アジアカップ「日本代表対UAE」超雑感 オシム日本代表とポゼッションサッカー

■ワンセグ

ちょっと所用があり、ちゃんと試合をTV観戦できなかったんですが、ワンセグでチラチラと試合を見ての感想。

■高原

まず、高原。すばらしかった。ナイスゴールでした。1点目、2点目ともすばらしかったですが、特に2点目はさすがでしたね。トラップからシュートを打つまでのイメージとそれが実践できる技術がすばらしい。そして何よりゴール前で落ち着いているのがいい。高原はきっと、ゴールを決めるまでの「明確なビジョン」を頭の中で描けているからゴールできていると思うんですが、それは誰しもができることではないと思うんですよね。オシム日本代表は、後方からのアーリークロスの攻撃が多いのですが、その後方からのクロスを「どう受けて、どうゴールにねじ込むか」? ニアサイドで頭で合わす? トラップして前向いてシュート打つ? それとも、自分でシュート打つ選択肢は無くして、ポストプレイして誰かにパス? これらを含めた、いろいろな形を頭でイメージが描けていて、状況によってベストな選択ができるのがすばらしいFWだと思うんですが、今の高原はちゃんとそれができている感じに見えます。FWはやっぱ得点してナンボというポジションですよ。常にゴールをイメージしてプレイして、ゴールを狙わないと。ってわけで、これからもがんばってもらいたいです。

■中村俊輔

次にMFの中村俊輔。1点目のクロスは見事でしたね。PKもちゃんと決めたのは評価したい。あとのプレイはワンセグだったんで、よくわかりませんでした。遠藤、中村憲剛も同様。そういえば、もう1人のFWは巻選手だったんでしたっけ? そうそう、試合前にポイントにしていたクサビのパスですが、それほど決まってはなかったですかね。効果的なタテパスが少なく、それゆえに攻撃にメリハリと厚みがでないように感じました。スパレッティやリッピのチームのやり方で崩したいなら、もっと縦の揺さぶりができないと厳しいですね。って、どんなサッカーでも「縦の揺さぶり」は効果的だし必要だと思うんですが。

■オシム日本代表とポジショニング

「ゲームを左右したのは、どちらが相手を走らせることができたかという点だ。結果として、我々の方がボールをより多く動かして、対戦相手をより走らせ、疲れさせることができた。今日の試合は90分どころか、45分でも大変だったと思う。しかしボールは疲れない。気温には関係なく走らせることができる。結果的にはこちらのペースで試合を運べたし、勝つことができた。しかし、もしもUAEが先制していたら、どんな試合になっていたか分からない。その場合は、我々の方が走らされていたかもしれない」「その時が一番よい試合をしていたかもしれない。論理的ではないが。その時間から試合終了までの間、おそらく日本のボールポゼッションの95%くらいで、UAEはほとんどボールに触れることができなかった。そういう試合展開だったと思う」
http://www.jsgoal.jp/news/00051000/00051379.html

ポゼッションサッカーするなら、やっぱ各人がもっと基本となるポジションをイメージしないといけないのかもしれませんね。リアクションサッカーするなら、相手のポジションに合わすんでもいいと思いますよ。そのほうが有効な気もしますから、ただ自らが主体となって組み立てるサッカーをするならポジションの概念がちゃんとあったほうがいいと思うんですけどね。ちゃんとしたッポジションがあって、それを自らがポジションチェンジして「崩す」ほうが、ボールも人も動くと思うし、ピッチももっと広く使えると思うんですよね。オシム日本代表見て、いつもそれを感じます。だからゾーンだ、マンマークだって話をするんですが。まぁ守備時はポジションなくてもいいですが、攻撃時はもっとお互いの距離やポジションを意識した方がいい気がする。トライアングルを意識したポジションニングとでも言いますか。って、オシムはオランダサッカーはしないか。ちなみにオランダを取り入れているのは韓国だけじゃないですよ。ドイツW杯にオランダ人監督がゴロゴロいたのは有名な話ですが、今のサッカー界がそういう状況になっているのにはきっと明確な理由があるんでしょう。たぶん。って、オランダサッカー=ポジションが明確なサッカーってわけじゃないんでしょうが、オシム日本代表の各人のポジショニングがアジア大会でどう変わっていくのか、それとも変わらないのかってのは興味あることだったりするんですよね。ちなみに、失点シーンはポジショニングが悪かったせいのようにも見えましたが…。

プレッシングサッカーは、ボールを持っているときにもできる。テンポを上げながら左右にボールを散らして、相手のDFをずらす。ボールを戻してまたサイドに散らして、どんどん前にボールを運べば、相手のラインは下がっている。ボールを奪われたときには、敵陣地での密度が濃くなっている。このシチュエーションは攻撃のときに作られている。しかし縦にロングキックを蹴って相手DFを下げるのは、プレッシングサッカーとは言わない。ボールを取られたときには、DFとFWの距離が間延びしていますから。http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/eusoccer/0506/holland/column/200606/at00009291.html

人気blogランキングへ
↑読んでおもしろかった人はクリック願います。

日本人はなぜシュートを打たないのか? (アスキー新書 18)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0