欧州CL「ベンフィカ対チェルシー」感想文  カウンター・サッカーで行こう!

もちろんゴールを決めたカルーはすばらしかったし、トーレスのアシストも見事でしたが、MVPはラミレスでしょう。前半から何度かいい形を見せていたラミレスの右サイドでのドリブル突破が、この決勝ゴールでもポイントでした。って、そういえばトーレスもドリブル突破してたし、それも見事だったけど。

相手守備陣を崩すには、パス回しだけでなく、やっぱどこかで「1対1の勝負」を仕掛けるのが効果的なんですよね。チームでパスして崩すのもいいけど、最後は個の力での勝負が決め手。まぁ個の力、個の突破頼みのサッカーというのは賛否両論あるとは思いますが、今のチェルシーには「個のドリブル突破」というのは必要な戦術なんです。

ドリブルでなくフィジカルでもいいのかもしれません。高さで勝つのでもOKかな。なんでもいいから、個で勝てるところで勝負して、そこからチャンスメイク。そんな、ちょっと古いタイプのサッカーがお似合いというか、それをやっていくしかないのが今のチェルシーなんでしょう。

もちろん、それで勝つには強固な守備力が必要。というか要はカウンターサッカー? そう考えると、この試合で最も評価すべきはそのすばらしいい守備陣を牽引した、センターバック・テリーとゴールキーパー・チェフなのかもしれません。そうだ、そうだ! まぁベンフィカはチェルシー的には戦いやすい相手だったとは思うんですが、何はともあれ、まずは1勝おめでと。って、大切なのは、CLよりもプレミアであると今だに思っているんですけど、勝てれば何でもいいかね。
人気ブログランキングへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)