おすすめブログに選ばれました!

■代表戦あったんだ…

日本代表の試合があったみたいだけど、なんかスケジュール感がおかしくない? 確かに、一部の欧州リーグでは全日程が終了したところもあるけどさ、今日は欧州チャンピオンズリーグ決勝の日なわけで。そんな祭りの日に、わざわざあまり意味の無い親善試合を行なう必然性がないきがするんだけどね。Jリーグ秋春制へ移行とか掲げているわりには、欧州のカレンダーを平気で無視しているのが滑稽だ。

■おすすめ

さて、気を取り直して。

本日、BIGLOBEの「おすすめblog」に当ブログを取り上げていただきました。何故このタイミングで「おすすめ」に選ばれたのかわかりませんが、きっとブログを4年近く続けて書いていた継続性が認められたんでしょう(このブログは、きっといろいろ問題あって選ばれてないとばかり思っていたんで正直意外でした)。

■当時を振り返る

というわけで、今回は「おすすめ」されたのを記念して、このブログを始めた当時のことを振り返ってみたいと思います。もう忘れてしまっていることもあるかもしれませんが、当時の私の心境や状況などを思い起こしてみます。

このブログを始める前はサッカーカフェという掲示板に、たまに某匿名で書き込みをしておりました。ジーコ日本代表のこと、欧州サッカーやチェルシーのことがメインだったかな? ジーコ日本代表に関して言えば、初めはアンチ的なスタンスでした。サッカーの理解力が足りなくて、ジーコのサッカーがわかってなかったのがその理由かな。で、途中から“転向”してジーコ支持に。チェコ戦あたりか、もしくは中国アジア杯あたりか、いやもっとあとになってからだったか? 転向した理由は、ジーコのサッカーが理解できたからだったからかな? 確か。で、当時のサッカーカフェの掲示板でもジーコの支持派とアンチが入り混じっていた感じで、掲示板ではなかなか熱い議論を展開していたんだよね。ブログは書いている人はいたけど、あまり一般的ではない感じだった。ガセッタさんとかケットさんとかz-netさんとか一部の人は、その当時からHPやブログで書いていたみたいだったけど、私は掲示板だったんだよね。

■サッカーカフェ

そんな感じで私はサッカーカフェな人だったんだけど、2005年の1月にこのブログを始めることになります。当時はブログに関しては簡易なHPってくらいの認識しかなかったんだけど、なんとなく自分にでもできそうだって気がしたんで始めます。はじめた一番の理由は、やっぱ自分の書いたことが1つにまとめられるから。ケットさんやz-netさんのHPやブログを見て感銘を受けたことも、もちろん始めた動機の1つです。開設をBIGLOBEにしたのは、当時「はぎや・えれいね」さんという方がBIGLOBEで書いていたから。デザインはシンプルだけど、書いていることはおもしろい。「はぎや・えれいね」さんのブログは、そんなイメージだったんだけど、こういうのならできそうってことでBIGLOBEに開設することにしたんです。確か。そう。私がブログをはじめたのは「はぎや・えれいね」さんの影響が大だね。今何しているか知らないけど。ちなみにブログ名は、どういうものがいいのかよくわからなくて、適当に「doroguba」ってしたように記憶しています。チェルシーのファンでしたが、ブログ名に「チェルシー」とはつけたくなったんだよね。当時はどちらかと言えば、基本はサッカーカフェの延長線上の「サッカー論」を書きたかったし、あまりファンサイトみたいなものに興味はなかったんで。って「doroguba」って思いっきり選手個人のファンサイト見たいじゃん、と突っ込まれている方は正解(笑)。よく考えればそうなんだけど、なんか語感からくる「インパクト」が気に入っていて、それで採用した。もちろんドログバ選手は好きだったし、なんとなく彼はモウリーニョ・チェルシーの代名詞みたいに感じていたから採用したという説もある。当時ドログバはそんなに有名じゃなかったし、いいかなってのもありました。ちなみにスペルが違うのは単純に間違えて書いていただけです。途中でスペル間違いに気がついて修正しようかと思ったけど、逆に間違っているほうが「日本人英語みたい」でいいかもと思い、結局間違ったままで今日に至っています。たぶんドログバがチェルシーからいなくなっても、このままです。

■トルシエから始めて

というわけでブログをはじめるわけですが、記念すべき第一回目のタイトルは「トルシエ」でした。チェルシーのことでなく、トルシエ批判からこのブログはスタートします。マルセイユで監督やっていたときの批判です。なんで、それを書いたのかは忘れましたが、例のリザラズ問題が話題になっていたからかな? 今、当時のエントリーを読み返すとチェルシーのことはあまり書いていませんでした。なんでだろう? あまりエントリー内容をチェルシーに絞りたくなかったからだったのか、それともすべてのチェルシー戦を追える環境に住んでなかったのか忘れました。そうだよ、チェルシーの試合を毎試合追うようになったのはいつぐらい? CLバルセロナ戦とかのことは書いているし、主要な試合は押さえていた感じだったか? ちなみに当時は、あまりチェルシーのことを書いているサッカーブログはあまり無い感じでした。知っていたのはヒナキさんの「すべてが蒼に染まるまで」とか「Ataasha in London」さんとかくらい? まぁ私があまり知らなかっただけかもしれないけど。にしても、ブログ始めてから4年半かぁ。いろいろあったよな。

さて、もうそろそろ昔を振り返って書くの飽きてきたので、このあたりで止めます。この続きは、また何か機会があれば。

 昨日に続いてナントレンジャーについて。
当時はロックインアメリカの曲を真似して演奏する、中学生や高校生が多かった。
みんなエイトフィンガープレイやフロイトローズもどきのアームプレイを見よう見まねでコピーしていたんだ。
たとえばその当時の青山学院高校の学園祭なんて、教室を覗けば誰もがジェフワトソンやブラッドギルスと化してギターを操っていたものだった。
私は部外者だったけど、その光景は衝撃的だった。
そこには、尾崎豊の「ゆ」の字もまったく存在してなかった。
あったのはヘビメタかジャパメタ。
ちなみに私の先輩はエイオトフィンガーでなく長渕のスリーフィンガーのが好きだったようだ。「フェスティバル」よりも「お祭り」すきだったのだ。
Night Ranger - Sentimental Street: Relaid Audio

人気blogランキングへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス