のチェルシーの実力なんでしょう。3試合連続ドローはいただけないですが、まぁ「負けなくなった」と考えれば、それほど悪い結果ではない気もします。失点はしているけど、それほど守備が破綻しなくなったのは評価していいと思うんです。まぁ、その分、攻撃力は低下しているんですが、一時期の悪い頃と比べて攻守のバランスが取れてきているのは確かだと思うんです。あとは「勝者のメンタリティ」が付... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/12/27 03:28
プレミアリーグ「ウィガン対チェルシー」感想文  逃げ切りか、ガス抜きか?
■アホな失点改めて見直したけど、アホな失点でした。この試合は、それに尽きる。ピーターチェックのポロリは確かに”いとおかし”だけど、その前の段階での守備がダメ過ぎ。うーん、ボシングワはあの時間帯で前に出てプレスする必要があったのだろうか。最終ラインに残ってスペース消していれば良かったんじゃないの? つまりイバノビッチの横の右サイドに居るだけでよかったのではなかということ。変に前に出てしまい結果としてボシングワが適切なポジションにいないから、右サイド崩されてイバノビッチがカバーに回って、そこから後手... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/12/20 02:54
プレミアリーグ「チェルシー対マンチェスター・シティ」感想文 シルバは確かにかっこいい
すみません。忙しくて更新遅れました。試合はリアルタイムで見ていたんですけど、書けなかった。せっかく朝早起きして、気合入れて見たのに。ということで、さっそく試合について、dorogubaさんといっしょに振りかえって行きたいと思います。まずスタメンですが、ダビドルイスが出場停止ということで、代わりにボシングワが右サイドに復帰。センターバックにはイバノビッチが入りました。それ以外はバレンシア戦と同じメンツ。これについてはどう感じましたか? ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/12/15 02:10
CL「チェルシー対バレンシア」感想文   スタイル評議会
モウリーニョがチェルシー1年目のCLバルセロナ戦で披露した「ローラインゾーンディフェンス」を彷彿させる戦いぶりでしたが、ボアス監督が、こういう似たような戦い方ができるというのがわかり嬉しい限りです。って、モウリーニョの下でやっていたから当たり前? できないわけがない? いやいや、そうなんですけどね。シャビあたりがこの試合をみたら「アンチフットボール」とか言いだしそうな戦いぶりですが(笑)、そういう「へんなプレッシャー」に負けないでアンチフットボールに踏み切ってくれたボアス監督に感謝。試合に勝つた... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/12/08 02:42
プレミアリーグ「ニューカッスル対チェルシー」感想文  いい勝利でした
いい勝利でした。守備の意識が高かったように感じましたし、それが無失点の勝利に結びついたように感じました。具体的にはサイドの守備と、ゾーンだけでなくちゃんと人をケアする守備&最後の最後までねちっこく守備していた姿勢がよかった。まぁダビドルイスの守備はかなり危うかったと思うけど…、組織としてよく守れていたのは評価。この守備の意識があれば、このあとのビックマッチにも期待が持てます。大丈夫だ。大丈夫だぞボアス・チェルシー。というかスカパー解説の粕谷は、おれのテリーのことを悪く言い過ぎだろ。金子爺アナがぼ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/12/04 01:24
プレミア「チェルシー対ウルブス」超雑感  久々だね。
メイレレスのオフザボールの動きと、ラミレスのプレッシング。この試合はそんな中盤の選手の働きが印象的でしたね。やっぱ中盤の選手がうまく機能すると、チェルシーは強いですよ。どのチームも同じなのでしょうけど。クリーンシートで勝てたのもよかった。まぁ相手が相手だったというのもありますが、久しぶりに、いい形で試合に勝利できたのは本当によかったなぁと。ということで、個々の選手について。メイレレス:左サイドでうまくスペースに動けていたのは評価。こういう大胆なオフザボールの動きができるのが持ち味なんですかね。見... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/11/27 02:23
欧州CL「レバークーゼン対チェルシー」  伝書鳩は重要でした
モウリーニョがチェルシー1年目の冬に補強した選手って、ヤロシクでしたっけ? ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/11/25 03:56
プレミア「チェルシー対リバプール」戦 雑感  同じ過ちはしちゃいけないのさ
「監督! チェルシーの弱点を見つけました」 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/11/24 00:48
プレミア「ブラックバーン対チェルシー」超雑感 勝ててよかった
ブラックバーンの拙攻に助けられた感もありましたが、勝ててよかったです。コンディションが悪かったせいで動けなかったのか、それとも攻守のバランスを考慮してあまりポジションを崩さなかったのかわかりませんが、いつもと比べるとあまり大胆なオフザボールの動きがなかったようにも感じた試合でしたよね。なので試合の内容的にはよくなかったと言えると思うんですが、私的にはその「つまらない?」戦い方が勝利に結びついたような気もします。なんというか今シーズンのチェルシーはこれまで「結果よりも内容重視」な姿勢で戦ったきたわ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/11/06 02:55
欧州CL「ゲンク対チェルシー」超雑感 まぁ悪くはないけど…
■テリーの出来がイマイチなので、チームメイトのミスを誘発?年を取れば体力的に衰えるのは自然の摂理であるが、ディフェンダーの場合は経験値がモノを言うので、身体の衰えをカバーするのは十分可能だ。たとえスピードで勝てなくとも、相手の裏をかこうとするFWの動きを的確に読み、それを阻止すればDFとしての役割をきっちり果たせるからである。それをベテランならではの“安定感”と呼ぶのだろうが、先日のテリーのようにフィットしていなければ元も子もない。支えであるはずのベテランの出来がイマイチだと、チームメイトの心配... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/11/03 02:33
プレミア「チェルシー対アーセナル」雑感  現実的に戦ってもいいのでは?
敗因は、ユナイテッド戦と同じ。「打合い」を挑んで、「力負け」したということなんでしょう。内容重視で戦いたいのは、わかるけど、もっと「結果」を考えて戦ってほしいです。なんども言うけど。なんというか、ある意味ベンゲル監督のほうが「結果重視」の戦いをしていた感じだったのは笑いました。というかボアスが若すぎるってことなのかな。まぁ、そこが魅力ではあるんだけど、こういう力が拮抗した相手との勝負となると、もっとしたたかに戦わないと厳しいかなと。というか、チェルシーは本来そういうチームであるんだけどなぁ。うー... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/10/30 00:39
売名行為と、疑惑が浮上したことだけでも不名誉について。
■売名行為売名にならないよう格好をつけてもらわないと http://news.livedoor.com/article/detail/5969662/えーと、そもそも日本でプロ野球の球団のオーナーになるというのはみなさん基本「売名」が目的なんじゃないんですか? 読売とか、楽天とか、ソフトバンクとか。正直、この問題どうなろうと関係ないし反対するのもいいんだけど、あまりに議論しているレベルが酷すぎる。 ■不名誉?とはいえ、人種差別的発言をしたとの疑惑が浮上したことだけでもイングランドにとっては不... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/10/27 03:37
プレミア「マンチェスターダービー」 byオールドトラフォード 歴史的な惨敗
「(マリオ)バロテッリはボールをコントロールできていなかったのに、ジョニーはシャツを引っ張ってしまった。レフェリーのジャッジに文句はない。ただ、ジョニーの退場は致命的だった。シティも終盤に勢いを付けてくるチームだからね。しかし、敗戦の要因は戦術の問題だ」 http://news.livedoor.com/article/detail/5961296/「戦術の問題」って、要は守備の戦術がダメだったということなのかな。確かに、サイドの守備はまずかったように感じました。フリーにし過ぎですよ。ミルナー... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/10/26 02:40
プレミア「QPR対チェルシー」雑感
いくら下位チームとはいえ、さすがに2人退場だと厳しいです。 相手の1点目もPKでしたが、審判によってはファウル取らなかった気がするし、 チェルシーファンから言わせてもらえば「審判に勝ち点3を剥奪された」試合でした。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 18 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/10/24 01:59
CL「チェルシー対ゲンク」&日本代表について
久々の更新です。日本代表、チェルシーについてまとめて雑感。まず日本代表について。■日本代表試合後のザッケローニの言葉が、この試合のすべてを集約していると言えよう。ただ、これに加えてもうひとつ。この日の日本の完勝は、先のベトナム戦を抜きにして語ることはできないと思う。というのも、このタジキスタン戦での指揮官のさい配は、実のところベトナム戦で浮かび上がった課題の「答え合わせ」であったと言っても過言ではないからだ。具体的には、以下の4点。(1)システムを3−4−3から4−2−3−1に変えたこと。(2)... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/10/20 11:31
ザッケローニ日本代表の「3ー4ー3」には、未来予想図はあるのか?
■「3ー4ー3」の問題点新聞を見ると「3−4−3」などの数字が大きく書かれている印象を受けるが、それは(メディアの)皆さんが書いているだけで、協会からも「3−4−3でやってくれ」と言われているわけでもないし、今は4−2−3−1というシステムも持っているわけだから、それにプラスして新しいものを持てればいいと思っている。このシステムを試しながら精度が高まってきたら公式戦で使う時が来るかもしれないし、フレンドリーマッチというのは、6−0とか7−0で勝てばいいわけでもない。フレンドリーマッチとは、自分の... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/10/10 00:55
プレミアリーグ「ボルトン対チェルシー」超雑感 ダビド・ルイスはバルサでもできる(笑)
・5ゴールは驚きでした。理由はボルトン守備陣が脆かったから? それともチェルシー攻撃陣がよかったから? ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/10/03 03:03
欧州CL「バレンシア対チェルシー」超雑感  ランパードからの脱却
遅くなったけど、CLバレンシア戦について。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/10/01 03:06
サッカーと起承転結
バロテッリのゴールを見た。すばらしい。でも、悲しい。彼は逸材であることは間違いないのだが、きっとそんなに大成しないんだろうと思ったから。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/09/28 01:59
プレミアリーグ「チェルシー対スウォンジー戦」超雑感  4-4ゾーンでよかった
・ユナイテッド戦のレビューでけちょんけちょんに貶したラミレスが、2得点で大活躍(笑)。なんだ決定力あるじゃないですか。まぁ、相手が相手なんで、これくらいやってもらいわないとね。なーんて。すみません、ダメ出しした選手が活躍するという、法則発動です(笑)。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/09/25 02:06
プレミアリーグ「マンチェスター強い方対チェルシー」超雑感 というか大反省会
「というわけでユナイテッド戦を振り返りたいと思うんですが、大味な試合になってしまいました」 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/09/20 02:32
バルサ礼讃風潮にクギをさせ! イエイ!
■バルサ礼讃風潮にクギをさせ!ライターの小澤一郎さんは自身のメルマガで「日本でこれだけバルセロナのサッカーが語り尽くされている理由は簡単で、少々厳しい指摘かもしれないが、各自に自身のサッカー哲学がないからだ」とバルサ礼讃風潮に釘を指しているそうです。 http://supportista.jp/2011/09/news16100130.htmlな、なるほど〜。バルサ礼讃風潮なんてものがあったんですね。知らなかった〜。で、小沢氏が指摘する「各自に自身のサッカー哲学がない」 という言葉ですが、素... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/09/17 03:07
欧州CL「チェルシー対レバークーゼン」  ゲームメイクとは?
忙しくて更新サボってましたが、とりあえずCLレバークーゼン戦を中心に思ったことを。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/09/15 00:39
アーセナル論2011
■アーセナル論2011近年のアーセナルは、セスクを中心選手にすえたことにより“司令塔”の存在がキーとなっていた。しかし、03−04シーズンに無敗優勝を達成し“無敵”と呼ばれた時代には明確な司令塔は存在せず、中盤の中心選手だったのはパトリック・ヴィエラやロベール・ピレスといった技術と機動力に優れた面々だ。 アルテタはセスクのような司令塔タイプではなく、シンプルで正確なパスを供給し自らもサイドや前線へと上がり得点に絡める機動力のあるプレーヤー。つまり、“強かった頃のアーセナル”のサッカーを体現できる... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/09/05 01:57
プレミア第3節「チェルシー対ノリッジ」超雑感  4−4−2の理由
・何度見ても、PK&レッドカードという判定は好きでない。カード出すにしてもイエローで良いと思う。PK&退場にした時点で、試合が壊れちゃうのはやっぱ残念だからね。・ドログバの怪我が心配です。何ともなければいいけど。・相手が一人少なくなったとはいえ、ルカクとマタが投入されたあとの急造チームのほうが連携感があるというのはどういうこと?・やっぱゲームメークと前線での起点作りが重要ということなんでしょう。・ラミレスは「使われる選手」なんですよね。使うほうではなく、「使われるほう」。今日は運動量あったし、良... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/08/28 01:56
チェルシーのCL組み合わせ&マージーサイドには、2つの偉大なチームがある
■チェルシー今夏、バレンシアからチェルシーに移籍したスペイン代表MFフアン・マタは、チャンピオンズリーグ(CL)の決勝で古巣と再会することを願っていた。しかし、抽選の結果、早くも同大会のグループリーグで両者は激突することとなった。マタは、古巣との再会を楽しみにしているようだ。イギリス『サン』のインタビューに応えたマタは、改めてバレンシアへの感謝を示した。同選手は、CLでのバレンシア帰還を喜んでいる。 http://news.livedoor.com/article/detail/5814602... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/08/27 03:25
プレミアリーグ第2節「チェルシー対ウエストブロム」超雑感 よかった。
とりあえず内容はさておき、今期、初勝利おめでとう! ボアス監督のチェルシーでの初勝利です。めでたいです。よかった。よかった。とりあえず、一安心という感じですね。・失点シーンは失笑ものでしたが、この試合はこのシーンが象徴するように軽率なミスが多かったのは気になりました。アレックスはやばいなぁ。もともとスピードが不安なだけに、こういうミスが目立つと使ってもらえませんよ。トレード要員という噂もあるんですから、もっとがんばらないと。・最終ラインが不安定なのは昨シーズンのポルト見てなんとなく想像できてい... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/08/22 01:34
CL「リヨン対ルビン」、韓国サッカー、今期のアーセナルについて など
■CL[リヨン対サガン」雑感テレビつけたらやっていたので見ました。ピャニッチはいいなぁ。あと、リサンドロ・ロペスっていい選手ですよね。何が良いかって言われると答えにくいですが、要はゴールへの嗅覚があるというか、サッカーを良く知っているところがいいです。柳沢選手をもぅとわかりにくくした感じとでもいいますか。「リサンドロ・ロペスの良いところを語る会」とかあったら、ぜひ一度顔出してみたいんだけど、ないかな? ないよね。リヨンは相変わらず良いチームであると感じましたが、なんと昨シーズンはリーグアンでタイ... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/08/18 02:05
プレミアリーグ開幕 「ストークシティ対チェルシー」雑感 
勝ちたかったですが、まぁ仕方がない。負けないことが大事だということはその戦い方から伝わってきましたし、それで正解だったんでしょう。ミケルとラミレスを中盤で併用しましたが、正直、攻撃力はイマイチだよな。リバプールのこと言ってられないくらいに(笑)。でもって、カルーとマルダのサイドプレイヤーの出来もイマイチだったわけで。それでは得点するのは難しいですよ。いまのチェルシーにはロッベンやクリスチアーノロナウドのような「ボール預けたら何とかしてくれる」選手はいないわけで、もっと勇気を持ってポジションチェン... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/08/16 01:57
プレミアリーグ開幕 リバプール戦の雑感
プレミアリーグなんとか開幕しましたね。とりあえず、よかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/14 02:13
日韓戦とブラックベリー
■日韓戦日韓戦ですが、3−0とはすばらしいですね。韓国が弱体化しているからこその結果であるのは、言うまでもないことでしょうが、それでも3−0というスコアは申し分ないですよ。香川選手と本田選手というの2大スターがゴール上げての勝利ですし、ほんと言うことはありません。韓国は一刻も早く監督を変えるべきだね。手遅れになる前に。以上です。■ブラックベリーかよフェースブックやツイッターに以外にも、今回の暴動で大きな役割を果たしたとみられるのが、スマートフォン(多機能携帯端末)の一種のブラックベリーだ。ブラッ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/08/11 02:32
崩すのは大事? というかポールウェラーとストーンズと神様ありがとうの関係について
■“崩す”のも大事?ANA国内線の機内放送で山下達郎の新譜&インタビュー特集を聞いたんだんけど、インタビューで「これからはガラパゴス化します」的なことを話していたのは興味深かった。要はポールウェラーがその昔ストーンズ批判していた「自分自身のコピー化」を、達郎氏は進んでやりますと言っているようなものだと思うんだけど、まぁ今の時代は「それ」は十分ありですよね。革新より保守ですよ。今の時代は革新することは難しいし、10年くらいかけて自分のスタイルを保守するというのは、結果として「革新」的になるきもする... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/10 02:29
松田選手死去、スコールズ、チェルシー補強など
印象に残っている思い出として、2004年のアジアカップを挙げ、「彼は縁の下の力持ちとしてチームを支え、控えだったにもかかわらず懸命に練習に励んでいました。あれだけひたむきに打ち込んでいた姿は初めてでしたし、控えとして彼が先頭に立ってチームを盛り上げたことがチームの優勝につながったと思っています。特に、優勝を決めた後のロッカールームで、彼は一番先に立って万歳をし、全身で喜びを表現していました。 優勝を心から喜び、無邪気にはしゃいでいた彼の姿が今でも強烈に残っています」としている。 http:/... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/08/07 02:42
マリーシアのないサッカーはサッカーではない
■メディアの体質?メディアのこうした体質が、Jリーグの成熟を妨げる要因にもなっていると思う。宇佐美も宮市も、まずは静かに見守ろう。必要以上に騒ぐのはやめようよ。 http://news.livedoor.com/article/detail/5745587/メディアの体質の問題というよりも、それを享受する日本人が多いということが問題だと思うけどね。メディアがいくら騒ごうが、受け取る側が無視すりゃいいわけで。結局のところ、それを望む人が多いから「必要以上に騒ぐ」ことになるわけですよ。卵が先か、鶏... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/07/30 03:30
チェルシーのチーム作りは進んでない? ワールドサッカーダイジェストを読んで
久しぶりの更新です。アンチェロッティに気力を奪われた&オフシーズンということもありブログの更新が滞っていましたが、もうそろそろ欧州サッカーも新シーズンが始まりそうですので、ぼちぼち再開していきたいと思います。って、一度、更新をなまけちゃうと、前のように頻繁に更新するのは難しい気がしているので、今シーズンは出来る範囲で書いていこうかなと思っています。チェルシー戦のレポートはできる限り書いていきたいなと思ってはいますので、週イチ更新くらいのペースが目標かな? わからないけど。■ワールドサッカーダイジ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/07/29 02:48
シャビ
■ファルカオポルトに所属するFWラダメル・ファルカオ(25)が、クラブとの契約を2015年まで延長することになった。これにより、同選手のチェルシー移籍はほぼ消滅している。あと2年で契約満了となる予定だったファルカオは、4年の契約にサイン。これにより、契約解除に必要となる額は4500万ユーロになった模様で、他のクラブへ移籍する可能性が事実上の消滅となった。 http://news.livedoor.com/article/detail/5710222/チェルシーにはトーレスがいるからファルカオ獲... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/07/15 10:20
ボアス新監督でチェルシーのサッカーはどうなる?  ポルト時代のおさらい
はたしてボアス監督はチェルシーでどんなスタイルのサッカーを展開するのか? 現状分かりませんが、ここでは昨シーズンのポルトの戦いぶり(ヨーロッパリーグ)で感じたことを記録したいと思います。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/06/28 12:15
親愛なるアブラモビッチ様     ボアス新監督を祝して
親愛なるアブラモビッチ様。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/06/27 00:37
親善試合「日本代表対チェコ戦」雑感&アンチェロッティ・チェルシーを振り返って
久々の更新です。忙しかったこともあり、ブログ更新さぼってました。まぁ、チェルシーがアレだったんで、あまり書くことがなかったということもあったんですが。アンチェロッティについてはそのうち何か書きます。というか、そのうちは何時になるのか怪しいから今日書いておこう。というわけで、まずは代表戦。■忘れていたまずペルー戦は見逃しました。忘れていたというか、日本代表戦のこと気にもしてなかったというのが正解。スポーツ情報まったく追ってなかったんで。で、ひょんなことから日本代表の試合があることを認識し、本日、チ... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/06/08 02:47
南米選手権辞退に寄せて  お休みなさい子猫ちゃん
■目的は何だったんでしょう?結局は辞退ですか。よくわかりませんが、要は、協会も監督も選手も、誰もがそれほど参加することを重要だとは思ってなかったということなのかしらね。誰もが参加することの意義を見出せてなかったとでもいいますか。というか、そもそも論として、日本代表はどういう目的で南米選手権に参加しようとしていたんだろう? Jリーグに眠る新たな「選手の発掘」でもしたかったのかな。それとも、海外組をもっと簡単に招集できると思っていた?もっと言えば、南米選手権の「招待枠」とは何なんだろう?というところ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/05/19 03:37
ユナイテッド戦の前に、チェルシーの今シーズンを軽く総括
ユナイテッド戦の前に、チェルシーの今シーズンを軽く総括してみたいと思う。総括する上でポイントとなると思うのは「シーズン開始前のバラック&ジョーコール&カルバーリョの放出」と「シーズン中盤以降でのトーレス&ルイスの獲得」という選手の入れ替え時期のズレですかね。この半年の選手の入れ替えのズレをどう考えるかというのは難しいところなんですが、チェルシーのフロント的にはどういう目論見だったのかは気になるところ。つまり、シーズン当初は「もう大金使って補強はしない、若手育成するチームに変更するよ」という計算だ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/05/06 02:19
プレミア「チェルシー対スパーズ」超雑感  というか「テンカーテ+オシム=ボアス」?
■問題は4-4-2?勝った事は評価したいけど、正直、内容はよくなかった。問題はトーレスとドログバの共存というよりも、4-4-2のフォーメーションに変えたことによってサイド攻撃が機能しなくなったことかな。サイドの高い位置で起点を作れないのでチームとしての連動的な攻撃が出来ず、結果として中央からの個の突破頼みの窮屈な攻撃が多くなってしまう感じなんですよね。もちろん4-4ブロックの守備はそれなりに可能していたので、「高い位置でインターセプト」してカウンターができればいいんだけど、肝心なポゼッションから... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/05/02 00:14
欧州CL「レアルマドリード対バルセロナ」超雑感   いまこそルール改正すべきときが来た
■退場って必要?あくまで個人的な見解ですが、最近、私はサッカーというスポーツに退場というルールは不必要だと感じてます。正確には数的不利な状況となるルールに反対といいますか。危険なプレイは確かによくないと思うし、審判を侮辱する行為も同様によくないと思うけど、退場させて尚且つ人数を減らすペナルティまで課す必要はない気がするんですよ。何故なら、そのルールが危険なプレイを抑制する効果があるとは思えないし、単にサッカーをつならなくしているだけにしか思えないから。百歩譲って退場はありとしても、代わりの選手を... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 19 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/04/30 00:36
プレミア「チェルシー対ウエストハム」超雑感 トーレスおめでと&クライフ教について
■トーレスおめでとうトーレスがついにゴール決めたみたいですね。実はテレビで試合を見逃してしまい、まだダイジェストでしか見れてないんですが、非常に「トーレスらしいゴール」だったように感じました。何が”らしい”って、あの反転して決めたところがそう。ああいう、DFに囲まれながらも、狭いところをコントロールシュートを打ってゴール隅に決めちゃうってのがトーレスの良さなんですよね。つまりシュートがうまいってこと。そんな彼のストロングポイントがやっと見れて何よりでした。やっとね。そう、ぶっちゃけ、もっと早く見... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/04/25 01:43
プレミア「チェルシー対バーミンガム」雑感&渋谷系論
■チェルシー戦マルダとカルーの両ウイングがゴールして試合に勝つというのは、ある意味、現チェルシーの理想型でした。サイドや中盤の選手がオフザボールの動きで「ゴール前に進出」してゴールを決めるという流動性ある攻撃は、「4-3-3」というフォーメーションで戦う場合はかなりポイントだと思うんです。なぜなら、何度も言うけど、ロッベンやリベリや、クリスチャーノ・ロナウドみたいな一人で出来る子はチェルシーにいないから。なのでポジションチェンジして、相手の守備を撹乱させる必要があるってわけですよ。あと、やっぱ中... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/04/23 03:54
ドイツのクラブ故の拒否? モウリーニョの後継者、大学ラグビー
■手厳しい【ゲルゼンキルヘン(ドイツ)共同】サッカーのドイツ1部リーグ、シャルケのヘルト・ゼネラルマネジャー(GM)は13日、所属するDF内田篤人を南米選手権(7月・アルゼンチン)の日本代表に派遣することに「7月はシーズン前のチームづくりの大事な時期で招集に応じることは難しい」と難色を示した。  日本サッカー協会の原博実強化担当技術委員長は海外組を12人以上招集できない場合、同選手権出場が厳しいとの認識を示している。ヘルトGMは「日本協会にいろいろな形で協力は可能だと思うが、われわれプロクラブ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/04/20 03:21
プレミア「ウエストブロム対チェルシー」雑感&日本代表・南米選手権招集問題
■ウエストブロム戦についてウエストブロムの守備があれだったこともありましたが、やっぱチェルシーは「4−3−3」でポゼッションがそれなりにできて、サイド攻撃が機能すれば強いです。両サイドバックが高い位置にポジションとって常時攻撃参加し、ドログバとランパードがゴールに絡むという攻撃の形は、モウリーニョ時代からのチェルシーの十八番。強いだけでなく、試合を見ていても楽しいですよね。というかアンチェロッティが監督になってからも、この「チェルシーの十八番の攻撃の形」はさらに磨きをかけていたようにも感じていた... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/04/18 01:01
欧州CL「マンチェスターユナイテッド対チェルシー」超雑感  まるでつならない映画のように(少し変更)
■まるでつならない映画みたいつまらない映画を見ている感覚に近いのかな。出ている俳優は好きなんだけど、ストーリーや演出がつまならない映画ってあるでしょ。それ、それ。つまりは監督がダメなつまらない映画ってことなんだけど(笑)、ここ半年のチェルシーの試合はズバリそんな感じ。実は昨年からそう感じていたんだけど、まぁ昨年は優勝したし、面白かった試合があったと言えばあった。勝てばやっぱ、それなりに楽しい。うれしい。そうだ。単純に勝てば官軍であるのは確かだ。だが、本当はそうでもない。そこまで単純じゃないんだ。... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 19 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/04/14 03:37
CL「ユナイテッド対チェルシー戦」セカンドレグプレビュー  都知事選挙:雑感
■都知事選挙若者が選挙に行かないことを嘆いちゃいけません。別に今に始まったことでなくて、昔から選挙に無関心な若者は多いんですよ。ただ、個人的には若いのに石原氏に投票したした人の狙いがわからん(笑)。まぁ、素直に石原氏がいいと思って投票したんだろうけど、爺はたぶん「若者」が住みよい町づくりや政治なんてやりませんよ。ジジイが主役の「高齢者に優しい」社会を作ることになるんです。若者が働いて、爺たちが楽できるような社会を。まぁ年寄りが多くなれば必然的に社会がそうなるってこともあるんでしょうが、やりように... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/04/12 00:51
欧州CL「チェルシー対マンチェスター・ユナイテッド」超雑感 残念ですが
ユナイテッドは、たぶんチェルシーのサイドバックを意図的に狙っていたんでしょう。前半は特に、ルーニーとかがチェルシー右サイドのボシングワのところを執拗に狙っていたように、感じましたが、それに対してチェルシーがちゃんとした対応策を取れていたようには見えませんでした。まぁ「4-4-2」のゾーンディフェンスを徹底してやるしかなかったのかもしれないけど、「裏のスペース」を見事に突かれてジ・エンド。与えてはいけない「アウエーゴール」を奪われてしまいました。あのゴールシーン。ルーニーがなぜにフリーになっていた... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/04/08 02:37
プレミア「ストーク対チェルシー」超雑感 やはり風向きは変わらなかった。
やはり「風向き」は変わらなかった。アンチェロッティは、きっと変えることができないんだろう。または、あえて自ら変えたくないという意識もあるのかもしれない。ここで言う「風向き」とは、サッカーの試合の流れを変えるということです。選手交代の策を駆使して、監督がね。この試合のアンチェロッティの交代策は「アネルカ→トーレス」「ラミレス→カルー」「ボシングワ→イバノビッチ」というものでした。セオリー通りといえば、そう言えるのかもしれませんが、残念ながらそのアンチェロッティのセオリーで「風向き」が変わったためし... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/04/05 01:23
プレミア:チェルシー戦プレビュー「対ストーク戦」ほか、いろいろ
■ストーク戦ほか4月の戦いプレビューそのストークを相手に舞台がブリタニア・スタジアムとなると、いくらチームの気運が上昇中とはいえ、チェルシーにとっては慎重さが求められる試合となる。やはり見どころはトーレス、移籍後初ゴールなるか、といったところである。ここへ来て、トーレスの初ゴールが持つ意味はチェルシーにとって確実に大きくなってきている。 http://www.jsports.co.jp/press/column/article/N2011033116372502.html明日のブリタニアでの試... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/04/02 05:17
日本代表チャリティマッチについて
日本サッカー協会は30日、日本代表―Jリーグ選抜の慈善試合(29日、大阪・長居陸上競技場)当日の募金が732万8947円に上り、26日からの4日間で2231万7199円に達したと発表した。  http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/headlines/20110330-00000184-jij-spo.htmlいや、大そうなお金が集まり何よりでした。チャリティマッチは大成功ですね。それを踏まえて以下。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/03/31 02:31
ザッケローニ日本代表「3-4-3」とチェルシー3月総括&ボランティアとビジネス
■ザッケローニ日本代表「3−4−3」について3−4−3はこの合宿中に試しているが、意味合いとしてはわれわれの持っているものにバリエーションを加える、あくまでもオプションという意識だ。明日も最初からか途中からか分からないが、試してみようと思う。当然、3−4−3というシステムをわたし自身は熟知しているが、そのメカニズムを浸透させるためには3日では少ない。ただ、日本人の学習能力は素晴らしいと思っているので、そうしたことを踏まえて試してみようという決断に至った。 http://sportsnavi.y... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/03/29 01:58
欧州CL「バイエルンミュンヘン対インテル第二試合」超雑感  ジーコorドゥンガ?
遅ればせながら、録画しておいた欧州CL「バイエルン対インテル」を観戦したので、その雑感を。試合は3-2でインテルが勝つのですが、勝因は何だったのか? いろいろ考え方はあるのでしょうが、「縦のポジションチェンジ推奨委員会」の私的な見解としては、インテルが攻撃時に「ポジションチェンジ」をうまく使ったところがポイントだったように感じました。後半のスナイデルのゴール(インテルの2点目)は、彼が左サイドから中央へポジションチェンジしたことでフリーでシュートできたのがポイントだったように見えたし、パンデフの... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/03/27 02:23
南米選手権出場は困難? 中田氏はチャリティのプロ?ほか
■困難日本サッカー協会の原博実強化担当技術委員長は25日、東日本大震災の影響によるJリーグの延期試合が7月に組み込まれるため、日本代表が招待された南米選手権(7月1〜24日・アルゼンチン)に出場することは困難との見解を示した。Jリーグの複数クラブからは、日程再編で7月に主力選手を代表に送ることはできないという意見が出ている。 http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/headlines/20110325-00000076-kyodo_sp-spo.htmlうーん... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/03/26 00:58
モウリーニョのあとの悲惨は避けるべきか? &ライフスタイルのシフトについて
■モウリーニョのあとの悲惨は避けるべきか?唯一の欠点と言えば、彼があまりに完璧な監督であるために、彼が去った後のチームに深刻な影響が出てしまう事。ポルトのデルネーリ、チェルシーのグラント、インテルのベニテスと彼の後釜はことごとく1年以内に解任されている。監督という職業は、ファーガソンなどの例外を除けばチームを数年で変わっていくものである以上、よほど選手やクラブに体力があって成熟されていないと、「その後」に深刻なダメージが残ってしまう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/03/25 01:33
日本代表チャリティーマッチとか、映画「アバター」とかについて 久々のニュース読み
■アバター映画「アバター」を借りて見た。感想はずばり、純正アメリカンニューシネマ。残念ながら似たテーマの「ソルジャーブルー」というアメリカンニューシネマの金字塔たる映画は見てないんだけど、たぶん、それと違うのは、主人公がインディアンと西部開拓者のどちらの立場にもなることができるという「科学の力」が見れるところか? で、そのアバターに乗り移れるという「科学の力」によって「現実と虚像の区別がつかない」というテーマは、非常に現代的でおもしろいと感じました。それと、「偉大なる大自然と、それを滅ぼす人間... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/03/23 00:21
プレミアリーグ「チェルシー対マンチェスターシティ」超雑感 新生チェルシーとレーザーとブーイング
■残念まず、審判や選手にレーザー光線当てるのはよくないよね。誰の仕業かわかりませんが、サッカーファンとしてあるまじき行為です。スタンフォードブリッジで、そういう行為があったことが残念でなりません。あとトーレス交代時のブーイングも残念でした。まぁ、成金チーム同士の戦いですから、見に来ているファンも所詮はそんな程度ということなのかもしれませんけど、個人的にはどちらの行為も残念でしたということをまず最初に。■ルイスこの試合は、やはりダビドルイスに尽きるでしょう。先制ゴールがすばらしかったのは言うまでも... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/03/22 01:05
シティ戦の展望&欧州CL「チェルシー対コペンハーゲン戦」を振り返って。
■スパーズウエストハムとスパーズは引き分けでしたが、チェルシー的には、ここでのスパーズの足踏みはラッキー。降格争いしているチームが、この時期に手ごわいのはいつものことですが、ここ数試合のウエストハムはマジでいいサッカーしてますよね。グラントの手腕なんでしょう。それは素直に評価したい。評価したいけど、それでも勝たないとやばいだろスパーズは。まぁ欧州CLとの掛け持ちで大変なのはわかるけど、今期、CL出場権を逃したら今後かなり大変になるのは間違いないわけで。ってチェルシーは他所の心配してられないんだけ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/03/20 00:57
欧州CL準決勝・組み合わせ決定 &日本代表チャリティーマッチについて
欧州チャンピオンズリーグ準々決勝の組み合わせが決まりました。準々決勝(第1戦4月5、6日、第2戦4月12日、13日) (1)レアル・マドリー(スペイン)VS.トッテナム(イングランド) (2)チェルシー(イングランド)VS.マンチェスター・ユナイテッド(イングランド) (3)バルセロナ(スペイン)VS.シャフタル・ドネツク(ウクライナ) (4)インテル(イタリア)VS.シャルケ04(ドイツ) http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/eusoccer/1... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/03/19 11:23
欧州CL「チェルシー対コペンハーゲン」戦を前に 電気の無駄遣いでも。
チェルシーの試合は見てましたが、忙しくて更新サボってました。思った以上に更新できず、そのままフェイドアウトするという選択肢もありかなと思っていたんですが、何か書くのは嫌いではないんで。気が向いたら暇つぶしに更新するというスタンスで、このブログを続けさせていただくことにしました。すみません。ってだれに謝っているんだろう、私は。ちなみに、ご時勢的には節電というキーワードがあるわけで、その視点から考えると”ブログ更新をサボる”というのはピッタリな気がするわけですが、ぶっちゃけブログ書くってのは電気の無... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/03/17 04:34
プレミアリーグ「チェルシー対マンチェスターユナイテッド」超雑感 新しいチェルシーへの序章?
■勝因は「4-4」ブロック?主審の判定に助けられた感もありますが、何はともあれ勝てたのは評価。ルイスのシュートはすばらしかったし、あのゴールが大きかったのは間違いないんでしょうが、個人的にサイドの守備がよかったことが一番の勝因かなと感じてます。前にも書いたけど、トーレス仕様の4-4-2に変えたことによって「4-4」ブロックのゾーンディフェンスがきちんと整備されて、サイドの守備が安定したんですよね。これまでの「4-3ブロックだと」は中盤はアンカー含めて3人での守備だったので、相手のサイドバックが攻... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/03/04 11:25
欧州CL「コペンハーゲン対チェルシー」超雑感  サンダーバードの人形
■生きている「我々はまだ生きている。良い結果だし、良いパフォーマンスだった。我々はとても良く準備をして、しっかり集中していたね。ただ、まだ前半が終わったというだけだ。道のりは長い」http://news.livedoor.com/article/detail/5363909/生きているですか。僕もだ。僕も生きている。僕はしにましぇん。ということで、コペンハーゲン対チェルシー戦見ました。ドログバを外してベンチ送りにして、トーレス&アネルカの2トップ&ラミレスを右SHにした「4−4−2」フォーメーシ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/02/23 20:49
チェルシーFA杯終了と、CL「ミラン対スパーズ」超雑感
■チェルシーFA杯敗退FA杯エバートンに負けたみたいですね。まぁ十分に想定できたことなんでガッカリもしてないんですが、相変わらずの「勝負弱さ」は笑えるなぁ(笑)。これじゃチャンピオンズリーグ制覇も期待できなそう。仮に今後、チャンピオンズリーグも負けて今期無冠に終わり、リーグリーグ戦も4位以内に入れなかったとしたら、アンチェロッティ氏の去就はどうなるんでしょうね。まぁサッカーには運も付き物ですし、別にそうなったとしても仕方がないのかもしれないけど、その昔、ラニエリやフェリポンやグラントを解任した理... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/02/20 13:08
プレミアリーグ「フラム対チェルシー」超雑感 ゲッツ!
何と言うか、まぁどんな経験にも無駄はないという理論で言うと、この試合にもそれなりの意義はあったのかもしれないけど、逆に言うとチェルシー的には、そうとしか言いようがない試合でした。つまり、「たぶん、目に見えない何かが将来的に役に立つんだろう。きっと」くらいしか評価できない試合だったということ。たぶん、今のアンチェロッティの心境は、「トーレスに合わない奴を来期戦力外通告にする会会長」という感じなんだろうけど、そんな試合の勝敗を度外視にした「公開オーディション」を見せられてもおもしろくないよな。しかも... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/02/18 02:08
プレミアリーグ「マンチェスターユナイテッド対シティ」超雑感  「外す」動きと「外さない」動き
■ファンタスティック確かにルーニーのゴールはファンタスティックだったけど、個人的にはそれよりもマンチェスターユナイテッドの攻守に渡るオフザボールの動きを評価したい。攻撃時は「相手のマークを外し」動き、守備時は逆に「相手のマーク外さない」動きがしっかりとできていて、そこが徹底されているところが強い秘訣だと改めて感じました。■攻撃的なサイド攻撃面でいうとユナイテッドは伝統的に「4-4-2(または4-2-3-1)」の両サイドに攻撃的なウインガー的なサイドハーフの選手を配置する傾向があって、そのサイドハ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/14 03:17
トーレスとドログバの2トップは機能するのか? リバプール戦を振り返るPART2
■気がくじかれる? =心がくじける?「オレたちはトンネルの奥に光を見つけていたんだ。でも、この間の敗北で気がくじかれてしまった。最終的な勝利の可能性をさらに難しくさせてしまったんだよ。こうなると、マンチェスター・ユナイテッドに追いつくのは難しいと思う」 http://news.livedoor.com/article/detail/5334562/このドログバの発言はガセネタの可能性が高いけど、現状は優勝というより4位が目標となった感があるのは確か。まぁまだユナイテッドと直接対決を残しているし... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/02/11 03:15
プレミアリーグ「チェルシー対リバプール」についての考え方  アブラモビッチがアホとなった記念日
一方、チェルシーのカルロス・アンチェロッティ監督は、トーレスについて、「彼はいい仕事をした。フォワードを3人起用するのは問題ではない。リヴァプールのセンターバック3人が非常にいい守備を見せたし、彼らを崩すための解決法がなかった。それも後ろからの組み立てが遅すぎたからだ。トーレスはとても熱心だし、自信を持っている。だが、今週は忙しかったから、交代させたんだ。彼には時間が必要だが、彼ならやってくれる」と話した。 http://news.livedoor.com/article/detail/53... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/02/09 22:15
プレミアリーグ「サンダーランド対チェルシー」超雑感  トーレス効果?
■高い位置からの守備トーレス獲得効果ってわけじゃないんだろうけど、チームはいい方向へ向かっている感じですね。前のボルトン戦もそうだったけど、高い位置からの守備がそれなりに機能するようになって きたように見えるのは悪くない感じです。うん、悪くないね。アンチェロッティチェルシーと言えば、ポゼッションからの攻撃とある程度引いて守とる「ローラインゾーン守備」が特徴であり、それはそれで非常に大事だと思うんけど、 勝つためにはそれだけだと厳しい場合もあるんですよね。相手に引かれて攻めあぐねたり、高い位置... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/02/03 03:43
アジアカップまとめ ザッケローニ日本代表はオシム御大と同じ哲学のサッカーなのか? &トーレス
■4-2-3-1のままでしたか交代については、中盤を厚くすることをまず考えた。なかなか中盤でゲームが作れていない印象があったからだ。藤本は今日も良かったが、1カ月くらい試合から遠ざかっており、試合勘を欠いていたのかもしれない。チョイスとしては今野をアンカーの位置に置くことを考えたが、彼は(今大会ずっと)センターバックでやってきていて、中盤のラインに入るのはちょっと(不安がある)ということで(左)サイドバックに入れようと。そして長友を1つ前にずらすことにした。長友はあのポジションもできるし、スピー... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 3

