セリエA「レッジーナVSパルマ」  パルマの守備と中村の交代

レッジーナvsパルマ戦。レッジーナより残留争い中パルマの方が気になって試合を見たのですが、引いて守ってカウンターという作戦がはまったパルマの作戦勝ち。負けたリジッーナはこれで4連敗ですか? 残留に向けて雲行きが怪しくなってきた感じでしょうか?

 試合は前半にパルマが先制。ワントップのジラルディ-ノがペナルティエリア内で相手DF3人に囲まれながらもボールをキープ。マークが外れて右サイドでフリーになったモルフェオにスルーパスが通りキーパーと一対一。そのままキーパーをかわしてゴール。ジラルディーノに3人マークをつけて
もパスを出させてしまったレッジーナDFの甘さが致命的でした。というか3人つけるよりも、1人はモルフェオのチェックすべきだったような。後半早々、またしてもモルフェオに決められて2-0とされた
レジッーナでしたが、すぐさまPKを「もらって」1点返します。ですが、ここで踏ん張れないのが今のレッジーナ。モルフェオのスルーパスに3列目からシンプリシオが反応し、レッジーナのオフサイドトラップ崩れをついてゴール。この日3点目のこのゴールで万事休す。そのままパルマが守りきり3-1で勝利し、アウェイで貴重な勝ち点3をゲットしたという試合でした。

 ■レッジーナ…後半FWボッリエッロ投入は納得。で、その代償としての中村の交代は…!?

 中村は前半で交代となったレッジーナですが、その采配自体はよかったと思います。ただこれは「中村を下げた」というよりも「FWボッリエッロを投入」してボナッツォーリと2トップにしたことがよかったという意味。スタート時はボナッツォーリのワントップに中村&コルッチの2列目という布陣で臨んだレッジーナでしたが、ゴール前中央で基点が作れず攻め倦んでました。この日、相手のパルマは
3バックで中央の守りを固め、ジラルディーノ&モルフェオ以外は引いて守るという守備的な布陣で
した。それに対してレッジーナは前半、とにかくサイドから攻撃を仕掛けようとしてました。特に中村と
反対の右サイドから。メスト&マエストリ&コルッチなどのコンビなどからサイドて数的有利な状況を
作り出して、ゴール前のボナッツォーリに合わせる攻撃。確かにサイドからの攻撃は有効だとは思いますが、そればかりだと相手にも読まれ単調な攻撃となり「引いた相手は崩せない」というもの。
 ワントップのボナッツォーリにクサビのパスを預けて、一度DFを中央に縛らせてからサイドを攻撃するとか、単純にサイドからゴール前にセンタリングをあげないで、中盤に一度ボールを返してミドルシュートを打つとかいう「攻撃のバリエーション」がもっと必要というふうに見えました。ただ、ボナッツォーリのワントップだと、相手に厳しくマークされているので「なかなかクサビのパスを出せない」。
 
 ワントップでは「起点」を作るのが厳しい、なので2トップにしてもう少し「中央に基点を作る」ということは、確かにこの日のレッジーナには必要だったと思いました。

 ただ、FWボッリエッロに投入に際して中村アウトとなってしまったのは、なんとなく解るが正直悲しいです。確かに中村は消えている時間も多かったしミスもありましたが、一番見てて感じたのが「相手DFに対して脅威となってない」ということ。もっと積極的にゴール前に上がったり、ミドルシュートを打ったりしないと怖くないよなぁって。言い方は悪いですが、もっと攻撃時にはエゴイスティックなプレイしてもいいのになんて思ってしまうんですよね(まぁコルッチもそれほどよくなったですが)。中村はFKの精度と、中盤のパス展開力はうまいと思いますが、もっとFW的なと言いますか「ゴールに絡むような」プレイをしないと、「こういう引いた相手」の時に「攻撃が停滞してしまうと」交代させられるのだろうなって思いました。

 ■パルマ-守備がよくなったのはオリーベ効果? モルフェオがよかった 

 対するパルマ。守備がよくなったと思ったら、元ペルージャ&ボローニャの中盤で活躍したオリーベがこの冬に入ったんですね。まぁオリーベ1人が入ったからというわけではないと思いますが、
中盤のチェックが以前よりも激しくなったようにも感じました。またこの日は守備的に引いて守って
少ないチャンスをものにして勝利という、カルミニャーニ監督の作戦勝ちという感じでしたが、以前なら守りきれずにもっと失点していたと思うんですよね。レッジーナの拙攻に助けられた感じもしますが、オリーベ&ボラーニョの中盤の守備と、3バックが機能した結果だと思います。攻撃ではジラルディーノがやはり利いてましたが、この日は2得点のモルフェオがよかった。うまくワントップのジラルディーノと絡めていたと思うし、攻撃面での状況判断が抜群でした。この選手、怪我が少なければもっと活躍できると思うんですが…。ジラルディーノとあわせてモルフェオが活躍できるかどうかが、パルマ残留のカギとなるような気がしました。

 最後に後半に途中交代ではいったブレシアーノですが、入って15分で2枚のイエローで退場。まぁ確かにブレシアーノが軽率だったとは思いますが、個人的には審判の判定に疑問。どちらも悪質なファウルには見えなかったし、退場にさせるようなファウルでもなかったと思う次第です。レッジーナにPKを与えたジャッジも「?」だったのですが、まぁホームに有利に吹くとかあるんでしょうが、偏りすぎのフエは見てて不快ですね。
人気blogランキングへ