欧州CLグループリーグ「セルティック対ベンフィカ」雑感 中村とネイラーについて

■セルティックが「ポゼッションから攻めて」、ベンフィカが「カウンターを狙う」

セルティック勝ちましたね。もっとキワドイ試合になるのかと思っていたのですが、思ったよりも差がついた展開&結果となりました。セルティックが「ポゼッションから攻めて」、ベンフィカが「カウンターを狙う」という展開でしたが、セルティックが見事にベンフィカ守備陣を崩して完勝しました。後半に上げた先取点が大きかったですね。

■ネイラー

このシーン、セルティックが左サイドバックのネイラーが攻撃参加からフリーでセンタリング。ゴール中央にポジションを取っていた中村にゴロでパスが渡り、そのままシュート。シュートはゴールマウスから外れるも、FWミラーが詰めてゴール。とまぁこんな感じだったのですが、中村のポジショニング&シュートがすばらしかったのはもちろんとして、このシーンではSBネイラーの攻撃参加するタイミングがすばらしかったと思いました。サイドチェンジから目の前のMF(確かマロニー?)にボールが渡るのを見越してタイミングよくスペースに飛び出すのですが、この時の「飛び出すタイミング」「飛び出すスピード」が完璧に見えたんですよね。サイドバックの攻撃参加に置いては、この「タイミング」「スピード」ってのがすごい大切だと思っています。単にのんべんだらりとサイドを上がるのでなく、「タイミング」と「スピード」で緩急のアクセントをつけて攻撃参加することによって、始めて「サイド攻略完成」となると思うからです。というわけでセルティックの先制点ですが、決めたミラー、シュート打った中村はすばらしかったですが、私はそれ以上にネイラーの攻撃参加の「タイミング&スピード&センタリングの質」がすばらしかったと評価したいですね。まぁ、そのネイラーに対してまったくケアしてなかったベンフィカの守備陣がアレだったところもありましたが。

■中村俊輔

全得点に絡んだとニュースで報じられている中村についてですが、個人的には攻撃では3点目のオフザボールの動きが秀逸だと思いました。ペナルティエリアに入り込む「斜め走り」や、ペナルティエリア内での「ウェーブの動き」はすばらしかったと思うし、シュート打った判断もすばらしかったと思いました。あのようにシュート打てば、「こぼれダマからゴール」が生まれるわけで。あの3点目のピアソンのごっちゃんゴールってのは、限りなく必然に近い偶然であると思うんですよね。まぁ、もちろんシュートがそのままゴールになっていれば申し分ありませんでしたが、そのシーンでパスでなくシュートを選択した中村のプレーは評価に値するものと思います。守備もすばらしかったですね。自陣のエンドライン付近まで戻って守備するシーンが何度かあったのですが、この試合は攻撃よりもの、その守備意識の高さのほうが評価されるべきかもしれません。まぁ何度かベンフィカの左サイドバックのレオをフリーにしてシュート打たれたり、サイドを突破されたりもしてましたが、要所要所での献身的な守備はすばらしかったと思いました。この調子でがんばってもらいたいです。

■あと勝ち点3でOK?

というわけで、ベンフィカに勝って「グループリ-グ突破」が見えてきたセルティックですが、現時点でベンフィカとの勝ち点差は5点。なので残り試合でたとえ「ベンフィカ&ユナイテッド戦」で負けたとしても12月のコペンハーゲン戦で勝ち点3をゲットして勝ち点9とすれば、ベンフィカがそれを上回るためには残り3試合で3勝して勝ち点9を上げることが必要となるわけで。あくまで数字上ですが、かなり楽になったことは間違いないでしょう。まぁサッカーでは何が起こるかわからないところもあるので、最終戦のコペンハーゲン戦の前に勝ち抜けを決めたいところではありますがね。

■おまけ:中村俊輔は、絶対そんなこと考えてない!?

最後に、おなじみ湯浅さんのこの試合についてのコラムを紹介して終了とさせていただきたいのですが、「少しブラッシュアップ」したと書かれているこれらの文章は凄過ぎですね。

・・オレの全体的な運動量は悪くないでしょ?・・それをベースに、ボールがないところでのマーキングとか協力プレスへの参加とか、はたまた味方のカバーリングとか、汗かきディフェンスだってしっかりとやっていますよ・・とにかく、それに対する意識と意志を評価してくださいネ・・
 ・・たしかに局面でのボール奪取勝負(競り合い)では、パワーやスピードで負けしてしまうこともあるけれど・・少なくとも、チェイス&チェックを忠実にこなせば守備の起点にはなれるし、そこでしっかりと相手のスピードを抑えられれば、味方の次のディフェンスにとって大きな価値ですよネ・・いやいや、実際のボール奪取勝負にしても、相手からボールを「かっさらう」というプレーには自信ありまっせ・・そのときのアクションって、オレのボールコントロールの裏返しですからネ・・ボールコントロールじゃ誰にも負けないから、相手の次のアクションが見えちゃうんですよネ・・だから、チョンと足を出してボールを「抜き取って」しまうのは得意でっせ・・アハハッ・・ http://www.yuasakenji-soccer.com/yuasa/html/topics_3.folder/06_cl_10.18.html

なんか中村俊輔の独白風に書かれてますが、そうしている意味がわからないですね(笑)。これってまんま湯浅氏の脳内の叫びだと思いますし、中村は絶対にこう考えてはないと思いますけどね。
人気blogランキングへ
ブログランキングranQ
↑読んでおもしろかった人はクリック願います。

サッカー監督という仕事

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0