2011/01/31 01:32
アジアカップ決勝「日本代表対オーストラリア代表」超雑感  おめでと!
優勝おめでとうございます。負けてもおかしくない試合でしたが、何はともあれ勝てたことは評価したいです。 粘り強さと運が味方してくれたことが勝因だったように感じました。■3-4-3?個人的には途中から「3-4-3」的に変えたのはあまり評価してないんですが、結果的に勝てたんでそのザッケローニ監督の采配が当たったということになるんでしょう。まぁオーストラリア代表は「高さ」しか怖くなった気もするんで、そこさえケアすればということで3バックにしたということなのかな? それとも、サイドバックを高い位置にする... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/01/30 03:13
アジアカップ「日本代表対韓国代表」超雑感&チェルシーについても少し
昨日は仕事で遅くなり延長&PK戦を電車の中でワンセグで見ていたんだけど、他にも似たような人結構いたなぁ。ワンセグ観戦者。少なくとも車両に5人以上はいた。サッカー好き増えました? というわけで適当に。 ■肝が据わっている?結果、今日の試合では3人とも、指揮官の信頼に見事に応えてみせた。一度失敗した選手でも信頼し続け、重要な局面で再びチャンスを与える。よほど肝が据わっていないと、なかなかできることではない。もちろん「勝利のために非情になり切れない監督」という見方も可能だろう。しかしながら、自分の目... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 6

2011/01/27 03:09
ザッケローニ監督は香川選手をどう使うべきか? 韓国戦プレビュー的なお話
チェルシー戦は月曜早朝なので、本日はザッケローニ日本代表についての補足(カタール戦の?)みたいなこと書きます。■中へ絞るでOKか? それとも外で張るべきか?香川はスペースが空いていると、そこに入っていって決定的な仕事をする。だが、大会を通じて日本は前線で仕掛ける動きが遅すぎるうえに回数も少ない。前半はスペースをつくる動きができていなかった。 http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2011/01/22/kiji/K20110122000099280.html... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/01/24 02:27
アジアカップ「日本代表対カタール代表」超雑感 アジア仕様のテストは合格?
いやー、よく勝ちました。すばらしい。パチパチパチ。ほんと、勝ててよかった。勝って経験を積めるというのは、すばらしいことですな。ということで時間がないので気が付いたことをいくつか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/22 03:20
アジアカップ「日本代表対サウジアラビア」超雑感 ニアサイドを制するものは世界を…
仕事のため生放送が見れなったんですが、なんとなんとケータイのワンセグ録画も失敗。ガーン。マジか。残念。…なので、先日、このブログで「ゴールシーンよりその他のプレイが大事」と書いたばかりですが、その言葉を覆す感じでYOUTUBEで見たゴールシーンについてのみ書かせていただきます(笑)。かたじけない。■1点目:岡崎選手遠藤選手の抜群の裏へのパスに、岡崎選手がこれまた抜群の裏への抜け出しを見せて、GKを交わしてゴール。まず、サウジアラビアの適当な最終ラインの守り方に脱帽。プレスかけないなら、下がらない... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/01/18 02:35
プレミアリーグ「マージーサイドダービー」超雑感  監督交代の狙いは?
チェルシー勝ったようですね。残念ながらスカパーで放送がなかったんで、試合見れてないんですが。この調子でぜひ勝ち点を積み重ねてもらいたいものです。というわけで、その代わりにみたマージーサイドダービーについて。 気がつけけばホジソンが首となっていたリバプールだけど、ここでダルグリッシュに監督を変えた理由は何なんでしょう。1、優勝狙うため? 2、CL出場権を狙うため? 3、降格阻止のため。 4、アイデンティティ復権 5、ユースアカデミー上がりを重宝する&使って育てるため。ダルグリッシュの手腕... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/17 02:16
(追記あり)アジアカップ「日本代表対シリア」雑感PART2 亜細亜の貧困&ポゼッションカウンター 
世の中には、人が思っているようなこと狙って書いて●●を得たい人と、人が思っていないこと(またはあえて人と違うこと)を書いて●●したい人の2種類がいるようだ。あなたはどっち?■日本化という呪縛から開放されてというわけでシリア戦についてというか、ザッケローニ日本代表・公式戦第2戦を見たなんとなくの感想を改めて書いてみよう。まず、確認しておきたいのは、ザッケローニ監督が今やっているサッカーは、例の「サッカーの日本化」と同じ(または一環)なのだろうか?ということ。ここからスタートしてみたい。まぁ、日本化... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/01/14 21:50
アジアカップ「日本代表対シリア」雑感好感度アップ
楽しめました。日本代表の選手たちは、いい経験になったのではないでしょうか。いろんな意味で(笑)。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/01/14 03:39
アジアカップ「日本代表対ヨルダン代表」超雑感  苦戦した理由と「3-4-3」?
■似てない?なんとなく、ジーコ日本代表時代のオマーン戦を思い出した人、手を挙げて? いない?冗談はさておき、まず最後の最後に追いついたことを評価。いくら内容がよくても負けてしまっては何にもならないですからね。よく追いつきました。こういう試合で勝ち点1をゲットすることができたのは大きいです。長谷部のクロスがよかった。さて、では何で苦戦してしまったのかについて考えてみたいと思います。 ■苦戦の理由考えられる100の理由のうちの、考えがぱっと浮かんだ10個くらいを以下に挙げてみました。1、不運だった... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/01/10 02:09
Niteflyte
アジアカップの展望的。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/08 05:04
プレミアリーグ「ウルブス対チェルシー」超雑感  俺が付いているぜ
敗戦分析も飽きてきたけど、一応書いとこう。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 5

