CL決勝トーナメント「チェルシー対バルセロナ第1戦」考察 「メッシー&デコ」のコンビと前線での基点!

■試合開始前:昨年と違ってバルセロナが「情報戦」を仕掛けていたのが特徴!?

負けた試合の分析をするのは辛いものがありますが、先日の大一番バルセロナ戦についてちょいと思ったところを書いていきたいと思います。こういう大一番になると、試合開始前にマスメディアを使った情報戦というものが行われるわけですが、まずはそれについて。

思い起こせば昨年の「情報戦」はチェルシーが主導権を握ってました。モウリーニョが会見で両チームのスタメンを公表し、自分のチームのスタメンについては「デタラメ(ダフが出るか出ないかについて)」を言うという作戦(笑)でしたが、今回の戦いではご存知のようにバルセロナが「情報戦」を仕掛けていたのが特徴でした。例の「芝問題」を始め「チェルシーに勝ったミドルズブラにその攻略法を聞く」というライカールト監督のコメントはこのブログでも紹介しましたが、それ以外に試合直前情報でバルセロナがシステムを「4-4-2」に変えて第1戦を戦うという報道もあったみたいです。まぁ結局はいつもどおりの「4-3-3」だったわけですが、第1戦でのメディアを巻き込んだ情報戦ではバルセロナが圧勝であったと言えるのではないでしょうか。まぁチェルシー的に昨年のフリスク問題があって「あえて、おとなしくしていた」ってことが多分に影響したと思うのですが、昨年は優等生的であったバルセロナが「情報戦」を仕掛けてきたのは興味深いところでした。こういう大一番では選手や監督の「メンタル面の状況」も試合の行方に影響を与えると思っているのですが、試合開始前の時点でバルセロナのほうが心理的に少し有利な状況であったのではないかと個人的には思う次第です。まぁあくまで推測ですし、メンタル面の優劣なんて計算できないものであるわけですがね。

■スタメン:モウリーニョの選択はベスト! バルサはわかりませんが。

で、そういう状況で試合が始まりますが、まずはスタメン。両チームともベストなチョイスであったと思います。まずチェルシーですがガセッタさんは「スタメンの選択も含めて非常にもったいない」とおっしゃっていますが、個人的にはそんなことはなくベストの選択であったと思ってます。ギャラスは怪我で離脱してましたし、エシエンは出場停止でしたし、ドログバも本調子でありませんでした。そしてマケレレ、デルオルノが怪我明けで試合感やコンディション的に不安な面もありましたが、それでもマニシェ&ジョンソンよりは「上」であったと思うので、モウリーニョの選択はベストであったと思う次第です。対するバルセロナは中盤のモッタ、左サイドバックのジオのところは他の選択肢もあった気もしますが、このあたりはふだんバルサの試合を見てないので何とも言えないというのが正直なところ。

■前半①:チェルシーから見て左、バルセロナから見て右の「サイドの攻防」がポントでした!

前半。試合前にポイントとして上げていた「バルセロナの最終ラインの高さ」ですが、立ち上がりはちょっと低め(?)くらいに見えましたが、バルサに詳しい人から見たらどうなのでしょう? まぁCLグループリーグで見た時とそう変わらないと言われればそんな気もしますが、個人的にはその時と比べても両サイドバックがそれほど高い位置を取ってないように感じました。対するチェルシーの最終ラインはいつも通り。昨年のスタンフォードブリッジでの対戦と同様というところでしょうか。

前半のポイントはチェルシーから見て左、バルセロナから見て右の「サイドの攻防」でした。前半3分にこんなシーンがありました。バルセロナがパス回しから右サイドを崩すのですが、MFデコが右サイドでボールをキープして、CBテリーとSBデルオルノの間のスペースをスルーパス。そこへ大外からWGのメッシーが走りこんでパスを受けてチェルシーのDF陣を崩すというシーンがありました。


