プレミアリーグ「リバプール対チェルシー」超雑感 もっと早くチェルシー仕様にしとけって気持ちはあるけど

■FWの前線からの守備を徹底させていたように見えたのはすばらしかった

遅くなりましたがリバプール戦について。まず、この大切な一番できっちりと勝ち点3を獲得したアンチェロッティの采配を評価したいです。いつも通りのポゼッションスタイルを継承していたのはもちろん、FWの前線からの守備を徹底させていたように見えたのはすばらしかったなぁと。今期のチェルシーの守備はどちらかというと「前からプレスよりもリトリート」というイメージが強かったんですが、この試合はそのプレスとリトリート両方の守備戦術を状況に応じて使い分けできていたように見えました。戦術というか単に選手のコンデョション良好という影響もあって、各選手が守備時に動けていただけなのかもしれませんけど、何にせよ積極的に前から守備できたことによって、結果的に「リバプール(ジェラード)のミス」が生まれた気がするんですよね。つまり、あのゴールはリバプールからの「偶然のプレゼント」だったのではなく、チェルシーのがんばりによる「必然的なプレゼント」であったという解釈。もちろん、あのシーンはジェラードの軽率さを責めるべきなんでしょうが、個人的にはそれよりも何よりも、あそこでバックパスのインターセプトを狙っていたドログバの姿勢というかチェルシーの姿勢を評価したいなぁと。まぁ優勝が掛かった大一番でしたし、FWがバックパスを狙うなんて基本中の基本なんでしょうけど、それでもあえて「基本を徹底できたこと」は評価したいんですよね。というわけで、個人的なこの試合の一番のチェルシーの勝因は、そんな「前から守備の姿勢の徹底」ということにさせていただきます。で、その他に感じたことも、いくつか。

■マスチェラーノのサイドバック起用の意図は?

このところのリバプールの戦い方はよく知らないんですが、マスチェラーノのサイドバック起用というのは、あれは奇襲だったんでしょうか? まぁ、単にグレン・ジョンソンが出れないことで苦肉の策でマスチェだっただけなのかもしれませんが、結果的に考えればチェルシー的にはラッキーだったように感じました。ラッキーというか、マスチェラーノが本職のボランチ的なポジションのが、チェルシー的には戦いにくかった気がしたんですよね。もちろんルーカス&ジェラードの中盤がめちゃ悪かったとは思いませんし、アクイラーニの攻撃力も脅威ではありましたが、マスチェラーノの中盤での守備力が無かったのはチェルシー攻撃陣にプラスに働いたのは間違いないかなと。

■欧州スタンダードな「4-4ゾーン」信者

思えば、今期のリバプ-ルは「シャビ・アロンソの抜けた中盤の穴が問題」であったといわれていたわけですが、この大一番でリバプールの中盤には、そのアロンソのみならずマスチェラーノもいなかったというのは、なんか今のリバプールの現状を象徴していたよな気が,しました。そのあたりのチームの中盤のベース部分のところを、ベニテスはどう考えているのか知りたいなぁ。たとえば、アンチェロッティはアンカーというかフォアリベロというポジションに「こだわり」があると思うんですが、そういう「こだわり」はベニテスにはあまり無いんでしょうか? まぁ、欧州スタンダードな「4-4ゾーン」信者であり、選手が誰かということよりも「オートマティック的なオフ・ザ・ボールな動きができて、あとゾーンを壊さないポジションニング」などができればいいというシステム論者なのかもしれないけど、それでも強かったころ(というか昨年まで?)のリバプールはもっと選手の個人能力に対してもこだわりがあったようにも見えたんですけど…。って、まぁそういう選手が手元にないんでできないだけなのかな?

■「ウイング起用」するようになった姿勢を評価

ちなみにアンチェロッティの「こだわり」であったはずのピルロシステムについてですが、ある時期からそれを止めて「ウイング起用」するようになったのは、改めて評価したいです。この試合でもカルーをサイドで抜擢していましたが、そんなサイドで1対1で勝負できる選手を起用し、合わせてそういう「オランダ的なウイングで1対1を仕掛けるサッカー」をしているアンチェロッティの柔軟性には、個人的にはもうめちゃくちゃ評価していたりします。2トップの独創性+サイドはサイドバックの攻撃参加オンリーだったときよりも、今のオランダ式のが現状のチェルシーには合っていると思うんですよ。ウイングというかドリブルというアクセントが加わったことで、攻撃に厚みが増したとでもいいますか。

もちろん、この前から指摘しているワントップのドログバの動きが献身的になったこともポイントだとは思いますよ。この試合の2点目も、そんなドログバの「下がって基点となった連動的なプレイ」がポイントだったと思いますし、そのドログバが空けた前線にランパ-ドが走りこんだ「連動的なポジションチェンジ」がすばらしかったのは言うまでもないんですけどね。

■現インテルの「ツートップ+トップ下復権」サッカーを捨てて…

ちなみにアンカーにバラックを起用するという発想はピルロシステムに近いのかもしれないけど、そこが現状首位である理由であるようには正直思っていません。もちろん、バラックはいい配給役していると思いますし、そんなアンカーや中盤の「ゲームメイク力」が大切であるのは間違いないと思うんですが、個人的には、そんな「アンチェロッティがピルロシシテムを導入した効果」よりも「アンチェロッティがピルロシステムをチェルシー仕様に改良した腕前」のほうを評価したいんです。つまり現インテルの「ツートップ+トップ下復権」サッカーを捨てて、カルーやマルダのウイング起用&ドログバまたはアネルカのワントップ献身さを根幹とした“イタリア人なんだけどオランダ的「4-3-3」要素を取り入れちゃいました→じゃないとアブラモビッチが本当に怒っちゃいそうだからグスン的”な勇気を称えたいなぁと。もちろん、もっと早くチェルシー仕様に改良しとけって気持ちはあるし(CLインテル戦前に)、先制できれば強いけど「先制されたときの采配はダメだろう」という気持ちもあるし、もっと戦術に柔軟性があってもいいじゃんって考えは変わってなかったりするんですが(笑)、まぁそれらは残り2試合+来期に期待ということで。とりえあず、そんな感じです。

人気ブログランキングへ
↑読んで面白かった人はクリック願います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)