2011/01/07 02:44
プレミアリーグ「チェルシー対アストンビラ」超雑感  不思議だ。
最後まで諦めなかったアストンヴィラが偉かったとは思うけど、なんだかな〜。というわけで雑感。■集中力の欠如?今回勝利していればチェルシーはトップ4に返り咲いていただけに、アンチェロッティ監督は、「誰もがテリーのゴールで試合が終わったと思ったと私は考えている。だが、我々はロスタイム5分間のために再びプレーをしなければならず、その時間帯にもっと集中する必要があった。試合終了間際になんとか得点を決めることができたが、試合終了まで集中力を維持しなければならなかった。集中力が欠如していなければ、ヴィラの同点... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/01/04 01:08
プレミア「チェルシー対ボルトン」雑感
ゴールシーンのドログバのプレイ。あれ限りなくオフサイドだったと思うんだけど、そうならなかったのは誤審? もしくはホームアドバンテージ? それとも八百長? ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/12/31 00:12
プレミア「アーセナル対チェルシー」超雑感  誰かがモデルに喜びを与え続けなきゃな
残念! 完敗でした。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 5

2010/12/28 21:55
ピクシーとベンゲルのこととか
■ベンゲルとピクシーさてさて、ピクシーと言えば現役時代からその名の通り、華麗なプレーで僕らの目を楽しませてくれました。監督に就任してからもその哲学は変わらず、「アーセナルみたいなサッカーをしたい」と考えていたそうですね。昨年までのサイド攻撃は、両サイドバックも攻撃的で美しさを兼ね備えていました。ただ、サイド一辺倒になるきらいもあったので、それが今季、どのような進化を遂げるのか楽しみでしかたがなかったのです。まさか、その答えが、試合終盤になるとFWのケネディに加え、増川、闘莉王、ブルザノビッチとい... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 1

2010/12/27 23:49
アーセナル戦プレビュー アジア杯の戦い方について
メリークリスマス。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/12/24 23:53
サッカーニュースもろもろと、『ソーシャル・ネットワーク』のリバタリアン的構え
■ナスリいいね!イギリス『サン』が、ナスリのコメントを次のように伝えた。「僕たちもタイトル圏内にいると思う。ユナイテッドはチェルシーと戦っていても、たぶん勝つことはできなかっただろう。(延期になった)ブラックプール戦だって、簡単な試合じゃないはずだよ」「僕たちはクオリティーのあるチームだ。それに、これまでは足りなかった経験もあると思う。クリスマスの時期をどう乗り切るかが大事だね。その後でしっかりと様子を見るけど、僕は自信にあふれているんだ」「僕は今、アーセナルですごく幸せだ。でも、心のクラブはマ... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/12/20 23:57
チェルシー対ユナイテッドプレビュー、CL組み合わせ決定など
■CL組み合わせヴェンゲル監督の予想通り、アーセナルはバルセロナとの対戦。また、ディフェンディングチャンピオンのインテルは、昨季決勝戦の相手バイエルン・ミュンヘンと対戦する。組み合わせは以下の通り。 ローマ対シャフタール・ドネツク ミラン対トッテナム バレンシア対シャルケ04 インテル対バイエルン・ミュンヘン リヨン対レアル・マドリー アーセナル対バルセロナ マルセイユ対マンチェスター・ユナイテッド コペンハーゲン対チェルシー http://news.livedoor.com... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/12/18 00:06
ザッケローニに課された使命? 
■ザックに課された使命?ここまで海外組が増えてくると、国内で合宿をして試合に臨むこれまでの方法は、現実的に難しい。試合をしながらチームを完成へ近づけていくのが、ザックに課せられた使命となる。スポンサーの存在を無視できないテストマッチにしても、ヨーロッパ開催の比重を増やしていくほうが理に適っている。海外組の招集も、今後は考えていく必要がありそうだ。http://news.livedoor.com/article/detail/5213514/海外組の影響といえばそうなんだろうけど、そもそも、これま... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/12/16 23:56
チェルシー、リバプール、スミス、マラドーナ
■地蔵スパーズ戦の失点シーンを見直したんだけど、始まりはデフォーへのオフザイドトラップ失敗(というか誤審?)だったことを思い出しました。あそこでオフサイドトラップをかけ損ねてしまったがゆえに、そのあとの対応で「最終ラインを深く」せざるをえなかったというのは、まぁ仕方がないと言えばそうなんですけどね。ただ、やっぱ、その後の対応がゆるかったのは間違いないかなと。特にミケル。もっとうまく守れたと思うんですけど、何度見ても「地蔵」と化していたのはいただけない。お疲れですか? なんなら少し休んでみますか?... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/12/16 00:10
「サッカー批評」犬飼基昭氏のロングインタビュー雑感と、チェルシー戦について再
■裏工作?田嶋幸三副会長兼専務理事は今回の会長選でどのような裏工作をしたのか、それによって川淵名誉会長はどのような権力を持ち続けることになったのか。会長選の裏側から、現在の日本サッカー協会が抱える問題点まで踏み込んだ内容のインタビュー記事になっています。 http://supportista.jp/2010/12/news14111308.html裏工作と書くと、なんとなく「不正した」というイメージがあるんだけど、このインタビュー記事を適当に鼻くそほじりながら読む限りは、たぶん田嶋氏がそういう... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/12/14 23:48
プレミアリーグ「スパーズ対チェルシー」取り急ぎ、雑感的なもの
時間がないので、とりあえずの雑感。本当は勝ちたかったけど、この引き分けはポジティブに評価しましょう。理由は以下の3点から。・よかった悪かったは別として、アンチェロッティが戦術的な仕掛け(ドログバベンチでカウンター狙い)を行ったことは良いと思うから。・先に失点し、これまでならそのままジ・エンドのところを、ラッキー要素がありながらも引き分けることが出来たから。・パウロフェレイラが、がんばって守備したから。以上、取り急ぎ。時間が出来たら追記します。 人気ブログランキングへ ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/12/13 18:26
スパーズ戦プレビュー
残念ながらランパードは間に合わないみたいですね。まぁ仕方がありませんが、ここはしっかり守備でがんばってもらって、カウンターから勝機を掴んでもらいたいところですが、勝敗のポイントはやっぱ右サイドバックの出来になるのかな。昨年は大切な試合でイバノビッチが右サイドバックで主に守備で活躍していたわけですが、左サイドのアシュリーコールの攻撃力とうまい具合にバランスが取れていたところがあったと思うんです。で、その左は攻撃的、右は守備的というバランスが「ビッグ4相手に強かった理由」でもあったと思うんですが、今... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/12/12 02:07
欧州CL消化試合「マルセイユ対チェルシー」雑感  チェルシー不調の理由と「BOX-TO-BOX」
■「BOX-TO-BOX」試合中スカパー解説の人が、「BOX-TO-BOX」という言葉を発していましたが、今のチェルシーの不調の原因の80%はこの言葉にあるのかもしれません。「BOX-TO-BOX」についての詳細は以下を参考に(って、引用元の言葉の解釈が違っていたらすみません)。「上がり目も下がり目もなく、攻撃的でも守備的でもなく、全部やりなさい、自陣のペナルティエリアから敵陣のペナルティエリアまで担当だ」ということだろう。そしてこの言葉に合う適した日本語がないようなので、前述の本では、そのまま... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/12/09 20:00
W杯の最適な場所、モウリーニョ的「回復」の重要性、Jリーグの戦力外通告について
古い情報で恐縮ですが、先週一週間のニュースから気になっていたものについていくつか。■最適な場所ヴェンゲル氏は「私には決定方法がやや前近代的であるように思われる。基準を人為的なものでなく、もっと技術的にすべきかもしれない。たとえば、重要な基準を100項目設定してコンピューターに入力し、最適な場所をはじき出すのも可能なはずだ」と語り、今回の決定を「サッカーに情熱を燃やすイングランドの人々にとって悲しいこと」とした。http://news.livedoor.com/article/detail/518... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/12/06 20:27
プレミア「チェルシー対エバートン」雑感
後半、ボシングワに代えてフェレイラを投入するんだけど、その意図はやっぱ守備強化? ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/12/05 08:51
チェルシー対エバートンプレビュー
昔、友達に「ネット上の俺が本物で、リアルな俺が偽物」と言いはる奴がいた。 ネットとリアルは別というところは一緒ながら、私のその関係性は友達とは違うということを再認識した、この一週間であった。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/12/04 20:21
首位陥没と12月の戦い
負けはしなかったけど、このタイミングでの首位陥没は正直、厳しい。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

2010/11/30 13:48
チェルシーCLジリナ戦雑感&ニューカッスル戦プレビュー
■CLジリナ戦忙しくてCLについてなかなか書けなかったんですが、まずは、それから。試合に勝てたことは良しとして、まぁジリナとかいうチームが弱すぎたというのも事実ですよね。プレミアリーグ以下のレベルにあるのは明らかですが、そういうチームに対してチェルシーが先取点を許し苦戦してしまったのは今のチーム状態の悪さを示したという感じか? 今のチェルシーのヤバサの原因についてはいろいろな見方が出来ると思いますが、個人的には中盤の守備がダメダメであると思っていて、特にエシエン不在の影響がかなりあるのかなと感じ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/11/27 07:02
ネクスト・モウリーニョ
どうやらインテルも、ネクスト・モウリーニョで苦しんでいるようで。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/11/23 01:26
プレミア「バーミンガム対チェルシー」超・超・適当な雑感  これぞフットボール!?
まぁ、確かに運がなかった面はあったんだろうし、前より内容的には悪くはなかったんでしょう。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 5

2010/11/21 13:40
プレミアリーグ プレビュー チェルシー戦
14日にホームでサンダーランドに0−3の敗戦を喫したチェルシーは、20日にアウェーでバーミンガムと対戦する。MFフランク・ランパード、DFジョン・テリーを欠いての一戦を前に、MFフローラン・マルダはチームメートによりリーダーシップを発揮することを求めている。 http://news.livedoor.com/article/detail/5151825/マルダよ、よく言った! その通りです。受身じゃダメなんですよ。もっと能動的にならないと。怪我人が多い今だからこそ、人の2倍仕事するくらいの意欲... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 3

2010/11/20 03:18
プレミア「チェルシー対サンダーランド」超雑感 PART2  弱くたっていい?
■全体的なクオリティーと層の厚さは、昨シーズンと比べて落ちた「ジョン・テリー、アレックス、マイケル・エッシェンがいなくて、それが違いになっている。それにチェルシーは、(ミヒャエル・)バラックを放出した。デコもいなくなったし、リカルド・カルバーリョも移籍したね。本当の意味で、彼らを補っている選手はいない」 「彼らのスタメンは本当に良い。でも、全体的なクオリティーと層の厚さは、昨シーズンと比べて落ちたと思うよ」 http://news.livedoor.com/article/detail/51... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 19 / トラックバック 0 / コメント 11

2010/11/17 06:45
プレミア「チェルシー対サンダーランド」
所謂、ひとつの時代が終わったという感じかな。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 8

2010/11/15 03:05
チェルシープレビュー、ランパード、ウィルキンス、モウリーニョ、キャプテン翼 
■ウィルキンス退団アンチェロッティ監督が母国イタリアから、友人かつ相談役であるブルーノ・デミチェリス氏を呼び寄せることにしたことも、ウィルキンス助監督退任につながったと見られている。また、アンチェロッティ監督が英語を話せるようになり、イングランドのサッカーを理解した今、グーレイCEOは35万ポンド(約4700万円)というウィルキンス助監督の年俸が高すぎると考えていたとも言われる。 そのほか、『インディペンデント』は助監督退任劇の裏にいるのはオーナーのロマン・アブラモビッチ氏で、昨季のチャンピオ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/11/14 01:42
プレミアリーグ「チェルシー対フラム」超雑感  パワー・オブ・ラブ
■良いテンポ?「(2位マンチェスター・ユナイテッドとの)勝ち点4差は大きい。もちろん、何も決まったわけではないが、良いリードを得ている。なかなかパフォーマンスだった。序盤から良いテンポで戦えたと思う。(0−2で敗れた前節)リヴァプール戦ではできなかったけれどね。終盤は少し苦しんだが、1−0という状況であれば当然のことだ」 http://news.livedoor.com/article/detail/5132083/良いテンポで戦えたと言えばそうかもしれませんが、フラムがあまり「前からプレス」... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

2010/11/12 03:39
【雑談】もしサッカーにドラフト制度を採用するとしから?
もし欧州を中心とした世界のサッカーマーケットに、オープンなドラフト制度が導入されたらどうなるのだろう? ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/11/10 01:43
プレミアリーグ「リバプール対チェルシー」超雑感  あーあ
少し褒めると、この仕打ちかぁ(笑)。多分、アンチェロッティ本人的には自分が悪いとはこれっぽっちも思ってないんだろうけど、はっきり言ってあげましょう。負けたのはあなたのせいですよ。ドログバ温存するなら、もっと守備的に戦うべきだし、そもそも使えるなら最初から使えるところまで使って変えるべきですよね。アンフィールドで先制されたら「ほぼ終了」なことくらい、小学生にもわかるわけで。0-2の消化試合の状態で投入するくらいなら、いっそのこと使わないほうがマシだったんではないでしょうか?そもそもリバプール相手に... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/11/08 03:11
プレビュー「リバプール対チェルシー戦」の見どころは?
久々の更新となってしまいました。まず欧州CLのチェルシー戦についてですが、前半ちょっと苦戦はしましたが順当に勝ててなにより。今期はリーグ戦を含め「取りこぼし」が少なくなった感じがしますが、そこは評価したいですよね。ミラン時代のアンチェロッティは、普通にもっと「取りこぼし」していたような気もするのですが、そんなことはありません? ミランのときよりも今のチェルシーのスタイルのが進化しているのではないかと勝手に思っているのですが、今のアンチェロッティ・チェルシーを「完成系」と表現するのはやっぱ言いすぎ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/11/07 02:32
プレミアその他「ユナイテッド対スパーズ」「ボルトン対リバプール」について
■ユナイテッド対スパーズクラッテンバーグがまたやらかしたみたいですが、そのシーンは超適当に観戦していたのでよくわかりませんでした。なのでノーコメント。どのみちスパーズは勝てなかったと思いますが、後味の悪さを残したのは確か。思い起こせば、キャロル(笑)事件の時もクラッテンバーグが主審だったわけですが、彼はスパーズに何か恨みがあるんでしょうか? まぁ、どうでもいい気もするけど、気になるといえば気になる。その他、試合について思ったことを言うと、レドナップはロビーキーンをスタメンで使った時点でアウトでし... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/11/02 05:09
プレミアリーグ「ブラックバーン対チェルシー」超雑感 チームが成長している証?
昨年はこういうフィジカルな試合で先制されると勝ち点を落としていたわけですが、厳しい展開となりながらも逆転勝利で勝ち点3をゲットできたところはチームが成長している証なのかしら?といわけで、簡単に試合を振り返ってみます。■スタメンチェルシーのスタメンは、いつもとほぼ一緒。CBにアレックスが復帰し、右サイドバックにイバノビッチが入ったところがちょい違う感じ? 中盤はミケル、エシエン、ジルコフ、前の3人はいつもと同じの4-3-3。ブラックバーンは省略させてください。■前半前半。ブラックバーンは開始早々か... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/11/01 01:35
プレビュー:チェルシー戦&ナベツネの亡霊?
■ブラックバーン対チェルシー:プレビューブラックバーン戦。サム・アラダイスのチームと言えば「あれ」が思い浮かぶわけですが、果たして今のチームが「あれ」なのかは定かではないんですよね。ケビン・デービスはボルトンのままだし、相変わらずサンバを電柱として起用しているようには思えないわけで。そもそもアラダイスのチームの特徴は「あれ」というよりも、どちらかというと守備のほうにある気がしないでもないし。というか、よくわからない。あとアラダイスと言えば再生工場という代名詞もあるわけですが、サルガドの起用やベン... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 3

2010/10/30 05:12
木村和司は本当に現代神として崇められていたのだろうか?
いきなりですが、野球の話題から。「巨人の堀内」間違いで、なぜか元巨人の堀内恒夫氏ことをwikiで調べてしまったんですが、現役時代の門限破りのエピソードとか今読んでもおもしろいなぁ。だいたい「悪太郎」というあだ名がすばらしすぎる。本当にそう呼ばれていたのかは知らないけど。そう、野球と言えば江川卓のドラフトの事件とかも好きなんですが、昔は良くも悪くも個性的な選手がたくさんいたし、おもしろい(?)事件もたくさんあったよなって改めて思ったりして。子供の頃とかよく野球選手のマネしたものですが、今のご時勢、... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/10/27 23:50
書くことがあまりないけど「ルーニー問題」と「野球とサッカーの違い?」ついて
■入れ地恵問題これまでも、現代のサッカー選手は代理人の懐の中に住んでいると話していたファーガソン監督だが、今回ルーニーをメロドラマの主人公に仕立てたのはストレットフォード氏だと名指しで批判。ルーニーは結局ユナイテッドと新たに5年契約を結んだが、当初チームの補強方針に不満を抱き移籍を示唆したのは、交渉を有利に進めたい代理人の入れ知恵だと示唆する。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/10/26 23:53
プレミアリーグ「マンチェスターシティ対アーセナル」超雑感  セスク・ファブレガスはやっぱすごいな
■セスク・ファブレガス改めて、セスク・ファブレガス選手のパスセンスというかサッカーセンスは、すばらしいと脱帽してしまいました。天才ですね、彼は。もう、ほんと何気ないパスでも、そのパスの意図や狙いが鋭くって、見ているコチラを唸らせたり、魅了させるものばかりという感じ。ほんの僅かな感覚なのかもしれないけど、その微妙な違いが結果的に大きな違いを生むんだよなぁ。いや、改めて言うことではないのかもしれないけど、すばらしいです。アーセナルの中でも、やっぱセスクは「別格」ですよね。たぶん、一緒にピッチでサッカ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/10/25 23:50
プレミアリーグ「チェルシー対ウルブズ」超雑感  お疲れ様です
■モスクワ帰り個人的に忙しくプレビュー的なものは書けなかったんですが、まぁチェルシーの選手たちのほうがもっと忙しいし大変ですよね。モスクワで試合して、中3日でロンドンに戻ってまた試合。もう、想像するだけでもグッタリです(笑)。まぁプロのサッカー選手はそんなやわじゃないと思いますし、特にチェルシーの選手たちはそんな強行軍は慣れっこであるとは思いますよ。ただやっぱコンディション的に万全でないのは確かだと思うんです。チェルシー戦の前に行われていたスパーズ戦とか見ていても、「コンディションの悪さ」はやっ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/10/24 18:35
ルーニーの声明とLOVE GUNの関係  そしてスパーズの出来。
■大きな理由?ユナイテッドのアレックス・ファーガソン監督が火曜日についに、ルーニーが契約更新を拒否し、移籍を望んでいることを認めている。監督はその理由をわからないとしたが、ルーニー自ら移籍の理由を示唆するような声明を出し、金銭のためという噂を否定し、クラブが新戦力の獲得に消極的なことを大きな理由とした。 http://news.livedoor.com/article/detail/5086040/まぁ、たぶん本音ではないんだろうなぁ。理由は絶対にほかにあると思う。確かにベルバトフ獲得以降、そ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/21 23:57
欧州CLモスクワ戦プレビューとか
■チェルシーカルロ・アンチェロッティ監督は、人工芝のピッチに不安を持っているようで、報道陣に対して次のようにコメントしている。 「彼は回復に、より多くの時間を必要とする。ここ1年、彼は足首に小さな問題を抱えているね。試合の後、彼は回復に2日を必要とするんだ。私は10年間、ひざに問題を抱えながらプレーしていた。シーズンに多くの試合をすることは、体により負担をかけることになる」 http://news.livedoor.com/article/detail/5083040/この後、午前1時過ぎか... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/10/19 23:40
プレミアリーグ「アストンビラ対チェルシー」超雑感&「勝つ姿勢の見えないサッカー協会」を読んで
■チェルシー戦プレビューカクタとラミレスもがんばっていたと思うけど、やっぱドログバ&ランパードという「チェルシーの得点源の不在」は痛かったなぁと。単純に考えてドログバは昨年のプレミアリーグ得点王だし、ランパードはMFだけど年間20点くらい取っているわけで。その代わりをカクタ&ラミレスに求めるのは酷だと思うけど、現実問題として彼らに「その代わり」をやってもらわないと、チェルシーが堅守のチームを崩して勝つのは厳しいと思うわけです。もちろんアネルカ、マルダも決定力はあるし、彼らにも「ドログバ&ランパー... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/10/19 00:00
チェルシー戦プレビュー&縦に早いよりもポゼッョンの続き
■チェルシー戦プレビューウリエ監督のヴィラと、オニール監督のヴィラ違いはどこだろう? あまり変わらないのかもしれないけど、今のウリエのチームのほうが、より堅守速攻カウンター的になった気がしないでもない。というか、オニールのスタイルから「フィジカル」を除いたのがウリエ・アストアンビラ? オニールの時のほうが、もっと「ポジションごとにスペシャリト配置&フィジカル重視」したサッカーという印象があった気がするんですが、そういう要素が薄まったように感じるんですよね。気のせいかもしれないけど。というわけで、... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2010/10/16 03:51
ザッケローニ日本代表 「縦への意識」は進化か? それとも?
いずれにせよ、議論のポイントが1つ提示されたのでは、と思うのだ。90年代から、どちらかといえばショートパス志向でチームを作ってきた日本代表が、個人突破を含めた縦への強い意識を持つチームとして変わろうとしている。これは進化か? それとも持ち味を捨てようとしているのか? http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/japan/2010/text/201010130007-spnavi_2.html仰せの通り、ここが現時点の「誤論のポイント」になるんでしょうが、まぁイタ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 3

