CL「チェルシーVSバルセロナ」セカンドレグ雑感 おもしろかった!

「ショートカウンターサッカー」

 モウリーニョの対バルセロナ対策は、信条とする「ポゼッション」を捨てた「ショートカウンター」という戦術でした。「前半は慎重に、後半から勝負」という一般的な予想と違い、前半頭から勝負をかけてきたモウリーニョの作戦がずばりと当たります。
 ケジュマン&グジョンセンの2トップにコール&ダフのサイドハーフという「4-4-2」という布陣で臨んだチェルシー。まぁ実際にはある時間帯はグジョンセンがMFまで下がって「4-3-3」という感じになったりして攻撃陣は変幻自在という感じだったのですが、どちらにせよ守備的なMFチアゴ
を外した攻撃的な布陣。
 試合は、前半早々からチェルシーが前線で積極的にプレッシングをかけます。ですがゴールがなかなかバルセロナから取れずボールポゼッションでバルセロナが上。ホームとアウェイが逆になったような試合展開となりますが、ファーストレグとの大きな違いは、とにかくチェルシーが中盤から積極的にボールを取りにいったということ。それが得点に結びつきます。
まず相手が芝で滑ったところをランパードが見逃さずにインターセプト。そのまますばやくサイドのスペースへスルーパス。ケジュマンが抜け出してこれまた早めにセンタリング。そのパスがグジョンセンに渡り、うまく切り替えしてシュート。ゴール!!! 絵に描いたような「カウンター」が見事に決まりチェルシーが先取点を挙げます。まぁこんなに早く点が入るとは、予想外の展開。さらにジョーコールのミドルがDFに当たってキーパーが弾いたところをランパードが押し込み追加点。そしてとどめは同じくジョーコールのスルーパスからダフがゴールと、チェルシーが怒涛の攻撃で一挙に3点
を連取。しかも、まだ前半途中。ここまでの展開はほんとチェルシーの思い通りという感じ。

 中盤からプレッシングで守備してボールを奪ったら、「ボールポゼッションせずに」すぐに前線&DFの裏へという戦術が徹底されてました。

 通常のプレミアリーグなどで行うチェルシーの攻撃は、DF&MFでボールをキープして「ポゼッション」してから、緩急の変化をつけたりや相手のDFが薄いところをついて攻撃する「ポゼッションサッカー」という形が基本だったのですが、この日は「奪ったらDFの裏へ」という「カウンター戦術」を徹底して行ってました。
 バルセロナのDFの最終ラインが高くて裏に広大なスペースがあったこと、逆に中盤はバルセロナのプレスがきついことを考えれば理にかなった戦術なのですが、まぁ見事にはまったというところでしょう。

 ただ、バルセロナもタダでは引き下がるわけありません。3点取ってペースが落ちたチェルシーに対して「圧倒的なポゼッション」から反撃に出ます。まず右からのアーリークロスにパウロフェレイラ
がハンドしてしまいPK。これを落ちついてロナウジーニョが決め一点。そして前半終了間際にロナウジーニョが、今度はスーパーゴールを決め2点目。このゴールはほんとすごかった&うまかった、美しかった。敵ながら見事という感じ。静まり返るスタンフォードブリッジ。この得点でアウェイゴール差でバルセロナが逆転となってしまったわけです。そのまま前半終了。いゃーおもしろい試合だ。
手に汗握る試合とは、まさにこんな試合のことを言うのでしょう。そして試合は最終局面に。

 後半もポゼッションではバルセロナが上回る展開。バルセロナが左サイドバックをシルビーニョに変え前半のようなカウンターができなくなるチェルシー。まぁこのまま得点なしか、次の1点で勝敗が決まるのは間違いない。イニエスタのシュートはポストに助けられ、CKからのプジョールのヘッドはチェフがナイスセーブでなんとか「首の皮一枚残って」戦い続けるチェルシー。
 カウンターも出来ず攻撃的な交代要員もいないチェルシーの残す最後の攻撃は「セットプレイ」。
そんなシナリオになればとチェルシーファンなら誰もが思ったCKで、テリーが見事に決めます。
左サイドからのCKに頭で合わせ見事にゴール。まぁカルバーリョがキーパーチャージしていたようにも見えましたがゴールは認められトータルスコアで逆転!! そのまま守りきって、見事逆転勝利でチェルシーがトータルスコア5-4で勝利となりました。

 バルセロナはマルケスの不在が痛かった。特に前半はケジュマン&グジョンセンにポストプレイされていたし、簡単にショートカウンターをやらせすぎたというのが敗因の1つでしょう。まぁジュリがいないのも同様だったかもしれませんし、この日は選手のコンディションも悪そうな感じに見えた。

 対するチェルシー。ジョーコールがキレキレでした。まぁファンブロスクフォルストがいまいちだった
こともあると思いますが、シュートにパスにと絶好調という感じでした。守備もよかった。この試合のMVPは彼でしょう。

 そして最後にモウリーニョ。やはりこの人すごいです。カンプノウでの「引きこもり」はやっぱ作戦だったのでしょう。「ホーム&アウェイ」そして、その2つの試合をさらに「前半後半」の2つのセクションに分けて全部で「4つのターン」で考えたかのような試合運びがうまかったのではと思う次第です。
カンプノウでの前半は「アウェーゴール」、後半は「引きこもり」。そしてスタンフォードブリッジでの前半は「逆襲」、後半は「勝負&フィニッシュ」という試合展開は、まさに「起・承・転・結」という感じ。まぁ結果論ではありますが、モウリーニョの描いたとおりの展開となって勝ったといっても過言ではないでしょう。まぁこういう一発勝負にほんと強いですこの人。あ、あとマクシロペス対策としてフートを投入したのはさすが。

信条とする「ポゼッションサッカー」を捨てあくまで勝利という「結果」を求めたモウリーニョ。
一方、自分たちのサッカーにこだわってアウェイでも「ポゼッションサッカー」で挑んできたライカールト。まぁ最後はその差がでたような気もしますが、ほんといい勝負でした。
 ありがとう、バルセロナ。ありがとうチェルシー。
 見た後、勢いで書いたので文章がひどいかもしれませんが、まぁいいや。
 人気blogランキングへ



 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0