チャンピオンズリーグ「リバプールVSユベントス」第1戦プレビュー  機運はリバプール? 

 いよいよ、チャンピオンズリーグ準々決勝です。
 明朝の注目の一戦は、個人的にはやはり「リバプールVSユベントス」です。実力的に考えるとユベントスが有利と思っているのですが、何が起こるのかわからないのがサッカーのおもしろさ。もちろんリバプールにも勝機はあると思います。ちょっとした運やツキ、出来事などが「勝敗のカギを握る」こともあるわけですが、リバプールの方に「神風」みたいなものが吹いている気もします。

> 9年ぶりの欧州制覇をめざすユヴェントスは、ローマ法王死去のため週末のリーグ戦が延
>期となり、これが17日ぶりの公式戦。レアル・マドリーとのセカンドレグで勝利の立役者となっ
>たトレゼゲとサライェタがともにケガで先発から外れる可能性が高いのは痛いが、何よりネド
>ヴェドが待望の復帰を果たすのが心強い。カペッロ監督はネドヴェド不在の間、3トップを採り
>入れるなどやりくりに苦心していたが、司令塔の復活でユーヴェ本来の形を取り戻すことが
>期待されている。
http://sports.yahoo.co.jp/soccer/wld/headlines/ism/20050405/spo/13102300_ism_00000060.html

 ローマ法生死去のため先週末のセリエAが延期となりましたが、カペッロ的には試合をしたかった
ことでしょう。なぜかというと、先週末にネドベドを復帰させ、状態を見たかっただろうからです。
 レアルマドリーとのファーストレグの時も、ぶっつけ本番でスタメン復帰したネドベド。不運にも再度怪我で離脱となってしまいましたが、そのレアル戦はコンディション的にもイマイチという感じでした。
 やはり「試合感の問題」や「コンディションの問題」ってあると思うんですよね。まぁ個人差はあるにせよ、いきなり復帰して100%の力で90分できる人って、そうはいない。というわけでカペッロ的には先週末に試合に少しでも出して、このリバプール戦を迎えたかったハズなんですよね。マドリー戦と同様、ネドベドをいきなりスタメンでリバプール戦に起用するのかどうか? これが一番の注目点です。あと、上ではトレセゲとサラジェタがケガとありますが、どうなんでしょう? ネドベド復帰なら4-4-2で「ズラタン&デルピエロ」の2トップ。ネドベド温存なら4-3-3で「ズラタン&デルピエロ&サオリベイラ?」の3トップというところか。 

> 対するリヴァプールは、前所属チームでCLに出場しているモリエンテスが規定により出場
>が認められないため、バロシュとルイス・ガルシアが前線でコンビを組む。バロシュは先月20
>日のエヴァートン戦で退場処分となるなど、精神面のムラを心配する向きもあるが、ベニテ
>ス監督は「あの試合のあと、ミラン(バロシュ)と話し合った。そのとき彼は、チームのために
>もサポーターのためにもユヴェントス戦にベストを尽くすと言ってくれた」と話し、重要な一
>戦に向け、チーム内も一丸となっていることを明かしている。リヴァプールでは長期離脱中
>のMFハマンに加え、GKデュデクとDFヒーピアのコンディションが心配されていたが、このふ
>たりはなんとか間に合い、先発に名を連ねる見込み。

 バロシュは軽い怪我で出場が微妙なんて噂もありますが、問題ないなら先発でしょう。今シーズンのリバプールは「ホームで強く、アウェイで弱い」という印象がありますので、ホームでの第一戦はなんとか攻撃陣に奮起してもらい勝っておきたいところですが…。問題はその攻撃陣よりもやはり守備でしょうか? GKデュデクとDFヒーピアが戻るみたいですが、この試合のリバプールのキーマンはこの2人だと思ってます。たぶんこの試合ボールポゼッションはリバプールが上回り、攻めるリバプールと、守備からシュートカウンターを狙うユベントスという展開になるのではと思っているのですが、ヒーピア&デュデクがいかにそのカウンターをケアできるかがリバプール的にはポイントです。
 あとカウンターのみならず、ユベントスにはロングボールからズラタンのポストプレイを起点にした攻撃もあります。どちらにせよ「ズラタンに仕事をさせないこと」がポイントとなりそうです。

 攻撃では両サイドがポイントでしょう。リーセ&ヌニュスもしくはルイスガルシアが、それくらいユーベのサイドバックのゼビナ&ザンブロッタに一対一で勝てるのか? もしくはサイドチェンジして左右に揺さぶってフリーにすることができるのか? この両サイドからの攻撃と、ジェラードの攻撃参加&ミドルシュートが打てれば、かなりチャンスは生まれると思うのですが…。
 もちろん、ユベントスの堅い守りはそう簡単には崩せないと思います。テュラム&カンナバーロの両センターバックは堅いですし、GKのブッフォンもいます。中盤にはエメルソンもいます。なので、
チャンスはそれほどないかもしれませんが、逆言えば絶対に「チャンスがゼロ」ということはありません。
 数少ないチャンスをいかにモノに出来るのか? リバプールがこの試合に勝つために必要なことはコレでしょう。要はバロシュが、「チェコ代表」でのような決定力をもったバロシュになれるのかってことでしょうかね? 
 
 冒頭で勝負には運も必要と言いましたが、ローマ法王死去によるセリエA延期という事件がやっぱり気になるんですよね。天の神様は、リバプールを応戦しているのではないかって。
人気blogランキングへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0