2010/10/14 23:52
ザッケローニ日本代表は世界標準? その他もろもろ
■世界標準化?日本は、本田圭佑や前田遼一が従来の日本選手にはなかった体の強さとキープ力を見せつけた。チョウ・ガンネ監督が「(ザッケローニ監督に代わって)無駄なパスが減った」と指摘したように、縦への意識が強くなったこともあるが、韓国の速いプレッシャーにも屈しない技術と強さを兼ね備えた選手が目立ってきたのは、日本の変化であり進歩といえるだろう。  両国とも、“自分たちは特殊”という呪縛から解放されつつあるのではないか。 http://wsp.sponichi.co.jp/column/archi... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/10/13 23:44
親善試合「韓国代表対ザッケローニ日本代表」超雑感  ポゼッションサッカーなのかな?
アウェーで韓国を無失点で抑えたことは評価したいです。韓国のサッカーがイマイチだったところが多分にあったと思うのですが、それを差し引いても無失点で抑えたのは立派。守備組織はザッケローニ監督になって間違いなく良くなっていると思いますね。それこそが、まさに「カルチョ・サッカー」を取り入れた狙いなのかもしれないし、その方向性にちゃんと進んでいることは評価したいです。ただ、正直、攻撃に関しては物足りないです。まぁカルチョサッカーにそれを求めるほうがお門違いと言われたらその通りなんですが、なんとなく今後もこ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 2 / コメント 3

2010/10/13 04:02
アルゼンチン代表について、思うところをちょいと
韓国戦を前にアルゼンチン代表について思ったことをメモ書き風に。・確かにサイドバック不在と言えるのかもしれないけど、アルゼンチンはブラジルと違って伝統的にサイドバックがいないお国柄の気もする。サネッティ? 彼は確かに優秀な選手だと思うけど、サイドバックと言うよりもユーティリティさが売りの選手な気はするなぁ。ソリン? 彼のスタイルは好きですよ。というか、彼をサイドバックで使ったペケルマン元監督の手腕は今更ながら凄かったと思いますね。サイドバックというよりも「隠れFW」的に、攻撃時になるとフラフラと夢... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/10/12 19:50
続・ザッケローニ日本代表に対する超適当な感想
■アジア仕様? 世界仕様?前に書いた、サッカー日本代表には「アジア仕様」と「世界仕様」の2つが必要になるのではないかというお話を、このタイミングで再度。岡ちゃん日本代表は、南アフリカワールドカップ直前に中村俊輔を切って、守備重視の「世界仕様」に変更したことで結果を出したとも言えると思うのですが、先日のザッケローニ監督の初陣は果たして、「世界仕様」「アジア仕様」のどちらだったのだろうか? その両方を兼ね備えた「オールマイティ仕様」なのかもしれないけど、相手がアルゼンチン代表であったこと、そして「中... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 3

2010/10/11 03:21
親善試合「日本代表対アルゼンチン代表」超雑感  無宗教で祭り好き
無宗教で祭り好きと言われている日本人ですが、そこにサッカーが一役買えればOKなんでしょう。つまり主役はあくまで「騒ぐこと」であって、サッカーはそれの道具に過ぎないのである。で、気分よく「騒ぐために」には、内容なんてなんでもいいから勝っているほうが好ましいのである。まぁ負けていても「騒ぐ」に支障はないのだが、「騒ぐ意味合い」が変わってくると祭り好きとしては楽しさも半減だ。そういう日本人特有のメンタルから考えると「カルチョスタイル」というのは相性がいいのかもしれない。オシムはサッカーの日本化を提案し... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 2

2010/10/09 02:30
ザッケローニ日本代表の正体は、「ローライン」からハーフカウンター狙って「シンプルに縦ポン」?
■カルチョの国の異端児?「私のサッカーは変わっていない。ベースとなるコンセプトは変わっていない。スタジアムを満員にするという目標と同じでね。役者は観衆を必要とする」と語るズネデク・ゼーマン監督が、インタビューで次のように話してくれている。(中略) ――ジョゼ・モウリーニョ監督のインテルがチャンピオンズリーグの準決勝でバルセロナを下した試合については、まだ落胆されているのですか。 「シンプルな問題さ。私のチームをお手本にしたいと思い、インテルが同じ野心を持っていた、あるいは持っているのなら、私... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 3

2010/10/06 21:56
プレミアリーグ「チェルシー対アーセナル」超雑感  フィジカルサッカーはアンチフットボールか?
■キラーマシン×スーパーキラーマシン2×シャマフ=ドログバしかし、本当にドログバはアーセナル戦に強いなぁ。プレビューでは期待していると書きましたが、正直、もうそろそろ運も尽きる頃だろうと思っていたんですよ。さすがにゴールは無理だろうって。それが、まさかの先制ゴールですよ。本当に相性がいいんだろうなぁ。ということで、簡単に雑感を。■ランパードの代役は?まずチェルシー的に試合のポイントとなっていたランパードの代役ですが、やはりラミレスでした。単なるローテーションなのか、それとも「対アーセナル」という... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 10

2010/10/04 23:55
プレビュー「チェルシー対アーセナル」勝敗のポイントはここ? &イタリア的な「バランス」について
■前半戦の大一番だよね今週末はチェルシーにとってのプレミアリーグ前半戦大一番、アーセナル戦ですが、是が非でも勝ちたいところです。前節でシティに負けているし、リーグ戦2連敗はどうしても避けたいんですが、まぁ、それはアーセナルにしても同じでなんでしょう。昨シーズンはドログバの活躍もあってチェルシーが勝ったんだけど、簡単に勝てる相手でないのは確かです。■ドログバ?というわけで試合のポイントを考えてみたいと思いますが、勝敗の鍵を握るのはやっぱドログバの出来になるんでしょう。前節のシティ戦では仕事をさせて... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/10/01 22:20
ザッケローニ日本代表がメンバー発表!  ザッケローニ監督会見を超妄想的に分析
無難な選出と言えばそうでしょうし、インパクトに欠けると言えばそうなるのかな?ついにザック日本代表のメンバーが発表になったようですが、さっそくザッケローニ監督のインタビューから気になったコメントをいくつか。■原さんベースは原さんがされた2試合のメンバーをベースにしようと考えた。今月1カ月間、時間の許す限り試合を見に行こうと考えていた。 http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/japan/text/kaiken/201009300004-spnavi.html前の... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/09/30 23:03
欧州CL「チェルシー対マルセイユ」超雑感 & 日本サッカー名蹴会
■チェルシー戦 雑感「今日はチェルシーとマルセイユが近づくことすらなかった。ただそれでも、我々は後半に変更を試みたよ。もっと多くの失点を許していてもおかしくなかったんだ」 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/09/29 21:04
サッカーにおける、相手の「分」も見定めることについて または「悠々球論(権藤博)」を読んで
■「アバウトでいい」日経新聞電子版スポーツコーナーにあるコラム「悠々球論(権藤博)」がおもしろかった。「アバウトでいい」という題名のコラムなんだけど、要は野球は相手があるスポーツなんで「自分の都合」だけを考えないで「相手の視点や気持ちに立って考えること」も必要だという内容。この相手がいるスポーツは「相手の視点に立って戦うという考え方が必要」というスタンスは、まったくもって同意です。自分の実力が必要なのはもちろんだけど、野球は相手チームがあってのスポーツ。相手との力量を考慮してプレイしたり、相手と... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 3

2010/09/28 18:05
プレミアリーグ「マンチェスターシティ対チェルシー」超雑感  合言葉は?
みなさんアディオス。さて、いきなりですが『サボテンブラザーズ』という映画を知ってますか? 1986年に公開された、ジョン・ランティス監督のウエスタンコメディなんですが、この映画をぜひアンチェロッティ監督には見てもらいたいな。というわけで、今回の合言葉は「勇気」!? ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/09/27 02:46
プレビュー:チェルシー対シティ 
■負けたか残念ながらカーリングカップ・ニューカッスル戦は負けてしまったようです。まぁ負けたこと自体は仕方がない気もしますが、痛いのはカルー&ベナユンが怪我してしまったことでしょう。明日のマンチェスター・シティ戦に、この2人を欠いて臨むことになってしまったのは、ちょっと痛い。というわけで、明日のシティ戦について、いくつか。■ダブル昨シーズンは、まさかのダブル敗戦(ホーム&アウェイで両方に負け)を喫してしまったわけですが、その嫌な流れはここで断ち切っておきたい。というか、もう負けるのはやめてくれ。何... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 3

2010/09/24 22:05
チェルシー、サントス、和製サムアラダイス
■チェルシーな話明朝のカーリングカップ、チェルシーはニューカッスルと対戦。いきなり厳しい相手なのは正直、アンラッキーですが、まぁしかたがない。チェルシーは若手を何人か起用するみたいですが、この大会はそんな「若手を鍛える大会」として使うのもありだと思うんで、それは納得ですね。ニューカッスルもメンバーを落としてくるんでしょうか? スカパーでは放送はありませんが、ぜひ出場する若手の選手にはがんばってもらって、次に進んでもらいたいところです。「私は監督を始めたころ、チームに自分の考えを伝えようとしていた... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/09/22 22:51
プレミアリーグ「チェルシー対ブラックプール」戦超雑感   続・脱・お役所仕事 ほか
■チェルシー戦雑感後半は酷い出来だったけど、4-0という結果は文句なくすばらしい! というわけで、今回も気がついたことなどをいくつか。前半のブラックプールは、言わば「お客さん」な感じで、とてもとてもおとなしかったのはラッキーでした。緊張していたのか、それとも考えすぎちゃったのか? わかりませんが、その結果、チェルシーは中盤で比較的、余裕を持ってパス回せたし、何よりチェルシーFW陣がブラックプール守備陣の最終ライン前後のスペースであまりプレッシャーなく自由にプレイできていたことが大量点につながった... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/09/21 22:11
「脱・お役所仕事的サッカー」のススメ とチェルシー戦プレビュー
■「お役所仕事」とサッカー「お役所仕事」という言葉があります。「融通が利かない杓子定規な仕事」という意味で使われる場合が多いと思われますが、この言葉はサッカーのプレイや戦術という観点からも当てはまる場合がある気がするんですよね。たとえばサッカーの守備に置いて、あまりに戦術がマニュアル化し過ぎてしまっているチームや、そういう戦術をある意味頑なに守ってプレイしている選手は「お役所仕事」的サッカーと言えるのかもしれません。要は守備戦術があまりに単純化・マニュアル化されていて、ピッチ上の各選手が「自分に... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2010/09/19 17:24
欧州チャンピオンズリーグ「ジリナ対チェルシー」超雑感  シニカルとはうまい言葉だ!
■シニカル「チェルシーが世界最高峰のチームであることを思い出す必要がある。彼らはこの試合で、良いプレーをしていた。とてもスピーディーに動き、シニカルなプレーだったよ」 「チームの間には、確かな差があった。大きな違いを見ただろう。相手のクオリティーの高さは、みんなが見たはずだ。我々にとっては、サッカーのレッスンだった」 http://news.livedoor.com/article/detail/5015089/なるほど、シニカルですか。確かに、そうかもしれないですね。深い言葉だなぁ。という... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/09/16 23:31
CLチェルシー戦プレビュー&オシム御大のザッケローニ日本代表に対しての感想についての感想
■チェルシープレビュー的なさて、2010年の欧州CLチェルシー初陣ですが、どうやらランパードとアシュリーはベンチにも入らないようですね。あとドログバもベンチスタート? まぁ、相手チームのレベルを考慮したでけでなく、いろいろな要因が重なって上でのメンバー起用になるんでしょうけど、ちょっと心配なのは確か。まぁアンチェロッティ的には、アウェーだし「勝ち点1」でもOKという目論見なのかもしれないけど、できればやっぱ「勝ち点3」が欲しいよね。なので、ここは一つ「普段ベンチを暖めていることが多い選手たち」に... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 3

2010/09/15 23:25
レドナップ、レスター、ショーンカーターについて ほか
■レドナップ「インテルが最有力候補であることは間違いないが、彼らが首位通過する保障はどこにもないんだ。このグループはタフだし、ホワイト・ハート・レーン(トッテナムの本拠地)で彼らが楽をすることはできないだろう。だからできることなら首位で通過したいと思っているんだ」(情報提供:TotalFootball) http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=0914&f=national_0914_308.shtmlさて、いよいよ欧州CLが始まります。チェ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/14 23:52
プレミアリーグ「ウエストハム対チェルシー」超雑感 ランパードとマルダの不在の影響
時間がないので、今回は簡単に。■ラッキー前半早々、あっさりとセットプレイから先制ゴールが生まれたのはラッキーでした。この試合、チェルシー的に怖かったのは、攻めあぐねた結果の0−0のドローだったわけですが、どんな形であれゴールさえできればしめたものだったわけで。なので、前半早々に簡単にゴールできたことは、この試合の大きなポイントでした。ぶっちゃけ、ウエストハムと点の取り合いする(打ち合いを演じる)可能性は低かったわけで、チェルシー的には、ゴールを奪えれば難しい試合にならないのはわかっていたわけで。... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/09/13 23:35
ザッケローニ日本代表に対する妄想&チェルシープレビュー
■ザッケローニ日本代表に対する妄想ここ数回のエントリーで言いたかったことは、サッカーには「組織・戦術」も必要だけど、「自由・考える力・発想」も必要であるということ。そして、その2つのディバイスをうまく融合させることができれば「すばらしいチーム」になるということでした。ただ、それは言うほど簡単ではないんですよね。時に、それはお互いの足を引っ張ってしまったり、時に、それはどちらか一方に極端に偏ってしまったりする場合があるわけですが、まぁ、どっちかに偏るとしたら、たぶん「組織・戦術」に偏るほうがいい?... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2010/09/10 23:35
ザッケローニ日本代表コーチスタッフ決定!  今こそ考えよう、イタリアンジョブと日本化
日本サッカー協会は9日、アルベルト・ザッケローニ新監督を支える日本代表のコーチ陣を発表し、Jリーグ1部(J1)川崎前監督の関塚隆氏(49)のほか、イタリア1部リーグ(セリエA)のACミランなどでザッケローニ監督のアシスタントコーチを務めたイタリア人のステファノ・アグレスティ氏(54)らが就任した。  関塚氏は2012年ロンドン五輪出場を目指す21歳以下(U21)日本代表監督にも就任の見込み。日本代表のコーチ陣は次の通り。  ▽コーチ ステファノ・アグレスティ▽コーチ 関塚隆▽GKコーチ マウ... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/09/10 03:00
サッカーにおけるポジショニングとオフ・ザ・ボールの動きについて
■半径5メートル今回は、サッカーにおけるポジショニングとオフ・ザ・ボールの動きについて考えてみたいと思う。まず思い浮かべて欲しいのが、小学校低学年くらいの子供たちがやっている草サッカーだ。ボールを中心として、半径5メートルぐらいに輪の中にみんな密集しているわけだけど、その理由は何故? みんなボールだけを見ていて、ボールだけを追っているから? そう、たぶんそれが正解だ。みんな、ただボールが蹴りたくて、そのことだけを考えてサッカーしているから半径5メートル内に密集するんだと思う。もしくは、ボールの周... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 3

2010/09/08 22:43
親善試合「日本代表対グアテマラ代表」超雑感 よかったんじゃないですか。
ホームでの試合でしたし、どんな試合にせよ勝ててよかったのは間違いないでしょう。流れの中からゴールを2つも「いい時間帯に」決めれたし、まぁよかったんじゃないですかね。特に2点目を評価したいなぁ。香川選手のオフ・ザ・ボールの動きが素晴らしかったと思うんだけど、今後もし「ウイングサッカー」をするなら、ぜひ、こういうプレイをどんどんやってほしいなぁ。本田選手もよかったんじゃないですか。ゴールはなかったけど「有効的」なプレイができていたと思いますし、なんというか攻撃にアクセントというか、うまい具合にメリハ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/09/08 02:11
続・ザッケローニ監督は攻撃的なのか?
よく調べてはないけど、どうやらユベントス時代のザッケローニはよく「4バック」で戦っていたみたいですね。ぜひ、日本代表でもそれでお願いしたいなぁ。って、実は昨シーズン、ザッケローニのユベントスの試合は1試合インテル戦だけ少し見ておりました。ですが、ユベントスがどんなサッカーやっていたかについては、ほとんど記憶になかったりして。ザッケローニの白髪に驚いた記憶はあるんですがねぇ。情けないことに内容についてはほとんど覚えてない。というわけで、前に書いた「ザッケローニ監督は攻撃的なのか?」エントリーの「硬... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2010/09/06 23:14
親善試合「日本代表対パラグアイ代表」超雑感  「ポゼッションサッカー」でなくていいのか?
ゴールシーンは見事だと思いましたが、それ意外は何というか…。■トラウマ?ジーコ日本代表での惨敗がトラウマになっているのかもしれないけど、今の日本サッカー界にはあまり「ポゼッションサッカー」という概念がないんですかね。というか、原さんはそういう概念がない?まぁ長谷部や遠藤が不在でしたし、代行監督の元での急増チームというエクスキューズはあるんでしょうけど、ホームでの試合でしたしもう少しポゼッションという意識を持ってもらいたかったというのが率直な感想かな。確かにワールドカップではカウンターサッカーで成... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/09/05 01:09
ザッケローニ監督は攻撃的なのか?
■ザッケローニ監督は攻撃的なのか?その後、少しずつ世界のサッカーはアグレッシブさを取り戻していたのだが、イタリアはまだ守備的サッカーが幅をきかしていた。そんな時代に、ザッケローニは地方クラブであるウディネーゼで3トップの攻撃的なサッカーをやってみせた。それで、ザッケローニというと「攻撃的」と言われるようになったのだが、今ではイタリアでも3トップのチームはいくらでもある。現代の基準で言えば、本人の言う「攻守のバランスの取れたサッカー」というのが正しいのではないか。http://www.jsport... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2010/09/03 23:03
ザッケローニ日本代表監督就任と、プレミアリーグ「チェルシー対ストーク」戦雑感
ご無沙汰です。アジアの某ビーチにて夏休みを満喫しておりました。基本、ニュースなど外部の情報はシャットアウトしておりましたが、チェルシーのことはなんとなく気になってしまい(笑)、結局、現地のESPNにてTVで試合観戦。現地でちょうどチェルシー戦がLIVE放送していたんですよ。放送している可能性が高いと思って、夜テレビを付けて探したら、案の定やっていたという感じ。というわけで、以下、簡単に試合の感想を。■PART1■プレミア第3節「チェルシー対ストーク」雑感・さすがに3試合連続で大差勝ちはありません... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

2010/09/02 22:55
「監督人事の見通しの甘さ」を読んで&モウリーニョ&スパーズ
■「監督人事の見通しの甘さ」を読んでサッカー協会の原技術委員長がオファーを出した人材は、ほぼ漏れなくヨーロッパのクラブを主戦場としている。監督としては年齢的にも働き盛りで、「年を取ってからでもできる」と言われる代表監督に大きな魅力を感じなくてもおかしくない。ヨーロッパから離れて極東で数年間働くことに抵抗感があるのは、あらかじめ想定できたはずある。クラブレベルで実績を残してきた人材と接触した意欲は評価できるが、ここまで交渉がもつれると批判は免れない。http://wsp.sponichi.co.j... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/26 22:50
原委員長の「日本代表監督選考に関するブリーフィング 」について&サッカー解説のスタンス
■サッカー解説のスタンス ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 6

