欧州CL「チェルシー対バルセロナ」大妄想プレビュー【前編】 まぁグループリーグでの対戦ですから

■まだ新メンバーがフィットしてない現状のチェルシーのチーム状態で考えると難しい試合!?

GK2人が負傷してしまい、正直、バルセロナ戦に100%集中という感じではないのですが、一応プレビューとか(という割には長いプレビューになってしまった)。

今回の対戦はこれまでと違ってグループリーグでの対戦なので、たとえ負けても即CL敗退でないという気楽な状況なのは確かです。そうは言っても、ホームでの試合ですし宿敵のバルセロナとの試合なので「勝利を目指す」ことは間違いないのでしょうが、まだ新メンバーがフィットしてない現状のチェルシーのチーム状態で考えると難しい試合となるのは間違いないところでしょう。まず注目したいのが、フォーメーションと起用する選手。現状では新加入のシェフチェンコもバラックもアシュリーコールも完全にはフィットしてないわけですが、それを承知で「今期のニューモデルのチェルシー=4-4-2変形」で挑むのか、それとも、それを止めて、昨シーズンまでのお馴染みの「毎度! ウイングが攻撃の中心であるチェルシー=4-3-3」で臨むことになるのか? ここが、とりあえず注目でしょうかね。

■予想スタメン&フォーメーションは今シーズンの新システムのテストの延長線!?

私的にはシェフチェンコ、バラックが入った「4-4-2変形」で行くのではないかなぁと思っています。今シーズンの新フォーメーションのテストの延長線でスタメンは行って状況に応じて、ロッベンなりジョーコールなりを投入した4-3-3に変えてくるのではないかと予想します。というわけで予想フォーメーション。


【チェルシー予想スタメン】
                  GK●イラリオ

             CB●カルバーリョ  CB●テリー
 SB●ブラールズ                          SB●フェレイラ
                                       (ブリッジ?)
             MF●マケレレ    MF●バラック

   MF●エシエン                         MF●ランパード
                 
             FW●ドログバ     FW●シェフチェンコ

バラックのポジションは流動的だと思うのですが、マケレレとともに「中盤の底」に置いてみました。攻撃時にはトップ下の位置まで上がるという感じです。で、このメンバーを選ぶに当たって、2つの人選で私は悩みました。その悩みどころはバラックとロッベンのどちらを使うか、と左SBはブリッジでOKなのかという2点。

■中盤の最後のワンピースはバラックかロッベンか? それが問題だ!

で、まずバラックかロッベンかという選択肢ですが、どちらもありだと思っています。で、なんでバラックにしたかというと、プレミアリーグが出場停止中で前のレディング戦に試合に出てないという単純な理由から。ただホームでの戦いなので「ロッベンという切り札」を最初から使わないで温存するのかと言われれば、しないような気もするので……。このあたりのモウリーニョの中盤の選手起用は、注目したいです。まぁランパード、エシエン、マケレレは決まりだと思いますし、ドログバ、シェフチェンコの2トップも決まりだと思っているので、最後の1枚が「バラック、ロッベン、ジョーコール」の誰かになるのではと睨んでいるのですが?? まぁドログバかシェフチェンコが外れる可能性も無きにしも非ずですが。

■左サイドバックはブリッジ? 守備がちょっと心配です

続いて、左サイドバックについて。昨シーズンの対バルサとの戦いでは、左SBデルオルノがメッシにしてやられたわけですが、今回の戦いでもサイドの攻防が1つのポイントになるのは間違いないところです。で、単純に守備力で考えるとアシュリーコールの起用がベストなのですが、代表戦での怪我の具合はどうなんでしょうかね? で現状では情報がないので彼がダメだったらどうするということで考えてみますと…。次に予想されるのが攻撃的なプレイが好調なブリッジが考えられるのですが、ただ守備を考えるとブリッジがメッシを押さえられるとは思えないんですよね。まぁブリッジの攻撃力は買っているのですが、対バルセロナ相手にチェルシーがボールポゼッションで上回ってブリッジが常に攻撃的にいけるとは思えないわけで、そう考えると「守備力>攻撃力」で考えてフェレイラのほうがいいのではないかと私は思います。ただ、そのフェレイラもレディング戦でやられて腕を負傷していた感じだったわけで。となると、やっぱブリッジ? それともジェレミ? アシュリーコールの怪我の具合が問題ないなら先発だと思うのですが、ダメならばフェレイラ、それもダメならばブリッジかジェレミ。まぁ私の考えではこんなところですが、モウリーニョが誰を起用してくるのかは注目したいですね。

■右サイドは「ブラールズ」!? ロナウジーニョシフトをするのか、すべきか?

ちなみに、逆サイドの右サイドバックには「ブラールズ」が入ると予想しているのですが、これはいわゆるロナウジーニョ対策。彼がいかにロナウジーニョを抑えることができるのかも注目要素の1つです。

また、右サイドバックのアウベスも、ロナウジーニョを簡単にフリーにさせることなく、常に警戒するポジションを取っていた。極端だったのは、バルセロナが右サイドでボールをキープしている段階でも、アウベスがあまり中に絞り過ぎず、常にロナウジーニョへのロング(サイドチェンジ)パスを消すようなポジションを取っていたこと。通常のセオリーを捨てたポジショニングは、「ロナウジーニョ・シフト」とでも呼べるものであろう。http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/eusoccer/headlines/20061016-00000015-spnavi-spo.html

こちらはスポナビの記事からですが、セビージャが行ったこの「ロナウジーニョ・シフト」って要はマンマークってことじゃないのでしょうかね? まぁ、ロナウジーニョにはある程度「マンマーク気味」に対応する必要はあると思うのですが、これまでの戦いでチェルシーは基本的にはゾーンディフェンスで対応していたわけで、その戦術を変えてくるのかどうかという点と、それと合わせて「対ロナウジーニョ、対メッシ」対策をどうするのかは興味深いところ。現状のロナウジーニョは100%の出来ではないみたいですが、ここぞの大舞台では力を発揮するタイプであると思うので、チェルシー戦では「やる」のではと思っています。なんだかんだでバルセロナで一番怖いのはロナウジーニョですからね。

■バルセロナの攻撃で一番注意すべきもの。それはカウンター!?

あとバルセロナの攻撃で注意すべきは「カウンター」でしょう。

自陣に攻め込まれるバルセロナは、それでもカウンターからメッシの強烈な一発によって、試合の行方を決定付ける。マルケスのロングパスを受けたシャビが、見事なトラップからドリブルでゴール前まで持ち込み、フリーになっていたメッシにパス。それを受けたメッシはシュートフェイントにつられたDF4人をドリブルでかわし、右足できれいにゴールネットを揺らした。試合はその後、大きな展開もなく3-1で終了した。http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/eusoccer/headlines/20061016-00000015-spnavi-spo.html

セビージャ戦でもカウンターからゴールしたみたいですが、思えば昨シーズンのスタンフォ-ドブリッジでの戦いでも「カウンター」からエトーにヘッドで決められているわけで、ここは今回の戦いでも注意しないといけないところです。ちなみにチェルシーはモウリーニョになってから、ほとんどカウンターからゴール許すことがないのですが、はっきり「やられた」のは昨シーズンのそのバルサ戦くらいでした。とりあえず、ここまでで後編(明日予定)に続く。
人気blogランキングへ
ブログランキングranQ
↑読んでおもしろかった人はクリック願います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0