祝・チェルシー祭(笑)! CLはまたバルセロナだ! 週末はロンドンダービーだ!

■PART1:バルセロナ:昨シーズンに引き続きCL決勝トーナメントで激突決定

「またか!」って、ちょびっとは思いました。
でもすぐに、まぁ望むところじゃんって思えてきました。
相手はリベンジを狙う? なら返り討ちにしてやる! ガハハハハ!
ついでにクライフvsモウリーニョ論争も片付けちゃいましょう! イヤッホーイ!

昨年に引き続き、チェルシーのCL決勝トーナメント1回戦の相手はバルセロナとなりました。UEFAの陰謀か単なる偶然かわかりませんが、兎にも角にも「因縁の対決」が再び実現することになったわけです。

昨シーズンの両チームの戦いは「モウリーニョの作戦勝ち」であったと思ってます。ただ、両チームに明確な差はなかった、どちらが勝ってもおかしくない戦いであったとも思ってます。さて、今回の戦いはどういうものになるんでしょうか?

今から非常に楽しみですが、この試合の予想・展望についてはまた後日にでも書かせていただきます。

ただ現時点でいえることは、チェルシー的にエシエンが出れないのは痛いってことです。特にカンプノウで第2戦の試合。モウリーニョは彼の代役をどうするのか? ジェレミに賭けるのか、それとも誰かをレンタルから呼び戻すのか、それともこの冬に誰か獲るのか(笑)? モウリーニョの手腕に注目したいですね。

ちなみに昨シーズンの対戦についてはこちらに詳しく載ってますので、もしもご覧になっていないかたがいましたら参考にしてください。「引きこもりの美学」っていうのもあるわけです。

■PART2:対アーセナル:週末のプレミアリーグはロンドンダービー!

CLバルサ戦よりも、まずは今週末のロンドンダービーです。アーセナル的には絶対に負けられない戦い。チェルシー的には「勝てば、アーセナルに印籠を渡せる」戦いというところでしょうか?

ゲームのポイントはやはり「アーセナルの左サイドの攻防」でしょう。左SBのアシュリーコールを怪我で欠くアーセナルは、このポジションに不安を抱えてます。さすがにシガンは起用してこないと思いますが、チェルシー的にはアシュリーコールに比べれば左SBコロトゥレのが攻略しやすいと思う次第です。一方でアーセナルの「攻撃での左サイド」と言えばFWアンリ。「左サイド」へポジションを変えてのドリブル突破は、言うまでもなく脅威です。モウリーニョ的には、たぶんエシエンを中盤の左に擁して「アンリ対策」をしたいところでしょうが、マケレレ不在の現時点ではその可能性は低いか?

「ポゼッションから攻めるアーセナル」対「カウンターのチェルシー」という図式になると思っているのですが、チェルシー的にはドローでOK。あわよくばカウンターから点を決めて勝ち点3をもぎ取るというのがモウリーニョのシナリオか? それとも裏をかいてアーセナルのお株を奪う「ポゼッション」から真っ向勝負し、ノーガードの殴り合いを仕掛けるなんて可能性も無きにしも非ず??? 

どちらのスタイルでもいいです。個人的には「負けなければ」それでOKです

先日のオールドトラフォードでのユナイテッド戦の敗戦はやっぱめちゃめちゃ悔しかったので、負けるのだけは勘弁してもらいたい(笑)。あっ、もちろん勝つに越したことはありませんです。ハイ。
人気blogランキングへ
週刊ブログランキング
↑読んでおもしろかった人はクリック願います。