doroguba*footballcolumn*

アクセスカウンタ

zoom RSS オシム日本代表についての妄想 8月6日の練習後の「オシムの言葉」で気になったこと

<<   作成日時 : 2006/08/07 22:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 4

■8月6日の練習後の「オシムの言葉」で気になったこと

「軍隊ではないので、命令を出すことを試合前にはしていない。とりわけ指示も出さない。個人でアピールするという考えは捨てろ、普段通りの力を出せとだけ伝えた」
http://www.jsgoal.jp/news/00036000/00036384.html

オシム監督のコメントからですが、こういう表現がうまいんですよね。これってたぶんジーコも同様の考えをして実行していたと思うんですが、たぶん同じ趣旨のことを言ってもオシムの方が「軍隊の例え」を入れることですごいことを言っているように思わせる&素人にもわかりやすくしているでしょうね。こういう人を納得させる話術はモウリーニョもうまいわけですが、監督にとって話術はないよりもあるほうがベターと思う次第です。まぁ監督に限らず、どんな職業であれ、人前で話す場合はうまく話せる「話術」を持っているほうがいいと思いますが…。

「みなさんはがっかりするかもしれないが、スタメンは決めていないし、決めるつもりもない。今日はたくさんのフォーメーションを試したが、相手がどういう戦術で来るのか、攻めてくるのか守ってくるのかがわからない。それを把握してから対応しなければいけない。トリニダード・トバゴは監督がオランダ人。オランダ型の攻撃サッカーをするのが普通だが、この前のワールドカップでは守備的にきていた。今回はレギュラーの半分しか来ないし、どっちでくるのか。オランダ型のサッカーか、それとも守備的なサッカーか。どっちでも対応できるように考える力、対応できる能力を身につけることが今日からのテーマだ」http://www.jsgoal.jp/news/00036000/00036384.html

とりあえずのオシムサッカーの基本的な考えは「相手の戦術に合わせて対応するサッカー」というところでしょうか? ベンゲルよりもモウリーニョの考え方に近いかもしれませんね。まぁ今年のモウリーニョがそういうサッカーをするのかわかりませんが。で、「どっちでも対応できるように考える力、対応できる能力を身につける」ということを言ってますが、これって要は相手が2トップでこちらが4バック(CB2人)なら、試合中にMFの1人がCB的な役割をして相手2トップの1人に対応して、CBの1人がリベロ的になるとかいう変更を自然にできるようにすることでしょう。まぁオシムが日本代表でどういう守備組織を作ろうとしているのかはわかりませんが。

■スポナビ宇都宮氏の「オシムジャパン初練習リポート」を読んで

常に選手に課題を与えては、自分で考え、積極的にトライさせる。先生は、決して答えを明かさない。あくまでも生徒がトライし、失敗し、試行錯誤を重ねながら正解を見つけるまで、先生は腕組みして待ち続ける……。これこそが、オシムのいう「自ら考えるサッカー」ではないか。
 一言で「選手の自主性」といっても、ただ自由を与えていればよいわけでは決してない。そこに「自ら考える」という能動性が伴わない限り、自由は野放図と同義となり、結局は選手を身勝手、怠慢、混沌へと追い込むばかりであろう。ゆえに、いくら前任者とオシムが「選手の自主性」という同じ目標を掲げているからといって、そこにチーム作りの連続性を見いだそうとするのは、いささか無理のある話であるように思える。http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/japan/column/200608/at00010152.html

宇都宮氏のコラムからですが、オシム監督だから「自ら考えるようになった」というのは、ちょっと違う気がしますけどね。私はジーコの時もトルシエの時も「選手は自ら考えていた」と思ってます。トルシエのチームでもジーコのチームでも、中田英や中村は「自ら考えていた」と普通に思うんですけどね。確かにオシムの掲げるサッカーはトルシエやジーコの時と比べて、より「自ら考えてプレイする必要」があるのかもしれないし、そういうサッカーを目指しているかもしれませんが、だからといってジーコのサッカーが「自ら考えるサッカー」でないと指摘するのは間違いな気がします。ジーコのときのほうが守備に置いて「考える方向性をまとめられなかった」と指摘するなら、私はわかりますが…。(追記)あと、8月7日の練習後のオシム監督のコメントでこういうのがありました。

