セリエA「ユベントス対インテル」雑感  セットプレイの守備と、今シーズンのユベントス

セットプレイからの失点はミスを無くせば防げるのか? それとも!?

「ゴールの場面での個別のミスについて話をしなければならないとすれば、1点目はシュートが放たれる瞬間に少し気を抜いてしまったということだけ言いたい。ディフェンスはあそこでは常に注意していなければならない。2点目は間違いなく誰かがミスを犯した。ボールはマルティンスとフィーゴの間を通り過ぎていった。ボールが壁の間を通るのはミスがあるからだ」
http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=worldsoccer&a=20051003-00000019-spnavi-spo

イタリアダービー「インテル対ユベントス」。ユベントスがFKから2得点して勝ったわけですが、こういうビッグゲームではセットプレイがポイントとなるのは言うまでもないところ。決めたトレセゲとネドベドを褒めるべきなんでしょうが、マンチーニが言うところの「セットプレイ時のインテルの守備のミス」ってのはやっぱあったと思うんです。
 セットプレイ時の守備ってのは、難しいことろはあると思います。昨シーズンの話になりますが、チェルシーがアーセナルのアンリに「壁の作りかけの最中」に蹴られて、ゴールを許したことがありました。審判のフエの吹き方が怪しいところもありましたが、チェルシーの守備陣が集中力を切らしていたのも事実だったわけです。ただ、あのFKを決められて以来、FK時のチェルシーの守備では壁が出来るまでにボールの近くに人を立たせて「蹴らせないように」してます。つまり気を抜かないようになったということです。
 まぁこれはあくまで1つの例ですが、FK時に相手にスキを見せない&相手のいやがるような守備をするというのは重要なことだと思う次第です。もちろん露骨な「いやがらせ守備」はイエローの対象となるので注意ですが、「視覚的」にも「精神的」にも相手に自由に簡単にFKをさせないってことは重要だと思うんですよね。蹴るのは人間ですので、プレッシャーや障害が多いほど失敗する可能性は高いわけですからね。もちろん、そんなプレッシャーなんてかけても意味の無いスーパープレイヤーはたくさんいます。相手にスキを見せない守備をしても決められてしまう「お手上げ状態」のFKだってあると思います。

防げないゴールはしかたがないですが、守備のやり方次第で防げるゴールもあるってことです。

 壁の間をボールを通らせるのは壁の作り方のミスであって、修正すれば防げるわけです。まぁネドベドのシュートは「防ぎようのないもの」だったように個人的には見えましたが、GKがブッフォンなら止めることができたような気もしますが…、どうなんでしょう?

ユベントスは強いです。ヴィエラとエメルソンの中盤とテュラムとカンナバーロの守備の魔方陣は手ごわい!?

ってことで、セットプレイの守備のミスから敗れたインテルでしたが、結局はゴール近くの危ない位置でファウルを犯してユーベにFKを与えてしまったのが敗因だったということでしょう。で、なんでファウルしたかと言えば、インテルのDFがイブラヒモビッチ(とトレセゲ)をファウルしないと止められなかったからなんですよね。
 まぁファウルでしか止められなかったと考えるよりも、ファウルで「止めることができた」と考える方が適当なのかもしれませんが。
 結局は「イブラヒモビッチに放り込んで、前線で基点を作れなくても最悪ファウルもらえればOK」というカペッロの戦略がはまったということなんでしょう。
 ユベントスはやっぱ強いです。昨シーズンのサッカーの延長線上ですが、ますます熟成した感がしました。カペッロは流石です(デルピエロを使わないなんて、もうサプライズでもなんでもないですからね)。ヴィエラとエメルソンの中盤とテュラムとカンナバーロの守備の魔方陣は「めちゃめちゃ堅い」と感じました。特にヴェエラとエメルソンの中盤は、下手な「3ハーフ」よりも強力!? まぁこのチーム、怖いのは怪我とセリエAの過密日程だけでしょうが、チェルシーとしてはCLではなるべく当たりたくないですね。まぁそう思っていると当たるんでしょうが、ってまだグループリーグの最中ですね。失礼。
 インテルについては、先日マンチーニのサッカースタイルについて書きましたが、力負けしたという感じでしょうか? ベロンが出れなかったのが痛かったようにも思えましたし、アウェーの割にはあまりに正直に戦いすぎた気もしました。イブラヒモビッチ対策をもっと徹底して戦うべきだったようにも思えましたが、マンチーニは「点の取り合いで勝てる」って思っていたのでしょうか? 
 まぁ、まだシーズン始まったばかりです。個人的に今シーズンのインテルは「あまり勝ち点を取りこぼさない」ように思ってますんで、これからの巻き返しも十分にあると思うのですが…。果たして?

人気blogランキングへ
週刊ブログランキング
↑読んでおもしろかった人はクリック願います。