レオコーカーは期待はずれだった? アストンビラ戦ほか、プレミアリーグその他の試合について

先日ラジオでジャパニーズレゲエについて話していた。
ちゃんと聞いてなかったので、その内容はまったく覚えてないし、
そもそも興味ないんだけど、そういうミュージックシーンが
日本にあることはわかった。
きっと今どきの若者に支持されているんだろう。
もちろん、ボブマーレーは好きだよ。
彼はみんなに愛されているのさ。
ラブ&ピースさ。
Hotel California -Bob Marley-



■ユナイテッド対アストンビラ

そのマチェダは『スカイ・スポーツ』に対し、「ああやってゴールを決められて、本当にうれしい。監督からはシンプルに、ただプレーしてこいと言われた。ボールが来たときには、ゴールを決めたいとだけ思っていたよ」と喜びのコメントを残している。一方、ファーガソン監督は「よくやったが、地に足を付けていなければいけない。これから数日に渡って脚光を浴びるだろうけど、それをコントロールしなければいけないからね」と述べ、浮かれてはいけないと忠告した。
http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=worldsoccer&a=20090406-00000015-ism-socc

確かに、あのゴールは見事でしたけど、所詮は「これからの選手」。デビュー戦での活躍ということで、確かに「目に見えない何か」を持っているのかもしれないけど、個人的にはそれほど彼に興味ないですわ。まぁ将来的にビエリちゃんみたいな本格ストライカーになる可能性もあるのかもしれないけど、このまますぐにユナイテッドのストライカーとして大勢することはないんじゃないかな。たぶん、一度どこかのチームへレンタルで放出されて、そこで活躍してユナイテッドに呼び戻されるものの、戻っても出番が少なくベンチばかり。で、首脳陣とぶつかって、母国イタリアに戻って、それから数年後にブレークみたいな感じになる気がしているんですが、果たしてそんなネガティブな予想を覆すような活躍をすることができるのでしょうか? 正直、ゴールを決めたマチェダよりも、彼にゴールを決められたアストンビラの戦い方に問題があったと思っているんで、どちらかと言うとその点について指摘したいな。まず、途中から入ったレオコーカーですが、チェックが甘すぎる。もっとボールホルダーへプレッシャー掛けないといかんでしょ。ウエストハム時代はなんとなく「フィジカルの鬼」なイメージがあったんだけど、ビラに移ってからなんか元気ないように見えるな彼。って、そんなことないか、ウエストハムの最後もレオコーカーは「ダメな感じ」でしたね。失礼。オニール監督が彼を投入したのは守備を考えて? まぁミルナーの精彩がなかったから、その選択肢はわかるけど、正直「守備固め」としては期待はずれだったんじゃないかな。シドウェルがいなかったから仕方がないのかもしれないけどさ、たとえばCBナイトをミルナーの代わりに投入して、中盤の底にCBからクジャールをコンバートするとかのほうが効果的だったのではないでしょうか。ツーセンターも後半途中から疲れが見え始めていたし、中盤の底にアンカーをちゃんと配置した方がよかった気がするんですけどね。

結果論だけど、それをしていればクリスティアーノ・ロナウドの2点目も防げたと思うんですわ。そうしていれば、あの時間帯の「中盤のチェックの甘さ」を防げた気がすrんですがね。というか、だいたい1失点目がアホ過ぎる。GKへのバックパスで間接FK取られて、FKをロナウドに決められるわけですが、あんなプレゼントゴールしちゃいかんでしょ。まぁラウルセンのいないビラDFなんで、ある程度のミスは仕方がないと言えばそうなのかもしれませんが、大一番でああいう軽率なミスはやっちゃいけません。

ちなみに、この試合でユナイテッドはファーディナンド、ビディッチ、スコールズ、ルーニー、ベルバトフ、パクチソンが不在でした。ユナイテッドは選手層が厚いので彼らがいなくてもそれなりのメンツで試合ができちゃうわけですが、それでもビラ的には主力抜きのユナイテッドと戦えたのは大チャンスだったわけで。チャンピオンズリーグ出場権を狙うなら、この試合は負けちゃいけない試合だったと思うんですよね。正直、17歳の若造なんかにやられている場合じゃなかったと思う。間違いない。

■ブラックバーン対スパーズ

パラシオスの退場から状況が一変するわけですが、ロングボールを中心にごり押しするアラダイス戦法が見事的中という感じか? 「チェルシー戦の勢いはどこ行った?」って感じのスパーズの戦いぶりでしたが、改めて先週の敗戦がもったいなかったなぁと感じた次第です。

■フラム対リバプール

リアルタイム観戦では前半見ていて眠くなったんで寝たんですが、ベナユンの決勝ゴールをハイライトで確認。今シーズンのリバプールはなんか勝負強いなぁ。チェルシー的には、この勝負強さは要注意だね。あとジェラード&トーレスのコンビはやっぱすごい。チェルシーはCBがアレックスだと心配だな。やっぱ。カルバーリョ希望。アンカーミケル。右SBイバノビッチ。とりあえずCL第一戦は、これで、試してみましょうや。

■アーセナル対シティ

ハイライトでの観戦だけど、ここでのセスク&アデバイオールの復帰は大きいなぁ。セスクのコンデョション次第なんでしょうが、なんか今一番手強い気がする。チェルシー的には、とりあえずはFA杯獲得のための最難関となりそう。
人気blogランキングへ


Legend (New Packaging)
Island
2002-05-21
Bob Marley

ユーザレビュー:
Legend!!これ ...
ボブマーリー入門者に ...
最高一度は耳にしたこ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0