エトー獲得&チャンピオンズリーググループリーグ組み合わせ

■エトー獲得悪くない補強なのかもしれないけど、なんでエトーの補強なのかは説明はほしいね(もうしているのかもしれないけど)。 昨年までは「ベテランはいらないのでランパードも放出かも」といっていたのに、なんでエトーなのか? 現状、トーレス、ルカク、デンバ・バとFWは3人いるが、なんで、その3人に加えてエトーなのか? もちろん、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プレミアリーグ第3節「マンチェスター・ユナイテッド対チェルシー」感想文 ゼロでなく2トップ?

チェルシーの公式ページをみると、シュールレとデ・ブライネはFW扱いになってます。なので、そう考えると昨日のマンチェスター・ユナイテッド戦は2トップだったともいえる(笑)。ゼロでなくて2です。■シュールレ起用の意味?ユナイテッドのサイドバックへの「けん制」としてのデ・ブライネ起用はわかるとして、シュールレ 起用の意味は?「デ・ブライネを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ユナイテッド対チェルシー プレビュー&ウィリアン獲得の意味

■プレビューマンチェスター・ユナイテッド戦プレビュー。まず退場者が出なければ、そこそこの戦いはできるのではないかと思っている。開幕からの2試合を見る限り、チェルシーの守備はプレッシングを軸に安定していると思うのでそれがはまればいい試合になるんでしょう。ですが、逆にその軸となるプレッシングが変に作用して退場者を出す事態となったら、オールド…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プレミア第2節「チェルシー対アストンビラ」感想文  フレッシュ、フレッシュ、フレッシュ~!

ボクシングで例えるなら、ジャブでの戦い。それが昔からのモウリーニョの基本戦術というところかな。腰の回転を使わず腕の瞬発力をもって放つため、相手に与えるダメージは大きくはない。ジャブはダメージを与えることに主眼を置かず、相手を牽制し間合いを計ることで試合をより有利にコントロールすることを目的としている。特に近代格闘技においてその意味合いが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プレミアリーグ第1節「チェルシー対ハルシティ」感想文 運動量とクリーンシート

「高い位置からのプレス」というのは、間違いなく今期チェルシーの1つのスタイルであり武器だ。 そして、それをベースとした組織的な守備と、組織的な攻撃やカウンターというのが1つの戦い方になるんだろう。 ただし、そんなプレッシング守備や、それをベースに繰り出す攻撃やショートカウンターは、別にチェルシーやモウリーニョの専売特許ではない。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

練習試合「サッカー日本代表対ウルグアイ代表」感想文  反省よりも融合、そして薫陶と授業料

■守備まず守備についてだが、修正することはできなかった。理由は今日、来日したメンバーもいて準備期間がほとんどできなかったからだ。失点が多い理由については、メンバー発表の会見かインタビューでも答えたと思うが、より多くの得点を狙うチームにはそれだけ失点のリスクが伴う。それだけの話だと思う。私自身が攻撃的サッカーを信じている。現在のチームを見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2013年-2014年シーズン開幕前  改めてモウリーニョ第2次政権に期待すること

27年間である。 サーアレックス・ファーガソンが、マンチェスターユナイテッドで監督を務めた年月のことだ。 今50歳のモウリーニョが、それと同じ年月をチェルシーで監督として過ごすのは難しいかもしれないが、 少なくとも10年は続けてほしいと思っている。モウリーニョが長く監督を続けることで、チェルシーに これまでと違う何かが生…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「レ・ブルー黒書 フランス代表はなぜ崩壊したか」を読んで。 

何もしないで勝てるのなら、それをするのがいいサッカー監督。 誰の言葉だったか忘れたが、確かにその考え方も間違ってはないんだろうと思う。 なぜならサッカーの試合は、あくまで勝つことが目的であると思うから。なので戦術で選手を縛り付けて負けるよりも、選手を自由に解放することで勝てるのなら、後者を選ぶべきだと思うのである。もちろん、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more