ユーロ「スイス対チェコ」

守備力の差でチェコが勝利したという感じでしょうか? 守備力というかGKチェフの差? 正直、今のチェコは攻撃力はショボイですよね。ネドベドの抜けた穴を埋められてないんですが、シオンコとかプラシルとかが二列目ですと、まったくゴールの匂いがしないんですよね。世代交代に失敗したというか、ネドベド世代が異変だったんでしょうけど、今のチェコの攻撃力のショボさは見ていて悲しい限りです。ただ、そんなショボイ攻撃力でも勝ち点3を取れたのは、ひとえにゴールキーパーにワールドクラスの選手を要しているからであると思う次第なわけで。まぁスイスの決定力不足に助けられたところもあったと思いますけど、チェコが守備力で勝利したということにしておきましょう。
スイスはバルネッタの出来がイマイチだったのは残念でしたが、ベーラミとかフェルナンデスとかいい若手が君臨しチェコと違って世代交代が上手くいっているように感じました。ただ、残念ながら決定力不足は深刻で、ここが解消されない限りもう1ランク上へ行くのは厳しいように感じたのも事実です。開催国という利点を生かせることができるかが、今後のポイントなのかもしれませんけど、この敗戦は正直、厳しいですな。ちなみにフェルナンデス選手はマンチェスターシティ所属ですが、エリクソンが去った来期のシティにいるのかどうかは怪しいところですよね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0