ジーコの後の日本代表監督は!? 「一貫性」と「結果」についての考察!

基本的にはトルシエ式のほうがいいと思う。トルシエはユース、五輪の監督も兼任したので、統一された強化ルートを作れた。ジーコになって、3世代のチームは一貫性がなくなっている。これは直したほうがいい。
 また、ベストメンバー主義のジーコ型は、本来チーム力が右肩上がりになるはずだが、実際には停滞感のほうが強かった。これはメンバーの半分が海外組だったからだ。練習時間もほとんどとれず、本当のベストチームと国内組中心のチーム、2つの別々のチームを強化する格好になってしまった。選手を固定化して熟成するはずが、現実にはそうはできなかった。テストを繰り返して一時的にベストチームを組み、またテストといったトルシエ型のチーム作りと結果的にあまり変わらない。
 ユースの段階で、A代表と直結する戦術的に完成度の高いチームモデルを作っておきたい。選手が海外へ移籍しても、日本代表のやり方がよくわかっていれば、比較的短い時間で順応できるのではないだろうか。 http://www.sponichi.co.jp/wsplus/column_n/05554.html

日本代表論です。これって要は、プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドのファーガソン監督やアーセナルのベンゲル監督みたいに、A代表監督に全権を与えて長期に渡って任せるというやり方の提案だと思うんですが、はたして代表チームでそれが可能なのでしょうかね?

言うまでもなく、ベンゲルは今でも日本とりわけ名古屋で愛情を込めて思い出される存在であり、JFA(日本サッカー協会)が日本代表監督の候補に挙げているのも至極当然だ。ベンゲルとはこれまで2度ほど話す機会があり、彼によると、日本代表監督の仕事は気に入るだろうけれど――時期尚早ということだった。日本代表監督の職はパートタイムの仕事。半ば引退した状態で受けるには良いが、まだクラブサッカーから身を引くつもりはないとベンゲルは言った。http://www.fcjapan.co.jp/mail_magazine/news/feature_view.php3?id=629&m=0

FC.JAPANのジェレミーさんはこのように書いてますが、この話が本当ならベンゲル監督はアーセナルのようなやり方は代表チームでは無理だと考えていると思うんですが、どうなんでしょう? これを踏まえて意見を言わせていただきます。結論から言いますと「強化」と「A代表の監督選び」は、必ずしも結びつけて考える必要がないと思うんですよね。たぶん西部氏の言うような代表チームの「一貫性」のイメージは、オランダ代表とか、ブラジル代表とか、アルゼンチン代表にみられるようなものだと思うんですが、その「一貫性」ってA代表の監督のスタイルによるものだけではないと思うわけです。もちろん監督の掲げる戦術の影響というのもあると思いますが、それがすべてでないと言いたいわけです。たとえばブラジル代表では4年前と今とでは監督が違います。アルゼンチンとオランダでもしかりです。で、ブラジル代表の4年間のフェリペ監督と今のパレイラ監督では「同じところ」もあれば「違うところ」もあるわけですし、アルゼンチン代表のビエルサ監督とペケルマン監督もしかり、オランダ代表のアドフォカート監督とファンバステン監督も同様であると思うんですよね。で、たぶんその「同じところ」に「代表チームにおける一貫性」というものが潜んでいる気がするんです。その「同じところ」がどこで形成されるかという答えは??? たぶん、クラブや各国のサッカー協会などにあるものだと思うんです。すなわち、必ずしもÅ代表の監督が作るものでないのではと言いたいわけです。

まとまりませんが、ここでいきなり私的な結論を! A代表と五輪&ユースをすべて1人の監督に任せるのはOKだと思います。ですが、その場合「一貫性」や「選手層」というのはニの次の問題であり、最も重要な問題は、あくまでA代表の監督として結果を出せるかどうかだと言いたいわけです。たとえばチェコ代表は4年前は日韓W杯出場を逃したわけですが、現監督のブリュックナーが就任してから強さを取り戻し「結果」を出すことに成功してます。ブリュックナーが監督就任前に「ユース世代を見ていた」ことの影響もあるとは思いますが、チェコ代表のスタイルをすべて「ブリュックナーが作った」のかと聞かれればそれ違うと思うわけです。また、お隣の韓国代表は4年前はヒディンクで「結果」を残しましたが、じゃ韓国代表のスタイルをすべてヒディンクが作ったのかといわれれば、そろもやはり違うと。繰り返し言わせていただきます。冒頭でのベンゲルが言っているように、代表チームでクラブチームみたいなやり方を行うのは簡単ではないと思うんです。そのようなことができるなら、それに越したことはないと思うんですが…。というわけで、A代表監督は、一貫性よりも結果を出せる人物にすべきである。これが私の見解です。
人気blogランキングへ
↑読んでおもしろかった人はクリック願います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0