テーマ:欧州チャンピオンズリーグ

欧州CL準決勝「インテル対バルセロナ」第1戦 「持ち味合戦」をより徹底できた故?

■お互いの持ち味をぶつけ!「ボールをコントロールすることができなかった。偉大なチームを相手にボールを失う時、カウンターから決定的なチャンスを与えてしまうことは分かっていた」 「彼らは私たちの背後のスペースを常に探していた。その攻撃はとても速かった。彼らはチームのスタイルを示したんだ」 「今日の私たちは、他の試合のように効果的なプレー…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

岡ちゃん日本代表への「開き直り方」の提案&欧州CLバエイルン&バルセロナ&FA杯プレビュー

まぁ人のことを批判しても、あまり見返りはないですよね。仲良くナアナアにやるほうが賢いと思いますよ。やってないけどツイッターでもポジティブな人が受けているみたいじゃないですか。そりゃ、そうですよ、いつも批判ばかり聞かされていると気が滅入っちゃうというものです。というわけで、今回のエントリー、スタート!■岡ちゃん日本代表への「開き直り方」の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

欧州CL「CSKAモスクワ対インテル」第2戦 超雑感 勝つためのシナリオはあったのか?

■欧州CL「CSKAモスクワ対インテル」第2戦 超雑感インテルの完勝でした。スナイデルの先制ゴールがすべてでした。この試合、CSKAモスクワが勝ち抜けるシナリオは「CSKAが先制ゴールを挙げ、後は引き篭もってカウンター」しかなかったと思うんですが、どうしてあんな無防備な戦い方をチョイスしてしまったんだろう。 第1戦を0-1で落としてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

欧州CL「インテル対CSKAモスクワ」超雑感  なんというか「退屈」対「退屈」って感じの試合?

まず、インテルのフォーメーション予想について。事前のエントリーで「4-3-1-2」だろうと予想しておりましたが、思いっきり外してしまい申し訳ありません。結局イタリアの某氏の予想通り「4-2-3-1」というか「3トップ」でした。個人的には「なんで?」って感じなんですが、よくよく考えてみれば「リスクを冒さない戦い」を重視した結果の3トップだ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

欧州CL「チェルシー対インテル」第2戦 雑感PART2  いつも通りの普段着サッカーはわかるけど

正直、今回はレビュー的なものは書く気力がないので前回のでお茶を濁そうと思っていたんですが(笑)、なんとなく言い残したことをいくつか。■サイドバックを消しに対する対策は?案の定、モウリーニョは「4-2-3-1」的布陣でチェルシーのサイドバックを消しにきたわけですが、それに対するアンチェロッティ的対策はあったのか? たぶん、なかったのかな?…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

欧州チャンピオンズリーグ「レアル・マドリー対リヨン」セカンドレグ雑感 勝因と敗因

■勝因は?リヨン見事でした。というかレアル・マドリー残念。この試合のポイントは、やっぱ後半のリヨン選手交代だったと思うんですが、いったいリヨンのピュエル監督はどんなマジックを使ったんでしょう。そして後半、リヨンのピュエル監督が賭けに出た。CBブームソンとMFマクーンを下げ、代わりにシェルストレーム、ゴナロンという2人のMFを投入する。C…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

欧州チャンピオンズリーグ09-10「インテル対チェルシー」第1戦雑感 最低限の結果は残せたけど…

■一応は、最低限の結果は残せたけど、厳しい~!一応、最低限の結果は残せたと言う感じですかね。1点ビハインドではありますがアウェイゴールも上げることができたし、なんとかセカンドレグに望みを繋ぐことができたのは幸いでした。ただねぇ。正直、内容は褒められたものじゃない。こういう大切な試合で、試合開始直後3分に失点するなんてもってのほかですよ。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

直前プレビュー:CL「インテル対チェルシー戦」  または愛のような、闇のような

このタイミングでインテルとの対戦は確かにきついけど、 逆にこのタイミングでピリピリとした緊張感のある ビッグゲームが楽しめると考えれば光栄である。 できれば今年も、そんな緊張感のある試合を何試合も楽しみたい。 そのためにも、ぜひ、このインテル戦での良い試合を期待したい。 もちろん、ここで言う良い試合とは「チェルシーにとって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「欧州CLインテル戦のチェルシー的攻略法」PART2 つまり「インテル対チェルシー戦」プレビュー

ラブリデイ! ラブリデイ! ラブリデイ! 神様、明日もよい一日でありますように。 ■インテルの守備が…先週のこちらのエントリーに続いて、チェルシーファン的なCLインテル戦の観戦ポイントについて。で、ミリートとスナイデルの良さを最大限に生かすなら「トップ下+2トップ」の「4-3-1-2」のがベストだ。このフォーメーションの方が自由…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ちょっと早いが「欧州CLインテル戦のチェルシー的攻略法」と、欧州CLでの誤審について

■ヤツがまたやったか…17日に行われたチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦ファーストレグで、フィオレンティーナはバイエルン・ミュンヘンに1-2と敗北を喫した。だが、バイエルンは勝利を喜んだものの、次第に決勝点となったFWミロスラフ・クローゼのゴールがオフサイドで取り消されるべきだったことを認めないわけにはいかなくなった。 htt…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

欧州CL「リヨン対レアルマドリー」超雑感 ピルロシステムが機能するには?

■リヨン対マドリー「今日の彼らは非常に激しい試合をした。僕らもそうだったけど、ボールポゼッションがうまくいかなかったんだ。素晴らしい結果ではない。だけど、まだベルナベウでの90分間が残っているよ」http://news.livedoor.com/article/detail/4609263/レアル・マドリーの今のスタイルって、アンチェロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「モウリーニョは偉大な指揮官で、私は彼に敬意を払っている」に同意 &欧州CL再開

■モウリーニョ「イブラがいたインテルとやりたかったね。その方が、ずっと予測が可能だからだ。だが、今はミリートやエトー、スナイデルといった選手たちがおり、強力なフィジカルと最大限のクオリティーを有している。一方、我々はヒディンク前監督のときと比べ、中盤をダイヤモンドにして動きが増し、アネルカがFWとしてもトップ下としてもプレーしている」 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

CLの対戦相手はインテルに決定!&フラム&マンチーニについて

■インテルとの対戦が決定!「チェルシーについて言うことはあまりない。まだ2カ月あるし、我々はそれまでにたくさんの試合を戦わなければいけないからだ。それに、いつもと同じ話だよ。相手は強く、難しい。拮抗した2試合になるだろう」 「OK、確かに私の元チームで、元選手たち、元サポーターたちと、かつてのスタジアムで対戦する。だがプロとして、ほか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

欧州CL「ディナモキエフ対インテル」超雑感 モウリーニョの冒険

■モウリーニョ采配をチェック!先日コメント欄にて「インテル対キエフでモウリーニョが冒険した」とアキラ様からありがたい通報をいただきまして、早速、試合を拝見。今期インテル戦は何度か見ておりますが、モウリーニョが冒険していたかどうかという記憶はあまりなかったので、今回はその”冒険”をメインに観戦することにしました。■前半:「4-3-1-2」…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

欧州CL「ルビン対バルサ」、日本代表発表、例の表彰式の態度が悪い問題についてなど

■ルビン対バルセロナ戦超雑感「これからの試合で6ポイントを加えなければならない。もし、できなかったら、それは私たちが16強に値しないということだ」 「今日の結果が良かったのか悪かったのかは、グループリーグの最後に分かることだ。とにかく、残り2試合に絶対に勝たなければならない」 そしてグアルディオラ監督は、ルビン・カザンのチーム力を称…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

欧州CL「アトレティコ・マドリー対チェルシー」超雑感 それはガス、ガス、ガス!バスガス爆発!

■そういえばラッサナのポジション変えたよねキケ・フローレンス監督とチェルシーと言えば、思い出されるのは、彼がバレンシアの監督だった頃に一度CLで対戦したときのこと。その時は確か、チェルシー守備陣の「アンカー横のスペース」をうまく突かれて苦戦した記憶があるのですが、今朝の試合もそんな感じだったように感じました。モウリーニョの時は、確か「サ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

欧州CL「チェルシー対アトレティコマドリー」超雑感 ミッション・インポッシブル

■ミッション・インポッシブルスパイ映画とかで出てくるような「誰も入れないセキュリティシステム」や「強固な金庫」って、だいたい仕掛け的な鍵が何重も掛けられているわけですが、サッカーにおける「強固な守備組織」というのもそれと似ているのかもしれない。つまり「1つしか鍵がない」んじゃなくて「いくつもカギが掛けられている」のが、いい守備みたいな感…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

欧州CLチェルシー戦プレビュー&「リバプール対リヨン」戦雑感&スペースにプレスを掛ける

■チェルシー戦プレビュー安全圏は勝ち点10~12くらい? つまりホームで3つ勝って、アウェーで1つ勝つか場合によっては引き分ければグループリーグ突破できるという計算なんだけど。そう。欧州CLグループリーグ突破の話です。だから、基本的にはホームの戦いは絶対に落とせないってことだと思うんです。そう。最低でも引き分けないと苦しくなる。まぁ実力…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

欧州CL「アポエル対チェルシー」超雑感  「意味がないと思わせる意味」なんて無意味でない?

■勝てば官軍結果よければ、すべてよし? 正直、内容はイマイチでしたが、アウェイで勝ち点3取れたのは何よりでした。グループリーグは内容はともかく勝てればいんですよ。って、決勝トーナメントでも“勝つ“が最優先なんだけどな。というか、すべての試合で”勝つ“が最優先ですか? というわけで、良かったところ悪かったところを振り返ってみます。■良かっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

欧州CL「アーセナル対オリンピアコス」超雑感とか 真実を客観的に見るのは、難しくない?

チェルシー戦の前に、昨日アップできなかったこちらから。 ■高いと低い、どっちでゾーンを作りたい?高い位置からプレスを仕掛けるために、それと連動して「最終ラインを高くして」全体をコンパクトにするのか? それとも最終ラインの位置を自陣ペナルティラインのあたりの低い位置にキープし、いわゆるバイタルエリアのスペースを消すことを第一と考え、…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

欧州CLプレビュー&チェルシーにおけるGKイラーリオという存在について

■ジーコと言えば…欧州CL第2節。明朝の試合ではフィオレンティーナ対リバプール、バルセロナ対ディナモキエフは面白そうですが、個人的に注目の試合はアーセナル対オリンピアコスですかね。ジーコ対ベンゲルですよ。で、ジーコと言えば、HPにこんな記事が出ていました。 フェネルバフチェで3つのタイトルを獲得した時と同様の体制がギリシャでもとられる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

欧州CLインテル対バルセロナ戦、ケニオン、ジーコ&リスクを冒すということ

■インテル対バルセロナ「我々がコントロールしている時間もあった。ゴールには運が必要だけど、それが欠けていた」 「チャンスはあった。でもそれをゴールに変えることができなかった。でも最終的に勝ち点を得られたことには満足しているよ」http://news.livedoor.com/article/detail/4353149/改めてバルセロ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

欧州チャンピオンスリーズ「チェルシー対ポルト」超雑感  「ソリッド」といえば?

雨の影響もあったんでしょうが、ポルトの守備が素晴らしかったのが苦戦した原因でもあるのかな? それともチェルシーの攻撃がしょぼかった?■ポルトの守備という視点からというわけで、ポルトの守備からこの試合を考えてみたいと思います。ポルトのフォーメーションは「4-5-1」で、ワントップ以外の「4人のDF」と「5人の中盤」の選手たちを、ペナルティ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いよいよ欧州CLスタート! &アーセナル、ユナイテッド、インテル、バーミンガムダービー他

■いよいよ欧州CLスタート!いよいよチャンピンズリ-グが始まりますね。今宵のチェルシーの相手はポルト。フッキ選手は要注意なんですか? うちはドログバとボシングワが例の出場停止で出られませんが、その分、アネルカちゃんにがんばってもらいましょう。ランパードもバラックもエシエンちゃんもゴール入れちゃってくださいませ。■シティ対アーセナルまさか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more