欧州CL「アーセナル対オリンピアコス」超雑感とか 真実を客観的に見るのは、難しくない?

チェルシー戦の前に、昨日アップできなかったこちらから。

■高いと低い、どっちでゾーンを作りたい?

高い位置からプレスを仕掛けるために、それと連動して「最終ラインを高くして」全体をコンパクトにするのか? それとも最終ラインの位置を自陣ペナルティラインのあたりの低い位置にキープし、いわゆるバイタルエリアのスペースを消すことを第一と考え、それに合わせる感じで中盤の選手のポジションを最終ラインとバイタルエリアを補完する形でゾーンを形成するのか?

■「低い」は「高い」の出来損ない?

たぶん現代サッカーでは、この「ハーフウェイラインあたりで櫓を組む」守り方と、ペナルティエリアあたりの「自陣に引いた位置で櫓を組む」守り方の2種類があると思うんだけど、そのどちらを採用して守るのかというのは監督の好み次第という感じなんでしょう。いやいや、単なる監督の好き嫌いという好みの問題でなくて、「自分たちの選手の質とレベル」と「相手チームの質とレベル」を考え、状況に応じてどちらかを選択して採用するのが現代的? というか「高い位置」が正解であり、「低い位置」は出来損という感じで、本当は高くしたいんだけど相手に攻められてしまって、不本意ながらズルズルと「ラインが下がってしまった」だけであり、自主的な「低いゾーン」なんて幻想?

■2つとも使え!

と、こんな感じでゾーンディフェンスに対する考え方はいろいろあると思うんだけど、私個人的には「高いゾーン」と「低いゾーン」の2つを、状況に合わせて自由自在に採用できるチームがすばらしいのかなぁと思っております。まぁ優先順位みたいなものはあるのかな? 順位をつけるとしたら「自らがボールポゼッションしているので守備しないでよい」が1番で、2番が「なるべく高い位置でプレスできるならする」。で、3番が「低い位置」? そう「低い位置でのゾーン」は、確かに3番なのかもしれません。だけど、だからといって3番の「低い位置でのゾーン」が、自主的なものであるのが幻想で、「高い位置」で守れなくてズルズルっと下がっただけの“完全なる失敗の守備の形”であるとは私は思わないんだけどな。やっぱさ、相手の攻撃の仕方(たとえば放り込みとか)とか、自分たちのコンデョション状態によってはさ、必ずしも高い位置からのプレスがベストであるとは限らないと思うしさ、何よりさ、守備で一番大切なのは「バイタルエリアで相手にシュートを打たれないこと」であると思うわけ。「高い位置プレス」は手段であって、目的は「そのまま奪ってカウンター」もしくは「相手にバイタルエリアでシュート打たれない」ってことだと思うのさ。つまり、守備の最大の目的を考えれば「低い位置でのゾーン形成」はあながち間違いではないと言える思うんですが、いかがですか、この考え? 間違ってます?

■プレスは必要?

もちろん「高」かろうが「低」かろうが、どちらの場合でもボールホルダーをしっかりとチェックして相手に簡単にプレイさせないことはマストであるとは思いますよ。“バイタルにきれいにゾーンを形成しました。これを崩しません”って感じで、工事現場のポールのように均等に選手間の距離をとって、相手にプレス掛けずにピッチに突っ立っていればいい訳ではないとは私も思います。まぁ、工事現場のポールでも「ないよりはマシ」だと思うし、それで通用する相手もいるとは思いますが。さて、ここで、いきなりですが、「サッカーの面白い分析をこころがけます」様から引用させていただます。

■何を考えているのか、さっぱり?

で、肝心のオリンピアコス。4-1-4-1を綺麗に維持しているのだけど、まったく機能していなかった。最初にDFとMFの距離が広い→アンカーの周りのスペースを使われまくり。MFの位置は高いのに、ボールホルダーに対するプレスがまったくないので、ただゾーンを埋めているだけ。FWもあんまり守備をしない。よって、アーセナルのCBとソングは本当に自由だった。

 相手にプレスがかからないのに、高い位置でゾーンを埋めるMF。何を考えているのかさっぱりであった。一応、自陣のゾーンを埋めていて相手にボールを持たせている感じなのだけど、だから何って感じで。さっさとペナ付近に密集して、ゴール前にバスを並べる作戦に修正すればいいのに、それすらも見られなかった。
http://www.plus-blog.sportsnavi.com/josepgualdiola/article/731

上で指摘されているように「ただゾーンを埋めているだけ」って感じなの同意です。確かに私も見ていて、もっとボールホルダーに対してはガツガツとプレスいけるところは行くべきだし、高い位置からプレスいける時は行ってもいいんじゃね? ってちょっぴり思ってしまいました。ただ一方で、たぶんオリンピアコスの選手たちは「バイタルエリアのケア」が最優先事項であり、それをするのが精一杯だったのかなとジーコのことをポジティブに考えてこの状況を妄想する自分がいたのも確か(笑)。その他にも「ジーコはきっと高い位置からのプレスとかすることによるリスクを避けているんだ。高い位置から仕掛けることで、本来の目的であるバイタルエリアのケアが出来なくなっては本末転倒だからね」とか、ジーコの変わりに敗戦の言い訳を考える自分がいたりして。

■ジーコの敗戦の弁

というわけで、こちらがジーコ監督の敗戦の弁です。

相手が強豪であることは承知していた。その強烈なプレッシャーに70分以上の時間帯を耐えぬいたがそれが今のこのチームの大きな課題であるフィジカル面での限界だった。強化対策としてMoracyを登用した訳だ。怪我人も多く苦しいなかチームはよく耐えたと思う。しかしながらレフェリングに関しては疑問が残る。相手チームにはフランス籍の選手が多くまた監督までフランス人なのに何故あえて相手ホームゲームでフランスの審判団で行うのか?公正的配慮に欠けるのではないか?実際試合中のファールの判定に納得行かない部分が多くあったし最終的にはオフサイドのゴールで決められてしまった。http://zico.cocolog-nifty.com/blog/2009/09/post-640e.html

さすがジーコ! 確かにフィジカルの問題は「90分間、画面を睨んでいるだけの部外者」にはわからないし、それにフィジカルがサッカーに欠かせない要素であることも事実だ。「90分耐えることを想定」してのあの「プレス少なきゾーン」であったと言うのなら、あのやり方もなんとなく理解はできる気もするし、実際のところ70分くらいは持ったわけですからね。ただ、フランス籍の選手が多いのにフランス審判団はおかしい発言に関してはどうなんだろう? フランス人はギャラス、クリシー、ディアビにベンゲル? 確かに4人いるけど、それはあまり関係ないような…。

■アンチトータルフットボールというやり方?


ということで、最後にmarioさんのブログからこちらの文章を勝手に引用させていただいてこのエントリー終了。そう、つまりミケルスによると、この試合でジーコがやりたかったのは、「イタリアのカテナッチオ」だったということなんでしょうかしら?たぶん。

「トータルフットボール」は美しくスペクタクルであるが、実行に移すのが困難だ。 選手たちに要求することがたくさんある。 「トータルフットボール」は攻撃的なシステムであるが、逆説的に見れば最も優れたディフェンスの戦術でもある。 試合でよい結果を得るには、イタリアの「カテナッチオ」の方が有効であると思われている。 しかし、「カテナッチオ」は「トータルフットボール」と対照的にディフェンスのメンタリティーに由来するフットボールである。 選手たちはボールを探しに行かない。 来るのを待つだけである。 「カテナッチオ」は最大限にリスクを回避している。 「トータルフットボール」はそれよりリスクが大きい。 当然のことながら、ふたつのシステムは違ったメンタリティーの選手を生み出すことになる。 したがって、イタリアではチームが攻撃的戦術でプレーするのは難しいであろう。
http://mariott.blog21.fc2.com/blog-date-20090930.html


人気ブログランキングへ
↑読んで面白かった人はクリック願います。

最近、ハイパー・メディアクリエイターを再評価したいと思っている。
ナイキのシューズとコンピュータという組み合わせはもう古いのかもしれないけど、
そこから太陽や自然の恵みへと突き進む方向性は正しいと思うからだ。
それに「真実を客観的に見るのは、難しくない」と言い切っているところも素晴らしい。
もしそれが本当なら、このアーセナル戦のジーコの戦術の意図もわかるんだろうけど…。 

Belinda Carlisle - Heaven Is A Place On Earth
 
人気ブログランキングへ
↑読んで面白かった人はクリック願います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)