「誰かがミスをしたら、それはミスだと教えてあげるためだ。練習は試合と違って何回も止められる。そのチャンスを私は生かした。試合では止められないから、修正しただけだ。じゃ、終わります」http://www.jsgoal.jp/news/00036000/00036442.html
このあたりの修正指示の仕方がオシムとジーコとの違いと言えるのかもしれませんがね。
これまで、ぶ然としたままミックスゾーンを強行突破していく選手に対して、私のみならず少なからずの同業者が、何とも苦々しい思いを抱いていた。「すみません、今日は勘弁してください」という一言でもあれば、まだこちらも納得できるのだが、それすらもない。「メディアにしゃべらないのは、格好いいこと」と勘違いしているような選手が、ごくごく少数派ながらも存在していたことは、実に残念であった。http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/japan/column/200608/at00010152.html

これに関しては、まったく持って同意です。「メディアにしゃべらないのは、格好いいことと勘違いしているような選手」も、まぁそれが個性と言えばそうとれるかもしれませんが、私はそこにかっこよさを見出せなかったんで。
人気blogランキングへ
ブログランキングranQ
↑読んでおもしろかった人はクリック願います。
悪者見参―ユーゴスラビアサッカー戦記

悪者見参―ユーゴスラビアサッカー戦記

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
オシム監督に、こんなことを言わせてはいけない
さて、いよいよ今晩、オシム監督就任後、初のサッカー日本代表のゲームとなる。 それ ...続きを見る
余は如何にして道楽達人になりしか
2006/08/09 04:32
dyla
たまに来ますのでよろしくお願いします。 ...続きを見る
dyla
2006/09/11 06:01

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
 自主性うんぬんや、走れ、考えろは「当たり前」の話で、誰がやっても抽象レベルではそうなるはず。問題はやり方の差、方法論。伯と東欧ではもう「文化」レベルの差があるでしょう。
 特に、ジーコが「急ぎすぎ」を諌めたたわけだが、どうもそれが間違った現象になってしまった。よってスピードという逆のアプローチをするのは方法として常套でしょうね。
 相手あっての相対的ゲームですから、ポゼッションとカウンタ、リアクションとアクションなど相反する要素を上手くミックスしていくのが「成長」だと思います。黄金の世代の連中は「あの世代ではとびぬけている」だけで、ずっと若い連中は全体の個人レベルは相当あがっていると思います。いろんな才能の組み合わせは楽しみですね。
 でも、インタビューで選手が「考えさせられて厳しい」なんていってるが、「お前らいつもなにやってんだ」といいたいですね。
Mario
2006/08/08 00:01
反町ジャパン、やたら好スタート。
いやあ、新潟まだまだ弱いなー…………ああいうサッカーしたかったんだろうな、ソリマチン。とにかくショートカウンターが早いし正確かつ、攻撃の形とフェニッシュがしっかり出来ててびっくり。これがワールドユースとほぼ同じメンバーとは思えん。一対一も負けてないし。絶対ハーフタイムで相手の弱点は見抜いていたと思うが。
梶山ってこんなに動く選手だった?先の楽しみが増えたよ。

しっかし、A代表は前任者が気に入らなかったと言ってくさす奴ら多いな。プロか本当に。
RR
2006/08/08 00:33
[モバイル アフィリエイト ネットワーク]
★ケータイMAXからのお知らせです!

↓ブログで【楽曲アフィリエイト】を掲載してみませんか?
http://www.ktnt.jp/?cid=ddsA
───────────────────────
【★業界初★】 個人サイトや個人ブログで着うた販売!
1曲単位で販売可能! 1曲単位で手数料がもらえます!
───────────────────────
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
↓↓貴方のブログのご参加をお待ちしております!
http://www.ktnt.jp/?cid=ddsA
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


<<<↓こちらもよろしくお願い致します!↓>>>

↓MVPブログに賞金10万円【ブログランキングToplog】
http://toplog.jp/?cid=ddsA

↓セカンドブログに最適【簡単3分blogサービスPokelog】
http://pokelog.jp/
MAX
2006/08/08 17:36
>Marioさんへ
どうもです。おっしゃることすべて同意です。相反する要素を上手くミックスできればすばらしいですよね。「お前らいつもなにやってんだ」はほんとそうですね。
>RRさんへ
前半しか見れなかったんですが「反町ジャパン」楽しみです。がんばってほしいですね。梶山にはけっこう期待してますので。

doroguba
2006/08/08 22:58
オシム日本代表についての妄想 8月6日の練習後の「オシムの言葉」で気になったこと doroguba*footballcolumn*/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる