doroguba*footballcolumn*

アクセスカウンタ

zoom RSS 「オシム日本代表対ガーナ代表」雑感 トータルフォットボール懐疑論

<<   作成日時 : 2006/10/05 21:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 8 / コメント 12

■「流暢なポジションチェンジ」に、ちょっと危険な匂いを感じてしまいました

残念ながら負けてしまいましたね。ちょっと忙しく試合終了からある1日経ってしまいましたが、個人的に気になったところを書いてみたいと思います。

日本のゴールシーンはなかったが、面白い試合だった。その一番の理由は、日本代表から、クライフ率いるオランダ代表が見せた”トータルフットボール”のような、ポジションにとらわれない流動的なサッカーの香りを感じたからである。http://llabtoof.blog38.fc2.com/

「トータルフットボール」さんからの引用ですが、そのようなブログ名をつけられているということは、やはりトータルフットボールというものがお好きなのでしょうか? まぁそれはいいのですが、私も今野の攻撃参加の動き=最終ラインからの前線へのオフザボールの動きに「オシムサッカーの香り」みたいなものを感じましたし、オシム日本代表に「トータルフットボール」の香りを感じました。今野の攻撃参加自体はすばらしかったと思いましたし、彼のみならず他の3バックのプレイヤーである水本も阿部も最終DFラインからふつうに攻撃参加しているシーンが目につきました。たとえば後半、阿部がオフザボールの動きを見せて中盤に攻め上がり、遠藤と2人で縦のパス交換し、右サイドの羽生へ展開した形は「ガーナDFを崩せていた」ましたし、いい攻撃だったと思う次第です。この最終ラインからのリスクを負った攻撃参加が今回のオシム日本代表の収穫なんでしょう。たぶん、一般的には。ただ、私はそのDFラインからの攻撃参加というか「流暢なポジションチェンジ」に、ちょっと危険な匂いを感じてしまいました。

■鈴木啓太がふつうに3バックの右としてプレイしていたことに対する「怖さ」

同じく後半にDF水本が攻め上がったシーン。右サイドでガーナにボールを奪われてカウンターを食らい、最後は阿部がペナルティエリアラインのギリギリ手前でファウルして止めんですが、その場面を覚えてますでしょうか? その時の最終ラインの3人は「阿部、今野、鈴木啓太」。DF水本が攻め上がったのを受けて鈴木啓太が淀みなく最終ラインにポジションチェンジしていたんですが、この鈴木啓太のカバーリングはすばらしかったと思います。すばらしかったというか、チームとしてのお約束だったんでしょう。その鈴木啓太の状況判断はすばらしいと思うのですが、ただ、あまりにも「当たり前」にカバーリングが行われていたことに、逆に怖さを感じてしまったんですよね。基、カバーリング自体は何の問題もなくすばらしいのですが、カバーリングしたあと、鈴木啓太がふつうに3バックの右としてプレイしていたことに対する「怖さ」とでも言いますか。鈴木啓太が3バックでプレイすることが「特殊なこと」でなく、なんとなく「仕様」となっているように感じたんですよね。

■テリーは攻めあがっても、猛ダッシュしたりして自分のポジションに戻るんです

たとえばチェルシーでも最終ラインからテリーやカルバーリョは状況に応じて攻め上がるし、それ事態はオシム日本代表の今野、水本と同じなんですが、ただ大きく違うのはチェルシーのテリーやカルバーリョは基本的に攻め上がった後は、猛ダッシュしたりして自分のポジションに戻るんですよね。もちろん状況に応じて「攻め上がったままのポジション」でプレイすることもありますが、その状態は「特殊」でありイレギュラーな状態であるという認識がピッチからひしひしと伝わってくるんですよね。テリーが上がったあとはマケレレとかランパードがそこをカバーしているんですが、彼らのプレイからは「俺らが食い止めている間に早く戻ってきてくれ」ってメッセージが見えるんですよ。「早く元のポジションに戻りたーい」という選手たちの雰囲気を感じるとでも言いますか。これって要は不慣れなポジションでプレイしていることに対する選手のぎこちなさであったり、こちらの見る側の違和感ってことなんでしょうが、そういう不協和音がオシム日本代表ではあまり感じないんですよね。たとえば3バックの選手が攻め上がった場合、最終的には元のポジションに戻るのですが、急いで戻らないでふつうに他のポジションでがんばってプレイしちゃうわけですよ。ポジションチェンジしたことに対する「イレギュラーさ」というか「特殊感」みたいなものを、ピッチ上の選手があまり感じてないといいますか。これはオシムの言う「ポリバレント」ってやつで良いことなのかもしれないですが、天邪鬼な私にはそう見えない場合も多々あったんですよね。

「私は基本的にDFのポジションを務めてますが、今の時間帯はFWの位置でプレイしてます。なにか問題でもありましょうか? 私の元いたポジションには、鈴木啓太選手がプレイしているので、あなたにとやかくいわれる筋合いはないと思いますけど。あのー、あなたビブスの練習ってご存知ですか? 知らないなら、これ以上話しても意味がないし、あなたにはご理解できないかも知れませんがね」みたいな感じが、ピッチの至るところからヒシヒシと伝わってきたんですよね。まぁ、そう感じたのは私だけかもしれませんが。

■「誰が、どの名前が重要なのではない」とオシムは言いますが…

これは選手によく伝わるように書いていただきたいのだが、攻撃も守備も両方できる選手でなければ、その選手の未来は短い。それが現代のサッカーのトレンドだ。だから山岸智であろうが、駒野であろうが、佐藤寿人であろうが、誰が、どの名前が重要なのではない。サッカーでは、そこでチャンスがあるか、スペースがあるか、ピンチなのか、相手がどのディスタンス(距離)で迫っているのか、ということに素早く反応して攻撃したり守備をしたり、そういう素早い切り替えができないといけない。そういう点を見ていただきたかったのだ。http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/japan/kaiken/200610/at00010829.html

ここでオシムの言葉の登場です。今回はちょっと言わせてもらいます。「攻撃も守備も両方できる」のは確かに現代サッカーでは重要だとは思いますが、「山岸智であろうが、駒野であろうが、佐藤寿人であろうが、誰が、どの名前が重要なのではない」というのはまったく同意できません。私は山岸は山岸であり、駒野は駒野であり、佐藤は佐藤であると思ってますし、「誰が」というのは非常に重要なことであると思っているからです。たとえばチェルシーで言えばランパードとテリーではプレイスタイルがまったく違うし、得意なプレイも違う。ランパードは中盤でボールを捌いたりミドルシュートしたりするのが得意だし、テリーは最終ラインで相手FWを捕まえたり、自陣のゴール前で体を張って守備するのが得意。ランパードのプレイをテリーに求めるのは酷だし、その逆もしかりと思っているからです。えっ? そんなことは当たり前だし、オシムはそういうことを言っているわけではない? まぁそうかもしれませんが、今のオシム日本代表は「ポリバレント」を重視し過ぎで、逆に「スペシャリスト」がいない気がするんですよ。中盤もできるし、最終ラインもできる、状況に応じて前線にも顔を出せるし、サイドでもプレイできるやつがチョイスされ、1部を除いて全ポジションできるように仕込まれてますが、なんちゅうかその流動的なポジションチェンジするしぐさに「器用貧乏なイメージ」を感じてしまうんですよね。「トータルフットボール」というものを、ちょっと甘く考えているように感じるとでもいますか。

別にポジションチェンジをするなと言っているわけではないです。リスクを冒してポジションチェンジすることは重用だと思いますし、そういうプレイは必要だと思ってます。ただ私は言いたいのは、複数のポジションをこなすというのはそれ相応の才能が必要であり、世界を見回しても、そういう本当の意味での「ポリバレントなプレイヤー」はいないのではないかということ。

■極論で言えば「怖さ」はオシム日本代表の最終ライン3人が、みんなソリンに見えたとでも言いましょうか

ただ、僕が気になったのは中田が前へ動いたときの周囲の反応である。たとえ皆が引いたほうがいいと考えていたとしても、現実にボランチの1枚がマークを置いて相手のサイドバックに突進しているのだ。
「事件は会議室で起こってるんじゃない!」
 という映画のセリフがあったが、現実に中田が動いてしまっているなら、誰かがカバーに回るしかない。火事になっているのに、出火の原因はオレじゃないといってもどうにもならないではないか。目の前の火を消すのが先決だ。そのあたりの反応が、どうにも鈍いように思えたのだ。http://www.sponichi.co.jp/wsplus/column_n/04445.html

