UEFAチャンピオンズリーグ・グループリーグ組み合わせ決定! チェルシーとリバプールについて

 チャンピオンズリーグのグループステージ組み合わせが決定しました。我がチェルシーはグループG。リバプール、アンデルレヒト、ベティスと同組です。うーーんリバプールですか。なんともはや。昨シーズン、リバプールとチェルシーはプレミアリーグで2回、カーリングカップ決勝、CL準決勝で2回と合計5回も戦ったわけですが、また今シーズンもリバプールと4回も5回も戦うことになるのかと思うと、もうお腹いっぱいって感じもするわけで。まぁグループから2チームが決勝トーナメントに抜けれるので、リバプールとチェルシーが仲良く突破できれば、それはそれでOKなんですけど…アンデルリヒト&ベティスだって簡単な相手ではないわけで。特にベティス。モナコとのCL予備戦を録画しておいたのでこのたび急遽見ましたが、まぁ不気味な存在ではあります。ということでベティスについてちょいと。

■CL予備戦のベティス攻撃陣を考察! オリベイラってこんないい選手でしたっけ?

モナコとの試合を見る限り守備陣はそれほどいいとは思いませんでしたが、攻撃陣はちょいと要注意と感じました。ワントップはリカルドオリベイラ。モナコ戦は2ゴールとMVP級の働きをしていましたが、バレンシア時代のひ弱なイメージを持っていた私的には、「あれっ?こんなフィジカル強かった? 個人技あった?」って感じでした。まぁよく考えたらバレンシア時代もそれほど見ていたわけではないんで、もともといい選手だったのかもしれませんけどチェルシー的には要注意人物です。

■チェルシー移籍の噂があったホアキンはやっぱ脅威?

ウイングはおなじみホアキンとエドゥ(元セルタ)。スペインのクラブ特有の両サイドにウイングを配した攻撃スタイルのベティスは、やっぱこの2人がキープレイヤーでしょうか? モナコ戦ではホアキンはそれほど目立ってませんでしたが、もしかしたら一時期に比べるとスピードが落ちていたりするのでしょうか? チェルシーやレアルマドリーへの移籍が報じられたこともありましたが、今シーズンは残留? 本人的にはもう少しベティスでがんばるってことなんでしょうけど、チェルシー的にはもうそのポジションはいりませんって感じなわけです。まぁ対チェルシー戦で「アピールできれば」、ふたたびモウリーニョの目に留まる可能性も無きにしもあらずですけど。ダフ、ロッベン、SWP、ジョーコールのが実力が上でしょう。たぶん。

■ブラジル人のウインガーエデゥも怖いが、彼よりも要注意はシスコとリベラかな?

あとエドゥ。ブラジルではありがちな名前なので、どのエドゥ?ってお思いの方もいるかもしれませんが、元セルタのウイングしていたエドゥです。この選手のドリブルは要注意ですが、モナコ戦ではけっこうFWのオリベイラやシスコとポジションチェンジしていたんで、そういう動きにも注意したいですね。そのシスコっていう選手はバレンシアから移籍した選手みたいですが、あんまり覚えがないんですよね。モナコ戦を見る限りは、テクニックとスピードがあって「チャンスメイカー」となっていました。ポジションはセカンドトップ? 1点目もこの選手がのクロスからオリベイラのヘッドだったわけですが、エドゥよりもこの選手の方が怖いかもしれません。
 中盤。モナコ戦はおなじみアスンソンとリベラって選手でしたが、このリベラって選手は攻撃の基点となってました。中盤から両ウイングへのロングパスはタイミングもよく正確。レジスタって感じでしたが、チェルシー的にはこのリベラを自由にさせないってことがポイントとなるかもしれませんね。

■チェルシーとリバプールにとって、ベティス戦がグループルーグ突破のカギ!?

以上ベティスの攻撃陣について。まぁチェルシーがベティスと対戦するは10月のCL第3節なのでまだまだ先の話ですが、チェルシーにせよリバプールにせよこのベティス戦の結果がグループリーグ突破のカギとなることは間違いないと思うので注目したいですね。ちなみにモナコ戦は出てなかったですが、ミゲルアンヘルっていう守備的MFがいるみたいで、チェルシー的には攻撃陣よりもこの選手を中心とした「ベティスの中盤の守備」をいかにして突破するかってのがポイントになるかもしれません。モナコ戦でも前線からのプレッシングは得意としているみたいでしたしね。

■チェルシーの理想はグループ首位独走! ここでリバプールを苦しめることができれば…

先ほどリバプールと仲良くグループリーグ突破できればなんて書きましたが、本音は違います。理想はチェルシーがスタートから4戦全勝でグループリーグを早々に決め、リバプールとベティスで2位争いをしてグループリーグの最終節までもつれるって展開なわけです。12月6日にリバプール対チェルシー戦が予定されてますが、この日までにもしリバプールがグループリーグ突破を決めてなければ大変ですよ、リバプールは! なぜって? そのあとすぐに世界クラブ選手権が控えているからです。そうです欧州王者のリバプールは12月の10日過ぎに日本に来て「世界クラブ選手権」をこなすスケジューリングが組まれているわけです。予定では12月15日に準決勝、勝てば18日に決勝となってますが、さすがに10日のプレミアリーグのボロ戦は後日になるんでしょうけど、12月6日にCLチェルシー戦、東京に移動して15日&18日に「世界クラブ選手権」、イングランドに戻って26日にフルアム、28日にボルトン、31日にWBA、2日にまたボルトンって「選手は死んでしまいますよ」ってスケジュールが用意されてます。しかもその世界クラブ選手権に出るために延期されるボロ戦&サンダーランド戦は1月か2月のどこか隙間を縫って組み込まれるのでしょうけど、いつやるんでしょうか?? まぁスケジュールに関してはCLや世界クラブ選手権を考慮して多少変化する可能性はあるんでしょうけど、そんなに劇的に過密日程が改善されるわけはないわけです。

■12月6日のチェルシーVSリバプール戦は、どちらの「チームにとって消化試合となるのか? これが重要

ということでリバプールとしては12月6日のチェルシー戦は、できることなら消化試合にして主力メンバーは温存したいところなんでしょうけど、逆にチェルシー的にはCLグループリーグでリバプールを苦しめて12月に主力を温存させにようにところなわけです。まぁリバプール的にはいざとなたっら、世界クラブ選手権という「極東ツアー」に2軍を参加させるのかもしれませんが、そうしたらそうしたでFIFAのお偉方が「主力を出すのは義務」って言うんでしょうねぇ(笑)。まぁ、これはあくまでもチェルシーにとっての理想的な展開なわけで、逆にチェルシーが2位争いに巻き込まれる可能性もあるわけですけどね。しっかし12月のスケジュールはキツイです。これにFA杯とカーリング杯が加わるとなると…???? ほんと週に2試合は当たり前の世界ですな。

人気blogランキングへ
週刊ブログランキング
↑読んでおもしろかった人はクリック願います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0