ロッベンがレアルマドリードへ移籍決定、チェルシーはベレッチ獲得?

■ロッベンがレアル・マドリードへ移籍決定!

残念ながらロッベンのレアルマドリードへの移籍が正式に決まりました。
公式からついに、移籍で合意したとの発表が出ました。
 公式から出るまでは取り上げないつもりでした。http://hinakiuk.sakura.ne.jp/wordpress/?p=1207

と、ヒナキさんも書かれてますが、私も同様でした。まぁ移籍は時間の問題だとは思っていたんですが、実際にそうなるとやっぱ寂しいものです。というわけで今回はロッベンについて語ってみたい。といっても単なる思い出話になるわけですが、今でも強烈に覚えているのはチェルシー1年目のアウェーフラム戦のパフォーマンスかな。誰かとツインシュート決めたあの試合。って、強烈に覚えているとかいたわりには誰だったか忘れているわけですが、あの試合のロッベンは1人だけ次元が違うステージに立っていたような感じだった。ドリブルのキレはすさまじくシュートの決定力もあった。思い返すと、移籍1年目が一番すごかったなぁ。もちろん、毎年いいパフォーマンス見せてくれてましたが、私に彼のプレイを見る免疫がなかったせいか1年目が一番すごいという記憶が残ってますね。一方、ロッベンと言えば、毎年、怪我してシーズン後半はいなかった思い出があるわけですが、これはドリブラーというプレイスタイルの問題とプレミアリーグという「格闘技サッカー」の関係が大きかったんでしょう。CLで負けるたびに「ロッベンが怪我してなかったらCLで勝てたのに」と負け惜しみを言っていた気もしますが、それくらいチェルシーにとって重要な選手であり「期待の星」であったということでしょう。まぁ本来ならロッベンはマンチェスターユナイテッドに入団するハズで、それをアブラモビッチがケニオンとともに掻っ攫ってきたわけでして、そう考えると今回の移籍もまぁ仕方がないかなって気がする。他チームへの移籍に関しての契約条項とかあるんだろうし。レアルマドリードというチームは個人的には好きではないし、リーガエスパニョーラも見ないんで、たぶん今後ロッベンのプレイする姿はほとんど見ることはないかもしれませんが(CL&オランダ代表があるから、そんなことないか)、まぁがんばって成功してほしいですね。しかしレアルマドリードはこのオフに8人目の補強ですか。さすが金持ってるな。

■チェルシーはアウベスでなくベレッチ獲得?

チェルシーがバルセロナのベレッチを獲得することが確実な情勢となっている。22日夜にスペインメディアが一斉に報じたもので、移籍金は550万ユーロ(約8億6000万円)と言われる。
 ベレッチ本人は既に22日中にロンドン入りしており、23日にメディカルチェック、入団発表となる見込み。昨シーズンはザンブロッタの加入もあり、バルセロナで出場機会を失っていたベレッチ。今シーズン終了後には契約満了となり移籍金なしでの放出が濃厚だったため、チェルシーからのオファーは本人、バルセロナの両者にとって朗報だったようだ。よって、突然の電撃移籍とはいえ、チェルシーも含めた3者が満足できる形でスムーズに交渉が進んだもよう。
 バルセロナにとってはモッタ、エスケーロと構想外の選手の行き先を決めることが今後の優先課題となっている。http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=worldsoccer&a=20070823-00000041-spnavi-socc

でもってベレッチ獲得みたいですね。値段から考えても、いい補強なんじゃないでしょうか。右サイドバックはチェウシーの鬼門になりつつあるので、がんばってほしいですね。しかしアウベスの62億はふざけすぎですな。

サッカー、イングランド・プレミアシップのエバートンは22日、ウェブサイト上でミドルスブラのナイジェリア人ストライカー、ヤクブ・アイエグベニ(24)をクラブ史上最高額となる1125万ポンド(約26億円)で獲得することで合意したと発表。http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=worldsoccer&a=20070823-00000241-reu-spo

エバートンがヤクブ獲得。ボロがミド獲得した影響なんでしょうか、マージーサイドダービーでの活躍を期待してます。
人気blogランキングへ
↑読んでおもしろかった人はクリック願います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0