ワールドカップ「イングランド代表対ドイツ代表」超雑感   終了

残念だが完敗でした。力の差がありすぎ。ドイツ強いです。

ただイングランドがイマイチだったのも確か。ファーディナンドの離脱と、GKの不安定さがやっぱが響いたように感じましたが、個人的には出来の悪い中盤バリーのプレイにがっかりでした。コンディションに問題があるんでしょうが、攻守に渡って中途半端だったような。後半のあのエジルにぶち抜かれた守備対応とか見ててマジ悲しくなりました。ファウルしてでも止めろよ。ちんたら走っているんじゃねぇ。バイタルエリアの守備もダメダメだったし、いったい何のために起用されているのやら…。

まぁテリーもランパードもアシュリーも動きはよくなかったし全体的にコンディションに問題抱えているところもあったんでしょう。で、そんなコンディションを考慮した戦いが出来なかったことこそが、最大の敗因なのかな。

4-3-3で守備重視な戦いすべきだったんじゃないかな。ベッケンバウアーに何言われたっていいじゃない。

というわけで、残念ながら私のワールドカップは実質ここで終了したような感じですが、このあともチンタラと適当にいろいろな試合は見るつもりです。マジ、ガッカリだわ。
人気ブログランキングへ