2010/08/26 02:29
プレミアリーグ第2節「ウィガン対チェルシー」  高い最終ラインを攻略するには?
最後は大差となったけど、簡単な試合ではなかったですね。特に前半はかなり厳しい戦いを強いられたわけですが、先制ゴールを取れたのが大きかった。というわけで、簡単に雑感を。■スタメンチェルシーのスタメンはGK・チェフ、DF右からイバノビッチ、アレックス、テリー、アシュリーコール、MFエシエン、ミケル、ランパード、トップ下アネルカ、マルダ、FWドログバの「4−3−2−1」。開幕戦からの変更は1箇所で、右サイドバックがフェレイラからイバノビッチに変更。対するウィガンは選手がよくわからないので省略。右にロダ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/08/23 23:35
パラグアイ戦の意義&岡田ジャパンが戦い方を変えた理由についてPART2
時間ができたんで、日本代表絡みで。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/21 02:16
プレミアリーグ:チェルシー戦プレビュー、最高のパフォーマンスを出すことが前提?
■ウィガン戦さて、明日はプレミアリーグ第2節。チェルシーはアウェイでウィガンと戦うわけですが、楽勝とはいかないのかな。思い起こすのも嫌ですが、昨年の同カードでは負けたわけで、ナメてかかると今回もやばいでしょう。昨年は確かセットプレイや、高い位置からのプレスにしてやられた記憶がうっすらとあるんですが、そういえばGKチェフが退場とかアクセデントもあったような。まぁ、昨年のことはもう終わったことだし、いいんです。明日、きっちりと勝ち点3を取りましょう。で、そのために必要なのは「ウィガンの高い位置からの... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/20 22:31
クラウチのロボットダンスとバートンのちょび髭  または、サッカーと軍隊と未来の関係
■ユナイテッドの強さベルバトフの先制ゴールまで見たけど、やっぱユナイテッドは強いなぁ。勝負どころをわかっている選手が多いというか、サッカーを熟知した選手が多いと言うか、要は勝負強いんですよね。チェルシーもそうだけど、主力選手というかチームの屋台骨がしっかりしているところが強さの秘訣なのかな。そういえばプレミアリーグハイライトでフラム監督に就任したマークヒューズが「昨年までのチームは守備がしっかりしているので、そこを生かす」みたいなこと言っていたけど、そういう継続性ってのは大切な気はします。もちろ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/08/18 23:46
プレミアリーグ「リバプール対アーセナル」超雑感   時には起こせよ 
――本日は自称プレミア通(笑)のdorogubaさんをゲストに迎え、先日の「リバプール対アーセナル戦」を振り返ってみたいと思います。早速ですがdorogubaさんは、この試合をどうご覧になられましたか?「はじめましてdorogubaです。本日はよろしくお願いします。一番注目していたのは、ホジソン監督に代わったリバプールのサッカーだったんですが、やっぱ昨年までのベニテスの時とは違うように感じました」――うそ。私にはほとんど変わりがないように見えたけど、自称プレミア通(笑)的には違うサッカーに見えた... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/08/17 22:26
プレミアリーグ開幕戦(10-11)「チェルシー対ウエストブロム」超雑感  
待ちに待ったプレミアリーグがいよいよ開幕。またサッカー漬けの日々の始まりですね。今期も出来る限りチェルシー戦の感想を書いていきたいと思っていますので、よろしくお願いします。■勝因勝因は、試合を見た人ならお分かりの通り「セットプレイをうまくものにできたこと」だったように思えました。6点中の最初の3点がセットプレイから生まれたわけですが、正直、流れの中からはWBAの守備組織を崩せてなかったんでセットプレイからうまくゴールできたことはラッキーだったかなと。って、ラッキーと「神様ありがとう」的に言っちゃ... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/08/16 22:41
プレミアリーグ開幕プレビュー:チェルシー戦ほか インターネットのコメントについて
いやー、ほんとギリギリでJスポーツでの放送が決定したようで、うれしい限りです。よかった! たぶん、明日はリアルタイムでは見れないんだけど、可能な限り録画してプレミア開幕を堪能したいと思います。というわけで、簡単にチェルシー戦の開幕戦をプレビュー。■チェルシー:プレビュープレシーズンマッチではなかなか勝てなかったチェルシーですが、まぁ所詮プレシーズンは調整試合なわけで本番はこれから。たぶんきっちりと結果を出していただけると思ってますが、そのためにはやっぱ守備組織が破綻しないことが大きなポイントにな... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/08/14 00:03
チェルシーの今期展望とか
■スカパーは開幕はダメ?今週末からプレミアリーグ開幕ですが、どうやらスカパーは放映権の獲得は間に合わないのかしら? なんとか一刻も早く頼みますって感じなのですが、まぁ、いろいろな事情があるんでしょう。仕方ない。さすがに今月末までには話がまとまるとは思うんで、それを待つしかないのかな(月末までグダグダしていると「契約解除」という行動を起こす視聴者も出てくると思うんで、スカパー的にもそれは避けたいんでしょうし)。幸いにも、NHK-BSでチェルシーの開幕戦は放送するみたいですので、実家に帰るついでに見... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/08/12 23:27
「モウリーニョの涙」と秋春制
■モウリーニョの涙 スカパーでサッカー番組を物色していたら、たまたま「UEFA Champions League Magazine(何話か忘れた)」がやっていたので、そのまま見る。インテルCL優勝の舞台裏みたいな内容だったんですが、決勝戦の試合後のモウリーニョ監督の行動をカメラで追っていて、それがかなり興味深かった。一通り挨拶を終えて、車で家族とともにスタジアムを後にするところまでカメラが追っていたんですが、急に車が止まって、モウリーニョだけが出てきて引き返してくるわけですよ。何をしにいくのか... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 6

2010/08/11 23:38
次期サッカー日本代表監督の人選について  原博実さんの趣味に従おう!
■原さんの趣味に従おう!現時点ではポルト(ポルトガル)を率いて2004年トヨタ杯を制したビクトル・フェルナンデス氏(49)が有力視されるが、労働ビザ発給には通常約2週間が必要で、申請が20日を過ぎると9月4日の代表初戦パラグアイ戦に間に合わない可能性がある。  問題は人選を任されている原博実技術委員長(51)がW杯南アフリカ大会で優勝した「スペイン人監督」にこだわりすぎている点にある。  http://news.livedoor.com/article/detail/4938280/ここで言... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/08/10 21:47
コミュニティーシールドは見れてないけど&カミカゼ&「淘汰されるべき存在」について
■コミュニティーシールド「チェルシーを倒すのは気分がいいんだ。強いチームだし、昨シーズンは3回も負けていたからね。この試合では立ち上がりからいいプレーができた。シーズンでも同じような戦いができることを願っているよ」http://news.livedoor.com/article/detail/4935333/わかりますよ、その気持ち。逆に、こっちはひどく気分が悪いです。試合は見れてないですが。というか、スカパーには一刻も早くプレミアリーグの放送していただきたい。2年前もそうでしたし、いろいろな事... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2010/08/09 20:27
調整試合「ハンブルガーSV対チェルシー」超雑感  いくつか不安に感じたところとか
調整試合「HSV(ハンブルガーSV)対チェルシー」戦、前半途中から観戦しました。まぁ、所詮は調整試合ではありますが、いくつか不安に感じたところもあったりして。というわけで雑感。■ポゼッションを掲げるなら…前半はランパード、エシエン、ミケルという中盤だったけど、どうなんだろうなぁこの面子。現状ではファーストチョイスがこの3人なんでしょうが、正直、「ポゼッションサッカー」を掲げるのなら厳しい気がする。エシエンがまだ本調子でないってことは考慮すべきなんでしょうが、バラックと比べると現状では「ゲームメイ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/08/05 22:02
書評「アンチェロッティの戦術ノート」PART4  敵のボールホルダーへのプレッシャー次第ではあるけど
■ボールホルダーにいかに厳しく当たれる懲りずに「アンチェロッティの戦術ノート」から。前回のエントリーのコメント欄にて、くまおま様から『プレッシングは「まずライン有りき」じゃなくて「ボールホルダーにいかに厳しく当たれるか、自由を奪えるか、連続してできるか」が前提』との有難いご指摘を受けました。確かに仰せの通りだと思いますし、引用し忘れておりましたが、実はアンチェロッティもそれと似たことを言及しておりました。ゾーンディフェンスを採用するすべてのDFラインに共通する基本的な振る舞いは、敵のボールホルダ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/08/03 23:56
書評「アンチェロッティの戦術ノート」PART3 プレッシングについて
本日は「アンチェロッティの戦術ノート」からプレッシングについての記事を引用させていただきます。アンチェロッティはプレッシングについて「ハイライン・プレッシング」と「ローライン・プレッシング」の2つがあり、現状、欧州においてはバルセロナ以外のほとんどのチームは「ハイライン・プレッシング」を効果的に機能させているチームはほとんど見当たらないと言及しています。その理由は以下の通りみたいです。1、オフサイドルールの改正以降、オフサイドトラップを外されることが多くなった。なのでボールがオープンな状態では安... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2010/08/03 00:05
書評「アンチェロッティの戦術ノート」PART2  アンチェロッティ対モウリーニョ
引き続き「アンチェロッティの戦術ノート」から。「さらに、疲労を避けて休むためにポゼッションを使うという考え方もあるようだが、私は賛同できない。例えば、最終ラインでボールを回したところで、あまりチームが休めるとは思えないからだ」(アンチェロッティの戦術ノートP.42より)■モウリーニョへ対する対抗心この本を読んでいると随所にアンチェロッティのモウリーニョへ対する対抗心みたいなのが見え隠れしているんですが、その代表的なのものが上記の引用部分であろう。ご存知の通り、このポゼッションしながら休むという考... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/07/31 00:06
書評「アンチェロッティの戦術ノート」
さっそく「アンチェロッティの戦術ノート」を購入。取り急ぎ、冒頭のチェルシーに関する記述部分を中心にざっと読んでみましたが、チェルシーファン御用達というよりも「サッカーの戦術などのお話が好きな人」にためになる一冊のように感じました。「ポゼッション」とか「ゾーンディフェンス」など戦術に関するセオリー的なことがアンチェロッティの言葉(片野さんの言葉?)で非常にわかりやすく書かれているので、なんとなくわかっている現代サッカーの戦術をより深く理解できる内容になっているところがオススメです。「ハイプレス」と... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/07/29 21:56
「イタリアン・ジョブ」とグティ、ラウール、ドログバとか
■D&G[ミラノ 27日 ロイター] イタリアの服飾ブランド「ドルチェ&ガッバーナ(D&G)」は27日、サッカーのイングランド・プレミアリーグ、チェルシーとの間で、選手が着用する公式スーツを向こう3年にわたって提供することで合意したと発表した。 D&Gは声明で「われわれはサッカーの大ファン。サッカーはD&Gにとって、健全な戦いや激しい情熱、卓越した規律を意味する」とコメント。公式スーツの提供のほか、チェルシーの本拠地スタジアムでラウンジなどのデザインも手掛ける予定だという。 http://w... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/07/29 00:00
南アフリカワールドカップ岡ちゃん日本代表なんとなく総括
■秋春性 前任の犬飼会長が主張し続けたJリーグの秋春制シーズン移行に関しては、基本的に踏襲。「現在、積雪地域では冬でも開催できる設備がないが、環境が整えばシーズン移行を目指すべきだ」ときっぱりと話した。 http://news.livedoor.com/article/detail/4906241/まさかの会長交代劇ですが、この発言から考えると「秋春制シーズン移行」が問題というわけじゃなかったのかな? わかりませんが、個人的には別にシーズン移行したって何も変わらないのではと思っている口なんで、... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 5

2010/07/27 03:36
南アフリカW杯:イングランド代表反省会&チェルシーのプレシーズン
■南アフリカW杯:イングランド代表反省会ボランチに関しては、ガレス・バリーが怪我から回復途中でもレギュラーとしてメンバー入りした事実が全てを物語る。実力もワールドクラスとは言い難いうえ、フィジカル面でも万全ではなかったバリーは、ドイツのカウンターに対する防波堤にはなれなかった。昨夏に10億円台の移籍金でマンC入りして話題となったバリーが、ブレーメンで秘かに頭角を現したメスト・エジルに楽々とかわされて喫した4失点目は、ネームバリューが先行するプレミアと、知名度は低いが能力の高い若手が育つブンデスリ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/07/24 00:00
中田英寿氏がシュバインシュタイガーになれなかった理由 PART2 または無言の抵抗の意図
■まるでトップ下のようなプレーピッチでは“無言の抵抗”に打って出た。前半は中盤の底から何度も前線に上がったが「あれを監督は望んでないから。監督はやっぱり、もう少し後ろでやってほしいみたいで」と“確信犯”的に攻撃参加したことを明かした。前半1分にチーム最初のシュートを放つと、7分には約50メートルのドリブルからワンツー突破で決定機をつくった。17分には右足ワンタッチでMFオリセーへ絶妙スルーパス。ロスタイムには得意のFKでゴール左隅を狙ったが、味方に当たって惜しくも左に外れた。まるでトップ下のよう... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2010/07/21 23:52
プレミアリーグ・新ルールの確認と元シンプリー・レッド
■プレミアリーグ・新ルールの確認2010−11シーズンから採用されるこの新ルールでは、各クラブはシーズン開幕時に登録メンバーとして上限25人のリストを作成しなければならず、そのうちの8人は“国産選手”であることが条件となる。この“国産選手”とは、厳密には「21歳までに少なくとも3年間、イングランドまたはウェールズのクラブで育成された選手」と定義されているため、例えば16歳でアーセナルに入団したスペイン人のセスク・ファブレガスは“国産選手”と見なされる。 (中略)また、新ルールではファーストチー... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 3

2010/07/21 00:05
中田英寿氏がシュバインシュタイガーになれなかった理由
中田英寿氏がシュバインシュタイガーになれなかった理由は、身体能力の問題だったのだろうか? ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 7

2010/07/20 02:09
日本化の方程式と次の代表監督について 【キリタニ】を読んで
■二者択一の単純な話では無い?これまでにも腐るほど云ってきたことだが、サッカーの現実とは、守備的か攻撃的か? 或いはポゼッションかカウンターか? そんな二者択一の単純な話では無い……と僕は思っている。 ピッチ上の90分の時間中で、この互いに相反する2つの要素を、その状況や必要に応じて、適時適切に使い分けられることこそが“強さ”であり“成熟”の証なのだ。 “自分達のサッカー”なるものが、そのいずれか……でなければならない、などと云うナイーブな誤解や解釈は、そろそろ捨て去ったほうが良い。賢いサ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 7

2010/07/17 00:03
【ポエム】クールの誕生
岡ちゃんのように見えた。 少なくとも、非常に似ていた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/07/15 01:54
ワールドカップ決勝続編&日本代表監督の次期人事について
■イニエスタ追記するほどのことでもないのだが、決勝見て改めてイニエスタのドリブルはすごいと評価したくなった。普段からイニエスタのプレイを見ている人にとっては「今さら何を言う」って感じかもしれないけど、普段はあまりイニエスタを見てない人から言わせてもらえば、「すごい」と感じたのである。アランシアラーがそんなイニエスタのドリブルのことを「磁石のようだ」と言ったとか言わなかったとか聞いたが、その表現は見事。クスチャーノロナウドのように爆発的なスピードがあるわけでもないし、ロッベンのようにキレがあるわけ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 6

2010/07/14 04:10
ワールドカップ決勝「オランダ代表対スペイン代表」超雑感 時間がないので序章的なこと
■わざと?やっぱ知りたいのは「オランダがわざとファウルしたのか」ってことですよね。オシムがスカパーの試合中だかのコメントで「オランダが意図的に試合を壊した」的なことを言ってましたが、じゃ、今回のオランダとは違って、クリーンでファウルをしないで「高い位置からプレスして最終ラインも高いハイラインプレス」することが可能だったのでしょうか?■クリーンにするなら?ふだんはリーガ見てないので知らないんですが、たぶんバルセロナをそういうクリーンなハイプレスで苦しめたクラブチームもあると思うんですが、そういうク... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/07/13 00:04
ほんのちょっと早い、南アフリカワールドカップ総括
決勝戦の前だけど、大会総括してみた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/07/12 02:35
4バックとか「休刊の覚悟」とか
前回のエントリーコメント欄で、マジコさんという方にいろいろ聞かれたので、それについて。まず、「モウリーニョきっかけで欧州入り」に関してですが、厳密に言えば私は元中田英寿信者でしたので、そのあたりから欧州入りというほうが正しいなのかなぁ。って、そのころはサッカーの戦術なんて今以上にチンプンカンプンでしたし、中田英寿が活躍できれさえすれば、あとはどうでもいいという感じでしたけどね。あとベンゲル名古屋も好きでしたが、正直、当時のベンゲルの戦術的な良し悪しもほとんど理解しておりません(今も理解してません... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 7

2010/07/10 00:01
ワールドカップ「スペイン代表対ドイツ代表」超雑感  まるでソムリエみたいに
以前、何かの雑誌でモウリーニョ・チェルシーは「守備力を維持しつつ攻撃するサッカー」みたいなことを書かれていたと記憶しているが、昨日のスペイン代表はそれとは逆の形であるのかな?つまり「攻撃力を維持しつつ、そのまま守備できるサッカー」とでもいいますか。要はバルセロナ。って、実際のところ、ほぼバルセロナだもんなぁ。面子的に。で、戦術もそれなら、そりゃ、強いか。さて、対バルセロナと言えば、モウリーニョとかヒディンクとかが思い出されるわけですが、昨日のドイツはそこまで徹底できなかったということが敗因だった... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/07/09 03:22
サッカー日本代表と、「勘違い」と「鵜呑みにする」。または「荒治療」と「ガラパゴス的な役割」について
■「政治的に正しい」ポリシーその本質は「日本人・非日本人雇用機会均等法」である。 外形的には「政治的に正しい」ポリシーであり、このロジックに正面から反対することはむずかしい。 けれども、企業経営者たちは「政治的に正しい」からそのような雇用戦略を採用するわけではない。 端的にその方が儲かるからそうするだけである。 http://blog.tatsuru.com/2010/07/07_1244.phpさすが内田先生。先生のこういう視野の広い「考え方」は大好きです。って、いうほど先生のことを存... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/07/07 23:48
オランダ・プレビューとか トーレスとか
■ファン・ボメル今回のオランダはセントラルMFのファン・ボメルとデ・ヨングのコンビが攻守に重要な働きをしている。2人とも闘志あふれるファイターで、ピッチの至る所で激しいスライディングタックルを仕掛ける選手だが、共に自分の良さを失わないまま冷静にカードを避ける努力もしてきた。デ・ヨングはブラジル戦でカードを受けて準決勝に出場できないが、ファン・ボメルはここまでイエローカードがゼロである。http://southafrica2010.yahoo.co.jp/news/cdetail/20100703... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2010/07/06 23:58
中村俊輔選手がワールドカップの試合に出れなかった理由は? 
■たとえ彼が70パーセントの状態でも「彼は規律を守る選手たちでチームを組んだ。でもベストの選手たちではなかった。どうしてロナウジーニョを外すなんてことができる? たとえ彼が70パーセントの状態でも、他のほとんどの選手たちより優れている。彼なら、本調子じゃなかったカカの負担を軽くすることができたはずだ。マルセロについても同じ。代表に入るべき選手だった。ブラジル本来のスタイルを否定したのは残念だ。チームにはクリエイターがいなかった」 http://news.livedoor.com/article... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 24 / トラックバック 0 / コメント 5

2010/07/05 23:34
岡ちゃん日本代表総括PART4  真のMVPと、スイスの夜の出来事を想像して
打開策として、岡田監督は4バックの前に阿部(浦和)、遠藤(G大阪)、長谷部(ウォルフスブルク)ら中央のMFを3人並べる布陣を敷いたうえで、7人が連動してボールを奪う守備戦術を指示。各選手がマンツーマンで相手をマークするのを控え、自分の守備範囲(ゾーン)内に入ってきた選手に対応することで陣形を保つ。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 7

2010/07/04 03:49
ワールドカップ「ドイツ対アルゼンチン」「オランダ対ブラジル」超雑感  
■ドイツ対アルゼンチンドイツ強いなぁ。このチームは代表というよりもクラブチーム的なプレイをしているところが驚きなんですが、限られた時間でここまで組織的なチームを構築した監督の手腕に脱帽というところか。正直イングランド戦に比べると出来いま一つだったし若さという弱点が垣間見えたところもあったように思えましたが、何よりメッシとテベスをきちんと抑えた守備は見事でした。って、まぁ普通に考えれば対アルゼンチン対策はそれに尽きるわけですし、そこさえできればOKだったわけですが、きちんとそれが出来たところが凄か... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/07/04 01:50
続・続・岡ちゃん日本代表総括 勝因と。 
■続・続・岡ちゃん日本代表総括 勝因と。帰国イベントも一段落したということで、岡ちゃん日本代表の総括的な記事が出てきました。どうやらスイス合宿での「選手間ミーティング」というものがあったようで、それを巡って各新聞社がいろいろ書いております。ここでは、その中からいくつかピックアップしてまとめてみました。まずは朝日新聞から。■朝日新聞起点は5月27日だった。大会直前のスイス合宿。午前中の紅白戦で、岡田監督は主力組から中村俊を外し、MF阿部(浦和)を入れた。戦い方が守備重視へ移り始めた日。その夜、宿舎... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 6

2010/07/02 22:52
続・岡ちゃん日本代表総括
■大西そんなに簡単に分析できる問題じゃないんですけど、ひとつは基本的に、日本人の良さを生かそうと。一番最初に言った、接近・展開・連続ということ。運動量で負けない。ボール際で負けないという基本的なことを忠実にやり遂げた。http://southafrica2010.yahoo.co.jp/news/cdetail/201007010010-spnavi「接近・展開・連続」ねぇ。やっぱ、最後はその言葉ですか。あのワールドカップの戦いのどの部分が「それ」にあたるところだったのかは、さっぱりわからないけ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 3

2010/07/01 23:49
ワールドカップ「日本代表対パラグアイ代表」超雑感  というか岡ちゃん日本代表の総括的なもの 
「ありがとう」「感動した」に水差すようですみませんが、私はそこまで感情移入できなかった。でも、思うところはある。ここでは、そんな思いについて、思いつくまま、書きなぐってみました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 9

2010/06/30 20:02
ワールドカップ至上主義思想と外国人プレーヤー制限&サラリーキャップ制
「すべての元凶は代表プレーヤーたち当人にある。経緯・事情はどうあれ、世界で最もリッチだと自他共に許すプレミアリーグに安住して“甘やかされてきた”彼らスターたちは、もはや石にしがみついても勝とうとする闘志をかき立てられない体質になっている。そこへもって、この10年間余り、常に、ユーロ(欧州選手権)2008本大会出場を逸してもなお、優勝候補だと持ち上げられてきて、実質的に危機感が空疎なままの自信だけでやってきた」 「また、そのプレミアリーグそのもののレベルも、今や総数で国産陣を上回りつつあるといわ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/06/30 03:25
ワールドカップ「イングランド代表対ドイツ代表」超雑感   終了
残念だが完敗でした。力の差がありすぎ。ドイツ強いです。ただイングランドがイマイチだったのも確か。ファーディナンドの離脱と、GKの不安定さがやっぱが響いたように感じましたが、個人的には出来の悪い中盤バリーのプレイにがっかりでした。コンディションに問題があるんでしょうが、攻守に渡って中途半端だったような。後半のあのエジルにぶち抜かれた守備対応とか見ててマジ悲しくなりました。ファウルしてでも止めろよ。ちんたら走っているんじゃねぇ。バイタルエリアの守備もダメダメだったし、いったい何のために起用されている... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 8

2010/06/28 01:19
「中村俊輔」という存在から考える、岡ちゃん日本代表。 または、彼女にとってぼくは「期限切れの缶詰」
いろんなものに期限がある。この世に期限のないものは、ないのか・・・。 彼女にとってぼくは ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 7

2010/06/27 00:47
ワールドカップ「日本代表対デンマーク代表」超雑感   ピーターグリーナウェイはよくわからん
決勝トーナメント進出おめでとうございます。正直、ここまでくると思いませんでした。素直にペコリ。でも、でも、岡ちゃんのことが嫌いなのは変わりません。死ぬまで、それは変わらないでしょう。それは確かです。試合についてだけど、やっぱ本田△の先制ゴールが大きかった。あの場面で、あのFKを蹴れた本田△さんのメンタルに乾杯&完敗です。CSKAでチャンピオンズリーグを経験したことが、あのシュートを生んだのかな。こう書くとJリーグのファン&関係者の皆様に怒られてしまいそうですが…。あとはやっぱ岡ちゃんが俊輔仕様の... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 1 / コメント 9

2010/06/25 19:03
祝イングランド代表 決勝トーナメント進出おめでとう!!
ゲッツ! ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 3

2010/06/24 04:36
フランス代表と日本代表は、違う遊星からの物体なのか? 
■フランス代表南アフリカのモチベーションには不安の要素がない。むしろ国民の声援(とブブゼラ)を背に受けて、高まらないはずがない。問題はフランスだ。いったい選手たちは戦えるのだろうか、という不安が生じるほどの危機に陥っている。控え室で監督を罵倒したアネルカが追放処分を受けたことに抗議し、選手たちが練習を拒否するという前代未聞の内紛が生じたためだ。(中略)ひとりで報道陣の前に座ったドメネク監督は、出場選手を決める役目はあくまでも自分にあることを確認したものの、一部には出たくないと言っている選手がいる... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 3