【前半3分:デコ&メッシーの連携①】
                           ↑            ↑         
                       (スルーパス)          ↑ 
        ●カルバ-リョ  ●テリー   ↑    ●デルオルノ ○メッシー
 ●フェレイラ                   ↑ 
                   ●マケレレ  ○デコ

下手な図にするとこんな感じです。メッシー1人にやられた感のあるチェルシーDFですが、実はメッシー単独というよりも「デコ&メッシー」のコンビプレイで左サイドを崩されていたシーンが多かったんですよね。この崩しは対レアルマドリーで行ったアーセナルのそれと似ているのですが、要はデコがチェルシー最終ラインの前でボールを保持し、最終ラインの裏のスペースへパスを出して「メッシーを走らせる」という形。これがかなり利いていました。で前半18分にも同じようなコンビプレイからチェルシーDFを崩しています。SBオレゲールがボールを運んで下がってきたメッシーにパス。そこからメッシーがデコとのワンツーで、今度は外側でなく内側(センター側)をすり抜けてチェルシーの最終ラインを突破します。


【前半18分:デコ&メッシーの連携②】                                                                      ※このスペースを突破      
       ●カルバ-リョ  ●テリー     ↑   ↑
 ●フェレイラ                     ↑   ↑  
                        ○メッシー②   ↑   ●デルオルノ
                     (走ったコ-ス)↑    ↑
                        →●マケレレ  ○デコ   ●ロッベン(?)
                              (パスを受けてスルーパス)
                                    ↑ 
                                   ○メッシー①
                                  (ここからデコにパス)

このシーンでのデコの個人技はすばらしかったです。パスを受けた時点でチェルシーの数人の選手に囲まれていたのですが、ボールを奪われずに見事なボールコントロールからスルーパスを出しているのですよね。メッシーの走ったコース取り&スピードも見事でしたが、チェルシーの最終ラインの前で「基点」となっていたデコの存在&プレイがチェルシーにとってやっかいな存在であったのは言うまでもないところです。

■前半②:「デコ&メッシー」のコンビプレイは見事! 「クサビパス&前線で基点」からバルサがチャンスメイク!

ポゼッションからの崩しの場合、「タテパス=クサビパス」が非常に大きなポイントとなるわけですが、この試合の前半ではバルセロナの方が「それ」ができていたのがポイントだったように思えました。チェルシーはロッベン、ジョーコールの両ウイングのところで何度かボールが納まり、そこから「個の突破」でチャンスメイクしていたのですが、バルセロナの「デコ&メッシー」みたいな複数での崩しが、あまりできなかったのですよね。もっと言えば、これまでに何度もこのブログで指摘しているようにFWクレスポが前線でターゲットマンとして機能せず「クサビパス&前線で基点」がうまく作れなかったのが残念なところでした。まぁバルセロナの守備がよかったということもあったと思います。アンカーのエジミウソンがうまくバイタルエリアのスペースを消していたし、デコ、モッタを含めた中盤の3人の守備もよかったように思えました。前半4分にこんなシーンがありました。チェルシーの攻撃からグジョンセンが中央でボールを持ってドルブルを仕掛けたんですが、バルサの中盤3人に囲まれてボールを奪われてしまうシーンがありました。このシーンでのバルサの中盤の3人のプレッシングの連携&囲み方は見事でしたが、デコの守備は攻撃のみならず利いてました。さすがモウリーニョの申し子(?)。ポルトガル代表のエースです。


【4分:バルサの中盤の守備】
  ●オレゲール     ●プジョル   ●マルケス   ●ジオ
              ○クレスポ
                 ↓
                 ●エジミウソン
          →●デコ  ○グジョンセン  ●モッタ←

あと、前半11分にはこんなシーンが。チェルシーのデルオルノが高い位置を取って、ロッベンのフォローして突破を狙うシーンがあったんですが、バルサのメッシーが自陣まで下がって守備していたんですよね。


【前半11分:バルセロナDFのサイドの守り方】
               MF○デコ
   SB○オレゲール
WG●ロッベン
            WG○メッシー
  SB●デルオルノ    ↑
                ↑

まぁチェルシーではウイングの選手が守備に参加するのは当たり前ですが、この試合のバルセロナでもそれは同様。SB、MFのみならず、状況によってウイングの選手が自陣まで下がってしっかりと守備をしていたのが印象に残りました。よくバルセロナは攻撃的サッカーでチェルシーは守備的サッカ-とか言う人がいますが、この試合を見た限りそんなことはなく、バルセロナの守備意識もかなり高かったように見えた次第です。まぁ、そういう意味で「攻撃的、守備的」と言っているのではないかもしれませんが。

■前半③:バルセロナと対称的に、チェルシーの攻撃では「基点」が作れなかったのが痛かった…

というわけで、どちらも守備意識が高く中盤のプレッシングも激しい前半でしたが、そんな状況下でチェルシーとバルセロナの両チームの違いが明確であったのが、先程から何度も言っている「クサビパス」&「前線での基点作り」でした。チェルシーがうまく基点を作れないのに対し、バルセロナはデコとロナウジ-ニョがサイドの高い位置で基点となって、そこからワンチーやスルーパスを駆使した中央突破やサイド突破でチャンスメイクしていたのが目につきました。ちなみに最終ラインのDFマルケスなどからロナウジーニョへのロング「クサビパス」が何度か通っていたのですが、チェルシー的にはこういうクサビパスを通させないこと&逆に攻撃時にこのような「クサビパス」をきっちりと通して「前線で基点を作る」ことが課題であると改めて思ったわけです。はい。


【バルセロナ攻撃時のサイドでの基点】
               ●カルバーリョ   ●テリー
   ●フェレイラ         ○エトー            ●デルオルノ
   ○ロナウジーニョ(前線の基点)           ○デコ(基点の起点)  ○メッシー
                 
                                                                  

            ○マルケス(ロングパスで攻撃の起点) 

まぁこれも今シーズン私的にずっと言っていることなのですが、ボールが前線で収まらずに「DFの裏」を狙うプレイは相手DFに読まれやすいわけです。この試合の前半でもクレスポが何度かオフサイドになっていますが、これは結局のところ「前線で基点」が作れないためにバルサの最終ラインが簡単にラインコントロールできた結果だと思うわけです。例えば、昨シーズンのCLバルサ戦でのチェルシーの3点目のゴールを思い出していただければわかりやすいですが、あの時はケジュマンがクサビのパスを受けて、落としたボールをジョーコールが前を向いて受けてスペースへスルーパス。ダフが走りこんでゴールというものでしたが、このシーンでは「ケジュマンのポストプレイ」があったからこそ、バルセロナの最終ラインが凸凹になってスペースが生まれ、ダフが抜け出せたわけです。これがもしもケジュマンへのクサビパスがなくってジョーコール→ダフであったとした、まぁ通らなかったわけですよ。バルサのDFは凸凹にならずスペースもなく、インターセプトされていたことでしょう。ちなみに、この試合の前半終了間際にグジョンセンが中央センターサークル付近でインターセプトして、そのまま前線中央のロッベンへスルーパスを狙うシーンがあったのですが、バルサのDFにインターセプトされます。このシーンがもし前線で基点を作ったあとのプレイであったら、バルサの最終ラインにスペースが生まれ、パスが通っていた気がするんですが…はたして!?


【前線での基点とスペースの関係】
  ※ここにスペース
                 ●DF   ●DF       ● SB

     ●SB              ○ここでFWが基点       ※こんなところにスペース 

なんか試合とはかけ離れた内容になっていますが、引き続き後半。

■後半①:ドログバ投入でチェルシーの攻撃が変化!? バルセロナDFを崩す「1つの絶対的な形」はこれ!?

デルオルノが退場となって数的不利な状況となったチェルシーはドログバを投入。これで攻撃の形が少しできるようになります。まず後半開始早々こんなシーンがありました。カルバ-リョが最終ラインから前線のドログバへロングフィード。このボールをドログバがポストしてロッベンへ。ロッベンが前線でキープして左サイドバックのフェレイラがオーバーラップしてセンタリング。ドログバが詰めますが、惜しくもゴールにはなりませんでした。


【後半開始:ドログバのポストからフェレイラの攻撃参加】
  ○フェレイラ     
   ↑
   ↑            ●プジョル     ●マルケス
   ↑
  (攻撃参加)    ○ロッベン   ←○ドログバ(基点)
           (スルーパス)


                        ↑
                      (ロングパス)
                        ↑
                       ○カルバーリョ
こんな感じで、ターゲットマンであるドログバが入りさっそく「クサビパス」から前線で基点を作った攻撃が機能します(笑)。ゴールにはなりませんでしたが「形」は見えたという感じでしょうか。さらに46分にも同じような「形」から崩します。マケレレからクサビパスをドログバがもらって基点となり、そこからランパ-ドがロッベンへスルーパス。ロッベンがサイドを抜け出してシュートを放つも枠を捉えずまたしてもゴールを奪えません。
【後半46分:ドログバのポストからロッベンのシュート】
      ○ロッベン
      ↑
      ↑    ●オレゲール     ●プジョル     ●マルケス
      ↑                  ○ドログバ(基点)

                    ○ランパ-ド(スルーパス) 

ドログバがポストして落としたボールをランパード→ロッベンと渡ってシュートまで持っていったわけですが、この「クサビパス」→「基点」→「スルーパス」→「最終ライン突破」という形。人は違いますが、昨年のホームでの3点目と同じ形でした。要は最終ラインがある程度高い相手には、相手の最終ラインの前で一度「基点」を作り、そこから仕掛けるのが有効だというのはポゼッションからの攻撃であろうとカウンターからであろうと一緒ということです。もちろん「基点」がすべてではないし、それができなくてもゴールはできると思いますが、バルセロナDFを崩す「1つの絶対的な形」はこれであるのは間違いないところでしょう。まぁこれはバルサに限らず、どんな相手に対しても有効な攻撃というか「必要な攻撃」なわけですがね。

■後半②:ライカールトの選手交代が的中!? 「4-2-3-1」へのシステム変更が功を奏す!?

そんなわけで、ドログバ投入で「形」ができてきたチェルシーですが、意外な型から先制点を上げます。FKからモッタのオウンゴール。まぁこれはラッキ-の一言でしたが、ランパードのキックの狙いどころがよかったというところでしょう。で、試合はここから動くことになります。ライカールトが選手交代を駆使して勝負に出ます。MFモッタに変えてFWラーション投入。結果的には数的有利な状況でのこの「ラーション投入」が功を奏するのですが、もしもデルオルノの退場がなくて11対11の状況であったら、「ラーション投入」があったのかどうかは興味深いところです。個人的には数的有利じゃなかったらライカールトはここまで「攻撃的」にしなかったと思うんですが、どうなんでしょうね。そして、この交代を機にバルサはロナウジョーニョをトップ下の「4-2-3-1」へのシステム変更となります。以下の図のようにラーション、エトー、ロナウジ-ニョ、メッシーの4人と攻撃への比重を高めたデコを絡めた5人が前線で基点となる超攻撃的な布陣とし、1人少ないチェルシーは防戦一方となってしまいます。


【後半66分:ラーション投入後のバルサフォーメーション】
                   ○ラーション
    ○エトー                            ○メッシー
             ○ロナウジ-ニョ     ○デコ      

   ○ジオ              ○エジミウソン          ○オレゲール 

            ○マルケス          ○プジョル

同点となるのは後半71分でした。FKからテリーがオウンゴール。ロナウジーニョのFKがすばらしかったとは思いましたが、まぁこれまた不運なゴールであったとしておきましょう。カルバーリョのファウルが…(以下自粛)。で、このゴールで流れはバルサになり、迎えた80分についに決勝ゴールが生まれます。カウンターからロナウジョーニョが抜け出し、左サイドでラーションが基点を作って攻撃参加してきたマルケスへバックパス。これをペナルティエリア左角からダイレクトでセンタリングして、逆サイドのエトーが高い打点で合わせてヘディングゴール。バルサの見事な攻撃でした。エトーの勝負強さがすばらしかったのは間違いないと思いますが、まぁチェルシー的にはカウンターを許したのが残念でした。しいてチェルシーの守備での苦言をするなら、ロナウジョーニョの突破を許したところですかね。あそこでなんとか止めていれば、このゴールは防げたかもしれませんが…、まぁタラレバで語ってもしかたないですね。あと、その直前にドログバがビックチャンスを迎えていて、「チェルシーが前がかり」になっていたのもポイントでした。1人少ない状況とはいえ「ホーム」で勝っておきたいという気持ちが、結果的にカウンターからの失点となってしまったというところでしょうか。ドログバが決めていればって、またタラレバになってますが(笑)、まぁTV画面で見てもわかるとおりドログバは足を負傷していて、動きがイマイチであったのですよね。「ポストプレイ」はがんばっていましたが、ゴール前の動きはイマイチでシュートの精度もありませんでした。怪我の具合がどんなものか心配ですが今のドログバには決定力がないのは確かですが、まぁモウリーニョもそれを承知でドログバを後半から投入したわけです。なので「ゴールできなかったたことは仕方が無い」と思うのですが…。単純に決定力から考えるとクレスポのほうが断然いいわけですが、もっとクレスポが「前線で基点」となれれば…。まぁこの試合では「前線で基点」となれなかったクレスポですが、先日のエバートン戦では「ポストプレイ」からアシストをしているように、そういうプレイがまったくできないというわけではありません。次の試合での奮起を期待したいですね。あと、たまたまだと思うのですが、この日の2失点はすべてチェルシーの右サイドからの、それもペナルティエリア角付近からのセンタリングから生まれたものでした。例のボロ負けしたボロ戦での失点も同様。このチェルシーから見た「右サイドから崩される攻撃」での失点が気になるんですよね。まぁこの試合に関しては「偶然」な気がしますが。最近、なんとなーくですが、もしかしたら「GKのチェフが左利きであること」が関係しているのかもって思ったりしてます。GKにもウィークポイントはあると思うのですが、…もしや!?

■総括:「前線での基点の作り方」が明暗を分けた? まぁまだ前半ですよ。

ってことで、試合はこのまま終了。バルセロナが「交代」を駆使し、勝負どころで強さを発揮して勝利しました。まぁデルオルノ退場が試合の流れをかえたのは間違いないと思いますが、何度も言いますように「前線での基点の作り方」が明暗を分けた気がします。ロナウジョーニョやデコを基点に攻め、後半はそれにラーションを加えてしっかりと「基点」を作って攻めることができたバルセロナに対し、チェルシーはクレスポがイマイチで「基点」となれずロッベン、ジョーコールも孤立してしまったのが敗因であったと思う次第です。まぁ、後半はドログバ投入で「基点」ができましたが、そのドログバはコンディションに問題があり、しかもその時は1人人数が少ない状況であったわけで、非常に厳しい戦いとなってしましました。まぁまだファーストレグが終了しただけです。この試合の後半に見せたような「前線での基点」をしっかり作った攻撃ができれば、バルセロナDF陣を崩すことも可能であると思うわけです。もちろんカウンプノウというバルセロナのホームでの戦いとなるので、厳しいのは言うまでもないことですがね。
人気blogランキングへ
週刊ブログランキング
↑読んでおもしろかったひとはクリック願います。