アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「たわごと」のブログ記事

みんなの「たわごと」ブログ

タイトル 日 時
ザッケローニ日本代表の課題点は、課題がわかってないように見えるところ
ザッケローニの前日会見読んだけど、取り上げるような箇所がない。なので、こちらから拝借する。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/09/06 02:48
べイルの移籍金の意味と、デンバ・バ残留の理由について
■べイルベイルの移籍金8530万ポンド(約131億7000万円)だったそうで。この金額を聞くと、今年から導入されるとかいう「ファイナンシャルフェアプレイ」とかいう制度は何なのかと思ってしまいますね。まぁ、その制度は「クラブの収支」が問題なので、別に移籍金を抑えるためのものではないんだろうけど。レアルマドリーってお金持ちなんだなと改めて思いました。「史上最高の移籍金」という見出しが世界を駆け巡り、ベイルの商品価値は実力以上に増した。ピッチでの活躍を期待して、有料テレビの契約者が増えればペレス会長の... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/09/05 03:19
練習試合「サッカー日本代表対ウルグアイ代表」感想文  反省よりも融合、そして薫陶と授業料
■守備まず守備についてだが、修正することはできなかった。理由は今日、来日したメンバーもいて準備期間がほとんどできなかったからだ。失点が多い理由については、メンバー発表の会見かインタビューでも答えたと思うが、より多くの得点を狙うチームにはそれだけ失点のリスクが伴う。それだけの話だと思う。私自身が攻撃的サッカーを信じている。現在のチームを見ても、前線の4枚にはアタッカーを配置しているし、ダブルボランチは攻守ともに優れた選手を置いている。両サイドバックも攻撃的だし、センターバックでさえも元MFの選手で... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/08/15 01:19
「レ・ブルー黒書 フランス代表はなぜ崩壊したか」を読んで。 
何もしないで勝てるのなら、それをするのがいいサッカー監督。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/08/04 02:22
「責任と自由」、そして「過去」は「未来」のように考えられるべきであるということ
吉本隆明さんが言っていた、 『「過去」は「未来」のように考えられるべきであり、 「未来」は「過去」のように考えられるべきである。』 は、その通りだと思う。 http://diary.originallove.lolipop.jp/?eid=1072 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/07/30 02:28
東アジア・サッカー「日本代表対韓国代表」感想文  ポストプレイヤーと守備的MF
勝ったけど、内容的にはイマイチだったかな。まぁアウェーでの戦いだから、こうなるのは想定の範囲内だったのかもしれないし、カウンター狙いという戦略だったのかもしれないけど、ボールポゼッションがほとんどできてない感じだったのは少し残念でした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/07/29 02:16
スペースに対する考え方  〜スペースオデッセイ〜
距離=速さ×時間 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/07/24 02:45
サッカー東アジア選手権「日本対中国」感想文 若手の育成には向いてないかも
ふだんJリーグを見てないので、彼らの出来に関してはわかりません。彼らのことを「若手」といっていいのかもわからないんですが、この試合の率直な感想は「もっと若者らしく、プレイしようよ。ミスしてもいいから」でした。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/07/23 02:18
サッカー日本代表論 ザッケローニ監督と原技術委員長はニッポン病か?
■ニッポン病よく辛抱強いといわれる日本の国民性も、実のところそうではなくて、ただ変化することをひたすらに恐れる……出る杭は打たれる……自らの意思で行動できない……という社会の圧力と、それによって育まれたある意味での柔弱な性質が、見る角度によってはそう映っているだけなのかも知れないな、と僕は思うのである。(中略)僕はそれをある意味“ニッポンの病”であると考えている。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/07/21 01:13
もしルーニーがチェルシーにきたら & 「ザックジャパン改造計画」という暴論
もし仮に、ルーニーがチェルシーに移籍してきたとしたら、どこで使う? 2列目? いやいや、チェルシーは現状、2列目にはすでにいい選手がたくさんいるんですよ。 アザール、マタ、オスカル、シュールレ、モーゼズってね。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/07/18 03:02
素人とプロ 当たり前とポゼッション
ここの本田のクリアを思いっきり蹴りだしておけば問題はなかったと思います。一回プレーを切っておく。とくに後半の立ち上がり5分間、クリティカルフェイズだから。ボーンと大きく蹴っておいてもいいんです。 http://www.footballchannel.jp/2013/07/14/post6358/ここで指摘されているような「プレイを切る」「立ち上がり5分」というのは私のような素人でもわかるプレイの判断基準なんですが、じゃ、なんでプロフェッショナルである本田選手がそういうプレイをできなかったのか?... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/07/16 01:20
「コンディション幻想主義」&「3バックはギャンブルだ」
■コンディション至上主義メキシコ戦では序盤はよかったが、後半は急に動きが落ちてしまった。常に日本を見てきたわけではないので、コンディションに問題を抱えていたのかどうかはわからないが、試合や時間帯によって出来に波があり過ぎるのではないか。現代サッカーでは90分フルパワーで動くことは難しい。ましてコンフェデ杯のような短期間に集中して試合を行なう大会の場合には、試合の中でのリズムやペース配分が大事になってくる。日本はそのあたりのことを学ぶ必要があるのではないだろうか。 http://news.liv... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/07/11 11:36
アブラモビッチ関連で、その2
アブラモビッチの続き。アブラモビッチは、ベレゾフスキーとともに所有していた石油会社「シブネチフ」を、2005年に売却。ロシアの天然ガスの最王手「ガスプロム」の傘下になる。で、今回は、その「ガスプロム」の話。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/07/08 02:22
チェルシーのオーナー・アブラモビッチについて 
■アブラモビッチの歴史少し時間ができたので、本日はオーナーのアブラモビッチについての備忘録。というかwikiに書いてあることを整理。実際、ウラジミール・プーチンが大統領だった頃、彼が掲げる改革に反対したオリガルヒは徹底的に潰された。その中にはベレゾフスキーも含まれていた。そんな中でアブラモビッチは、盟友の没落を横目にプーチン政権に取り入り、更に自らも政治家となって極東の最果てにあるチュクチ自治管区の知事に就任。そして2001年、ベレゾフスキーに代わり、ついに『フォーブス』誌の長者番付に、その名を... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/07/07 02:36
コンフェデ2013決勝戦 感想文
あれ? 先制ゴールのあと、ブラジル人選手が観客席へ入って喜びのパフォーマンスしてたけど、 ああいうのイエローカードではなかったっけ? そこが、非常に気になった。というか、そこだけが気になった。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/07/02 02:26
「日本人らしさ」というステレオタイプについて
本日のお題は、この「日本人らしさというステレオタイプ」についてです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/06/28 02:59
モウリーニョ論 20130612
「モウリーニョ論」の続きでも語ろうか。レアルマドリー時代は「レアルよりも自分(モウリーニョ)を大きい存在として扱っていた」ことが罪だったという意見があるみたいですが、個人的にはそれは別に罪ではないと思う。それで結果がでなかったことは非難されてしかるべきだと思うけど、「大きい存在として振舞うこと」自体は別に間違ってないと思うからだ。それが監督の特権というものだと思うしね。たとえばトルシエが日本代表で「フラット3」を採用したのは、別に悪いことではない。個人的には「4バック」が好きだが、戦術や起用する... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/06/12 02:42
ザッケローニ日本代表のこれからとW杯での戦い方について
■中村俊輔と本田△は違う!しかしながら、W杯1年前の移籍というのはリスクが伴う。4年前にセルティックからエスパニョルへ移籍した中村俊輔もクラブでの出場機会を大幅に減らし、最終的に南アフリカ大会での出番を失った。本田に同じことが起きないとも限らない。複数のケガを抱える彼だけに、再びアクシデントに直面する危険もはらんでいる。本人は最悪のシナリオを回避する努力を欠かさないだろうが、ザックジャパンとしては予選を通して浮き彫りにされた本田不在時の戦い方を確立させておく必要がある。http://sports... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/06/07 03:31
おめでとうサッカー日本代表W杯出場決定 で、日本代表が強くなった理由を「空気」から考えてみた
気がつけば、もう4度目の出場決定になるんですね、サッカーW杯本戦。出場決定おめでとうございます。パチパチ。まぁ、誰かが言っていたように、今回が一番楽チンでしたね。日本が強くなったのはもちろんなんでしょうが、その他の国が弱くなったというのも事実なのかな? オーストラリア代表も衰退していると思いますよ。プレミアリーグで活躍している選手はほとんどいないし、キューエル、ヴィドゥカに変わるスター選手も生まれてきてない。まぁ、あの2人が異常だっただけなのかもしれないけど、アジア枠に入って弱体化したように見え... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/06/05 03:14
「4バック」と「3バック」について、単純に考えてみましょう
サッカーのシステム論って非常に面白いし難しいと思うんですが、要は「4−4−2」(または4バック)であれ「3−4−3」(または3バック)であれ、どんなシステムが採用されても、それが機能しさえすればOKなんでしょう。ただ忘れてならないのは、現状、世界をサッカーチームを見渡すと、数あるシステムの中で「4−4−2」(または4バック)を採用するチームが多いということ。「3バック」を採用するチームもそれなりに多いのかもしれませんが、ほとんどのチームが「4バック」を採用しているのが現実であると思うんです。それ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/06/03 01:54
親善試合「サッカー日本代表対ブルガリア代表」ではなく、「3-4-3」がイマイチな理由について
■主導権わたしの狙いは、(試合の)主導権を握ること。そのために2つのシステムを試していて、ひとつは長く使っているもので、もうひとつは今トライしているところだ。とはいえ今晩の試合は別としても、ヨルダン戦でもそうだったが、基本的にうちは多くチャンスを作っていたし、そのわりには招いているピンチの数は少ないと思う。 http://sportsnavi.yahoo.co.jp/sports/soccer/japan/2013/columndtl/201305300004-spnavi?page=2「主導... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/05/31 10:50
Jリーグ「2ステージ制」とリピーター。そしてマクルーハン万歳
毎週のようにJリーグの試合をスタジアムで観戦している知人がいる。1人で観戦しに行くのではなく、複数の友人とスタジアムに出かけているようだ。つまり、そういうコミュニティに属しているということ。そういうコミュ二ティに属することで、彼は「週末はJリーグ観戦が当たり前」というライフスタイルを確立しているようだ。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/05/29 10:37
とある決勝戦について。
ドイツチーム同士の決勝は偶然ではなく、ブンデスリーガのサッカーが強くなった証であるのだと思う。ただ、個人的にはそれよりも、スペインとイングランドプレミアリーグのチームが弱くなったことが重要視すべき点であるような気がしている。チェルシーを筆頭に、バルセロナ、レアルマドリード、マンチェスター・ユナイテッド、マンチェスターシティがふがいないだけなのだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/05/28 02:23
宮台真司さんの2年前のインタビューをキュレーションされたので。
宮台真司さんの著書に「終わりなき日常を生きろ」というものがある。内容はよく覚えてないんだけど、そのタイトルが非常に好きで、「フリッパーズ・ギター」や「ゼロジェネレーション」的なものとセットにして記憶の奥底に格納されている。「ゼロジェネレーション」とは、要は世代論、社会学に毛が生えたようなものであると思っている。そんな「世代」が本当に存在していたのかは非常に怪しいんだけど、当時は「ロック的な社会学アプローチ」というスタンスが心地よく感じたのだ。そして今、年をとったせいか、人間の思想や行動を妄想して... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/05/11 15:29
サッカーにおける「ローテーション制」について考えてみる  ベニテスのローテーションは奇妙か?
「我々はローテーション制が奇妙なものであるかのように話している。数年前に、そういったことをあまり聞いたことがなかったということは理解できる。しかし、多くの人が私のローテーションについて話す時、サー・アレックス・ファーガソンは、私より多くの選手を変えている」 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/04/21 11:22
日本の音楽市場とシティの前3人のフィジカルなど
■音楽市場何だかピンと来ないが、そういうことらしい。 つまりCDなどの、ダウンロード以外のソフトのシェアが世界は57%なのだが、日本は80%と突出して高いので、結果ソフトの売上高が世界一になったようだ。 また世界の音楽市場が縮小するなか、日本だけが4%増で4年ぶりに拡大した事も影響している。 http://ro69.jp/blog/shibuya/80694音楽市場ねぇ。好調の理由がよくわかってないのですが、要はアイドルに金払っているやつが日本にはたくさんいるということなのかな? ここ数年... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/04/11 02:45
ヨーロッパリーグ「ルビンサガン対チェルシー」ファーストレグ感想文  トーレスの躍動とランパードの価値
サンダーランド戦は、残念ながらスカパーでライブ放映なしでしたのでまだ試合は見れて無いのですが、なんとか勝てたようで何よりです。これで、プレミア3位浮上ですか? といってもスパーズやアーセナルとの差はほとんどないんですが。詳細については後日。■トーレスの躍動さてヨーロッパカップの対ルビンサガン戦ファーストレグを、ようやく拝見できたので簡単に。やはりというか、ヨーロッパの方ではトーレスが2ゴールの大活躍。ヨーロッパの他のチームとの戦いの方がプレミアリーグと比べて「フィジカル勝負」とならない分、やりや... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/04/08 01:31
ベニテスの選択肢 フリッパーズ再結成?
■選択「優先すべきものはトップ4だ。しかし、全ての大会に優勝するというつもりでアプローチしなければならない。48時間以内に2試合戦わなければならなかった。いくつかのポジションについては選手が多くいるわけではない。だから、我々はしっかりとマネージメントしなければならないんだ。それを本当に上手くできたと思う」 「我々はサウサンプトン戦でも勝利を望んでいたし、その試合で多くの選手を使うことを望んでいた。48時間以内にもう1試合あったからね。我々が何ヶ月もの間やってきたように、3日に1試合あるわけでも... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/04/04 01:50
予選「日本代表対ヨルダン代表」について、何か書いておかないとやばいかな。
カナダ戦で及第点以上の働きを見せた中村憲剛ではなく、香川をトップ下でスタメン起用するアルベルト・ザッケローニ監督の判断には、ちょっと驚かされた。この攻撃のユニットは相当に前掛かりな印象を受ける。引き分けでもよい日本だが、あえて攻撃的な布陣でスタートし、早い段階で試合の流れを決めたいとする指揮官の意図が、このリストからも強く感じられる。 http://sportsnavi.yahoo.co.jp/sports/soccer/japan/2013/columndtl/201303270005-sp... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/03/29 03:04
ランパードはジョーダンと同じ価値があるか? ポールウェラーとアンチロック
■ランパードはジョーダンと同じ価値があるのか?クラブの中長期的な戦略を考えるうえで参考になると同時に、契約更改で選手の年俸を決める際にも活用したそうだ。  ジョーダンが残留したときと他チームに移籍した場合のそれぞれについて、チームの収入を試算する。その差額分までは年俸として支払っても、収支が合うという考え方だ。選手にとっても、年俸を明確な基準で説明してくれることには納得感があると思う。 http://www.nikkei.com/article/DGXZZO52982280Z10C13A30... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/03/25 02:40
日本人は、日本人さえよければハッピーであるという、島国根性の持ち主なんだろうか?
■デポラレル「前半の30分間、バルセロナは驚くほど見事な戦いを見せてきた。特に高い位置で我々を押し込み、ボールを自陣から出すことができなかった。4失点のうち3点は、我々のミスから決められた。サッカーでは時として数センチが明暗を分けることがあるが、我々のシュートがポストに当たっていなければ1−1に追いつくことができ、その数分後に決まったバルセロナの2点目もDFの股下を抜くものだった」 http://news.livedoor.com/article/detail/7494281/イタリア人という... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/03/14 03:16
ベニテスは本当にプロフェッショナルか? 「キャプ翼」の地元は静岡じゃないの?
■先生さようなら、ベニテスさようなら「横断幕をつくったり、チャントをすることで時間を無駄にするのではなく、チームをサポートし、スタンフォード・ブリッジに良い雰囲気をつくるべきだ。選手をサポートしなければいけない。私は経験のある監督でプロフェッショナルだ。自分の仕事をする。私が望んでいるのは、チェルシーのためにすべての試合に勝つことだ」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/03/01 01:20
日本サッカーの問題点は、本当にビッククラブがないことなのか? 
強豪が根付かない理由の一つに、プロとしての厳しさの欠如が挙げられる。これまで何度も言ってきているが、企業スポーツの弊害、と言い換えることもできるね。たとえば広島が優勝しても年俸が上がらず選手が出ていってしまう。先細りの予算社会の中でやっているから、強いチームが育たないんだ。「絶対に勝たなければならない」というプライドや使命感も生まれない。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/02/20 02:54
欧州CL「マドリー対ユナイテッド」たわごと  ハングリーハート
■マドリー随所にモウリーニョのチームっぽさはあるのかもしれないけど、ぶっちゃけ今のレアルマドリーはイマイチですな。クリスチャーノ・ロナウド以外は小粒というか、育ってないというか。チェルシーも似たようなものかもしれないけど、エジルとかベンゼマとか、もっといい選手になるのかなと思っていたので残念です。エジルはいいとしてもFWは必要なんじゃないかしら? さらなる高みを目指すなら。モドリッチ? モウリーニョじゃ使いこなせないのかも。なんとなく、そんな気がする。ユナイテッドでは香川は悪くなかったんじゃない... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/02/19 02:27
「スラムダンク」と「体罰」  そして「体罰と処分」について
ご存知、井上雄彦氏の人気漫画「スラムダンク」単行本24巻に、このようなシーンがある。 湘北対豊田高のバスケットの試合中(タイムアウト中)に、豊玉高校の顧問が生徒である選手を殴ってしまうのだ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/01/17 02:02
「主観性を欠くメディアとサポーター」を読んで、「空気」と「ジャーナリズム」で解く
このコラムの目的は佐藤氏を擁護することではなく、むしろ彼が図らずも明らかにした真実を指摘することにある。日本のサッカージャーナリズムは瀕死の危機にあるということだ。建前と本音が存在するこの国では、記者会見やインタビューで長々と話がされてもその内容は乏しい。実際に存在する真実について書くのか、できる限り気を悪くする者が少なくなるように書くのか、サッカーライターは二択を迫られることも多い。(中略)その「冷ややかな」ファンが鮮やかな反撃に転じ、佐藤氏を壁の外へと追いやった。だが、それからどうなるのだろ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/01/16 02:58
「サッカー監督の仕事」と「選手たちに任せること」 または「空気」と「言論弾圧」
■選手たちに試合を任せる「監督同士のカードの切り合いで勝負を決めるようなサッカーはしないでほしい」と。選手は、チェスの駒でもないし、ポーカーのカードでもないのだから。ピッチ上に選手たちを送り出した後は、選手たちに試合を任せて、それでも十分に戦えるようなチームを作ってほしい。もちろん、どうしてもうまくいかない場合に、外から指示を送るなり、交代のカードを使うのは当然だが、試合前からカードの切り合いのつもりで戦うのはやめてほしいのである。 http://www.jsports.co.jp/press... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/01/12 03:03
She's Gone (1976) - Hall & Oates
「ホール&オーツ」は昔から好きなグループなんだけど、年取ってくるにつれジョンオーツが歌うナンバーが好きになってきました。ちょっぴりラテンな感じの、このナンバーとか最高だよね。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/01/10 02:51
もしも私がグルーピーだったら?
もしも私がグルーピーだったら 今頃はどこで誰と暮らしている? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/01/09 02:10
元「犬猿の仲」の ベニテスが監督に就任
モウリーニョと犬猿の仲とも言われていたベニテスちゃんが監督になるとは、時代は変わったものだ。 ただ、個人的には悪くはないチョイスと思っていたりする。なぜか? ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/11/23 03:08
ポゼッションサッカーにおけるサイドバックの役割
なんで前回のエントリーでチェルシーは若造サイドバックが問題だと指摘したのか? 簡単に言うと、一番の問題はボールポゼッションのときにサイドの高い位置で起点になれてないということである。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/11/20 03:13
山下達郎インタビューを読んで。
山下達郎が言うように、カーステレオやウォークマンやラジカセが音楽をアウトドア仕立てにした。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/11/06 03:37
プレミア「チェルシー対まんゆー」感想文 下手糞というより八百長
まずは、こちらの動画をご覧ください。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/10/30 03:16
アンチフットボール論
“天才”にしか見えない世界があるのだ、と。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/10/28 02:31
あだち充と村上春樹。そして小沢健二と山下達郎。
あだち充と村上春樹。 なんとなく、わかるかも。 「何が」って明言できないけど、 雰囲気が似てるんだよね。 周りの人で村上春樹作品好きな人は、 初期が好きって人が多いかも。 http://blog.livedoor.jp/cabaret/archives/50531497.htmlとりあえずネットで探してみたら、こんなコメントを見つけた。やっぱ同じ感覚の人っているんだね。で、ここに「ライフ」までの小沢健二も加えさせてください。で、ここでいうところの、その似ている... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/10/24 02:43
村上春樹と山下達郎の共通性 そして小沢と小山田の差異
まずは作品としての完成度。最後の一ページにいたるまで精密に練り上げられた村上春樹の小説と、幾重にも音を重ねて構成されている山下達郎の音作りは、どちらも職人の域に達していると思う。しかも、両者ともに、出来上がったものが生みの苦しみが感じられるようなものではなくて、誰にでも楽しめる普遍的な表現になっているというところが素晴らしい。 また、両者の作品からは、歌詞やストーリーのような表に出た表現の奥に、さらに深く強いメッセージが籠められている点も共通している。この傾向は、特に最近の作品に関してより強... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/10/23 03:25
サッカーにおける個人の成長と、それに対する監督のアプローチについて考えてみる
代表ウィークも終了し、今週末からプレミア再開。チェルシーはスパーズと敵地でロンドンダービーです。因縁のビラスボアスと対戦ですよ。負けられないね。って、勝つのも難しいけど。試合のポイントはサイドの攻防になるのかな。それとも中央の攻防? ほら、スパーズの中盤はモドリッチがいなくなった変わりにデンベレが入ったじゃないですか。彼はモドリッチとはタイプは違うけど、いい選手だし、脅威。彼を相手に、マタやオスカル、アザールがどれくらいできるのかに注目したいです。サイドではやっぱべイル対策。今のチェルシーは両サ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/10/19 03:15
サッカーにおけるオフザボールの動きの考え方 
これに対してオープンスキルのイメージとは、“プレーの流れに対するイメージ”あるいは“プレーのパターンに対するイメージ”ということができます。  これは、たとえば映画のストーリーを頭の中に描くようなもので、自分のプレーの筋書きをイメージするということです。よい試合やよいプレーを見ることによって、できるだけ多くのプレーの流れ、プレーのパターンを覚え込むようにします。 http://www.ne.jp/asahi/date/osaka/tokiwa/technique/technique01-... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/10/16 02:56
イントロがかっこいい、80年代前後の洋楽ポップス
今日思い出したイントロがかっこいい曲。洋楽で。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/10/03 02:45
マイケルジャクソンとマイケルジョーダンの功績
マイケルジャクソンとマイケルジョーダンの功績は、非常に大きかったと思っている。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/09/28 03:11
アンチフットボール論。ザック日本代表はどちらを選択する? カート・コバーンと小沢健二
■アンチフットボール再考前回のエントリーで「チェルシーにはアンチフットボールがお似合い」と書いたが、今回はその「アンチフットボール」と呼ばれるサッカーについて再度考えてみようと思う。とりあえずネットで調べてみたら、wikiに以下のように書かれていたので引用してみる。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/09/09 02:40
UEFAスーパーカップ「チェルシー対アトレティコマドリー」感想
UEFAスーパーカップ「チェルシー対アトレティコ・マドリー」戦をようやく録画観戦。惨敗したという結果は知っていたんだけど、まさか、ここまで酷い内容だったとは思ってませんでした。特に守備が…。チェルシーはセンターバックの層が厚いと書いたばかりだったのですが、訂正しなくてはなりませんね。まぁセンターバックだけが悪かったわけでなく、中盤の守備も酷かったし、チーム全体的にプレスがゆるかったわけですが、そうなってしまったのはなぜか? コンディションの問題というよりも、そういう「ゆるく守備しろという戦術」だ... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/09/05 10:15
マンチェスター・ユナイテッドとファーガソン監督
ファーガソン監督はスコットランド・グラスゴー出身で、強烈なスコットランド訛りで知られる。英語圏のSNSでは「問題は香川の英語力ではなく、ファーガソンのスコットランド訛りなのではないか」と、香川に同情する声も寄せられている。 http://news.livedoor.com/article/detail/6893593/スコットランド訛りは、確かに試練かもしれないですね。まぁ、別にファーガソンの言うことなんて分からなくてもコーチの言葉が理解できればOKな気もします。ファーガソンがそんな細かい戦術... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/08/29 02:57
ファンペルシのユナイテッド移籍について。&「ニューカッスル対スパーズ」感想
■ファンペルシアーセナルがキープレーヤーを失うのは、ファン・ペルシが初めてのケースではない。それでもヴェンゲル監督は、ファイナンシャルフェアプレーが導入されれば、この問題は解決されると考えている。 「懸念している。しかし正直に言って、これは短期的な問題だと考えている。世界がこれを続けていくことは、できないだろう。(ファイナンシャルフェアプレーで)大きく改善される」 http://news.livedoor.com/article/detail/6866623/「ファイナンシャルフェアプレー... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/08/19 11:18
五輪の意義、若手獲得、海外からの招集
ロックの世界でシドと言えば、僕はヴィシャスかな。 でも実はシドヴィシャスのことはよく知らない。 ジョンライドンのほうが印象があるが、それはたぶん田島貴男が「PiL」の大ファンで あると知ったからそう感じているだけなんだろう。 ピストルズでは「プリティベイカント」という曲が好きだ。 「ガンズ」っぽいから。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/08/16 03:15
五輪サッカー日韓戦を前に 「五輪と造反」と「壁と卵」の相関性、または福西をダシにしてジーコ批判  
■自分たちのサッカー残念な結果ですけど、メキシコには決勝進出おめでとうございますと言いたいです。われわれは勝つために準備してやったわけですけど、先制して立ち上がりはよかったんですが、その後足が止まってきた。そこで今日、自分たちのペースにもってこれなかった。また、次あるのでしっかり準備していきたいです。 http://london.yahoo.co.jp/column/detail/201208080005-spnavi(試合を振り返って)流れはよかったですが、(今大会初の)失点のあとは少し動... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/08/10 03:01
五輪サッカー 「日本代表対メキシコ代表」雑感
残念ながらここで敗戦。前の試合まではカウンターをさせないサッカーができていたように感じてましたが、この試合ではミスからカウンター的に失点したのが痛かった。まぁ、サッカーにはミスは付き物ですので仕方が無いと思うのですが、ミスした選手の個人的なミスで終わらせてはいけない気はします。ミスした選手に過剰に負担がかかるシステムになってなかったのか? チームとしてミスをカバーできるシステムはできていたのか?など、建設的な敗戦の分析をしていただきたいものです。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/08/08 12:47
1982年「イタリア対ブラジル」を振り返って
■最高の成功例が、82年に黄金の4人を打ち破った試合?70年代後半から80年代にかけては、ゾーンとマンマークの併用。最高の成功例が、82年に黄金の4人を打ち破った試合だが、カブリニが左サイドをゾーンで守り、他の選手はマンマーク。ジェンチーレが、今日の審判基準ならば1試合に5回くらいは退場になる手斧士ぶりを見せてジーコをつぶし、あいたスペースをシレアが埋めて守り切った。自分がマークをする選手を止める技術、自分が担当している地域を固める技術、全く異なる守備技術を持った選手の鮮やかな並立。 http... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/07/24 02:19
欧州選手権「イングランド対イタリア」を少しだけ見て雑感  ホジソン・サッカー論
少し時間ができたので、録画しておいたユーロ「イングランド対イタリア」を見てみました。といっても前半だけですが、その短い時間で感じたのは、イングランド代表は見事に「ホジソン監督のチーム」になったなぁってこと。まぁ当たり前のことだし、どんなチームでも「自分色」に染めることができるのがホジソンのすごいところなんだけど…。ぶっちゃけ、良くも悪くも「ホジソン・クオリティ」なんで、「それなりのチーム」にしかならないのかなって改めて思ったりして。ご存知のとおり、この監督はいわゆる「ビッククラブ」で失敗すること... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/07/22 01:33
ちょい悪が好き
■「ちょい悪」が好き「ちょい悪オヤジ」という言葉を考えた人は天才であると思うが、考えてみれば別にオヤジと限定しなくてもいい。年とっていようが、若かろうが「ちょい悪」であることがかっこいいのだ。思えば私も昔から「ちょい悪」が好きだった。たとえば漫画「キャプテン翼」で考えると、翼君よりも日向君のほうが好みだったし、ガンダムで考えるとアムロよりもシャアなのだ。シャアが「ちょい悪」なのかどうかは意見の分かれるところだとは思うが。好きなミュージシャンを考えてもそうだ。ビートルズよりもストーンズ好きなのは、... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/07/19 02:25
視聴率と視聴質
人間、年取って老けはじめると、いろいろなものに対して「質が落ちた」と感じるようになるのかもしれない。で、その質が落ちたことに対して、「仕方がないこと」と何も期待しなくなるのがやっかいなのだ。質よりも「みんなに支持されているのか」ということのが大切だと感じ、「ビジネスになるのかどうか」がすべてだと思うようになれば立派な老人だ。老人というか大人。大人というか脱子供。そうだ、脱子供(立派な大人)はお金持ちの子供を探して商売できないか考える。そこに「質」が必要と感じるなら、「質があるようにカムフラージュ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/07/15 22:33
チェルシーはアーセナルになれるか? ドログバは中国で自分探しの旅? ボアスの返り討ち
■若手育成トッテナムとの争奪戦に競り勝つ形で、チェルシーはブラジルの若手スター選手オスカルを2500万ユーロで獲得する可能性が高まっているようだ。オスカルはインテルナシオナウ所属の20歳のMF。スパーズは彼の獲得のため先週1900万ユーロのオファーを出していたが、これを金額で上回ったチェルシーが交渉を進展させている。オスカルは南米で最も将来有望な若手選手の一人と見られており、チェルシーも未来のスター候補と捉えている。ある関係者は交渉の現状について次のように語った。http://news.live... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/07/15 15:49
日記的なこと
久々の更新となります。というか更新サボってました。ゲームとかして遊んでたりして。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/07/15 01:10
プレミア「ニューカッスル対リバプール」感想文 黒人がいないのは、リバプールだけ!
残念ながらプライベートで黒人の友人はいないが、サッカーでは黒人の選手に好きな選手が多い。ドログバ、エシエンを筆頭にアフリカの選手は好みだし、マケレレ、アネルカ、マルダらヨーロッパ国籍を持つ黒人選手もファンだ。ラミレスらブラジル国籍の選手も嫌いでない。チェルシー以外の選手だって同様で、たとえばロナウジーニュらブラジル国籍の選手も好きだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/04/03 03:09
サッカー日本代表、ジーコ氏率いるイラクと同組に&町田ゼルビアのホーム陸上競技場改修工事
■サッカー日本代表、ジーコ氏率いるイラクと同組に!元日本代表監督のジーコ氏率いるイラクが、日本と同組に入った。昨年8月から監督を務める同氏は抽選に立ち会い、「日本とイラクが出場権を得ることが望ましい」とコメント。イラクが予選突破すれば1986年メキシコ大会以来となり、かつていた日本とそろっての出場に意欲を示した。  ジーコ氏はB組について「オーストラリアと日本が頭一つ抜けているのは事実」と冷静に分析。その上で「イラクは経験を積んできた。強いチームがひしめく中、ブラジルに導くため長い時間を費やし... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/03/12 02:42
FA杯とか
特に書く事はないんだけど、一応、書いておこう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/01/30 02:41
英吉利で日本人が成功できない理由と、移籍金ゼロ
■イングランドサッカーに日本人は適合できるのか?パスを回せる強豪チームは別として、その他のプレミアチームの場合は、DFラインからボカーンと前に蹴ると、4〜5人の選手は前線へと殺到はしてますが、残りの選手はラインをすぐに上げるわけでもなく、だいたいタラタラと歩いているんですよね。で、その直後に前線でボールを奪われても、前線へと走った選手は前に残ったままでゆっくりと帰って行き、守備は後ろに残った選手でやっている。 http://gazfootball.com/blog/archives/2012/... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/01/18 03:41
データサッカー「3本以内にシュートおよびクロスにつながるパス」 &部活サッカー
■シティ対リバプール感想文個人的な好みで恐縮ですが、ダルグリッシュ・リバプールにはあまり魅力を感じてないです。まぁカウンタースタイル自体はわかるんですが、なんか魅力ないんですよね。起用されている選手(特に若手)のせいなのかな。フラムとかサンダーランドのほうがよっぽど魅力的とか言ったら「退屈なチェルシーファンのお前に言われたくない」って、突っ込まれそうですが(笑)。確かに、チェルシーだって似たようなものかもしれないけど、何か今のリバプールには違和感があるんですよね。コーチに元・モウリーニョチェルシ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/01/08 02:44
2011年総括
年の瀬なので、2011年を振り返ってみます。今年最大の出来事は、やはり「3.11」だったと思うんだけど、このブログ的にもその影響からか、5月くらいから更新頻度が減りました。まぁ震災の影響というより5月が欧州サッカーのオフシーズンだったこと(またはアンチェロッティ・チェルシーのダメさに嫌気が差した影響)のほうが影響が大きかった気もするし、Twitterの時代となった影響もあったと思うけど、なんにせよ更新頻度が減ったのは確かでした。コメント欄の閉鎖も影響しているのかな。なんか「もう、ブログは適当でい... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/12/28 02:32
80年代のブリティッシュサウンドを勝手に振り返ってみる 「This Is The One」
たまには音楽の話題について書いてみよう。といっても、最近のはほとんで知らないので、個人的によく音楽を聴いていた80年代、90年代の話になるわけですが、自分が洋楽を聴き始めたころの楽曲をミュージシャン視点でなくプロデューサー視点で振り替えてってみたいと思います。■ナイル・ロジャーズ(デビットボウイ「レッツダンス」)そしててがけたナイル・ロジャース側です。このプロジェクトの依頼はボウイサイドから来たそうで、二つ返事で引き受けたそうです。当時の彼なら、断るようなプロデューサーはいなかった中、ボウイはナ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/11/14 02:36
サッカー日本代表の試合は見てないけど。&巨人内粉について
■ザッケローニ(前半、なかなか点が入らなかったときに思ったことは)ゲームはウチが進めていたので、あの状況では我慢が必要だった。引き続きコンパクトにまとまって、チームとしてプレーを続けるべきだと思った。というのも、なかなかチャンスが決まらないとき、チームはバランスを崩しがちなので、そこはケアした。バランスが崩れると結果も変わってくる。(ハーフタイムの指示は)バランスを保って、特にバイタルのところでフリーになろうという指示は出した。そこで数的優位を作れていたので、どんどん入っていこうという話はした。... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/11/13 01:46
売名行為と、疑惑が浮上したことだけでも不名誉について。
■売名行為売名にならないよう格好をつけてもらわないと http://news.livedoor.com/article/detail/5969662/えーと、そもそも日本でプロ野球の球団のオーナーになるというのはみなさん基本「売名」が目的なんじゃないんですか? 読売とか、楽天とか、ソフトバンクとか。正直、この問題どうなろうと関係ないし反対するのもいいんだけど、あまりに議論しているレベルが酷すぎる。 ■不名誉?とはいえ、人種差別的発言をしたとの疑惑が浮上したことだけでもイングランドにとっては不... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/10/27 03:37
ザッケローニ日本代表の「3ー4ー3」には、未来予想図はあるのか?
■「3ー4ー3」の問題点新聞を見ると「3−4−3」などの数字が大きく書かれている印象を受けるが、それは(メディアの)皆さんが書いているだけで、協会からも「3−4−3でやってくれ」と言われているわけでもないし、今は4−2−3−1というシステムも持っているわけだから、それにプラスして新しいものを持てればいいと思っている。このシステムを試しながら精度が高まってきたら公式戦で使う時が来るかもしれないし、フレンドリーマッチというのは、6−0とか7−0で勝てばいいわけでもない。フレンドリーマッチとは、自分の... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/10/10 00:55
バルサ礼讃風潮にクギをさせ! イエイ!
■バルサ礼讃風潮にクギをさせ!ライターの小澤一郎さんは自身のメルマガで「日本でこれだけバルセロナのサッカーが語り尽くされている理由は簡単で、少々厳しい指摘かもしれないが、各自に自身のサッカー哲学がないからだ」とバルサ礼讃風潮に釘を指しているそうです。 http://supportista.jp/2011/09/news16100130.htmlな、なるほど〜。バルサ礼讃風潮なんてものがあったんですね。知らなかった〜。で、小沢氏が指摘する「各自に自身のサッカー哲学がない」 という言葉ですが、素... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/09/17 03:07
アーセナル論2011
■アーセナル論2011近年のアーセナルは、セスクを中心選手にすえたことにより“司令塔”の存在がキーとなっていた。しかし、03−04シーズンに無敗優勝を達成し“無敵”と呼ばれた時代には明確な司令塔は存在せず、中盤の中心選手だったのはパトリック・ヴィエラやロベール・ピレスといった技術と機動力に優れた面々だ。 アルテタはセスクのような司令塔タイプではなく、シンプルで正確なパスを供給し自らもサイドや前線へと上がり得点に絡める機動力のあるプレーヤー。つまり、“強かった頃のアーセナル”のサッカーを体現できる... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/09/05 01:57
チェルシーのCL組み合わせ&マージーサイドには、2つの偉大なチームがある
■チェルシー今夏、バレンシアからチェルシーに移籍したスペイン代表MFフアン・マタは、チャンピオンズリーグ(CL)の決勝で古巣と再会することを願っていた。しかし、抽選の結果、早くも同大会のグループリーグで両者は激突することとなった。マタは、古巣との再会を楽しみにしているようだ。イギリス『サン』のインタビューに応えたマタは、改めてバレンシアへの感謝を示した。同選手は、CLでのバレンシア帰還を喜んでいる。 http://news.livedoor.com/article/detail/5814602... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/08/27 03:25
CL「リヨン対ルビン」、韓国サッカー、今期のアーセナルについて など
■CL[リヨン対サガン」雑感テレビつけたらやっていたので見ました。ピャニッチはいいなぁ。あと、リサンドロ・ロペスっていい選手ですよね。何が良いかって言われると答えにくいですが、要はゴールへの嗅覚があるというか、サッカーを良く知っているところがいいです。柳沢選手をもぅとわかりにくくした感じとでもいいますか。「リサンドロ・ロペスの良いところを語る会」とかあったら、ぜひ一度顔出してみたいんだけど、ないかな? ないよね。リヨンは相変わらず良いチームであると感じましたが、なんと昨シーズンはリーグアンでタイ... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/08/18 02:05
プレミアリーグ開幕 リバプール戦の雑感
プレミアリーグなんとか開幕しましたね。とりあえず、よかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/14 02:13
日韓戦とブラックベリー
■日韓戦日韓戦ですが、3−0とはすばらしいですね。韓国が弱体化しているからこその結果であるのは、言うまでもないことでしょうが、それでも3−0というスコアは申し分ないですよ。香川選手と本田選手というの2大スターがゴール上げての勝利ですし、ほんと言うことはありません。韓国は一刻も早く監督を変えるべきだね。手遅れになる前に。以上です。■ブラックベリーかよフェースブックやツイッターに以外にも、今回の暴動で大きな役割を果たしたとみられるのが、スマートフォン(多機能携帯端末)の一種のブラックベリーだ。ブラッ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/08/11 02:32
マリーシアのないサッカーはサッカーではない
■メディアの体質?メディアのこうした体質が、Jリーグの成熟を妨げる要因にもなっていると思う。宇佐美も宮市も、まずは静かに見守ろう。必要以上に騒ぐのはやめようよ。 http://news.livedoor.com/article/detail/5745587/メディアの体質の問題というよりも、それを享受する日本人が多いということが問題だと思うけどね。メディアがいくら騒ごうが、受け取る側が無視すりゃいいわけで。結局のところ、それを望む人が多いから「必要以上に騒ぐ」ことになるわけですよ。卵が先か、鶏... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/07/30 03:30
シャビ
■ファルカオポルトに所属するFWラダメル・ファルカオ(25)が、クラブとの契約を2015年まで延長することになった。これにより、同選手のチェルシー移籍はほぼ消滅している。あと2年で契約満了となる予定だったファルカオは、4年の契約にサイン。これにより、契約解除に必要となる額は4500万ユーロになった模様で、他のクラブへ移籍する可能性が事実上の消滅となった。 http://news.livedoor.com/article/detail/5710222/チェルシーにはトーレスがいるからファルカオ獲... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/07/15 10:20
南米選手権辞退に寄せて  お休みなさい子猫ちゃん
■目的は何だったんでしょう?結局は辞退ですか。よくわかりませんが、要は、協会も監督も選手も、誰もがそれほど参加することを重要だとは思ってなかったということなのかしらね。誰もが参加することの意義を見出せてなかったとでもいいますか。というか、そもそも論として、日本代表はどういう目的で南米選手権に参加しようとしていたんだろう? Jリーグに眠る新たな「選手の発掘」でもしたかったのかな。それとも、海外組をもっと簡単に招集できると思っていた?もっと言えば、南米選手権の「招待枠」とは何なんだろう?というところ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/05/19 03:37
ユナイテッド戦の前に、チェルシーの今シーズンを軽く総括
ユナイテッド戦の前に、チェルシーの今シーズンを軽く総括してみたいと思う。総括する上でポイントとなると思うのは「シーズン開始前のバラック&ジョーコール&カルバーリョの放出」と「シーズン中盤以降でのトーレス&ルイスの獲得」という選手の入れ替え時期のズレですかね。この半年の選手の入れ替えのズレをどう考えるかというのは難しいところなんですが、チェルシーのフロント的にはどういう目論見だったのかは気になるところ。つまり、シーズン当初は「もう大金使って補強はしない、若手育成するチームに変更するよ」という計算だ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/05/06 02:19
プレミア「チェルシー対スパーズ」超雑感  というか「テンカーテ+オシム=ボアス」?
■問題は4-4-2?勝った事は評価したいけど、正直、内容はよくなかった。問題はトーレスとドログバの共存というよりも、4-4-2のフォーメーションに変えたことによってサイド攻撃が機能しなくなったことかな。サイドの高い位置で起点を作れないのでチームとしての連動的な攻撃が出来ず、結果として中央からの個の突破頼みの窮屈な攻撃が多くなってしまう感じなんですよね。もちろん4-4ブロックの守備はそれなりに可能していたので、「高い位置でインターセプト」してカウンターができればいいんだけど、肝心なポゼッションから... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/05/02 00:14
プレミア「チェルシー対ウエストハム」超雑感 トーレスおめでと&クライフ教について
■トーレスおめでとうトーレスがついにゴール決めたみたいですね。実はテレビで試合を見逃してしまい、まだダイジェストでしか見れてないんですが、非常に「トーレスらしいゴール」だったように感じました。何が”らしい”って、あの反転して決めたところがそう。ああいう、DFに囲まれながらも、狭いところをコントロールシュートを打ってゴール隅に決めちゃうってのがトーレスの良さなんですよね。つまりシュートがうまいってこと。そんな彼のストロングポイントがやっと見れて何よりでした。やっとね。そう、ぶっちゃけ、もっと早く見... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/04/25 01:43
プレミア「チェルシー対バーミンガム」雑感&渋谷系論
■チェルシー戦マルダとカルーの両ウイングがゴールして試合に勝つというのは、ある意味、現チェルシーの理想型でした。サイドや中盤の選手がオフザボールの動きで「ゴール前に進出」してゴールを決めるという流動性ある攻撃は、「4-3-3」というフォーメーションで戦う場合はかなりポイントだと思うんです。なぜなら、何度も言うけど、ロッベンやリベリや、クリスチャーノ・ロナウドみたいな一人で出来る子はチェルシーにいないから。なのでポジションチェンジして、相手の守備を撹乱させる必要があるってわけですよ。あと、やっぱ中... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/04/23 03:54
ドイツのクラブ故の拒否? モウリーニョの後継者、大学ラグビー
■手厳しい【ゲルゼンキルヘン(ドイツ)共同】サッカーのドイツ1部リーグ、シャルケのヘルト・ゼネラルマネジャー(GM)は13日、所属するDF内田篤人を南米選手権(7月・アルゼンチン)の日本代表に派遣することに「7月はシーズン前のチームづくりの大事な時期で招集に応じることは難しい」と難色を示した。  日本サッカー協会の原博実強化担当技術委員長は海外組を12人以上招集できない場合、同選手権出場が厳しいとの認識を示している。ヘルトGMは「日本協会にいろいろな形で協力は可能だと思うが、われわれプロクラブ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/04/20 03:21
CL「ユナイテッド対チェルシー戦」セカンドレグプレビュー  都知事選挙:雑感
■都知事選挙若者が選挙に行かないことを嘆いちゃいけません。別に今に始まったことでなくて、昔から選挙に無関心な若者は多いんですよ。ただ、個人的には若いのに石原氏に投票したした人の狙いがわからん(笑)。まぁ、素直に石原氏がいいと思って投票したんだろうけど、爺はたぶん「若者」が住みよい町づくりや政治なんてやりませんよ。ジジイが主役の「高齢者に優しい」社会を作ることになるんです。若者が働いて、爺たちが楽できるような社会を。まぁ年寄りが多くなれば必然的に社会がそうなるってこともあるんでしょうが、やりように... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/04/12 00:51
プレミア:チェルシー戦プレビュー「対ストーク戦」ほか、いろいろ
■ストーク戦ほか4月の戦いプレビューそのストークを相手に舞台がブリタニア・スタジアムとなると、いくらチームの気運が上昇中とはいえ、チェルシーにとっては慎重さが求められる試合となる。やはり見どころはトーレス、移籍後初ゴールなるか、といったところである。ここへ来て、トーレスの初ゴールが持つ意味はチェルシーにとって確実に大きくなってきている。 http://www.jsports.co.jp/press/column/article/N2011033116372502.html明日のブリタニアでの試... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/04/02 05:17
日本代表チャリティマッチについて
日本サッカー協会は30日、日本代表―Jリーグ選抜の慈善試合(29日、大阪・長居陸上競技場)当日の募金が732万8947円に上り、26日からの4日間で2231万7199円に達したと発表した。  http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/headlines/20110330-00000184-jij-spo.htmlいや、大そうなお金が集まり何よりでした。チャリティマッチは大成功ですね。それを踏まえて以下。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/03/31 02:31
欧州CL「バイエルンミュンヘン対インテル第二試合」超雑感  ジーコorドゥンガ?
遅ればせながら、録画しておいた欧州CL「バイエルン対インテル」を観戦したので、その雑感を。試合は3-2でインテルが勝つのですが、勝因は何だったのか? いろいろ考え方はあるのでしょうが、「縦のポジションチェンジ推奨委員会」の私的な見解としては、インテルが攻撃時に「ポジションチェンジ」をうまく使ったところがポイントだったように感じました。後半のスナイデルのゴール(インテルの2点目)は、彼が左サイドから中央へポジションチェンジしたことでフリーでシュートできたのがポイントだったように見えたし、パンデフの... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/03/27 02:23
モウリーニョのあとの悲惨は避けるべきか? &ライフスタイルのシフトについて
■モウリーニョのあとの悲惨は避けるべきか?唯一の欠点と言えば、彼があまりに完璧な監督であるために、彼が去った後のチームに深刻な影響が出てしまう事。ポルトのデルネーリ、チェルシーのグラント、インテルのベニテスと彼の後釜はことごとく1年以内に解任されている。監督という職業は、ファーガソンなどの例外を除けばチームを数年で変わっていくものである以上、よほど選手やクラブに体力があって成熟されていないと、「その後」に深刻なダメージが残ってしまう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/03/25 01:33
「流言飛語」
卒論のテーマは「デマについて」だった。別名「流言飛語」ってやつに対する研究だ。研究というほど大層なものではなかった。それについての本を探して、いくつかのおもしろい例と、結論じみたことを写経しただけだった。もちろん、少しは自分の言葉に置き換えはしたけど、ほとんどが他人さまの調べた事例をピックアップし、もっともらしい意見をまとめたものだった。「で、流言はなんで起こるのかね?」と提出時に先生に聞かれたときも、本で読んだことを答えた。「えっと、ですね。それは、災害とかですね、情報が入りぬくいときにですね... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/03/24 00:10
日本代表チャリティーマッチとか、映画「アバター」とかについて 久々のニュース読み
■アバター映画「アバター」を借りて見た。感想はずばり、純正アメリカンニューシネマ。残念ながら似たテーマの「ソルジャーブルー」というアメリカンニューシネマの金字塔たる映画は見てないんだけど、たぶん、それと違うのは、主人公がインディアンと西部開拓者のどちらの立場にもなることができるという「科学の力」が見れるところか? で、そのアバターに乗り移れるという「科学の力」によって「現実と虚像の区別がつかない」というテーマは、非常に現代的でおもしろいと感じました。それと、「偉大なる大自然と、それを滅ぼす人間... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/03/23 00:21
プレミアリーグ「マンチェスターユナイテッド対シティ」超雑感  「外す」動きと「外さない」動き
■ファンタスティック確かにルーニーのゴールはファンタスティックだったけど、個人的にはそれよりもマンチェスターユナイテッドの攻守に渡るオフザボールの動きを評価したい。攻撃時は「相手のマークを外し」動き、守備時は逆に「相手のマーク外さない」動きがしっかりとできていて、そこが徹底されているところが強い秘訣だと改めて感じました。■攻撃的なサイド攻撃面でいうとユナイテッドは伝統的に「4-4-2(または4-2-3-1)」の両サイドに攻撃的なウインガー的なサイドハーフの選手を配置する傾向があって、そのサイドハ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/14 03:17
アジアカップまとめ ザッケローニ日本代表はオシム御大と同じ哲学のサッカーなのか? &トーレス
■4-2-3-1のままでしたか交代については、中盤を厚くすることをまず考えた。なかなか中盤でゲームが作れていない印象があったからだ。藤本は今日も良かったが、1カ月くらい試合から遠ざかっており、試合勘を欠いていたのかもしれない。チョイスとしては今野をアンカーの位置に置くことを考えたが、彼は(今大会ずっと)センターバックでやってきていて、中盤のラインに入るのはちょっと(不安がある)ということで(左)サイドバックに入れようと。そして長友を1つ前にずらすことにした。長友はあのポジションもできるし、スピー... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 3

2011/01/31 01:32
ザッケローニ監督は香川選手をどう使うべきか? 韓国戦プレビュー的なお話
チェルシー戦は月曜早朝なので、本日はザッケローニ日本代表についての補足(カタール戦の?)みたいなこと書きます。■中へ絞るでOKか? それとも外で張るべきか?香川はスペースが空いていると、そこに入っていって決定的な仕事をする。だが、大会を通じて日本は前線で仕掛ける動きが遅すぎるうえに回数も少ない。前半はスペースをつくる動きができていなかった。 http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2011/01/22/kiji/K20110122000099280.html... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/01/24 02:27
アジアカップ「日本代表対カタール代表」超雑感 アジア仕様のテストは合格?
いやー、よく勝ちました。すばらしい。パチパチパチ。ほんと、勝ててよかった。勝って経験を積めるというのは、すばらしいことですな。ということで時間がないので気が付いたことをいくつか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/22 03:20
アジアカップ「日本代表対サウジアラビア」超雑感 ニアサイドを制するものは世界を…
仕事のため生放送が見れなったんですが、なんとなんとケータイのワンセグ録画も失敗。ガーン。マジか。残念。…なので、先日、このブログで「ゴールシーンよりその他のプレイが大事」と書いたばかりですが、その言葉を覆す感じでYOUTUBEで見たゴールシーンについてのみ書かせていただきます(笑)。かたじけない。■1点目:岡崎選手遠藤選手の抜群の裏へのパスに、岡崎選手がこれまた抜群の裏への抜け出しを見せて、GKを交わしてゴール。まず、サウジアラビアの適当な最終ラインの守り方に脱帽。プレスかけないなら、下がらない... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/01/18 02:35
プレミアリーグ「マージーサイドダービー」超雑感  監督交代の狙いは?
チェルシー勝ったようですね。残念ながらスカパーで放送がなかったんで、試合見れてないんですが。この調子でぜひ勝ち点を積み重ねてもらいたいものです。というわけで、その代わりにみたマージーサイドダービーについて。 気がつけけばホジソンが首となっていたリバプールだけど、ここでダルグリッシュに監督を変えた理由は何なんでしょう。1、優勝狙うため? 2、CL出場権を狙うため? 3、降格阻止のため。 4、アイデンティティ復権 5、ユースアカデミー上がりを重宝する&使って育てるため。ダルグリッシュの手腕... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/17 02:16
(追記あり)アジアカップ「日本代表対シリア」雑感PART2 亜細亜の貧困&ポゼッションカウンター 
世の中には、人が思っているようなこと狙って書いて●●を得たい人と、人が思っていないこと(またはあえて人と違うこと)を書いて●●したい人の2種類がいるようだ。あなたはどっち?■日本化という呪縛から開放されてというわけでシリア戦についてというか、ザッケローニ日本代表・公式戦第2戦を見たなんとなくの感想を改めて書いてみよう。まず、確認しておきたいのは、ザッケローニ監督が今やっているサッカーは、例の「サッカーの日本化」と同じ(または一環)なのだろうか?ということ。ここからスタートしてみたい。まぁ、日本化... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/01/14 21:50
アジアカップ「日本代表対ヨルダン代表」超雑感  苦戦した理由と「3-4-3」?
■似てない?なんとなく、ジーコ日本代表時代のオマーン戦を思い出した人、手を挙げて? いない?冗談はさておき、まず最後の最後に追いついたことを評価。いくら内容がよくても負けてしまっては何にもならないですからね。よく追いつきました。こういう試合で勝ち点1をゲットすることができたのは大きいです。長谷部のクロスがよかった。さて、では何で苦戦してしまったのかについて考えてみたいと思います。 ■苦戦の理由考えられる100の理由のうちの、考えがぱっと浮かんだ10個くらいを以下に挙げてみました。1、不運だった... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/01/10 02:09
Niteflyte
アジアカップの展望的。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/08 05:04
ピクシーとベンゲルのこととか
■ベンゲルとピクシーさてさて、ピクシーと言えば現役時代からその名の通り、華麗なプレーで僕らの目を楽しませてくれました。監督に就任してからもその哲学は変わらず、「アーセナルみたいなサッカーをしたい」と考えていたそうですね。昨年までのサイド攻撃は、両サイドバックも攻撃的で美しさを兼ね備えていました。ただ、サイド一辺倒になるきらいもあったので、それが今季、どのような進化を遂げるのか楽しみでしかたがなかったのです。まさか、その答えが、試合終盤になるとFWのケネディに加え、増川、闘莉王、ブルザノビッチとい... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 1

2010/12/27 23:49
ザッケローニに課された使命? 
■ザックに課された使命?ここまで海外組が増えてくると、国内で合宿をして試合に臨むこれまでの方法は、現実的に難しい。試合をしながらチームを完成へ近づけていくのが、ザックに課せられた使命となる。スポンサーの存在を無視できないテストマッチにしても、ヨーロッパ開催の比重を増やしていくほうが理に適っている。海外組の招集も、今後は考えていく必要がありそうだ。http://news.livedoor.com/article/detail/5213514/海外組の影響といえばそうなんだろうけど、そもそも、これま... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/12/16 23:56
W杯の最適な場所、モウリーニョ的「回復」の重要性、Jリーグの戦力外通告について
古い情報で恐縮ですが、先週一週間のニュースから気になっていたものについていくつか。■最適な場所ヴェンゲル氏は「私には決定方法がやや前近代的であるように思われる。基準を人為的なものでなく、もっと技術的にすべきかもしれない。たとえば、重要な基準を100項目設定してコンピューターに入力し、最適な場所をはじき出すのも可能なはずだ」と語り、今回の決定を「サッカーに情熱を燃やすイングランドの人々にとって悲しいこと」とした。http://news.livedoor.com/article/detail/518... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/12/06 20:27
チェルシープレビュー、ランパード、ウィルキンス、モウリーニョ、キャプテン翼 
■ウィルキンス退団アンチェロッティ監督が母国イタリアから、友人かつ相談役であるブルーノ・デミチェリス氏を呼び寄せることにしたことも、ウィルキンス助監督退任につながったと見られている。また、アンチェロッティ監督が英語を話せるようになり、イングランドのサッカーを理解した今、グーレイCEOは35万ポンド(約4700万円)というウィルキンス助監督の年俸が高すぎると考えていたとも言われる。 そのほか、『インディペンデント』は助監督退任劇の裏にいるのはオーナーのロマン・アブラモビッチ氏で、昨季のチャンピオ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/11/14 01:42
【雑談】もしサッカーにドラフト制度を採用するとしから?
もし欧州を中心とした世界のサッカーマーケットに、オープンなドラフト制度が導入されたらどうなるのだろう? ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/11/10 01:43
プレミアその他「ユナイテッド対スパーズ」「ボルトン対リバプール」について
■ユナイテッド対スパーズクラッテンバーグがまたやらかしたみたいですが、そのシーンは超適当に観戦していたのでよくわかりませんでした。なのでノーコメント。どのみちスパーズは勝てなかったと思いますが、後味の悪さを残したのは確か。思い起こせば、キャロル(笑)事件の時もクラッテンバーグが主審だったわけですが、彼はスパーズに何か恨みがあるんでしょうか? まぁ、どうでもいい気もするけど、気になるといえば気になる。その他、試合について思ったことを言うと、レドナップはロビーキーンをスタメンで使った時点でアウトでし... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/11/02 05:09
プレビュー:チェルシー戦&ナベツネの亡霊?
■ブラックバーン対チェルシー:プレビューブラックバーン戦。サム・アラダイスのチームと言えば「あれ」が思い浮かぶわけですが、果たして今のチームが「あれ」なのかは定かではないんですよね。ケビン・デービスはボルトンのままだし、相変わらずサンバを電柱として起用しているようには思えないわけで。そもそもアラダイスのチームの特徴は「あれ」というよりも、どちらかというと守備のほうにある気がしないでもないし。というか、よくわからない。あとアラダイスと言えば再生工場という代名詞もあるわけですが、サルガドの起用やベン... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 3

2010/10/30 05:12
木村和司は本当に現代神として崇められていたのだろうか?
いきなりですが、野球の話題から。「巨人の堀内」間違いで、なぜか元巨人の堀内恒夫氏ことをwikiで調べてしまったんですが、現役時代の門限破りのエピソードとか今読んでもおもしろいなぁ。だいたい「悪太郎」というあだ名がすばらしすぎる。本当にそう呼ばれていたのかは知らないけど。そう、野球と言えば江川卓のドラフトの事件とかも好きなんですが、昔は良くも悪くも個性的な選手がたくさんいたし、おもしろい(?)事件もたくさんあったよなって改めて思ったりして。子供の頃とかよく野球選手のマネしたものですが、今のご時勢、... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/10/27 23:50
書くことがあまりないけど「ルーニー問題」と「野球とサッカーの違い?」ついて
■入れ地恵問題これまでも、現代のサッカー選手は代理人の懐の中に住んでいると話していたファーガソン監督だが、今回ルーニーをメロドラマの主人公に仕立てたのはストレットフォード氏だと名指しで批判。ルーニーは結局ユナイテッドと新たに5年契約を結んだが、当初チームの補強方針に不満を抱き移籍を示唆したのは、交渉を有利に進めたい代理人の入れ知恵だと示唆する。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/10/26 23:53
プレミアリーグ「マンチェスターシティ対アーセナル」超雑感  セスク・ファブレガスはやっぱすごいな
■セスク・ファブレガス改めて、セスク・ファブレガス選手のパスセンスというかサッカーセンスは、すばらしいと脱帽してしまいました。天才ですね、彼は。もう、ほんと何気ないパスでも、そのパスの意図や狙いが鋭くって、見ているコチラを唸らせたり、魅了させるものばかりという感じ。ほんの僅かな感覚なのかもしれないけど、その微妙な違いが結果的に大きな違いを生むんだよなぁ。いや、改めて言うことではないのかもしれないけど、すばらしいです。アーセナルの中でも、やっぱセスクは「別格」ですよね。たぶん、一緒にピッチでサッカ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/10/25 23:50
ルーニーの声明とLOVE GUNの関係  そしてスパーズの出来。
■大きな理由?ユナイテッドのアレックス・ファーガソン監督が火曜日についに、ルーニーが契約更新を拒否し、移籍を望んでいることを認めている。監督はその理由をわからないとしたが、ルーニー自ら移籍の理由を示唆するような声明を出し、金銭のためという噂を否定し、クラブが新戦力の獲得に消極的なことを大きな理由とした。 http://news.livedoor.com/article/detail/5086040/まぁ、たぶん本音ではないんだろうなぁ。理由は絶対にほかにあると思う。確かにベルバトフ獲得以降、そ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/21 23:57
欧州チェンピオンズリーグ「スパルタクモスクワ対チェルシー」超雑感  中盤の積極性
さて人工芝と聞いて思い出すことは何でしょう? 私は何となく痛いイメージがあるんです。劣悪な人工芝だと、スライディングしてヤケドするとかいう話を聞いたことがあるもんで。もちろん、ひとくちに人工芝といってもいろいろあるんでしょうし、昨日のモスクワのスタジアムのピッチがそういうトンデモな芝であったとは思えないんですが、それでも何となく「恐い&痛いイメージ」があるんですよね。で、何となく昨日のチェルシーの選手が試合開始時には「おそるおそるプレイ」していたように見えたのは、やっぱ同様に「人工芝が恐い」とい... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/10/20 23:58
欧州CLモスクワ戦プレビューとか
■チェルシーカルロ・アンチェロッティ監督は、人工芝のピッチに不安を持っているようで、報道陣に対して次のようにコメントしている。 「彼は回復に、より多くの時間を必要とする。ここ1年、彼は足首に小さな問題を抱えているね。試合の後、彼は回復に2日を必要とするんだ。私は10年間、ひざに問題を抱えながらプレーしていた。シーズンに多くの試合をすることは、体により負担をかけることになる」 http://news.livedoor.com/article/detail/5083040/この後、午前1時過ぎか... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/10/19 23:40
プレミアリーグ「アストンビラ対チェルシー」超雑感&「勝つ姿勢の見えないサッカー協会」を読んで
■チェルシー戦プレビューカクタとラミレスもがんばっていたと思うけど、やっぱドログバ&ランパードという「チェルシーの得点源の不在」は痛かったなぁと。単純に考えてドログバは昨年のプレミアリーグ得点王だし、ランパードはMFだけど年間20点くらい取っているわけで。その代わりをカクタ&ラミレスに求めるのは酷だと思うけど、現実問題として彼らに「その代わり」をやってもらわないと、チェルシーが堅守のチームを崩して勝つのは厳しいと思うわけです。もちろんアネルカ、マルダも決定力はあるし、彼らにも「ドログバ&ランパー... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/10/19 00:00
チェルシー戦プレビュー&縦に早いよりもポゼッョンの続き
■チェルシー戦プレビューウリエ監督のヴィラと、オニール監督のヴィラ違いはどこだろう? あまり変わらないのかもしれないけど、今のウリエのチームのほうが、より堅守速攻カウンター的になった気がしないでもない。というか、オニールのスタイルから「フィジカル」を除いたのがウリエ・アストアンビラ? オニールの時のほうが、もっと「ポジションごとにスペシャリト配置&フィジカル重視」したサッカーという印象があった気がするんですが、そういう要素が薄まったように感じるんですよね。気のせいかもしれないけど。というわけで、... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2010/10/16 03:51
ザッケローニ日本代表 「縦への意識」は進化か? それとも?
いずれにせよ、議論のポイントが1つ提示されたのでは、と思うのだ。90年代から、どちらかといえばショートパス志向でチームを作ってきた日本代表が、個人突破を含めた縦への強い意識を持つチームとして変わろうとしている。これは進化か? それとも持ち味を捨てようとしているのか? http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/japan/2010/text/201010130007-spnavi_2.html仰せの通り、ここが現時点の「誤論のポイント」になるんでしょうが、まぁイタ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 3

2010/10/14 23:52
ザッケローニ日本代表は世界標準? その他もろもろ
■世界標準化?日本は、本田圭佑や前田遼一が従来の日本選手にはなかった体の強さとキープ力を見せつけた。チョウ・ガンネ監督が「(ザッケローニ監督に代わって)無駄なパスが減った」と指摘したように、縦への意識が強くなったこともあるが、韓国の速いプレッシャーにも屈しない技術と強さを兼ね備えた選手が目立ってきたのは、日本の変化であり進歩といえるだろう。  両国とも、“自分たちは特殊”という呪縛から解放されつつあるのではないか。 http://wsp.sponichi.co.jp/column/archi... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/10/13 23:44
親善試合「韓国代表対ザッケローニ日本代表」超雑感  ポゼッションサッカーなのかな?
アウェーで韓国を無失点で抑えたことは評価したいです。韓国のサッカーがイマイチだったところが多分にあったと思うのですが、それを差し引いても無失点で抑えたのは立派。守備組織はザッケローニ監督になって間違いなく良くなっていると思いますね。それこそが、まさに「カルチョ・サッカー」を取り入れた狙いなのかもしれないし、その方向性にちゃんと進んでいることは評価したいです。ただ、正直、攻撃に関しては物足りないです。まぁカルチョサッカーにそれを求めるほうがお門違いと言われたらその通りなんですが、なんとなく今後もこ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 2 / コメント 3

2010/10/13 04:02
アルゼンチン代表について、思うところをちょいと
韓国戦を前にアルゼンチン代表について思ったことをメモ書き風に。・確かにサイドバック不在と言えるのかもしれないけど、アルゼンチンはブラジルと違って伝統的にサイドバックがいないお国柄の気もする。サネッティ? 彼は確かに優秀な選手だと思うけど、サイドバックと言うよりもユーティリティさが売りの選手な気はするなぁ。ソリン? 彼のスタイルは好きですよ。というか、彼をサイドバックで使ったペケルマン元監督の手腕は今更ながら凄かったと思いますね。サイドバックというよりも「隠れFW」的に、攻撃時になるとフラフラと夢... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/10/12 19:50
続・ザッケローニ日本代表に対する超適当な感想
■アジア仕様? 世界仕様?前に書いた、サッカー日本代表には「アジア仕様」と「世界仕様」の2つが必要になるのではないかというお話を、このタイミングで再度。岡ちゃん日本代表は、南アフリカワールドカップ直前に中村俊輔を切って、守備重視の「世界仕様」に変更したことで結果を出したとも言えると思うのですが、先日のザッケローニ監督の初陣は果たして、「世界仕様」「アジア仕様」のどちらだったのだろうか? その両方を兼ね備えた「オールマイティ仕様」なのかもしれないけど、相手がアルゼンチン代表であったこと、そして「中... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 3

2010/10/11 03:21
親善試合「日本代表対アルゼンチン代表」超雑感  無宗教で祭り好き
無宗教で祭り好きと言われている日本人ですが、そこにサッカーが一役買えればOKなんでしょう。つまり主役はあくまで「騒ぐこと」であって、サッカーはそれの道具に過ぎないのである。で、気分よく「騒ぐために」には、内容なんてなんでもいいから勝っているほうが好ましいのである。まぁ負けていても「騒ぐ」に支障はないのだが、「騒ぐ意味合い」が変わってくると祭り好きとしては楽しさも半減だ。そういう日本人特有のメンタルから考えると「カルチョスタイル」というのは相性がいいのかもしれない。オシムはサッカーの日本化を提案し... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 2

2010/10/09 02:30
ザッケローニ日本代表の正体は、「ローライン」からハーフカウンター狙って「シンプルに縦ポン」?
■カルチョの国の異端児?「私のサッカーは変わっていない。ベースとなるコンセプトは変わっていない。スタジアムを満員にするという目標と同じでね。役者は観衆を必要とする」と語るズネデク・ゼーマン監督が、インタビューで次のように話してくれている。(中略) ――ジョゼ・モウリーニョ監督のインテルがチャンピオンズリーグの準決勝でバルセロナを下した試合については、まだ落胆されているのですか。 「シンプルな問題さ。私のチームをお手本にしたいと思い、インテルが同じ野心を持っていた、あるいは持っているのなら、私... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 3

2010/10/06 21:56
プレビュー「チェルシー対アーセナル」勝敗のポイントはここ? &イタリア的な「バランス」について
■前半戦の大一番だよね今週末はチェルシーにとってのプレミアリーグ前半戦大一番、アーセナル戦ですが、是が非でも勝ちたいところです。前節でシティに負けているし、リーグ戦2連敗はどうしても避けたいんですが、まぁ、それはアーセナルにしても同じでなんでしょう。昨シーズンはドログバの活躍もあってチェルシーが勝ったんだけど、簡単に勝てる相手でないのは確かです。■ドログバ?というわけで試合のポイントを考えてみたいと思いますが、勝敗の鍵を握るのはやっぱドログバの出来になるんでしょう。前節のシティ戦では仕事をさせて... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/10/01 22:20
ザッケローニ日本代表がメンバー発表!  ザッケローニ監督会見を超妄想的に分析
無難な選出と言えばそうでしょうし、インパクトに欠けると言えばそうなるのかな?ついにザック日本代表のメンバーが発表になったようですが、さっそくザッケローニ監督のインタビューから気になったコメントをいくつか。■原さんベースは原さんがされた2試合のメンバーをベースにしようと考えた。今月1カ月間、時間の許す限り試合を見に行こうと考えていた。 http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/japan/text/kaiken/201009300004-spnavi.html前の... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/09/30 23:03
サッカーにおける、相手の「分」も見定めることについて または「悠々球論(権藤博)」を読んで
■「アバウトでいい」日経新聞電子版スポーツコーナーにあるコラム「悠々球論(権藤博)」がおもしろかった。「アバウトでいい」という題名のコラムなんだけど、要は野球は相手があるスポーツなんで「自分の都合」だけを考えないで「相手の視点や気持ちに立って考えること」も必要だという内容。この相手がいるスポーツは「相手の視点に立って戦うという考え方が必要」というスタンスは、まったくもって同意です。自分の実力が必要なのはもちろんだけど、野球は相手チームがあってのスポーツ。相手との力量を考慮してプレイしたり、相手と... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 3

2010/09/28 18:05
プレビュー:チェルシー対シティ 
■負けたか残念ながらカーリングカップ・ニューカッスル戦は負けてしまったようです。まぁ負けたこと自体は仕方がない気もしますが、痛いのはカルー&ベナユンが怪我してしまったことでしょう。明日のマンチェスター・シティ戦に、この2人を欠いて臨むことになってしまったのは、ちょっと痛い。というわけで、明日のシティ戦について、いくつか。■ダブル昨シーズンは、まさかのダブル敗戦(ホーム&アウェイで両方に負け)を喫してしまったわけですが、その嫌な流れはここで断ち切っておきたい。というか、もう負けるのはやめてくれ。何... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 3

2010/09/24 22:05
チェルシー、サントス、和製サムアラダイス
■チェルシーな話明朝のカーリングカップ、チェルシーはニューカッスルと対戦。いきなり厳しい相手なのは正直、アンラッキーですが、まぁしかたがない。チェルシーは若手を何人か起用するみたいですが、この大会はそんな「若手を鍛える大会」として使うのもありだと思うんで、それは納得ですね。ニューカッスルもメンバーを落としてくるんでしょうか? スカパーでは放送はありませんが、ぜひ出場する若手の選手にはがんばってもらって、次に進んでもらいたいところです。「私は監督を始めたころ、チームに自分の考えを伝えようとしていた... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/09/22 22:51
プレミアリーグ「チェルシー対ブラックプール」戦超雑感   続・脱・お役所仕事 ほか
■チェルシー戦雑感後半は酷い出来だったけど、4-0という結果は文句なくすばらしい! というわけで、今回も気がついたことなどをいくつか。前半のブラックプールは、言わば「お客さん」な感じで、とてもとてもおとなしかったのはラッキーでした。緊張していたのか、それとも考えすぎちゃったのか? わかりませんが、その結果、チェルシーは中盤で比較的、余裕を持ってパス回せたし、何よりチェルシーFW陣がブラックプール守備陣の最終ライン前後のスペースであまりプレッシャーなく自由にプレイできていたことが大量点につながった... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/09/21 22:11
「脱・お役所仕事的サッカー」のススメ とチェルシー戦プレビュー
■「お役所仕事」とサッカー「お役所仕事」という言葉があります。「融通が利かない杓子定規な仕事」という意味で使われる場合が多いと思われますが、この言葉はサッカーのプレイや戦術という観点からも当てはまる場合がある気がするんですよね。たとえばサッカーの守備に置いて、あまりに戦術がマニュアル化し過ぎてしまっているチームや、そういう戦術をある意味頑なに守ってプレイしている選手は「お役所仕事」的サッカーと言えるのかもしれません。要は守備戦術があまりに単純化・マニュアル化されていて、ピッチ上の各選手が「自分に... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2010/09/19 17:24
CLチェルシー戦プレビュー&オシム御大のザッケローニ日本代表に対しての感想についての感想
■チェルシープレビュー的なさて、2010年の欧州CLチェルシー初陣ですが、どうやらランパードとアシュリーはベンチにも入らないようですね。あとドログバもベンチスタート? まぁ、相手チームのレベルを考慮したでけでなく、いろいろな要因が重なって上でのメンバー起用になるんでしょうけど、ちょっと心配なのは確か。まぁアンチェロッティ的には、アウェーだし「勝ち点1」でもOKという目論見なのかもしれないけど、できればやっぱ「勝ち点3」が欲しいよね。なので、ここは一つ「普段ベンチを暖めていることが多い選手たち」に... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 3

2010/09/15 23:25
レドナップ、レスター、ショーンカーターについて ほか
■レドナップ「インテルが最有力候補であることは間違いないが、彼らが首位通過する保障はどこにもないんだ。このグループはタフだし、ホワイト・ハート・レーン(トッテナムの本拠地)で彼らが楽をすることはできないだろう。だからできることなら首位で通過したいと思っているんだ」(情報提供:TotalFootball) http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=0914&f=national_0914_308.shtmlさて、いよいよ欧州CLが始まります。チェ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/14 23:52
ザッケローニ日本代表コーチスタッフ決定!  今こそ考えよう、イタリアンジョブと日本化
日本サッカー協会は9日、アルベルト・ザッケローニ新監督を支える日本代表のコーチ陣を発表し、Jリーグ1部(J1)川崎前監督の関塚隆氏(49)のほか、イタリア1部リーグ(セリエA)のACミランなどでザッケローニ監督のアシスタントコーチを務めたイタリア人のステファノ・アグレスティ氏(54)らが就任した。  関塚氏は2012年ロンドン五輪出場を目指す21歳以下(U21)日本代表監督にも就任の見込み。日本代表のコーチ陣は次の通り。  ▽コーチ ステファノ・アグレスティ▽コーチ 関塚隆▽GKコーチ マウ... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/09/10 03:00
サッカーにおけるポジショニングとオフ・ザ・ボールの動きについて
■半径5メートル今回は、サッカーにおけるポジショニングとオフ・ザ・ボールの動きについて考えてみたいと思う。まず思い浮かべて欲しいのが、小学校低学年くらいの子供たちがやっている草サッカーだ。ボールを中心として、半径5メートルぐらいに輪の中にみんな密集しているわけだけど、その理由は何故? みんなボールだけを見ていて、ボールだけを追っているから? そう、たぶんそれが正解だ。みんな、ただボールが蹴りたくて、そのことだけを考えてサッカーしているから半径5メートル内に密集するんだと思う。もしくは、ボールの周... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 3

2010/09/08 22:43
親善試合「日本代表対グアテマラ代表」超雑感 よかったんじゃないですか。
ホームでの試合でしたし、どんな試合にせよ勝ててよかったのは間違いないでしょう。流れの中からゴールを2つも「いい時間帯に」決めれたし、まぁよかったんじゃないですかね。特に2点目を評価したいなぁ。香川選手のオフ・ザ・ボールの動きが素晴らしかったと思うんだけど、今後もし「ウイングサッカー」をするなら、ぜひ、こういうプレイをどんどんやってほしいなぁ。本田選手もよかったんじゃないですか。ゴールはなかったけど「有効的」なプレイができていたと思いますし、なんというか攻撃にアクセントというか、うまい具合にメリハ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/09/08 02:11
続・ザッケローニ監督は攻撃的なのか?
よく調べてはないけど、どうやらユベントス時代のザッケローニはよく「4バック」で戦っていたみたいですね。ぜひ、日本代表でもそれでお願いしたいなぁ。って、実は昨シーズン、ザッケローニのユベントスの試合は1試合インテル戦だけ少し見ておりました。ですが、ユベントスがどんなサッカーやっていたかについては、ほとんど記憶になかったりして。ザッケローニの白髪に驚いた記憶はあるんですがねぇ。情けないことに内容についてはほとんど覚えてない。というわけで、前に書いた「ザッケローニ監督は攻撃的なのか?」エントリーの「硬... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2010/09/06 23:14
親善試合「日本代表対パラグアイ代表」超雑感  「ポゼッションサッカー」でなくていいのか?
ゴールシーンは見事だと思いましたが、それ意外は何というか…。■トラウマ?ジーコ日本代表での惨敗がトラウマになっているのかもしれないけど、今の日本サッカー界にはあまり「ポゼッションサッカー」という概念がないんですかね。というか、原さんはそういう概念がない?まぁ長谷部や遠藤が不在でしたし、代行監督の元での急増チームというエクスキューズはあるんでしょうけど、ホームでの試合でしたしもう少しポゼッションという意識を持ってもらいたかったというのが率直な感想かな。確かにワールドカップではカウンターサッカーで成... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/09/05 01:09
ザッケローニ監督は攻撃的なのか?
■ザッケローニ監督は攻撃的なのか?その後、少しずつ世界のサッカーはアグレッシブさを取り戻していたのだが、イタリアはまだ守備的サッカーが幅をきかしていた。そんな時代に、ザッケローニは地方クラブであるウディネーゼで3トップの攻撃的なサッカーをやってみせた。それで、ザッケローニというと「攻撃的」と言われるようになったのだが、今ではイタリアでも3トップのチームはいくらでもある。現代の基準で言えば、本人の言う「攻守のバランスの取れたサッカー」というのが正しいのではないか。http://www.jsport... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2010/09/03 23:03
原委員長の「日本代表監督選考に関するブリーフィング 」について&サッカー解説のスタンス
■サッカー解説のスタンス ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 6

2010/08/26 02:29
プレミアリーグ第2節「ウィガン対チェルシー」  高い最終ラインを攻略するには?
最後は大差となったけど、簡単な試合ではなかったですね。特に前半はかなり厳しい戦いを強いられたわけですが、先制ゴールを取れたのが大きかった。というわけで、簡単に雑感を。■スタメンチェルシーのスタメンはGK・チェフ、DF右からイバノビッチ、アレックス、テリー、アシュリーコール、MFエシエン、ミケル、ランパード、トップ下アネルカ、マルダ、FWドログバの「4−3−2−1」。開幕戦からの変更は1箇所で、右サイドバックがフェレイラからイバノビッチに変更。対するウィガンは選手がよくわからないので省略。右にロダ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/08/23 23:35
パラグアイ戦の意義&岡田ジャパンが戦い方を変えた理由についてPART2
時間ができたんで、日本代表絡みで。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/21 02:16
クラウチのロボットダンスとバートンのちょび髭  または、サッカーと軍隊と未来の関係
■ユナイテッドの強さベルバトフの先制ゴールまで見たけど、やっぱユナイテッドは強いなぁ。勝負どころをわかっている選手が多いというか、サッカーを熟知した選手が多いと言うか、要は勝負強いんですよね。チェルシーもそうだけど、主力選手というかチームの屋台骨がしっかりしているところが強さの秘訣なのかな。そういえばプレミアリーグハイライトでフラム監督に就任したマークヒューズが「昨年までのチームは守備がしっかりしているので、そこを生かす」みたいなこと言っていたけど、そういう継続性ってのは大切な気はします。もちろ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/08/18 23:46
プレミアリーグ「リバプール対アーセナル」超雑感   時には起こせよ 
――本日は自称プレミア通(笑)のdorogubaさんをゲストに迎え、先日の「リバプール対アーセナル戦」を振り返ってみたいと思います。早速ですがdorogubaさんは、この試合をどうご覧になられましたか?「はじめましてdorogubaです。本日はよろしくお願いします。一番注目していたのは、ホジソン監督に代わったリバプールのサッカーだったんですが、やっぱ昨年までのベニテスの時とは違うように感じました」――うそ。私にはほとんど変わりがないように見えたけど、自称プレミア通(笑)的には違うサッカーに見えた... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/08/17 22:26
「モウリーニョの涙」と秋春制
■モウリーニョの涙 スカパーでサッカー番組を物色していたら、たまたま「UEFA Champions League Magazine(何話か忘れた)」がやっていたので、そのまま見る。インテルCL優勝の舞台裏みたいな内容だったんですが、決勝戦の試合後のモウリーニョ監督の行動をカメラで追っていて、それがかなり興味深かった。一通り挨拶を終えて、車で家族とともにスタジアムを後にするところまでカメラが追っていたんですが、急に車が止まって、モウリーニョだけが出てきて引き返してくるわけですよ。何をしにいくのか... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 6

2010/08/11 23:38
次期サッカー日本代表監督の人選について  原博実さんの趣味に従おう!
■原さんの趣味に従おう!現時点ではポルト(ポルトガル)を率いて2004年トヨタ杯を制したビクトル・フェルナンデス氏(49)が有力視されるが、労働ビザ発給には通常約2週間が必要で、申請が20日を過ぎると9月4日の代表初戦パラグアイ戦に間に合わない可能性がある。  問題は人選を任されている原博実技術委員長(51)がW杯南アフリカ大会で優勝した「スペイン人監督」にこだわりすぎている点にある。  http://news.livedoor.com/article/detail/4938280/ここで言... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/08/10 21:47
コミュニティーシールドは見れてないけど&カミカゼ&「淘汰されるべき存在」について
■コミュニティーシールド「チェルシーを倒すのは気分がいいんだ。強いチームだし、昨シーズンは3回も負けていたからね。この試合では立ち上がりからいいプレーができた。シーズンでも同じような戦いができることを願っているよ」http://news.livedoor.com/article/detail/4935333/わかりますよ、その気持ち。逆に、こっちはひどく気分が悪いです。試合は見れてないですが。というか、スカパーには一刻も早くプレミアリーグの放送していただきたい。2年前もそうでしたし、いろいろな事... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2010/08/09 20:27
書評「アンチェロッティの戦術ノート」PART4  敵のボールホルダーへのプレッシャー次第ではあるけど
■ボールホルダーにいかに厳しく当たれる懲りずに「アンチェロッティの戦術ノート」から。前回のエントリーのコメント欄にて、くまおま様から『プレッシングは「まずライン有りき」じゃなくて「ボールホルダーにいかに厳しく当たれるか、自由を奪えるか、連続してできるか」が前提』との有難いご指摘を受けました。確かに仰せの通りだと思いますし、引用し忘れておりましたが、実はアンチェロッティもそれと似たことを言及しておりました。ゾーンディフェンスを採用するすべてのDFラインに共通する基本的な振る舞いは、敵のボールホルダ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/08/03 23:56
書評「アンチェロッティの戦術ノート」PART3 プレッシングについて
本日は「アンチェロッティの戦術ノート」からプレッシングについての記事を引用させていただきます。アンチェロッティはプレッシングについて「ハイライン・プレッシング」と「ローライン・プレッシング」の2つがあり、現状、欧州においてはバルセロナ以外のほとんどのチームは「ハイライン・プレッシング」を効果的に機能させているチームはほとんど見当たらないと言及しています。その理由は以下の通りみたいです。1、オフサイドルールの改正以降、オフサイドトラップを外されることが多くなった。なのでボールがオープンな状態では安... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2010/08/03 00:05
「イタリアン・ジョブ」とグティ、ラウール、ドログバとか
■D&G[ミラノ 27日 ロイター] イタリアの服飾ブランド「ドルチェ&ガッバーナ(D&G)」は27日、サッカーのイングランド・プレミアリーグ、チェルシーとの間で、選手が着用する公式スーツを向こう3年にわたって提供することで合意したと発表した。 D&Gは声明で「われわれはサッカーの大ファン。サッカーはD&Gにとって、健全な戦いや激しい情熱、卓越した規律を意味する」とコメント。公式スーツの提供のほか、チェルシーの本拠地スタジアムでラウンジなどのデザインも手掛ける予定だという。 http://w... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/07/29 00:00
南アフリカW杯:イングランド代表反省会&チェルシーのプレシーズン
■南アフリカW杯:イングランド代表反省会ボランチに関しては、ガレス・バリーが怪我から回復途中でもレギュラーとしてメンバー入りした事実が全てを物語る。実力もワールドクラスとは言い難いうえ、フィジカル面でも万全ではなかったバリーは、ドイツのカウンターに対する防波堤にはなれなかった。昨夏に10億円台の移籍金でマンC入りして話題となったバリーが、ブレーメンで秘かに頭角を現したメスト・エジルに楽々とかわされて喫した4失点目は、ネームバリューが先行するプレミアと、知名度は低いが能力の高い若手が育つブンデスリ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/07/24 00:00
中田英寿氏がシュバインシュタイガーになれなかった理由 PART2 または無言の抵抗の意図
■まるでトップ下のようなプレーピッチでは“無言の抵抗”に打って出た。前半は中盤の底から何度も前線に上がったが「あれを監督は望んでないから。監督はやっぱり、もう少し後ろでやってほしいみたいで」と“確信犯”的に攻撃参加したことを明かした。前半1分にチーム最初のシュートを放つと、7分には約50メートルのドリブルからワンツー突破で決定機をつくった。17分には右足ワンタッチでMFオリセーへ絶妙スルーパス。ロスタイムには得意のFKでゴール左隅を狙ったが、味方に当たって惜しくも左に外れた。まるでトップ下のよう... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2010/07/21 23:52
プレミアリーグ・新ルールの確認と元シンプリー・レッド
■プレミアリーグ・新ルールの確認2010−11シーズンから採用されるこの新ルールでは、各クラブはシーズン開幕時に登録メンバーとして上限25人のリストを作成しなければならず、そのうちの8人は“国産選手”であることが条件となる。この“国産選手”とは、厳密には「21歳までに少なくとも3年間、イングランドまたはウェールズのクラブで育成された選手」と定義されているため、例えば16歳でアーセナルに入団したスペイン人のセスク・ファブレガスは“国産選手”と見なされる。 (中略)また、新ルールではファーストチー... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 3

2010/07/21 00:05
中田英寿氏がシュバインシュタイガーになれなかった理由
中田英寿氏がシュバインシュタイガーになれなかった理由は、身体能力の問題だったのだろうか? ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 7

2010/07/20 02:09
日本化の方程式と次の代表監督について 【キリタニ】を読んで
■二者択一の単純な話では無い?これまでにも腐るほど云ってきたことだが、サッカーの現実とは、守備的か攻撃的か? 或いはポゼッションかカウンターか? そんな二者択一の単純な話では無い……と僕は思っている。 ピッチ上の90分の時間中で、この互いに相反する2つの要素を、その状況や必要に応じて、適時適切に使い分けられることこそが“強さ”であり“成熟”の証なのだ。 “自分達のサッカー”なるものが、そのいずれか……でなければならない、などと云うナイーブな誤解や解釈は、そろそろ捨て去ったほうが良い。賢いサ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 7

2010/07/17 00:03
ワールドカップ決勝続編&日本代表監督の次期人事について
■イニエスタ追記するほどのことでもないのだが、決勝見て改めてイニエスタのドリブルはすごいと評価したくなった。普段からイニエスタのプレイを見ている人にとっては「今さら何を言う」って感じかもしれないけど、普段はあまりイニエスタを見てない人から言わせてもらえば、「すごい」と感じたのである。アランシアラーがそんなイニエスタのドリブルのことを「磁石のようだ」と言ったとか言わなかったとか聞いたが、その表現は見事。クスチャーノロナウドのように爆発的なスピードがあるわけでもないし、ロッベンのようにキレがあるわけ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 6

2010/07/14 04:10
ワールドカップ決勝「オランダ代表対スペイン代表」超雑感 時間がないので序章的なこと
■わざと?やっぱ知りたいのは「オランダがわざとファウルしたのか」ってことですよね。オシムがスカパーの試合中だかのコメントで「オランダが意図的に試合を壊した」的なことを言ってましたが、じゃ、今回のオランダとは違って、クリーンでファウルをしないで「高い位置からプレスして最終ラインも高いハイラインプレス」することが可能だったのでしょうか?■クリーンにするなら?ふだんはリーガ見てないので知らないんですが、たぶんバルセロナをそういうクリーンなハイプレスで苦しめたクラブチームもあると思うんですが、そういうク... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/07/13 00:04
ほんのちょっと早い、南アフリカワールドカップ総括
決勝戦の前だけど、大会総括してみた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/07/12 02:35
4バックとか「休刊の覚悟」とか
前回のエントリーコメント欄で、マジコさんという方にいろいろ聞かれたので、それについて。まず、「モウリーニョきっかけで欧州入り」に関してですが、厳密に言えば私は元中田英寿信者でしたので、そのあたりから欧州入りというほうが正しいなのかなぁ。って、そのころはサッカーの戦術なんて今以上にチンプンカンプンでしたし、中田英寿が活躍できれさえすれば、あとはどうでもいいという感じでしたけどね。あとベンゲル名古屋も好きでしたが、正直、当時のベンゲルの戦術的な良し悪しもほとんど理解しておりません(今も理解してません... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 7

2010/07/10 00:01
ワールドカップ「スペイン代表対ドイツ代表」超雑感  まるでソムリエみたいに
以前、何かの雑誌でモウリーニョ・チェルシーは「守備力を維持しつつ攻撃するサッカー」みたいなことを書かれていたと記憶しているが、昨日のスペイン代表はそれとは逆の形であるのかな?つまり「攻撃力を維持しつつ、そのまま守備できるサッカー」とでもいいますか。要はバルセロナ。って、実際のところ、ほぼバルセロナだもんなぁ。面子的に。で、戦術もそれなら、そりゃ、強いか。さて、対バルセロナと言えば、モウリーニョとかヒディンクとかが思い出されるわけですが、昨日のドイツはそこまで徹底できなかったということが敗因だった... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/07/09 03:22
サッカー日本代表と、「勘違い」と「鵜呑みにする」。または「荒治療」と「ガラパゴス的な役割」について
■「政治的に正しい」ポリシーその本質は「日本人・非日本人雇用機会均等法」である。 外形的には「政治的に正しい」ポリシーであり、このロジックに正面から反対することはむずかしい。 けれども、企業経営者たちは「政治的に正しい」からそのような雇用戦略を採用するわけではない。 端的にその方が儲かるからそうするだけである。 http://blog.tatsuru.com/2010/07/07_1244.phpさすが内田先生。先生のこういう視野の広い「考え方」は大好きです。って、いうほど先生のことを存... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/07/07 23:48
オランダ・プレビューとか トーレスとか
■ファン・ボメル今回のオランダはセントラルMFのファン・ボメルとデ・ヨングのコンビが攻守に重要な働きをしている。2人とも闘志あふれるファイターで、ピッチの至る所で激しいスライディングタックルを仕掛ける選手だが、共に自分の良さを失わないまま冷静にカードを避ける努力もしてきた。デ・ヨングはブラジル戦でカードを受けて準決勝に出場できないが、ファン・ボメルはここまでイエローカードがゼロである。http://southafrica2010.yahoo.co.jp/news/cdetail/20100703... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2010/07/06 23:58
中村俊輔選手がワールドカップの試合に出れなかった理由は? 
■たとえ彼が70パーセントの状態でも「彼は規律を守る選手たちでチームを組んだ。でもベストの選手たちではなかった。どうしてロナウジーニョを外すなんてことができる? たとえ彼が70パーセントの状態でも、他のほとんどの選手たちより優れている。彼なら、本調子じゃなかったカカの負担を軽くすることができたはずだ。マルセロについても同じ。代表に入るべき選手だった。ブラジル本来のスタイルを否定したのは残念だ。チームにはクリエイターがいなかった」 http://news.livedoor.com/article... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 24 / トラックバック 0 / コメント 5

2010/07/05 23:34
ワールドカップ「ドイツ対アルゼンチン」「オランダ対ブラジル」超雑感  
■ドイツ対アルゼンチンドイツ強いなぁ。このチームは代表というよりもクラブチーム的なプレイをしているところが驚きなんですが、限られた時間でここまで組織的なチームを構築した監督の手腕に脱帽というところか。正直イングランド戦に比べると出来いま一つだったし若さという弱点が垣間見えたところもあったように思えましたが、何よりメッシとテベスをきちんと抑えた守備は見事でした。って、まぁ普通に考えれば対アルゼンチン対策はそれに尽きるわけですし、そこさえできればOKだったわけですが、きちんとそれが出来たところが凄か... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/07/04 01:50
続・岡ちゃん日本代表総括
■大西そんなに簡単に分析できる問題じゃないんですけど、ひとつは基本的に、日本人の良さを生かそうと。一番最初に言った、接近・展開・連続ということ。運動量で負けない。ボール際で負けないという基本的なことを忠実にやり遂げた。http://southafrica2010.yahoo.co.jp/news/cdetail/201007010010-spnavi「接近・展開・連続」ねぇ。やっぱ、最後はその言葉ですか。あのワールドカップの戦いのどの部分が「それ」にあたるところだったのかは、さっぱりわからないけ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 3

2010/07/01 23:49
ワールドカップ至上主義思想と外国人プレーヤー制限&サラリーキャップ制
「すべての元凶は代表プレーヤーたち当人にある。経緯・事情はどうあれ、世界で最もリッチだと自他共に許すプレミアリーグに安住して“甘やかされてきた”彼らスターたちは、もはや石にしがみついても勝とうとする闘志をかき立てられない体質になっている。そこへもって、この10年間余り、常に、ユーロ(欧州選手権)2008本大会出場を逸してもなお、優勝候補だと持ち上げられてきて、実質的に危機感が空疎なままの自信だけでやってきた」 「また、そのプレミアリーグそのもののレベルも、今や総数で国産陣を上回りつつあるといわ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/06/30 03:25
祝イングランド代表 決勝トーナメント進出おめでとう!!
ゲッツ! ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 3

2010/06/24 04:36
南アフリカワールドカッププレビュー  グループリーグ勝ち抜け予想
お疲れ様です。みんな楽しそうに予想しているみたいなので、私もやることにしました。祭りですからね、ワールドカップは。ワッショイ。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 5 / トラックバック 1 / コメント 5

2010/06/09 23:56
中村俊輔の「何をとるか」発言&「渋谷系」について
■何をとるか?「何をとるかだよ」  中村俊輔は何度もそう言った。守備的に行くなら、それを徹底する。耐えて耐えて1発のチャンスを待つのも手だと。攻守どちらもという中途半端な状態で戦えば、傷は大きくなるし、得られるものも多くないのかもしれない。http://news.livedoor.com/article/detail/4813512/ サッカーというスポーツには「相手チーム」があるわけで、やっぱそこを語らないと片手落ちな気がするなぁ。もちろん、こちら側のやりたいことは大切ですし、それを守備的... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/06/09 00:08
プレビュー:コートジボアール対日本代表 
明日はコートジボアール代表対日本代表の親善試合みたいですが、監督がエリクソンに代わってからのコートジボアール代表が拝めるのはちょっと楽しみ。4年前のイングランド代表時代には株を落としたエリクソン監督ですが、もともと監督として手腕には定評ある方だと思っていますので、きっとコートジボアール代表をすばらしいチームに変えてくれるのではないかな。どういうチームになるのかわかりませんが、マンチェスター・シティ監督時に見せてくれた堅守速攻スタイルが合う気がする。なぜなら攻撃陣にはカルー、ディンダンというドリブ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/06/04 00:04
「岡ちゃん日本代表対イングランド」戦を、選手のコメントから考えた&カメルーン代表について
■選手のコメントから昨日の「岡ちゃん日本対イングランド」をプレイバック選手のコメントを読んでみたんだけど、ちょっとがっかりした。 ●本田圭佑選手:(1点取ったあとに下がってしまったことについて)あのね〜、たぶんやってた選手はわかるんですが、下がろうと思って下がっていたのではなく、下がらさせられた、という言い方が正しいのかなと。こういうものですよね、このレベルとやると。1対1で勝てなかったりするし。いつもならランパードがいるところでプレッシャーをかけていたら、たぶんいい形で取れる。ビビってバック... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/06/01 00:06
親善試合「岡ちゃん日本代表対イングランド」超雑感  欧州スタンダードへの転向?
いわゆる「ハエ」を止めて、欧州スタンダードというか世界標準的なゾーンディフェンスに変えた感じでしたが、 そこはなかなか良かったんじゃないですかね。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/05/31 02:59
岡ちゃん日本代表がダメだと思う理論的理由  「真似できないという発想」と「コレクティブ・カウンター」
■起:高地トレ専門家の三重大の杉田正明准教授が同行次リーグの3試合中2試合が高地というW杯に向け、標高1800メートルでの本格的な高地順化トレーニングが開始された。今合宿には高地トレ専門家の三重大の杉田正明准教授が同行。呼吸数と、尿回数の増加による脱水症状が懸念されるため、選手たちには細かな水分摂取の指導がされた。http://news.livedoor.com/article/detail/4794777/確か、2006年にフランス代表もやっていましたよね、高地トレーニング。専門家を呼んで科学... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 7

2010/05/28 23:54
岡ちゃん日本代表のキーポイントは第2戦? その他「次のプレイの選択肢を考えてみよう」テストなど
■いきなり本番で出来る?いや、あっちはあくまで親善試合で、CLは本番中の本番だからと言う人がいるだろうが、今まで出来なかったことが本番で出来るってのがほぼあり得ない事は、どんなスポーツでもそうなんだろうけど、サッカーでもそれは当然当てはまるんだよね。連携はこれから、コンディションもこれからで、それで本番がうまく行くとしたらトトビッグ当選並みの幸運だよね(笑)。http://gazfootball.com/blog/archives/2010/05/27-1119.php蹴閑ガセッタさんのエントリ... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 5

2010/05/27 23:40
韓国戦と岡田武史の責任 【キリタニ】を読んで
なぜすべての選手が、長谷部誠や長友佑都のように身体を張って、魂を込めて、戦えていないのだろうか?森本貴幸や大久保嘉人のように、負けてもケンカ腰で、立ち向かっていけないのだろうか?(中略)この方式であれば、選手も監督も誰も傷つかなくて済むだろうし、レプリカユニフォームの販促にも好都合だろう。が、本当にこれで良かったのだろうか?少なくともこの試合を見る限り、その必死さ、懸命さの部分で、両国の選手の間に、大きな格差が見受けられたことは確かである。選抜方式を含めた、サッカーに対する甘さ、勝負に対する甘さ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 5

2010/05/26 23:56
W杯壮行試合「岡ちゃん日本代表対韓国代表」超雑感 「最終ラインは低くとも、高い位置からプレス」?
■「最終ラインは低くとも、高い位置からプレス」?日韓戦ワンセグで見ました。パク・チソンがすばらしかったのはその通りだと思うけど、それ以上に岡ちゃん日本代表が完全に方向性を見失っている感じがしたところが興味深かったですね。見失っているというか、現状の弱点を修正しようとしたら、路頭に迷ってしまったみたいな感じ?昨日の会見で話しましたように、うちはカウンターとロングボールからの失点が大半を占めるということで、カウンターに関しては今までは両サイドバックを上げていたのを今日は1人だけ逆サイドに残そうという... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 9

2010/05/25 23:44
2009年親善試合「オランダ代表対日本代表」を、今更ながら見て  「ハエ」と「コンパクト」の違い
スカパーで2009年に行われた「オランダ対日本」の親善試合が再放映されていたので録画観戦しました。実は初見だったりします。で、なんとなく思ったことをいくつか。■最終ラインの脆さはこの頃からまず気になったのが、最終ラインのラインコントロールの不安定さ。先日のセルビア戦が特殊だったと思っていたんですが、なんと、既にこの時からバラバラだったんですね。最終ライン4人の意思疎通がないというか、単に戦術がないというか。まぁ両方なんでしょうけど、前から積極的にプレス掛けるという戦術するなら、もっとオフサイドト... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/05/22 00:05
トルシエ氏、W杯の日本は「1部に挑む4部のチーム」を読んで
■その認識が足りない現在の日本の実力については、「2006年以来、以前のレベルに戻った。能力的には後退し、再建中のチームだ。外国でプレーする選手が非常に少なく、チームの成熟度に欠ける」と分析する。欧州の舞台でハイレベルの試合を経験する選手たちを擁するアフリカの国々とは対照的だ。「少なくとも30人は欧州の1部や2部のクラブでやれる選手がいるのに、その認識が足りない」と日本が世界のトップ20から大きく引き離される原因を指摘した。http://news.livedoor.com/article/det... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/05/20 23:49
欧州CL決勝戦に寄せて
「ファンタスティックな人だよ。私に対しても非常に誠実だった。我々は3年間一緒に働いたが、私に言えるのは良いことばかりだ。今の関係? 彼には彼の、私には私の人生がある。たまにメールしたり電話したりするかな。今の彼がどんな指揮をするか、知っているとは言えない。あれから長い道のりがあったし、今は違う監督になっているだろうからね。彼も私のことを監督ではなく、アシスタントとしてしか知らない。私だってあれからとても長い道を歩んできた。それに、人間は変わるものだ。ファン・ハールはたくさん働くし、彼のスタッフも... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 3

2010/05/20 00:03
「サポートメンバーにカズ招集を願う」を読んでほか
■「サポートメンバーにカズ招集を願う」を読んで12年前、岡田監督はW杯フランス大会直前になってカズと北沢を切っている。それまでの日本サッカーを支えてきた功労者を、土壇場でメンバーから外している。外された選手がどんな思いを抱くか、十分に理解した上で、切っている。  今回は、同じことを繰り返したくなかったのだろう。  ならば、これからちょっとしたサプライズが待っているかもしれない。  前日付のスポニチには、「どんな形であっても日本代表をサポートしたい」というカズのコメントが載っていた。選手の痛... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/05/18 00:08
EL決勝戦「アトレティコマドリー対フラム」超雑感 おやすみなさい、子猫ちゃん!
「彼らの前線の2人は、試合を通じて非常に良かった。我々は彼らの功績を称えなければいけない。だが私は、我々も良い試合をしたと思う。彼ら以上に良いゲームをしたよ。我々は良い価値を示したと思うし、世界中がPK戦までいくかのように思ったんじゃないかな。PK戦というのは、運次第なところもあるしね」http://news.livedoor.com/article/detail/4766333/熱心にも朝4時に起床してTV観戦していたんですが、正直、そこまでして観戦する価値はない試合だった気がしました。レベル... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/05/13 19:06
「セルビア発、日本サッカー強化論」を読んで&マラドーナやっちまった&イングランド予想?
■マラドーナはインテルの中盤がお嫌い指揮官はインテルの中心選手であるDFハビエル・サネッティとMFエステバン・カンビアッソの2人を除外。これまでの人選からある程度予想されていたこととはいえ、サプライズは起きなかった。 http://news.livedoor.com/article/detail/4765226/いろいろ事情があるんだろうけど、今のサネッティとカンビアッソを選ばないとはやっぱ信じられないなぁ。ベロンとかグティエレスとか選んでいるけど、果たしてどうなんだろう。個人的には、ラベッシ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/05/12 23:36
プレミア「シティ対スパーズ」超雑感 サッカーの神様ありがとう!
■差は何?スパーズとマンチェスター・シティの差は何だったんでしょう。単純に、最後の大一番の直接対決に「シティはGKシェイギブンを欠いた」けど「スパーズはGKゴメスが使えた」差だったんでしょうか? 確かに、それもあったのかもしれないし、それが一番大きかったのかもしれません。けど、ここはやっぱマンチーニ監督とレドナップ監督の差が勝敗を分けたと考える方が適切な気がするんです。それも監督としての采配の差というよりもディレクター的な差。ディレクター的な才能の差というよりも、それが使える立場であったかの差が... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

2010/05/06 23:52
「リバプール対チェルシー」プレビュー、「時計の針を12時」について
■プレミア「リバプール対チェルシー」:プレビュー「シーズンでも最もハードな時期だ。明日からリスタートを切らなければいけない。(チェルシー戦に勝てるかは)分からないけど、僕たちは戦うよ」http://news.livedoor.com/article/detail/4746640/リバプール残念でしたが、なんと延長戦だったんですか。まさに「お疲れ〜」って感じですが、その疲労感を今週末のチェルシー戦まで引きずってくれたら、こちら的には戦いやすいのかな? まぁ、ここまでくれば疲れたもクソもないか。いや... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/04/30 23:56
欧州CL「バルセロナ対インテル」第二戦超雑感   ユベントスは正しかった
サッカーが場合によっては八百長がありなスポーツであるということはなんとなく十年前から気がついてはいたけど、この試合を見てそれを忘れていたことに気がつきました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 62 / トラックバック 1 / コメント 10

2010/04/29 05:51
プレミア「チェルシー対ストーク」超雑感  敬虔さ ドログバのフォアザチームプレイでの貢献
■フォア・ザ・チームこの試合ドログバが見事でした。フォア・ザ・チームに徹した見事なアシストと、絶妙なトラップはすばらしかった。何というか、この日のドログバのプレイは、ある意味「ワントップ時のアネルカみたいな」感じだった気もするんですが、今期のアンチェロッティ・チェルシーが潤滑に機能するにはFWのそういう「他の選手を生かす動き」が求められるんだなと改めて思った次第です。もちろん、他の選手のことばかり考えてプレイしていてはダメだと思うし、状況によっては中央にドンと構えて、自ら積極的にゴールを奪いに行... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/04/27 22:59
武藤氏の「(書評)世界が指摘する岡田ジャパンの決定的戦術的ミス」を読んで
■「岡田ジャパン」ではなく「日本サッカー界」への提言?そう言う意味では、本書の主題は、書名の「岡田ジャパン」ではなく「日本サッカー界」への提言と捉えるべきであろう。そう言う意味では、切り口を南アフリカにとどめるのではなく、今後の日本サッカーと言うところに持って行って欲しかった。http://hsyf610muto.seesaa.net/article/147421103.htmlみなさんご存知の「武藤文雄のサッカー講釈」さまからの引用ですが、個人的には上記のように、岡ちゃん日本代表の問題点を「監... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/04/25 18:47
チェルシー戦プレビューとか岡ちゃんの「それを自分が最後に引き出せればいいと思う」とか
■チェルシー戦プレビューさてプレミアリーグも残り3試合ですか? チェルシーはストークとの対戦になりますが、ホームでの戦いですので絶対に勝ちたいところです。ストークと言えば「高さ」と「ロングスロー」と「フィジカル」なわけですが、守備ではそれらをケアしつつ、ポゼッションからの攻撃を充実させたいところです。カギを握るのはランパードとアネルカになるんでしょう。ってアネルカはスタメンで出るのかわかりませんが、ドログバは“あれ”なんで、アネルカにはぜひがんばってもらいたいんですよね。あとマルダ。賞もらってか... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/04/24 00:06
欧州チャンピオンズリーグ準決勝「バイエルン対リヨン」超雑感  アンチフットボールとは何か?
さて、問題はリベリーとトゥラランの退場であり、これをどう考えるかが、この試合のポイント。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/04/23 03:46
欧州CL準決勝「インテル対バルセロナ」第1戦 「持ち味合戦」をより徹底できた故?
■お互いの持ち味をぶつけ!「ボールをコントロールすることができなかった。偉大なチームを相手にボールを失う時、カウンターから決定的なチャンスを与えてしまうことは分かっていた」 「彼らは私たちの背後のスペースを常に探していた。その攻撃はとても速かった。彼らはチームのスタイルを示したんだ」 「今日の私たちは、他の試合のように効果的なプレーをできなかった。試合展開はとても速かった。中央、サイドからの展開を試してみたのだがね。彼らはプレーを簡単にはさせてくれなかった」 「インテルに賛辞を送らなければ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/04/21 23:42
岡田武史監督(53)による対談シリーズの第8回を読んで
サッカー日本代表の岡田武史監督(53)による対談シリーズの第8回は、社会批評など独特の分析で幅広く活躍している精神科医の香山リカさん(49)を迎えた。専門的な用語も交えた話は現代の社会や若者、スポーツ選手の心理、闘争本能などにも広がった。(聞き手、構成・潮智史)http://www.asahi.com/worldcup/column/theroad/TKY201004200196.htmlこの対談シリーズって全然ノーマークだったけど、なんと8回目なんだ。ふーん。まぁ、別に何をやろうが問題ないんで... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/20 23:59
サッカー素人にオススメのサッカーのTV観戦術:その2「試合開始10分チェック方法」、ほか
■サッカー素人にオススメのサッカーのTV観戦術:その2以前、思いついたように書かせていただいた「サッカー素人にオススメのサッカーのTV観戦術」の2回目。私のサッカー観戦の仕方をこのブログに書きとめておこうという企画ですが、今回は「試合開始10分を使った楽しみ方」について書いてみたいと思います。要は最初の10分のうちの何秒間かを「両チームのフォーメーションをなんとなく確認」+「相手チームの守備の仕方をなんとなく観察」することに費やそうってことなんですが、特に後者の「相手チームの守備戦術の観察」は1... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/04/20 00:04
岡ちゃん日本代表を「欧州スタンダードな守備戦術」から考察  またはセルビア戦大反省会(笑)
■欧州スタンダードに、昨日の岡ちゃん日本代表がキリキリ舞いしたことを考えてみるそして守備はとにかく複雑なスキームではなく、本当によくあるパターンのツーラインを上手に作って相手にスペースを与えないことがしっかりして、且つセンターハーフは背が高くしっかりと堅い。ゴールキーパーがアタってしまったのは監督代行へのプレゼントのようなもの。でもこれなら大崩のないチームである。 思い出すに、バルサの監督に途中で就任したアンティッチのサッカーだった。 http://d.hatena.ne.jp/encycl... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/04/08 20:39
欧州CL「CSKAモスクワ対インテル」第2戦 超雑感 勝つためのシナリオはあったのか?
■欧州CL「CSKAモスクワ対インテル」第2戦 超雑感インテルの完勝でした。スナイデルの先制ゴールがすべてでした。この試合、CSKAモスクワが勝ち抜けるシナリオは「CSKAが先制ゴールを挙げ、後は引き篭もってカウンター」しかなかったと思うんですが、どうしてあんな無防備な戦い方をチョイスしてしまったんだろう。 第1戦を0−1で落としているホームのCSKAモスクワは、攻撃の要となるクラシッチを累積警告で欠いたことから、若き司令塔ジャゴエフをトップ下、そして本田を守備的MFとして起用した。するとこの... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/04/07 19:24
CLインテル予想&「岡田ジャパン こだわりの戦術はどこへ」を読んで
昨日は試合見れなかったんですが、どうやらユナイテッドがファーストレグを落としたようですね。まぁまだ1点差&アウェーゴールを取れたようだし、ユナイテッドがセカンドレグで逆転する可能性も十分ありだと思うんですが、それよりも、このファーストレグの結果が今週末のプレミアリ−グ・チェルシー戦でどう影響するかの方に興味があるわけで。例によってファーガゾン卿が「下手なターンオーバー性」でもしてバレンシアかナニを温存してくれれば儲けものなんですが、さすがにそれはやらないかな? って、なんだバレンシアはバイエルン... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/03/31 18:32
「ラスト10分で抜群のスピードを生かす可能性」って、個人的には、そういうサッカー感は古いと思う
永井は(1月6日の)イエメン戦の時に呼びましたが、(主力がいる)フル代表としては初めてになると思います。彼に関しては今の時点で例えば90分、代表チームでFWを張れるかというとちょっと難しいと思います。しかし、ラスト10分で彼の抜群のスピードを生かす可能性はないか、そういうことを感じさせてくれるプレーヤーだということで今回選びました。http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/japan/text/kaiken/201003290003-spnavi_1.html永井... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/03/31 00:05
プレビュー:プレミア「ブラックバーン対チェルシー」&EL「フラム対ユベントス」超雑感
■ブラックバーン戦プレビューさて、くよくよしている暇はありません。日曜日はプレミアリーグ・ブラックバーン戦ですよ。ここは是が非でも勝たないと。前回の対戦では5−0と大勝してはいますが、今回はアウェーでの戦いですし、そんな簡単な試合にはならないでしょう。前回はいなかったダビッド・ダンもたぶん出るんでしょうし、このところスタメンで出場しているカリニッチも出るのかな? わかりませんが、チェルシー守備陣的にはこの2人が攻撃の要になると思うので自由にさせないように気をつけたいところ。もちろん、おなじみペデ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/03/19 21:16
プレビュー欧州CL「チェルシー対インテル」第2戦   How Soon Is Now?
「もうすぐ」起こるからとあなたは言うけど それは一体どういう意味なの? ねえ、私は物凄く長い間待っていたのよ 望みなんか全て消えてしまったわ http://tatu.lovelove.jp/wikitatu/index.php?wikitatu%2FHow%20Soon%20Is%20Now The Smiths "How Soon Is Now?"チェルシーが勝ち抜くための理想的な展開は1−0での勝利であり、基本的には、それを目標に戦うのがセオリーなんでしょう。つまり攻撃に重点を置き... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/03/15 22:47
プレビュー「チェルシー対ウエスト・ハム」&JリーグはW杯のため?&一時の感情での解任論
■ウエスト・ハム戦プレビューこのタイミングでウエスト・ハムとのロンドンダービーは、ちょっと嫌です。だって順位では下位に低迷してますが、ウエスト・ハムは侮れないチームだからね。何が侮れないって、下位に低迷しているからこそ侮れないとでも言いますか。そうなんです、言うまでもなくこの時期に降格争いしているチームは、そりゃ死に物狂いで勝ち点を奪いに来るわけで。で、そういうハードワークが身上のチームとの対戦を、今季のチェルシーが苦手としているのがこれまたやっかいなわけですよ。それにウエスト・ハムはそれなりの... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/03/13 05:23
欧州チャンピオンズリーグ「レアル・マドリー対リヨン」セカンドレグ雑感 勝因と敗因
■勝因は?リヨン見事でした。というかレアル・マドリー残念。この試合のポイントは、やっぱ後半のリヨン選手交代だったと思うんですが、いったいリヨンのピュエル監督はどんなマジックを使ったんでしょう。そして後半、リヨンのピュエル監督が賭けに出た。CBブームソンとMFマクーンを下げ、代わりにシェルストレーム、ゴナロンという2人のMFを投入する。CBクリスがセンターライン付近でプレーすることが多くなり、リヨンのディフェンスラインが大幅に上がった。  前半とは見違えるようにアグレッシブになったリヨンが75分... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/03/11 22:40
CLインテル戦セカンドレグプチ展望と、プレミアリーグ優勝争いについて
試合自体は来週ではありますがCLインテル戦セカンドレグプチ展望と、あとプレミアリーグ優勝争いについて、チェルシーファン視点で書いてみたいと思います。■ちょっと早いけど、CLインテル戦セカンドレグプチプレビューまずCLインテル戦についてですが、注目ポイントはやっぱ「左サイドバック」を誰にするかということになるんでしょう。アンチェロッティの選択肢は、たぶん3つ。怪我から間に合えばジルコフ、または第1戦同様にマルダ、もしくはベレッチというところだと思うんですが、私はベレッチという選択肢がいいのではない... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/03/10 23:45
トルシエがコートジボアール代表監督に&W杯で岡田監督が納得して戦えるようにするのが仕事
■トルシエがコートジボアール代表監督に?『スポニチ』の報道によると、フランス人監督のフィリップ・トルシエ氏が、コートジボワール代表の新監督として契約にサインする目前のようだ。 エレファンツは先月、バヒド・ハリルホジッチ監督を解任したため新しい監督を求めていた。同監督は、アフリカ・ネーションズカップで期待外れの結果に終わったことで解任されたとみられている。 フース・ヒディンク監督やスベン・ゴラン・エリクソン監督というビッグネームの監督との接触も伝えられたが、両監督との交渉は合意には至らなかった... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/03/09 23:55
プレビューFA杯「チェルシー対ストーク」&続・武士道と浪花節の話
■プレビューFA杯「対ストーク」さて、週末はFA杯。チェルシーはストークと日曜日に対戦となります。試合のポイントは下衆な見方で申し訳ありませんが「テリー・スキャンダル対ラムジー事件後遺症」となるんでしょう。どちらも上記の事件の影響でメンタルに弱みが出る可能性があるわけで、その弱みを露呈したほうが敗退となる可能性が高いという予想です。というわけでチェルシーが勝つためにはストークの「高さ&ロングスロー」に対して、いかにテリーを中心に対処できるかがポイントかなと。まぁ、いつもだったら、この高さ対策はそ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 4

2010/03/05 23:28
ラムジー事件について
特に書くことが無いんだけど、ちょい時間があるのでサッカーにおけるハードタックルと選手の怪我について。「選手(ショウクロス)を責めることはできないし、彼が意図的にやったとも思えない。だけど、いつも犠牲になるのはうちの選手だ。うちと対戦するチームは常にアグレッシブに来る。それは問題ないんだけど、主審にはもう少し僕らを守ってほしいと思う。なぜなら、相手がどれだけ僕らにファウルできるかわかるかい? 5、6回目にやっとイエローカードが出るだけなんだ。でも、僕らは1、2回ファウルしただけですぐにイエローカー... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/03/05 00:05
アジア杯「岡ちゃん日本代表対バーレン」試合を見てないけど、試合後コメントについて雑感みたいな
BS見れないんで、残念ながら試合見れてないんですが、試合後のコメントから適当にちゃちゃいれさせていただきます。■遠藤保仁選手(G大阪)のコメント今日に限っては問題なくやれたと思います。ケイスケは前を向いて勝負してなんぼの選手。あの位置で前を向けるのは大きい。楽しみが増えたと思います。(1点目の場面について)前でためができる。前でためられるのは俊輔の特徴。効果的だったと思う。ああいうプレーはシュンがいない時もやりたい。チャンスは多かったし、ダイスケも運動量は多かった。幅も使えたし、そうなると中はポ... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/03/04 00:01
プレビュー岡ちゃん日本代表対バーレーン というか中村俊輔選手と小笠原戦は、どこが違うのか?
■中村俊輔選手と小笠原戦は、どこが違うのか?1‐3の惨敗に終わった日韓戦については「みんな中に寄りすぎ。リスクを冒す時間が多すぎる」と中盤での攻守にわたる窮屈さを指摘。「もっとサイドを幅広く使った方がいい」と話し、DF長友とも積極的に意思統一を図った。  バーレーン戦では右サイドでの先発が濃厚。練習でも動きを確認し「個人的にはサイドバックからの連係で得点したい」と気合を込めた。俊輔が多彩な“引き出し”で、日本をよみがえらせる。http://sportsnavi.yahoo.co.jp/socc... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 3

2010/03/03 00:03
欧州CL「リヨン対レアルマドリー」超雑感 ピルロシステムが機能するには?
■リヨン対マドリー「今日の彼らは非常に激しい試合をした。僕らもそうだったけど、ボールポゼッションがうまくいかなかったんだ。素晴らしい結果ではない。だけど、まだベルナベウでの90分間が残っているよ」http://news.livedoor.com/article/detail/4609263/レアル・マドリーの今のスタイルって、アンチェロッティがミランでやっていた“ピルロシステム”に近いんですかね。シャビアロンソがピルロ役で、1トップ+クリスチャーノ・ロナウド+カカの3人のカウンター攻撃が基本みた... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/02/17 23:57
ベンゲルと岡ちゃん というか意外性のある攻撃について
昨日PCの調子が悪くなり、UPできなかったエントリー。おまけに書いた文章は半分消えた(泣)。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/02/10 22:55
「日本代表対中国代表」超雑感 修正すべき点はあるはず
時間があまりないので、試合見て何となく思ったことをメモ書き風に。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/02/07 15:06
たぶん、世界一早い「サッカー南アフリカワールドカップの日本代表の総括」 またはリセットとコンセプト
■サッカー南アフリカワールドカップの日本代表の総括?かなり早いですが、今回はサッカー南アフリカワールドカップの日本代表の総括をしたいと思います。って、まだ終わってないというか大会が始まってもないっての(笑)。まぁ総括と言っても、サッカーの試合そのものでなく監督人事の話です。2006年のジーコ日本代表以降、日本サッカー協会は代表監督に何を求め、どういう監督人事をしたのか。そのまとめみたいなものです。あまり新しいことは書いてません。合わせて、それに対する個人的見解みたいなものを、なんとなくこのタイミ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 5

2010/02/06 00:01
カーリングカップ:マンチェスターダービー第一戦雑感 ジーコ解任 お祭りの取材制限
■マンチェスター・ダービー雑感試合後のインタビューに答えて、イタリア人指揮官は、「今夜、カルロスはとてもいいプレーをした。だが、チーム全体のほうが1人の選手よりも重要なんだ。後半の我々のプレーは非常によかった。終盤10分は少し疲れたが、とにかく第1戦に勝てたことがとても重要だ。オールド・トラフォードでの試合は、2−1のリードで始まるが、厳しい試合になるのはわかっている。だけど、オールド・トラフォードで勝つことはできる。勝つか引き分かるか、可能だよ」と話した。 http://ne... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/01/20 23:12
映画「ヒストリー・オブ・バイオレンス」感想。またはモッジは生まれ変わることができるのか?
全世界がその”暴力”に圧倒された! 驚愕のバイオレンス・アクション 独特の世界観と描写で数多くの映画マニアを魅了する『ザ・フライ』の鬼才デビッド・クローネンバーグ監督。 『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズでハリウッドのトップにのぼりつめたヴィゴ・モーテンセンの主演。 原作は、「バットマン」などでも知られるDCコミックスのグラフィック・ノベル。 一夜にしてヒーローとなってしまった男の顛末を通して、幸福と暴力の対立、究極の愛の選択をサスペンスフルに描き出している。 http://www.... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/01/19 23:33
杉山茂樹コラム「中盤選手の定義が狭すぎる」を読んで!
■「奪われないか」から「奪うか」に変化する?特に中盤にそれは当てはまる。好むと好まざるとにかかわらず、仕事の中身は変化する。それに相応しい対応が不可欠になる。予選と同じメンバーでいいはずがない。最大5人いる中盤のメンバー構成は、本大会用に考え直すべきだと強く思う。「奪う」プレイが得意な選手の比率を高めるべきなのだ。  長谷部、遠藤、中村俊、中村憲は、いずれもパッサーだ。来るベネズエラ戦に初めて招集されること担った小笠原も然り。「平素」は彼らをメインに使ってもいいかもしれないが「本番」ではダメだ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/01/15 02:34
映画「チェンジリング」感想とプレイヤーズ・ファースト
■映画「チェンジリング」感想突然失踪した息子が5ヵ月後に発見され、母の元に帰ってきた。しかし、彼は“よく似た別の子“だった……。作品を発表するごとに世界中の評論家・観客から絶賛を浴びる映画作家クリント・イーストウッドがアンジェリーナ・ジョリーを主演に迎え、アメリカで起こった実話を基に描く人間ドラマ。http://pia-eigaseikatsu.jp/title/25031/これまたクリント・イーストウッド監督作品。この映画を見て「母親は強い」なんて野暮な一般論に終始するのもありだと思うけど、ぶ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/13 23:44
稲本Jリーグ復帰とか
■ソルキャンベル今シーズン序盤にノッツ・カウンティとの契約を解除していた元イングランド代表DFソル・キャンベル(35)が、アーセナル復帰を果たすことになった。アーセナルの公式HPでは、リザーブチームの一員として同選手が試合に出ることが伝えられている。http://news.livedoor.com/article/detail/4545014/ソルキャンベル復帰とはたまげた。安く契約できたってところなんですかね? そういえば、アーセナルってあまり若手のDFっていないのだろうか? 昔から攻撃陣に比... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/01/13 04:59
映画「グラン・トリノ」感想と、FAカップ(というかシティ)について雑感
■映画「グラン・トリノ」感想本日は、正月に見た映画(DVD)の簡単な感想文から。ストーリー 妻に先立たれ、一人暮らしの頑固な老人ウォルト。人に心を許さず、無礼な若者たちを罵り、自宅の芝生に一歩でも侵入されれば、ライフルを突きつける。そんな彼に、息子たちも寄り付こうとしない。学校にも行かず、仕事もなく、自分の進むべき道が分からない少年タオ。彼には手本となる父親がいない。二人は隣同士だが、挨拶を交わすことすらなかった。ある日、ウォルトが何より大切にしているヴィンテージ・カー<グラン・トリノ>を、タ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/01/05 22:13
Number744「南アフリカW杯 対戦国研究。日本の論点2010」をチラ読みして
■Number744「南アフリカW杯 対戦国研究。日本の論点2010」をチラ読みして&戸塚啓コラムを読んで電車の広告でNumberが日本代表特集していることを知る。立ち読みしようと本屋で手に取ったけど、表紙と目次と座談会の一部をチラ読みして、すぐに読む気が失せた。すべてを読まなくてもなんとなく書いてあることが想像できたし、それを読みたいと思わなかったから。なんというか、岡ちゃん日本代表に対する中途半端な“ちょうちん記事“ほど興ざめするものはないと思っていて、すべての記事がそのように見えてしまった... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

2009/12/25 21:22
メリークリスマス&バーミンガム戦プレビューとか
メリークリスマス。みなさんクリスマス・イブをどうお過ごしですか?さて「クリスマス」について調べたら「神が人間として産まれてきたこと」を祝うことが本質で、「クリスマス・イヴ」の原義は「クリスマスの夜」ということみたいです。なるほどですね。■ボクシングデイ「スポーツ的な観点から、ちょっとだけとはいえ、(この時期の)サッカーが懐かしいね。私にとって、子供たちや家族で満員になったスタジアムの中で、あれらの試合を戦ったことは、まったく素晴らしいことだった。とても素晴らしい雰囲気だったよ」 http://... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/12/24 21:39
チェルシーの1月補強についてや、シティの4位以内について 
■1月の補強?英紙『サン』によると、アブラモビッチ・オーナーはすでにターゲットを2人に絞っているという。4500万ユーロ(約58億7000万円)を用意しているというアトレティコ・マドリーFWセルヒオ・アグエロと、モナコの守備的MFイェルコ・レコだ。だが、両クラブが金額を釣り上げることも恐れているチェルシーは、第2プランも準備していると言われる。アヤックスFWルイス・スアレスやエヴァートンMFジャック・ロドウェル、そしてカルロ・アンチェロッティ監督が特に気に入っているというローマMFダニエレ・デ・... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2009/12/22 23:50
チェルシーポンペー戦勝利おめでと!
■チェルシー勝ったみたいで何より!別に気になっていたわけではなかったんだけど、何故か朝6時30分くらいに目が覚めてしまったので、ケータイで試合の状況をチェック。どうやら1−1らしい。しばらくしたら2−1に変化。ランパードがPKを決めたよう。…。そのまま試合終了。安心したので、ちょっぴり2度寝することにする。ほんの、ちょっぴりだけ。えっ、違います。本当に気になって目が覚めちゃったんじゃないです。たまたまです。16日に行われたプレミアリーグ第17節で、チェルシーはホームでポーツマスと対戦し、2−1で... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/12/17 23:16
チェルシー対ポーツマス戦プレビュー&「岡田武史氏が語る、日本代表監督の仕事とは」をざっくり読んで
■ポーツマス戦プレビューモウリーニョ信者的には、グラント元監督はあまり好きじゃない。なぜなら、グラントはチェルシーにとって”死に神”的な存在であったと思っているから。言いすぎ? 確かに。だってグラントの存在と、モウリーニョがチェルシーを辞めた理由が密接に絡んでいるように思えるんだもん。もちろん、モウリーニョがチェルシーを辞めた最大の理由はアブラモビッチとの関係にあったとは思うし、その一環としてグラント氏が当て馬として登場しただけなのかもしれないけどさ。どちらにせよ、あまりいいイメージを持ってない... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/12/15 22:24
「おとなだろ 勇気をだせよ」 または、ブイーング&勝ち点90(笑)
おとなだろ 勇気をだせよ おとなだろ 知ってることが 誰にも言えないことばかりじゃ 空がまた暗くなる http://hanoi-stones-trex.at.webry.info/200905/article_5.htmlエバートン戦のあの光景を見てから、私の頭の中も「おとなだろ 勇気をだせよ」というフレーズが グルグルと回っていた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/12/14 23:53
「チャンピオンズリーグへの敬意」と「目先の勝利」について
■インテル試合は見ていませんが、予定通りインテル&バルセロナが勝ち抜けたみたいですね。まぁインテル的には前節でバルセロナに負けるのはある意味計算通りで、何が何でもバルサに勝たなきゃいかんなんて気持ちはこれっぽっちもなく、最終節にルビンサガンに勝てばOK的なコンセンサス=イタリア的なメンタルだったということなんでしょう。「我々は昨シーズン、イタリアのチャンピオンになった。現在もトップに立っている。敗れたのは昨シーズンの優勝チームだ。今、我々は王者がいたグループを突破した」http://news.l... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 6

2009/12/10 22:57
ファーガソンのポリバレント&「奥大介によるW杯グループ詳細解説。」を読んで
■ポリバレント「ヴィディッチは風邪で欠場し、ネヴィルをセンターバックに置かなければならなかった。そのネヴィルが30分で負傷退場だ。最後にはウェズ・ブラウンまでもが負傷退場してしまった」(中略) 「カリックは非常によくやってくれた。とても満足している」と監督は付け加えた。「この試合でカリックをベンチにしたのは、ディフェンスラインに何かアクシデントが起こってもカバーできるようにするためだった」(中略) 「カリックは調子が良いから、本当は中盤で先発させたいんだがね。だけど、注意を怠ってはいけないと... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/12/07 23:48
カーリングカップ敗退&オシムとベンゲル
■カーリングカップ敗退「我々はリスクを冒し、カルーがケガをしてしまった。それで我々は10人で戦うことになってしまった。普段の私は、ハーフタイムに3人を代えたりしない。だが今回は、選手たちに経験を積ませることの方が良かったんだ」 一方で、アンチェロッティ監督はPK戦で最後に失敗してしまった若手のガエル・カクタに対し、次のように賛辞を送っている。 「彼はとても良いプレーをした。ブルマも非常に良かったね。彼らは将来的にウチのチームでプレーすることになる。とても良いクオリティーを持っているからだ。今... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/12/03 23:49
サッカー日本代表論 「供給過剰とコアなサッカーファンの離反」と「亀田式演出方法」について
自分のことを中途半端なオタクであると思っている。最近、特にそう思うようになった。サブカル的なものが好きなんだけど、めちゃめちゃサブカル思考でもない?あまりにメジャーなのは敬遠するけど、かといってあまりにマイナーのもそれほど興味があるわけでもないみたいな? たぶん好きな映画や音楽、応援するサッカーチームなどを考えてみてもそうなんだろう。まぁフリッパーズギターやオリジナルラブやディアンジェロやカーティスメイフィールドやチェルシーやバロウズやクローネンバーグがメジャーかマイナーなのかは意見が分かれると... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/12/01 23:44
欧州CL「ポルト対チェルシー」戦雑感&バロテッリは肌の色で侮辱?&アーセナル戦レビュー
■PART1:欧州CL「ポルト対チェルシー」戦雑感「ニコラは試合を読む力が素晴らしい。私たちにとって大事な選手だ。彼は時にはストライカーとなるが、時には中盤での仕事も手伝うことができるね」http://news.livedoor.com/article/detail/4470645/「試合を読む力」とは、さすがアンチェロッティは素晴らしいこと言うね。まさにその通りだと思いますが、それ簡単に言えば「状況判断」能力に長けているということなんでしょう。今、ピッチで何をすべきかを常に的確に察知して、それ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/11/27 20:33
チェルシープレビュー、インテル敗北、アンリハンド事件についてなど
■チェルシ−「僕たちは次のラウンドに行くことが決まっている。でもグループトップで進むことが狙いだ。どちらもチームも負けたくはないだろう。良い試合になると思うよ」http://news.livedoor.com/article/detail/4470106/チェルシーも当然トップ通過を狙っているわけですが、正直、明朝の試合よりも週末のアーセナル戦のが重要なのは確か。なので、そのあたりはバランスを考えながらの戦いとなる感じでしょうか? 怪我人がどれくらい癒えるのかわかりませんが、ここらでアネルカをち... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/11/26 00:06
欧州W杯プレイーオフ:ファーストレグ「ポルトガル対ボスニア」 3−5−2というお家芸と、誰もがソリン
■3−5−2というお家芸ボスニアのブラゼビッチ監督。名前だけ聞いてもピンとこなかったんだけど、「98フランスW杯でクロアチア代表の監督だった人」と言われて思い出しました。ああ、あの学者というか博士みたいな風貌の監督さんね。なんとなく覚えていますよ。FWにスーケル、MFにボバン、プロシネツキらタレントを中心に、WBにヤルニという実力者を擁した「3−5−2」というスタイルでしたよね。日本代表はスーケルの1発にものの見事にやられちゃうわけですが、ボスニアの監督がそのブラゼビッチ氏だったとは知りませんで... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/11/17 23:22
岡ちゃん日本代表のこととか、欧州プレイオフとか
■日本代表一方で、生放送ではなかったのが、サッカー日本代表の南アフリカ戦だ。代表戦は1996年以降、TV放送については「生中継しか認めない」との条件で、1試合1億円以上という価格設定で、放映権交渉されてきた。  しかし、南アフリカ戦は日本時間14日午後10時半合開始予定だが、中継行うテレビ東京、BSジャパンは日本時間午後11時50分からの放送となった。  「放送側の精いっぱいの抵抗。先月15日に代表戦を放送したTBSはトーゴ選手のレベルがあまりにひどかったために、放映権料の減額を要求すると聞... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

2009/11/13 23:52
プレミアプレビュー:ボルトン対チェルシー ポイントは中盤へのプレス?
■ボルトン戦プレビューさて、またボルトン戦。でも、今度は敵地リーボックスタジアムでの戦いとなるので、ここ数試合のような簡単な戦いにはならないと予想。たぶん、ボルトンは水曜に温存したと思われるケビン・デービスとコーヘンちゃんという「高さという武器」を駆使してくると思うわけで(温存でなく怪我やインフルで休んでいたなら、ごめんなさい)、油断していると足元すくわれる可能性はゼロではないかなと。もちろん、チェルシーも休養十分のテリーやアネルカら、カーリングカップからガラリと変わった主力メンバーで臨むと思わ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/31 06:16
チェルシー:カーリング杯ボルトン戦プレビューとか
■ボルトン戦His starting 11 has Hilario in a goal; a defence of Juliano Belletti, Alex, Branislav Ivanovic and Paulo Ferreira; in midfield Michael Ballack, Deco, Florent Malouda and Joe Cole, and up front, Salomon Kalou and Daniel Sturridge. The subs are... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/10/29 00:03
プレミアリーグ「リバプール対ユナイテッド」雑感&伊藤忠商事本社ビル15階のオフィスから
■PART1:リバプール対ユナイテッドかなり時間が経ってしまいましたが、「リバプール対ユナイテッド」について簡単に。■勝因は…勝因はズバリ、リバプールの守備がよかったことだったと思っています。最後は退場となってしまいましたが、特にマスチェラーノの守備が素晴らしかった。厳しく、早く、的確で、献身的で、運動量もあり、気も利いていて、退場以外は言うことなしでした。ベニテスの期待通りの働きだったんじゃないかな。たぶん。ジェラード不在ということもあったし、リバプ−ルの勝機は「守備でがんばること」しかなった... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/10/27 23:43
Re.日本代表の昨今から思うところ 「摺り合せ」「造り込み」「熟成」 またはミラクルガイ
■Marioさんありがとう!”漠々糊々”のMarioさんが、岡ちゃん日本代表論を書いてくれました。Marioさんは私と違って、途中から“脱アンチ岡ちゃん”という立場であったと記憶しておりますが、違っていたらすみません。まぁ私も“アンチ岡ちゃん”と自称しつつも、これだけ岡ちゃん日本代表に関してエントリーを書いている時点で、本当の意味でのアンチではないのかもしれませんが、基本的には意図的に“アンチ”な視点から書いているつもりであります。つまり、私の書いていることは岡ちゃん日本代表にとってあまり建設的... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 4

2009/10/20 23:03
カンペーと自分探しの旅の相対的関係性について
カンペー。漢字で書くと菅平になるのかな? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/20 04:10
岡ちゃん日本代表が「日本オリジナル」だと思う100の理由
結構異能の人かも知れません。”攻撃パターン”を量産できる。 そういう頭の構造になっている、つまり普遍性や理論的全体性とは、違うところで頭を使っている人なんでしょうね。 だからこそ逆に、継続”しない”ことは、ある程度予想出来るわけですが。(笑) http://atlanta.blog24.fc2.com/blog-entry-1475.html#more「みどりのろうごく」さんの岡ちゃん解析は、やっぱおもしろいなぁ。で、岡ちゃん日本代表が「継続しないこと」について言及されてますが、私もその考... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 7

2009/10/16 22:58
ポルトガル代表、プレーオフ、岡ちゃんの不快感について
■ポルトガル代表最初から最後まで試合の主導権を握り続けたポルトガルは、クリスティアーノ・ロナウドの不在を感じさせない怒とうの攻撃を見せた。ポルトガルは、前半14分にナ二が鮮やかなボレーで先制ゴールを挙げると、反撃の糸口さえつかめないマルタに対し、ボジングワ、メイレレスらが容赦なく攻め上がり、次々とチャンスを作る。前半終了直前にはシマゥンのゴールで2点目を決めたポルトガルは、後半突入後の52分にもミゲル、90分にはエディーニョの追加点で4−0とし圧勝した。http://sportsnavi.yah... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

2009/10/16 00:01
「岡ちゃん日本代表」に中村俊輔は必要なのかについて
ついでに、このタイミングで書いておこう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 4

2009/10/15 02:44
サッカー日本代表の実力を妄想してみました? もちろんトーゴ戦のプレビューではないし、そんなのしない。
■スコットランド1軍って誰?そういえば、来日できなかったスコットランド代表の1軍には、どんな選手がいるんでしたっけ? というわけで、適当に調べてみました。マンチェスター・ユナイテッドのフレッチャー。バーンリーのフレッチャー弟。セルティックのマロニー、スコット・ブラウン。レンジャーズのケニー・ミラー、ネイスミスあたりは有名? あとは、よく知らんけど、まぁこんなところでしょうかね。さてメンツだけを見ると、正直、スコットランドは、1軍もそれほど強いチームではない気もします。現に南アフリカワールドカップ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 1 / コメント 4

2009/10/13 23:50
岡ちゃん日本代表「香港戦レビューのレビュー」と「スコットランド戦プレビュー」みたいな?
■香港戦のレビューのレビュー話題の香港戦ですが、残念ながら見てません。なので試合については何も書けませんが、識者様のレビューを読んで感じたことをちょいと。いまは、違う。「周りがうまいからと言って、周りに合わせていたら自分のプレーが出せない。いまは自分が動き出してパスをもらうことができている」と、岡崎は言う。チームメイトの信頼感を勝ち取ってきた23歳は、ゴール前での迫力を身につけてきた。もちろん、ディフェンス面での頑張りは保たれている。攻守の切り替えの速さは、サイドハーフも含めた前線の選手ではナン... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2009/10/09 23:27
岡ちゃん日本代表は、これからW杯に向けてどう備えるべきか? 新戦力をどう遣うべきか?
さて代表ウィークですが、試合は残念ながらフジテレビのCSでの放送が中心みたいですね。そのチャンネルには加入してないし、加入するつもりもないので他の国の試合は見れませんが、もしかしたら日本代表の試合はワンセグで見るかも。というわけで日本代表についてですが、この2週間で3試合もやる予定みたいですね。まったく知りませんでしたが、ぜひ岡ちゃんには有意義に活用してもらいたいところ。ではここで、ちょっと前に書かれたセルジオのコラムを引用させていただきます。10月上旬に香港、スコットランド、トーゴと戦う日本代... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/06 23:54
欧州CLインテル対バルセロナ戦、ケニオン、ジーコ&リスクを冒すということ
■インテル対バルセロナ「我々がコントロールしている時間もあった。ゴールには運が必要だけど、それが欠けていた」 「チャンスはあった。でもそれをゴールに変えることができなかった。でも最終的に勝ち点を得られたことには満足しているよ」http://news.livedoor.com/article/detail/4353149/改めてバルセロナの「したたかな強さ」みたいなものを感じました。やはりボールポゼッションからの攻撃力は見事ですね。パス回しに淀みがないし、守備への意識の高さもさすがでした。やっぱ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2009/09/17 22:51
岡ちゃん日本代表の「4−4−2」は「レベルが高い相手と戦う“W杯仕様”のフォーメーション」なのか?
■レベルが高い相手と戦う“W杯仕様”のフォーメーション?司令塔の中村も2トップに手応えを感じていた。「凄い良かったと思う。もともとオレも(中村)憲剛もパスが得意だし、前を向いたときにコースがある。そういうパイプがいっぱいできてくると(相手を)崩せると思う。2トップに(中盤が)プラスしてボールを回すことができた。そこが収穫」。アジアのレベルでは1トップでもFWへのパスコースはあるが、世界レベルでは厳しいマークを受けるために前線にパスを入れることができない。レベルが高い相手と戦う“W杯仕様”のフォー... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/09/10 22:33
「岡ちゃん日本代表対ガーナ代表」超雑感目指すべき仕様は?
試合に勝ったことは素直に評価すべきでしょう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/09/10 02:02
岡ちゃん日本代表「90分間プレッシング」について、ちょいと
先週の土曜日から、ネットやテレビ観賞できない環境にいました。なので、残念ながらオランダ戦は見れていませんが、今回は話題の「90分間プレッシング」についてオランダ戦を見てないと言う前提で思うところを書いてみたいと思いますが、もう世の中的にはオランダ戦よりもガーナ戦ですよね。って、もうキックオフ?2006年日本代表テクニカルレポート日本は言うまでもなく、個人の能力では欧州、南米の強豪国には劣るだろう。また体格、フィジカルコンタクトの能力では、アフリカの強国にも一歩譲ると思う。そういうチームが、「全員... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/09/09 18:54
ねぇ、みんな、理想のサッカー日本代表って、いったいどんなチーム?
 8月27日から英マンチェスターを皮切りに、スペインのビルバオ、バルセロナなど欧州視察中の日本協会・犬飼基昭会長(67)が、代表選手の海外挑戦を奨励する考えを示した。「これからの日本代表は、みんなが海外のレベルの高いクラブで活躍することが理想だ。そのメンバーが一斉に集まれば、非常に大きな相乗効果が期待できる」。将来的に日本代表全員が「海外組」となることを理想とした。 http://www.nikkansports.com/soccer/japan/news/p-sc-tp2-20090903-... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/09/03 22:50
「ユナイテッド対アーセナル」「ボルトン対リバプ−ル」「ミラノダービー」雑感
■ユナイテッド対アーセナル八百長とまでは言わないけど、ホーム有利の笛であったようには感じました。なぜならば、アルシャフィンがペナルティエリアで倒されたシーンはPKに見えたし、逆にルーニーがペナルティエリアでアルムニアに倒されたシーンはノーファウルのように見えたから。もちろん私がアーセナル寄りの視点で見ていたから、そう感じただけなのかもしれないけど、果たして審判はニュートラルな視点でサッカーをコントロールしていたのだろうか? 本当に? うそでしょ? マンチェスター・ユナイテッド寄りの視点ではありま... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/09/01 20:20
プレミアプレビュー「チェルシー対バーンリー戦」、CL組合わせ、サッカー日本代表:本田コメントについて
■バーンリー戦についてユナイテッドを倒して波に乗るバーンリーですが、このチーム確か、昨シーズンのカップ戦(カーリングだったか、FAだったか忘れた)でも上位に進出してませんでしたっけ? まぁ、昇格組でも侮れないってことですが、何にせよチェルシー的にはきっちりと勝って勝ち点3を積み上げておきたいところです。「クリスマスツリー」があくまでアウェイ仕様だとするなら、この試合は「4−3−1−2」なんでしょうけど、バーンリーのヤケクソ気味の遠くからのアーリークロスから失点なんてことがないように気をつけて欲し... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/08/28 22:38
ニュース読み
■代表チームの目的は、やっぱワールドカップでしょ?ワールドカップは4年に一度の祭典であり、それは日頃のサッカーを代表の形式を採りつつ披露するもの。いわば日常の積み重ねが重要であり、それのみを目的とし、かつ勝つことだけを目的とするのは、日本サッカーの真の進歩とは異なるのではないだろうか。 http://wsp.sponichi.co.jp/column/archives/2009/08/post_1413.html私はぶっちゃけ、サッカーの国単位の代表チームは「ワールドカップ」で勝つことが主たる... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/08/27 21:58
プレミアその他「リバプール」「アーセナル」戦について
■トッテナム対リバプールリヴァプールのラファエル・ベニテス監督は試合後、英『スカイ・スポーツ』に対し、「前半はベストじゃなかったが、後半はそれより良くなった。後半にがんばった分、落胆しているよ。まだ始まったばかりだが、改善しなければいけないことは分かっている」とコメント。悔しさを露にしている。http://soccer.yahoo.co.jp/world/news/show/20090817-00000014-ism-socc前半の出来が、そのまま勝敗を左右した感じでしたね。ここで言う出来の「8... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/08/17 23:45
余剰人員と三銃士
先日、シティが選手ダブついていると書いたけど、今のチェルシーだって十分にダブついているわけで、人のこととやかく言えた状態ではない。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/08/14 02:43
CLアーセナルはセルティックと&エスパニョ−ル中村俊輔のプレマッチを見て
■CL、アーセナルはセルティックと7日、ニヨンのUEFA本部でUEFAチャンピオンズリーグ・プレーオフ組み合わせ抽選会が行われた。昨季ベスト4のアーセナルFCは、セルティックFCを退けなければグループリーグに進めないことになった。 http://jp.uefa.com/competitions/ucl/news/kind=1/newsid=870477.htmlCL予備選の対戦相手が決定。アーセナルはセルティックと対戦みたいですが、まぁ対戦相手的にはまったく問題なしというところか。問題はどちら... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/08/08 00:10
チェルシー【コミュニティシールドプレビュー】 ミランラボの恩恵&ピルロシステムは大丈夫か?
■ミランラボミランのラボでの実績がいい宣伝になったといっておこう。ミランラボはとてもシンプルなアイディアを活用したところだ、センターに人を置き怪我の予防のために総括的なアプローチを行おうとするものだ。本当に積極的な、つまり怪我を出来る限り予見し予防しようとするものだ、怪我をしてから対応するのではなくてね。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/08/07 00:05
ムトゥ、アロンソ、ディサントについて
■ムトゥまた、ムトゥは「これだけの月日が過ぎた今、チェルシーが一方的に契約を解除したことも踏まえれば、その過ちからスポーツの範疇を超えた損害賠償を要求することなどできない」と、賠償金の支払い命令は不当だと述べている。  さらに、ムトゥは「自分はスポーツマンだが、それと同時にEU(欧州連合)の市民だ。スポーツ裁判はEUの原則や基本的権利を尊重しなければいけないと思う」とコメント。「だから、自分の権利を守るために、できる限りの行動を取ることを検討している」と続け、問題を一般法廷へ持ち込むことも考え... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/08/05 00:17
今期、ファーガソンとアンチェロッティは同じか? &ショウタロウ万歳!
■ユナイテッド「アウディカップの2試合ではうれしいことにそれぞれ60分から70分くらいプレーすることができた。自分のコンディションを向上させることができたし、チームの全員が満足のいくプレーができたと思う。そういう意味では良かったけど、優勝を逃してしまったのはやっぱり残念だね」 http://news.livedoor.com/article/detail/4277036/この試合、録画で見ました。プレシーズンマッチではあるけど、オーエンがユナイテッドで機能するのは、かなり厳しいんじゃないかと思... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/08/04 00:06
ミランとサーボビーと「“耐える日常”を送る選手」と監督解任の意味について
■ミランミランは30日、親善試合「アウディ・カップ」でボカ・ジュニオルスと対戦し、PK戦の末に黒星を喫した。27分、チアゴ・シウバのゴールで先制したものの、終盤に同点弾を許している。 またも親善試合で黒星を喫したミランだが、内容面ではこれまでより改善が見られた。そのためか、レオナルド監督も試合後、パフォーマンスに満足感を窺わせている。クラブの公式HP上で同監督は次のように語った。 「今夜のミランには気迫が見られた。選手たちはやり直したいとの意欲を示してくれたよ。できるだけいい形で(大会を)締... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/08/01 00:12
ジーコ日本代表の構造欠陥は、今の岡ちゃん日本代表にも共有されているのか?
■ジーコ日本代表も振り返りますサンドニに続いて、ジーコ日本代表も振り返ります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/07/30 05:11
サンドニでの「フランス代表 vs 日本代表」について、改めて考えてみましょうか?
サンドニをYoutubeで振り返ってみる。日本代表の失点は、1失点目はPK、2失点目は楢崎のキャツチミス。やっぱ、やってはいけない場所でのミスをしてしまうと試合は壊れてしまうということなんでしょう。3失点目はセットプレイから。高さのミスマッチは仕方がないところか。で、問題は4失点目と5失点目なんだけど、ピッチコンデョションや得点差が開いていたことが影響したとは思いますが、おなじみの後半途中以降の集中力の欠如はある意味わかりやすい。この「後半途中以降のメンタル&体力の保持ができないこと」の理由は、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/07/29 00:08
ファーガソンのシティ批判とテリー残留、サンドニはない?
■ファーガソン「シティは小さなメンタリティしかない、小さなクラブだ。彼らが話題にするのはマンチェスター・ユナイテッドのことだけ。これまでずっとそうだったし、そこから逃れることはできないんだ」 「彼らが今やっていることはバカとしか言いようがない。あまりに傲慢だといつか墓穴を掘るよ。やつらはテベスをマンチェスター・ユナイテッドから奪ったのが手柄だと思っている。情けない話だ。もっとも、彼はもっとずっと前にシティに行ってもよかった」 「彼らにいったい何ができる? (プレミアリーグの)トップ4に入るの... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/07/28 05:39
どうなるアンチェロッティチェルシー? 果たして彼はチェルシーで「ピルロシステム」を使うのか?
■オランダとイタリア少し時間ができたんで、アンチェロッティ・チェルシーの戦い方について、いろいろ考えてみた。アンチェロッティ・ミランの戦術は、幾何学的な配置によりボールポゼッションを実現するというオランダサッカーと、チームバランスに主眼を置き無理なリスクチャレンジを回避し効率良く得点を奪うというイタリアサッカーが融合したものと言えるかもしれない。「サッカー大国」の優れた戦術エッセンスが、カルロ・アンチェロッティという優秀な戦術コーディネーターによって融合されたのである。 数年前、「人数をかけて... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/07/25 04:37
バルサにとってベストは、インテルにとってもベスト?
「バルサにとってベストなのは、エトーが移籍することだと確信している。わたしが間違えを犯す可能性? それも確かにある。だが、わたしはこの手のテーマについて決定を下すためにここにいる。あらゆるタイトルを勝ち取った後だからこそ、われわれはメンバーを変更する必要がある。この決定は、選手としての経験をもとに導き出したものだ」http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/eusoccer/0809/headlines/20090721-00000015-spnavi-socc.h... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/07/24 00:14
チェルシーとドログバ、そして世界は「異民族」の寄り集まり?
■チェルシーぼちぼちチェルシーの練習試合が始まっているようですが、どんな試合であれ勝つのはいいことですな。早く映像で見たいなぁ。今のところフォーメーションは4−4−2のダイヤがメインみたいですが、やっぱ個人的には守備組織がどんなだか早くチェックしたい。チェルシーの生命線はやっぱ守備だと思うし、チェルシーの場合、守備がある程度安定すれば、攻撃もそれなりに機能すると思いますからね。まぁ、今のところアンチョロッティは「起用する選手は基本これまでの継続&システムはちょい模索」って感じでスタートしているみ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/07/23 00:08
婚活2
「あの〜、ちょっといいですか?」 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/07/20 21:45
婚活
あの〜、ちょっといいですか? ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/07/18 17:14
「ロック」について
本日は特にサッカーについて書くことがない感じなので、ロックについて書いてみる。 音楽のロックというジャンルについてである。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/07/08 23:40
ジルコフとスタリッジの獲得について
■ジルコフ 【ロンドン6日時事】サッカーのイングランド・プレミアリーグ、チェルシーは6日、ロシア1部リーグのCSKAモスクワと同国代表DFジルコフの獲得で合意したと発表した。英メディアによると4年契約の予定で、推定移籍金1800万ポンド(約28億円)。 http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/headlines/20090706-00000169-jij-spo.htmlジルコフが正式に移籍決定したようです。彼は確か左MF、左SBができる選手でしたっけ? うーん... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/07/07 00:09
「フェリポン対ドログバ(略)」についてPART2  怖いチームのファンであり粘着質であることについて
■「選手ありき」ではないチーム?昨日の続き的なことです。コメント欄にて猛烈に反論されてしまいましたが、確かに「選手ありき」ではないチームもあるかもしれませんね。アーセナルのアーセン・ベンゲル監督は仏紙とのインタビューで、レアル・マドリーからの監督就任要請を断り、アーセナルの描く将来のプロジェクトに賭けた理由を明かした。 「レアル・マドリーは(スター選手の獲得により)スペクタクルなサッカーを目指している。だが、チームの成功には別の角度からの切り口もある。若手選手を登用しながら、クラブ独自の確固た... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 9

2009/07/02 23:52
「フェリポン対ドログバ、バラック、チェフ」について リスキービジネスとは?
■私はビッククラブでは監督できましぇん今日、サッカーチームの本当のオーナーは選手たちである。彼らこそがすべてを決めるのだ。ヨーロッパのビッグチームの監督は、彼らの要求に抵抗できるほどの権限を持っていないのだ。  5年契約で1年に400〜900万ユーロも稼いでいるスター選手たちと、監督。チームはどちらをより優先して首にするか。言うまでもなく、真っ先に首になるのは監督である。スター選手たちはすでに権力を得ていて、自分のやりたいようにやっているのだ。  私がチェルシーにいた間に一番の問題だったのが... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 3

2009/07/02 00:08
サッカーとシャツと私 
■レプリカユニフォームが売れるかどうかだけを考えて大型補強を行なうという過ちサッキ氏は『ラジオ・マルカ』に対し、「気を付けなければならない。フロレンティーノはフットボール・プロジェクトに適合するか、補強した選手たちがお互いを引き立たせるかを考える前に、彼らのレプリカユニフォームが売れるかどうかだけを考えて大型補強を行なうという過ちを犯している」とコメント。同会長の補強策を厳しく批判している。http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=worldsoccer&a=20090624... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/06/24 22:27
エジプトの勝利は兆候か? ドログバ処分&マドリー借金? ほか
■来年のW杯は、アフリカ勢優位という面があらゆるところで出るのか?そのエジプトがこの日、イタリアに1−0で勝つという金星を挙げた。「この大会、おれたちはエジプトを応援する」と言う南アフリカの人もいる。来年のW杯は、アフリカ勢優位という面があらゆるところで出てくるかもしれない。その兆候となり得るエジプトの勝利だった。http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/eusoccer/headlines/20090619-00000017-spnavi-socc.htmlなん... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/06/19 23:14
コンフェデに観客が入ってないらしいことについて
初のメジャー大会開催にもかかわらず、ホスト国の南アフリカがイラクと戦った開幕戦で収容人数6万1000人のエリスパークに集まったファンは、5万人にも満たなかった。欧州王者スペインとニュージランドが対戦したロイヤル・バフォケン・スタジアム(収容人数4万2000人)にも、わずか2万1649人の観客しか訪れていない。 (中略)  なお、最も安いチケットは70ランド(約840円)だが、これは南アフリカのリーグ戦のチケットの3倍以上という。 この点についてブラッター会長は、「チケット代が高過ぎてはいけ... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/06/17 00:15
コンフェデ「南アフリカ対イラク」超雑感
少なくとも前半は、サッカーのつまらなさが凝縮した試合だったと思いました。 というか、後半もヤバイよね。確かに、南アフリカは頑張っていたけど、ワールドカップ開催国として考えるとヤバイ出来だなぁと。 ピーナールが最初から出ていれば違ったかしら? ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/06/15 01:44
イングランド戦とか、新ギャラクティコとか、日本化とか!
■イングランド代表W杯欧州予選「イングランド対アンゴラ」戦について簡単に。90分のうち85分くらいはイングランドがハーフコート状態で攻撃しているという超一方的な試合でしたが、それなりに見どころはありました。イングランドのスタメンはGKグリーン、DF左からグレン“便座盗賊”ジョンソン、テリー、レスコット、アシュリーコール、MF、ウォルコット、ベッカム、ランパード、ジェラード、そしてFWはピーター“ロボット”クラウチとルニーという布陣でしたが、この試合のキーマンは左サイドバックに抜擢された元チェルシ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/06/13 00:11
カタール戦は見てないけど、日本代表のコンセプトについて
主力が抜けると機能しなくなることは、サッカーでは普通によくあることですよ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/06/11 04:00
マルティネス新監督&カカがレアルマドリーへ移籍決定とか
■ロベルト・マルティネス35歳英メディアは、プレミアリーグのウィガンが10日に元選手のロベルト・マルティネス(35歳)を新監督に任命すると報じた。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/06/10 00:09
朝日新聞社説”南アW杯へ―日本の「色」が見えてきた”を読んで雑感
■バランスよく人を配する定石を捨てた、大胆な戦術?ウズベキスタン戦をはじめ、岡ちゃん日本代表の試合を見た感想は人それぞれであるとは思う。それは認める。ただ申し訳ないけど、以下のコラムに関しては、正直、まったく賛同できない。サッカーの見方というか、感じ方、感覚が、残念ながらまったく違うからだ。 初の代表監督から10年余り。岡田氏は自らの哲学を選手に浸透させ、過去にないスタイルで代表を率いている。  それは日本人らしい機敏なサッカーだ。小回りが利き、球さばきにたけるという特性を生かし、よりゴール... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 6

2009/06/09 18:03
W杯アジア予選「ウズベキスタン対 日本代表」超雑感 勝因とFIFAの問題点
勝因はプレビューで書いた通り、相手にカウンター攻撃させなかったことだと思っています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 2 / コメント 4

2009/06/08 00:22
岡田武史・サッカー日本代表監督の「リバプールのジェラートのイメージ」発言を考える会  
正直に言うと、今日のシステムは憲剛のためにやったシステムという面があります。彼を生かすには、あのポジションが一番いいと思っていまして、彼にはリバプールのジェラートのイメージでと言っているんですが、本当に素晴らしいプレーでした。ちょっとバテてディフェンスに戻れないところもありましたが、それでも得点機は2回ありました。1点取れていれば、本当に文句なしで。彼には得点能力があるし、「点を取ってくれ」と言っていたので、(ベンチに)帰ってきたときに「2回あったな」とは言いました。http://sportsn... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/06/05 00:01
チェルシーの新監督はアンチェロッティに決定!
■アンチェロッティに決定!チェルシーは1日、カルロ・アンチェロッティ監督を新指揮官に迎えることを正式に発表した。今季までミランを率いたアンチェロッティ監督は、3年契約でチェルシーとサインした。http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/eusoccer/headlines/20090602-00000006-spnavi-socc.htmlアンチェロッティに正式に決まりました。個人的には期待半分、不安半分という感じですが、現状ではベストの選択だったと思うし、おなじみ... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/06/03 00:09
FA杯決勝「チェルシー対エバー トン」超雑感チームの一貫性
やりました! ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/06/01 00:56
おすすめブログに選ばれました!
■代表戦あったんだ…日本代表の試合があったみたいだけど、なんかスケジュール感がおかしくない? 確かに、一部の欧州リーグでは全日程が終了したところもあるけどさ、今日は欧州チャンピオンズリーグ決勝の日なわけで。そんな祭りの日に、わざわざあまり意味の無い親善試合を行なう必然性がないきがするんだけどね。Jリーグ秋春制へ移行とか掲げているわりには、欧州のカレンダーを平気で無視しているのが滑稽だ。■おすすめさて、気を取り直して。本日、BIGLOBEの「おすすめblog」に当ブログを取り上げていただきました。... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/05/28 00:12
欧州CL決勝「マンチェスターユナイテッド対バルセロナ」戦についての展望&ストラカン辞任について
時間が出来たので、チャンピオンズリーグ決勝戦の展望などを書いてみよう。有利なのはユナイテッドだと思うけど、まずはそのユナイテッドの弱点らしきところをあげてみる。■バルセロナが勝つには?攻略のヒントになるのは、やっぱあの大敗したプレミアリーグでのリバプールとの一戦になるのかな。あの試合のユナイテッドのDF(特にビディッチ)は単にコンデョションの問題でパフォーマンスが低下していたのかもしれないけど、単純な「GKからのパントキック」で崩されていたのが印象的だった。バルセロナはあまりそういう単純な攻撃は... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/05/27 00:09
シアラー・ニューカッスルの問題を考えてみた! ポイントは「走るメカニズム」とノーラン?
昨日の夜に思い出した、ヘビメタバンドのストライパーについて。 彼らの存在は、かなり重要だと思う。 それまでヘビメタと言えば「不良」とか「悪魔」とか邪なイメージがあったんだけど、 それを逆手にとって「基督」とか「正義」ってイメージなところが斬新なんだよね。 彼らが「肉体化したロックンローラー」なのかは知らんが、彼らもロックだという ことに当時、希望を持てた人も多かったのでは? ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/05/22 00:10
ベストイレブン
今日、久々にNBAをテレビで見た。久々のレイカーズ、久々のコービー、そして久々のフィルジャクソン!! フィルジャクソンは、まだトライアングルオフェンスを使っていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/21 02:37
You Spin Me Round そして誰もいなくなる…。
80年代の音楽が、みんな好きだったわけではない。 たとえばデッド・オア・アライブなんて大嫌いだった。 ユーロビートっていうんでしたっけ? あれ嫌い。 あっ、ユーロビートはリック・アストリー君か? ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/05/20 23:47
カルロ本当に来るのか?&2009-2010シーズンの合言葉!の巻
ヴァンヘイレンのお話。 デビット・リー・ロスが抜けたとき、誰が変わりのボーカルになるのかというのが友達との間で話題となった。 他のメヴィメタバンドからの移籍なんだろうと思っていたら、 ヘヴィメタでなく「ハードロック」シンガーのサミーヘイガーが就任。 ヘヴィメタルバンドのくせに、なんて軟弱な! と、その当時は怒っていた人もいた気がしましたが、違うよね。 その人は単に「エディ・ヴァン・ヘイレンのギターテクニック」に騙されていただけなんだ。というか「エディ・ヴァン・ヘイレンのギターテクニッ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2009/05/15 00:08
イングランド万歳!みたいな!
ジギタリスを花屋で買って植えた。 名前の響きが気に入った。 次はルピナスにするか。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/05/13 23:02
FA杯「チェルシー対アーセナル」戦プレビュー 12時になると魔法が切れるって
12時になると魔法が切れるって、 よく考えるとすばらしい話だよな。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/18 00:09
CLその他の試合 FA杯プレビュー
Sadeの世界観が好きだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/17 00:07
シアラーがニューカッスルの監督になったことよりも…
ロンウッドのよさがわかるかな? 存在自体がすごいんだ。 ロックの本質というのを知っていて体現しているとでも言いますか。 もちろんキースもいいんだけど。 The Faces - Stay With Me 1972 Live■シアラーは注目だけど間違いなく世の中の関心はシアラー監督就任なんだけど、チェルシーファンとしてはそれに関連した人事の方にも興味があるわけでして。Former QPR boss Iain Dowie will be his assistant and coaches Ch... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/04/03 04:53
岡ちゃんの「蛮勇にならないようにリスクを冒す」について考えてみる ケキョ!
doroです。 いや、春ですね。ここ数日で、近所の竹やぶから、ウグイスの鳴き声が聞こえてくるようになりました。なぜか最近、自然大好き人間になってしまった私としては、このウグイスを始めとする鳥の声とか聞こえてくると、なんかうれしくって。鳥に関していろいろホンとかで調べちゃったりしてます。暇人なのは相変わらず? てへ。さて、そのウグイスですが、なんと自分の巣でホトトギスを育てることもあるって知っていました? 托卵っていって、ホトトギスという鳥は「ほかの鳥」に育ててもらう習性なんですって。おもしろい... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/04/01 00:06
続・千葉のマンマークについて
ちっちゃな頃から悪ガキで 15で不良と呼ばれたよ ナイフみたいにとがっては 触るものみな傷つけた あーわかってくれとは言わないが そんなに俺が悪いのか ギザギザハートの子守唄 タカクさんから回答をいただいてしまいました。相手にしてくれて、ありがたいです。 テレビ観戦だったのでオフザボールを全て見れていたわけではありませんが、後半になってから意図的に中村ZはDFラインの裏をフリ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/28 00:11
千葉のマンマークについて
タカクさんやガセッタさんのところなどで触れられている、文字通りのマンマークについてちょいと。「(自分に対して、千葉のアレックス選手は)文字通りマンマークでした。普通はもう少しマークを受け渡したりするのに、今日は状況に関係なく、うちが攻めていようと守っていようと、(アレックス選手は)僕の横にいました。試合中に彼に聞いたら、『(アレックスミラー)監督が言うから』と言っていて、指示だったみたいでしたけど。果たして、彼は楽しかったんでしょうか? でも、それもサッカーだと言われればサッカーだけど。あの状態... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/03/26 00:17
野球について
■野球についていや、野球はここ5〜6年まともに見てなかったんだ。で、今日の試合もちゃんとは見てなかったんだけど、たまたま延長10回のイチローのシーンを観戦。ツーアウトでランナー2、3塁。でバッターは腐ってもイチロー。くさい所付いて敬遠して満塁策ってのが“野球”の常識かと思っていたんだけど、そうしなかったのは、この大会が“野球”でなく“ベースボール”だからなんでしょうか? どう見ても“野球”にしか見えなかったんだけど、まぁ5〜6年も見てないと何が“野球”かなんてわからないからなぁ。と思ったらこんな... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/03/25 00:02
リバプールのスゴイ攻撃を見て雑感! どうする?チェルシー?(ゴン中山的甲高い声で) 
「ちょっと待った!」 「何よ? いいところなのに邪魔しないでよ」 「すまん。もう一回、今のポーズしてくれ」 「え? こう?」 「似てる! そっくりだ!」 「誰に?」 「コージーパウエル! 彼の神のようなスティック捌きにさ!」 「え! 本当! ありがとう(涙)」 Cozy Powell - Night Games ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/03/23 23:28
「プレミアリーグの成功と抑止の動き」を読んで ポール・ウェラーの泥酔姿はOKか?
 偉そうなことをホザく前に自分自身の足 元を見るべきだ。クラッシュ批判もストーン ズ批判もいいだろう。でも、するからには その言葉に責任を持って欲しい。きちんと オトシマエをつけてくれ。それともウェラー は「アレは時効だから」とでも言うのだろう か? http://blog.livedoor.jp/yopparaishibuya/archives/65269259.html The Style Council - With Everything To Lose (Live) ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/17 22:37
チャンピオンズリーグ:チェルシー戦&インテル戦プレビュー
本当のヴードゥー魔術は愛に包まれた神聖な魔術を行い、あなたの願いを叶えるのです。そしてヴードゥー魔術は最も強力な力を持った魔術と言えるでしょう。 http://homepage1.nifty.com/venusproject/syukyo/column_voodoo.html D'Angelo - Playa Playa ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2009/03/09 22:59
「反町監督、失意からの再出発」を読んで! そしてすべてがわかるはずさ、またはサッカー選手は囚人!
カメラの中3秒間だけ僕らは 突然恋をする そしてすべてがわかるはずさ Flipper's Guitar - Camera! Camera! Camera! ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 3

2009/03/06 21:21
「来季から移籍金撤廃へ Jリーグが国際基準採用」について覚書
 Jリーグのクラブ間の移籍で、早ければ来季から国際サッカー連盟(FIFA)の基準に従い契約期間満了選手の移籍金が撤廃される。Jリーグの鬼武健二チェアマンは4日、「遅かれ早かれそうなる。FIFAのルールだから、やらなければならない」と話した。6月の日本サッカー協会評議員会で規約改正が検討される見込み。  現行では30歳未満の選手がクラブを移籍する場合、契約満了後でも年齢を基に算出される移籍金が発生するが、FIFAのルールでは移籍金はない。Jリーグ選手協会は、国際基準を採用すれば、移籍の活性化や有... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/03/06 00:12
カーリングカップ決勝「ユナイテッド対スパーズ」雑感 そのゲームがなんたるかだって、いつでもわかるんだ
大金を掴む術もわかってる、栄誉を手にする術もね。 世の中のすべての仕組みを理解し、それを壊す術もわかってる。 そのゲームがなんたるかだって、いつでもわかるんだ。 http://blog.livedoor.jp/usokamakotoka1/archives/50673125.html Air Supply - Making Love Out of Nothing At All ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/03 23:13
ヒディンクに期待する理由! または、アビラモビッチの素晴らしさについて語ること
そいつは、スラッシュメタルが好きだった。 黒魔術とかには興味はなかったけど、とにかく 早くてうるさい音楽が好きだった。 確かスレイヤーが大好きだった。 で、そいつが言うには、 コンサートで一番、音量が大きくてうるさいバンドは クール・アンド・ザ・ギャングなんだそうだ。 で、私はそいつの言うことを今でも信頼している。 Kool & The Gang - Joanna ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/02/14 05:00
トルシエ、ジーコ、オシム、岡ちゃんを比較? 日本代表監督論  理系と文系の思考から
クアレスマについて書きたいことはたくさんあるんだけど、今日はそれはやめておいて先日ちょっと書いた監督の「理系・文系」思考について、歴代の日本人監督を例に改めてまとめてみたいと思う。ところで、飛行機の機内誌に養老孟司氏が『理系と文系の思考の違いとは?』と題して寄稿している。理系は「モノ」「現場」を中心にものを言うが、文系は理屈がものを言う。 直交座標系において、理系をX軸にとり、文系をY軸にとって両方の考え方を取り入れることが我々が抱えている問題を解決するためには大事になってくる、と述べている。... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/02/04 05:04
キリンチャレンジカップ フィンランド戦 日本代表メンバー発表 岡ちゃん会見に物申す(追記あり)
 海外組がいない中でわれわれはやっていくわけですが、ポイントは変わりません。ただ、俊輔や遠藤というような秀でた選手がいなければ、サッカーは変わってきます。このメンバーだから勝つためにこういうサッカーをしよう、ということは全く考えていません。われわれは、(中村俊や遠藤が)いないことを考えて底上げするのではなく、ベストメンバーがそろった時に、ベストなパフォーマンスを目指すことを一番にやってきました。今回のフィンランド戦に関しても、ベストなメンバーがいたときにやろうとするサッカーをやらせようと思ってい... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/01/31 00:24
イングランド代表強化マニュアル または布教活動家の報告書
えー、ニイハオ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/01/24 04:01
プレミアリーグ「チェルシー対ストーク」雑感 成功とリベンジに向けて
シャケとレベッカ。 というかシャケとノッコ。 この2つは合っていた気もするし、合ってない気もする。 ただ1つ言えるのは、もしシャケがレベッカ抜けた後に 業界から消え失せていたら、私はこの曲を今ここで 貼り付けていなかった。 そうさ、成功とリベンジは大切なのさ。 たぶん。 レベッカ - WEARHAM BOAT CLUB というかこの学際ライブは何時見てもすごいなぁ。 REBECCA - Love Passion ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/01/19 22:43
シティが成金ぶりを発揮&ストーク戦プレビュー、または「カカってイタリア語でなんていう意味だっけ?」
Todd Rundgren - I Saw the Light I saw the light - Todd Rundgren いつ聴いてもすばらしい。 かっこよすぎる! でもって、結婚式でこの曲を流すって、さすがだ。 そのセンスと度胸に乾杯! ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/01/17 00:03
FA杯再試合「対サウスエンド」戦プレビューとか差別問題とか
もしきみがDJだとしたら、どうやって尾崎豊の「存在」でみんなを躍らせる? やっぱ、どの曲から「存在」につなげるかがポイントだと思うんだ。 一晩それについて考えたんだけど、この曲からつなげるのがベストかな? Cyndi Lauper/Girls Just Want to Have Fun なんとなくメロディが似ているところに目を付けてみたんだけど、いかが? ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/01/14 23:21
ユナイテッド戦 個人的大反省会 「生存競争の中、夢をすりかえちゃおう!」
受け止めよう 自分らしさに うちのめされても あるがままを受け止めながら 目に映るものすべてを愛したい 尾崎豊 − 存在 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/13 23:26
恒例の岡ちゃん新春インタビューを読んで! 
 「アジアと世界の戦い方は違う」とよく言われるが、本当にそうなのか。そう思った時点でだいぶ気後れしているのではないか。例えばパワーやスピードは(北京五輪金メダルの)ボルトを見ても、どうやっても追いつかないし勝てない。でも持久力なら勝てる可能性は十分にある。少なくとも対等にいけるはず。瞬発力もそう。  じゃあ技術でロナウジーニョ(ACミラン)やメッシ(バルセロナ)にかなわないと言うが、理由があるのか? 日本人はああなれない理由や障害があるのか? 何もない。練習していないだけだ。少なくとも日本は技... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/01/05 19:57
WBA戦プレビュー 「永遠に続くものなどありはしないというのに、誰もがこの世界を支配したがってる」
僕は独りで計画を立てては 独りで激しく後悔する 誰か僕の心を決めさせておくれ 自由と喜びを何よりも大切にしたいんだ 永遠に続くものなどありはしないというのに 誰もがこの世界を支配したがってる http://winter511.blog1.fc2.com/blog-entry-545.html Everybody Wants To Rule The World ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2008/12/25 22:01
ワールドカップ改革論
サッカーのワールドカップについてだけど、Wikipediaで調べから、どうやら初めから今のような大会ではなかったようです。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/12/24 00:20
今だからこそオシム日本代表を考える 「Number715「世界から見たニッポン。」を読む」を読んで 
『狂気にはなれず、健康にはならず、神経症には慣れたもんさ....そんな風にちょっと 変わった暮らしする人々の間には、いつもイカした音楽が流れていたものである。 僕はそれを「ロックでもないジャズ」とか呼んでいた。文化から生まれ、それと 縁を切らず、快適な実践に結びついているものなら、みな僕はそう呼んだ。 興奮は進行を急ぐことから生ずるのではなく、いわば垂直の大騒ぎから生ずるのである。 だからこそ、文化は縁として戻ってくる。様々な形で。』 <矢部 直:TADASHI YABE> http://w... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2008/11/14 22:08
犬飼氏がサッカーオンチであると思う2つの理由  バックパスは本当に「いいことはひとつもない」のか?
破壊の輪 ハンマーが叩きつぶす エネルギーの発電所 怒りを駆り立て 疾風で支配し 俺達は絆を造りあげる 限界をぶち抜け 狂気が俺をつかまえたんだ もうこの群れは止められない 攻撃的な思いを叩きだし 妄執へと変えていく この群れを殺すことはできないさ このファミリーは殺せない 絆は俺の中にあるのさ http://metallica.bakufu.org/lyrics_master.html METALLICA - BATTERY ■岡田武史監督が目指す日本... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 2

2008/11/12 23:33
犬飼会長の「シーズン制の移行を考える」を外野的に読んでみて  サマータイムブルースを歌ってみた!
Kodomo Band - Summertime Blues [Fighting 80] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/08 00:16
サッカー岡ちゃん日本代表の本質を考えるA 「レコードを出すってそれだけのことじゃないからね」
Bobby Womack - Woman's Gottta Have It (live) Bobby Womack - So Many Sides Of Youいやー、ボビーウーマックは最高ですね。黒い。まっくろなところが最高。しかもメロい。 あの人にもこの歌唱力があれば、いろいろと…。まぁいいや。ってわけで岡ちゃんの話から。■岡ちゃんの選考理由を説明の義務について日本代表の岡田武史監督(52)が、今後の代表招集に際し、会見で選手の選考理由を説明することになった。これまでも、W杯予選など節目... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/25 22:40
ベンゲル対プラティニ、ジーコなどについて
Megadeth - Killing Is My Business... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2008/09/24 23:51
中村俊輔の「1月に帰るとは言っていない」について
■「1月に帰るとは言っていない」か…1次リーグを突破した過去2季はいずれもホームが3戦全勝、アウェーが3戦全敗。ホームで確実に勝つことが突破への近道となる。「体調は良いし、相手のDVDをもらったから選手をチェックしたい」と中村。地元紙で来年1月の日本復帰が報じられたことには「1月に帰るとは言っていない。可能性があると言っただけ。まあ、帰るとしたらマリノス(横浜)第一。他は頭にない」と苦笑いを浮かべた。(グラスゴー・中島大輔通信員)http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soc... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/16 21:16
プレミア「シティ対チェルシー」プレビュー&オシムの直近の言葉
「シュガーヒル」はハーレムへのA線の走る道路の左側にある小高い丘です。 道路の名前とハウスナンバーで、何処にでも正確に行ける道路地図には記載されてい ないのかも知れません。 8th Ave.より西側は丘が連なっているような地形です。 (8thは確か今はハーレムあたりはアーサーキングジュニア通りか何か別の名前が附 いていますが) http://www014.upp.so-net.ne.jp/komati-nikki/sugar-hill.html A列車で行こう Take the '... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2008/09/12 21:58
試合を見ないで語るイングランド代表
■イングランド代表「私はヘディングでボールを叩きにいったのだが、ジョー・コールはタイミングに遅れて私の肘へと向かっていった。もしコールの出血を見なければ、カードも出すどころかファウルもなかっただろう。あれが試合を変えてしまった。あの後はもうチャンスはなかった」(コヴァチ弟) 「レッドカードの後、プレーするには非常に困難となった。レッドカードは存在しないものだったと考えているよ。審判は出血を見て脅えてしまったんだ。あんな接触は毎試合10回はあるんだから」(ラキティッチ) 「審判は出血を見るや、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/11 23:50
俊輔の「負けていい」について
中村俊輔が「UAE戦は負けてもいい」と言ったというニュースがあるようですが、これは本当か? もし本当なら公式な発言ではないにせよ、発言撤回すべきではないのか。 UAE戦は親善試合とはいえチケットを買って試合を見に来るお客様がいるわけだ。中には初めてサッカーを見に来る子供もいるかもしれない。そういうファンのことも考えた上での「負けてもいい」発言なのだとしたら、それはサッカーを商売とするプロとしてし失格ではないだろうか? 大切なのはワールドカップ予選だというのはアホでもわかる。そのための準備な... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/09/11 02:32
ニューカッスルの監督になること+岡ちゃんのバランス感覚=BOSTONの呪縛(笑)から逃れる事
■トビーめは警告しに参りました。ニューカッスルに行っては参りません!名前を呼んではいけないあの人がニューカッスルの監督に興味があると語ったとか。うれしいお言葉ではありますが、凡庸なマグルの私から言わせていただければ、今回の案件は見送ったほうがいいと思っております。なぜなら、今のニューカッスルでは名前を呼んではいかないあの人の力が生かせないと思うからです。セントラルミットフィルダーの人材をちょろっと調べてみましたが、ニッキーバット、ガスリー、グティエレス、ジョーイバートンくらいしかいないみたいなん... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/10 23:38
岡ちゃん日本代表の方向性について考えてみる 必要なのは責任か?それとも馬鹿か?
■オッドマン?チームには、優れた戦術と、理解し、忠実に従う10人の選手、そしてそれを無視する自由な個人が1人、必ず要るのだ。意味もなくドリブル突破をはかったり、パスを出すべきところでシュートを打ったりと、その行動が味方にすら予測できない馬鹿が1人いるからこそ、戦術に厚みが増す、という理屈である。 http://dancex2.cocolog-nifty.com/weblog/2006/06/post_ce73.htmlオッドマンセオリーという理論がある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

2008/09/08 22:58
ロビーニョはシティへ! 岡ちゃんは足枷!
■まさかロビーニョが!【ロンドン1日時事】サッカーのイングランド・プレミアリーグ、マンチェスター・シティーは1日、アラブ首長国連邦のアブダビに本拠を置く投資会社アブダビ・ユナイテッド・グループと事実上のクラブ売却に向けた覚書に調印したと発表した。今後、本格的な交渉が行われる。  http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=worldsoccer&a=20080902-00000056-jij-spo【ロンドン1日時事】サッカーのイングランド・プレミアリーグ、マンチェスター・シ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

2008/09/02 22:50
「サッカー日本代表対ウルグアイ代表」超雑感 久しぶりに岡ちゃん日本代表を見て
前略、オシム様。残暑の候、ますます御健勝のこととお慶び申し上げます。本日、久々に日本代表の試合をみました。ふと、あなたがおっしゃっていた「水を運ぶ人」と言う言葉を思い出してしまいました。なので、その話を書きます。水を運ぶ人とマケレレ・システムの関連性については、あなたのお陰で日本でもお年寄りから子供までの幅広い年齢層のサッカーブロガーの間で日々熱い議論が展開されるようになりました。ありがとうございます。この日の日本代表の練習試合を見て、きっとさらにその議論に花が咲くことと思われますが、それは我々... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2008/08/20 22:44
プレミアリーグ08-09 チェルシー戦以外の雑感 
■エバートン対ブラックバーン怪我人が多かったためか若手を数人起用していたエバートン。中盤スタメンで起用されたロッドウェルは1991年生まれ、途中出場のバクスターは1992年生まれですか。まぁモイーズはこれまでも積極的に若手を起用してきたわけで別に驚きはないんですが、この試合のスタメンのメンツを見た限りだとちょっと厳しい陣容だなぁと思ってしまいました。特にセントラルミットフィルダーが厳しい。上で紹介したロッドウェルと、これまた無名のジャギエルカの2人がスタメンでしたが、まぁヒドイ出来でしたね。味方... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/19 21:02
試合を見ないで論ずるサッカー北京五輪代表論、もしくは「5400秒−15秒」「5400秒−300秒」論
君がいるだけで〜米米クラブ〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2008/08/08 23:38
緊急投稿! ポゼッションすれば何とかなると考えてしまうのは日本サッカーの典型か?
■日本の方向性は間違ってない得点への意欲やボールを奪ってから前へとボールを運ぶスピードという面では韓国のほうが優れていたが、世界を相手にした場合は単なるスピードだけでは黒人選手相手には勝てないわけで、プレッシャーの中でどれだけ正確に組み立てが出来るかが重要視されている現代サッカーにおいて、日本の方向性は決して間違っているものではない。 http://gazfootball.com/blog/archives/2008/08/03-1005.phpJOMOカップの試合は見てないのでなんですが、上... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/08/04 19:35
チェルシーとかベッカム2世とかチャリティーとか
■チェルシールイス・フェリペ・スコラーリ監督は試合後、ピッチコンディションの悪さを指摘、「けが人が出ないように祈っていた。こんなピッチではプレーできない。選手たちは努力していたけれど、難しそうだった」と話したが、「だが、選手によっては他の試合よりもいいプレーを見せる選手もいたね」と付け加えた。 http://news.livedoor.com/article/detail/3751925/日本に来なかった理由はさて置き、無事にアジアツアーを終えたみたいで何よりです。ピッチの悪さに苦しんだみたい... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/07/30 05:46
サッカー日本代表の最終ラインの高さを巡るお話 オシム編
■最終ライン論争へピリオドを!予定を立てていても、相手があることだ。向こうは後半の頭から2トップで来た。それに対応したものだ。その点について、細かくは選手たちとこれから話したい。私の印象では、選手がよく考えた結果、そうしたのだと思う。つまり2トップに対して、最後列で1人余らせる守備を選択した。そういう選手の意思は尊重すべきではないか。ただしその際、中盤で選手が1人減るわけだ。その減った分、選手が余計に走るなり、工夫したりすべきなのだが、それができていなかった。遠藤が守備的な位置まで引かないといけ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/19 00:06
サッカー日本代表の最終ラインの高さを巡るお話
森岡が無事でトルシエの「最終ラインを高くすることに拘るサッカー」というのが、どこまで通用するのかということ、そしてそのサッカーを完遂することで、日本サッカーがどう変わるのか? 何も変わらなかったのか? という所は見てみたかったということは、あの2002年の六月を思い返して、最も強く思う「if…」であったりします。 http://d.hatena.ne.jp/toronei/20080712/Eトルシエの「最終ラインを高くすることに拘るサッカー」が、どこまで通用するのか見てみたかった人ってけっこ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/07/17 00:16
ロッベンよりリベリー
「いらっしゃい。おや、久しぶりだね。今日はどうする?いつものロッベンでいいかな」 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2008/07/02 12:00
インテルがマンチーニ解任!  「I Want You」&天使が僕らを誘惑する
 いい〜〜曲ですね!…えっとー(笑)今聴いても全然大丈夫だなこの曲は。 なんて思って誇らしげですけどちょっと…なんて。小西さんの歌詞も凄いで すねこん時。それでこの若かりし頃のわたくしのヴォーカル、ね、えー(笑) という感じなんですが。この曲はそのうち俺ライヴでやる可能性高いです。 そのうちやろうかななんて思って。実はね、前回のビッグクランチツアーで もこの曲「誘惑について」をやろうかなと思った時期があったんですけど、 ちょっと練習する時間が無くて結局やらずじまいでしたけど。次のツア... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/31 05:18
テン・カーテ解任 思い出は星になる?
時が過ぎて〜 今 心から言える〜 あなたに会えて よかったね〜 きっと 私 「小泉今日子 あなたに会えてよかった」より ってことで、テン・カーテもチェルシーを去ることになりました。 たぶんもうすぐ発表されるであろう新監督の意向でそうなった可能性が大ですが、個人的にはちょっと残念です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/05/31 03:03
ドーピング白問題について
JALの機内誌を読んでたら、ロンドンのミュージシャンはアメリカのミュージシャンと違い商業的ではないと書いているコラムがあった。シャーデーがあまりアルバムを出さないでマイペースに活動してあることを例に出して、アメリカのミュージシャンを商業的とイギリスのミュージシャンを芸術的であるという感じでその違いを述べていたのである。うろ覚えだが、確かそんなことが書いてあった。 なんとなく書いていることが正しいように感じたが、よく考えてみればそんなことはない。アメリカにだって、あまりアルバムをださないミュー... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/29 02:46
セクシーフットボーラー
「レコバかモルフェオのどっちかやるよ」 「えっ、先輩それマジっすか。俺、本気にしちゃいますよ。いいんすか。いいんすか。」 「いいよ。やるよ。でどっちにするの?」 「そりゃ当然モルフェオっすよ。いいんすか。いいんすか。」 「レコバのが高く売れるけど、まじでモルフェオでいいの?」 「何言ってんすか先輩。やっぱ可愛いよりセクシーっすよ。しかも変態ですよ。髭もエロいし」 「そうか。じゃ決まりだな。えーと。モルフェオ?どこにしまっていたっけ。あっ、ごめん。いま切らしているんだモルフェオ。また、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/29 01:50
日本代表雑感(改訂版) Love Somebody
織田裕二 - Love Somebody ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/28 12:20
総括4
ボクは、その先輩がサッカーがうまいとは思ってなかった。 なので、その先輩が帝京高校に進学すると聞いて驚いた。 帝京高校といえば当時もサッカーが強い学校として有名だったんだけど、まさかその先輩が進学するとは。 スポーツ推薦なのか、一般入試なのかしらないが、このサッカー部から帝京高校というサッカーの名門に進学するのは、その先輩ただ一人だった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/20 03:28
総括3
■ポーツマスおめでと!は置いておいて [ロンドン 17日 ロイター] サッカーのイングランド協会カップ(FA杯)は17日、当地で決勝を行い、プレミアリーグのポーツマスが下部のカーディフを1―0で破り、69年ぶりに同杯優勝を決めた。  ポーツマスは前半37分にカヌがゴールを決め、勝ち越した。ポーツマスはこの勝利で、来季の欧州連盟カップ(UEFA杯)出場権を手にした。http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=worldsoccer&a=20080518-00000388-reu... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2008/05/18 15:15
総括2
■このタイミングさらに上層部が愚行をはたらいた。5月12日にボシングワ(ポルト)との契約を正式発表したのである。ポルトガル代表の右サイドバックであり、来るべき新シーズンの即戦力として期待されるが、P・フェレイラとベレッチにとっては事実上の戦力外通告だ。モチベーションは著しく低下したに違いない。  人望の厚かったモウリーニョとの関係を絶ったのは、アブラモビッチオーナーの意向である。チャンピオンズリーグ決勝が9日後に控えているにもかかわらず、来シーズンの人事を先走ったのも、ロシア人の大富豪がゴーサ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/05/17 00:03
クラウチ+ローテーション=移籍×4−2−3−1=? 
■クラウチベニテス監督は「ポーツマスや、そのほかのクラブが彼に関心を抱いているとの報道があるが、現段階ではいかなるオファーも届いていない。オファーがあれば、交渉の席に着きたい。私はクラウチにとって最高の選択、最高のクラブを望んでいるからだ。1500万ポンド(約30億円)が妥当な移籍金だと思う」と、クラウチの新天地での活躍を願う言葉を残した。http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=worldsoccer&a=20080509-00000014-ism-socc育て親でもあるハ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/10 00:00
トーレス&クラウチを本当の育て親とタクシン氏は、グランド・ビートで踊るのか?
■大型FWを育ててきた実績?リバプールでフェルナンド・トーレス、クラウチら大型FWを育ててきた実績もあり、巻のさらなる成長をもたらす効果も見込まれる。リバプールのチームスカウトの経験もあり、欧州全体に人脈を持っていることから今後、即戦力の新外国人獲得にも手腕発揮を期待できそうだ。プレミアリーグは11日で今季の全日程が終了する。http://www.nikkansports.com/soccer/news/p-sc-tp0-20080508-357211.htmlアレックス・ミラー・ヘッドコーチっ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/05/08 23:43
魔の3連戦を終えて、チェルシー・グラント氏の仕事振りを振り返る または氏は本当に悪魔と契約したのか?
4月22日 欧州CL 対リバプール第1戦。 GKチェフ、DFアシュリーコール、カルバーリョ、テリー、フェレイラ、MFマケレレ、ランパード、バラック、FWマルダ、ドログバ、ジョーコール ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2008/05/02 23:11
欧州CL準決勝でのパクチソンのプレイを見て、「死ね」と「下着ドロ」について考えてみた!
■死ね!について考える上本をはじめ、その場に居合わせた大分と東京の複数の選手たちの証言によると、西村主審は「うるさい! お前は黙ってプレーしておけ。死ね!」と言ったという。侮辱的な言葉を浴びせられた上本は試合後、審判団が引き上げる際に「日本協会に報告しますよ」と伝えると、同主審は再び「お前は黙っとけ! イエローカード(警告)を出すぞ」とどう喝した。  上本は「ショックでした。同じことを僕らが言ったら退場でしょ。選手はカードを持っていないけど、あの審判はレッドカードです。絶対に許せない」とやり場... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2008/04/30 23:38
チェルシーがマリオ・バロテッリを青田買い? 青田買い戦略は嫌い&倫理的にマズイですか?
■青田買い?チェルシーはマリオ・バロテッリを欲しがっている。英国の『インディペンデント』紙の報道によれば、インテルの期待の若手選手を奪い取るために1000万ポンド(約20億円)のオファーを準備しているとのことだ。チェルシーのスポーツディレクターのフランク・アーネセンは、以前からバロテッリに注目しており、日曜日に行われたインテルとフィオレンティーナの試合の際にもサンシーロの観客席に姿を見せていた。 http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=worldsoccer&a=2008... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/17 22:06
ねぇ、ねぇ「日本代表サッカーの合宿期間が長くない?」と感じた人は読んでみて!
■合宿期間が長いなぁ久々にサッカー日本代表について書こうと思うのですが、今回は岡ちゃん云々でなく日本サッカー協会というか日本サッカー界について、ちょいと。26日のバーレーン戦に向けて当地で合宿中みたいですが、合宿期間が長いなぁと感じているのは私だけでしょうか? ニュース読み返すとどうやら一部の選手は17日に出発しているみたいですが、シーズン中に1週間以上も代表合宿するって欧州サッカーかぶれの私からするとすごく異様に思えます。その間、Jリーグのリーグ戦は中断しているみたいですが、その代わりにナビス... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/03/23 14:21
週末「対アーセナル戦」についての意気込みとベッカム招集
■ブルースを ブルースをさて日曜日はアーセナルとロンドンダービーですが、ここはホームですし何が何でも負けられないところです。たとえ監督がアレであっても、そんなの関係ありません。スパーズ戦でスタメンではなかったアネルカとバラックが頭から起用されることになるんでしょうが、ドログバ&エシエンよりも彼らの方がレギュラーに近いってことなんですかね。ランパード&テリーは再びアンタッチャブルな存在になったみたいで何よりですが、ぜひ彼らには今後すべての試合で奮起してもらわないと。疲れたとか言いっこなしで。ちなみ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/22 00:07
西部謙司氏の「オジェック監督の更迭」を読んでちょっと思ったこと
■勝てないビッグクラブって?期待とプレッシャーが大きく、財政的にも突出しているだけに決断も早い。負けたらダメで、はっきりしている。オジェックに問題があったとしても、勝ち続けていれば更迭はされなかったはずだ。ただし、いくら浦和でも、結果に過敏になりすぎて監督交代を繰り返すと悪循環になりかねない。ヨーロッパでも、勝てないビッグクラブの抱えている問題は、たいてい監督の代えすぎなのだから。http://wsp.sponichi.co.jp/column/archives/2008/03/post_104... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2008/03/20 00:12
ちょっと気の早い、チェルシーの来期の話とか、テンカーテについてとか
■来期の話チェルシーからの興味を聞いたマリオ・ゴメスは、「フットボーラーとしてもっとステップアップしたいと思っている。オファーがあれば、話を聞かせてもらえるようにクラブとは話がついている」と、移籍への障害がないことを強調。「ヨーロッパのトップクラブでプレーする自信はある。プレミアの試合はテレビでよくチェックしている。チェルシーのスカウトが観に来ていたのも聞いているよ」とロンドン行きに前向きな姿勢を示している。  シュツットガルト側も「ビッグクラブからオファーがあれば、売却はやむを得ないだろう」... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/18 00:13
プレミアリーグ「チェルシー対ダービー」雑感 そういうこと言う人嫌いです
■モーレツからビューティフルへ70年は、テレビCMの表現に、大きな変化が見られた年。「モーレツ時代」のツケ、環境問題、公害問題、コンシューマリズム台頭等の世論と共に、「モーレツからビューティフル」が登場する。ヒッピー姿の若者(加藤和彦)が、ただ「ビューテイフル」と書かれたカードを手に、のんびりと街中を歩いていく。その画に合わせて、「ビューティフル〜ビューティフル」と奇妙な節まわしの歌がくり返し歌われるだけという、実にシンプルで不思議感いっぱいのフィーリング型の表現。このCM、その風変わりさと、ヒ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/14 00:04
FA杯チェルシー敗退について 例によって試合をまったく見てないけど感想を書いてみた
貴様らは人間ではない 両生動物のクソをかき集めた値打ちしかない! ■むなしく響いた。さらに約5時間後に試合が始まったチェルシーも続いた。バーンズリーを攻めあぐね、後半21分に失点して競り負けた。こちらも5日に欧州CLオリンピアコス戦で決勝トーナメント1回戦突破を決めた直後。MFランパードら一部主力を休ませたとはいえ、DFテリーらレギュラーの大半が出場しており、グラント監督の「荒れたピッチで本来の素早いプレーを見せられなかった」という言葉がむなしく響いた。http://www.sponic... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/03/10 18:36
アーセナル・エドゥアルドの怪我で考える フットボールの進むべき道 &チェルシー戦プレビュー
これ昨日途中まで書いていた駄文。話題的に今更な感じがしますが一応UPしときます。■フットボールでは起こり得ること? 手術を終え、9カ月の離脱という診断が下ったダ・シウヴァは、英『サン』紙の取材に対し「マルティンを許すよ。彼がねらってやったわけじゃないことは分かってる」とコメント。危険なプレーをしかけた相手に対し怒りはないとした。さらに「最初に自分の足を見たときは恐怖に襲われたよ。すべてが終わったかと思った」と負傷時の絶望的な思いを語りながらも、「でも、必ず戻ってくる」と復帰にかける決意を力強く宣... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/02/29 23:46
カーリングカップ決勝「チェルシー対スパーズ」雑感A この世のすべてはローテーション
今日はカーリングカップ決勝戦の日。 朝から、何かそわそわしている。 腹は減っていたけど、何も食べたくないし飲みたくもない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2008/02/27 23:26
カーリングカップ決勝「チェルシー対スパーズ」雑感 モウリーニョからグラントへの変換期の考察
ランパードは前々監督のラニエリがウエストハムからかっぱらってきた。モウリーニョがチェルシーに来た時には既にいた選手であり、彼が自ら連れてきた選手じゃない。テリーも同じ。キャプテンではなかったけど、彼もラニエリの時から試合に出ていた。彼もまたモウリーニョがチェルシーに連れてきた選手ではない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 9

2008/02/25 23:19
練習試合「岡ちゃん日本代表対韓国」雑感 もしかしてオシムでなくジーコスタイルの継承?
■あれ? 岡ちゃんはオシム日本代表のスタイルを継承するのではありませんでしたっけ?失点までの時間帯は、どこをつぶせばいいかという、つぶし所がね。相手のダブルボランチが消し所だったけど、そこに行くと後ろがロングボールを蹴ってくる。どこでプレスをかけるかのタイミングがつかめなかった。バランスというかね。その後は落ち着いてボールを回して、決定機も作ったんだけど。ペナルティエリアに入るには思い切って長い距離を走るとか緩急つけて走るとか。そういう工夫がないと難しい。どこかでタテに入れるとか、トップスピード... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 3

2008/02/24 12:56
岡ちゃんの「ケンカ上等のススメ」をコペルニクス的に考えてみる!
みなさん、コンバンワ。ペコリ。タワラコウタロウです。■イチャモン!というわけで、今週もいろいろありましたが、早いものでもう週末。今週末のチェルシーはカーリングカップ決勝を予定してますが、残念ながらTV放映なし。ガックシ。頼みますよスカパーさん。というわけで、この悔しさをどこにぶつけましょう? もちろん岡ちゃんに! ということで、恒例の「ユー! 岡ちゃんにイチャモンつけちゃいなよ」のコーナーをスタートしたいと思います。さて本日の話題ですが、コチラ。■国を挙げての抗争だ!【重慶(中国)21日】日本代... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2008/02/22 23:38
欧州CL「フェネルバフチェ対セビージャ」 オピウムを吸わせるサロン的フットボールを観て
■おもしろかった!残念ながらアジア異種格闘技選手権のほうは仕事で見逃してしまったんですが(そんなに残念でもないが)、CLフェネルバフチェ対セビージャ戦は後半からTV観戦し堪能。セルティック×バルサや、アーセナル×ミランでなく、あえてこの試合をチョイスしたわけですが正解でしたかね。素直におもしろかったです。まぁバルセロナ戦やアーセナル戦もおもしろかったんでしょうけど。■前評判!後半から見た限りですが、実力的には前評判どおりセビ−ジャのが上だったのは間違いないでしょう。セビージャは中盤でのプレッシン... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/02/21 23:20
欧州CL「チェルシー対オリンピアコス」戦を見てのつぶやき
ローテーション戦術キター!  まさかのランパード・ベンチスタートですよ奥さん。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/02/20 23:52
もうすぐ欧州CLですが、チェルシー戦についてとか、ハゲについてとか
■フェレイラ契約延長現地時間18日、ポルトガル代表DFパウロ・フェレイラ(29)が、所属するチェルシー(イングランド)と新たに5年契約を結んだことが分かった。ロイター通信が報じている。  2004年にポルト(ポルトガル)からチェルシー入りしたパウロ・フェレイラは、これまで同クラブで130試合に出場。クラブ公式HP上で「チェルシーに来たときから、ファンは僕をよく受け入れてくれているし、ここでサッカーをすることを楽しめているんだ」と、サポーターに向けて契約更新の喜びを語った。 http://s... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/02/20 00:10
練習試合「北朝鮮対日本」「セルティック対ハーツ」超雑感! 青島がんばれ!
■会議室はキレイ?前にボールが入らなくて、自分が下に降りてスペースを空けるなりしてリズムを作ろうと思っていた。前半の途中から後半はよくなったと思う。自分がボランチに下がるのは結構早い時間からやってて、岡田さんには30分くらいに伝えた。タテにボールが入りづらかったんで、羽生と山岸のスペースに入っていくようにした。前半途中からパスが回るようになった。http://www.jsgoal.jp/news/00060000/00060811.html前半はTVで見れなかったんですが、前半途中までは相当ひど... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/02/18 23:30
ジーコの「高精度パスの重要性」から、サッカーにおける本当に大切なことを考えてみる
■ジーコのHPより今日はまったくもって興味をそそるようなニュースがなく、ブログ更新をあきらめていたんですが、ジーコのHPに興味深いコラムを発見したので、それを紹介しときます。■キーワードは精度、それは「高精度パスの重要性」について書かれています。これ別に珍しいことでもなく、ジーコの本とかによく書かれているような「ジーコサッカー」の基本みたいなことなんですが、やっぱ本当に大切なことは「接近・展開・連続」とか言う、わけわかんない事でなく、こういうだよなと改めて思った次第です。キーワードは精度なのです... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 5

2008/02/15 00:08
ネタないけど適当に
■アフリカ選手権がらみまた、先週末にはアフリカ選手権で解説者としてガーナ入りしていたモリーニョとバルセロナのクラブ関係者が接触していた模様で、13日付けの『マルカ』紙でもそのコンタクトが大きく報じられている。http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=worldsoccer&a=20080213-00000021-spnavi-soccバルセロナにモウリーニョってほんとですかね? 合わないような合うような。まぁ他に若手で名将(というか実績ある勝てる監督)がいないわけで、そう考え... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/02/13 23:51
マンチェスターダービー雑感 シティのカウンターについて考えてみた
■コンディションの差コンディションの差が出た。この日の両軍出場選手で6日の国際Aマッチデーで代表戦にも出たのは、マンCの4人に対してマンUは9人。ポルトガル代表C・ロナウドは、出場停止のFWルーニーに代わって前線に入ったが、6日のイタリア戦でフル出場した影響からか動きが重く、直近の10試合で11発だった得点力が影を潜めた。前節まで1試合平均0・56失点だった自慢の守備ラインも先発4人中3人が6日にフル出場。緩慢な動きで2失点を招いた。  ケイロス・アシスタントコーチは「代表でフル出場した選手は... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/13 05:33
プレミアリーグ「チェルシー対リバプール」超雑感 ベニテスの術中にハマッて
■ラファエル・ベニテス先生の術中にハマッて一言で言えば、ラファエル・ベニテス先生の術中にハマッてしまったというところでしょうか? チェルシーは最終ラインからボールをつなごうとするもののリバプールの中盤のプレッシングの網にかかりボールを奪われ、逆にカウンターからピンチを迎えるという試合展開でしたが、まさに「ラファエル・ベニテス先生が考える“対チェルシー対策”の想定の範囲内」で戦って、まんま防がれてしまった試合だったように感じました。グラント監督になってからのチェルシーは、モウリーニョ前監督時代と違... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2008/02/11 15:03
チェルシー対リバプール”ザ・ローテーション”対決”& Born In The …
■ベストメンバー問題【ロンドン7日時事】サッカーのアフリカ選手権は7日、ガーナのアクラなどで準決勝が行われ、連覇を狙うエジプトとカメルーンが10日の決勝に進んだ。  エジプトは前回決勝で対戦したコートジボワールをザキの2ゴールなどで4−1で下し、カメルーンは地元ガーナに1−0で競り勝った。 http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=worldsoccer&a=20080208-00000027-jij-spo完璧に風邪引いてダウンしていましたが、あらら、ガーナとコートジボア... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2008/02/08 21:38
プレミアリーグ週末チェルシー戦プレビュー &「一応」黒じゃないんなら、黒く塗れ! 
■マクファーデン×マクリーシュ=?長い駆け引きを経て、24歳のスコットランド代表FWジェームス・マクファデンはバーミンガム・シティへ移ることになった。バーミンガムではアレックス・マクリーシュ監督との再会を果たす。  マクファデンは2003年にマザーウェルからエバートンに加入。攻撃陣の層が厚いこともあり、グッディソン・パークでは交代出場で起用されることが多かったが、それでもエバートンは彼を引き止めようとしていた。 http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=worldsocc... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/01/19 05:05
イヴァノヴィッチとキーガンと、ビジョンと鎖国!
■月並み現地時間15日、チェルシー(イングランド)がロコモティフ・モスクワ(ロシア)所属のセルビア代表DFブラニスラフ・イヴァノヴィッチ(23)を獲得することで合意したことが分かった。ロイター通信が報じている。http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=worldsoccer&a=20080116-00000016-ism-soccイヴァノヴィッチ選手のことはよく知らないんですが、CBの補強は納得です。これによってベンハイムがどうなるのかわかりませんが、今期はテリーやカルバーリ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2008/01/18 00:16
カーリングカップ他 サムアラダイスよりも金子達仁が辞めろという思考回路についての説明
■ぜひ北島忠治先生の「前へ」精神で千葉のMF水野晃樹(22)のスコットランド1部セルティックへの移籍が9日、確実となった。交渉はすでにクラブ間合意に達しており、ネックは労働許可証が下りるかどうかだったが、セルティック関係者によると、求めていた特例での労働許可が9日に認められたという。今後はメディカルチェックなどを経て近日中にも契約が成立することになる。http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2008/01/10/02.html素人なんで千葉の水野選手のプレイは... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 3