2010/06/22 22:49
ワールドカップ「日本代表対オランダ代表」超雑感  オランダ代表の緻密な戦術? 追記&追追記あり
前半日本代表の引いた守備に苦しんだオランダ代表でしたが、後半からフォーメーションを4−4−2的に変更して左サイドの攻撃に特化したことが功を奏したように感じました。スナイデルのポジションを左サイドに移して、ファンペルシ&カイトのツートップ的な4−4−2に変えることで日本代表のマークのずれを誘ったとでも言いますか。ツートップ的にしたことで日本代表の守備が混乱し、左サイドに移動したスナイデルがある程度自由に2列目から飛び込めるようになったことで攻撃が機能。スナイデルの先制ゴールには、そんなオランダ代表... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 7

2010/06/20 00:49
岡ちゃん日本代表の勝利の意味と「これ以上ないほどの耐えがたき制裁」
彼らは、すでに、ちっぽけなプライドを保つために、「母国の代表チームがワールドカップで勝利することの喜びを(素直に)味わうことができなかった。」というサッカーファンにとっては、これ以上ないほどの耐えがたき制裁を受けているともいえるが、岡田ジャパンに対して必要以上のネガティブな主張を繰り返すことで利益を得てきた人は、さらなる代償を払うべきだろう。http://news.livedoor.com/article/detail/4831715/岡ちゃん日本代表に必要以上にネガティブだからと言って、別に「... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 9

2010/06/17 04:38
ワールドカップ「日本代表対カメルーン代表」雑感 第2編  非国民と失望とポリバレント
■非国民申し訳ありませんが、やっぱ岡田監督が嫌いです。で、そういう理由で日本代表も応援しないというのは、やっぱ非国民でけしからんことなんでしょうか? 学校の先生に怒られるような悪い思考なんでしょうか? それが理由というわけではないけど、昨日のカメルーン戦ですが、もろもろの都合で、きちんと最初から自宅で観戦できませんでした。で、本田のゴールシーンは電車の中にてワンセグで拝見していたんですが、ここで皆さんに通報させていただきます。隣にたまたま座っていたブスなOLですが、日本戦&本田のゴールなんて関係... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 19 / トラックバック 0 / コメント 5

2010/06/15 23:46
ワールドカップ「日本代表対バカメルーン」超雑感
まず、岡田監督に謝りたいと思います。今まで貶してスミマセンでした。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 8

2010/06/15 01:27
ワールドカップ「フランス対ウルグアイ」超雑感
うぉー! まさかマルダをスタメンから外すとは…。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 2 / コメント 3

2010/06/12 20:50
南アフリカワールドカッププレビュー  グループリーグ勝ち抜け予想
お疲れ様です。みんな楽しそうに予想しているみたいなので、私もやることにしました。祭りですからね、ワールドカップは。ワッショイ。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 5 / トラックバック 1 / コメント 5

2010/06/09 23:56
中村俊輔の「何をとるか」発言&「渋谷系」について
■何をとるか?「何をとるかだよ」  中村俊輔は何度もそう言った。守備的に行くなら、それを徹底する。耐えて耐えて1発のチャンスを待つのも手だと。攻守どちらもという中途半端な状態で戦えば、傷は大きくなるし、得られるものも多くないのかもしれない。http://news.livedoor.com/article/detail/4813512/ サッカーというスポーツには「相手チーム」があるわけで、やっぱそこを語らないと片手落ちな気がするなぁ。もちろん、こちら側のやりたいことは大切ですし、それを守備的... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/06/09 00:08
親善試合「オランダ対ハンガリー」戦をなんとなく見て雑感   オランダ攻略法は万全かい?
オランダ代表の強さの秘密って、いったい何だろう? 改めてそんなことを考えさせられた試合でした。で、思ったことはこんな感じ。選手個々のクオリティの高さ(特にボールスキルの上手さ)がその強さの理由の1つ。ただそれだけでなく、この試合で見せたような「サイドでの崩し方のうまさ」こそが、実は最大のストロングポイントなのかもしれない。攻撃時のサイドでの数的有利な状況の作り方や、オフザボールによるスペースの作り方、そんでもって生まれた「空いたスペースの使い方」がチームとしてきちんとできているところがマジで素晴... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/06/08 00:04
親善試合「コートジボアール代表対日本代表」超雑感  これぞまさに「世界を驚かすサッカー」?
遅れましたが、簡単に雑感を。まずはこちらから。■ドログバ 4日の日本戦で前半に負傷退場したコートジボワールのディディエ・ドログバ。病院での診断直後には、レキップ紙にW杯出場を断念する意向を語っていたが、その後医師や協会と話し合った結果、登録取り消しはせず、あくまで出場をめざす考えを明らかにした。レキップ紙が報じた。  同紙によると、ドログバは直ちに骨折した尺骨の手術を受ける決意をした。10日後には患部を固定してプレーできる状態になりそうだという。この見通しが確かならば、15日のグループリーグ初... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 6

2010/06/06 03:38
プレビュー:コートジボアール対日本代表 
明日はコートジボアール代表対日本代表の親善試合みたいですが、監督がエリクソンに代わってからのコートジボアール代表が拝めるのはちょっと楽しみ。4年前のイングランド代表時代には株を落としたエリクソン監督ですが、もともと監督として手腕には定評ある方だと思っていますので、きっとコートジボアール代表をすばらしいチームに変えてくれるのではないかな。どういうチームになるのかわかりませんが、マンチェスター・シティ監督時に見せてくれた堅守速攻スタイルが合う気がする。なぜなら攻撃陣にはカルー、ディンダンというドリブ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/06/04 00:04
岡ちゃん日本代表が目指すべき戦い方&イングランド代表最終メンバー
■先制点を与えないことを第一義カメルーンとの初戦を念頭に置くと、4−1−4−1から始めるのは悪くない。先制点を与えないことを第一義として試合を運んでいくべきで、0−0で進行すれば慌てるのはカメルーンである。おそらく彼らは、日本がグループ内でもっとも力が落ちると考えている。日本戦で勝ち点3を計算していることが予想され、0−0のままでは勝ち点2を失うことになってしまうからだ。http://wsp.sponichi.co.jp/column/archives/2010/06/post_1593.htm... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/06/03 00:01
今野選手の「守ってるだけじゃ勝てない」発言から、岡ちゃん日本代表を考察
■守ってるだけじゃ勝てない?(今日学んだことは)守りはできたと思うけど、守ってたら勝てないってのは改めて思ったし、後半なんかもボールを奪った後にうまくサポートしながらビルドアップしながらチャンスを作っていかないと。なかなかずっと守ってるだけじゃ勝てないと。下がってもしょうがないんで。相手も技術が高いし。だから持った瞬間にうまくサポートしながら角度をつけたりしたり、サイドをうまく使うとかしてやっていきたい。http://www.jsgoal.jp/news/jsgoal/00102145.html... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/06/01 23:43
「岡ちゃん日本代表対イングランド」戦を、選手のコメントから考えた&カメルーン代表について
■選手のコメントから昨日の「岡ちゃん日本対イングランド」をプレイバック選手のコメントを読んでみたんだけど、ちょっとがっかりした。 ●本田圭佑選手:(1点取ったあとに下がってしまったことについて)あのね〜、たぶんやってた選手はわかるんですが、下がろうと思って下がっていたのではなく、下がらさせられた、という言い方が正しいのかなと。こういうものですよね、このレベルとやると。1対1で勝てなかったりするし。いつもならランパードがいるところでプレッシャーをかけていたら、たぶんいい形で取れる。ビビってバック... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/06/01 00:06
親善試合「岡ちゃん日本代表対イングランド」超雑感  欧州スタンダードへの転向?
いわゆる「ハエ」を止めて、欧州スタンダードというか世界標準的なゾーンディフェンスに変えた感じでしたが、 そこはなかなか良かったんじゃないですかね。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/05/31 02:59
岡ちゃん日本代表がダメだと思う理論的理由  「真似できないという発想」と「コレクティブ・カウンター」
■起:高地トレ専門家の三重大の杉田正明准教授が同行次リーグの3試合中2試合が高地というW杯に向け、標高1800メートルでの本格的な高地順化トレーニングが開始された。今合宿には高地トレ専門家の三重大の杉田正明准教授が同行。呼吸数と、尿回数の増加による脱水症状が懸念されるため、選手たちには細かな水分摂取の指導がされた。http://news.livedoor.com/article/detail/4794777/確か、2006年にフランス代表もやっていましたよね、高地トレーニング。専門家を呼んで科学... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 7

2010/05/28 23:54
岡ちゃん日本代表のキーポイントは第2戦? その他「次のプレイの選択肢を考えてみよう」テストなど
■いきなり本番で出来る?いや、あっちはあくまで親善試合で、CLは本番中の本番だからと言う人がいるだろうが、今まで出来なかったことが本番で出来るってのがほぼあり得ない事は、どんなスポーツでもそうなんだろうけど、サッカーでもそれは当然当てはまるんだよね。連携はこれから、コンディションもこれからで、それで本番がうまく行くとしたらトトビッグ当選並みの幸運だよね(笑)。http://gazfootball.com/blog/archives/2010/05/27-1119.php蹴閑ガセッタさんのエントリ... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 5

2010/05/27 23:40
韓国戦と岡田武史の責任 【キリタニ】を読んで
なぜすべての選手が、長谷部誠や長友佑都のように身体を張って、魂を込めて、戦えていないのだろうか?森本貴幸や大久保嘉人のように、負けてもケンカ腰で、立ち向かっていけないのだろうか?(中略)この方式であれば、選手も監督も誰も傷つかなくて済むだろうし、レプリカユニフォームの販促にも好都合だろう。が、本当にこれで良かったのだろうか?少なくともこの試合を見る限り、その必死さ、懸命さの部分で、両国の選手の間に、大きな格差が見受けられたことは確かである。選抜方式を含めた、サッカーに対する甘さ、勝負に対する甘さ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 5

2010/05/26 23:56
W杯壮行試合「岡ちゃん日本代表対韓国代表」超雑感 「最終ラインは低くとも、高い位置からプレス」?
■「最終ラインは低くとも、高い位置からプレス」?日韓戦ワンセグで見ました。パク・チソンがすばらしかったのはその通りだと思うけど、それ以上に岡ちゃん日本代表が完全に方向性を見失っている感じがしたところが興味深かったですね。見失っているというか、現状の弱点を修正しようとしたら、路頭に迷ってしまったみたいな感じ?昨日の会見で話しましたように、うちはカウンターとロングボールからの失点が大半を占めるということで、カウンターに関しては今までは両サイドバックを上げていたのを今日は1人だけ逆サイドに残そうという... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 9

2010/05/25 23:44
欧州CL決勝「インテル対バイエルン」超雑感  ドイツのチームでもオランダ的になるんだなぁ
■ドイツのチームでもオランダ的になるんだなぁ「今日のうちは攻撃陣がいつもと違って“グッド・シェープ”じゃなかった。それでもこのゴールが決まっていれば1−1となっており、試合の流れは違ったものになっていたはずだ」、「このサッカーがわたしの選択。そしてバイエルンの役員が決めた選択だ。われわれはアトラクティブなフットボールをし、観客のためにフットボールをする」  こうしたボールを支配し、攻撃的なサッカーを貫いたからこそ、バイエルンのファンも試合後、今季の余韻に浸り続けていたのだろう。http://s... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 3

2010/05/24 23:31
2009年親善試合「オランダ代表対日本代表」を、今更ながら見て  「ハエ」と「コンパクト」の違い
スカパーで2009年に行われた「オランダ対日本」の親善試合が再放映されていたので録画観戦しました。実は初見だったりします。で、なんとなく思ったことをいくつか。■最終ラインの脆さはこの頃からまず気になったのが、最終ラインのラインコントロールの不安定さ。先日のセルビア戦が特殊だったと思っていたんですが、なんと、既にこの時からバラバラだったんですね。最終ライン4人の意思疎通がないというか、単に戦術がないというか。まぁ両方なんでしょうけど、前から積極的にプレス掛けるという戦術するなら、もっとオフサイドト... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/05/22 00:05
トルシエ氏、W杯の日本は「1部に挑む4部のチーム」を読んで
■その認識が足りない現在の日本の実力については、「2006年以来、以前のレベルに戻った。能力的には後退し、再建中のチームだ。外国でプレーする選手が非常に少なく、チームの成熟度に欠ける」と分析する。欧州の舞台でハイレベルの試合を経験する選手たちを擁するアフリカの国々とは対照的だ。「少なくとも30人は欧州の1部や2部のクラブでやれる選手がいるのに、その認識が足りない」と日本が世界のトップ20から大きく引き離される原因を指摘した。http://news.livedoor.com/article/det... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/05/20 23:49
欧州CL決勝戦に寄せて
「ファンタスティックな人だよ。私に対しても非常に誠実だった。我々は3年間一緒に働いたが、私に言えるのは良いことばかりだ。今の関係? 彼には彼の、私には私の人生がある。たまにメールしたり電話したりするかな。今の彼がどんな指揮をするか、知っているとは言えない。あれから長い道のりがあったし、今は違う監督になっているだろうからね。彼も私のことを監督ではなく、アシスタントとしてしか知らない。私だってあれからとても長い道を歩んできた。それに、人間は変わるものだ。ファン・ハールはたくさん働くし、彼のスタッフも... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 3

2010/05/20 00:03
今こそ加地日本代表引退の理由を考えるときがきた ほか岡ちゃん日本代表の悪口
■加地の引退W杯の試合は、しんどかったしもうええかなと思ったけど、オシムさんのサッカーは面白かったからね。ジーコの時よりもきついけど、ただ走るんじゃなく、走りの質も要求している。仕事の質がひとつ上がったからね。そういう質が上がれば、もっといいサッカーができると思うから、それやったらW杯に行きたいねって http://number.bunshun.jp/articles/-/23510?page=2加地が日本代表を引退した理由についてのコラムですが、やっぱはっきりと「岡田が監督になったから辞めた... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/05/19 00:09
「サポートメンバーにカズ招集を願う」を読んでほか
■「サポートメンバーにカズ招集を願う」を読んで12年前、岡田監督はW杯フランス大会直前になってカズと北沢を切っている。それまでの日本サッカーを支えてきた功労者を、土壇場でメンバーから外している。外された選手がどんな思いを抱くか、十分に理解した上で、切っている。  今回は、同じことを繰り返したくなかったのだろう。  ならば、これからちょっとしたサプライズが待っているかもしれない。  前日付のスポニチには、「どんな形であっても日本代表をサポートしたい」というカズのコメントが載っていた。選手の痛... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/05/18 00:08
FA杯決勝「チェルシー対ポーツマス」 神様ありがとう!
■好き晴天に恵まれた新ウェンブリー。確か昨年もいい天気だったと記憶してますが、この時期の晴れた日のロンドンは「フットボール日和」って感じで好き。合わせてイングランドカップ戦ファイナルの雰囲気も“独特”なものがあって好きだったりする。正装した監督と共にピッチ入場するシーンとか何となく気品があり、サッカーというスポ−ツの価値観を高めているように感じられるところがすごく好き。国歌もカッコイイしね。■スタメンというわけで、昨年に引き続きFA杯ファイナル。チェルシーはGKチェフ、DFイバノビッチ、アレック... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 3

2010/05/16 18:15
明日はFA杯決勝ですね というわけでプレビュー的な
明日はFA杯決勝。早いものでチェルシーの今シーズン最後の試合でもあるわけですが、2冠目指して是が非でも勝ちたいところ。2冠であり、しかも2連覇を目指すことにもなりす。そう、思い起こせば昨シーズンのFA杯はチェルシーが優勝したんでした。当時指揮していたのはヒディンク。あれから1年。長いような短いような。うーん。いろいろありました。まぁ、いろいろあったと言うなら、それは対戦相手のポーツマスのほうのがそうなんでしょうが、情けは無用です。世間的にはポーツマス優勝というサプライズ&感動を望んでいるのかもし... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/05/15 00:03
EL決勝戦「アトレティコマドリー対フラム」超雑感 おやすみなさい、子猫ちゃん!
「彼らの前線の2人は、試合を通じて非常に良かった。我々は彼らの功績を称えなければいけない。だが私は、我々も良い試合をしたと思う。彼ら以上に良いゲームをしたよ。我々は良い価値を示したと思うし、世界中がPK戦までいくかのように思ったんじゃないかな。PK戦というのは、運次第なところもあるしね」http://news.livedoor.com/article/detail/4766333/熱心にも朝4時に起床してTV観戦していたんですが、正直、そこまでして観戦する価値はない試合だった気がしました。レベル... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/05/13 19:06
「セルビア発、日本サッカー強化論」を読んで&マラドーナやっちまった&イングランド予想?
■マラドーナはインテルの中盤がお嫌い指揮官はインテルの中心選手であるDFハビエル・サネッティとMFエステバン・カンビアッソの2人を除外。これまでの人選からある程度予想されていたこととはいえ、サプライズは起きなかった。 http://news.livedoor.com/article/detail/4765226/いろいろ事情があるんだろうけど、今のサネッティとカンビアッソを選ばないとはやっぱ信じられないなぁ。ベロンとかグティエレスとか選んでいるけど、果たしてどうなんだろう。個人的には、ラベッシ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/05/12 23:36
ゾラ解任、ホジソン、悪いセルジオ
■ゾラ解任ウェストハムは11日、ジャンフランコ・ゾラ監督(43歳)を解任した。 「ウェストハムはジャンフランコ・ゾラとの契約を解消した。理事会は彼の貢献に感謝し、今後の活躍を祈っている。クラブは今後、後任監督探しに焦点を絞ることになる」との声明を出している。 ゾラはファンには人気があったが、2年間の任期でクラブに成功をもたらすことはできなかった。1年目はチームを9位に導き、2009年4月に新たに4年契約を結んだものの、今季はぎりぎりの17位で残留を決めている。 http://news.li... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/05/11 22:36
プレミア最終戦「チェルシー対ウィガン」超雑感 &岡ちゃん日本代表メンバー発表
遅くなりましたがチェルシー優勝おめでとうございます。そして、ドログバ選手、プレミアリーグ得点王おめでとう。というわけでウィガン戦について、思ったことをちょいと。■優勝の理由正直、チェルシーの前半の出来はよくなかったと思っています。アネルカの先制ゴールが開始早々に決まったことの影響もあったんでしょうが、ウィガンの高い位置からのプレスに手こずっていたように見えました。そうです、そこがまさに今期のチェルシーの弱点であったわけなんですが、この試合では弱点を突かれても耐え忍ぶことができる「おしん」的な守備... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 6

2010/05/11 04:43
チェルシー優勝へのカウントダウン&岡ちゃん日本代表への提言「ムードメーカーよりも日本代表の誇りを!」
■チェルシー戦プレビュー:勝利しか見えない!ウィガンにとって、そしてその先にいるマン・ユナイテッドにとって唯一の好材料は、チェルシーが今シーズン序盤にウィガンと対戦した際、1-3で敗れていること。ウィガンの選手たちにその時の良いフィーリングが残っていれば善戦が期待できる。ただし一方で、チェルシーがウィガン相手にシーズン・ダブルを喰らう場面を想像するのは多大なイマジネーションを必要とする作業である。また現在ウィガンはアウェイで5連敗中であることも我々は認識しておかなければならない。プレッシャーに襲... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 1 / コメント 2

2010/05/08 04:27
プレミア「シティ対スパーズ」超雑感 サッカーの神様ありがとう!
■差は何?スパーズとマンチェスター・シティの差は何だったんでしょう。単純に、最後の大一番の直接対決に「シティはGKシェイギブンを欠いた」けど「スパーズはGKゴメスが使えた」差だったんでしょうか? 確かに、それもあったのかもしれないし、それが一番大きかったのかもしれません。けど、ここはやっぱマンチーニ監督とレドナップ監督の差が勝敗を分けたと考える方が適切な気がするんです。それも監督としての采配の差というよりもディレクター的な差。ディレクター的な才能の差というよりも、それが使える立場であったかの差が... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

2010/05/06 23:52
プレミアリーグ「リバプール対チェルシー」超雑感 もっと早くチェルシー仕様にしとけって気持ちはあるけど
■FWの前線からの守備を徹底させていたように見えたのはすばらしかった遅くなりましたがリバプール戦について。まず、この大切な一番できっちりと勝ち点3を獲得したアンチェロッティの采配を評価したいです。いつも通りのポゼッションスタイルを継承していたのはもちろん、FWの前線からの守備を徹底させていたように見えたのはすばらしかったなぁと。今期のチェルシーの守備はどちらかというと「前からプレスよりもリトリート」というイメージが強かったんですが、この試合はそのプレスとリトリート両方の守備戦術を状況に応じて使い... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/05/05 18:32
「リバプール対チェルシー」プレビュー、「時計の針を12時」について
■プレミア「リバプール対チェルシー」:プレビュー「シーズンでも最もハードな時期だ。明日からリスタートを切らなければいけない。(チェルシー戦に勝てるかは)分からないけど、僕たちは戦うよ」http://news.livedoor.com/article/detail/4746640/リバプール残念でしたが、なんと延長戦だったんですか。まさに「お疲れ〜」って感じですが、その疲労感を今週末のチェルシー戦まで引きずってくれたら、こちら的には戦いやすいのかな? まぁ、ここまでくれば疲れたもクソもないか。いや... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/04/30 23:56
欧州CL「バルセロナ対インテル」第二戦超雑感   ユベントスは正しかった
サッカーが場合によっては八百長がありなスポーツであるということはなんとなく十年前から気がついてはいたけど、この試合を見てそれを忘れていたことに気がつきました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 62 / トラックバック 1 / コメント 10

