セリエA残留争いを整理! フィオレンティーナの残留できる確率は!?

フィオ、最終戦に勝てば91.3%の確立で残留

22日の対ラツィオ戦で引き分けB降格が現実味を帯びてきたフィオレンティーナだが、A残留の確立はまだまだ高いという。もちろん、それにはホームで行われる最終戦、対ブレッシャ戦に勝つことが絶対条件。この試合に勝てば、フィオは勝ち点を42に伸ばし、この時点で今節降格が確定したアタランタに続き、41ポイントブレッシャのB降格決定。従い、降格枠3つのうち2つが埋まるわけだが、その場合に考えられる81パターンの結果のうち実に74パターンまでが、フィオレンティーナA残留を示しているという。つまり、最終戦に勝った場合、フィオは91.3%の確立でA残留を果たせる計算だ。なお残りの2パターンはB降格、6パターンは決定戦を強いられる。http://mpw2.plala.or.jp/cgi-bin/bravo/dnmemo/dnmemo.cgi

上の引用は 「BRAVO! SERIEA」というサイトからですが、ここによるとフィオレンティーナの残留の確率は91.3%だと言う事。ってこの数字ですが、あくまでも最終戦に勝ったならばの話。つまり最終戦に勝っても、なお降格する可能性があるくらい「降格の危機」の状態にフィオレンティーナがいるということです。

セリエAの残留争いは、近年まれに見る熾烈な争いとなってます。が、正直、最近のセリエAの試合はあまり試合を見てません。日本人選手が所属するチームに関しては、まったくノーマークという感じです。特にフィオレンティーナ。中田が出てないからというのもありますが、まぁ仮に出ていたにせよ、このチームのサッカーは正直おもしろいと思えないんですよね。まぁ、あまり試合見てないのにおもしろい、おもしろくない言うのもなんですが。あと、個人的に週末にサッカー観戦に要することができる時間が無限にある身ではないので、プレミア見るので手一杯だったということもありましたが。

そんな話はどうでもいいとして、フィオレンティーナです。結局、監督を2回もい変えましたけど、ダメだったということでしょう。特に今監督しているゾフが期待はずれだったというところでしょうか? そもそも冬にボジノフとドナデルを獲得していた時点で疑問だったわけですが、まぁ不安的中といいますか予想通りといいますか(笑)。とはいえ、まさかフィオレンティーナが残留争いを最終節まで繰り広げることになろうとは夢にも思ってませんでしだ。2月にパルマとの戦いを制したときは、パルマはもしかしたら残留はやばいかもしれないがフィオレンティーナの残留は堅いだろうと思っていたのですが…。やはりサッカーは最後までわからないってことですね。

さて、その最終戦までもつれたセリエA残留争いですが、正直わけわかんない状態です。勝ち点44のリボルノまでは残留決定(?)で、最下位アタランタは降格決定みたいですが…。残り降格する2チームが「ラツィオ、レッチェ、レジーナ、キエボ、ボローニャ、ブレシア、パルマ、シエナ、フィオレンティーナ」の9チームから決まるということなんでしょうか? 

次節インテル戦(アウエー)は、引き分け以上で残留が決まる。負けた場合も、ほかのクラブの結果次第で降格を回避できる。20チーム中下位3チームが2部落ちするセリエAで、レジーナが下位2チームに入る可能性はゼロ。最悪のケースは、シエナとのプレーオフ(14、18日)に持ち込まれる場合になる。日刊スポーツ5月13日http://www.nikkansports.com/ns/soccer/p-sc-tp0-050523-0010.html

勝ち点43のラツィオ、レッチェ、レジーナは最悪プレーオフの可能性ありということみたいで比較的、安泰な様子みたいですが、まだ残留決定してないことには変わりはないということです。現時点の勝ち点から単純に考えると、勝ち点39のフィオレンティーナ、勝ち点40のシエナが一番ヤバイですが、勝ち点42キエーボ、勝ち点41のボローニャ、ブレシア、パルマもここまで来るとあまり大差なくヤバイと思えます。まぁ結局のところプレミアリーグでもそうでしたが、この時点で残留が決まってなければ、どこも危うさはいっしょなわけです。そして残留争いしているクラブは「最終戦に負けるということ」は、かなりの確率で降格につながると考えていいのでしょう。プレミアリーグでは最終戦に勝利したウェストブロムが残留してます。さてその気になる最首戦ですが、以下のように予定されてます。

■シエナ - アタランタ ■フィオレンティーナ - ブレシア ■ユベントス - カリアリ■ローマ - キエボ■パレルモ - ラツィオ ■メッシーナ - リボルノ ■ウイディネーゼ - ACミラン ■レッチェ - パルマ ■インテル - レジーナ ■ボローニャ - サンプドリア

ガチンコ試合は、直接対決となる「フィオレンティーナVSブレシア」、「レッチェVSパルマ」、あとカップ戦出場枠の争いがらみで「ボローニャ-サンプドリア」あたりでしょうか? この3試合は、たぶんすごい試合になると思われます。特に注目はやはり「フィオレンティーナVSブレシア」でしょうか? まぁ中田英が出るかどうかわかりませんが、そういえば中田はペル―ジャ一年目に、やはり最終戦まで残留争いを演じたことがありましたっけ? その時は確か対戦相手がミランで
、ミランはスクデットがかかっていた試合だったような。でペルージャは試合には負けたけど、他のチームの関係で残留出。そこから中田のセリエAでのサッカー人生が始まったわけですが、そこから数えて6年目の最終戦にまたまた試練が待っているというわけです。ここで残留できる降格となるか
は、中田英のサッカー人生に大きな影響を及ぼす気もします。
 個人的にはフィオレンティーナはどうでもよくて、パルマの残留を願ってますが…。プレミア残留争いの時も同じようなこと言っていて贔屓のサウザンプトンが降格してしまったんですよね(笑)。
なにはともあれ、セリエA最終戦はおもしろそうだと言うことです。
人気blogランキングへ
週刊ブログランキング