欧州CLグループリーグ・グループA「レフスキソフィア対チェルシー」雑感  ごちそうさまでした!

■「ごちそうさんゴール(ごっちゃんゴール)」できるのも才能の1つ

私はいわゆる「ごちそうさんゴール(ごっちゃんゴール)」ができるのも才能の1つであると思ってます。ストライカーを語るときに「嗅覚がある、ない」という言葉がよく使われますが、これって要は試合の状況から判断して「どこのポジションにいればゴールできるか」という感覚や、「どのようなシュートを打てば、ゴールを決められるか」というイメージがある人をそう呼ぶんでしょう。で、極論で言えば「ごちそうさんゴール」にも嗅覚が必要であり、それができる選手はふつうにいいストライカーと言えるのではないかと。もちろん、たまたまそこにいたらボールが転がってきたのでシュート打てたとか、たまたまシュートを打ったら入ったとかいう「運」でゴールになることもあるんでしょうが、そういう「運があること」もストライカーに必要なことであると思ったりして。まぁ、運でシュートが外れることもあれば、逆に運で入ることもあると思うんで、結局は何本シュートを打ったか、何回チャレンジしたかという「チェレンジする回数の多さ」がいいストライカーの1つの条件なのかもしれませんが…。って何度トライしても才能ないやつは決められないと言えばそうかもしれないですけど。

■MVPのドログバについて

前置きが長くなりましたがCLグループリーグ「チェルシー対レフキスソフィア」戦。ドログバがハットトリックを決めて3-1でチェルシーが勝利しました。1点目はミケルのシュートが弾かれたところを押し込んでのゴール、2点目はブリッジの左サイドからのアーリークロスを完璧な胸トラップからゴロのシュートを打ってのゴール、3点目はランパードのミドルシュートをゴール前でヒールを使って方向を変えてのゴ2ゴール目は見事でしたが、それ以外は「ドロくさい」ものでししたが、どんなゴールであれハットトリックであるのは間違いないわけで! ストライカーとしての仕事をバッチリこなしたことを評価したいと思います。というか、要は「ちゃんとゴール決めてくれてうれしいぜ!」ということです。いやー、よかった、よかった。

■モウリーニョのコメントから考察①:「我々の持つ最高の力を発揮できているわけではない」

ロイター通信によると、チェルシーのモウリーニョ監督は、「まだまだ我々の持つ最高の力を発揮できているわけではないが、勝ち点3を持ち帰ることができるのが重要だ」と、連勝スタートにも油断はない。そして、「最後の15分間はよくなかった。試合終盤をもっとうまく締めくくれるようにしなければ」と改善点を挙げた。初先発に抜擢した19歳のオビ・ミケルについては、「ファンタスティックだった。彼は、どんなボール扱いも、いとも簡単そうにやってのける。警告を受けたので、退場のリスクを避けるために途中交代させざるをえなかったのが残念だ」と、手放しで称えていた。
http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=worldsoccer&a=20060928-00000030-ism-spo

モウリーニョが言うように「我々の持つ最高の力を発揮できているわけではない=内容はイマイチ」ではあったんですが、勝ったことが何よりも重要でした。この試合はランパード、バラック、ミケル、エシエンの4人の中盤により4-4-2で臨んだのですが、正直、あまり機能しておらず、ボールがうまく回らないシーンや攻撃がつながらないシーンがかっこうあったんですね。久々の出場となった左サイドバックのブリッジもそれほど効果的な攻撃参加ができず、サイドを攻略できなかったことが苦戦の原因であったと思ったのですが、そんな状況でも「個の力」でゴールできてしまうところが強いチームと言えるのかもしれません。ドログバのゴールは、すばらしい「個の力」のゴールでした。「ごちそうさんゴール」が2つもありましたが、ランパードやバラックなどの「個の力=ミドルシュート」で活路を開いて、シェフチェンコやドログバの「個の力」がレフスキソフィアDF陣に脅威を与えた結果生まれたのが、この3ゴールであったと思う次第です。

■モウリーニョのコメントから考察②:「ミケルはファンタスティックだった」

ミケルについてですが、正直スタメン起用は驚きでしたね。リーグ戦でも交代でちょくちょく使われており、モウリーニョは彼の力を買っている感じですが、この「若手を積極的に起用していくやり方」はこれまでのチェルシーではあまり見られなかったことかもしれません。まぁロッベンもショーンライトフィリップも若いので、ミケル起用も珍しいことでもなんでもないのかもしれませんが、今シーズンは特に「新たに獲得した選手を積極的に起用しよう」という感じにうつるんですよね。そのミケルについてですが、1点目につながったミドルシュートは見事でした。その前のシーンでシュートを宇宙開発していたのですが、このシーンみたいに「枠に飛ばせれば」かなりゴールも期待できそうです。あと全体的な印象ですが、大舞台でもビビらずに「落ち着いてプレイしていた」ことはすばらしいと思いました。まぁパスをすぐに出してしまうこととか、あまり無理して攻めないとか、ちょっと遠慮気味なプレイもあったり、オフザボールの動きも、もっと大胆にやってほしい気もしましたが、初スタメンとしてはまぁまぁのデキだったんではないでしょうかね。って見た目は平静を装ってましたが、実際のところは「心ドキドキもの」でビビリまくりだったのかもしれませんが(笑)、そのあたりのメンタル面は今後のポイントになるのかもしれません。これは同じく新戦力のカルーにも言えることなんですが、若き2人には今シーズン「1試合でも多く経験し、1分でも多くピッチに立って」もらって経験を積んでもらって、精神的にも肉体的にも成長もらいたいですね。

■モウリーニョのコメントから考察③:「最後の15分がよくなかった」

「最後の15分間はよくなかった」ことについて。単純に考えればシステムを4-4-2から4-3-3に変えた影響があったのかもしれませんが、システム変更以降の「ランパード、バラック、エシエン」のポジショニングや守り方はちょっと気になりました。失点シーンにそれが顕著に出てたのですが、「4-3-3」の3ラインが分断してしまい、3ラインの間のスペースをうまくレフスキソフィアの攻撃陣に使われたていたのが気になりました。


                    ○GK天才チェフ

        ※このスペースを狙われる   ○CBテリー
        ↑
        ↑   ○CBカルバーリョ→  ●レフスキのクサビパス受けた人
        ↑
         ●レフスキのゴール決めた人


          ○エシエン                 ○ランパード
                ○バラック
                           ↑
                           ● レフスキのパス出した人

上の図は失点シーンを上か見たものですが、「中盤とFWの間のスペ-ス」からパスを出され、「最終ラインとMFの間のスペース」で基点を作られ、「GKとDFの間のスペース」にスルーパスを出されて決められているんですよね。ここで一番の問題は「最終ラインとMFの間のスペース」で基点を作られてしまい、カルバーリョが遅れてそこを潰しに行ったためにテリーとカルバーリョのラインにギャップができ、「オフサイドトラップも掛けられなければ、すばやいカバーリングもできなかったところ」なんですが、要は前からプレスもかかってないし、DFラインの後ろのスペースもケアできてないという最悪な守備状態であったというわけです。まぁ3点差あったんで気が緩んだところもあったのでしょうが、ちょっといただけない守備でしたね。開幕時から比べ、ここ最近の試合では守備がよくなってきた感があったので、この失点シーンはちょいとショックでした。きっちりと原因を究明して修正してもらいたいですね。まぁともかく勝ち点3を取ったのはすばらしいわけですがしっかりと反省&修正もしてもらいたいと思う次第です。

■その他、天才チェフ、シェフチェンコ、バラックについて

チェフはすばらしかったですねぇ~。私はブッフォンに限りなく近いレベルまできていると思っているのですが、特に至近距離からのシュートに対する反応は最高峰のレベルにあると思う次第です。あと高さも申し分ないと思いますが、しいて課題を上げるとしたら「前のスペースへの飛び出し」かなぁ。まぁチェルシーは基本的にオフサイドトラップを多用する戦術をとってないのであまり心配なのですが、カシージャスあたりと比べると飛び出す判断とタイミングがちょっと遅い気もしますが、まぁそれも問題ないレベルでできているわけで。この試合でもすばらしいセーブを見せてくれましたが、この調子でがんばってほしいところです。あとシェフチェンコですが、カルーからのセンタリングにシュートしたシーンは惜しかったですねぇ。好調時なら枠にシュートが飛んでいくのでしょうが、ちょっと当たってないんですよね。あとここぞというところでの「トラップミス」が多いのが気になるところ。もしかしてコンディションというよりもメンタルの問題? 何かキッカケがあればゴール量産できる実力はあると思うんですが、もうちょっと時間が必要なのかもしれませんね。まぁ最悪、恒例の年末過密日程あたりまでにフィットしてくれればいいです。そこまで時間はかからないと思いますが。バラックはミドルシュートは惜しかった! まぁだいぶ馴染んできている気もするので、CLバルセロナ戦あたりでガツンとブレイクしてください。お願いします。
人気blogランキングへ
ブログランキングranQ
↑読んでおもしろかった人はクリック願います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0