2010/04/29 05:51
プレミア「チェルシー対ストーク」超雑感  敬虔さ ドログバのフォアザチームプレイでの貢献
■フォア・ザ・チームこの試合ドログバが見事でした。フォア・ザ・チームに徹した見事なアシストと、絶妙なトラップはすばらしかった。何というか、この日のドログバのプレイは、ある意味「ワントップ時のアネルカみたいな」感じだった気もするんですが、今期のアンチェロッティ・チェルシーが潤滑に機能するにはFWのそういう「他の選手を生かす動き」が求められるんだなと改めて思った次第です。もちろん、他の選手のことばかり考えてプレイしていてはダメだと思うし、状況によっては中央にドンと構えて、自ら積極的にゴールを奪いに行... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/04/27 22:59
武藤氏の「(書評)世界が指摘する岡田ジャパンの決定的戦術的ミス」を読んで
■「岡田ジャパン」ではなく「日本サッカー界」への提言?そう言う意味では、本書の主題は、書名の「岡田ジャパン」ではなく「日本サッカー界」への提言と捉えるべきであろう。そう言う意味では、切り口を南アフリカにとどめるのではなく、今後の日本サッカーと言うところに持って行って欲しかった。http://hsyf610muto.seesaa.net/article/147421103.htmlみなさんご存知の「武藤文雄のサッカー講釈」さまからの引用ですが、個人的には上記のように、岡ちゃん日本代表の問題点を「監... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/04/25 18:47
チェルシー戦プレビューとか岡ちゃんの「それを自分が最後に引き出せればいいと思う」とか
■チェルシー戦プレビューさてプレミアリーグも残り3試合ですか? チェルシーはストークとの対戦になりますが、ホームでの戦いですので絶対に勝ちたいところです。ストークと言えば「高さ」と「ロングスロー」と「フィジカル」なわけですが、守備ではそれらをケアしつつ、ポゼッションからの攻撃を充実させたいところです。カギを握るのはランパードとアネルカになるんでしょう。ってアネルカはスタメンで出るのかわかりませんが、ドログバは“あれ”なんで、アネルカにはぜひがんばってもらいたいんですよね。あとマルダ。賞もらってか... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/04/24 00:06
欧州チャンピオンズリーグ準決勝「バイエルン対リヨン」超雑感  アンチフットボールとは何か?
さて、問題はリベリーとトゥラランの退場であり、これをどう考えるかが、この試合のポイント。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/04/23 03:46
欧州CL準決勝「インテル対バルセロナ」第1戦 「持ち味合戦」をより徹底できた故?
■お互いの持ち味をぶつけ!「ボールをコントロールすることができなかった。偉大なチームを相手にボールを失う時、カウンターから決定的なチャンスを与えてしまうことは分かっていた」 「彼らは私たちの背後のスペースを常に探していた。その攻撃はとても速かった。彼らはチームのスタイルを示したんだ」 「今日の私たちは、他の試合のように効果的なプレーをできなかった。試合展開はとても速かった。中央、サイドからの展開を試してみたのだがね。彼らはプレーを簡単にはさせてくれなかった」 「インテルに賛辞を送らなければ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/04/21 23:42
岡田武史監督(53)による対談シリーズの第8回を読んで
サッカー日本代表の岡田武史監督(53)による対談シリーズの第8回は、社会批評など独特の分析で幅広く活躍している精神科医の香山リカさん(49)を迎えた。専門的な用語も交えた話は現代の社会や若者、スポーツ選手の心理、闘争本能などにも広がった。(聞き手、構成・潮智史)http://www.asahi.com/worldcup/column/theroad/TKY201004200196.htmlこの対談シリーズって全然ノーマークだったけど、なんと8回目なんだ。ふーん。まぁ、別に何をやろうが問題ないんで... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/20 23:59
サッカー素人にオススメのサッカーのTV観戦術:その2「試合開始10分チェック方法」、ほか
■サッカー素人にオススメのサッカーのTV観戦術:その2以前、思いついたように書かせていただいた「サッカー素人にオススメのサッカーのTV観戦術」の2回目。私のサッカー観戦の仕方をこのブログに書きとめておこうという企画ですが、今回は「試合開始10分を使った楽しみ方」について書いてみたいと思います。要は最初の10分のうちの何秒間かを「両チームのフォーメーションをなんとなく確認」+「相手チームの守備の仕方をなんとなく観察」することに費やそうってことなんですが、特に後者の「相手チームの守備戦術の観察」は1... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/04/20 00:04
プレミアリーグ「スパーズ対チェルシー」超雑感  この線路を降りたら、すべての…
■今期のアンチェロッティ・チェルシーらしい負けっぷり?ある意味、今期のアンチェロッティ・チェルシーらしい負けっぷりなんでしょうけど、それに対して我々ファンはどう折り合いをつければいいのだろうか。基、我々ファンでなくて、「私」個人の話です。正直、なんかもう「モウリーニョ時代の、あの勝者のメンタリーをカムバック」と叫ぶのはアホらしくなってきたというのが、この試合を見た感想。敗戦にイライラしている自分がいる一方で、なんかひどく冷静にこの敗戦を眺めている自分がいるんですよね。これじゃダメだという「革命家... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/04/18 19:07
スパーズ対チェルシープレビューとか、スペインの某白いチームについてとか
■スパーズ戦プレビュー長期離脱からの復帰を目指して、最近になってトレーニングを再開した同選手は、回復が遅れていると言われていた。しかし『サン』は、レノンの回復が順調で、すでに起用可能な様子だとしている。 http://news.livedoor.com/article/detail/4722890/このタイミングでレノン復帰ですか。マジか。いやな感じだけど、復帰後いきなり全快でプレイってのは難しい気もするんで、きっとジルコフさんが抑えてくれるハズ。チェルシーはこの試合でたぶんマルダが復帰すると... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/04/16 22:07
プレミア「スパーズ対アーセナル」超雑感&ジーコ日本代表と岡ちゃん日本代表は同じか?
■プレミア「スパーズ対アーセナル」超雑感「昨日、私は選手たちに対して、『明日の試合でアーセナルを倒せれば、4位以内に入ることはできる』と言ったよ。難しいことだけど、まだいけるね」http://news.livedoor.com/article/detail/4719034/スパーズが勝ちましたか〜。レドナップ監督の大胆な選手入れ替えが功を奏したってところですかね。この因縁のダービーで思い切ってローズを起用したそのメンタルに拍手。ベイルを左SHの位置に上げ、左SBにアスエコトという采配もバッチリだ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/04/15 22:43
プレミアリーグ「チェルシー対ボルトン」超雑感  このクラスでも90分間プレッシングは無理?
■前半リードが大きかった!決勝点を奪ったFWニコラ・アネルカは、これが1月末以来のゴールとなる。アンチェロッティ監督は「大事なゴールだった。前半をリードして終えたのは大きかったよ。ニコラはファンタスティックな仕事をしたね」と、同選手に賛辞を送った。http://news.livedoor.com/article/detail/4716951/アンチェロッティが言うように「前半リードして終えれた」のは大きかったように感じました。ボルトンの守備はよかったし、もし前半ノーゴールだったら、後半そのままズ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/04/14 23:19
岡ちゃん日本代表の「1+1=3」サッカーを考察 &チェルシー戦プレビュー
■1+1が3になるようにしたい?日本代表の岡田監督が“脱・個性”を明言した。9日に日本代表スタッフ会議を行った指揮官は「日本ではかなり強い個(の力)でも、世界では通用しない。1+1が3になるようにしたい」と話し、今後は個性よりも組織としての連係を高めていくことに重きを置く方針を示した。  W杯登録メンバーの選考に関しても「いろんなタイプ(の選手)を持ちたいけど、1+1を3にすることを殺すまで、個を生かすのは難しい」として、“一芸選手”の招集は極力減らしていく方針だ。  セルビア戦の惨敗を「... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/04/13 19:54
FA杯準決勝「チェルシー対アストンビラ」超雑感  アネルカがワントップの方がチームは機能している?
前半苦しみましたが、苦しい時間帯に失点しなかったのが勝因ですかね。ミケルのあのプレイはPK取られてもおかしくないものでしたが、審判に嫌われてなかったのはラッキーでした。これで、2試合連続「ラッキーな判定」に恵まれての勝利になるわけですが、それはもしかしてアンチェロッティ監督の人徳ゆえのご褒美なのかな? だってモウリーニョ監督のころは、判定に泣かされっぱなしだった印象あるし。というわけで、あまり時間がないので簡単に試合の印象などを。■前半苦しんだ理由まず前半苦しんだ理由を考えてみたいと思います。前... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/04/12 23:36
岡ちゃん日本代表への「開き直り方」の提案&欧州CLバエイルン&バルセロナ&FA杯プレビュー
まぁ人のことを批判しても、あまり見返りはないですよね。仲良くナアナアにやるほうが賢いと思いますよ。やってないけどツイッターでもポジティブな人が受けているみたいじゃないですか。そりゃ、そうですよ、いつも批判ばかり聞かされていると気が滅入っちゃうというものです。というわけで、今回のエントリー、スタート!■岡ちゃん日本代表への「開き直り方」の提案!となると、開き直るのが第一だろう。セルビアやオーストラリアみたいな相手、つまり本大会で当たるデンマークにも点をとれそうもないことはわかった。しかし、オランダ... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/04/09 22:50
岡ちゃん日本代表を「欧州スタンダードな守備戦術」から考察  またはセルビア戦大反省会(笑)
■欧州スタンダードに、昨日の岡ちゃん日本代表がキリキリ舞いしたことを考えてみるそして守備はとにかく複雑なスキームではなく、本当によくあるパターンのツーラインを上手に作って相手にスペースを与えないことがしっかりして、且つセンターハーフは背が高くしっかりと堅い。ゴールキーパーがアタってしまったのは監督代行へのプレゼントのようなもの。でもこれなら大崩のないチームである。 思い出すに、バルサの監督に途中で就任したアンティッチのサッカーだった。 http://d.hatena.ne.jp/encycl... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/04/08 20:39
「岡ちゃん日本代表対セルビア代表二軍」雑感さよなら岡ちゃん
ワールドカップカップ前のこの大切な時期に、ホームで0―3はマズいですよね。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 27 / トラックバック 1 / コメント 6

2010/04/08 00:30
欧州CL「CSKAモスクワ対インテル」第2戦 超雑感 勝つためのシナリオはあったのか?
■欧州CL「CSKAモスクワ対インテル」第2戦 超雑感インテルの完勝でした。スナイデルの先制ゴールがすべてでした。この試合、CSKAモスクワが勝ち抜けるシナリオは「CSKAが先制ゴールを挙げ、後は引き篭もってカウンター」しかなかったと思うんですが、どうしてあんな無防備な戦い方をチョイスしてしまったんだろう。 第1戦を0−1で落としているホームのCSKAモスクワは、攻撃の要となるクラシッチを累積警告で欠いたことから、若き司令塔ジャゴエフをトップ下、そして本田を守備的MFとして起用した。するとこの... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/04/07 19:24
プレミアリーグ天王山「ユナイテッド対チェルシー」超雑感  確かにオフサイドだったと思います
確かにドログバのゴールはオフサイドだったとは思いますので、その点に関してはラッキーでした。ただ全体的にみて、チェルシーが勝利に値した戦いができたと思うし、結果はその内容を反映したものだったと言えるのではないでしょうか? というわけで、ここでは何となく思いついたチェルシーの勝因を、3つばかりピックアップしてみたいと思います。勝因1、ルーニーの不在と誤審に助けられた(外的要因) 勝因2、先制点を取れた&先制点を取るまでの戦い方がよかった(ポゼッションサッカーの実現) 勝因3、アネルカ・ワントップ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/04/05 21:06
サッカー素人にオススメのサッカーのTV観戦術:その1 &ユナイテッド戦のプレビュー
■サッカー素人にオススメのサッカーのTV観戦術:その1本来ですとユナイテッド戦のプレビューを書くタイミングなんですが、今回はちょっとそれを止めて「サッカー素人にオススメのサッカーのTV観戦術」を書いてみたいと思います。要は、私が今やっているサッカー観戦の仕方をこのブログに書きとめておこうという企画です。って、別に人に威張れるような試合観戦はしてないんですが、もし、サッカーの見方がわからない人が、これを読んで少しでもサッカーを楽しく見ることができるようになれば、うれしいなと。というわけで、まずサッ... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 8 / トラックバック 1 / コメント 1

2010/04/02 22:07
欧州CL「インテル対CSKAモスクワ」超雑感  なんというか「退屈」対「退屈」って感じの試合?
まず、インテルのフォーメーション予想について。事前のエントリーで「4−3−1−2」だろうと予想しておりましたが、思いっきり外してしまい申し訳ありません。結局イタリアの某氏の予想通り「4−2−3−1」というか「3トップ」でした。個人的には「なんで?」って感じなんですが、よくよく考えてみれば「リスクを冒さない戦い」を重視した結果の3トップだったんだろうと納得しております。「あまりポジションチェンジをしない、前後分断のカウンターさせないサッカー」とでも言いますか。要は3トップ+スナイデル(+SBマイコ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/04/01 22:29
CLインテル予想&「岡田ジャパン こだわりの戦術はどこへ」を読んで
昨日は試合見れなかったんですが、どうやらユナイテッドがファーストレグを落としたようですね。まぁまだ1点差&アウェーゴールを取れたようだし、ユナイテッドがセカンドレグで逆転する可能性も十分ありだと思うんですが、それよりも、このファーストレグの結果が今週末のプレミアリ−グ・チェルシー戦でどう影響するかの方に興味があるわけで。例によってファーガゾン卿が「下手なターンオーバー性」でもしてバレンシアかナニを温存してくれれば儲けものなんですが、さすがにそれはやらないかな? って、なんだバレンシアはバイエルン... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/03/31 18:32
「ラスト10分で抜群のスピードを生かす可能性」って、個人的には、そういうサッカー感は古いと思う
永井は(1月6日の)イエメン戦の時に呼びましたが、(主力がいる)フル代表としては初めてになると思います。彼に関しては今の時点で例えば90分、代表チームでFWを張れるかというとちょっと難しいと思います。しかし、ラスト10分で彼の抜群のスピードを生かす可能性はないか、そういうことを感じさせてくれるプレーヤーだということで今回選びました。http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/japan/text/kaiken/201003290003-spnavi_1.html永井... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/03/31 00:05
プレミアリ−グ「チェルシー対アストン・ビラ」超雑感  大量点を取れた要因はいったい何?
やったー! 大勝です。完勝です。正直、こうなることは、まったく予想しておりませんでした。うれしい誤算だ〜! というわけで予想外の大勝となりましたが、チェルシーがこんなに大量点を取れた要因はいったい何だったのか。ここではその要因について思うところを、3つ挙げてみたいと思います。1:サイドバックの攻撃参加がよかった前回のポーツマス戦の時は「サイド攻撃がイマイチ。そこが今後心配だ」と苦言を書かせていただきましたが、この試合そんな心配は杞憂という感じで、左サイドを中心としたサイド攻撃が見事に機能しており... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/03/29 21:51
プレビュー「チェルシー対アストンビラ」、「セルビア戦の目的は」を読んで
■プレビュー:アストンビラ戦サッカーとフィジカルの関係については、たぶんいろいろな意見があるんでしょう。フィジカルが1番大切だと考える人もいれば、例の岡ちゃんの日本化計画のように「フィジカルがなくても勝てる」という考えもあるんでしょうけど、明日チェルシーが対戦するアストン・ビラのオニール監督は、たぶんそんな岡ちゃんの考えとは違って「フィジカルはかなり必要」と考えていらっしゃると思っているんですが、そうでもないかしら?というわけで、アストン・ビラ戦についてですが、アストン・ビラの強さの秘密はそんな... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/03/26 23:26
プレミア「ポーツマス対チェルシー」超雑感 思わぬ形で先制点が取れてラッキーでした
■ラッキーだった正直、1点入るまではヒヤヒヤしていたんですが、ポーツマスのGKジェームズらしいミス(クリアしようとして空振り)から思わぬ形で先制点が取れてラッキーでした。あのゴールで「これまでのチェルシーの嫌な流れ」が吹っ飛んだようにも感じたんですが、まさか後半に4ゴールも入るとはうれしい誤算(笑)。久々の楽な展開でゆったり試合を観戦できて何よりでした。この試合、アネルカがベンチで、変わりにウイングにスタリッジが出ていたわけですが、それによる「単純なウイングスタイル」になったことも多少は攻撃陣に... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/03/25 22:01
プレビュー「ポーツマス対チェルシー」&CL「セビージャ対CSKA」第2戦で本田選手のプレイを見て
■プレビュー:ポーツマス戦。それは勝ち点を86へ向けての第1歩「私は統計を好んでいる。私は過去に、あらゆるチームが勝ち点86で優勝したと思っているよ。私たちも勝ち点を86まで伸ばさなければね」http://news.livedoor.com/article/detail/4676011/目標、勝ち点86ですか。私が掲げた目標よりポイント2多いですが、確かに今シーズンに限って言えばその「勝ち点86優勝説」は強ち間違いではない気もします。で、勝ち点86獲得するためには、残り8試合を7勝1敗か。うーん... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/03/24 22:10
プレミアリーグ「ブラックバーン対チェルシー」超雑感 今期ここまでのアンチェロッティの仕事ぶりについて
■仮にも優勝争いしているチームなんだしチームを率いるサム・アラダイス監督は、強豪から得た勝ち点1に満足している。しかし、指揮官の喜びはそれだけではないようだ。この試合でデビューを飾ったDFフィル・ジョーンズの活躍もうれしく思っている。 アラダイス監督は試合後、イギリス『スカイ・スポーツ』で以下のように語った。 「私たちは彼(P・ジョーンズ)のボディランゲージがジョン・テリーのようだと思っているよ。彼にとって重要な一日になったね。私は彼に明るい未来が待っていると思っている。とりあえずは今日のパ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/03/22 17:15
プレビュー:プレミア「ブラックバーン対チェルシー」&EL「フラム対ユベントス」超雑感
■ブラックバーン戦プレビューさて、くよくよしている暇はありません。日曜日はプレミアリーグ・ブラックバーン戦ですよ。ここは是が非でも勝たないと。前回の対戦では5−0と大勝してはいますが、今回はアウェーでの戦いですし、そんな簡単な試合にはならないでしょう。前回はいなかったダビッド・ダンもたぶん出るんでしょうし、このところスタメンで出場しているカリニッチも出るのかな? わかりませんが、チェルシー守備陣的にはこの2人が攻撃の要になると思うので自由にさせないように気をつけたいところ。もちろん、おなじみペデ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/03/19 21:16
欧州CL「チェルシー対インテル」第2戦 雑感PART2  いつも通りの普段着サッカーはわかるけど
正直、今回はレビュー的なものは書く気力がないので前回のでお茶を濁そうと思っていたんですが(笑)、なんとなく言い残したことをいくつか。■サイドバックを消しに対する対策は?案の定、モウリーニョは「4−2−3−1」的布陣でチェルシーのサイドバックを消しにきたわけですが、それに対するアンチェロッティ的対策はあったのか? たぶん、なかったのかな? いやいや、なかったというか「対策は必要ない」といういう対策だったんでしょう。つまり相手が何してこようとも「自分たちのいつも通りのサッカーができれば勝てる」という... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 7

2010/03/17 20:09
欧州CL「チェルシー対インテル」超雑感  この結果が、ちょうどよい
完敗でした。残念ながら、モウリーニョの注文通りの試合になってしまいましね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/03/17 07:37
プレビュー欧州CL「チェルシー対インテル」第2戦   How Soon Is Now?
「もうすぐ」起こるからとあなたは言うけど それは一体どういう意味なの? ねえ、私は物凄く長い間待っていたのよ 望みなんか全て消えてしまったわ http://tatu.lovelove.jp/wikitatu/index.php?wikitatu%2FHow%20Soon%20Is%20Now The Smiths "How Soon Is Now?"チェルシーが勝ち抜くための理想的な展開は1−0での勝利であり、基本的には、それを目標に戦うのがセオリーなんでしょう。つまり攻撃に重点を置き... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/03/15 22:47
プレミアリーグ「チェルシー対ウエスト・ハム」超雑感  チェルシーがよかったというよりも…
完勝でしたが、チェルシーがよかったというよりもウエスト・ハムの出来が悪かったのが印象的でした。スカパー解説の粕谷氏も指摘していましたが、ウエスト・ハムがカールトン・コールとディアマンティを最初から使わなかったのは不思議。最初は守備重視で後半から攻撃的にというイメージだったのかもしれませんが、結果としてはそのゾラ采配に助けられたところが多分にあったのは間違いないでしょう。というか守備重視って言えるほど、守備に力を入れていたようにも見えなかったなぁ。フィジカルコンタクトの厳しい守備はしてこなかったし... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/03/14 18:48
プレビュー「チェルシー対ウエスト・ハム」&JリーグはW杯のため?&一時の感情での解任論
■ウエスト・ハム戦プレビューこのタイミングでウエスト・ハムとのロンドンダービーは、ちょっと嫌です。だって順位では下位に低迷してますが、ウエスト・ハムは侮れないチームだからね。何が侮れないって、下位に低迷しているからこそ侮れないとでも言いますか。そうなんです、言うまでもなくこの時期に降格争いしているチームは、そりゃ死に物狂いで勝ち点を奪いに来るわけで。で、そういうハードワークが身上のチームとの対戦を、今季のチェルシーが苦手としているのがこれまたやっかいなわけですよ。それにウエスト・ハムはそれなりの... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/03/13 05:23
CLインテル戦セカンドレグプチ展望と、プレミアリーグ優勝争いについて
試合自体は来週ではありますがCLインテル戦セカンドレグプチ展望と、あとプレミアリーグ優勝争いについて、チェルシーファン視点で書いてみたいと思います。■ちょっと早いけど、CLインテル戦セカンドレグプチプレビューまずCLインテル戦についてですが、注目ポイントはやっぱ「左サイドバック」を誰にするかということになるんでしょう。アンチェロッティの選択肢は、たぶん3つ。怪我から間に合えばジルコフ、または第1戦同様にマルダ、もしくはベレッチというところだと思うんですが、私はベレッチという選択肢がいいのではない... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/03/10 23:45
トルシエがコートジボアール代表監督に&W杯で岡田監督が納得して戦えるようにするのが仕事
■トルシエがコートジボアール代表監督に?『スポニチ』の報道によると、フランス人監督のフィリップ・トルシエ氏が、コートジボワール代表の新監督として契約にサインする目前のようだ。 エレファンツは先月、バヒド・ハリルホジッチ監督を解任したため新しい監督を求めていた。同監督は、アフリカ・ネーションズカップで期待外れの結果に終わったことで解任されたとみられている。 フース・ヒディンク監督やスベン・ゴラン・エリクソン監督というビッグネームの監督との接触も伝えられたが、両監督との交渉は合意には至らなかった... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/03/09 23:55
FA杯「チェルシー対ストーク」超雑感&日本代表次期監督はぜひドゥンガに!
時間がないので簡単に。勝因は、危なっかしいながらもイラーリオを中心によく無失点で守ったことだと思いました。デラップのロングスローやCKなどのセットプレイから何度かピンチを迎えはしましたが、各選手がしっかりと守備の意識を持って、ハードワークしていたのはすばらしかった。守備組織はそれなりに機能していたように見えたし、何よりも集中力を欠くようなプレイが少なかったのは好感持てました。以下、思ったことを箇条書き。■見事な高さ対策カルバーリョ怪我ということもあってか、この試合の4バックは右からイバノビッチ、... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 6

2010/03/08 22:03
プレビューFA杯「チェルシー対ストーク」&続・武士道と浪花節の話
■プレビューFA杯「対ストーク」さて、週末はFA杯。チェルシーはストークと日曜日に対戦となります。試合のポイントは下衆な見方で申し訳ありませんが「テリー・スキャンダル対ラムジー事件後遺症」となるんでしょう。どちらも上記の事件の影響でメンタルに弱みが出る可能性があるわけで、その弱みを露呈したほうが敗退となる可能性が高いという予想です。というわけでチェルシーが勝つためにはストークの「高さ&ロングスロー」に対して、いかにテリーを中心に対処できるかがポイントかなと。まぁ、いつもだったら、この高さ対策はそ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 4

2010/03/05 23:28
ラムジー事件について
特に書くことが無いんだけど、ちょい時間があるのでサッカーにおけるハードタックルと選手の怪我について。「選手(ショウクロス)を責めることはできないし、彼が意図的にやったとも思えない。だけど、いつも犠牲になるのはうちの選手だ。うちと対戦するチームは常にアグレッシブに来る。それは問題ないんだけど、主審にはもう少し僕らを守ってほしいと思う。なぜなら、相手がどれだけ僕らにファウルできるかわかるかい? 5、6回目にやっとイエローカードが出るだけなんだ。でも、僕らは1、2回ファウルしただけですぐにイエローカー... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/03/05 00:05
アジア杯「岡ちゃん日本代表対バーレン」試合を見てないけど、試合後コメントについて雑感みたいな
BS見れないんで、残念ながら試合見れてないんですが、試合後のコメントから適当にちゃちゃいれさせていただきます。■遠藤保仁選手(G大阪)のコメント今日に限っては問題なくやれたと思います。ケイスケは前を向いて勝負してなんぼの選手。あの位置で前を向けるのは大きい。楽しみが増えたと思います。(1点目の場面について)前でためができる。前でためられるのは俊輔の特徴。効果的だったと思う。ああいうプレーはシュンがいない時もやりたい。チャンスは多かったし、ダイスケも運動量は多かった。幅も使えたし、そうなると中はポ... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/03/04 00:01
プレビュー岡ちゃん日本代表対バーレーン というか中村俊輔選手と小笠原戦は、どこが違うのか?
■中村俊輔選手と小笠原戦は、どこが違うのか?1‐3の惨敗に終わった日韓戦については「みんな中に寄りすぎ。リスクを冒す時間が多すぎる」と中盤での攻守にわたる窮屈さを指摘。「もっとサイドを幅広く使った方がいい」と話し、DF長友とも積極的に意思統一を図った。  バーレーン戦では右サイドでの先発が濃厚。練習でも動きを確認し「個人的にはサイドバックからの連係で得点したい」と気合を込めた。俊輔が多彩な“引き出し”で、日本をよみがえらせる。http://sportsnavi.yahoo.co.jp/socc... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 3

2010/03/03 00:03
カーリングカップ決勝「アストンヴィラ対ユナイテッド」超雑感 というか、ビディチにはイエローすらなし?
■残念でしたカーリングカップ決勝。もちろんアストン・ヴィラを応援していたんですが、残念ながら優勝なりませんでした。ミスからユナイテッドに追いつかれたのが痛かったわけですが、総じてタイトル獲得慣れしているかどうかなど“経験の差”が出たという感じなんですかね? DFダン選手がウェンブリー初めてだとは知らなかったんですが、やっぱカップ戦決勝という独特の雰囲気に呑まれて緊張していたんでしょう。彼を始めアストン・ヴィラの選手が、いつものパフォーマンスでなかったようにも感じましたが、それが致命的なミスを生ん... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/03/01 23:58
プレミア「チェルシー対新成金」超雑感 情けない
情けない。情けなすぎる。何が情けないって、テリーが心理戦でブリッジに負けたのが一番情けない。だからヒールに撤しろと言ったのに、何を良い子ぶっているのか。そりゃバラックも怒りますよ。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 6

2010/02/28 03:24
プレミアプレビュー:「チェルシー対シティ」&鹿島のやり方を代表に持ち込まないでほしい
■プレミアプレビュー:チェルシー対シティしかし、ブリッジは、3歳の息子のジェイドンの母親でもあるヴァネッサが、昨年12月に二人の破局が正式に発表されるだいぶ前に、テリーと付き合いはじめたことに深く傷ついているという。ブリッジはテリーについて友人に、「吐き気がする。やつは僕の親友だったのに裏切り、嘘で切り抜けようとしたんだ。みんなもう気持ちを切り替えたと思っているようだが、僕は無理だ。絶対」と話したという。http://news.livedoor.com/article/detail/462664... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 4

2010/02/26 23:48
欧州チャンピオンズリーグ09-10「インテル対チェルシー」第1戦雑感 最低限の結果は残せたけど…
■一応は、最低限の結果は残せたけど、厳しい〜!一応、最低限の結果は残せたと言う感じですかね。1点ビハインドではありますがアウェイゴールも上げることができたし、なんとかセカンドレグに望みを繋ぐことができたのは幸いでした。ただねぇ。正直、内容は褒められたものじゃない。こういう大切な試合で、試合開始直後3分に失点するなんてもってのほかですよ。どういう気持ちで試合開始のホイッスルを聞いていたのか知りませんが、まったくもって試合に臨む準備ができてなかったとしか言いようがないね。情けない。ノープランだったの... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/02/25 20:01
直前プレビュー:CL「インテル対チェルシー戦」  または愛のような、闇のような
このタイミングでインテルとの対戦は確かにきついけど、 逆にこのタイミングでピリピリとした緊張感のある ビッグゲームが楽しめると考えれば光栄である。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/02/24 23:24
「欧州CLインテル戦のチェルシー的攻略法」PART2 つまり「インテル対チェルシー戦」プレビュー
ラブリデイ! ラブリデイ! ラブリデイ! 神様、明日もよい一日でありますように。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/02/23 23:28
プレミア「ウルヴァーハンプトン対チェルシー」超雑感 &岡ちゃん日本代表のセルビア戦
■プレミア「ウルヴァーハンプトン対チェルシー」超雑感「ドログバは非常に大きな存在だ。彼のゴールだけでなく、彼のリーダーシップも進化しているね。私たちは彼がこのレベルを維持してくれることを望んでいるよ」 http://news.livedoor.com/article/detail/4616603/遅くなりましたがウルブズ戦について。内容はイマイチでしたが、何はともあれ勝ち点3をゲットできたのはよかった。少ない決定機でゴールを決めたドログバはさすがでしたが、個人的には彼よりGKチェフの好守備を評... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/02/22 22:15
プレビュー:チェルシー戦ほかプレミアリーグ&岡ちゃん日本代表の今後の展開について
■プレビュー:ウルブズ対チェルシーさて、明日はプレミアリーグ。チェルシーはウルブズと対戦ですが、下のコラムでも書かれているように、チームのモチベーションの上げ方が難しい戦いになるんですかね。首位チェルシーはこのミッドウィークには試合を行っておらず、通常のインターバルでアウェイのウルブズ戦となる。ただし、こちらは直後のミッドウィークにインテル戦の大一番が控えている。ユナイテッドやアーセナルとは対照的な状況に身を置いているチェルシーがこの試合を如何に戦うか、前述の2チームのゲームマネージメントと比較... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 3

2010/02/19 23:27
ちょっと早いが「欧州CLインテル戦のチェルシー的攻略法」と、欧州CLでの誤審について
■ヤツがまたやったか…17日に行われたチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦ファーストレグで、フィオレンティーナはバイエルン・ミュンヘンに1−2と敗北を喫した。だが、バイエルンは勝利を喜んだものの、次第に決勝点となったFWミロスラフ・クローゼのゴールがオフサイドで取り消されるべきだったことを認めないわけにはいかなくなった。 http://news.livedoor.com/article/detail/4612579/どうやら、ヤツがまた「とんでもジャッジ」しちゃったみたいですね。これで2... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/02/18 23:53
欧州CL「リヨン対レアルマドリー」超雑感 ピルロシステムが機能するには?
■リヨン対マドリー「今日の彼らは非常に激しい試合をした。僕らもそうだったけど、ボールポゼッションがうまくいかなかったんだ。素晴らしい結果ではない。だけど、まだベルナベウでの90分間が残っているよ」http://news.livedoor.com/article/detail/4609263/レアル・マドリーの今のスタイルって、アンチェロッティがミランでやっていた“ピルロシステム”に近いんですかね。シャビアロンソがピルロ役で、1トップ+クリスチャーノ・ロナウド+カカの3人のカウンター攻撃が基本みた... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/02/17 23:57
「モウリーニョは偉大な指揮官で、私は彼に敬意を払っている」に同意 &欧州CL再開
■モウリーニョ「イブラがいたインテルとやりたかったね。その方が、ずっと予測が可能だからだ。だが、今はミリートやエトー、スナイデルといった選手たちがおり、強力なフィジカルと最大限のクオリティーを有している。一方、我々はヒディンク前監督のときと比べ、中盤をダイヤモンドにして動きが増し、アネルカがFWとしてもトップ下としてもプレーしている」 チェルシーをビッグクラブへと導いたモウリーニョ監督は、現在のチームも「ほぼ自分のチーム」と話しているが、アンチェロッティ監督もそれを認めている。 「これからC... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/02/17 00:00
東アジア何とか「岡ちゃん日本代表対韓国代表」超雑感 &FA杯「チェルシー対カーディフ」についても軽く
■サイドでもっと人数が絡んで、中にももっと選手が入って行くサッカーただ、それでもサイドに入れてえぐってという形は出せていた。(内田へのパスについて)やっと戻ってきたかなと思いました。ああいうのが出せるとオレにプレスをかけないとダメですし、そうなると今度はミドルが生かせるようになる。(by中村憲剛選手) http://www.jsgoal.jp/news/jsgoal/00096554.htmlサイドでもっと人数が絡んで、中にももっと選手が入って行くとかして、シュートの意識を高めていかないといけ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 6

2010/02/15 20:45
岡ちゃん日本代表とオシム日本代表の違いについての総括@ &アシュリー・コールが!
■アシュリー・コールが…! &FA杯プレビューチェルシーのイングランド代表左サイドバック、アシュリー・コールが10日に行われたエヴァトン戦で左足首を骨折。復帰まで3カ月ほどかかることがわかった。 http://news.livedoor.com/article/detail/4600562/オーマイガッ! なんてこった〜、なんと骨折か〜。これはやばいね。プレミアもそうだけど、特にインテル戦はやばい。ジルコフもいい選手だと思うけど、正直、現状だと並みの選手という感じで相手にとっての脅威にはならな... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 9

2010/02/12 23:38
「岡ちゃん日本代表対香港代表」超雑感 良かったのではないでしょうか
コンセプトの一つである高い位置でボールを奪っての先制ゴールと、セットプレイからの2得点。そして2試合連続のシャットアウト。良かったのではないでしょうか。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/02/12 00:23
プレミア「エバートン対チェルシー」超雑感 テリーだって人間です
よくモウリーニョがメンタルとコンディションは切り離せないと言ってますが、この試合のテリーの出来の悪さはやっぱメンタル面の影響抜きには語れないのですかね。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/02/11 18:37
ベンゲルと岡ちゃん というか意外性のある攻撃について
昨日PCの調子が悪くなり、UPできなかったエントリー。おまけに書いた文章は半分消えた(泣)。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/02/10 22:55
プレミアリーグ「チェルシー対アーセナル」超雑感 「守りモード」で「守りきれちゃう」のが強さだけど
■ダブルだ!勝ちました。いやー素晴らしい。アーセナル相手にダブルですよ。内容はイマイチでしたが、アーセナル相手にシャットアウトで勝利できたのは感涙ものです。昨シーズンと違って、今シーズンここまで強豪相手には、それ相応の戦い方ができるというのはほんと大きいね。このあたりは、さすがアンチェロッティ監督という感じでしょう。いや、すばらしい。にしても開始早々のセットプレイからの先制点が大きかったなぁ! あのゴールで「こちらの望む試合展開」に持ち込むことができたのが、この試合のポイントでした。昨年のフェリ... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/02/08 23:55
「日本代表対中国代表」超雑感 修正すべき点はあるはず
時間があまりないので、試合見て何となく思ったことをメモ書き風に。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/02/07 15:06
たぶん、世界一早い「サッカー南アフリカワールドカップの日本代表の総括」 またはリセットとコンセプト
■サッカー南アフリカワールドカップの日本代表の総括?かなり早いですが、今回はサッカー南アフリカワールドカップの日本代表の総括をしたいと思います。って、まだ終わってないというか大会が始まってもないっての(笑)。まぁ総括と言っても、サッカーの試合そのものでなく監督人事の話です。2006年のジーコ日本代表以降、日本サッカー協会は代表監督に何を求め、どういう監督人事をしたのか。そのまとめみたいなものです。あまり新しいことは書いてません。合わせて、それに対する個人的見解みたいなものを、なんとなくこのタイミ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 5

2010/02/06 00:01
週末プレミアリーグ・プレビュー:ロンドンダービー&マージーサイドダービーの行方は?
■チェルシーの新規選手契約禁止などの処分は撤回 【ロンドン時事】スポーツ仲裁裁判所(CAS)は4日、サッカーのイングランド・プレミアリーグのチェルシーが過去の選手獲得で違反を犯したとして、国際サッカー連盟(FIFA)から受けた2011年1月までの新規選手契約禁止などの処分は撤回されるべきだとの声明を発表した。  チェルシーはランス(フランス)に所属していた日系黒人選手のMFカクタを07年に獲得した際、不正な契約破棄を誘導したとして、昨年9月に処分を受けたが、ランスとカクタの間で交わした契約自体... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/05 23:09
岡ちゃんの稲本アンカー起用の意図について&デコ&モウリーニョ対バロテッリほか
■岡ちゃんの稲本アンカー起用の意図についてまず、第一に、稲本をアンカー的な位置に置くことによって、センターバックの守備をサポートさせること。これは、オランダのような、攻撃力に優れたチームを相手に戦う場合に、有力なオプションになる。また、稲本が最終ラインをサポートすることによって、中澤や闘莉王が攻め上がる機会も作れる。11月の南アフリカ戦では、3ボランチの一角として稲本をアンカーで起用したが、今回のベネズエラ戦では、2ボランチを縦位置に並べることで稲本をアンカーとして機能させたわけだ。 第2に、... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

2010/02/04 22:55
プレミアリーグ「ハルシティ対チェルシー」超雑感  「勝てない試合」の典型という感じでした
■ドローは妥当「勝ちたかったが、この結果は妥当だと思う。両チームが良いプレーをして、とても強いゲームになった」 「これは良い結果だ。マンチェスター・ユナイテッドよりも2ポイントを多く持っている。アウェーで勝つことが難しいのは分かっていた。長いシーズンの戦いだから、(ハル戦の結果は)重要なことではないだろう。もっと多くの勝ち点を手にしていれば、もちろんその方が良い。しかし、悪くはない」 「マンチェスター・ユナイテッドとの長いレースだ。状況をコントロールしなければならないね」 http://n... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/02/03 20:20
岡ちゃん日本代表のプチ雑感 チェルシー戦ピチプレビュー
■プレビュー:チェルシー戦急に忙しくなりブログの更新もままならない状態なんですが、明日の朝はプレミアリーグ「ハル対チェルシー」戦なんでがんばってテレビ観戦しようかなと。このところ週2試合ペースと過密日程のチェルシーですが、この試合からやっとドログバが帰ってくるみたいなので、ちょいと攻撃陣をローテできるんですかね? アネルカあたり少し休ませてあげたい気もしますが、ユナイテッドとの差を広げるチャンスなので、ここはぜひ勝ち点3を貪欲に目指してがんばってほしい。試合のポイントは、前回のバーンリー戦でイマ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 30 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/02/02 23:44
プレミア「バーンリー対チェルシー」超雑感 ジルコフの起用方法
非常に厳しい試合でしたが、セットプレイからスキャンダルで渦中のテリーがヘッドで決勝ゴールを決めてくれて辛くも勝利。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/01/31 16:09
プレビュー:チェルシー戦 カーリングカップ準決勝第2戦「マンチェスターダービー」超雑感 大久保ほか
■プレビュー:チェルシー戦さて、明日もプレミアリーグ。チェルシーはバーンリーと対戦ですね。この前のバーミンガム戦からあまり時間が経ってないのでコンデシション的に心配ですね。そういえば監督変わってからのバーンリーの試合は見てないんですが、何か変わったんだろうか? 何度も言うけど、今期のチェルシーは格下の「ハードワークする」チームに手こずっているところがあるわけで、そういった意味ではこのバーンリー戦と次のハル戦は要注意なんですよね。特にアウェイで戦う場合はきをつけないと。今期は確かユナイテッドもやら... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/30 02:30
プレミアリーグ「チェルシー対バーミンガム」超雑感 ドリブル突破で一石二鳥!
■ドリブラー万歳!「先制点が大きかったね。あれがプレーをオープンにしてくれた。我々は試合を通じて良いサッカー、良いプレーを見せたよ。難しい相手に、90分間戦ってみせた」 「テリーにマルダ、デコと、我々は個人が素晴らしいパフォーマンスを見せた。今は我々にとって良い時期だ。これを維持し、良いプレーをして、できるだけ勝ちたいと思っている」 「この試合に向けてとても良い準備をしてきた。勝ちたかったからだ。そして、好パフォーマンスを見せられた。バーミンガムは良いチームで、ここ15試合負けていなかったか... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 3

2010/01/28 20:36
ピルロ・システム再考 またはアンカーとフォアリベロは同じなのか?
■ベッカム2世と呼ばれて一方、トッテナムはホームでフラムとのロンドンダービーに臨み、クラウチとベントリーのゴールで2−0の勝利。リヴァプールに3ポイント差をつけて4位をキープした。リヴァプールは勝ち点38の5位だが、2試合消化の少ないシティが同勝ち点で、アストン・ヴィラは勝ち点36で続き、トップ4確保は非常に厳しい状態になってきた。 http://news.livedoor.com/article/detail/4571026/試合は見てませんが、かつてベッカム2世と言われたベント... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/27 23:25
プレミアリーグ:チェルシー戦プレビューほか
今週からプレミアリーグは過密日程。週2試合ペースで試合が組まれているんですが、チェルシーは木曜早朝に好調バーミンガムと対戦。ホームでの戦いですし、ぜひ勝ちたいところですが、ここでは勝つためのポイントをいくつか上げてみたいと思います。■サイド攻撃するのは誰だ?勝つためのカギは、やっぱ堅守バーミンガムの守備をどう攻略するかということになるんでしょうが、個人的にはサンダーランド戦と同様に「4−3−3」的な布陣でサイド攻撃を丹念に仕掛けるのがいいかなと思っています。どんな固い守備でもやっぱ「サイドからの... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/26 23:13
FA杯「プレストン対チェルシー」超雑感 &ミラノダービー
■プレストンは悪いチームではないプレストンはそんなに悪いチームではなかった。少なくとも守備はしっかりしていた。常にコンパクトだったし、何より最終ラインの4人と中盤の4人の8人に連動性が感じられたところが好感持てた。さすがファーガソンの息子だけのことはある。そう、相手チームであるプレストンの監督の名は、ダレン・ファーガソン。彼は、ご存知マンチェスター・ユナイテッドのサー・アレックス・ファーガソン監督の息子だとのこと。そう言われてみれば、何となく面影があるように見えなくもないが、監督としての腕も確か... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/01/25 22:29
FA杯チェルシー戦&ミラノダービープレビュー、プレミア「リバプール対スパーズ」超雑感ほか
■FA杯チェルシー戦プレビュー今週末はFA杯で、チェルシーはプレストンとアウェーでの対戦。プレストンに関してはまったく知識がありませんが、やっぱイングランドらしい「フィジカル」を活かしたチームなんでしょうか? 今期アンチェロッティ・チェルシーは、そのような格下「フィジカル」チームにやられていたりするので、プレストンがもしそういうチームだとしたらちょっといやな感じですよね。今期のFA杯では、すでにユナイテッドとリバプールがそんな格下チームに足元すくわれているわけですし、カップ戦では得てしてそんな「... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/01/22 22:04
カーリングカップ:マンチェスターダービー第一戦雑感 ジーコ解任 お祭りの取材制限
■マンチェスター・ダービー雑感試合後のインタビューに答えて、イタリア人指揮官は、「今夜、カルロスはとてもいいプレーをした。だが、チーム全体のほうが1人の選手よりも重要なんだ。後半の我々のプレーは非常によかった。終盤10分は少し疲れたが、とにかく第1戦に勝てたことがとても重要だ。オールド・トラフォードでの試合は、2−1のリードで始まるが、厳しい試合になるのはわかっている。だけど、オールド・トラフォードで勝つことはできる。勝つか引き分かるか、可能だよ」と話した。 http://ne... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/01/20 23:12
映画「ヒストリー・オブ・バイオレンス」感想。またはモッジは生まれ変わることができるのか?
全世界がその”暴力”に圧倒された! 驚愕のバイオレンス・アクション 独特の世界観と描写で数多くの映画マニアを魅了する『ザ・フライ』の鬼才デビッド・クローネンバーグ監督。 『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズでハリウッドのトップにのぼりつめたヴィゴ・モーテンセンの主演。 原作は、「バットマン」などでも知られるDCコミックスのグラフィック・ノベル。 一夜にしてヒーローとなってしまった男の顛末を通して、幸福と暴力の対立、究極の愛の選択をサスペンスフルに描き出している。 http://www.... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/01/19 23:33
プレミア「チェルシー対サンダーランド」雑感PART2&マンチェスターダービーについて
■プレミア「チェルシー対サンダーランド」雑感PART2まずは先日のプレミア「チェルシー対サンダーランド」について再度レビュー。ゴールシーンに特化して書いてみました。【チェルシー1点目:アネルカ】バラックのスルーパスと、アネルカのDF最終ラインの裏を狙う動きが秀逸。前にも書いたようにサンダーランドの守備陣の「最終ラインの裏に対するケア」が希薄だったことというか、プレスがかからないのに最終ラインを高く保ってしまったところが問題だった気がした。【チェルシー2点目:マルダ】プレスを掻い潜り、ドリブルして... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/01/19 21:52
プレミア「チェルシー対サンダーランド」超雑感 裏のスペースとサイド
今シーズン一番の楽勝という感じでしたが、サンダーランドがあまりに無防備だったのが幸いしたのでしょう。もちろんチェルシーの出来も良かったとは思いますが、それよりサンダーランドの不出来のがポイントだったかなと。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/01/18 00:42

トップへ | みんなの「サッカー」ブログ

カスタム検索
doroguba*footballcolumn*
doroguba*footballcolumn* サッカーのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる