ユーロ2008予選、イングランド代表&チェコ代表の悲しいニュースを読んで

■チェコ代表

 
現地時間26日(以下現地時間)、チェコサッカー連盟は、同国代表の選手たちがEURO2008予選でドイツに敗れた24日の深夜から早朝にかけてホテルで行なった宴会で問題があったとして、同国代表チームに日本円にして約560万円の罰金を科したことが分かった。ロイター通信が報じている。
 連盟の発表によれば、選手たちは24日の夜にDFトマシュ・ウイファルシの誕生パーティーをホテルで開催。「チェコ代表選手たちによるその祝い方は、節度を越えた不適切なものだった」と罰金処分の理由を説明している。現地通信社によれば、カレル・ブルックナー監督も、これまで経験した最も酷い規律違反であり、一瞬辞任も考えたと語っているという。http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=worldsoccer&a=20070327-00000051-ism-spo

これって、ジーコ日本代表のときのキャバクラ事件みたいなものなんでしょうか。どの程度の宴会だったのかはわかりませんが、朝までコースだったことが規律違反? マスコミにすっぱ抜かれて「処分した」のか、それともマスコミと関係なく自主的に処分することを決めたのか。まぁ、どちらにしても「規律違反」であることには変わりないんですが、その経緯は気になるところです。確かチェコは2002年のW杯予選でもチーム内でのゴタゴタがあって自滅したと何かで読んだんですが(ネドベド対ベルガーとか)、今回もそのときと同じな気がします。残念ですが、ブリュックナーはここが引き際なんでしょう。

■イングランド代表

イングランド代表スティーブ・マクラーレン監督(45)とエースFWウェイン・ルーニー(22)が、欧州選手権予選のイスラエル戦後(24日、0-0)の控え室で衝突していた。試合後の更衣室でマクラーレン監督が「お前は04年以来、代表でいいプレーを見せていない!」と無得点が続くエースを非難。これに反論したルーニーは「オレだけじゃない!」とぶち切れ、ユニホームとスパイクを壁に投げつけた。28日に格下アンドラと対戦するが、チームは内部分裂状態。結果次第でマクラーレン監督の解任もある。(春日洋平通信員)http://www.nikkansports.com/soccer/world/p-sc-tp3-20070327-175665.html

続いてイングランド代表。このニュースについてマクラーレンは否定しているみたいですが、まぁ要はこういうニュースが流れるような状況にイングランド代表が置かれているってことなんですよね。イスラエル戦見ましたが、ちょっと疲れていたこともあり後半途中で寝てしまいました。半分寝ながら見た印象では、マクラーレン監督の狙い通り引き分けに持ち込んだ試合だったようにも見えたんですがそうではなかったんですかね。今のイングランド代表は、もっとリスクを冒して「大胆に」行かないと勝ち点3取れないんじゃないですかね。イスラエルくらいのレベルのチームと戦う場合は。まぁマクラーレンでなくオシムが監督だったら、この試合は間違いなく勝っていたでしょうし、モウリーニョや、ファーガソン、ベンゲルが監督でも勝っていたと思います。もちろんサッカーに絶対はないので誰が監督でも結果は変わらなかったかもしれませんが、イスラエル戦のマクラーレンのイングランド代表は、あまりにも「個=レノン」に頼りすぎだったように見えましたし、そうなった責任は監督の采配にあったと思った次第です。今後のポイントはロシアとの直接対決になると思うんですが、9月と10月ですか。で、11月21日のクロアチアとの最終戦まで、もつれることになるんですかね。そのときまでマクラーレンが指揮しているのか? 変えるなら9月のロシア戦の前までに行うべきだと思うんですが、まぁよっぽどの事がない限りはマクラーレンで行くんでしょう。たぶん。
人気blogランキングへ
↑読んでおもしろかった人はクリック願います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0