ちょっと前に、西部さんがスポニチで書かれていた文章から。ここでいう中田英が空けたスペースにカバーに入るというのと、昨日のガーナ戦で水本が攻め上がったスペースに鈴木啓太が入ることは、果たして同じことなんでしょうか? たとえばペケルマン監督時のアルゼンチン代表で、左サイドバックのソリンが攻め上がったスペースをCBのエインセが埋めることと、今野が攻め上がったスペースを鈴木啓太が埋めることは同じことと言えるのでしょうか? 同じといえば同じなのかもしれませんが、私はそこに違いというか「怖さ」を感じたという話です。極論で言えば「怖さ」はオシム日本代表の最終ライン3人が、みんなソリンに見えたとでも言いましょうか。そんなにソリンはいらないし、1人いれば十分と思ったからとでも言いますか。まぁ、特にすぐれたスペシャリストがいないならポリバレントで固めた方がいいということなんでしょうが、私は次元の低いポリバントをたくさん集めるよりも次元が低くても要所にスペシャリストを配した方がいい気がするんですけどね。

「トータルフットボール」というものをあまり信用してない私は臆病者でしょうか、それとも古い人間でしょうか?
人気blogランキングへ
ブログランキングranQ
↑読んでおもしろかった人はクリック願います。

参考文献
ソリンのお話
http://doroguba.at.webry.info/200603/article_24.html

トータルフットボール論 第1弾
http://doroguba.at.webry.info/200608/article_20.html

海外組と国内組
http://doroguba.at.webry.info/200606/article_25.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(8件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
対ガーナ戦(日本代表)
日本代表(0)VSガーナ代表(1) ...続きを見る
九州っ子
2006/10/05 22:27
「オシム弁護」(カッコおしむべんご)
 毎回楽しく拝見しているdorogubaさんのコラムで、ガーナ代表戦の日本代表を指して「トータルフットボール懐疑論」という興味深いエントリーがあった。  さらに、次の投稿では「ジーコ日本代表は「ロックを感じるチーム」とすれば、オシム日本代表は? 音楽とサッカーの ...続きを見る
KINDの日記
2006/10/06 11:58
文明の衝突
◆「トータルフォットボール懐疑論」の分析 ...続きを見る
眞鍋カヲリを夢見て
2006/10/06 19:32
A potential risk to hold -Think about Osim's Footb...
えーと、面白いエントリーを立て続けに読む事が出来て、僕も感化されたので書いてみた ...続きを見る
LooseBlog
2006/10/10 04:01
voyeur
voyeur lwibtko ...続きを見る
voyeur
2006/11/17 09:00
levitra order
levitra order zyecgnaw ...続きを見る
levitra order
2006/11/17 09:58
xxx reality
xxx reality xxx reality xxx reality xxx reality mrkdqkvuwm ...続きを見る
xxx reality
2006/11/17 13:28
親善試合「オシム日本代表対ペルー代表」超雑感 水を運ぶ人と、理想と現実と妥協
■「ジーコ日本代表」的に戻っていたこと遅くなりました&今さらな感じもしますが、先日のペルー戦について。すでに多くの方がこの試合について語られてますが、私的にはLooseBlogさんや、蹴閑ガセッタさん、Romantic-Reasonさんの考えに近いです。要は中村俊輔と高原がピッチに立ったペルー戦は、サッカーのスタイルが「ジーコ日本代表」的に戻っていたとでも言いますか。そうなった理由はいろいろ考えられるのでしょうが、私的にはスポナビのコラムで宇都宮氏が指摘している「チームの顔ぶれは、昨年のW... ...続きを見る
doroguba*footballcol...
2007/03/26 20:07

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
いやー、疑問を形にしてくれましたよ。不満ともいいますが。

ぶっちゃけ、今のオシムジャパンは個性を殺していると思います。サントスが良い例。彼が右サイドを駆け上がり、中央で守備をするのってどうよ?前にいた選手は(失礼ながら)なにも出来なかったし。それなら初めから左サイドOHで使えば良い。
というか、能力値や特徴面に囚われないって、ある意味選手のサッカー人生侮辱してないですか?佐藤寿人とかも、彼はFWなのに自陣PA内まで戻ることがしばしばありました。

アイシールド21というアメフトマンガの台詞で、反射速度0.1秒で筋力持久力ともに黒人選手並みの選手が「俺だけのチームが最強」と言うのですが、それに対して凡人ながら策謀家の選手が「そんなチーム崩すのは楽勝。個性ってのはそういうもんだ」という趣旨のやりとりがあるんですが、今のオシムジャパンて誰が入ろうと画一的な印象が拭えない。

前代表のスコットランド戦消したのが痛いなー。比較してみてみたかった。
RR
2006/10/05 22:10
こんばんは。
テリー、カルバーニョの例えは、非常に興味深かったです。そうですよね、全力疾走で戻ってくるという根本的なことを忘れそうでした。

また、ポジションもオートマティズムってなっていますが、結局今回の3人のDFも水本以外は、本職でないんですよね。「器用貧乏」って表現は、正しいと思いますね。うん、納得です。
根本的なことを言えば、そういうDFの選手の(オシム的には)不足の方が大問題だと思いますけどね。
コージ
2006/10/05 22:51
本当にそうなかと疑問。個性と組織は相反するものなのか?日本人はいわれたらそれしかできないのか?逆に前任者の時代は個性的なサッカーを披露してたのか? 寿人が自陣PAまで戻るのを監督は強要してるのかな、そうは私には思えないんですが?
ひとつ同意できる部分はユーティリティよりもスペシャリストの方が重要ではないかと思いますね
メッシよりもテベス
2006/10/05 23:19
 やっとやろうとしていることがわかった試合でした。皆さんがあのやり方に賛否如何?でしょうね。あそこまでマンマークがいいのか?選手の選択と当初ポジションが実験段階とはいえあれが最適なのか?は少々異論ありです。
 後ろと前の各2名は強烈なスペシャリストであるべきと思います。そういう意味で必死で戻るのはCBのあるべき姿です。ただ、まずチームとして最低限の要求事項を満たしたうえでの個性=スペシャリストではないでしょうか?。
 さてMFといわれるあと6人はポリバレントであるべきです。まずは器用貧乏でいいじゃないですか。チームが熟成する中で、ポリバレント性に加わる個性=「違い」を生む力、これはチームの力を上げる=チームが必要とする能力の選手が育ち・残るのに期待。その区切りはアジアカップと思います。チェルシーやアルゼンチン代表は「選べ」ますが、当方は同じレベルで選べませんのでね、残念ながら・・・。
Mario
2006/10/06 00:26
>RRさんへ
「個性を殺している」と考えるのか、「周りを尊重している」と考えるのか? トータルフットボールを理想とするなら、正しい方向へ向かっているとも言えるのかも知れませんが、果たして?
>コージさんへ
どうもです。何をもってDFの選手と考えるかですかねぇ。たとえばホッキジュニオールがいたら使うんでしょうか? そこが知りたい。
>メッシよりもテベスさんへ
サッカーで個性を生かすことと潰すことの違いはなんでしょう? あと寿人は戦術があったから自陣PAまで戻っ田と思いますよ。
>Marioさんへ
「やっとやろうとしていることがわかった試合」はそうですね。「器用貧乏でいいじゃないですか」という考えもあると思いますが、そういう選手ばかりが重宝されることが怖いんです。
doroguba
2006/10/06 05:26
チケットを譲ってもらえたんで実際見に行ったんですが。
ドリブルというかキープすることが少ない!!
エシアンやアアピアーなどは前があけば必ず2〜3mはドリブルするんですよ。そうするとそこに日本の選手はカバーにいく。
だから徐々にマークがずれてく・・・そういうシーンが何回もみられましたね。W杯の時もそうでしたがガーナミドルレンジのシュートが枠に飛べばもっともっと良いチームになるんですけどね。

わが代表はおっしゃる通り器用貧乏、ポリパレント
な選手が多い気がします。それがスペシャリストと対義な選手かどうかは別として。頭を使って自らが走れなきゃダメなんですよね。
頭を使って相手を走らせる、動かす選手が少ない気がします。

ピボーテ・レジスタ・ボランチ・・・何でも良いんですが
レドンド、マウロ・シウバ、エッフェンベルグ・・・
エシアン、ピルロ、マニシェ、シャビ・・・
ピッチを俯瞰でイメージして頭とボールで相手を崩そうとする選手が
中盤に欲しいですよね。チームが落ち着かない、ペースを変えれない
っていうのが生でみた感想でしたね。
でもやる気は感じられましたよ。(笑)
J
2006/10/06 14:30
チケットを譲ってもらえたんで実際見に行ったんですが。
ドリブルというかキープすることが少ない!!
エシアンやアアピアーなどは前があけば必ず2〜3mはドリブルするんですよ。そうするとそこに日本の選手はカバーにいく。
だから徐々にマークがずれてく・・・そういうシーンが何回もみられましたね。W杯の時もそうでしたがガーナミドルレンジのシュートが枠に飛べばもっともっと良いチームになるんですけどね。

わが代表はおっしゃる通り器用貧乏、ポリパレント
な選手が多い気がします。それがスペシャリストと対義な選手かどうかは別として。頭を使って自らが走れなきゃダメなんですよね。
頭を使って相手を走らせる、動かす選手が少ない気がします。

ピボーテ・レジスタ・ボランチ・・・何でも良いんですが
レドンド、マウロ・シウバ、エッフェンベルグ・・・
エシアン、ピルロ、マニシェ、シャビ・・・
ピッチを俯瞰でイメージして頭とボールで相手を崩そうとする選手が
中盤に欲しいですよね。チームが落ち着かない、ペースを変えれない
っていうのが生でみた感想でしたね。
でもやる気は感じられましたよ。(笑)
J
2006/10/06 14:30
チェルシーはチェルシー。日本は日本。モウリーニョはモウリーニョ。オシムはオシム。全ては別のもので、「〜のように」を押し付けるのはナンセンス。静観すべき。これもまたいち個人の意見で、押し付けているわけではない。
bis
2006/10/06 14:34
>Jさんへ
長文ありがとうです。「頭を使って相手を走らせる、動かす選手」はオシムはどれくらい必要としているのでしょうかね? そこは知りたいところですねよ。「ピッチを俯瞰でイメージして頭とボールで相手を崩そうとする選手」は私も必要だと思うのですが、そういうサッカーをオシムがやりたいのかどうかはわからないというのが正直なところですね。
>bisさんへ
確かにすべては別なものですが、サッカーのスタイルなんてじつはそんなにバリエーションはないのですよね。攻撃のバリエーションもしかり。守備のやり方もしかりです。
doroguba
2006/10/07 00:06
>テリーが上がったあとはマケレレとかランパードがそこをカバーしているんで>すが、彼らのプレイからは「俺らが食い止めている間に早く戻ってきてくれ」>ってメッセージが見えるんですよ。「早く元のポジションに戻りたーい」とい>う選手たちの雰囲気を感じるとでも言いますか。これって要は不慣れなポジシ>ョンでプレイしていることに対する選手のぎこちなさであったり、こちらの見>る側の違和感ってことなんでしょうが
もちろんDFとしての能力はテリーの方が高いです。ただテリーが攻めあがりたいというのであれば、ボランチがカバーするのは必然的なことだと思いますし、3枚のDF+1人で相手の攻撃をウェートをするための距離のバランスのとり方やその中での対人の選手に対しての攻撃をウェートするための守備能力というものも必要というだけの話かなと思います。
私は日本には世界で戦えるだけのスペシャリストもポリバレントなプレーヤーも
ほとんどいないと思います。いてもまだ世界で安定して戦えるだけのものは足りないのかなと思います。本当に世界基準なのか、本当にアジア一基準なのか?そこをもう一度考えてもいいのかなと。
KEANE
2006/10/11 10:17
>KEANEさんへ
コメントありがとうございます。「日本には世界で戦えるだけのスペシャリストもポリバレントなプレーヤーもほとんどいない」かもしれませんが、単純にサッカーではどちらも必要だと思うので、どちらにもいい選手が出てほしいです。そういえば中田英がDVDグランデナカタで「スペシャリストとユーティリティープレイヤーについて何か言っていたような。
doroguba
2006/10/12 23:12
Google is the best search engine
AgYIAMwB
2007/02/23 06:28
「オシム日本代表対ガーナ代表」雑感 トータルフォットボール懐疑論 doroguba*footballcolumn*/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる