doroguba*footballcolumn*

アクセスカウンタ

zoom RSS W杯「イタリア対オーストラリア」雑感&優勝予想!?

<<   作成日時 : 2006/06/27 21:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 7 / コメント 4

■PART@:イタリアの守備はすばらしかった!?

この試合での湯浅は、イタリアの守備に舌鼓を打っていましたよ。とても素晴らしいと思っていたのです。まず何といっても、1対1に抜群に強い。対峙した相手の次のプレイを読み透かしていると感じます。そして、スッと、相手のアクションを先読みしてボールと相手との間に身体を入れてボールを奪い返してしまうのです。また、ボールがないところでの忠実で「クレバー」なマーキングも秀逸です。  とはいっても、やはりイタリアの堅牢守備ブロックの絶対的なベースは、忠実でダイナミックなチェイス&チェック。グラウンドの至るところで、イタリア選手たちが全力ダッシュで相手を追いかけたり、ボールホルダー(次のパスレシーバー)にプレッシャーを掛けるのです。 http://www.yuasakenji-soccer.com/yuasa/html/topics_3.folder/06_wm_36.html

湯浅氏に同意です。この試合のイタリアの守備はすばらしかったと思いました。このところユーベやミランなどイタリアのクラブチームのパフォーマンスを見て、以前のような「カテナチオの精神」は消えたのかなんて思っていたんですが、そんなことはなかったみたいです。イタリアはイタリアでした。「守備の文化」を持ってます。

この試合、後半早々にマテラッティが退場となり10人での戦いを強いられるんですが、そこからの試合運びが特に見事でした。イタリアらしかった。ゴールできなくとも相手にゴールさせないサッカーへのシフトとでも言いますか。これって簡単にみえて非常に難しいんですよね。日本なんかは到底真似できない芸当だと思うんですが、攻撃的になったといわれている今回のリッピ監督率いるイタリア代表は何の違和感もなく自然にこなしてました。で、試合的には、この「カテナチオ」のイタリア対「ヒディンクの頭脳」という戦いがなかなか興味深かったんですが、ヒディンクは延長戦まで考えていたんでしょうかね? アロイージを後半80分に出しましたが、交代のカードはその1枚。90分で3枚の交代策すべてを使うことはありませんでした。対するイタリアのリッピ監督の采配。マテラッティ退場ですぐにFWトーニに代えてCBバルザーリを投入するんですが、色気を出さずにイアクインタのワントップの「カウンタースタイル」へ変更した現実的な采配は見事でした。チェコのブルックナーみたいにDFが減っても攻撃的にいって勝利を目指すやり方もあったと思うんですが、そんなリスクを冒す戦いを選択しなかったのはサスガだと思いました。ともかく優先順位は「守ること」。勝利よりも失点しないことが第一! 最悪PK戦で勝てばOK!? 守備的でつまらないと思う人もいるかもしれませんが、私はこういう現実的なサッカーも評価したいですね。で、そういうサッカーが選択出来るのも「守備に自信があるから」だと思うんですが、そのメンタリティがすごいと思ってしまうんですよね。

「いいプレイができたと思うけど、チェコ戦ほど仕事があったわけじゃない。オーストラリアにチャンスがあった時はしっかりと備えることができた。今日の試合で誰が一番良かったか決めるのは難しい。今は疲れている。こういう試合は、GKにとって神経面で死ぬほどストレスがかかる。でも、今回はゴールを奪われると思ったことは一秒たりともなかった。明らかに危ない場面はわずかだった。
 トッティがPKを蹴った時は、勇気を持って見ることができた。最高のシュートだったと思う。彼のような冷静な選手がいると分かっているから、僕も落ち着いてプレイすることができた」http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=worldsoccer&a=20060627-00000016-spnavi-spo

「ゴールを奪われると思ったことは一秒たりともなかった」とブッフォンが言ってますが、こういう自信が「カテナチオ」を作っているのかなぁなんて思ったりしてます。この自信についてはモウリーニョも何かで言ってましたが、技術技術のみならず「メンタルも重要」なのは攻撃でも守備でもいっしょですね。

で、試合は後半ロスタイムのトッティのPKで決まるわけですが、PKは厳しい判定だったなぁ。私にはファウルには見えませんでしたが、まぁあのシーンで「ドリブル勝負」したグロッソがすばらしかったというところでしょうかね? 闇雲にセンタリング上げずに勝負したからこそPKとなったわけで、そのプレイを褒めたいです。あーぁ、日本代表も初戦で駒野もグロッソみたいに勝負していれば…、って勝負して引っ掛けられたんじゃん(笑)。まぁそれは置いておいてイタリア。この勝利で波に乗りますかね? 今後の戦いに注目です。

■PARTA:優勝予想!?

コメント欄にて私の優勝予想について聞かれました。実は以前に書いたこちらの優勝予想と同じなんですが、この4チームから1つ選ぶとなると難しいですね。なんとなくイタリアの匂いがするんですが、個人的な趣味で優勝はイングランドと予想させていただきます。ポルトガルも応援しているんで、正直、次のイングランド対ポルトガル戦はどちらが勝ってもうれしいですし、どちらが負けても辛いのですが。で、現実的に考えるとアルゼンチン、ブラジルの南米勢という線も「あり」ですよね。アルゼンチンは内容もいいですし、ドイツを倒せばいけるかもしれません。ブラジルは…まぁふつうに強いでからね。開催国ドイツだって可能性はあると思いますし、スペインやフランスだって…。まぁここまできたら実力よりも「運」な気もします。ただ、その「運」をつかみとるために必要なのが「スペシャルな個」だったり「大胆な采配」だったりするんですよね。そういう選手や監督がいるチームと言えば…?
人気blogランキングへ
ブログランキングranQ
↑読んでおもしろかった人はクリック願います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(7件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
#113 イタリアvsオーストラリア 『札束がなくても勝ったアズーリ』
日本と同じグループF、2位で勝ち上がったオーストラリア。そして、グループE1位で勝ちあがったイタリア。戦前の予想に反して、オーストラリアの攻撃に翻弄されたイタリアだったが、トッティのPKで勝利を決めた。結果以上に面白いゲームだった。 ...続きを見る
◆ Football Kingdom ◆
2006/06/27 23:33
#115 負け犬の遠吠えと言う
久し振りに、試合内容に直接関係ない記事を一つ。 昨日のイタリアvsオーストラリアの試合。1−0で勝利したイタリア。ところが、オーストラリアの選手、監督は、今回のW杯ベスト16という誇るべき結果と試合内容に対して、自分達で顔に泥を塗った。 ...続きを見る
◆ Football Kingdom ◆
2006/06/27 23:35
カカは微妙でエメルソンは無理かも
今度のフランス戦はカカの回復にかかっている。 (CBF NEWS) ...続きを見る
ESPORTE
2006/06/29 10:18
ブラジルは「魚のエサ作戦」が成功している?
ロナウジーニョは本当に期待はずれなのか・・ (CBF NEWS) ...続きを見る
ESPORTE
2006/06/29 11:16
カカとエメルソンは今日の練習次第
カカとエメルソンは間に合うのか? (CBF NEWS) ...続きを見る
ESPORTE
2006/06/30 10:08
ペレの予想が当たることもある
ペレの予想はどこまで当たるのか? (左はベッケンバウアー) ...続きを見る
ESPORTE
2006/06/30 11:39
フランス戦までもう少し
フランス戦に自信あり? のパヘイラ監督 (CBF NEWS) ...続きを見る
ESPORTE
2006/07/01 10:16

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは、優勝予想ありがとうございます(^o^)
以前の予想も拝見させていただきましたが、すごい!実際に4チーム残ってますね!
私も希望的な部分では、イングランド、スペインってところなんですが、なんせ、準決勝で当たってしまうという・・・でも、今のポルトガルは、正直、好きですね。ざっくり言ってしまうと、“上手いけど勝ちきれない”印象があったんですがそれがなくなっています!

次のイングランド戦では、デコなど欠場者がいるのが唯一の不安?でも、これを越えられたら・・・って感じでしょうか。
開催国ドイツに勝てたらアルゼンチンもありますね(笑)
気が早いのですが、準決勝「イングランドvsスペイン」、「アルゼンチンvsイタリア」こんなカードが観たいです(^^ゞ
コージ
2006/06/27 22:03
フランスが悲しいほど空回り状態で、応援していたところが全滅。今一番興味のあるチームがドイツというおもいもしなかった状態です……。イタリアのあれは……とりあえずマテラッツィ一発レッドだったら日本戦で豪州の選手は半分以下になっていたことは間違えないんで、グロッソPKゲットなら駒野はPK五回だろうと。イタリアという名前で貰ったんですかね。試合追う事に審判がひどくなっていっているのには呆れます。てか、選手からもフェアプレイ精神が……
イタリアはまあ、豪州に俺たちが守りに入れば「アリが城壁を崩す」ような状態だ……という思いがあったかは知りませんが、柔道などで日本人選手から感じる「頂点の自信」みたいなものはみんな持ってるんでしょうね。落ち着いてる。
現在前監督への誹謗中傷がすごいことになってます。成長がないなと。
RR
2006/06/27 22:35
QF以降予想 一押しガーナも中途半端なオフサイドトラップで負けました。
こんな波乱の無いBEST8もねー。
独(勝):阿 独の徹底したサイドアタックにやられそう
伊(勝):烏 守りなら伊ですがCBをどうする、エースの一発次第
英(勝):葡 グタグタ・アジア杯日本状態の英、でも勝ちそう
伯:仏(勝) やはり伯の守り穴あり、ここでA社の法則発揮?(笑)
独(勝):伊 ここまできたら独でしょ。PK戦までいくか?
英:(勝)仏 あれじゃ英もこの辺で負けないと、FK合戦かな
独(勝):仏 ゲルマン魂、ここまできたら独でしょ!

>頂点の自信・・・何気に精神性(メンタリティ)が我々の一番の課題かなと思います。いわゆる自信・あるべき形への挑戦・リスクをとる勇気・高いレベルの継続性・学ぶ謙虚さ・チームへの規律・冷静な判断力・集団の相乗効果など。体力(体格ではない)とあわせ、より科学的な育成が必要か?
>現在前監督への誹謗中傷がすごいことになってます・・・Zさんはもう何もしてくれるわけでないのですから「次・次」なんですよ。負けたのは日本だし、考えるべきは自分たちのこと。
Mario
2006/06/28 08:08
>コージさんへ
スペインは残念でしたね。フランスはもともと選手はすばらしいんで、ハマれば強いです。「今のポルトガル」は私も好きですが、イングランド戦は…。
>RRさん
フランスやりましたね。ブラジル戦は厳しいでしょうが、8年前の再現と行くんでしょうか? 注目ですね。「現在前監督への誹謗中傷」は、まぁ負ければ世の中そんなものです。ただ雑誌などで手の平返しで書かれると、非常に寂しいですね。例えばSD誌とか。ジーコの「非」は多々あると思ってますが、なぜその方法論をとって、どうして「非」となったのかを考えてもらいたいです。まぁ、それは各人で行えばいいのでしょうけど。
>Marioさんへ
ドイツですか〜。アルゼンチン戦が山場ですね。「科学的」は同意です。コンディション調整も「科学的」にお願いしたいのが、モウリーニョ信者の本音です(笑)。
doroguba
2006/06/29 20:37
W杯「イタリア対オーストラリア」雑感&優勝予想!? doroguba*footballcolumn*/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる