プレミア「スパーズ対チェルシー」感想文  守備と攻撃のトレードオフ

後半、スパーズに逆転されたされた理由はなんだろう。

チェルシーの守備が甘かったといえばそれまでなんだろうけど、ここはビラスボアスが「チェルシー対策」を打ってきたからとしておこう。

チェルシーの最終ラインの守備は、サイドからの攻撃されたときに「逆サイドのサイドバックが中に絞って」センターバックの位置に入るというオーソドックスな仕様となっているわけですが、問題はその場合に「逆サイドのサイドバック」のゾーンが空きになってしまうことなんですよね。まぁこれ、チェルシーに限らず、どこのチームも似たような感じですし「チェルシー対策」ってほどのものではないのかもしれないけど、後半のスパーズはそんな「絞ったサイドバックの裏」をうまくついてきた感じでした。特にチェルシーは左サイドのイバノビッチとオスカルやラミレスの守備の役割分担がうまくいって無い感じで、そのうえアンカーも置いてないので、サイドからサイドへ大きな展開されると最終ラインの守備人数がどうしても足りなくなってしまい、そこを狙われてたように感じました。って、デフォーにやられた2点目はサイドの守備というよりも「ラミレスの詰めの甘さ」が問題だったわけで、要は今期のチェルシーは押し込まれた際の「中盤の守備」がヤバイのがすべての元凶の元ってことかな。

まぁ「守備」と「攻撃」はトレードオフのところがあるわけで、攻撃的に戦う今期は多少の守備の弱さは仕方が無いってことなんだろうけど、その狙い通りに「攻撃的なサッカー」で、その後、2点取って逆転できたことは何よりでした。

立役者はこの試合もマタ。同点ゴール&逆転ゴールどちらも見事でしたが、特に逆転ゴールにつながる「オフザボール」の動きは見事でした。パス出したアザールも見事でしたが、マタの「裏」を狙う動きを評価したい。まぁ、そのマタの動きについていかなかったスパーズの守備陣に問題ありなんだろうけど、次に対戦するユナイテッド守備陣がそのあたりどう対応してくるか注目ですな。なんにせよ、個人的には、スパーズで一番警戒していたデンベレとべイルがいなくて助かったなぁというのが率直な感想です。南無南無。

というわけで、このスパーズ戦では相手の主力が欠場したこともあって、今期の「守備」と「攻撃」のトレードオフが功を奏しました。このトレードオフが今期、どのレベルまで通用するのか? または、強豪が相手の場合は「トレードオフ」は中止するのか? そのあたり、次のユナイテッド戦で注目してみたいと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス