W杯ドイツ大会 イタリア優勝という結果を受けて思うこと

マテラッツィはジダンに何を言ったんでしょうね。
ジダンの「かっとなる性格」を逆手にとって口撃したのか、それとも単なる両者の結い争いからジダンが勝手に「キレた」のかわかりませんが、マテラッツィの倒れ方をみると計算した「口撃」であったように思えたのですが、真相はどうなんでしょうねぇ?? まぁこういうプレイ以外の駆け引きみたいなものは別に珍しくもなく、アルゼンチン代表のDFアジャラとかも有名ですが、ジタンをキレさせたマテラッツィの今回の仕事に「何が何でも勝利を目指す」というイタリアサッカー=カルチョの真髄を感じたのは私だけでしょうか。カルチョの真髄とは、いわゆる内容よりも結果重視のサッカーとでも言いますか。チェルシーでのモウリーニョの仕事もそういわれているように、時に世間に「つまらない」と揶揄されたり、エンターテイメント性に欠けると非難たれたりする「勝利至上主義のサッカー」ですが、今回のW杯でのイタリア代表の戦いはそれであったと思ってます。もちろん今回のイタリア代表は、ドイツ戦で見せたような「攻撃的サッカー」な面もあったと思います。グロッソ、ザンブロッタの両サイドバックは「らしくない」感じで、何度も積極的に攻撃参加してましたし、途中交代を利用して3トップ気味の「攻撃的布陣」で戦っていたところもありました。ただ、この決勝戦の戦いぶりなどを見るとやっぱ「イタリア」だなぁって感じたんですよね。内容よりも結果にこだわるサッカーをしているなぁって。で、その「イタリア的勝利至上主義」のサッカースタイルには賛否両論あるとは思いますが、私的にはやっぱ優勝という結果を残したことに対しては評価したいですね。ジダンを退場に追い込んだマテラッツィの「仕事」も、結果重視という観点から考えればすばらしい仕事振りですし、ジダンが退場になって数的有利な状況になったあともリスクを冒さずに戦ったのも「結果重視」という観点から考えれば納得できますし評価できると思う次第です。この「何が何でも勝つ」「どんな手を尽くしても勝つ」という戦いは、簡単なようで難しいことであると思ってます。そういう文化やメンタリティがないとできないと思ってます。で、イタリアは他国と比べて、そういう「結果重視」の文化やメンタリティが抜きん出いると思いますし、そういう国民性というか文化やメンタリティがいわゆる「カテナチオ」と言われるイタリアサッカーを形成してきたような気がするわけです。まぁどんな代表チームでもクラブチームでも勝利を目指して戦うわけですが、イタリアのサッカースタイルほどそれが露骨に顕著に現われているものはないかなぁと思ったりして……。まぁ、このあたりは感覚的なものですので人によって見方は違うと思いますが、私的には今回のイタリア代表の優勝に、そのような「イタリア的な勝利至上主義」の精神を感じました。
見事、チャンピオンとなったイタリアは、今大会の上位進出国の傾向を最もよく表したチームであったといえる。すなわち、守備に重心を置きながら攻撃的であり、個々のテクニックとチームとしての調和に優れ、経験豊かな指揮官に率いられ、試合運びが巧みで、そしてモチベーションの高さと精神面での強さを維持できるチーム――今大会のベスト4は、いずれもこれらの要素を少なくとも3つは有していたはずだ。その中でも、すべての条件を満たしていて、しかも最も安定していたのがイタリアであった。換言するなら、イタリアは「心技体」の調和が最も取れていたチームだったのだと思う。 とりわけモチベーションという観点でいえば、大会直前に発覚したユベントスを中心とする八百長疑惑が、かえってチームの結束と士気を高めたといえるだろう。もちろん、ナショナルチームが優勝したからといって、疑惑の追及は続くだろう。それでも、1度は揺らぎかけたカルチョ(サッカー)に対する信頼や情熱や誇りといったものが、この24年ぶりのW杯優勝によって、大いに救われたことだけは間違いないだろう。http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/wcup/06germany/column/diary/200607/at00009867.html
<p>スポナビの宇都宮氏のコラムから。宇都宮氏はイタリアが「今大会の上位進出国の傾向を最もよく表したチーム」と表現されてます。確かにそういう見方もあると思いますが、私的にはそうではなくて今回のイタリアはいつもの「イタリアサッカー」をしただけだと思ってます。つまり「大会の傾向云々」じゃなく、イタリアは単にイタリアであったと。伝統的なカルチョのスタイルであったと思うわけです。で、この勝利至上主義のイタリアサッカー=カルチョのスタイルという点で考えてみれば、例の「ユベントスを中心とする八百長疑惑」というのも構造的には同じなのかもしれないと思ったりして(笑)。つまり、W杯優勝がいい意味での「勝利至上主義」とすると、八百長疑惑は悪い意味での「勝利至上主義」と言える気がするんですよね。極端に言えば「たとえ不正をしても勝てばいい、バレなければ何が何でも勝てばいい」というイタリア的なメンタルの元で起きてしまった側面も多分にあるのではないかと。もちろん「ユベントスというチーム」の問題であったり、「モッジという個人」の問題もあったと思いますが、結果優先主義のイタリアという国民性が生んだ不の側面であったと思うわけです。

W杯で優勝したのは「イタリア的勝利優先主義」と、ユベントスの八百長疑惑を生んだ「イタリア的勝利優先主義」!?

うまくまとまりませんが、今回のドイツW杯でのイタリアの優勝した現実は、改めて我々に「カルチョの功罪」について考える機会を与えてくれたのかもしれません。まぁ、そんな能書はどうでもいいですかね。兎にも角にもイタリア代表の優勝に惜しみない拍手をお送りしたいと思います。優勝おめでとう。

人気blogランキングへ
ブログランキングranQ
↑読んでおもしろかった人はクリック願います。


※決勝戦のちゃんとしたレビューはしませんでしたが、フランス代表についての総括、W杯の総括みたいなものは今後やるかもしれません。