2008/01/10 21:58
サッカー岡田日本代表と早稲田が勝てなかった最大の理由 または北島と未来泥棒の関係
■「オシム流の継承→早稲田ラグビー=早稲田閥の形成」各世代の代表監督の前で語った強化方針。その理念の根底にあるのは、岡田監督の母校・早大の偉大な先輩の言葉だった。「大西鉄之祐さんは接近・展開・連続で世界に勝つと言ったが、(サッカーにも)それは生きているだろう」と力説。「オレたちにしかできないことをしっかりやっていこう」と、各世代の共通理念として訴えた。http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2008/01/08/01.html岡田監督は、なんでこんなにラグビー... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 5

2008/01/08 22:46
プレミアリーグ「アーセナル対トッテナムホットスパーズ」超雑感 ラモスよりファンデラモス!
■アーセナルの強さを象徴したような? ノースロンドンダービーをTV観戦。アーセナルが貫録勝ちという感じでしたが、「若いけど、しぶとい&勝負強い」という今期アーセナルの強さを象徴するような試合だった気がしました。アーセナルのその勝負強さを演出しているがGKアルムニア、CBトゥレ&ギャラスらなのかなと思っていますが、彼らの存在はけして小さくはないかなと思う次第です。まぁセスクとかも年齢は若いけど十分に経験も積んでいるわけで、一言で「若い」というと語弊があるのかもしれませんけど。>というわけで... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/12/23 18:03
欧州CL決勝トーナメント組み合わせ決定!と週末プレビュー
■くじ運よし?セルティック(スコットランド)vs.バルセロナ(スペイン) リヨン(フランス)vs.マンチェスター・ユナイテッド(イングランド) シャルケ(ドイツ)vs.ポルト(ポルトガル) リバプール(イングランド)vs.インテル(イタリア) ローマ(イタリア)vs.レアル・マドリー(スペイン) アーセナル(イングランド)vs.ミラン(イタリア) オリンピアコス(ギリシャ)vs.チェルシー(イングランド) フェネルバフチェ(トルコ)vs.セビージャ(スペイン) http://sp... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2007/12/21 23:48
チェルシーの今後の展望、カーリング杯、青田買い または「こんなステキなデイズ」!
■年末年始[ロンドン 19日 ロイター] サッカーのイングランド・リーグカップ(リーグ杯)は19日、準々決勝を行い、前年度の王者チェルシーが2―0でリバプールを下し、準決勝に進出した。  MFフランク・ランパードのゴールで先制したチェルシーは、試合終了間際にFWアンドリー・シェフチェンコが強烈なシュートを突き刺し、勝利を決定づけた。  一方のリバプールは、FWピーター・クラウチがレッドカードで退場処分となったのが響いた。  チェルシーは準決勝でエバートンと対戦する。http://sport... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2007/12/21 00:15
トルシエとカペッロと「対ワラビーズ戦2軍惨敗事件」と「シュークスピアとつんく」について
■問題はマネー?このたびFC琉球は、日本フットボールリーグ(JFL)2008年シーズンに向けたFC琉球の新体制として、新たにフィリップ・トルシエ氏を総監督として迎えることとなりましたのでお知らせいたします。 http://www.fcryukyu.com/information/news.php?ncd=1015&type=1&Y=2007&m=12へぇ−、ガセネタでなかったんですね。うん。職場的には合っているんじゃないでしょうか。ビッククラブで指揮するよりもスモールクラブのがハマルと思います... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/19 00:11
西部謙司先生の『「日本」を超える日本サッカーへ 』を読んで、感動して、妄想して、爆発する
■このままではいけない「このままではいけない」 アジアカップ6試合で見えてきた「日本化」されたサッカーの限界とは。 日本代表・オシム監督のサッカーを見続けてきた西部謙司が、 日本サッカーへの愛ある警鐘を鳴らす、著者渾身の書き下ろし!おなじみ西部謙司さんの『「日本」を超える日本サッカーへ―アジアカップ2007戦記』を拝読。非常におもしろかったです。オシム日本代表を見てなんとなく「感じていた」ことをうまく表現してくれたという感じで、さすが西部さんはプロフェッショナルだというのが感想。「日本化は... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 10

2007/12/11 21:08
岡田武史氏の日本代表監督”再”就任について考えてみる
■大善戦を演出?(1)97年フランス予選、予選真っ最中にチームを任され、短期で建て直し本大会出場を決めた。 (2)98年フランス大会にアルゼンチン、クロアチアに対し見事に抵抗するチームを作った事。いささか守備的なサッカーだったが、井原をスイーパに余らせながらコンパクトに最前線と最後尾を保持。堅牢な守備網を築き、ショートパスを主体に名波浩と中田英寿の才覚とチーム全体の技巧と俊敏性を活かすと言う日本の特長を活かした攻撃を見せた。http://hsyf610muto.seesaa.net/artic... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 5

2007/12/09 13:55
岡田武史氏の就任に向けて寄稿  代表監督っである前に岡田武史であれ
日本サッカー協会は7日に理事会を開き、日本代表の新監督として岡田武史氏(51)の就任を正式決定する。11月16日にイビチャ・オシム監督(66)が急性脳梗塞(こうそく)で倒れてから22日目、日本代表は新たな指揮官を迎えて再出発する。  岡田新監督は理事会後、記者会見する。9年ぶりの代表監督復帰となり、来年2月からワールドカップ(W杯)アジア3次予選に臨む。代表チームは18日前後から国内合宿を行う見通しで、ここで新メンバーと監督が初めて顔を合わせる。来年1月中旬にも国内合宿で調整し、アジア3次予選... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/12/07 00:15
チェルシーの近い未来の話と、ジェラードへの切なるお願い
■チェルシーの近い未来の話5日のスペイン『マルカ』紙は一面トップでバルセロナのロナウジーニョがチェルシー移籍に向け同クラブと合意に達したと報じた。その内容によると、チェルシーはロナウジーニョに年俸1000万ユーロ(約16億2000万円)を用意し、この冬の移籍市場での獲得に向け、既にロナウジーニョの代理人であるロベルト・デ・アシス氏と話し合いを持ち水面下で合意を取り付けたという。http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=worldsoccer&a=20071205-000000... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

2007/12/05 23:43
オシムが最初に発した言葉、与党野党、ジーコと岡田
■ヒトは「与党人間」と「野党人間」に大別できる長期間、日本の政界を見ていると、ヒトは「与党人間」と「野党人間」に大別できるように思えます。与党人間とは、時の権力者に対して支持、協調する政治的言動に走るヒトであり、野党人間とはその逆の言動をとるヒトです。従順型と抵抗型といってもいいでしょう。  この性癖は生まれつきのものであり、もって生まれた運命でしょうか。政界に限らず、会社などで、課長派に所属する人と反課長派に走る人とを、思い浮かべると、なんとなく分かるような気持ちがしませんか。http://... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/05 00:12
祝! チェルシーCLグループリーグ突破!
快勝でした。ドログバ、ジョーコール、SWPの出来はよかったかったし。エシエン、ランパードもいい仕事をしていた。というか、ピッチに出ていた選手全員すばらしかった。やったぜ!グループリーグ突破! ということで、本当はこの試合についていろいろ書こうと思ってたけど、時間の都合など諸事情で予定変更。以下、試合を見て思ったことを適当に。今日の試合を見て改めて思ったのは、みなさんが思っているようにモウリーニュの頃に比べ攻撃時に思いっきりのよさみたいなものが出てきたように感じたこと。これは現時点ではいいことであ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/11/30 00:19
なんで日本サッカー協会は岡田氏を後任に選ぼうとしているのか?とかチェルシーとか
■PART@:欧州CLチェルシーにとってのローゼンボリ戦の意味を考えて?欧州CL。フェネルバフチェ戦が気になるところですが、私的に注目なのはやっぱ明日のチェルシー戦。ローゼンボリとの一騎打ち(?)ですが、この試合でグループリーグ突破を決めたいところです。なぜって、早く決めた方が楽だからというのは言うまでもないところですが、CL最終戦はホームでの戦いとはいえ強敵バレンシアとですし、その週末の12月16日にはアーセナル戦も控えているからというのもあるわけで。まぁ当然、両試合とも勝てるとは思ってますが... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2007/11/28 05:44
W杯予選組み合わせ決定について
日本にとっては北朝鮮やイラク、中国など国内情勢、対日感情で大きな問題が予想される相手との対戦を避けられたのは大きい。ただ、決して油断できない組み合わせであるのも確かだ。バーレーンとは前回大会の最終予選で2戦2勝だったものの、いずれもスコアは1―0。ホームでの試合はオウンゴールでようやく拾ったという苦い記憶がある。また、オマーンとも前回大会の1次予選で対戦。こちらもホームでロスタイムにFW久保が決勝点を入れたように2試合とも辛勝だった。上位2チームが最終予選に進出できるが、気を抜けば足をすくわれる... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/27 00:17
無題
■オシム監督急性脳梗塞(こうそく)で入院している日本代表のイビチャ・オシム監督(66)が最初のヤマを越えた。19日に会見した田嶋専務理事が「第一の大きなヤマを乗り越え、予断は許さないが、回復に向かって前進している」と病状を説明した。  この日はオシム監督とアシマ夫人(64)の43回目の結婚記念日だった。大きなヤマを越えたことで安心したのか、アシマ夫人はオシム監督の入院後では初めて日本協会を通じてコメントを発表。「きょうは夫との結婚記念日である。その日に最初の危険な段階を乗り越え、回復に向けて前... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/20 22:11
チェルシー戦プレビューとか、強烈なダメ男攻撃トラックとか
■カーリングカップ[ロンドン 31日 ロイター] サッカーの英リーグ杯は31日、各地で4回戦の7試合を行い、連覇を目指すチェルシーが下部のレスター・シティを4―3で下し、準々決勝進出を決めた。チェルシーは、ランパードが試合ロスタイムの決勝ゴールを含む3得点の活躍で、ベスト8進出を決めた。このほかプレミアシップのチームでは、アーセナル、リバプール、マンチェスター・シティ、トッテナム、エバートン、ブラックバーンが4回戦突破を決めた。http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=wor... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2007/11/02 21:45
ハロウィーンが終わって
みなさん、こんばんは。元気ですか? 本日はハロウィンですね。(そうですね。) ハロウィンと言って普通思い浮かぶのは10月31日のイベントなわけですが、 その昔、私的に別のハロウィンが頭に浮かぶ時もあったわけでして。 「いやー、今日はハロウィ−ン日和だね」 「ホントに」 なんて会話をその当時していたわけですが、ハロウィ−ン日和がどんな日か なんて通じる人なんてほとんどいなかったわけでして。 別に魔女がやって来るとか、そんな心踊らすような深い意味なんてそこには ないんですけどね。あ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/11/01 00:08
オスギとオカマと妖精が完璧すぎて面白くない件についての懸念事項
■完璧すぎて面白くない@昨季までなら、アーセナルとチェルシーと、どちらにシンパシーを抱いたかといえば、前者になる。アーセナルはいわば善玉で、チェルシーは悪役だった。その関係が、この2日間ですっかり逆転した。予想だにしなかった展開である。  テレビでこの2試合を見た人が、どんな感想を持ったか定かではない。「お前、ロンドンまで行って、なに見てきたんだ!」と、馬鹿にする人も少なくないだろうが、いっぽうで僕もこの試合を、テレビで見てみたい衝動に駆られる。“現場感”がない状態で、どう見えるのか。どんな感... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/10/31 00:07
リバプール&中村俊輔
■リバプール一方、勝ち点2を取りこぼす形となったベニテス監督は報道陣に対し、「結局のところ、強いチームに対して多くの問題を見せてしまったということだ。このゲームが引き分けに終わったことは残念だ。リードを奪ったし、そこからさらに2、3回チャンスも作った。そのときに決めることができていたら、大きく違っていたはずだ」と、大事な勝ち星を逃したことに肩を落としていた。http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=worldsoccer&a=20071029-00000080-ism-spo... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/30 00:12
オシム監督とゲマインシャフトとゲゼルシャフト
試合後の会見で交代の理由を問われたオシム監督は、「戦術的な交代と考えないでください。(交代出場選手の)真面目さに対するご褒美と考えて頂いていいです」と語ったが、代表戦に、代表選手に褒美など必要ないと考える。仮に私が代表選手なら、褒美でなんかで出場したくないと思う。もともとエジプトの主力落ちの影響で緊迫感の欠ける試合だったが、オシム監督は選手に褒美を与えることによって、試合自体を「ご褒美マッチ」にしてしまった。例えるなら、「今年最後の試合に大勝して万々歳ですね。皆さんも嬉しいでしょう」といった、協... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 7

2007/10/24 23:51
「Total Eclipse of The Heart」&「a walk on the wild 」
♪Once upon a time I was falling in love   But now I'm falling apart   There's nothing I can do   A total eclipse of the heart ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/18 05:00
イングランド代表展望
■イングランド代表の決戦@記者会見に臨んだヒディンク監督は、「やるべきことは分かっている。試合開始からずっと攻め続けることはできない、試合は90分あるのだから。しかし遅かれ早かれ、リスクを冒して全力で攻めて、勝ちにいかなければならない」とイングランド戦への強い意気込みを示した。  さらに、「若い我々に比べてイングランド代表は経験豊富なチームだが、彼らにはほとんど皆が勝利を期待しているというプレッシャーがある。それに対して、我々はこの試合で勝てば得るものは大きく、失うものは何もない」と語り、イン... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/17 00:14
テンカーテの法則と、なんかみぞおちから声が出ている感じと、原宿あたり風をきって走ること
■テンカーテが来て、チェルシーはどう変わるのだろうか?ヘンク・テン・カーテがチェルシーの監督補佐になることが正式に明らかになった。アヤックス前監督のテン・カーテは水曜日からチェルシーの一員となり、ジョゼ・モリーニョの後を引き継いだエイブラム・グラントとともにチームの指揮を執る。ロマン・アブラモビッチのクラブからの発表に続いて、アヤックスもチェルシーと合意に至ったことを認めた。http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=worldsoccer&a=20071011-0000001... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/10/13 00:33
遅まきながら、ベストメーバー問題について!
「選手は毎日レギュラーを取るために練習をやっているんだから。誰でもチャンスはあるし、誰でもレギュラー。いろんな事情で8〜10人入れ替わるのは、スポンサーやファンに失礼なことだとは思わない」と熱弁をふるった。  今回の騒動の基となった“ベストメンバー規定”の存在にも「そういう規則を作るのはどうなのかな」と疑問を投げかけた。すでに磐田戦(9月30日)後に、「選手会の議題として取り上げてくれ」と電話でゴン中山に依頼。中山も了承してくれたという。  15歳でブラジルに渡り、日本人初のセリエAプレーヤ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/02 23:25
CL「対バレンシア戦」プレビュー  みんなでお祈りしましょう!
バレンシアのストライカー、ダビド・ビジャが、3日にCLで激突するチェルシーのグラント新監督を非難した。ジョゼ・モウリーニョ前監督の補強ターゲットだったと言われるビジャは「チェルシーは僕に関する情報をほしがっていた。モウリーニョが僕に興味を持っていたことは明らかだよ。でも、クラブ内で反対意見があったんだろう。僕の元にオファーは届かなかった」と打ち明けると「アヴラム・グラント新監督のことはあまり知らないけど、ジョゼ・モウリーニョと同じカテゴリーに属する指揮官だとは思わないね。0−2で敗れたマンチェス... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2007/10/01 22:57
祝! 復活! って誰が…?
■クレイジー?現地時間27日(以下現地時間)、前週にチェルシー(イングランド)監督の座を退いたジョセ・モウリーニョ氏が母国ポルトガルに帰国し、大きな騒動が巻き起こっている。報道が過熱し、元同国首相のサンタナ・ロペス氏を憤慨させるほど。ロイター通信が報じている。  サンタナ・ロペス氏は26日に、テレビ番組でインタビューに応じていたが、このときモウリーニョ氏が空港に到着したというニュースが流れ、番組が中断される羽目に。元首相は番組関係者に対して「一体どう言い訳するんだ?」と怒り心頭。「この国はおか... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/29 00:12
マイケル・ジョンソンと言えば!?
■インテルよりもフェネルバフチェ現地時間18日(以下現地時間)、インテル(イタリア)のマッシモ・モラッティ会長が、国際親善試合の出場を巡ってルーマニア代表DFクリスティアン・チヴを批判したことが分かった。ロイター通信が報じている。  ルーマニア代表の一員として先週ドイツとの国際親善試合に臨み、負傷してしまったチヴ。インテルは19日にチャンピオンズリーグ・グループリーグ開幕戦となるフェネルバフチェ(トルコ)戦に臨むが、ケガ人と出場停止が重なったことでDFラインは緊急事態に陥っている。http:/... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2007/09/20 00:04
テストマッチ「オシム日本代表対スイス代表」雑感 回避か強行かという意識の差
(スイスの入り方?)あれは日本の理想だと思う。みんなが連動して守備をするから、誰が誰をマークするって形じゃなくて、ちょっと5mずれるだけでプレッシャーがかかっている。日本は1人について、それからやっとプレッシャーをかけにいく。そこらへんが違う。前半の方が収穫はあるね。http://www.jsgoal.jp/news/00054000/00054322.htmlこの試合の前半は上で中村俊輔が指摘している「スイスのプレッシング守備」に手こずっていたわけですが、その理由はスイスの守備がすばらしかった... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2007/09/12 22:28
スイス戦プレビューとか
■スイス戦(松井と山瀬の連係について)松井君にはだいたい自分の意見は伝えた。(松井が)左に入ると縦にグイグイ行くから、絶対にセンタリングで終わった方がいいと。そうすれば、自分も中に入っていくからと。山瀬はどちらかというと飛び出すタイプ。ボランチというよりトップ下っぽくもできるし、タイミングよく上がってワンツーとか使えればいい。一番よくないのは、山瀬が前へ行って、松井も行ったときに、誰もいなくなって速攻を食らうこと。回すところはゆっくり回さないといけない。取られ方が悪かったり、仕掛けるタイミングが... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/09/11 23:36
「オシム日本代表対オーストリア代表」適当&いい加減な雑感&辱を認識できないことの怖さ
■2軍で大敗+相手国サポーターからも大きな拍手=国辱?日本は序盤、好スタートを切った。必死の防御でオーストラリアの攻撃をしのいだ。勝てる可能性と次戦まで中3日という試合間隔を考え、2チーム分担制で臨むジャパン。この試合は控えメンバーで臨んだが、意外な踏ん張りに相手国サポーターからも大きな拍手が起こった。http://www.nikkansports.com/sports/rugby/wc/2007/p-sp-tp0-20070909-253583.html2チーム分担制は賢いのか? 愚かなのか?... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

2007/09/10 22:27
サッカーアジア五輪予選「U-22サウジ対U-22日本代表」超雑感 帳尻合わせ
残念ながら、1人多い中でこちらが攻める時間が増えたものの、得点が奪えませんでした。ただ、相手にレッドカードを出すということは、PKを取るとか、最後のCKとかそういうところで帳尻を合わせるレフェリーがいるので、最後はドキドキしましたね。http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/japan/kaiken/200709/at00014560.htmlサッカーは相手より人数が多くなったからといって必ずしも勝てるとは限らないスポーツじゃないだなんて、それくらい私でも知ってい... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/10 19:29
オシム日本代表の「3バック」を考えて見る モウリーニョ&トルシエの3バックと比較して
■あらためてケット・シーさんのコラムから「3バック」と「5バック」についてそのためか、3バックといいながら、敵の前線が2人しか張っていないのに、5人がDFラインに残って、5バックの状態になってしまっていることが多くなった。それによって、中盤でカメルーン選手をフリーにし、またこぼれ球も拾えなく、たまに拾えてもフォローの選手が上がってこず、パスをさらわれるか、大きく蹴りださざるを得なくなるか、という状態だった。(中略)それもあるが私は、両サイドや3バックの中の選手も、敵のFWの人数によって臨機応変に... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2007/09/05 04:42
「車は加速する(カメルーン戦)」と「すべての世代が逆転負けの異常事態」を読んで
■3バックといいながら、敵の前線が5人しか残っていないのに、5人がDFラインに残って、5バックの状態になってしまっていることアジアカップ以前のオシム日本は確かにこのように、敵のFWの人数によってDFの数を調整することを臨機応変に行っていたから、それに基づいて選手たちが判断したということなのだろう。このこと自体は間違いではない。ただ、後半になるといよいよエンジンのかかってきたカメルーンの選手に対して、日本は2人、3人とかかっていかないと、それこそ「個」の力でやられてしまうシーンが増えてきていた。そ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2007/08/31 00:08
オシム日本代表の「対カメルーン戦:前半は4バック、後半は3バック」についての報告書
「この曲大好き。聴くと、踊りたくなっちゃうの。」 「……。えっ?踊る?」 ■PART1:カメルーン戦、前半は4バック、後半は3バックの意味は?――前半は4バック、後半は3バックになっていたが、守備の練習だったのか? それとも勝つためだったのか?  予定を立てていても、相手があることだ。向こうは後半の頭から2トップで来た。それに対応したものだ。その点について、細かくは選手たちとこれから話したい。私の印象では、選手がよく考えた結果、そうしたのだと思う。つまり2トップに対して、最後列で1人余らせ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 5

2007/08/24 00:05
開幕3連勝のマンチェスターシティとトゥーリオ対エトオとスチュワート・マシューマンの仕事について
■プロローグ:スチュワート・マシューマンスチュワート・マシューマンという人物を意識したのは、この作品、もしくは2作目だったハズ。少なくとも「Smooth Operator」を聞いていた頃、私は彼を意識しておらず、それどころかシャーデーは個人の名前でありバンドという認識はありませんでした。シャーデーという名は、ヴォーカリストであるシャーデー・アデュ一人のことだと思っていたら、実はバックのメンバーも含めたバンド自体の総称でした。そのうえ、バンドはデビュー以来まったくメンバー・チェンジをしておらず、ま... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 3

2007/08/21 20:55
プレミアリーグ開幕を前に…
プレミアリーグ開幕までもう少しなんですが、本日もスカパーHPは「07/08シーズンのプレミアリーグ、ブンデスリーガの放送は未定です」のまま。この対応はかなりひどくないですか? まぁ確かに海外サッカーはプレミアリーグだけではないですし、私もプレミアリーグだけの視聴という契約はしてないのですよ。ですが、スカパーを契約している理由は言うまでもなくプレミアリーグを見るためであり、もっと言えばチェルシー戦を見るためなんですよね。そのためにお金を払っているのに、それが見れるかどうか未定で、今後どうなるかもわ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 8

2007/08/09 22:46
西部さんのコラム「新委員会の意味は?」を読んで
■「新委員会の意味は?」を読んでスポニチの西部さんのコラム「新委員会の意味は?」を読んで、ちょいと。つまり、監督をクビにするかどうか迷ったときに専門家の意見を聞きたい。そのためには、すでに代表スタッフになっている人ではなく、少し距離を置いて客観的に見られる人がいいと。  これはいっけん筋がとおっているように思えるが、あまり良い方法とはいえない。客観的な評価ということなら、すでにメディアもファンもやっている。協会に必要なのは、距離を置いて観察することよりも、対象に近いところでの評価である。それこ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/08/09 00:09
サッカーはジャズなのか? またはオシム日本代表とサッカーにおける「定型やパターン」のお話
オヤジロック最高! ほんとに! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 5

2007/08/07 23:34
サッカーとほとんど関係ない話
なにしろ、ラグビー系のフットボールが盛んな国である。彼らにとっては、正確なキックこそがサッカーで最も大切な要素なのだ。http://www.jsports.co.jp/press/column/article/N2007072309465902.htmlこれ、すごい意見だな。アメリカに置き換えると「なにしろ、アメリカはアメフトが盛んな国である。彼らにとっては、正確なキックとフィジカルコンタクトこそがサッカーで最も大切な要素なのだ」って感じ? 日本に置き換えると「なにしろ、日本は野球が盛んな国であ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

2007/07/24 00:09
アジアカップ決勝トーナメントプレビューAオーストラリア戦「オシム日本代表」の守備戦術は?
ファーサイドに要注意!■オーストラリア戦のGKは楢崎?それとも川口?「そうそう・・そのファクターを考えれば、次のオーストラリア戦じゃ、やっぱり高さに対する強さとか安定性が非常に大事になってくる。だからこそ楢崎だと思うんだよ」。そういうことです。そして、そのオーストラリアの高さの象徴が、言わずと知れたヴィドゥーカというわけです。http://www.yuasakenji-soccer.com/yuasa/html/topics_4.folder/07_ac.7.17.html確かに川口よりも楢崎の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/19 23:08
アジアカップ仕様「オシム日本代表」の攻略法を考えてみたりして。
■題して「オシム日本代表攻略法を探してみた」えっ、今のオーストラリア代表ってプレミアリーグ的なチームなの?4−2−3−1だったり、4−4−2だったりするけど、1人1人の距離が離れているのがプレミアっぽい。サイドバックがサイドハーフを追い越す動きは少ないけど、1人1人が外に張っていて1対1に持ち込む感じ。右サイドと左サイドの速い選手が個人能力で打開してくる。攻め守りともに2対1の状況を作ることが大事。後から入ってくるキューウェルやケイヒルなんかも迫力あるしね。こっちが数的優位を作ることが有効になっ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/07/19 00:08
「アジアカップでノルマが必要なのか?」という後藤健生のコラムを読んで。
U-20は1位突破したみたいで何よりです。時間がないのでナイジェリア戦は見れてません&感想も書けないと思いますが、チェコ戦がんばってほしいです。そしてアジアカップ。残念ながら明日は忙しく、たぶん試合を見れるのは明後日以降になってしまうと思うんですが、「結果」にこだわってがんばってもらいたいですね。結果にこだわってね!そうではないはずだ。代表チームの評価、代表監督の指導力の評価というのは、結果(=順位)によって下されるべきものではない。結果で判断するのは、最終目標である大会、つまり2010年のW杯... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 15

2007/07/08 22:15
オシム日本代表のアジアカップの楽しみ方番外編 日本人の感覚とチーノとマイケルジャクソン
「兄弟よ、革命に再放送はない 革命は生なのだ」 ギル・スコット・ヘロン■日本人と人種差別について日本人は自分たちが世界の先進国で、世界中の人が日本に憧れ、日本を尊敬し、日本みたいになりたいと思い込んでいるようだ。しかし、現実は違う。日本人は、よくアメリカの黒人差別の「ルーツ」とか「アミスタッド」なんかの映画を見て涙し差別は許されないなどと言うが、実は黒人が日本人を差別している。俺がバハマで休日を過ごしていてもリゾート客はほとんど白人の欧米人だ。そこに場違いな東洋人がふらふらと迷い込むと、欧米人... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/07/01 19:49
サッカーにおける結果と内容について
  だが、A代表がW杯に出場することが当たり前になってくると、若年層への注目は徐々に薄れ始めた。もっとも、これはある意味で健全な変化でもあった。最高のプレーヤーだけが、最大の注目を浴びることができるという常識が、行き渡り始めたことの証明だからである。http://wsp.sponichi.co.jp/column/archives/2007/06/post_824.html本日は時間がないので手短に(って、いつも書く時間がふんだんにあるわけではないんですが)。一部、今度のアジアカップは結果か内容... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/29 00:08
アンリ移籍に対するベンゲルの思惑とかバイエルンのやり方とか
オープニング。■アンリ移籍に対するベンゲルの思惑「1999年の入団以来、ティエリはつねにアーセナルで素晴らしいプレーをみせてくれた。個人としてはもちろん、チームの中でも重要な存在でありつづけたんだ。彼はすでに、アーセナルのレジェンドの一人だよ。これまでの貢献には本当に感謝している。ティエリは、卓越したスキルと確固たるスタイルを持ち、つねに勝利に貪欲な男なんだ。アーセナル退団を決めたのは彼の決断だ。我々は、彼の決断を暖かく見守りたい」http://news.livedoor.com/article... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

2007/06/28 00:07
オシム日本代表にアジアカップで望む事 または約束事とそれを知らないことの関係
一方、ジャズやロックが音楽にもたらしたのは、まったくちがうエネルギーだった。ジャズやロックが音楽でない、という人はだれもいなかった。それは単に、洗練されていない粗雑な音楽だったわけだ。粗雑だから、伝統的な音楽の枠組みの中ではバカにされた。こいつらは音楽のお約束ごとをなにも知らない、といって。知っていてあえて無視した現代音楽の人たちとはちがって、わざわざ音楽の勉強なんかしなかったジャズやロックの人たちは、お約束ごとをそもそも知らなかった。でも、それがまったく新しい自由さ、ふつうの人にも受け入れられ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/06/26 23:23
チェルシーが欧州CLの第1シードに! 他ニュースコネタについて
さて、問題です。本日最後のナンバーはなんでしょう? 答えは最後に。■チェルシーが欧州CLの第1シードに!UEFAは21日、来季の欧州CLの第1シード8クラブを発表し、ここ4年間で3度準決勝に進出したチェルシーが初めて選ばれた。他の7クラブはリバプール、アーセナル、マンチェスターU、ACミラン、バルセロナ、インテル・ミラノ、Rマドリード。1次リーグでは第1シード同士の対戦がない。今季まで第2シードだったチェルシーは1次リーグで前年の優勝クラブと3年連続で対戦していた。MF中村俊輔のセルティックは第... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2007/06/22 22:57
日本サッカー協会にアジアカップで結果を求めてほしい1000の理由 の中のいくつか
いたずらか、お菓子か?■日本サッカ−協会の責任Jリーグの鬼武健二チェアマンは19日、理事会、総会後の記者会見で1部(J1)磐田の菊地直哉容疑者が静岡県青少年環境整備条例違反(淫行(いんこう))の疑いで逮捕されたことに対し「クラブの責任として制裁を科すか検討する」と、磐田の管理責任を問う姿勢をあらためて示した。菊地容疑者への処分はJリーグ、クラブともに捜査の進展を待って決定する方針。http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/jtoto/headlines/20070... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 11

2007/06/19 21:07
南アフリカと、デビットリンチから考えるオシム日本代表サッカー!
■南アフリカサントンからブリッツに向けて1時間半ほどかけて車で移動する途中、豪華な外装の建物が見えた。「カジノホテルだよ。僕も行ったけど20分で残金ゼロ。貧乏人の行くところじゃない」と運転手は笑った。そこを過ぎてしばらくすると、最近増えているという不法住居のバラック集落が続き、さらに進むと、土産物屋やきれいなコテージが並ぶ湖畔に出た。最近人気のリゾートで、ここに別荘を購入する富裕層も少なくないそうだ。「リッチピープル、ネクスト、プアピープル」これが南アフリカだよ――。運転手はそっと言った。 h... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/06/14 12:22
キリンカップ「日本対コロンビア」超雑感 というか「カミカゼシステム」についての私的拡大解釈  
■カミカゼシステム仕事しながら、ちら見した程度ですが、いい試合だったんじゃないですかね。で、気になるのはやっぱ会見で飛び出した「カミカゼシステム」とやらですが、個人的にはこの意見に近いですな。この日のオシム監督の言動は、17年前と重なる。しかし、21世紀に再び、繰り返した手法には疑問も残った。稲本、中田は欧州シーズン終了直後で、5日前に代表チームに合流したばかりでコンディション不良。それは監督として十分に予測できたはずだった。さらに、稲本に関しては不慣れなトップ下で起用。2人が実力を発揮できなか... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 17

2007/06/06 20:41
オシム日本代表が「楽しみ」でもなかったりする理由 その354
■サッカーと合理性、理論。そしておもしろさ、強さサッカーを合理的に語る。それってどこまで魅力的なんでしょうね。商売や戦争のはなしなら合理的なはなしになるのはわかる。でもにくしみやあいとかを合理的に語ってもしょうがないでしょ。フロイトとかで途中まではいけるよ。でも最後の最後には論理では辿り着けない。なんですきになるの?なんでドキドキすんの?サッカーって合理的に語ればおもしろさがつたわるのかな。つたわるわけないだろ。ひごうりゆえにわれしんず。 http://uolavlosblog.jugem.j... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2007/06/04 22:41
ベッカムとウィルキンソン、そしてイングランド代表のスタイル
■イングランド代表のスタイル@フランスはパリ、トゥールーズ、モンフェラン、ビアリッツの四大ビッグ・クラブが順当に国内選手権のプレーオフにオールブラックス vs. フランス進出した結果、これらのクラブに所属するプレーヤーは今回のツアーのスコッドに選んでいない。発表後に怪我人も出ており、スコッド5人が入れ替わるなど首脳陣は頭を悩ませている。HOイバネス主将もシーズンを終えたばかりであり、今回のツアーではリザーブに回る予定。FLマーニュとPRカリファーノらの他、英プレミアシップでプレーしているベテラン... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 3

2007/06/04 20:54
オシムの言葉と、稲本と、第二のC.ロナウドと、ロッドマン!
■オシムの言葉――あなたは今は亡き国の代表監督だったわけだが、そのことをどのように感じているか?(モンテネグロ人記者)  私は生き残った。それだけだ。どう生き残ったかは別の話だが。 ――われわれの国でもテレビで生中継があるのだが、日本選手の名前の発音の練習をしたいので、スタメンを教えてほしい(モンテネグロ人記者)  では、まずはモンテネグロの名前を教えてほしい(笑)。全部のリストがあるので、それで練習したらどうだ。誰をスタメンに選ぶかは決めていない。選手のコンディションを今は考えている。1... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2007/06/01 08:27
欧州CL決勝を見るのを止めて、『ゴットファーザーPARTU』を見た理由@
■ドン・コルリオーネブログ更新する暇もないくらい、マジで忙しくてヤバかったです。先週の土曜日にようやく時間ができたんで、CL決勝でも見ようと思ったんですが、疲れていたせいか前半10分くらいで睡魔に襲われ断念。というか、いまさら見てもなぁというのが正直な半紙でして、翌、日曜日の夜に再度時間ができたんですが、その続きを見ないで、同じイタリア再録ものならこれを見直そうと「ゴッドファーザーPARTU」のDVDを鑑賞してしまいました。この時のデニーロが好きなのもありますが、この映画の中にこそ、今回のCLミ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2007/05/29 05:21
川崎の我那覇、にんにく注射でドーピング規定違反について思うこと
緊急の医療行為の際は静脈注射も許され、事後報告で問題はない。しかしJリーグの羽生英之事務局長は今回の件について「事前に申請があったとしても(ドーピングコントロール委員会の)委員長はNOとしたはず」とした。処分は理事会などを経て5月上旬に決まるが見込みで、その場合、29日のJリーグ千葉戦(等々力)も自粛の方向。全南戦を観戦した我那覇は「禁止行為とは知らなかった。また試合に出られるチャンスに備えて調整します」と語った。http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=jleague&a=... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/04/27 23:27
プレミアリーグ第32節「ウエストハム対チェルシー」超雑感 &某ライターのでっちあげコラムについて
■PART@:快勝ですこの試合を終えた段階で、リーグ戦も残すところ5試合となるチェルシー。マンUとの差を広げられるわけにはいかないアウェイチームは、勝たなければならないという重圧を見事に跳ね除けてみせた。31分、巧みなステップでペナルティエリア際まで侵入したS・ライト・フィリップスのミドルシュートで先制したチェルシーは、その4分後にテベスに同点弾を許すも、直後にS・ライト・フィリップスがボレーで再び決めて勝ち越し。この5分間の攻防を制して流れをつかむと、52分にカルー、62分にはドログバがダメを... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 11

2007/04/19 20:37
テュラムの政治的言動、もしくは「サッカー選手である前に1人の人間である」ということ
■リリアン・テュラムの言葉ドメネク監督はフランスのテレビ局TF1に対し「そのような言葉を使うとは信じ難い。奴隷制度と戦うために何人の人々が死んだことか。そういった人々に対する侮辱だ」と憤慨した表情を見せた。  またフランス代表DFリリアン・テュラムはモウリーニョ発言の意図がわからないとし、「私はモウリーニョ監督が奴隷制度の意味を知らないんじゃないかと思う。マケレレの状況と奴隷制度を比較などできない。比較したら単に知識がないことをバラすようなものだ」と語った。 マケレレは2日の欧州選手権予選グル... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2007/04/17 20:14
オシム日本代表の「彼らが国内組よりよい選手でないといけない」ロジックについて一考察(さわり)
「土台とはなんぞや?」というRomantic-Reasonさんのコラムを読んで。その内容とはちょっと違うかもしれませんが、私が感じる「日本代表の土台の変化」についてちょっと書いてみます。オシム監督になって日本代表はいろいろと変わったところがあると思うんですが、1番変わったのはやっぱ「海外組」と「国内組」に対するウェイトなんでしょうかね。  3月29日に離日し、中1日の31日・ダンディーU戦はフル出場。チーム合流直後に結果を出し、長距離移動や時差の悪影響を理由に海外組招集に消極的だったオシム監督... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/04/04 00:03
「フットボール的ジレンマ理論」対「世界を目指さなきゃダメかな?」っておもしろいなぁ
U−22戦は見れませんでしたので、こちらとこちらの争いについて便乗。まずどうでもいいことかもしれませんが、ジーコが「マランダラージという言葉とマリーシアという言葉があって、マランダラージっていうのはずるいことです。例えばレフェリーから見えないところで何かをやること。これは監督にとってリスクがある行為です。マリーシアがマランダラージと違うのは、まずルールの中において、それをいかに自分たちのために、勝利のために使うかということ。マリーシアはルール違反ではない。マランダラージは後ろから引っ張ったり、ホ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/03/29 00:12
親善試合「オシム日本代表対ペルー代表」超雑感 水を運ぶ人と、理想と現実と妥協
■「ジーコ日本代表」的に戻っていたこと遅くなりました&今さらな感じもしますが、先日のペルー戦について。すでに多くの方がこの試合について語られてますが、私的にはLooseBlogさんや、蹴閑ガセッタさん、Romantic-Reasonさんの考えに近いです。要は中村俊輔と高原がピッチに立ったペルー戦は、サッカーのスタイルが「ジーコ日本代表」的に戻っていたとでも言いますか。そうなった理由はいろいろ考えられるのでしょうが、私的にはスポナビのコラムで宇都宮氏が指摘している「チームの顔ぶれは、昨年のW杯とほ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 9

2007/03/26 20:07
「自由と責任をはき違えないように」(by反町監督)という言葉を聞いて…
■自由と責任をはき違えないように:プロローグ残念ながらヨコハマダービーは見れませんでしたので、その代わりでもなんでもないのですが音楽でヨコハマダービーを演出してみる。こちらはこの映像しか見つかりませんでしたので、マスゲームではこちらのほうが勝ってますかね。起立と着席とか。で、これは偽者? で、まったく関係ないけど、ついでにこちらと、こちらも張っておこう。この方が登場するまでは、みんなマジだったんですよね、みんな。まぁ、今もマジな人は当然いるんでしょうし、本人もマジだったんでしょうが、Burrn!... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2007/03/14 04:57
まだCLセルティック戦、リバプール戦を見れてません。
■中村俊輔、残念でした欧州CLミラン対セルティック第2戦はまだちゃんと見れていませんが、中村俊輔にとっては残念な結果に終わってしまいました。ハイライトでざっと見た感じでは、セルティックは90分ミランを無失点に押さえた守備はある程度評価できるのではないでしょうかね。クロスバーに何度か助けられたところもあったみたいですが。中村俊輔については、試合見たあと何か書けることあれば書きます。まぁ数少ないシュートチャンスで、ちゃんとシュートを打ちたかったという感じですかね。■CLの次の対戦相手PSVというのは... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/03/09 00:03
横浜FCはJ1でどう戦うべきか? 開幕戦の戦い方&試合後の選手コメントを読んで、なんとなく
変に大事にしようって気持ちがあったのか? それとも疲労からのキックミスだったのか? 後半40分に永井に決勝ゴールを決められてしまったんですが、その直前の横浜FCの選手のクリアミスがやっぱポイントだと思いました。あのシーンで第1に優先すべきは、とにかく大きくクリアすることだったと思うんですが、それができなかったことをミスとして自覚しているのでしょうかね。たとえば選手のコメントとか読むと「もうちょっと高い位置でボールをキープできないと厳しい」とか「引きすぎると最後はやられる」という意見もあるみたいで... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/03/06 00:07
金子達仁氏の『「リーダー」より「鬼軍曹」が必要だ』とかけて、「ノムさん」と解く。その心は?
ごく最近になって、人類が文明を発達させ経済的に豊かになり、余剰が出てきて寛容さが生まれたとき初めて、不快だというだけで何かを排除するのはまずいかもしれない、短期的に役に立たないというだけで殺しちゃうのはアレだなあ、という歴史的に見ればカナーリ変な発想が出てきた。この発想は徹頭徹尾、豊かさと文明の所産だ、というのは認識しとかなきゃいけない。そしてそれがたまに本能的な排斥衝動に負けて機能しなくても(あるいは時にやりすぎが出てきても)、それは病理じゃない。文明の未だ至らない部分として、文明によって今後... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2007/03/01 19:21
これぞフットボールジャーナリズム!? 想像力を欠いた“芸のない”意見、こじつけ、憶測について
■これぞフットボールジャーナリズム!?@デイヴィッド・ベッカムのMLS(メイジャーリーグ・サッカー)参入決断に関する報道の大半も、およそ想像力を欠いた“芸のない”意見、こじつけ、憶測に終始しているようだ。多分に予想されたこととはいえ、フットボールジャーナリズムとは、その大半がしょせんこの程度のレベルでしかないのかとあきれてしまう。http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/euro/08/column/200702/at00012355.htmlと書きつつも、同じコ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 3

2007/02/21 00:03
ブラジルの伝統と革新、そして守備で「革新」することと、音楽の趣味が伝統的だったりすること
「映画の土俵はここです。ここで相撲をとってください。絶対に乗らなかったですね」 ■視聴者の伝統と革新北野武作品ではソナチネが好きなんですが、特にこのシーンで使われているような音楽が好きだったりします。実はこちらのコンピレーションCDにも収録されているのを聞いてから、久石譲のその楽曲を特に意識するようになったんですが、音楽というのは「映像」や「風景」によって、まったく違うものに聞こえたりするものなんだとこのとき改めて思ったりして。あと、年齢や精神状態など「聴くほうの環境」が変化することによっても... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 4

2007/02/15 23:36
オシム日本代表の海外組起用法について&中澤日本代表復帰&オランダのヒエラルキーとか
■オシム日本代表の海外組起用法について海外組をすべて呼ぶ必要はないし、使えないと判断して招集しなくても構わない。ただ、たとえば中村俊輔や松井大輔を呼ばないのであれば、彼らを使う必要がないと思わせるサッカーは見せてほしい。改めて言うまでもないが、「使わない」と「使いこなせない」は違うのだ。http://wsp.sponichi.co.jp/column/archives/2007/02/post_682.htmlスポニチの戸塚氏のコラムからですが、私もこの考えに同意ですね。で、今はまだ海外組を呼ぶ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 3

2007/02/14 23:02
オシム日本代表監督会見と、Numberコラム「監督の補佐役の大切さ」を読んで
今年1月に発表された日本代表スタッフを見て、3年後のW杯にむけて一抹の不安を感じた。というのも退任した里内猛フィジカルコーチの後任を置かず、オシム監督が選手の体調管理も兼務することになったからだ。日本サッカー協会は、ドイツW杯のテクニカルレポートで「コンディショニングが失敗だった」と結論づけた。ならば、オシム監督の負担を減らすためにも、専門の知識を持ったプロを雇うべきではないのか。http://number.goo.ne.jp/soccer/japan/20070208.htmlNumberの木... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

2007/02/13 22:59
チェルシー戦プレビュー&中国五輪代表&「セリエA」を見ないということ
■チェルシー戦プレビュー&イングランド代表現地時間8日、チェルシー(イングランド)に所属するドイツ代表MFミヒャエル・バラックが、太ももを傷めたことが明らかになった。ロイター通信が報じている。  前日に行なわれた国際親善試合のスイス戦で、足を引きずるシーンが見られたバラック。チェルシーは週末のプレミアリーグでミドルズブラと対戦するが、同選手のケガの程度はまだはっきりしておらず、この試合への出場は微妙となっている。 http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=worldso... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

2007/02/09 18:03
パリサンジェルマンとか、ユナイテッドとか、日本オリジナルとか
この原稿、実は昨日書いていたんですが時間がなくなり頓挫。ちょいと書き足して本日UPとなりました。■パリ・サンジェルマンについてたまたま気がついて「マルセイユ対パリ・サンジェルマン」戦を観戦。ガジャルド&ルグエン監督が加入したパリをやっと見ることができました。守備組織がイマイチなところが何度かありましたが、ガジャルドを中心とした「つなぐサッカー」はなんとなくですが可能性は感じましたね。まぁワントップにパウレタ、その下にカルー(兄)、ガジェルド、フローで、ゴールを期待できる人がいないという話もありま... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2007/02/07 20:10
日本サッカー鎖国化論
「鎖国」に対する評価は、おおよそ二つに分かれる。 鎖国の評価 11つは、ごく限られた場面以外に外国との交流を断ったことで、日本独自の文化を形成できたとする肯定的なもの。 鎖国の評価 2二つ目は、交流を禁止してしまったことで、ヨーロッパで発達した技術や文化を積極的に受け入れられなくなり、世界の潮流からとりのこされてしまった、とする否定的なものである。 その他の意見1しかし、強力な海洋技術を身につけた西欧諸国に対して対等に渡り合える力は当時のアジアにはなく(最近の研究で、明は海洋技術が高かった... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 399

2007/02/02 23:06
中村俊輔が今夏にJリーグに復帰するかもしれない件について
■この時期に日本のサッカー雑誌で語ったこと中村俊輔が週刊サッカーマガジンのインタビューで「Jリーグ復帰」に関する発言をしているみたいですが、それがウソにせよホントにせよ今このタイミングで言うべきではないと思います。確かにベッカムは来夏の移籍を決めましたし、半年後もしくは数年後のプランを考えておくことは必要だとは思いますが、チームの主力選手がこのシーズン真っ只中のタイミングで「他のチームへ行く」ことを仄めかすのはどうかと思いますよ。日本で何を話しても問題ない? んなぁことはないです。今期、チェルシ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 2

2007/01/31 06:27
プラティニ当選と、モノマネ…
■プラティニ会長ですか…【ベルリン支局】欧州サッカー連盟(UEFA)の会長選挙が26日、ドイツのデュッセルドルフで行われ、フランス代表の人気選手だったミシェル・プラティニ氏(51)が、5期目を目指したスウェーデン人のレナート・ヨハンソン現会長(77)を破り、新会長に選ばれた。(略) 保守的なヨハンソン氏との対決となった選挙戦では、欧州チャンピオンズリーグの有力国の出場枠を最大4から3に減らして他協会に振り分ける改革案を掲げ、中堅、弱小国の共感を得た。http://sports.yahoo.co.... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 3

2007/01/27 06:02
マルティンスのスーパーゴール、カルデロン、横浜FC、監督を評価するという言葉はプロ的ではない
■サッカーの未来はアフリカ系の選手とともにある?昨日、スカパーでプレミアリーグハイライトを見ていたんですが、ニューカッスルのマルティンスのこのシュートはすごいですね。そのタイミング&姿勢でシュート打って、そこに決めちゃいますか!って感じとでも言いますか。派手ではないかもしれませんが、すごいプレイを普通に行っているところがすごいです。こういうプレイを見ると、サッカーの未来はアフリカ系の選手とともにあるんだろうなぁと単純に思ってしまうのですが、そうでもないのですかね。そういえば、マルティンスはこれで... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 7

2007/01/17 20:36
KET SEE BLOG「2006大会の趨勢と日本(テクニカルレポートより)」を読んで、ちょいと
■問題は、高い位置でのフィジカル・コンタクト数なんでしょうか?一目瞭然、高い位置(ミドルサードからアタッキングサード)で日本代表がフィジカル・コンタクトを敢行した数が少ないのが、はっきりとわかるだろう。(もちろん、コンタクトなしでも「奪える」守備はあるが、それも日本の試合では少なかった)。参考までに、アルゼンチンと戦ったときのメキシコ代表のデータも加えておく(90分間)。W杯で主審を務めた上川氏が、「日本が一番闘っていなかった」と語り、私もそう考えたのだが、それは技術委員会の分析でも、またあらた... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 220

2007/01/09 02:39
アジアカップ本大会の1次リーグ組み合わせ決定!&クラブW杯にエジプトが激怒!?
■アジアカップ本大会の1次リーグ組み合わせ決定!07年アジア杯(7月7〜29日、インドネシアなど)の1次リーグ抽選会が19日、マレーシア・クアラルンプールで行われ、大会3連覇に挑む日本はベトナム、カタール、アラブ首長国連邦らとB組に入った。ライバル韓国はD組(インドネシア、サウジアラビア、バーレーン)。  同杯では、16チームが4組に分かれ総当たりのリーグ戦を行い、各組上位2チームが決勝トーナメントに進む。決勝は7月29日にジャカルタで行われる。http://www.nikkansports.... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 7

2006/12/19 22:51
大住良之氏のブログ『「JFAテクニカルレポート」を読む』を読んで、気なってしまったわけですが
■大住氏の『「JFAテクニカルレポート」を読む』を読んで、気になったところすなわち、今回のワールドカップの失敗、「F組最下位」という結果は、以下のように帰せられるはずです。1、2005年に明らかになった課題をこなせなかったジーコ監督の指導力不足。 2、ジーコ監督に欠けるものが何であるかを知りながら、監督交代やコーチの補充など必要な手段をとることのできなかった日本サッカー協会技術委員会の怠慢。 3、ワールドカップの準備に、強化の観点から離れたいろいろなものを盛り込もうとし   た日本サッカー... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 31

2006/12/16 23:10
クラブワールドカップの発展考えるより、新しい大会作ったほうがよかったりして(笑)
こちらにUEFAチャンピオンズリーグの歴史が出てますが、最初はUEFA主催ではなかったんですね。フランスのレキップ誌の主導で開催し、ファンに人気のありそうなクラブを独断で選んで紹介していたのが「チャンピオンズリーグ」の始まりだったってのは勉強不足で知りませんでした。これって有名な話なんでしょうか? で、もしクラブワールドカップに「Jが世界とつながること」を求めるとするなら、それよりも日本独自で大会を開催した方が建設的ではなんていうのは無理な話? たとえば欧州のシーズンオフの時期にビッククラブを4... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 28

2006/12/13 23:27
クラブワールドカップについて思うこと 2006年度版
■KINDさんが「CWCの権威を上げちゃうよ!」ってことでがんばられてますがKINDさんが「CWCの権威を上げちゃうよ!」ってことでがんばられてますので、それについて。クラブワールドカップについては昨年いろいろ書いたんですが、基本的には今も変わらずという感じです。で、個人的には欧州から出場するチームのスケジューリングの問題が一番のネックになっている気がしているのですが、ブラッター会長のこの発言がどこまで本当なのかは非常に気になるところです。国際サッカー連盟(FIFA)のブラッター会長は4日発行の... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 7

2006/12/12 21:04
西部氏の「代表監督の去就は何で決まるのか…」を読んで、オシムの解任はないと思う人は?
少し現実的に、ワールドカップ予選突破という方向から考えると、アジアで4位か5位なら望みがある。10年南アフリカワールドカップのアジア枠は4.5と決まったからだ。アジアで1位になる必要はなく、ベスト4に入れば十分なのだ。韓国、イラン、サウジアラビア、オーストラリアの4カ国以外に負けなければいいともいえる。(中略)小さいチームなら、技術的な理由だけで監督の進退を問うこともできる。しかし、人気のある代表チームやビッグクラブ、つまり大きなチームの場合は純粋な技術論では決まらない。決めるのは、世論という極... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 20

2006/12/10 14:49
CLグループリーグ「ポルト対アーセナル」超雑感、CL抽選会、里内フィジコ退任、横浜FCほか
■ニュース@:コ・アドリアーンセがウクライナのメタルラグ・ドネツクの監督にオランダ人監督のコ・アドリアーンセは、ウクライナのメタルラグ・ドネツクで来年1月から指揮を執ることになった。現在ウクライナリーグはウインターブレーク中だが、メタルラグは16チーム中8位と中位にいる。ウクライナリーグは1月10日に再開する。  アドリアーンセは今季開幕直前、選手補強のこじれからポルトを電撃辞任していた。その後は中国サッカー協会、ADOデンハーグ、ハンブルガーSVのうわさが上がっていたが、約2年間接触を続けて... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2006/12/08 00:12
アジア大会・サッカー男子 北朝鮮に屈し予選敗退した件について
■残念な結果に終わってしまいましたが、そもそも今回のアジア大会の位置づけは難しい!?アジア大会。北朝鮮戦しかTV観戦できなかったんですが、残念な結果に終わってしまいました。残念なんですが、個人的にはそもそも今回のアジア大会の位置づけは難しいと感じていて、今回の結果に対する評価も難しいなぁと感じている次第です。難しいと思う理由は、たとえばJリーグ終盤戦との日程が重複していたこと。個人的にはアジア大会よりもJリーグを優先すべきだと思いましたし、現にメンバーの選考もそうなっていたところがありました。ま... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 121

2006/12/07 17:35
イグアインと「育成部門のお国事情」、&ポーツマスとビラと「過密日程」
■PART1:アルゼンチンリーグ「インデペンディエンデ対リーベルプレイト戦」でイグアインを見て今週末はチェルシー戦がなかったのでプレミアリーグの他の試合を2試合見たんですが、その前の金曜日の午前中だったかに放映されていたアルゼンチンリーグも録画で観戦。「インデペンディエンデ対リーベルプレイト戦」で、たまにはアルゼンチンチーグでも見てみるかって感じで録画していたんですが、噂のイグアイン選手がいることをすっかり忘れてました。イグアインと言えば欧州移籍が噂され、フレンス代表のドメネクが強制招集しようと... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 32

2006/12/05 00:09
Jリーグ優勝した浦和レッズは、来期ACLで結果を残すことができるのか?について
■浦和レッズ、Jリーグ優勝おめでとうございます遅くなりましたが浦和レッズ、Jリーグ優勝おめでとうございます。ユニフォームやクラブの俗称が「あのクラブ」に似ていることもあり個人的には特に応援してはいないのですが、見事な優勝であったと思いました。月並みではありますが選手や監督のがんばりはもちろん、フロント&サポーターの方々の熱意と努力の賜物ではなかったかと思う次第です。本当におめでとうございます。で報道によると来期はACLの制覇も視野に入れて戦うみたいですが、ぜひがんばってもらいたいですね。今の浦和... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 1

2006/12/04 20:22
FWの責任とDFの責任は同じか? トータルフットボール懐疑論ver1.5 スパム編
■PART@:鹿島のパオロ・アウトゥオリ監督が今季限りで退団鹿島のパオロ・アウトゥオリ監督(50)が今季限りで退団することが決まった。続投を前提にチームと交渉を続けてきたが、欧州強豪クラブの監督やブラジル代表監督を目指すために、よりレベルの高いチームで指揮を執ることを希望。天皇杯限りでの退団を申し入れた。また、アウトゥオリ監督の希望で獲得するDFファボン、MFダニーロ(ともにサンパウロ)に関して、クラブ幹部は「監督が退団する場合もあるとした上で交渉しているから問題ない」とした。http://ww... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 37

2006/12/02 00:08
クライフ時代のバルセロナ94と、ジョホールバルの日本代表98と、チェルシー戦プレビュー
■PART@:チェルシー戦プレビュー明朝、プレミアリーグがあります。チェルシーはアウェーでボルトンと対戦。現在第3位と好調のボルトンですんで簡単に勝てる相手ではありませんが、ここは絶対に勝ち点3を手に入れたい。先週のCLのブレーメン戦で負けて、先日のユナイテッド戦ではドローと、この2試合は勝ち星に恵まれてないわけで、そのイヤな流れを断ち切りたいところです。モウリーニョ政権になってリーグ戦の初優勝を決めたのがこのリーボックスタジアムだったわけで、私的にはいいイメージを持っているんですが、過去の対戦... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2006/11/29 23:34
カンナバーロのバロンドール受賞に意義でなくて異議有り! 八百長クラブからの選出はおかしいでしょ
■1年間を通じてのプレイについて評価する以前の問題として最後に今年のバロンドール(欧州最優秀選手)にカンナバーロが決定したニュースについて。カンナバーロが受賞したことについて、海外から批判的な感想が聞かれるが、イタリア国内でもわずかながら、彼の受賞に首を傾げる声を耳にする。  イタリア人の多くは、ブッフォンこそがバロンドールにふさわしいと考えているようだ。ここで個人的な意見を言わせてもらうと、ワールドカップ(W杯)があった年の受賞者は、大会で活躍した選手が獲得するケースが多いし、評価の基準とし... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 20

2006/11/28 21:11
横浜FCのJ1昇格に便乗して
横浜FC、J1昇格おめでとうございます。私は今現在ファンでありませんし、失礼ながら試合のほうは1試合も見てません。なので、その昇格を決めるまでの戦いぶりについては何も語ることはできないですし語ることもないのですが、でも「おめでとう」とだけは言わせてください。その昔「横浜フリューゲルス」を少しばかり応援していた「元ニワカファン」の1人からの祝福の言葉です。まぁ今の横浜FCと昔の横浜フリューゲルスはまったく別物であるとは私は思ってますが、それでもこういうニュースとか見ると、ちょろっと当時のことを思い... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 1

2006/11/28 07:20
「5歳サバ読み」の年齢詐称事件で考える、サッカー大国ブラジルの強さ!?
■「5歳サバ読み」の年齢詐称事件で考える、サッカー大国ブラジルの強さ!?【サンパウロ22日時事】ブラジルのスポーツ高裁は22日までに、サッカーの同国元20歳以下(U20)代表でフィゲレンセ所属のMFカルロス・アウベルト選手に対し、年齢を5歳若く偽っていたとして、360日間の試合出場停止を言い渡した。同選手は1978年1月生まれで、実際には28歳にもかかわらず、身分証を改ざんして83年1月生まれの23歳としていた。  同選手は2003年にアラブ首長国連邦(UAE)で行われた世界ユース選手権に出場... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/11/25 05:17
オシム日本代表の「考えて走るサッカー」2006年総括A ゾーンディフェンス補足&FWのゴール
■PART@:ゾーンディフェンスについて備忘録先日のオシム日本代表のところで書いた、ゾーンディフェンスについての参考文献。備忘録として書いておきます。プレスをかける際には、守備側の選手の数的優位が不可欠となる。そこで守備の基本はマンツーマンではなく、ペアやトリオによるゾーンマーキングとなった。最終ラインの押し上げによってできる背後のスペースはオフサイドトラップによってケア。これらの考えをチーム単位で消化し、実践したのが、サッキのミランだった。 ワールドサッカーマガジン NO.143(2006.... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 18

2006/11/18 00:14
オシム日本代表の「考えて走るサッカー」2006年総括 サウジ戦より橋本治氏に感化されて
■「走ることがそのまま“考えている”になるような状態まで、“走る”という能力を我が身に宿らせろ」by橋本治オシム・サッカーの基本は「考えて走る」に要約されてしまったが、まさかそんなイージーなものであるはずがない。(中略)「考えて走る」を私なりに整理すると、これは、「走ることがそのまま“考えている”になるような状態まで、“走る”という能力を我が身に宿らせろ」である。(中略)つまり「考えて走る」は、「考えて走るな。ただ走れ。走って走って、ただ走ることに慣れて、走っている間に明確な状況判断ができて、自... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 4 / コメント 14

2006/11/16 19:14
U-21日本代表超雑感とか、オランダ対イングランドのプレビューとか、グラウディオラ引退とか
■PART@:U-21日本代表、超雑感U−21の韓国戦ですが、NHKで録画放送していたんですね。気がついて後半から見たんですが、同点に追いついた時間帯はよかったですね。サイドチェンジがうまくいっていたのが功を奏したと思うんですが、つなぐことがある程度、出来たからこそゴールが生まれたというところでしょうかね? オウンゴールでしたけど、その攻撃の過程は評価すべきでしょう。まぁ韓国が、その時間帯の守備が甘かったというところもあるんでしょうが。dえ、そのままドローで終わりましたが、アウェーでドローならま... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 19

2006/11/15 16:15
日本代表とJリーグの関係。または川淵の「Jの理念」とドメネクの「代表至上主義」の類似性について
■エシエンがフル稼働していることとドメネクの関係先日のチェルシー対ワトフォード戦で、マケレレが途中交代しエシエンが中盤の底にポジション変えてフル出場だったんですが、これは「マケレレのフランス代表招集問題」の影響なんでしょうかね? マケレレがフランス代表を引退か、それとも現役続行かでドメネクとモウリーニョでやりあった事件は記憶に新しいのですが、結局、マケレレ本人がユーロ予選はやるってことに決めてまるくおさまったんでしたっけ? で、モウリーニョ的には、たぶん、それなら仕方がない「クラブと代表の2足の... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 3

2006/11/14 20:00
「Jリーグはレベルアップしているか」を読んで、自分がナベツネ的だと悟る &チェルシー戦プレビュー
■プロローグ:まずはチェルシーの話題から日本ではTV放映なしのカーリングカップですが、チェルシーが4−0で勝ったみたいですね。見てない試合についてアーダ、コーダ語ることはできないのですが、勝って何よりですし、以下に引用させてもらったスティーブクラークコーチの言うとおりだと思う次第です。 チェルシーのアシスタントコーチ、クラーク氏は「チームがつまづいたときは、すぐに立ち直れるかが重要だ。我々はうまく立ち直れたと思う」と、復調ぶりに手応えを感じているようだった。http://sports.yahoo... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 14

2006/11/10 04:02
「日本協会がW杯敗因を分析 の記者会見」について分析  報告書買う人なんているのかね?
えっ? なになに、W杯分析リポートの説明会ってのがあったんですって? それは興味深いですね。で、どんな分析だったんでしょう?リポートではコンディション作りの問題点も指摘。5月上旬のキリン杯から福島・Jヴィレッジ、ドイツ・ボン両合宿にかけて休みがほとんどなく、選手に疲労が蓄積。「ドイツ戦がピークだった」と結論付けている。  さらに、皮肉なことにドイツ戦を境に現地の気温が上昇。日中行われた1次リーグ初戦のオーストラリア戦で後半動きが落ちる伏線になったとの見方を示している。ジーコ前監督の評価について... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2006/11/09 00:05
プレミア「チェルシー戦プレビュー」というよりも、新庄と「日本代表のことで最近、よく思う」について
■明日はプレミアリーグの「シェフィールドU」戦だったりするのですが…一方、ブラックバーンと対戦したチェルシーは、夏に負ったヒザの負傷から復帰したJ・コールが今季初先発。53分、カルーからのクロスをコールが決めて先制すると、81分にはショーン・ライト・フィリップスのシュートがGKに弾かれたところをカルーが押し込んで2対0と勝利を飾った。http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=worldsoccer&a=20061026-00000046-ism-spoいまさらながらですが、カ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 3

2006/10/27 23:16
U−21日本代表というか反町監督について戯言 または「ファースト・クエスチョン・アワード」考察論
■序章:まずはなぜか音楽ネタ! 「渋谷系」と「アシッドジャズ」の関係からスタート!いきなり音楽の話で恐縮ですが、1990年代前半に渋谷系という音楽のジャンルが流行ったのをご存知でしょうか? 基本的にそれまで洋楽オタクだった私が普通にハマって聴いていた「渋谷系」ですが、なんでハマったのかと考えてみますと私的にはそのムーブメントが日本限定のものでなく、イギリスというかロンドンのムーブメントとリンクしていたところがあって、そこが魅力だったと思っているんですよね。つまり最新の洋楽を聴くのと同じ感覚で聴い... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 2

2006/10/26 16:32
ジョゼ・モウリーニョと中田英寿について思うこと、考えること
■モウリーニョは、今、何を考えていて、将来をどう考えている!?インテルはロベルト・マンチーニに代わる監督として、ジョゼ・モリーニョを欲しがっている。イングランドのタブロイド紙『ニュース・オブ・ザ・ワールド』が報じた。同紙によれば、インテルはすでにモリーニョの代理人ジョルジュ・メンデスに接触しているらしい。インテルに近い筋の人物が接触を認めているとのことで、モラッティはマンチーニが退任する場合の後任監督としてモリーニョを欲しがっているようだ。「インテルは、モリーニョを新監督の第一候補として考えてお... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2006/10/24 23:43
「ストライカーを育てるための解決策」とか「外国人枠の問題」とか
■ストライカーを育てるための解決策!?「ストライカーを育てるための解決策としては、Jリーグのクラブが外国人FWを少なくすること。FWの選手をできるだけ買わないこと。もしJリーグがあらたな規則をつくって、2トップのうちひとりは日本人を使わなければいけないというルールができたら、私は4年後のワールドカップで日本のFWが成長していることを保証しますよ」http://www.ocn.ne.jp/sports/soccer/magazine/0482.html戸塚氏の意見ですが、なんか安直な意見に聞こえる... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 8

2006/10/21 00:15
ジーコ日本代表は「ロックを感じるチーム」とすれば、オシム日本代表は? 音楽とサッカーのくだらない話
ジーコが何を言おうと守備の意識や連動性やチームワークや走ることやラインの高低やプレスのポイントや闘う気持ち、そういったもの全てよりボールテクニックのある選手こそ全てっていうやり方は、世界への反逆、アウトサイダー日本の特攻スタイルとしてはまぎれもなく無鉄砲で最悪な程馬鹿でカッコ良かった。ロックを感じるチームでしたね。頭悪すぎ。それでいて王道。ロマンチック。あれじゃやっぱり勝てるわけなかったかな。いや、でも勝ったらメチャクチャカッコ良かったでしょう。とオシムのまともすぎるチーム作りを見て。そう思った... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 6

2006/10/06 05:27
オシムの「考えるサッカー」とマリーシア、ガーナ戦、新庄というキーワードから
■PART@:「日本人だけがわからないマリーシアの意味」を読んで…いまもまだ、マリッツィアとは何なのかを考えている。現時点で分かっているのは、「ずる賢い」というひと言には収まりきらないということだ。そして、日本人にはずる賢いプレーも、カカのようなプレーも圧倒的に少ない。オシムが「考えるサッカー」を提唱する理由のひとつがそこにある、と思う。(戸塚啓=スポーツライター)http://wsp.sponichi.co.jp/column/archives/2006/09/post_559.htmlこのコ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2006/09/28 22:50
プレミア「チェルシー対フラム」戦プレビュー、東本のバブル崩壊願望、&モリエンテス!
■もしもシリーズPART@:チェルシー対フラム戦プレビュー:もしもロッベンとシェフチェンコが共演したら!?プレミアリーグ。チェルシーは明日23日にフラムとロンドンダービー。ヒナキさんのところによるとフラムは怪我人が多いみたいなので、チェルシー的には必ず勝っておきたいところ。マルブランクがスパーズに移籍した今期のフラムですが、現時点で2勝2分1敗の勝ち点8の第8位。そういえば、先週スパーズに引き分けているんですね。ボアモルチ、ディオップ、そして今期ウィガンからきたブラードが怪我ということで中盤は人... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/09/22 21:31
Jリーグの人気向上のための「意図的なバブル」を作り出せ論について便乗!
KINDの日記さんが展開されている、「意図的なバブルを作り出す」論がおもしろいので、それについてちょいと私見を。実際にはモデルも務められるようなフォトジェニックな選手は多いし、華麗なプレイと甘いマスクを両立させている選手もいる。そういった選手はしかし、プロ野球の一部アイドル的な選手たちほどの露出はない。それは「バリュー」だけの問題でなく、チーム側の営業努力、プッシュが足りないからだと考える。http://d.hatena.ne.jp/KIND/20060921/p1すみません。プロ野球はこのとこ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2006/09/22 00:10

トップへ | みんなの「たわごと」ブログ

カスタム検索
doroguba*footballcolumn*
doroguba*footballcolumn* たわごとのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる