プレミア「チェルシー戦プレビュー」というよりも、新庄と「日本代表のことで最近、よく思う」について

■明日はプレミアリーグの「シェフィールドU」戦だったりするのですが…

一方、ブラックバーンと対戦したチェルシーは、夏に負ったヒザの負傷から復帰したJ・コールが今季初先発。53分、カルーからのクロスをコールが決めて先制すると、81分にはショーン・ライト・フィリップスのシュートがGKに弾かれたところをカルーが押し込んで2対0と勝利を飾った。http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=worldsoccer&a=20061026-00000046-ism-spo

いまさらながらですが、カーリングカップでブラックバーンに快勝おめでとう! って、もう遅い&古いですね。カーリングカップは控えの選手のモチベーションアップの場として非常に大切な大会であると思っているので、ぜひとも決勝までいってなるべく多くの試合をこなしたうえに優勝してもらいたいですね。次のカーリングカップはアストンヴィラとの対戦みたいですが、負けないようにがんばってほしいところ。もちろん重要なのはプレミアリーグとチャンピオンズリーグであるのは間違いないわけですが、どんなタイトルでも獲れるなら獲ってほしいなぁと。FA杯と合わせて4冠狙うのは、毎年の一応のお題目ですからね。と言っている間に、明日はプレミアリーグの「シェフィールドU」戦だったりするのですが、きっちりと勝ち点3確保にがんばってもらいたいですね。シェフィールドに関してはまったく予備知識がないので、どんなサッカーするのかわからないのですが、アウェーとは言え負けてはならない相手であると思うので、きっちりとゴールして勝ってほしいです。来週にはカンプノウでのバルサ戦も控えているので、ここで景気づけてがんばってほしいなぁと。以上、おもしろくも何ともない正論で書いてみました。

■「みんなから“相当キモい”と言われました。すごく傷ついてます」

U―21日本代表のFW平山相太(21=FC東京)が得点後のパフォーマンスをフルモデルチェンジすることを決めた。25日の親善試合U―21中国代表戦(国立)でゴールを決めた後に投げキスを繰り返したが、チーム内から“気持ち悪い”など非難の声が続出。今後は周囲を納得させられるような新パフォーマンスでサポーターの度肝を抜く。
 投げキスの評判は想像以上に悪かった。U―21中国代表戦で殊勲弾を決めた平山だが、試合後は得点への称賛ではなく、パフォーマンスに対する非難ばかりを浴びた。
 「みんなから“相当キモい”と言われました。すごく傷ついてます」http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=worldsoccer&a=20061027-00000007-spn-spo

まぁ、何であれ騒がれるのはいいことだと思いますよ。残念ながら、私はそのパフォーマンスを見れなかったんですけど、そんなにキモかったんでしょうかね? たぶん実際にみたら、そんなに変でもないんだろうな。基本的には「おもしろくもなんともなくて無視できる」程度の代物なんだろうなって気がしているのですが、そうでもないのでしょうかね? たとえばレアルマドリードの「ゴキブリパフォーマンス」とかは単純に興味ありましたし、クラウチのロボダンスとかは「おもしろい」と思えたんですが、それらと比べてどうだったのかという意見は聞いてみたいところ。って、ぶっちゃけ別に平山のパフォーマンスなんてどうでもいいですし、興味ないんですけどね。

■日本ハムおめでと! 新庄ありがと!

プロ野球日本ハムを44年ぶりの日本一に導いた新庄剛志外野手(34)が27日、札幌ドームで引退会見し「北海道で種をまき、水を与え、3年目で金色の花を咲かせられたことがうれしい」と、阪神時代の監督で現楽天の野村克也監督が好んで使う言葉を引用して思い出を語った。
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/baseball/npb/headlines/20061027-00000035-kyodo_sp-spo.html

サッカーとはまったく関係ない話ですが、日本ハム優勝おめでとう。新庄選手のパフォーマンスはすばらしかったと思っているのですが、ぜひこういう選手がサッカー界にも出てきてほしいなぁと思う次第です。野村克也の言葉を使ったのは「狙った」のかどうかわかりませんが、いわゆる「ID野球」の野村克也の元でプレイしたからこそ、今回の「新庄劇場」が出来上がったというところもあるんでしょうね。きっと。ちなみに、私は野球小僧の頃はファイターズファンでした。

■日本代表のことで最近、よく思う。「もう、闘莉王をFWにコンバートしちゃえばいいのに!」と

日本代表のことで最近、よく思う。「もう、闘莉王をFWにコンバートしちゃえばいいのに!」と。浦和ではともかく、日本代表だけでも、そうしてみてほしい。http://hochi.yomiuri.co.jp/column/tomoko/news/20060922-OHT1T00189.htm

読んではいけないものって世の中にはたくさんあるんだろうけど、これはその部類に入るきがしました。まぁスルーすればいいのでしょうけど、読んじゃったからには何か言いたくなる魔力がこの文章には潜んでいるんですよね。いや~読めば読むほどすばらしい文章ですね。特に「よく思う」ってところと、「日本代表だけでも」というところに強い意思が感じられるのがすばらしいと思いました。とはいえ「闘莉王FWにコンバート案」を馬鹿にしてはいけない気もしてます。確かにやってみないとわかりませんし、それが効果的だったら、それはそれでありなのは間違いないですからね。

いずれ「廃れた理由」に直面することもあるかもしれないが、戦術は古いか新しいかよりも、常に効果的かどうかで論じるべきものだと思う。(西部謙司=スポーツライター)http://wsp.sponichi.co.jp/column/archives/2006/10/post_590.html

と西部氏が言うように、戦術は「効果的かどうか」で論じるべきものであるという意見には賛成ですんで、同様に「闘莉王FWにコンバート案」も効果的かどうかで論じるべきだと思うので。って、ことで誰か効果的かどうか考えてみてください。私は遠慮しますんで。って、なになに「DFラインから闘莉王が抜けるのも厳しいことは厳しいけど」ですって!!!!!!! これもすばらしい意見だ。

…すみません、このところくだらないことばかり書いてますね。ちょっと仕事が忙しくて精神的に疲れているのかもしれません。来週からはちゃんとサッカー語れるように、がんばります。
人気blogランキングへ
ブログランキングranQ
新庄のコトバ