テーマ:ワールドユース

U-20ワールドユース大会「日本対コスタリカ」超雑感 というか高い位置からのプレスと最終ライン

■高い位置からのプレスと最終ラインの高さの関係について(何度目?)■福元洋平選手のコメント 「立ち上がりは前から行けていたが、少しずつ遅れていったし、中盤で相手が数的優位で捕まえ切れていなかったので、前から行っても簡単にはたかれているシーンが多かった。だから、(プレスポイントを)落とさないとダメかなと思った。後ろで回される分には怖くな…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

U-20ワールドユース大会「日本代表対スコットランド代表」超雑感

■伸び伸びと自分のプレイをしていたのがよかった●梅崎司選手(大分):「結果的にも内容的にも自信が深まった試合。自分たちのサッカーができた。アジアユースに比べて、左もスムーズ。安田が入ったことが大きいと思う。中盤で流動的にできるようになっている。1失点はしたけど、その後戦えてことがプラスだと思う」 http://www.jsgoal.j…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ワールドユース決勝「アルゼンチンVSナイジェリア」雑感  最終ラインの守備とメッシーとミケル

アルゼンチンユース優勝は、メッシーだけのおかげ?やはり今大会は「メッシの大会」と言われるようになるだろうが、ベストチームはナイジェリアだったと記憶される大会にもなるだろう。ナイジェリアは攻守にスケールの大きさが光った。守備に回ったときのアルゼンチンの攻撃に対するアプローチの速さはけた違い。アルゼンチンは手も足も出ないという時間帯が続いた…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ワールドユース「ナイジェリアVSモロッコ」戦雑感 ジョン・オビ・ミケルとナイジェリアのフィジカル!

メッシーよりもジョン・オビ・ミケルなんですよ!!!! ってことはないですかジョン・オビ・ミケルの存在を、すっかり忘れていました。ワールドユース準決勝。モロッコを破って見事に決勝へ駒を進めたナイジェリアユース代表ですが、中盤にこのミケルくんがいたんですよねぇ。彼がいたことを準々決勝のオランダユースVSナイジェリアユース戦が終わったあとに気…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ワールドユースでU-20日本代表の収穫は!?  彼らのライバルはスコット・パ-カー(笑)?

家長のドリブルはなぜに通用したのか?ワールドユース日本代表の第2戦。サッカーの質、内容については第一戦のオランダ戦を見て思ったこととあまり変わりないのですが、この2試合を通しての「収穫」というか、いい意味で目立ったところは左サイドの家長のプレイでしょうかね。このベナン戦も家長のドリブル突破からファウルをもらい、FKを得て、そこから得点が…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ワールドユース「オランダVS日本代表」雑感  日本のサッカースタイルは本当にそれでOK!?

ユース世代のサッカースタイルと、国民のアイデンティティーファン・バステンが目指すサッカーは「4-3-3システムで、攻撃的な、ボールを支配する、魅力的で、オランダ国民のアイデンティティーとなるサッカー」(監督主任記者会見)だ。セードルフは今シーズン、ミランで好プレーをみせた。しかしイタリア的な「際どいパスばかりを狙っている。その分相手にボ…
トラックバック:4
コメント:1

続きを読むread more