欧州CL決勝「チェルシー対ユナイテッド」超雑感 ロナウドが悲劇のヒーローにならなくてよかった

■クリスチャン・ロナウドが悲劇のヒーローにならなくてよかった

問題はテリーがPK失敗したことではなく、彼に5人目のキッカーを任せたことだ。志願したのかグラントが任せたのか知らんが、どちらにせよグラントが5人目のキッカーとしてテリーを容認したことが問題だと思う。なんでテリーが5人目だったんだろう?キャプテンだから最後を任せたのか、それとも誰かに強要されたから仕方なくそうしたのか?

もしもセンチメンタリズムから最後のキッカーに選んだのなら、それは間違いである。勝負の世界に同情なんていらない。同情するならビックイヤーくれ。テリーの涙に別に何も感じなかった。それよりもクリスチャン・ロナウドが悲劇のヒーローにならなくてよかったという安堵の気持ちのが大きかった。ロナウドの、あのPKの失敗の仕方はマジでヤバすぎた。洒落にもならない失敗ぶりだった。別にユナイテッドのファンではないが、あのロナウドのPK失敗はフィーチャーされるのはサッカー界全体においてよくないとだったので、そうならなくてよかった。チェルシーが負けたのは残念だったけどね。

■ドログバ…

グラント以上に最悪なのがドログバだった。あの退場はマジで最悪だった。アホである。戦犯だ。全国のチェルシーファンに謝るべきだ。いや世界のサッカーファンに謝罪すべきだ。サッカーを冒涜したことを謝れ! ほんと朝から気分悪くしたしガッカリだった。最悪の決勝戦だった。

■人工芝?

ガッカリといえば、なんであのピッチで決勝戦をすることにしたんだろう。ほとんどの選手が足をつっていたのは最悪だった。選手がかわいそうだった。見ている我々も被害者だった。世界のサッカー界をリードすべき欧州チャンピオンズリーグの決勝をやるのにはふさわしくないスタジアムだった。まじで残念。

■裏目

あとエシエンのサイドバック起用が裏目に出たのは天罰だと思った。彼の本職は中盤だ。もちろんサイドバックもこなせるけど、世界のクリスチャン・ロナウドに対峙させるのは酷だと見ていて思った。パウロはこの試合をどういう気持ちで見ていたんだろうか?

ファーガソンがハーグリーブスをサイドで起用した理由もよくわからなかった。ありゃ失策だ。エシエンのサイドバック起用と同じくらいの失策だった。だから助かった。あとバラックのあのシュートの外しっぷりは何だったんだろう。そしてマルダは何でスタメンなんだろう。まぁ、もう終わったことし、それはどうでもいいことだ。アブラモビッチもきっとわかってくれたことだろう。監督変えなきゃダメだって。グチばかりだ。残念だらけだ。ガッカリだらけだ。だからこの負けを受け入れらる。そういう気分だ。

Terry penalty

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0