平山がJリーグ入りしたことに対して、便乗バッシング! プロ意識とアマチュア意識について

オランダ1部リーグのヘラクレスを退団したFW平山相太(21)がFC東京に新加入することが10日、正式発表された。複数年契約とみられ、推定年俸は2500万円。背番号は39になる見込みで「ホッとしています。同年代の選手が多いことと、チームコンセプトに感銘しました」とオファーを受けた10チーム以上のJクラブの中から、FC東京を選んだ理由を説明した。
 平山はこの日午前にクラブハウスで約2時間の最終交渉を行い、仮契約書にサイン。施設見学の際には故障離脱中の茂庭と偶然、顔を合わせた。11日にクラブ寮に入寮し、12日からチームに合流予定。15日までにJリーグの選手登録を終えれば、16日の京都戦から出場可能となる。だが「(1週間近く体を動かしておらず)現実的に京都戦は難しい」と話しており、24日のアウエー鹿島戦でのデビューが有力だ。
4月末に自主退学した筑波大復学を希望しているが、鈴木徳彦強化部長は「プロと大学の両立はできないと思います」との見解を示した。平山は数年間は海外移籍も封印する方針で「FC東京のため、さらには日本のために頑張っていきます」とJリーグに専念する。
http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=sports&d=20060911&a=20060911-00000009-spn-spo

平山の移籍について一応書いておきます。というか便乗バッシングさせていただきます。まず言わせてもらうと、本人的に「恥ずかしい」って気持ちはないんですかね? もし、今回のヘラクレス退団を平山的に「おれは悪くない、ヘラクレスが悪い」って思っているなら、その考えは甘いと思いますし、今すぐにでも考え直した方がいいと思うんです。まだ若いんだし更生すれば「やり直し」できると思います。才能もあるんでしょう。ただもっと人間的に精神的に成長しないと、将来厳しいかもしれないと感じる次第です。で、それを踏まえたうえで上に引用した「自主退学した筑波大復学を希望」とか「海外移籍も封印する方針」などのコメント読むと、ダメかもしれないなぁって気がしてしまうんですよねぇ。

個人的にサッカーに限らずこういう「甘い考えの持ち主」というか「バカ」は嫌いなんで、あまりとやかく言いたくないというか関わりたくないのですが、代表チームのスタッフが関心を寄せているとか聞くと、つい説教したくなっちゃうんですよねぇ。そういえば、1年前に平山がオランダ移籍を決めた時もこのブログで説教していたことを思い出しました。

まぁ、自分の人生なんで後悔のないようにしてもらいたいですが、そもそもなんで筑波大学を選んだのかって思ってしまいますね。将来のために大学ぐらい出ておこうってことで納得しますよ。確かに高卒でJリーグ入ったって将来どうなるかわからないし、サッカー終えた後の人生は長いわけです。大学に行くという選択はわかりますし、そういう目的ならそれはそれで筋が通っていると思います。で今回のフェイエの練習参加&契約前提です。やっぱ気が変わって「大学」よりも「サッカー」となったのかもしれませんが、傍から見ているとなんかなぁって思ってしまうわけです。そかも「海外でやる方がレベルアップできる」って本人は言っているところが??? うーーん、本当にそうだろうか? 単純にレベルアップしたいなら「Jリーグ」のクラブに入ってレギュラーを目指した方が全然いいと思うんだけどなぁ。フェイエノールトに入ってもレギュラーなれるかまったくわかりませんよ。それに海外でやるってことはサッカー以外の生活面に大変になるわけですしね。まぁそれも含めて「挑戦」ってことなんでしょうが、「Jリーグ」はいやで「フェイエ」ならOKというのは「レベル」というよりも「ブランド」だけって気がするんですがね。もちろん「ブランド」は重要ですし、それを意識するのもいい。でも物事の本質を見失って「形」だけに囚われているなら、きっと成長できないし「オランダ旅行」で終わる可能性も高いと思いますよ。厳しいこと言っているかもしれませんが「学生」から「社会人」となる平山君への餞の言葉ってことで。まぁ、結局のところ高校時代の校長先生の顔を立てて筑波へ行ったけど、本当は本人的にはプロサッカー選手になりたかったというところなんでしょうけど。http://doroguba.at.webry.info/200507/article_30.html

これ書いたときはまだヘラクレス入団が決まってなかったんですが、オランダ行ったことは本人的には後悔してないことでしょう。ヘラクレスでいろいろ勉強もできたんでしょうし、成長もできたんでしょう。それを踏まえての今回のFC東京入りなんでしょうが、どこに入ろうが「プロ意識」がないのなら、きっとまた次を探すことになる気がする次第です。ヘラクレスだってFC東京だって、基本的に問われるものは変わらないですよ。

今の平山に求められているのは「商売としてサッカーすること」「サッカーで飯を食う」自覚を持つことである気がしてます。FC東京入りした現在も、平山はまだ「アマチュア感覚」が抜けきれてないと思いますよ。ヘラクレスへの移籍もきっとはオランダへ「サッカー留学」していた感覚だったと思うんですが、その意識を変えないとどこのチームへ行っても変わらないでしょう。FC東京のサポでなくても「筑波大復学を希望」「海外移籍も封印」という言葉を聞けばふざけるなと思いますよ。そんな甘くないって! 21歳ってもう充分大人ですよ。しっかりビジョンをもっている若者はいっぱいいますよ。プロとしての自覚が今の平山にどれくらいあるのかわかりませんが、例えば引退した中田英の21歳問う氏の意識と比べると、その差は「雲泥の差」であるのは間違いないでしょう。まぁ、今からでも遅くないので、「プロ」としてがんばってくださいね。

ちなみにさ、オランダへ行ったのはジーコ日本代表へ入るには「海外組が有利」という意識があったから? で、今回、帰って来た理由の1つは、もしやオシムに監督が変わって、日本代表になるには「海外組というブランド」が必要なしと思ったから?? 

以上、平山バッシングでした。

人気blogランキングへ
ブログランキングranQ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0